オススメの長編小説は?

レス30
(トピ主4
お気に入り66

旅行・国内外の地域情報

みーや

トピ見て頂きありがとうございます。

別トピで、小町にはヘビーな本好きが多いと気づいたので、是非情報を教えて頂きたいのです。

長編小説が大好きです。短編にも良いものはたくさん有りますが、せっかくの素晴らしい世界観がすぐに終わってしまうのが悲しくて…「お願い、終わらないで(泣)」といつも思うのです。

長編は、長くその世界に浸っていられるから好き。指輪物語ではホビットさんの世界から帰ってくるのがイヤで困ってしまいましたが(笑)

今まで、赤毛のアンシリーズ、ゲド戦記、橋のない川、白い巨塔(山崎豊子さんはほぼ読みました)などなど、ジャンルはごたまぜで読んでます。一人の人が書いた作品集なんかも好きで、星野道夫作品集や恩田陸さんなんかも愛読。
世の中には私の知らない素晴らしい本がまだまだあると思うのです。知らずに一生終わりたくない!とアラフォーの私はやや焦ってます。どうか皆様、これは読んどいた方がいいよ、という本教えて下さい。

短編や、文庫一冊で終わるような話でももちろん良いです。素晴らしい読書体験をお持ちの方、共有させて頂きたいです。よろしくお願いします!!

ユーザーID:5380385363

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数30

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 風と共に去りぬ

    『風と共に去りぬ』
    ぜひどうぞ。

    ユーザーID:2489158567

  • 長編いいですよね〜

    最近はゆっくりじっくり小説を読むヒマがなかなかとれなくて
    それほど長くないものばかり読んでますが、長編大好きです!
    トピ主さんと同じく、その世界にどっぷり浸れるのがいいんですよね。

    私が持っている長編で、一番長いのは「グイン・サーガ」なんですが
    これは作者の逝去で未完になってしまったのでお薦めからははずします。

    歴史大河ロマンがお好きでしたら、S&A・ゴロンの「アンジェリク」はいいですよ!
    ただ、今は絶版のようですので、古本屋か図書館で文庫版を探してみてください。

    それから、これも歴史物になるのかな?ジーン・アウルの「エイラ−地上の旅人」シリーズも面白いです。
    紀元前3万年、ネアンデールタール人の一族に拾われた、クロマニヨン人の少女エイラの波乱の人生を描いた物語です。
    一冊がものすごく分厚く、一冊2500円くらいなので、お財布と収納スペースに余裕がなければ、図書館で探した方がいいかも。

    他にもおすすめはいろいろあるので、時間があればまたレスしますね。

    ユーザーID:7613712772

  • 私の大好きな作品を…

    ジャンル問わないとの事なので、歴史小説をお勧めします。
    池波正太郎氏の
    「真田太平記」です!
    真田家三代に渡る話しで、今の歴女ブームが始まる以前から、すっかり真田家ファンになりました〜
    全12巻です。

    ユーザーID:3699529564

  • オススメ

    影武者徳川家康
    剣豪将軍義輝
    百億の昼と千億の夜
    家族狩り
    ハイペリオンシリーズ
    亡国のイージス
    長いお別れ
    神々の山嶺
    女王陛下のユリシーズ号
    シルマリルの物語
    ファウンデーションシリーズ
    甲賀忍法帖
    マルドゥック・スクランブル
    真夜中のデッドリミット
    裂けて海峡
    緋色の記憶
    砂のクロニクル
    銀河英雄伝説
    死にゆく者への祈り

    ユーザーID:8147029920

  • 未完の大作

    更に独自の世界観ということで、埴谷雄高の「死霊」を思い付きます。
    中々読む時間が取れない長編ですが(実は読んでいる途中です)、この小説のいう『存在の革命』は、一生の宿題になりそうな気分になります。

    あと、これよりは圧倒的に短いですが、篠田節子の「弥勒」は政治・宗教・社会・愛情問題と、イロイロな要素があって、お得感満載です。
    私には、長さはこれよりありそうな高橋和巳の「邪宗門」辺りよりヘビーだと思いました。

