読書習慣のつけ方(30代

レス22
(トピ主0
お気に入り27

趣味・教育・教養

なし子

はじめまして。
31歳になる、なし子(HN)と言います。

今まで、あまり本を読まず、図書館で借りますが、借りたら安心して読まないか、少しだけ読んで挫折してしまうタイプです。ライトタイプのエッセイを年に数冊読むか読まないかです。
最近になり友達や先輩との教養の差?みたいな物が明らかに出てきてあせっています。

そして最近、テレビを見て気になった「これからの「○義」の話をしよう」を借りましたが、興味があるのに、数ページで即快眠してしまいました。けど、沢山の人が読んでいるのに自分は読めない、ダメ人みたいに感じてしまい情けなくなってしまいました。

また、ある人から、読書の習慣は小さい頃に習慣づけないと大人になってからはできないとも言われ、負け犬認定でもされたようなショックでした。
この歳になって、読書習慣をどうやってつけていったらいいと思いますか。

ユーザーID:7330854071

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数22

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 買って読むことだと思います

    ジャンルは問わず、雑誌でも本でも買って読むことだと思います。
    中古で安く買えます。

    図書館の本は、無料で期限もあり手放さなければなりません。
    買って、手元に置いていつでも読めるようにしてはいかがでしょうか?
    お風呂で読んでもいいですし。

    読みやすいと思った文章の本から慣らしていけばよいと思います。

    本は買うけれど、本棚のインテリアになっている人もいますし
    どうしても、読むのが苦手ならば人の話をよく聞くことにしてもいいと思います。
    周りの情報通や物事を良く知っている人は人の話を実によく聞いています。

    ユーザーID:5249812125

  • 集中できないのでは?

    家族全員の趣味が読書です。家中本があふれて・・

    トピ主さんは、本は読みたいけど、いざ読み始めると眠くなるタイプみたいですね。

    多分、集中して何かをすることが苦手なのではありませんか?読書が好きな人間はのめりこむと話かけられても聞こえない位集中してます(笑)

    読書の習慣をつけたいのですよね?まずは新聞とってますか?
    手元にあるのなら新聞を読むことから始めませんか?
    1面と下のコラム、あとは興味のある所だけでも毎日20分ほど集中して新聞を読む、これって結構いいですよー
    ちなみにお子さんに読書の習慣をつけたい時も、お子さんには本をママは横で新聞というパターンがいいみたいです。

    あと、ライトエッセイより話自体が面白い本を読む方がいいと思いますよ

    ハリーポッターとか面白いです。あとはドラマ化映画化された本とかね
    それで読めるようになったら今度は好きな作家の本を初期から読破していくとか

    とにかくまずは手近な新聞から、毎日20分の習慣を。がんばれー

    ユーザーID:7974317385

  • ことば、文章に興味をもつ

    興味のある内容でもダメなんですね?
    それならまず、日本語をもっと好きになることから始めましょう。

    「なんて美しい文章なんだろう」「こんな個性的な表現を思いつくなんて」
    そんな経験、一度も無い…なんてことは無いですよね?
    心のアンテナを伸ばすように、そんな感動体験をもっともっとと求めてください。
    一番いいのは詩集だと思いますが、歌詞や漫画の台詞、広告のキャッチフレーズから始めてもいいです。
    だんだん、ことば・文章に対する好みやこだわりが芽生えてきます。
    そうすると、冒頭数行を読むだけでも「この文章なら読めそう/だめかも」が
    分かれるようになってきます。
    だめかも、な文章の本は一旦捨て置いて、読めそうな文章の本をひたすら探してください。
    好みの文章に出会えれば、とりあえず途中で寝てしまうことはなくなるはずです。
    そして本を読破することに慣れていけば、いずれ文章に関わらず色んな本にも
    手を伸ばしてゆけると思います。

