変ニ長調のピアノ曲

レス22
(トピ主3
お気に入り23

生活・身近な話題

DDD

秋といえば変ニ長調!と勝手に思っています。(賛同していただける方がいらしたら嬉しいです)ということで、変ニ長調のピアノ曲を弾いてみたい!ショパンの子犬のワルツくらいしか思いつかないんですが、他に変ニ長調でご存知の曲、是非ご紹介ください!

ユーザーID:0157312650

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数22

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 探ぜはある

    雨だれもそうだし、ノクターン八番もそうですよね。

    変二長調のピアノ曲、と検索すれば、ある程度は出てきますよ。

    ユーザーID:0577007280

  • ショパン

    ショパンでしたら、「雨だれ」やノクターンop27-2、子守歌なんかいかがでしょうか?
    個人的にはベートーヴェンの「熱情」の第2楽章が好きですね〜

    でも季節と調性って考えたことありませんでした。
    ピアノ曲で好きなのは変ホ長調かな♪弾きやすいし

    ユーザーID:8067546481

  • 思いついたのは

    ショパンの雨だれ

    ですね。


    ちなみにわたしはホ短調が秋のイメージあります。

    ユーザーID:0252318618

  • Clair de lune

    Claude Debussy の "Clair de lune" はお好きですか?
    小生の大学時代にアパートの上の階に音大生が居まして、この曲の練習に秋の夜長何百回も付き合わせられました。
    変に単調では無いですね。飽きませんでした。

    不思議とコオロギの鳴き声と調和します。

    ユーザーID:0256895158

  • 見つけましたよ

    ピアノ曲に限らず、そもそも変ニ長調の曲って何があるでしょう?すぐには思い浮かばないですが。

    さて、変ニ長調のピアノ曲、とりあえず4曲ほど見つけました。シューマンの「幻想小曲集 作品12」の中の第1曲「夕べに」、第3曲「なぜ」、第4曲「きまぐれ」、それとブラームスの「3つの間奏曲 作品117」の2曲目です。

    うーん、秋・・・かな?

    ユーザーID:6520468800

  • 面白いですね

    変ニ長調が秋、というの、おもしろい感覚だと思いました。

    ピアノのメカニック的には弾きやすい調のはずですが、あまり多くは浮かびません。

    ショパンでは
    前奏曲 作品28−15 雨だれ (ご存じですよね)
    子守唄 作品57 (変奏曲風の隠れた名曲、演奏は難しいです)
    夜想曲8番 作品27−2 (左手のゆるやかな分散和音に乗った美しい曲)
    あたりが有名どころでしょうか。
    リストでは、
    超絶技巧練習曲11番 夕べの調べ があります。掛け値なしの名曲。意外に弾きやすいです。

    他の作曲家では、シューマン 花の曲、ベートーヴェン 熱情ソナタ2楽章、を思いつきました。

    並行調である変ロ短調は、これは有目曲が多く、ショパン ソナタ2番(葬送行進曲つき)、スケルツォ2番、チャイコフスキー ピアノ協奏曲1番、ラフマニノフ ピアノ協奏曲2番など。

    こちらは、リストの超絶技巧練習曲12番「雪嵐」(雪かきと訳されることが多いが、曲想から明らかに嵐です)の印象から、冬のイメージです。演奏至難ですが、ピアノを100%鳴らすとはこういうことか、という曲です。

    ユーザーID:0922771589

  • ホントだ!

    皆様ありがとございました!楽譜が手元にあればよいのですが、実家にすべて置き去りにしているもので。。。でもネットでも検索できるんですね、忘れてました。
    ショパン:雨だれ、ノクターン8番←大好き!、子守唄
    ベートーベン:熱情2楽章
    ドビュッシー:月の光
    シューマン:夕べに、なぜ、きまぐれ←後2曲は存じません
    ブラームス:間奏曲作品117 2曲目←存じません、1曲目がイ長調のやつかな?
    なんかあまり曲を知らないので恐縮ですが、そっかーと思うものもあり嬉しいです。26さま、ホ短調が秋のイメージですか、やっぱ人それぞれですね!親父馬様、月の光とコオロギの奏でが調和!風流ですね!早速競演します!

    ユーザーID:0157312650

  • ブラームスの間奏曲

    op.117には変ニ長調はないのでは?op.117-2は変ロ短調です。

    ユーザーID:7833429913

  • 親父馬さん、ヨコですが

    最初は少し違和感をおぼえていましたが、今気が付きました:

    「変に単調では無いですね」⇒ 「変ニ短調では無いですね」

    風流と言うかフーガな洒落ですね!

