算数・数学を得意にするには

レス36
(トピ主1
お気に入り66

趣味・教育・教養

はは

理数系が得意な方というのは、これは、持って生まれたもので、得意科目にしていくことは難しいのでしょうか。

6年生の息子がおりますが、塾のテストの結果は算数より国語の偏差値の方が良いようです。国語を特に勉強しているわけではありませんので、本をよく読んでいるお陰かなと感じていますが。
もちろん、国語も大事なのですが、算数・数学をもっと「得意科目」と言えるくらいにする具体的方法はあるのでしょうか。
通っている塾は、中学受験コースではないので、学校よりも少し先を学んで演習をするという感じです。
この先も集団塾でよいのか、個別がよいのか、家庭教師が良いのか、アドバイスをお願いいたします。
息子の夢は医師です・・・

ユーザーID:3428594550

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数36

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 個別か家庭教師

    で、一時的に算数・数学に特化した勉強をなさるといいですよ。

    算数・数学が苦手な子って、数式を解く楽しさを知らずに来てしまっているんだと思いますよ。

    友人の息子さんが算数・数学に特化した家庭教師を学生時代にしていましたが、(現在は塾講師)苦手意識を解消してあげるとグングン伸びると話していましたよ。

    息子さんの夢はお医者さんですかー。
    算数・数学は直接的には影響ないとおもいますが、「なんでこういう答えがでるんだろー」という探究心がでると良いですね。

    医師に必要な能力って「探究心」と「コミュニケーション能力」だとおもいます。

    息子さんのニガテが解消できることをお祈りします。

    ユーザーID:8423131676

  • トピ主さんは?

    トピ主さん自身は何が得意?
    不得意なのは、何?

    その不得意な方を、努力等だけで、得意に変える事は出来そう?

    息子さんだって、同じじゃないですかね?

    ユーザーID:9009371275

  • 6年生

    私は女ですけど、算数や数学が大好きでした。

    小さいころから数字系のパズルをしたり、親と一緒によく将棋をしていました。
    そのせいか、数学で答えを出すこと=パズルを解くのと同じような感覚で
    勉強しているというよりは遊びの延長という感じでした。
    公式を覚えるのも将棋のルールを覚えるのと同じ。
    そういう環境だったから、自然と算数や数学が好きになったのかもしれません。

    息子さんは6年生とのこと、これらが今からやって効果があるものなのか分かりませんが、
    数字に慣れるという意味では、いいかもしれませんよ。

    ちなみに、30歳の私が頭を柔軟にするために毎日やっているのは「数独」です。
    頭がフル回転してスッキリします!

    ユーザーID:0199659706

  • 理数系得意だと得

    まあ、男の子だから、理数系の頭がある方が見栄えがいいですね。
    私、思うのですが、数学って「慣れ」が肝心だと思います。
    答えは1つでしょう。
    公式とか色々暗記せねばならない苦しさが、ちょっとあるかもしれませんが、
    物を形で覚えたり、ルールを覚える事が重要ですね。
    「こうしたらこうなる」などの規則とか。
    理科も同じような科目ですが、自然に興味を持ち、物質や気候などの
    自然現象について深く追求する考え方が重要です。
    まだ小学校6年生。若くて頭がやわらかいです。
    吸収性のよい、スポンジみたいな頭です。
    これから鍛えたら、「1番」になれるかもしれない。
    モニタから私は、応援している。
    GAMBA

    ユーザーID:8557048936

  • 内容とタイトルがあってないような・・・

    算数、数学は、国語とは違い過去にならった事の積み上げです。

    足し算が解らないと引き算が解りません。掛け算、割り算を理解しないと分数、小数点が理解できません。速度計算が理解できません。

    真四角と言う形を対角線上に切ると同形の三角形ができると理解しないと、
    三角形の公式が、底辺×高さ÷2である事が理解できません。

    息子さんが、これらの過去に習った知識を自分の物にしているかどうかで、今後の勉強の理解度も違ってきます。

    個別学習、家庭教師もいいのですが、これらの事をさかのぼって、どこでつまずいていているかを分析して教えてくれる方を頼む事が大事です。

    しかしながら、お子さんは数学の点数を気にされているのでしょうか?
    塾のテストは、しょせん理解しているかの目安のしかなりません。
    大学受験は、満点を取らないと合格できないわけではありません。