    私は大好きな作家の本なら、冒頭3行読んだだけで「ああ、やっぱ好きだわぁ」と幸福感に浸れます。
    トピ主さんにもそんな素敵な体験が訪れますように。

    ユーザーID:7939581732

  • 大人になってからはできない、なんてことは、何一つありませんよ

    「話題の本を通読できる程度」でいいわけですから、ちょっと鍛えれば、すぐ出来るようになりますよ。

    まずは、絵本です。絵が多いのがいいでしょう。「星の王子さま」とか「大きな木」とか「百万回生きたねこ」とか、長いこと読み継がれている名作を、まず読んでみてください。そして、自分の読書傾向がわかったら、そちらにそって、小学生向け、中学生向け、高校生向けと、対象年齢を上げていきます。漢字の難しさなどが違うだけで、作家さんは精根込めて作品を仕上げているのですから、低学年向けだからといってバカにしてはいけません。真剣に読んでくださいね。

    ここまできたら、たいがいの本は通読できるはずです。

    本来、本と人とは出会うもので、読めない本は「まだ、その時期ではないのだ」と思って仕舞っておけばいいのですが、他人と話を合わせたいとなると、そう悠長なことも言ってられませんよね。読みたいけれど、読めないときのとっておきを書いておきます。

    目次を読む。ラストを読む。通常、論述本は最初と最後に結論を書いてありますし、目次を見れば話の流れはわかります。世間話程度なら、これで十分です。他の人には内緒ですよー。

    ユーザーID:9305545989

  • 家以外で読めば?

    30代会社員です

    ほぼ毎日、夕食は外食(たいていひとり)です
    本来お行儀悪いのであまりお勧めはできないのかもしれませんが、
    「飯の友」は文庫本でした。
    注文してから食事がくるまで、(お行儀悪いけれど)食べながら
    読むと小一時間になります
    私は本読むのが早いほうなので、下手すると週に3冊くらい読んでしまうこともありました
    あとは、通勤の電車の中、どこかにでかける移動中などには
    ほかにすることもないので、読書がはかどるのではないかと思います

    最近は上記のような時のひまつぶしグッズが「携帯」になってしまったので
    読書量はぐんと減ってしまいましたが・・

    私の場合は、家に居る時間が短いので、家にいる間はほかにやること、やりたいことが多くて「読書」にまで時間が回りません

    「外」で読むようにしたら、読書量が増えるのではないでしょうか

    ユーザーID:1396657394

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • 自分の興味のあるジャンルを知る

    トピに上げられた本は、トピ主さんの読書スタイルだと、
    厚さと情報量が違うので読み続けるのが難しいかもしれません。

    図書館で本を借りると、自分に合わなければ
    読まないで返せ、懐が痛みません。
    まずは色々なジャンルで、読みやすそうな本を
    ピックアップし、手当たり次第に読んで
    自分の好きなジャンルや作家を把握してみてはどうでしょう。
    その際アマゾンやSNSでのレビューは一定の目安になります。

    ほとんどのジャンルは、ライトな文章のものから
    ハードなものまで揃っていますから、自分にあったところから
    読み始めてはどうでしょうか。
    トピ主さんの興味の方向からなら、「大人のいない国」などは
    読みやすいのでは、と思います。

    あと、他人ができて自分ができないからといって
    自分が否定されたように感じたり、
    自分で自分の評価を落とさないで下さいね。
    読書の習慣がない、というのはトピ主さんの
    無数にある面のうちのたった一面にすぎません。

    よい本と出合えますように祈っています。

    ユーザーID:5161003374

  • 短時間を活用して。

    私も仕事や育児に追われ、すっかり読書から遠ざかってしまいました。
    興味のある本(あるいは映画DVDなど)があっても、他のことに
    気を取られて、なかなかそのためだけの時間が作れない状態です。