    ユーザーID:5072221402

  • 変に丁々

    今まで気にとめてはいませんでしたけれども、変ニ長調のピアノ曲には明朗であるにもかかわらず心に染み入って来るものがありますね。

    フランツ・リスト:コンソレーション 第3曲 第4曲
    ベートーヴェン: ピアノソナタ第14番 『月光』 第2楽章 Allegretto

    ユーザーID:6650239369

  • 失礼しました

    先日、変ニ長調のピアノ曲で、ブラームスの「3つの間奏曲」op117−2を挙げましたが、この曲はピアニスター様のご指摘の通り変ロ短調でした。あぁ、恥ずかしい。
    ところで、もう1曲見つけました。ショパンのマズルカ op30−3です。ミケランジェリのショパンアルバムの中に入っていました。

    ユーザーID:6520468800

  • ほかにもいろいろあった

    レスいただけて嬉しいです。
    素人ピアノ弾き様、やっぱり変ニ長調って弾きやすいんだ、だから私が親近感を感じるのかも!?ラフマニノフP協2番って変ロ短調でしたっけ?パガニーニの何ちゃらとかいうのが、最後の有名な部分が変ニ長調だったような・・。
    ピアニスター様、よくご存知で。私、ブラームスは昔ラプソディーで挫折(というか性にあわなかった)しました。
    人差し指ピアニスト様、親父馬様って素敵な方ですね!よいお友達になれそうです(一方的に余計なお世話!?)
    損悟空様、>変ニ長調のピアノ曲には明朗であるにもかかわらず心に染み入って来るものがありますね>まさにそんな感じ、お言葉嬉しいです!いろいろウェブ上で検索したら、変二長調といえば、夜やお酒、ロマンス等を連想する・・・というような書き込みのあるブログを見つけました。まさに私と同じ感覚の方がいらっしゃる!とうきうきしました!

    ユーザーID:0157312650

  • 舞踏への勧誘

    ウェーバー「舞踏への勧誘」

    全然「秋」っぽくはないですが…。

    ユーザーID:6463213861

  • 変ニ長調の曲は他にもいろいろ

    調を季節のイメージで捕えるのは面白いですね。
    ただ、私は「秋」というなら、変イ長調かイ長調辺りかなと思います。秋独特の澄んだ空気感がありますので。変ニ長調はむしろ、霞たなびく春の感じですが。
    それはさておき、変ニ長調のピアノ曲は結構ありますね。ピアノある程度以上習うとわかりますが、主音が黒鍵なので隣の音と重なり難い、音階で白鍵の位置がちょうど親指になるので弾き易いといった特長があるからだと思います。
    レスで挙げられた曲の他にも、近親調の曲の中間部などいろいろあります。例えばショパンでは、幻想即興曲や葬送行進曲(ソナタ2番の第3楽章)、夜想曲1番の各々中間部など。シューマンの交響練習曲の終曲もそうです。
    オーケストラでは弦楽器が開放弦(G線、D線、A線等)の関係でシャープ系の調号の曲が演奏し易いようですが、ドヴォルザーク「新世界交響曲」の第2楽章のような有名曲もあります。
    またピアノ協奏曲ですと、チャイコフスキー1番では、冒頭数小節は変ロ短調ですが、あとは変ニ長調が長く続きます。なおラフマニノフ2番はハ短調ですが、パガニーニ狂詩曲の中で有名な第18変奏は変ニ長調です。

    ユーザーID:6602799137

  • アルメニアより

    アラム・ハチャトゥリアンのピアノ協奏曲変ニ長調: 荒々しく、しかも力強くコオロギを蹴散らすような(変に丁々とした)美しい曲です。

    ユーザーID:3936224892

  • まだあったか!(当然)

    お湯割り人形様、舞踏への勧誘、ピアノ曲って知りませんでした!たしかに秋っぽくないような。でもちょいと夕方、舞踏に行ってきます、の雰囲気はあるかと(意味不明?)。
    昔はピアノの生徒様、弾きやすさも関係するのですね、確かに白鍵同志は距離が長く弾き辛いが変ニ調だと少々緩和されるのかも。
    >「秋」というなら、変イ長調かイ長調辺りかなと思います。秋独特の澄んだ空気感がありますので。:なんとなくわかります。変イ長調(←エオリアンハープ)は初秋の午後4時半頃の赤トンボ群集飛行のイメージです(勝手にすみません)!
    ショパンの葬送曲やノクターン、幻想即興曲、やはりショパンの変ニ長調、変ロ短調は独特の雰囲気がある気がします。
    PDQBachの弟子様、そーでした!ハチャトリアンのP協!最初はわかりづらいですが確かに変ニ長調!そーいえばプロコフィエフのP協1番も変ニ長調だ!ここまでくるときらびやかであまり秋の感じがしなくなってきますが。季節というより人生の一時期(この2曲は少年〜青年時代)って感じですかね。