    ユーザーID:3051075504

  • 旅行・国内外の地域情報ランキング

    一覧
  • 名前忘れてしまった・・

    ゲド戦記の次に図書館でかりた本、、、名前わすれてしまった・・。
    それはともかく、田中芳樹の本はどうですか。
    SF系ですけど読み応えありますよ。

    ユーザーID:2323683561

  • 北森鴻と宇江佐真理

    41歳4ヶ月、中学生と小学生の子どもがいます。

    北森鴻の「凶笑面」から始まる民俗学者・蓮丈那智シリーズ、さらにそこに登場する、旗師・宇佐美陶子(冬狐堂)に続くシリーズがおすすめです。

    特に冬狐堂シリーズの「狐罠」「狐闇」(長編)、「緋友禅」「瑠璃の契り」(短編集)は特に好きです。
    冬狐堂シリーズの主人公宇佐美陶子と横尾硝子の友情は同世代として羨ましい。自分の為に傷を負ってくれる、破格の金を差し出してくれる、泣いてくれる、そういう友人を持つ大人になりたいと思わせるシリーズです。
    北森鴻は今年の1月に48歳の若さで亡くなりました。泣きました。

    宇江佐真理、「幻の声」シリーズ(文庫7冊単行本1冊)もおすすめです。
    江戸時代、髪結い伊三治と恋人の深川芸者文吉の話ですが短編の集まりなので気軽に読めます。特に5作目の「黒く塗れ」に入っているものがいいです。「思いやり」というものの本質は何かと問われている気がします。

    上橋菜穂子の「精霊の守り人」シリーズも必読ですね。今、小5の娘が読み始めています。
    「橋のない川」私も好きです。長く読む為に単行本で揃えました。

    ユーザーID:5154042356

  • 徳川家康。

    山岡惣八さんの超長編です。
    今歴史ブームですので勉強になります。
    織田信長もよかったです。

    ユーザーID:4276738997

  • トピ主です

    リブロさんありがとうございます。

    はるか昔、一度読みましたがあらすじも忘れました。今の年齢でもう一度読んだら感想も違うでしょうね。
    是非読ませて頂きます。早速のレス、感謝いたします。

    ユーザーID:5380385363

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • それなら

    『源氏物語』をおすすめします。

    読んでみて損はなし。読まねば損をします。

    現在のわれわれと全く変わらぬ男女の機微、親子の情、友情、ちょっとした滑稽譚、芸術論から恋愛論まで網羅され、印象的で優れた風景描写が随所にみられます。

    日本の文学はもちろん、美術やお菓子の世界まで、源氏物語を読めば理解と感動が深まります。

    秋の夜長に是非!

    ユーザーID:8092148435

  • レ・ミゼラブル

    「ああ無情」を読んで「レ・ミゼラブル」を読んだ気になってる人は絶対損してます。
    同じく「岩窟王」を読んで「モンテクリスト伯」を読んだ気になってる人も同じです。

    ユーザーID:5633630867

  • 長編と言えば

    スティーブン・キングですね、私の場合。

    『ダーク・タワー・シリーズ』はいかがでしょうか。
    これを読むと、『不眠症』はじめ『レギュレイターズ』など、他のキング作品にも複雑にからむ要素が多く、キングの小説全てが互いに関連を持った大河のような大長編小説だと言えるように思います。

    既出ですが、アイザック・アシモフの『ファウンデーション・シリーズ』にも同じことが言えます。『鋼鉄都市』に始まる人間イライジャ・ベイリとロボットR・ダニール・オリヴォーの物語が行き着くところ……。是非読んでみてください。

    日本では、宮部みゆき『模倣犯』それに続く『楽園』
    そして、東野圭吾『白夜行』『幻夜』

    何より、私が愛してやまないのは、J.R.R.トールキン『指輪物語』です。この前段階の物語『ホビットの冒険』から読めば言うことなし!
    映画にもなりましたが、本で読む奥深い物語世界は何物にも換えがたいです。

    また、ジブリアニメの原作『床下の小人たち』シリーズも5冊からなる長編物語です。これも本を読むことをお勧めします。

    ユーザーID:8126349026

  • 私のオススメ

    ジョン・グリシャム 「法律事務所」
    かなりはまりました。

    「ペリカン文書」はジュリア・ロバーツ主演で映画にもなりました。

    ユーザーID:9325214117

  • 西のはての年代記

    ゲド戦記がお好きでしたら、同じ作者アーシュラ・K. ル=グウィンの「西のはての年代記 全3巻」をおすすめします。

    アースシーのシリーズよりは短いけれど、『ギフト』『ヴォイス』『パワー』の3冊を全部合わせれば、ゆうに1000頁を越えますから長編と言えるでしょう。それぞれの物語ははっきりとした続きではないけれど、関わり合っています。

    ゲドがお好きでしたら、深い悩みを抱えながら、強い心を持つ主人公たちの骨太な物語に共感できるのではないでしょうか。どっぷりとル=グウィン女史の独特の世界に浸れると思いますよ。