    そこで、今は読書タイム=トイレタイムです(笑)
    賛否あるでしょうが、個人的にはボーっとしてるより断然良いです。
    他にも、例えば通勤の合間や病院の待ち時間など、少しの時間でも
    上手に活用して読む習慣をつけていくと良いと思います。
    途切れ途切れでも問題のない短編で、携帯しやすい文庫本から
    始めてみてはどうでしょうか。
    iPadなどのツールも活用すればもっと気軽に楽しめるかも知れませんね。

    読書のように自分から能動的に収集する知識は、やはり貴重だと思います。
    お互い頑張りましょう。

    ユーザーID:2603279479

  • 自分が面白いと思えるものを読む

    両親が読書好きで、子供の頃からずーっと読書三昧。
    書店の外商が来るような環境で育ちました。

    あまり本を読んだことがない方は、薄くて娯楽色の濃い作品(ライトノベルや流行作家の作品、メディア化されたもの)などから読むか、それでも厳しいようなら漫画で活字を読む楽しさを覚えたらいいのかな…と思います。

    どんなことでもそうですが、面白いことや上手くいくことじゃないと、続かないと思います。

    それとどんなに世間で良書と言われていても、自分にとって相性のいい作家・悪い作家はいます。
    正直、数行読んだだけで放り投げることが、未だにあります。

    きっとトピ主さんにとっては、その本の作家とフィーリングが合わなかったのではないでしょうか…。

    読書の習慣をつけたいなら、教養や知識などはさておき、自分が面白いって思えるものを読むのがいいと思います。

    「ダ・ヴィンチ」という雑誌などで、流行小説の情報などを知ることができるので、手にとってみると1冊ぐらい気になるものが見つかるかもしれません。

    ユーザーID:2465985296

  • そういえば

    私も小さい頃から本好きです。
    でも、関係ないと思いますよ〜
    これ読みたいな!って本を見つけるのが一番だと思います☆
    妥協や人からのオススメで買った本だと、結局途中で寝てしまったり
    読まないままだったり
    ちなみに本は購入してます。
    古本屋の100円コーナーとかで
    掘り出し物見つけるのも大好きです。
    おかげで本まみれですが...
    好きなジャンルや作家さんを見つけると楽しいですよ〜

    ユーザーID:7515184506

  • いくつからでも読書の習慣はつくかと思います。

    41歳4ヶ月、中学生と小学生の子どもがいます。

    私もあーるさんのおっしゃるように「買う」ことがいいかと思います。
    そしてエッセイではなく、薄いミステリーを入り口としておすすめします。

    何故買って読むのがいいと思うかといいますと、下世話な話、
    金だしたら元取りたいと思うではありませんか。
    600円した本は読まなかったら600円の損です。
    でも借りた本は損がないので「面倒だからいいや」となりがちです。

    エッセイは「何が書いてあるか」より「誰が書いたか」が重視されるジャンルの本です。また特に結末が気になるジャンルでもありません。
    そういう本よりは、読み出したら止まらない系のミステリー(しかも枚数の少ないもの)だと追いかけるように読むことができる可能性が高いです。

    本屋の新刊文庫本コーナーに行くと、大抵の本屋でランキングされています。
    上位の本は大きく外しません。(例外もありますが)
    また上位にある本は話題の本でもあります。(映画の原作など)
    人気シリーズものは後回しにするとして、まずはランキング上位にある単発ミステリー系から入るのはいかがでしょうか。

    ユーザーID:6161377357

  • 活字中毒

    な 自分ですよっと
    他の人も書かれてるけど、自分が好きなジャンルを読む事ですね
    SF、ファンタジー、推理、恋愛、歴史、エッセイ
    まだまだ色々あります
    新刊じゃ無くても良いんです、読んで面白ければ!
    あと 自分に合わない物は手を出さない 読んでて萎えてきますから

    ユーザーID:9185577628

  • 買っても読まない人は読まないです

    借りて安心して読まない人は、買っても逆に何時でも読めるという安心感から、結局読まないです。
    そして積読本が出来るだけです。

    数ページ読んで、寝てしまうのは、別に本を必要としてないからではないですか?
    厳しい言い方をしますが、心の何処かで別に読まなくも良いのではないか?と思ってませんか?
    対外的に自分を良く見せたいが為の焦りがあっても、別に読まないことで決定的な損失を受けるわけではありませんし。