    お子さんが本当に必要だ考えた時に助けになるように話をして、いざという時に動ける体制を整えるのが親の仕事であり、点数にこだわる事ではないと考えます。

    それから医者に必要なのは数学ではなく、空間認識です。

    ユーザーID:2981187230

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • 持って生まれたものもあるかも

    中1の息子は数学が得意です。
    私も夫も数学は得意でした。
    中学くらいの時に苦にした記憶はないんですよね。

    国語の偏差値が75で数学が70とか、そんなかんじならばこのままでいいと思いますけれども…

    うちの息子の話ですが、小学校卒業後の春季講習から塾に通っています。
    春季講習後のテストで数学が非常に良く、その後も高い偏差値が出ています。
    数学の講師から「公文をされていたのですか?」と聞かれたので
    「どこかに通っていたわけではないのですが、簡単なドリルを一日一枚ずつやっていました」と答えたら
    「それはいいですね。計算が早いのもそのおかげかもしれないですね」
    と言われました。

    とりあえずは今のまま塾に通い、中学に入ってからの試験の結果
    偏差値がどれくらいあるのか、など見て今後について考えるといいかと思います。

    ユーザーID:3833234947

  • 得意だから成績いい とは限らないです

    私(53歳)かつて「電気・通信・放送」関連の仕事をしていました。

    工業高校卒業の学歴で、小学生時代から「算数」「数学」は好きな科目でした。数学の考え方が面白く・美しく感じたものです。しかし、試験の成績は追試を受けるほど悪かったです。

    就職して、数学を日常使う仕事でしたから、実務をとおして応用力がついてますます数学が好きになっていったものです。

    「はは」さんの場合は、息子さんの進学を考えて、数学を得意科目にされたいのでしょう。数学教科書・参考書を読んで理解するには、国語が第一です。数学書は数学独特の言い回しがあって、読解力に劣ると数学書の解説の意味が理解できないんです。

    また、数学はスポーツに似ていて、学生時代に習うことは主として公式を活用することですから、問題集で解き方を理解し、なんども繰り返し練習するのが一番です。解き方の直感を養うのです。ここがスポーツに似ています。サッカー選手がボールをあやつるように、数式をあやつるのです。

    答えだけ書いてある問題集はダメです。解き方が重要なんです。繰り返し解いているうちに、問題を見た瞬間に解き方がひらめきますから。

    ユーザーID:2057725179

  • 読書好きということで

    小学校の段階で算数があまり得意でなければ、この先ちょっと厳しいですね。まともな大学の医学部に行く人は、大概、小学校くらいの時は塾に行かずとも、全教科トップに近いもんですからね。

    算数・数学に興味がなくても、根性だけで成績をアップさせることもできますが、興味を持てればそれに越したことはありません。

    お子さんは読書好きとのことですので、数学に関連した読み物を与えてみてはいかがでしょうか?矢野健太郎や森毅などの数学者が書いたもの、サイモン・シンのようなサイエンスライターの書いたものなど、たくさん出版されています。また最近では、関孝和や建部賢弘などの和算の学者とその業績を描いた読み物や小説が、数多く出版されています。
    これらの本は、数学的な理論は理解できなくとも、知的な興味を喚起するものだと思います。

    コンピュータで簡単なゲーム(ブロック崩しなど)を作るってのも手です。簡単な物理計算が必要になりますし、論理的な思考も身に付けられるでしょう。そのままそっち方面に進んじゃう人もいますが…

    ユーザーID:7277922717

  • 横ですが・・そろばん、公文をやらせた方がいいのか?

    すみません、同じこと聞きたいんですが、小学校低学年がいるので、公文、そろばんなど繰り返しドリル的な習い事は効き目あるんでしょうか?うちでやらせようにもふざけてしまってできないので・・。

    語学と違って理系はセンスだと思っていたのですが、数学が得意な子供がそろばんで暗算が速くなったので数字に苦手意識がなくなった、と言っていたので。とはいっても、もって生まれた物もあるんでしょうが。

    夫は旧帝大の理系出身ですが、な〜んにも習ったりしていなかったし「社会とか文系の方が好きだったな〜。」とのんきに言うばかりで、な〜んの参考にもなりません・・。

    ユーザーID:9239939125

  • 「できる子供は知っている 本当の算数力」

    「できる子供は知っている 本当の算数力」という本が最もまとまっていてイイと思います。

    私は元々算数は苦手で、計算問題など公式を当てはめればいいものはできたのですが、組み合わせ問題に興味を持てず挫折しました。無機質で考えようという意欲も湧かなかったです。中学高校もずっと数学はダメでしたが、幸い他の教科は良かったので文系の私立大に進学しました。