    ユーザーID:0157312650

  • 思いついたまま、

    すぐに頭に浮かんだのがバッハの「平均律集」、
    (ピアノではなくもとはチェンバロの曲)
    ですが変二長調はありませんね。
    同名調のロ短調です。

    メンデルスゾーンの無言歌集から、
    何番か忘れましたが1曲あります。

    ドビュッシーのD’un cahier d’esquisses,
    (魅力ある小曲だと思うのですが)

    ベートーヴェンのソナタ、すでに挙げられています、
    「月光」と「熱情」の第二楽章、
    他、「ハンマークラヴィーア」の
    第二楽章にも顕われます。

    シューベルトのピアノ曲「アダージョ」、
    因みに秋の曲ではなく、
    歌手に調を変えられてしまいますが
    私の好きな「ます」原曲は変二長調です。

    と、挙げましたが
    皆さん、もうご存知かもしれませんね。
    これから音楽の秋ですね。
    楽しんで下さい。

    ユーザーID:0600496933

  • 間違えて投稿しました、

    ご覧になっている方と、
    これから音楽を学ばれる方へ、
    訂正します、
    バッハの平均律集、プレリュードとフーガには
    変二長調の平行調の変ロ短調 ♭が5個
    変二長調の同名調(同主調)の嬰ハ長調 ♯が7個 
    が書かれています。

    私が間違えて書きましたロ短調ではなく
    (ロ短調もありますが♯が2個です。)

    失礼致しました。
    訂正とお詫びまで。

    ユーザーID:0600496933

  • お月見

    昨夜きれいな満月を愛でながら月の光を聴きました(パスカル・ロジェ)。
    トムとジェリー様、色々な曲をご紹介頂きありがとうございます。おまけに訂正版まで!私はバッハとかの曲をあまり知らないのでわからないんですが、音楽を専攻されている方にとっては重要ですよね!

    >ドビュッシーのD’un cahier d’esquisses,
    (魅力ある小曲だと思うのですが)
    そーですね、こんな曲もありました。最初は?ですが何度か聴いているうち味わいが出てくる曲です。鋭い!
    「ます」、Hdurと思ってました。高校の音楽のときにはこの調で習いました。

    ユーザーID:6854989946

  • 再三、再四、恥をかきに、

    お邪魔します。
    「無言歌集」、開けたら、なかったです、変二長調。
    クレームが付きませんで、幸いか不幸か。
    30番が主さん、ご存知と思います、春の歌(Adur)です。
    掲示板での間違いは重大ですね。
    まことに申し訳ありませんでした。
    平に平に、ドビュッシーの「水の反映」でお許しを。

    私は「ます」Gdurで学生の頃、習いました。

    1週間程前にラジオでパスカル・ロジェを聴きました。
    ハイドンのソナタでした。
    ハイドンも良いけれど、やはり
    ドビュッシー、サティ、ラヴェルがいいですね♪

    お邪魔ばかりして御免なさいね。

    ユーザーID:0600496933

  • ありがとうございます

    トムとジェリー様、ご丁寧にありがとうございます!メンデルスゾーン「無言歌集」、恥ずかしながら春の歌しか存じません。30番ってことはそれ以外にもたくさんの曲があり、その中にdes durが“無い”ことの方がすごいと感じています〜。
    ドビュッシーの水の反映も素敵。トムとジェリー様はラヴェルもお好きだそうですが、水の戯れ(こちらはホ長調ベース?)の方は、同じ水でも表面のきらきらした感覚が勝っているような…。変ニ長調の方が深みがあると私には思えます。布でいうとビロードみたいな厚ぼったい雰囲気。
    パスカル・ロジェ、ラジオ(NHK FM?)で放送していたんですね、聴けばよかった(悔)!

    ユーザーID:6854989946

  • メンデルスゾーンの無言歌集、

    全部で48曲ですがピアニストの方も全曲を勉強しない限り
    全部知らないでしょう。

    ラヴェルの水はトピ主さんの仰る様にきらきらしていますね。
    ドビュッシーの方は海を感じます。
    ご存知かもしれませんが、ドビュッシーの「海」
    葛飾北斎の「神奈川沖波裏」からインスピレーションを
    受けたそうです。
    トピ主さん、研ぎ澄まされた感性をお持ちですね。

    ラヴェル大好きですし、好きな作曲家沢山います。
    今、「おもしろき こともなき世を おもしろく」というトピを
    立てている東行坊主さんがラヴェルをお好きだそうです。

    私が聴きましたのはNHKではなく
    RAI(radiotelevisioneitaliano)です。
    イタリアに居ります。

    ユーザーID:0600496933

レス求!トピ一覧