    本気で読書の習慣を付けたいというなら、興味のある本を数冊用意し、必ず一日のうち1時間は読書の時間とし、タイマーで計って読書をする。もしそれが実行出来なかった場合は自分にペナルティーを課す。
    というぐらいの事をしないとトピ主さんには無理な様な気がします。
    もちろん、最低1時間ということで、それ以上読み続けたい場合は可にし、あくまでもオーバーして読んだ分を翌日分としてカウントしない条件付きで。

    興味があって借りてきた本すら読み切れないなら、それぐらいの事をしないと読書習慣なんてつかないと思います。

    あとは人に借りて返す期日を決め、返すときには必ず感想を言うという形にすれば良いと思いますが。

    ユーザーID:4729442980

  • こんな読み方もある

    人間は忘れます。
    本を読んでいる人も、読んだはしから忘れていきます。
    おおまかに覚えるか、細かい部分に感銘を受けることがあっても、どこかは忘れます。
    忘れないものは、自分で繰り返しインプットしたものだけです。
    覚えている人は、ほとんどがしつこく本を読む人と思っていいでしょう。
    読書という作業は、一度だけ読めばすむわけではないのです。
    非効率な話です。
    だから皆さんが「好きなもの」をおすすめするのです。
    嫌いなものは、続かないから。

    情報がほしいなら、目次をみて最初と最後を読んで、結論を先に知るという手段はいかがでしょう。
    そのあと途中を埋めていく。たいてい全頁に重要なことが書いてあるわけじゃないです。
    ただし感情移入したいなら、読み飛ばさないほうが楽しいです。

    まず図書館で、立って読んでください。
    どこでもいいので、30頁読みます。
    立ち続けるのがいやになったら、はずれ。おかまいなしなら好みでしょう。慣れると、30頁もいらなくなります。
    そして、中断してください。
    後日、続きを読みたいと思うか自問します。当たりの本はそのときわかります。

    ユーザーID:3849882666

  • 本屋を覗こう

    本屋さん、特に利用者の多い店は、オススメ本のPRのために、色々工夫してレイアウトしているので、
    見ているだけでも、結構楽しいです。 「面白そうだな・・・」という本にも出会いやすい。 
    本屋さんによる考え方の違いなども感じて興味深いですよ。

    ユーザーID:1480443081

  • まずは新聞から、に一票!

    ねこさんがお勧めされている、まずは新聞から、が私もよいと思います。
    書評欄や、新刊本の紹介も載ってますし、お勧めです。

    自分の子供時代を考えても、新聞で興味のある記事やコラムを読んで、活字に慣れていった記憶があります。

    それと興味があるジャンルや、好きな作家を見つけるのがポイントですね。
    多くの人が読んでいても、つまらないものはありますから。

    あと、何人かの方が書かれてますが、図書館で本を借りるより、身銭を切って本を買うことをお勧めします。お金を無駄にしたくないから、本選びも真剣になると思うのですが。

    ユーザーID:7013374255

  • 追記

    すみません、一文抜けていました。
    「大人のいない国」は政治哲学ではないですが、
    社会を哲学的視点で見る、という点がよく似ていると思います。
    サンデルほど哲学的思索はありません。

    他実践的なものなら、ティーンエイジャーむけの
    「よりみちパン!セ」というシリーズに
    「さびしさの授業」というわかりやすい本もあります。

    人によって違うとは思いますが、本は、
    人生にいろいろなアプローチがあることを教えてくれます。
    自身が心の幸せに対して貪欲なら、試す価値のある方法かも。

    ユーザーID:5161003374

  • 同感

    私もなかなか最後まで読めないです。
    自分が買った本でも最初は興味深深で読んだが、
    だけと数日後どこかに捨て置いた。
    子供頃、文字が多い本を読むと、頭が痛くなった。
    大人になった私は今もちょっこちょっこ本を買いてますが、
    やっぱり無理かなぁと思う。
    どうやら最後まで読めるのか今も悩んでいる。

    ユーザーID:7614036979

  • 小町のトピを参考にするのは?

