• ホーム
  • 話題
  • 「〜じゃないですか」て、いやじゃないですか?

「〜じゃないですか」て、いやじゃないですか?

レス33
(トピ主6
お気に入り23

生活・身近な話題

言葉尻トラえもん

1.「私って○○な人じゃないですか」などでの「〜じゃないですか」を嫌う向きが多い。
2.「あなたがお探しのはこの本じゃないですか?」と尋ねる。この「〜じゃないですか?」に嫌悪感を持つ人はまず居まい。

2.の例で私はせりふの末尾に「?」を書きました。「〜この本じゃないですか?」と質問調に、上がり調子に発音しますね。もしここで「この本じゃないですか!」と下がり調子に言ったとすると、「この本じゃないですか!よく捜しなさいよ」と、まるでとがめるような感じになりませんか?

1.の例の「〜じゃないですか」が下がり調子に発音されるために、とがめるつもりはないのだがとがめるような感じが醸し出される、というのが私の新説です。
相手が知らないであろう内容でなく、例えば「きのう雨が降ったじゃないですか」などとした場合でも嫌な感じがするのです。
ひとつ上の世代ぐらいで「きのう雨が降ったじゃない?」と言う人がいますが、「ですか」という丁寧語を欠いているにもかかわらず上がり調子であるために嫌な感じがしません。

みなさんはどのようにお感じでしょうか?
タイトルの後半は「?」付き、上がり調子に読んでください。

ユーザーID:4562384265

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数33

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • じゃないです

    1.は疑問文のふりをして相手に自分を押しつけているのがいや。

    ”じゃないですか?”は相手の意思を確かめるために用いられるように思うけど1はた確かめてるんじゃないですでしょう?

    この言葉を聞いて心の中で思うことは”そんなん知らんがな”です。

    ユーザーID:8716277943

  • 変だけど面白い?

    ちょうど、NHKの『みんなでニホンGO!』という番組で、
    「私って○○な人じゃないですか」という文章での「じゃないですか」の使い方は
    アリかナシか、というテーマを取り上げてました。

    この番組で梅津正樹さんという方が、

    「〜じゃないですか」という言葉には、
    「【〜だ】【〜です】と言い切ると相手の気分を害してしまうのではないか」という、
    その人なりの気遣いが込められてるのではないか

    というようなことを仰ってました。


    例えば、「きのう雨が降ってましたね」と言い切る形で会話を始めると、
    「昨日の雨」という話題を相手に押しつけることになってしまう。
    だから、「きのう雨が降ったじゃないですか」と疑問形の体をとることで、
    その話題についての相手の出方を伺い、
    「昨日の雨について話したいと思ってるんですが」という意志を伝えようとしてるのではないかと思います。

    私もこの使い方には違和感を覚えるのですが、
    相手との間合いを取りつつ、自己主張しようとした結果、「疑問形」になったのだと考えると、
    良い悪いは別にして、面白い表現だなと思いました。

    ユーザーID:9960347395

  • 同感して感動

    面白いHNですね。
    暖簾分けしていただきたい。

    あー、失礼しました。
    本題ですが、まったくトピ主さまと同感です。
    自分の意見を無理にでも押し通そうとするわがままが
    見え見えで、著しく嫌悪感を抱きます。

    おそらくは、TVタレントの口癖などが発生源なのでしょうが、
    使っている本人は違和感が無いのでしょうか。

    流行に乗っているかどうかは、知ったこっちゃないですが
    自己満足に徹するというプライドを持っているのでしょね。

    窓ガラスを引っ掻く音の方が、まだ耳ざわりがいいと思います。

    ユーザーID:6511064646

  • 語尾ではなく、聞き手が知ってる内容かどうかが問題

    語尾を上げようが上げまいが、○○じゃないですか?の○○部分が聞き手の知らない内容であれば不快に感じます。○○部分を知っている人に言う分には嫌がられません。

    【Aさんがコーヒー好きなことをBさんが既に知っている場合】
    Aさんが「私ってコーヒー好きじゃないですか」と言ってもBさんは不快になりません。

    【Aさんがコーヒー好きだということをBさんが知らない場合】
    Aさんが「私ってコーヒー好きじゃないですか」と言うと、Bさんは「そんなこと知らないわよ」と内心思います。

    「きのう雨が降ったじゃない?」も昨日雨が降ったことを聞き手が知っているから不快にならないのです。アメリカに住んでいる人に同じことを言っても「日本で雨が降ったかどうかなんて知らないわよ」と思うはずです。