    で、就職して何年も経ってから思いもかけず、「XXの条件を満たすコンピュータシステムを作るが、一般的な方法ではコンピュータの性能限界を超えるので、簡単に表現・計算可能な数式(関数)を開発する」というプロジェクトに参加したのがきっかけで、数学に目覚めました。「なんておもしろいんだろう!」という初めての感覚。夢中になりました。

    大人になってから数学(パズル?)を勉強した身として言えるのは、「抽象思考」「概念指向」をおもしろいと思えないと数学は勉強のきっかけさえありません。その点で冒頭に挙げた本が、「人間が数学的な概念指向を体得するステップ」が書かれている数少ない良書だと思いました。後、数学は「お父さん」が重要です。塾任せでは無理です。

    ユーザーID:1008465919

  • 答えは一つ

    医師になれるような立派な頭ではないですが、理系(数学のみ得意)です。

    6年生だと基礎ができている状態でしょうから、今から…理系にするってのはもしかしたら大変かもしれないですが、やるならお子様にあった個別指導の塾が個人的にはオススメです。
    数学はコツさえつかめば簡単ですよ〜。
    なんせ、正解か不正解の境目がはっきりしてますから。
    お子様の夢が少しでも近づくといいですね!

    ちなみに私は小学生の頃は公文に通いました。
    単純計算ミスを徹底的に直すために…。

    ユーザーID:0409612914

  • うーん

    理系か文系かは子供のころから結構はっきり分かれますので、文系の子はなかなか理数系を得意とはならないですよ。ただ、得意なのと成績は必ずしも一致しないこともありまして、点数を取るためのテクニックを学べばある程度成績は良くなるでしょう。

    さて、集団塾か、個別か、家庭教師が良いのかで悩んでいるようですが、向き不向きもありますが、成績を上げるためにはどれを選んだっていいです。
    一番重要なのは良い先生に出会えるかどうかです。子供と先生の相性もありますけど、教えるのが上手な先生に出会えるのが成績向上の近道です。
    まあ、探すのは難しいし運も大きいですけどね。

    あと、お子さんが夢を実現させたいと本気で思っているなら親は選択肢だけ与えて本人に選ばせる方が良いと思いますよ。夢をかなえるのは本人が努力するしかないのですから、子供が相談を求めるまでは親はあまりしゃしゃり出ないことです。

    ユーザーID:1196347482

  • どうだろう?

    努力をすればある程度の向上は認められるとは
    思いますが、それ以上はやはりセンスの問題だと思います。
    数学の個人教授を生業をしていますが、センスのあるお子さんは
    ヒントを与えただけで、さっと問題を理解します。
    頭の中で数字が動くのです。(動くイメージ)
    また、数学はひらめきです。
    たとえ公式をたくさん知っていたとしても、問題を見て
    「この公式をつかうんだ!」とひらめかなければ先に進みません。
    数学が苦手なお子さんはこのひらめきがあまりないように
    思われます。
    ひらめくか、ひらめかないか。
    これはセンスの問題だとしかいいようがありません。
    もって生まれたものだと思います。
    ひらめかないお子さんが、じっくり数学に向き合い
    自分のものにしていくためには、個別の指導がよいと思います。
    集団だと、理解しないうちに先に進む恐れがあります。
    ちなみに私は語学センスが全くありません。
    外国語が非常に苦手です。なぜといわれてもわかりません。
    ひらめかないのです。

    ユーザーID:9836183826

  • センス

    はっきり言って、高校までの算数・数学なら勉強さえすれば誰でも成績が上がるはずです。しかし理科系大学の数学や、高校でもオリンピックなどの高度な数学の問題になると、個人のセンスが要求されます。これは野球選手のバッティングセンスのようなもので、誰もが練習しても3割を打てないように、数学も勉強したからといって得意になるわけではありません。
    息子さんの場合、医師になりたいとのことですが、数学の成績よりも、むしろ生き物の扱いなどのセンスは如何ですか?