    私自身でもトピを立てていますが、小町にはたくさん「面白い本教えて」系のトピが立っています。皆さん、実にたくさんの面白い本を挙げていらっしゃいますよ。

    それを参考に、面白そうだなと思った本を読んでみてはいかがでしょうか?
    やっぱり面白いと最後まで読めます。
    たぶんトピ主さんは今まで面白い本にあたらなかったのでしょうね。

    私はトピ主さんとは逆に、図書館で借りると期限までに読まなくちゃ!!と焦ってガンガン読んでしまいます。
    でもトピ主さんは安心して読まなくなっちゃうということなので、買った方がいいのかな?せっかく買ったんだから読まなきゃ損!って読めるかも?

    あときっかけとしては、映画化された作品の原作を読むとか。映画を先に見てストーリー知っていれば、読むのも苦痛じゃなくなるかもしれません。

    読書ははまると楽しいです。楽しい本に巡り合えますように!

    ユーザーID:2850711029

  • テレビを捨てる

    テレビを見過ぎていませんか?他にやることがなければ本でも読みますよ。

    ユーザーID:5083013681

  • ホラー小説

    長編なのに「リング」は一気に読めました。なぜならば、なんだか分からない怖いモノ(貞子)を解決して安心したいという心理からだと思います。高校生の頃でした。
    推理小説もいいと思います。東野圭吾の「白夜行」も面白い!西村京太郎も読みやすいです。心理描写が少なくて楽です。訪れたことのある土地を舞台にしたトラベルミステリーは頭に映像が浮かんでくるので、楽しいです。
    こういう読みやすい、止められない小説の数をこなすと、読む力がついてくるので、そのうちに色んなジャンルに手を出すこともできるようになります。
    まず文章慣れでしょうね。

    ユーザーID:9329982081

  • 目的を持つことが大事

    私は数年前は読書の習慣がありませんでした。
    正直言うと、今でも現代の小説を読むのは好きになれません。

    読書をするようになった直接のきっかけは
    長期の失業で本を読むことぐらいしか
    やることがなかったからですが、
    失業中にいろいろな人と知り合う機会ができて、
    その人たちと話をするためには
    それなりに勉強をしなければならなくなったからです。

    もし、東京近郊の人であれば、
    読書会がブームになっているのでそれに参加してみるのも
    ひとつの手ではないかと思います。
    私も読書会や読書以外の勉強会に行くようになって
    飛躍的に読書量が増えました。
    また、知り合いも増えたので一石二鳥でした。

    私も読書が大嫌いでしたが、
    苦痛な「暇」と、それから脱却するための
    人間力をつけるという「目的」があったからこそ
    読書を習慣にできました。
    読書のおかげで、著者の方にもたくさん会えました。
    そこから得るものもとても大きかったです。
    「こうあいたい」という姿がイメージできれば、
    読書でも何でも習慣にできると思います。

    ユーザーID:8482215046

  • まずは活字に慣れるところから

    その為には面白い&集中して読める本を読む事から始めてはいかがでしょう。

    私自身かなり本を読む方だと思っていますが、うんちく本はなかなか進みません。途中で読まなくなった本が何冊あることか…

    あまり活字慣れしていない人でも読み易い作者としては
    ・ショートショートの星新一さん
    ・推理小説ですが赤川次郎さん
    ・「しゃばけ」の畠中恵さん
    ・宮部みゆきさんや東野圭吾さんもハズレがないかと思います。

    あとは児童書もお勧めですよ。児童書と侮る事なかれ!おもしろいものがたくさんあります。児童書なので読みやすいですし。

    ユーザーID:2627905727

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