    ユーザーID:3448062671

  • ニュアンスですね

    1.の「私って〜な人じゃないですか」は、テレビでよく「知らないけど」って返されてる、おかしな表現の一つですね。
    これは論外ですね。
    私はトピ主さんの説に半分同意ですね。
    言葉ってそれだけじゃなくて、表情や体の動きも大きく関係します。
    私は「〜じゃないですか」を嫌な表現に感じる時と、感じない時があります。
    嫌な表現に感じるのは、後半語調が強くなる場合です。
    怒る時の表現であると同時に、丁寧であるかに見えて、決めつけ抑えつけの表現だと感じます。
    反対に、穏やかな口調表情で「〜じゃないですか」と言われたら、全く嫌な感じはしません。
    私にも後半語調を強めた「〜じゃないですか」を言う友人がいますが、何人かで話しててこの言葉が出ると一瞬場の空気がピリっとします。
    自分でもキツイ言い方だと思ってるようですが、癖なんでしょうね。

    ユーザーID:3173903740

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 答えを求めていないからでは?

    昔読んだ音楽書に「会話での質問と答えは5度の関係にある」ということが書かれていました。(出典が提示できず申し訳ありません。またどの程度の信憑性があるのかも不明です。)
    簡単に言うと、質問の語尾が音階のソの音だとすると、回答の語尾はドの音になっているというのです。
    先の音楽書が正しいとすれば、語尾を高い音にすることで回答を求めていることを示していると言えるのではないでしょうか。

    たとえば「これって面白いです?(↑)」などと質問文ではない文章を語尾を上げることで質問として使う人がいます。この用法の是非は別にして、答えを求めている(コミュニケーションを取ろうとしている)ことが分かるので「はい」なり「いいえ」なりの答えを言いますよね。
    一方「私って××なヒトじゃないですか(↓)」は質問文を使っていても答えを求めていない(コミュニケーションをとろうとしていない)のでclosed questionにも関わらず「はい」や「いいえ」では答えづらく「はぁ・・・」などと言うよりほかはありません。

    会話しているのにコミュニケーションを求められていないから嫌悪を感じるのではないかと思います。

    ユーザーID:2455205469

  • ですね

    1.を言われると、心の中で『知らんがな』とつぶやいています。
    結構よく聞きますよね。"そうなの?"と同調したいところですが、
    "ふーん"という感じで流しています。相手はガンガンしゃべり続けますので(笑)。

    言語は移り変わりますからね。耳障りなものでも、我慢します。
    おかげで、自分では使わない言葉が増えました。

    ユーザーID:7597599819

  • 会話は全身で話すもの

    ・・・というのが私の説です。

    「雨が降ったじゃないですか(語尾下がる)」でも、やわらかく微笑んで、「〜じゃないですか・・・・」と優しい口調であればイヤな感じはしません。

    「この本じゃないですか?」と上がり調子でも、だら〜っとした口調で「〜じゃないですかぁぁぁぁぁぁぁあ?????」とふてくされたような表情で言えば、ムッときます。(女性が感情的な物言いをする時に多いです)

    どんな物言いをしても、最後は「表情」「口調の強弱」「物腰」の総合で「感じ」が決まると思うのです。

    「だからぁ!わたしがぁ!さっきそういったじゃないですかぁぁぁ???」
    上がり調子、下がり調子で読んでみて下さい。正直、この内容ではイントネーションに関わらず、どっちも感じ悪いです。

    同意を求めるための「イヤじゃないですか?」も上がってようが下がっていようが、イヤです。「私がそう思うのだからあなたもそう思うべきよ!」という強要を感じます。
    あくまでも私は、です。言葉は感性ですから、同じ言い方でも気にならない人と、気になってしょうがない人がいるのは当然だと思います。

    ユーザーID:0487726725

  • 反応ありがとうございます

    ゆりさま
    実はその番組を見ていました。当初関連づけて書いたのですが字数オーバーで投稿のようになりました。
    梅津さん(アナウンサーですね)は若者ことばに迎合しすぎではないかと思います。
    「言い切らないで疑問形に」と言うけれど、下がり調子だと詰問形になってしまっていると感じます。

    シンゴ15さま
    ご同意ありがとうございます。

    はなこさま
    お言葉ですが、私はAさんがコーヒー好きであることを知っていても「私ってコーヒー好きじゃないですか」と言われたらいやです。
    逆にコーヒー好きとは知らなかったとしても「私ってコーヒー好きじゃない?」と上がり調子だと「知らなかったけどまあいいや、その前提でお話ししましょう」と思いますね。
    私は60歳ですが、はなこさんはずっとお若いのでしょうか?世代による感覚の相違もあるのでしょうね。