    ユーザーID:0120129033

  • デイビッド・エディングス

    『指輪物語』がお好きなら、きっとこちらもハマると思います。
    ファンタジーですが、ファンタジーをあまり好まない人もこれにはハマります。文章はとても平易でユーモアも皮肉もたっぷり、繰り返し読みにも耐えます。個人的には指輪〜より、内容も面白さもハラハラ臨場感もこちらの方が上だと思っています(指輪〜ファンの方すみません)。指輪〜より、訳者の腕がいいためでもあると思われます。

     『ベルガリアード物語』(全5巻)
     『マロリオン物語』(旧版は全10冊でしたが、新版は5冊かも?)
     『魔術師ベルガラス』(全3巻)
     『魔術師ポルガラ』(全3巻)
     デイビッド・エディングス著 ハヤカワ文庫

    もし読まれるなら、上記順どおりに読んでください。その方が楽しめます。魔術師シリーズは、先2シリーズを別人物視点から描いた補足のようなものですが、先には見えていなかった謎や経緯が次々に判別していきます。結果はある程度わかっているものの、その点で先2シリーズとは違う読み応えがあります。
    ファンタジーがお好きな方も、苦手な方も、是非!

    ユーザーID:5925394400

  • 長編ではありませんが

     たくさん本を出している作家さんなんかは、当分読みつくしを心配しなくても大丈夫だと思います。

     自分が20代の頃に読んだのは故城山三郎さん、この人は現代経済小説の元祖で、デビュー作の「総会屋金城」の切れ味の鋭いナイフの
    ような文体から、その後のサラリーマン物では穏やかな小市民生活の話が数多くあり、一方「粗にして野だが卑ではない」のように、
    もう尊敬せざるを得ない人に関する立派な伝記物も残されています。

     ただ組織人の話かつ男物なので、トピ主さんが専業主婦だったら、書いている内容に全然ピンとこないかも知れませんが…

    ユーザーID:2352893452

  • 長編じゃないのも

    私もアラフォーで何でも読むタイプです。
    山崎豊子さんも赤毛のアンも好きです♪

    既に勧められている方いますが「風とともに去りぬ」は
    読み終わったあと、しばらくその世界に浸っていたい気分になります。
    映画見てても読む価値ありです。
    最近も読み返したのですが、その原因がジェーン・オースティンです。
    タイプは違うのですが19世紀後半位かな?の
    イギリス有産階級のぽやっとした暮らしがシニカルに書かれていて面白いです。
    有名なのが「高慢と偏見」ですが、他に「説得」「エマ」等
    その世界が気に入ったら続けて読めますよ。

    後は小野不由美さんの「十二国記」シリーズ。
    まだ途中で長らく続巻が出ていないのですが既刊が何冊かあるので
    ぜひ読んでみてください。中国に似た国のファンタジーで
    ちょっと重めです。

    中国ということで浅田次郎さんの「蒼穹の昴」。
    続編で「中原の虹」も出ています。

    長編ではないのですが三浦綾子さんもお勧めです。
    「泥流地帯」は文庫で上下巻、プラス続編も出ています。

    バラバラですが、少しでもお好みのものがあれば嬉しいです。

    ユーザーID:9787874338

  • ミステリ派

    長編ではミレニアムシリーズが好きです。

    数年前から短編派に鞍替えしたのですが、それでもミレニアムはグイグイきましたね〜

    短編なら有栖川有栖。
    彼の長編も好きです。

    ミヒャエル・エンデはもう読んでますよね?
    子供向けだけどモモは素敵。
    果てしない物語も映画じゃなくて小説で見ると違った雰囲気ありますよね。

    べたながらシャーロック・ホームズもいいですよ。
    ホームズのキャラに惹きこまれたら帰ってこれません。

    ユーザーID:0483561638

  • 面白かったのは...

    ノンフィクションも読みますが、小説大好きです。

    SFの最近のものだとダントツで「虐殺器官」

    ハードボイルドものだとルッカのアティカス・コディアックのシリーズ。
    「守護者」「奪還者」「暗殺者」
    「逸脱者」「哀国者」「回帰者」
    これらはそれぞれ3部作です。前半の3作品は女性ファンも多いですよ。

    ミステリーだと「ミレニアム」の3部作
    これは外せないでしょう。つくづく著者の早逝が残念でたまりません。

    ちょっとヘビーなテーマでもOKなら
    トム・ロブ・スミスの「チャイルド44」
    国内だと乃南アサの「風紋」と「晩鐘」
    帚木 蓬生 の「インターセックス」