    ユーザーID:3886105131

  • 音楽やスポーツ以上に生まれつきのセンス

    数学の得意な子供たちは、絶対音感ならぬ絶対数感のようなものがあり、ない子よりも圧倒的に有利です。
    他の人には白黒でしか見えないものが、カラーで見えている感じでしょうか。
    一目瞭然なので、くどくど解説してもらう必要がありません。

    音楽やスポーツのセンスと同様「いわゆる頭の良し悪し」とはあまり関係なさそうです。
    また、同じ家庭で育っている兄弟姉妹でもずいぶん違いますよ。

    国立大学の医学部入試では、数学の成績が大きくものを言うので、数学のセンスのない子が同じ土俵で勝負すると、受験勉強が大変な苦行になってしまいます。
    凡庸な音感の持ち主が音大のバイオリン科を受けるようなものでしょうか。

    ただ、入試の成績は「スピード」や「正確さ」の占める割合大きいので、ある程度までのトレーニングは十分可能です。

    塾が「これでもか」というほど問題のパターン認識をさせ、スピードアップにやっきになるのは、「本来の数学センス」を改善するのがとてつもなく困難からでしょうね。

    ユーザーID:7280350008

  • 量をこなす

    問題の量をこなしてください。反復練習あるのみ。

    ユーザーID:6604437166

  • 点数を取りたいのか、理系脳にしたいのか。

    学習塾の経営者です。私自身は理系(物理学)を卒業しています。
    中学3年生まではテストで満点近くとっていても、理系が得意とは言えません。中学3年生までは、暗記だけで偏差値65を超えることが可能だからです。ところが、高校生になると、今まで暗記で算数・数学を解いてきた人は、すぐに挫折します。暗記ではどうにもならないレベルになるからです。
     算数・数学の勉強というのは、暗記ではなく、「理解すること」です。
    たとえば、6÷2はだれでも3と答えがだせるようになりますが、ではいったい何が3なのか?3という答えは何を意味しているのか。ここまで理解して初めて割り算ができたということになります。割り算には意味が2つあり、「6を2つに分けると一つは3になる」、「6を2つずつにわけると3つできる」。このような「理解すること」をずっと積み重ねてきた子供だけが理系に進むことができるのであり、公式や解き方を暗記してきた子供は
    高校で挫折。たとえ推薦で大学にはいっても大学の数学を全く理解はできません。私の経験からでは、小学6年生の時点でできていないのであれば、小学4年生の割り算から学習しなおすべきです。

    ユーザーID:4455275458

  • 教育学部の数学科の出身です。

    中学の時から、数学大好き大得意。
    じゃあ算数はというと、これが微妙なんです。<笑>
    とにかく毎日出る計算ドリルの宿題が大嫌い。
    もちろん、正解するんだけど単純作業のような感じで、
    文章題を解いたりなどのワクワク感がなく、とっても退屈と当時思ってました。

    大事なのは論理的に物事を考えることができるかということ。
    通知表の細かい項目の中に
    「筋道だてて考えることができる」という意味の項目があると思います。そこに○がついているでしょうか。
    物事を論理的に整理するには国語力も必要なので、子供さんは心強いですね。

    医師の夢をお持ちの子供さんですから、学校の授業レベルは問題ないと思います。
    中学受験をされるのなら、あの算数は独特なので塾に頼るとして、
    (もし計算ミスなどの単純なもので取りこぼしているなら、それも正してくれるでしょうし)
    ご家庭の中での会話などで、なぜ、どうしてそうなのか、論理的に話させるなど工夫をされてはどうでしょうか。

    ユーザーID:1819852113

  • 「うし」さんの意見に(前半)納得です。

    私も文系人間なので、理系は結局持って生まれた物なのだと思うんです。ピカっとひらめく子供って、小さいときからいますよね。だから、公文などをやってもどうなのか・・と思う一方、このトピにもドリルや公文などで成果があったという意見もあるので迷います。

    でも、「うし」さんへ、、横ですが、私は語学で稼いでいますが、語学はひらめきではないです。努力(費やした時間)です。自分の子供にひらめきがなかったらあきらめてせめて語学を身につけさせるしかないと思っています。

    ユーザーID:9239939125

  • 生まれつきじゃなくきっかけ

    私は中学まで数学が苦手でした。成績も悪かったし証明?なんだそれ?といった感じです。

    両親に個別指導の塾にいれられ、そこの先生にスパルタされて嫌いだけどなぜかできるという状態になりました。

    できるようになってからは好きになるのも早く、できる→楽しい→好き→頑張るといったいい波にのれました。

    今は理系の数学科卒です。ただ好きじゃないと理系数学(特に医療系)は苦しい思いをすると思います。応援してます、頑張ってください。

    ユーザーID:8707286867

  • 家庭教師でメキメキと

    両親(今は70代)共に理系ではあります。
    親の希望は兄は医師、私は音大に行かせる事でした。

    それで兄には家庭教師が小学校から来ていました。私はピアノ、バイオリン、
    と音楽三昧。
    なので、私の小学校の算数成績は3でした。
    5年生になり嫌いになりかけた時、兄の家庭教師に教えていただく
    事になりました。
    1年程はつまらなかったですが、解けていくと楽しくなって
    、中学ではずっとトップクラス、満点近かったです。
    特に図形がでてくると今でもワクワクする程、好きです。