    ユーザーID:4562384265

  • トピ主のコメント(6件)全て見る
  • 私も思う。

    以前から、

    「食べるじゃないですか」
    「走るじゃないですか」
    「コンビニいくじゃないですか」

    と、いちいち確認する話し方が耳障りでした。ちょっと前までは
    「アイスコーヒー?を注文?したらね?オレンジジュース?が出てきて?」
    と話されるのがイライラしていました。

    ユーザーID:0482547840

  • 一頃より使う人が減った

    気がするのですが、私の周囲だけでしょうか?
    聞くとすれば、セールスやキャンペーン係。既に周知の事実であるかのような雰囲気、仲間意識を演出する「〜じゃないですか」。肯定も否定もしません(個人的には嫌いです)が、「そういう使い方もあるのだな」と思いました。

    NHKのニホンGO、少々期待外れでした。整然さを欠き、人によっては不快になり得る表現に対し、屁理屈並べて容認派を増やすパターンばかり。「人それぞれ」が最も無責任に機能しているな...と、あくまで私個人の感想です。薀蓄の数々は為になりますし、楽しいですね。

    時に、私のHNは「揚げ足取り→鶏」なので、シンゴ15さま。「耳障りがいい」も昨今よく挙げられる誤用ですが...失礼致しました。ご意見には大賛成です。

    ユーザーID:2098152911

  • わかります

    1番は、「知らんがな」って思います。
    ちょっとイラッ。
    ○○であることを知ってても…言い方が下品に感じてしまって嫌悪感があります。

    ユーザーID:3594969566

  • 私は本人に言った

    トピ主さんの意見に同意です。

    職場の40代同僚が「○○じゃないですかぁ↓」が口癖です。
    それまでは特に気にしたことなかったんですけど
    これって もうダメです。
    決め付けた感じを与えますし、(私は知ってるのよ)のような印象も与えませんか。
    そんなの知らんがな、ほんと そう思います。
    へー、などと返そうものなら物知り顔してさらにマシンガントークです。
    こういう方ってお話好きなのでしょうかね。

    お客様にも○○じゃないですかぁ、と使っていたので
    感じ悪いし、お互いいい歳なのだし、きれいな言葉を使いませんか、と言っちゃいました。
    は!?って意味分かんない顔されましたが、お客様の前では使わなくなりましたよ。
    私の前でも使わなくなって とりあえず日々の違和感からは解放されました。

    ユーザーID:1673594084

  • 番組を見てないのかなと思って…

    番組を見てないのかなと思ってスルーしてしまったのですが、
    この「〜じゃないですか」という言葉遣いの問題は、
    「私ってコーヒー好きじゃないですか」という使い方と、
    「きのう雨が降ったじゃないですか」という使い方に分けて考えないと、
    混乱が生じるだけであまり論じる意味がないんじゃないでしょうか?

    >「言い切らないで疑問形に」と言うけれど、下がり調子だと詰問形になってしまっていると感じます。
    それはモモリバーさんが仰るように、トピ主さんの体験に依存するものですので、
    それこそ「知らんがな」って感じです。
    年齢もあると思うのですが、他人に意見を求めている割に、頑な方ですね。

    ユーザーID:9960347395

  • 同感! 

    今日、知人が 連発してました。

      「わたしって ご飯を30回噛むじゃないですかあ?」
      「わたしって 昼に新聞読みたいじゃないですかあ?」
      「わたしって 夜寝る時 枕をしないじゃないですかあ?」と。・・・知らん! 自分の事じゃないですかあ?

     私はその後15分間笑いが止まらず、会話になりませんでした。 
    まったく カアカアとカラスかね? 秘かに 同調強要語と 呼んでいます。 
     









       

    ユーザーID:0080154386

  • 言葉も流れていくのですね

    フライドチキンレッグさま
    誤りを正していただき、ありがとうございました。

    「耳ざわり」は悪いときに使う言葉ですよね。

    気をつけてはいるものの、間違った表現に
    定着していく典型にはまるところでした。


    トピ主さまへ
    はやり言葉の一種なのでしょうか、やがて廃れていくのでしょうね。
    しばらくは我慢しましょうか。

    ユーザーID:6511064646

  • みなさん大人ですね。

    1に対して‘心の中で「知らんがな」’なんですね。なんて素敵な大人対応。
    私の周りではそういった話し方をする人がいないこともあり、そのような話し方に
    遭遇するととすればたまたま話す機会ができた一見さんです。
    (趣味の掲示板でオフ会を開いたとき等)

    私は・・・・ついつい言っちゃいますね。
    (相手)「私ってコーヒー好きじゃないですかぁ」
    (私)「知らないですよ、そうなんですか?」

    嗚呼、広く浅くの友達ができないのはこの性格のせいかもしれませんね、私(反省)

    ユーザーID:7662743961

  • 「じゃない?」を敬語で言う時は何と言えば良いのですか?