    これらはテーマが重いのでズシンときます。

    あと垣根涼介の「ワイルド・ソウル」これは読後感もすごくいいアドベンチャーもの。
    少し前ですが、サントリーミステリー大賞・読者賞、大宅賞の3冠に輝いた小説です。
    氏の「ヒートアイランド」シリーズもおすすめ。


    洒脱でライトなものがお好みなら、
    「わたしにふさわしい場所」N.Yのパークアベニューが舞台のセレブの世界のお話です。

    ユーザーID:4430851271

  • 長編もの・・・

    小説の中に完全に入り込んだとき、心地良いですよね〜。

    私はパールバックの『大地』をお勧め致します。
    もう何度読み返した事でしょう。是非一度読んでみて下さい♪

    ユーザーID:5407459137

  • ごめんなさい!

    『指輪物語』はすでに読んで、お好きだったんですね。
    お勧めするまでもないことを、すみませんでした。

    先に書きましたキング『ダーク・タワー・シリーズ』には、『指輪物語』の要素がちょっと出てきます。このシリーズ中には『オズの魔法使い』『ナルニア国物語シリーズ』はじめ、色々な物語がアクセントカラーのようにちりばめられていて、そういう部分を探す楽しみもあります。長い間に書き継がれてきた物語ですが、後半の方には『ハリー・ポッター・シリーズ』もちらりと出てきます。

    キングは、ほとんどが長編です。『IT』『ザ・スタンド』などもぜひ。

    ユーザーID:8126349026

  • トピ主です。皆様に御礼!

    たくさんたくさん、レスありがとうございます。個別にお礼できずすみません。

    とりあえず、皆様から教えて頂いたタイトルは全てメモしました。既読で大好きなものもあり、未読で狙ってたものもあり。懐かしくてもう一度読みたいものもあり。
    好きな本が同じ方にはシンパシーを、未読で狙ってた本ををオススメしてくださった方にはリスペクトと軽いジェラシーを(笑)感じております。
    私にとって全く未知の分野もありました。ひとし様、私はフルタイムで働いております。が、オススメタイトルは初対面でした。是非トライしてみます!新たな世界が開けそうですよね。

    私も好きな作家はローラー作戦で読んでいきます。モンゴメリ、トールキン、ディッケンス、山崎豊子、森鴎外、恩田陸(敬称略)などローラー済です(笑)キングも途中まで。ダークタワーは未読でした!読まねば、です!

    好きな作家、好きなシリーズが見つかると嬉しいものですよね。その中からまた読みたい本が見つかったりして。

    お礼のつもりがお伝えしたいことがたくさんあってちょっと熱が入ってきました。続きます。

    ユーザーID:5380385363

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • 長々すみません。続きです

    赤毛のアンに出てくる、ジョージ・マクドナルドの「北風の後ろの国」(これ、オススメです)を読んでみて、そのあとがきから指輪物語へ、トールキンのローラー作戦へと続き、ベオウルフへ、オデュッセイアへと読み進めたり。一冊の本との出逢いがとても広い世界を見せてくれるので、トピに書いたように焦ってしまうのです。一生がたった一回じゃ足りない!って。

    …すみません、ちょっと熱くなりました。

    良い本って沢山ありますね。今、宝の山を手に入れたような気持ちです。何から読むか悩みますが、今年の秋はどんなに夜が長くても長すぎることはありません。本当にありがとうございます。魔法使いは誰だ様、二度もレス感謝致します。まとめてあっさりとしかお礼が言えず恐縮です。

    ひとつ訂正というか補足です。トピに書いた星野道夫さんは、ご存知の方も多いかと思いますが、アラスカの美しい写真をたくさん撮った写真家で、エッセイストです。残念ながら早世されましたが、この人のエッセイは良い!平易な文章ながら心に強く訴えかけてきます。小説派の皆様も是非!

    欲張りですが、まだまだ情報募集中です。引き続き、よろしくお願いいたします。

    ユーザーID:5380385363

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • 居眠り剣法

    長編小説で今オススメは佐伯泰英の『居眠り磐音江戸双紙』シリーズですね。
    9/16に34巻が発売です。時代小説ですが老若男女問わずモノすごい人気です。数か月ごとに新巻が出るのも魅力です。


    あと、少し違った視点で私が興味をもっているのは京極夏彦の本です。
    文庫本なのに厚さが5センチ以上あるような本を何冊も書いています。
    1冊で数冊分のボリュームだと思います。
    持って読むのが大変そうですが…

    ユーザーID:8321184543

  • 失われた時を求めて

    長編と言えば、この作品は外せないでしょう。文学好きなら必読です。

    ユーザーID:9954701674

  • ファンタジーがお好きなら・・

    「デルフィニア戦記」はご存知でしょうか?