    兄も私も特別IQが良いわけではありません。
    兄はコツコツ型の努力家です。今、医師ですが、医師になってからも
    コツコツと積み上げて行くタイプで天才型とか向き不向きでは
    ありません。

    私も数学は好きで得意でしたし、進学校で上位に入ってましたが
    音大に行きました。
    音大も持って生まれたモノがある人は
    半数程じゃないかな。持って生まれたモノがある人でも
    努力なしでは音大レベルのピアノ(主科ですが)は弾けません。

    コツコツ積み重ねが長年出来るかどうかだと思います。

    ユーザーID:5371719491

  • 参加させて さま

    うちの子は、単純な計算は大好きでしたが文章題になると
    「えー」という子でした。
    それで、2年生になるころから簡単なドリルを購入して
    一日2問くらいを解くことからはじめました。

    子供の理解度を確認しながら、一年の間に数冊分ドリルをやらせていました。
    飽きてきたなと思ったら大好きな計算を中心にさせたり
    (計算をするのは大好きなので)

    私が公文等に通わせなかったのは、子供が嫌がったのもありますが
    子供に合わせた家庭学習をさせたかったのもあります。
    親がドリルを与えると、苦手なところはそこだけしっかりやらせるのも可能ですしね。

    ユーザーID:3833234947

  • 皆さま、ありがとうございます。

    たくさんのアドバイスを頂き、有難うございました。
    息子は算数のセンスはないのかもしれません・・・でも、これではまずいと思っているようで、算数メインで勉強しています。数をこなせば、それなりに成果は出ているようですが、今日は以前習った「単位量あたりの大きさ」の問題で考え込んでいました・・・
    集団よりは、個人指導していただいた方が良いとのお話もありましたし、そちらの方向で考えてみます。
    調べた限りでは、個別の塾は2:1が殆どのように感じましたが、それは問題ないでしょうか?
    家庭教師の方をお願いするのなら、もう少し先でもよいのかなと思っていましたが、検討してみます。
    大変参考になりました。ありがとうございました。

    ユーザーID:3428594550

  • まぁ、何と申しましょうか・・。。

    私も、数学は得意科目でした。

    図形問題は、「補助線」が命ですが、問題を見ると、(描いていない)補助線が浮き上がって見えました。
    それで、数学は、試験前に全く勉強しなくても良い点が取れました。

    今、40代後半になって、「補助線」が”見えなくなりました。”

    最近では、中学生の娘の宿題を教えるのにも難儀しています。

    ところで、養老孟司さんが、著書「バカの壁」の前文で、数学というのは、ある程度の所まで分かる。でも、ある所から先は、分からなくなる。それが、最も端的に表れる科目だ、と言っておられました。
    全くその通りだと思います。

    さて、話が脇道にそれてしまいましたが、息子さんの場合、数学が苦手というのであれば、「点」を取る事に全身全霊を傾けては如何でしょう?
    そのためには、”過去問”。
    覚えるくらい、とことん、過去問を解いて身につけるしかないように思えます。
    徹底的に、問題を解いて、ついに数学者になった人もいると聞きました。

    将来の夢は、「医者」ということですが、夢を持つことはいい事です。

    応援しています。

    ユーザーID:4979773160

  • トレーニングあるのみ

    将来数学者を目指してるならやはり才能がないと厳しいと思いますが、受験数学ならトレーニングでなんとでもなるでしょう。定評のある塾でしっかり学んで、高2のうちに全分野を終わらして、高3は受験勉強のための演習をしっかりやりましょう。国語はやはり基本なので国語が得意なら伸びる可能性が高いです。あとは動機の問題ですね。どうしても医者になりたければ、何をすべきか自分で考えるでしょう。6年生ではまだ早いかもしれませんが、いずれ本人の自主性が大事になります。