    >「ですか」という丁寧語を欠いているにもかかわらず上がり調子であるために嫌な感じがしません。

    タメ口をきくわけにもいかない相手の場合はどうするんですか?
    「じゃないですか」を使わないと、疑問なのか確認なのか分かりにくいと思います。
    たとえば職場の上司に「Aさんは今日出張ですよね?」なんて言うと、『出張だけど、そんなの人に聞かないで自分で確認すれば?』と思われそうです。「Aさんは今日出張じゃないですか」の方が、『出張だということを前提に、本題が続くんだな』と解釈してもらえると思います。

    私の周りだけかも知れないですが、「じゃないですか」を嫌う人って、会話のキャッチボールができない人が多いです。一方的に喋るか、一方的に聞くかしかできないような…。

    ユーザーID:7138113741

  • そうですよね。

    「〜ないですか」

    と言う時、語尾が下がると、
    相手からの拒絶を感じて、
    何か叱られてる感じがしちゃって、
    こちらも素直になれない(苦笑)ですよね。
    受ける人によっては
    「ケンカ売ってるの?」
    と挑戦的に捉えられちゃうのでは?


    「〜じゃないですか」という台詞は、
    その{〜}の内容をそっくり相手に返す技術ですよね。
    「この気持ちや状況を共有して欲しい」という気持ちの人の言う、
    「〜じゃないですか?」は語尾が優しく上がる共感的なリズムですよね。

    逆に、
    「わかりきったこ聞くなよ、関わりたくもないのに」
    といった本音のある人が言うそれは、
    言葉にトゲがあり、
    文章にすると「!」をつけ怒りマークの絵文字を入れるような、
    きっと語尾も口角も下がった忌々しい表情をしていると思います。

    ユーザーID:0019240775

  • 分かります

    「〜じゃないですか!」の言い切りは私も好みません。
    大袈裟かもしれませんが使い手の人柄や教養も出てしまうと思います。

    一方的・主観的な意見を押し付けて「当然あなたも同意見でしょ」と
    いう勝手な前提で話を進められる気がするからです。

    言葉の使い方や上げ下げは本当に難しいですね・・・。
    トピから外れますが、「〜でよろしかったでしょうか?」も不快派です(笑)

    ユーザーID:5671701387

  • 概ね同感ですが例外もあり

    自分のことを「私って〜じゃないですか」と話されるのは嫌な感じがします。
    私がその内容を知っていても知らなくても。

    でも、例えば「昨日後輩と2人で行った客先の担当者(Aさん)の話を社に戻ってから2人でする」のようなシチュエーションで
    「昨日Aさんが、『機能が気に入った』って言ってたじゃないですか↓、あれって私はこう思うんですよ」
    のように、2人で共通(同時体験)の『知ってる内容』について使われるぶんには、全く気になりません。

    私は使わずに別の言い方を探しますが。

    ユーザーID:8600353052

  • 半疑問系?みたいな?

    語尾をあげて、疑問系なのか、そうでないのか
    中途半端な話し方もそうですが
    相手の知識と、自分の知識を
    推し量りつつ、探りをいれながら会話を進めるための
    テクニックなのです。

    私は語尾を上げる話し方はしませんが、
    「じゃないですか」は便利なので、使っています。
    日本語としてはおかしいなとは思いますが・・
    使うようになったきっかけは
    「○○って知ってますか?」
    と聞いてから話を始めることが多かったのですが
    その言い方が気に障ると年長者に言われて、
    でも、相手の知らない話をいきなりするのも失礼なので
    自分なりに工夫して使い始めました。
    たぶん、誰かが使っていたのが耳に残っていたのだと思います。

    1.「私って○○な人じゃないですか」

    1の用法は私もNG

    「私ってコーヒー好きな人じゃないですか」

    って、知らねーよ。
    「私はコーヒーが好きです」
    って、言えよ。

    ユーザーID:4066141354

  • 押し付けがましくて嫌いです。

    1の使い方はかなりイラっときます

    「私って、魚苦手じゃないですかぁ〜」

    しらねーよ!と言いたくなります。

    相手の価値観を押し付けられるようで、嫌です。

    主語が「私」ではなくても

    「○○って、××じゃないですか」

    と言われると、自分の価値観を押し付けるのを婉曲にしている感があり、やはり不快です。

    2は、確認の意が込められているため、不快感を感じません。

    ユーザーID:4967161163

  • わかります

    32歳女性です。わたしもずーっと「じゃないですか」に違和感持っていました。
    最近では後輩に「昨日大雨だったじゃないですか、気に入っていた靴ダメになっちゃったんですよ〜」と言われて、私なら「昨日大雨でしたから」か、話の内容によっては「大雨でしたよね」って言うかな…と考えたり。

    ユーザーID:1897056489

  • 元気ですか!!