    中央公論者 茅田砂胡さん著
    新書(イラスト有り)と文庫(イラスト無し)と両方出ています。

    ライトノベルに近いので文体とてもは軽いのですが、
    だからこそ凄く読みやすく、ハマりやすいかな・・と。
    強い主人公がお好きだったらお勧めです。

    新書で全13巻です。

    私が死んだら一緒にお棺に入れてね、と夫に遺言(笑)している位
    大好きな作品です。

    ユーザーID:6613772942

  • おすすめ

    『戦争と平和』
    『罪と罰』
    『カラマーゾフの兄弟』
    『誰がために鐘は鳴る』

    ユーザーID:2612548956

  • ファンタジーと推理ものを・・・

    トピ主さんと本の傾向が似てます(笑)。
    たぶんお気に召していただけるのでは。

    ○ジャクリーン ケアリー <ハヤカワ文庫FT>
    「クシエルの矢」全3巻
    「クシエルの使徒」全3巻
    「クシエルの啓示」全3巻(3巻は10月発売予定)

    ファンタジーですが、舞台はほぼヨーロッパ。「間諜活動」に惹かれるならおすすめです。
    文章・舞台・設定すべてに惹きこまれます。

    ○篠田 真由美 <講談社>
    「建築探偵桜井京介の事件簿シリーズ」
    第一部:5巻
    第二部:5巻
    第三弾:4巻(最終巻の発行はまだ未定)
    番外編:6巻(うち2冊は東京創元社)

    建築物を舞台にした、大学院生が主役の推理もの。でも本人は探偵と思っていません。
    人間関係の複雑さや歴史がお好きならぜひ。

    あとは、私の名前の「ライラの冒険」。
    でもこれは終わり方に関してかなり好みが分かれる本だと思います。

    >プーさん
    私も『ベルガリアード物語』のシリーズは好きです。
    文章に勢いがあるので、一気に読んでしまいました

    ユーザーID:3649764216

  • オススメ2

    少年時代
    生ける屍の死
    駒子シリーズ
    円紫さんと私シリーズ
    OUT
    奇想、天を動かす
    深夜プラス1
    ガダラの豚
    テロリストのパラソル
    子供の眼
    私が殺した少女
    エルリック・サーガ
    闇の奥へ
    わが心臓の痛み
    燃えよ剣
    マークスの山
    ブルース
    総門谷
    北壁の死闘
    ブルー・ベル
    俺たちの日
    女彫刻家
    スリーパーズ
    蒼穹のかなたへ
    屍鬼
    魔術師(イリュージョニスト)
    警察署長
    伝説なき地
    猛き箱舟
    山猫の夏
    奪取
    燃える地の果てに
    ホワイトアウト
    ニューロマンサー
    夏への扉
    アルジャーノンに花束を
    デューンシリーズ
    幼年期の終わり
    BRAIN VALLEY
    天使の囀り
    紫色のクオリア
    暗殺者
    聖殺人者イグナシオ

    ユーザーID:8147029920

  • トピ主です。遅くなりましたがお礼申し上げます

    皆様たくさんの情報ありがとうございます!!お礼が遅れ本当にすみません。

    全てメモしました。私がまだ読んでないタイトルがざっと50ばかりあります。これを片っ端から読んでいこうと思います。
    昨日まで仕事が忙しく、本屋に行けずイライラしておりましたが(笑)、今日はお休み。これから大きな本屋に行って買い込んできます♪

    まだ何から読むかが決まりませんが…早く本の顔がみたいので、見てから決めます。

    本当にありがとうございました。

    お礼に私も少しオススメを。
    高野和明さん、13階段は有名ですね、他もなかなか面白く、一気読みできます。
    トム・ソーヤの冒険とハックルベリー・フィンの冒険。子供の頃に読んだ時はトムのほうが面白かったのですが、今読み返すとハックのほうが良いです。
    雨月物語。もう夏も終わりですが。冬に読むホラーとしてはキングのシャイニングが一番好きです。

    ジェーン・エア。これも子供の頃読んで、今また読み返してみて全く違う感想を持ちました。

    本って読んだ時の年齢や環境で全く違う作品に思える事がありますよね。そこがまた良いなと思うのです。

    では、本屋さんに行ってきます!

    ユーザーID:5380385363

  • トピ主のコメント(4件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