    〜ですか、と疑問形なのに「それが当たり前」と話す方が思っている傲慢、
    という意味で嫌われているのではないかと思います。
    私も同感です。
    しかし皆さんHNナイスだわ〜♪

    ユーザーID:9074127399

  • みなさま、ご意見をありがとうございます

    よく、「知らない内容を知っている前提で言われるから不快になる」と分析なされるのは先刻承知しています。字数制限で直接は書いていませんが、トピックをよく読んでいただければわかるはずです。そのうえで私なりの新説を書いてみたのでした。

    新たな例を出してしつこいですが、
    「会社の隣にコンビニが出来たじゃないですか(↓)」
    などは、コンビニが出来たことを知っていてもいなくても私は不快です。
    ごっごるさんご指摘のように、会話しているのにコミュニケーションをとろうとしていない、疑問文なのに語尾を下げて不完全な疑問文になっている、と思います。疑問文は必ず語尾を上げるというわけではありませんが。

    コンビニが出来たことを知っていれば不快でないという人は、おそらくご自分でも使っていらっしゃると思いますが、では今から話す相手がコンビニが出来たことを知っているかもしれない、あるいは知らないかもしれない、と微妙なときはどうするのだろう、と余分な疑問を持ってしまいました。

    ユーザーID:4562384265

  • トピ主のコメント(6件)全て見る
  • チャーリー浜さんみたく

    「私って、○○じゃあ〜りませんか」なら場がなごむ…

    ってことはないだろうな。むしろ雰囲気が悪くなったりして(笑)

    ユーザーID:6172061420

  • わたしの周りでは

    この手の話し方の人、めったにいませんね。プライベートではもちろんですが、特にビジネスシーンではありえないです。若い子がこうした話し方をして、一瞬場が凍りついたことがあります(笑)

    「わたしって甘い物に目がないじゃないですかぁ?」→「ご存じのように、わたしは甘い物に目がないので(目がないもので)」となるし、「昨今の企業は経費節減が徹底してるじゃないですかぁ?」→「昨今は企業の経費節減が徹底しておりますから」…普通にこれで通じますよね。

    上司に敬語で聞く時には致し方ないというご意見ありますが、「課長は明日から出張でいらっしゃいますから」「課長は明日からご出張ですから」、で、このあと言いたい文を繋げれば、普通に通じます。

    なぜ「〜じゃないですか」という言い回しにするのかわかりません(笑)

    「先日地震があったじゃないですかぁ」→「先日地震がありましたよね、それでうんぬんかんぬん・・・etc.」
    ↑なんかおかしいかな?(笑)

    ユーザーID:1447358881

  • 「じゃない?」を敬語で言う場合

    としこさま

    相手が上司なら「Aさんは今日出張です(よ)ね(少し↑)。新幹線が遅れていて大変ですね」と続ければ何等問題はないと思います。
    30年、40年まえに「Aさんは今日出張じゃないですか。新幹線…」と言う人は居なかったはずですが会話は成立していました。
    むしろ「じゃないですか」のほうがタメ口の部類と感じます。

    どうやらこのシチュエーションで不快になる人とならない人の二手にわかれるようですね。

    ユーザーID:4562384265

  • トピ主のコメント(6件)全て見る
  • 自説を補強する

    文字で書けば同じだが、意味によってイントネーションが違う場合を考えてみました。

    たとえばAとBの会話。

    A「彼はなぜ○○したんだろうね」
    B「そりゃあ××だからじゃないですか」

    ここで、Bの発言の末尾をアップ気味にすると、
    「××だからじゃないかな、ちがうかな?」というニュアンスになりますが、逆にダウン気味にすると、
    「××だからに決まってるじゃん、何言ってるの」というニュアンスになりませんか。

    少々強引ですが、以上のことから「〜じゃないですか」の末尾をダウン気味にすると「咎め調」「詰問調」になり、聞き手が不快になるとの結論に達しました。

    ユーザーID:4562384265

  • トピ主のコメント(6件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