    ユーザーID:8049925282

  • 理数系の学習方法は他の教科と学習の方向が違います。

    理数系の学習は、本質を理解する事と、複数の「本質的な理解」をどう組み合わせるか、と言うところにあります。才能はほとんど関係ありません。

    例えて言うと、「壁を乗り越える」時に、理数系以外は「何度も超えようとジャンプしているうちにコツがつかめて乗り越えられるようになる」ですが、理数系は「その辺に落ちている木箱やら石やらを使って土台を作り、それを踏み台にして乗り越える」というような学習なのです。(解りづらいかな?スイマセン)

    だから、理数系の教科を、他の教科の様に学習していると「いくらジャンプしていてもコツがつかめない」事が起こります。高校の物理や数学の微分積分で、できる人と出来ない人がはっきり分かれるのはそういう理由です。出来る人は、理数系の学習方法を理解しているのです。

    才能があまり関係ないと言うのは、「ある本質」はより簡単な本質に分解する事ができるからです。細切れにされた小さくて簡単な本質は、才能と関係なく理解する事ができ、全部の欠片を理解できれば、大きな本質を理解する事が出来るのです。メンドクサ!!と思うかもしれませんが、理数系の教科はそういうものだと私は思います。

    ユーザーID:8882636075

  • 数学が得意になる方法

    そんな方法があるのでしょうか。。。
    私は、幼い頃から公文やソロバン、算数の個別指導に
    行かされていましたが全くできるようになりませんでした。
    真面目に勉強しているのに算数や数学だけは間違いだらけ。
    他の科目はそれなりにできていたのにです。

    高校受験は数学ができなかったために失敗。
    数学には卒業するまで苦しめられました。

    有名私立大学(もちろん文系)に進学
    その後某芸術大学に進学。
    芸大に入るのに苦労はしませんでした。
    やっぱり生まれ持ったものが関連すると思いますよ。

    ユーザーID:5930207637

  • 医師ならば・・・

    私の経験では、数学「的」能力には3通り(3段階)あると思います。
    1 突飛な発想が出来る
    2 頭の回転が良い・論理的思考が苦にならない
    3 数学的論理が「苦手」

    1は他の人がちょっと驚くような発想が出来る人で、数学・理論物理学等の研究者向き。
    ただし多くの場合その打率は10割ではなく「なんじゃそりゃ」な物が含まれるので、変人に見えます。分散がデカいということですね。

    2は多くの数学が得意な人に当てはまるもので、勉強すれば数学の点は確実に伸びます。問題を見て過去に出会った類題の解法を応用できる能力が高い(ひらめく)、という感じでしょうか。医師、特に臨床医に求められるのはこの能力だと思います。

    3は数学を苦行と感じる人?

    「得意科目に」というのは2で十分でしょうから努力してみるしかありません。努力してみれば2か3かがハッキリしてくると思います。

    ちなみに私の母親は、認知症防止のため還暦前にパズルの「数独」を始めました。ある日、難しいとされる問題で悩んでいたので考え方のコツを教えたところ、ネットにアップされている最難関のものでも解けるようになって別のパズルに移りました。伸びるんです。

    ユーザーID:9801107089

  • どの科目でも勉強は楽しく取り組むことが1番大切。

     苦手科目や、苦手な部分を徹底的に学習、練習する、というのが
    多くの方がなさっていることと思いますが、
    実は、ここには落とし穴があります。

    この方法だと、苦手を一時的に克服できても、潜在意識に嫌なものとして
    記憶され、効果が半減してしまいます。

     苦手なこと、嫌いなこと、嫌な事は本来だれもしたくないですよね。

    したくない、という気持ちは無意識、潜在意識の中に定着してしまうので、

    辛い努力を重ねてできるようになっても、嫌なことという意識が

    残存してしまうので、いつまでたっても、本来潜在的に持っている能力を

    発揮できなくなってしまいます。

     だから、勉強をするとき、苦手な部分の克服に時間を割くより、

    得意な科目、好きな科目に集中して「子供に自信をつけること」から始めます。

    子供が自信を持って物事に取り組めるようになってから、得意科目と

    関連付けて、苦手科目、苦手な分野の征服を始めます。

    苦手克服に煮詰まってきたら、得意科目の問題を解いて、自信を想起させ、

    新たな気持ちで苦手科目に取り組ませるのです。

    ユーザーID:3630426551

  • 素質

    私は本をよく読むわりには国語が苦手でした。
    計算は苦手ですが、高校の数学は得意でした。
    数学が苦手な人に見られる傾向は、例題の解答を丸暗記することです。
    基本的な公式を基にしてひねられても対応できる柔軟な思考が必要だと思います。
    私は理数系が得意にもかかわらず、ひょんなことから文系に進みましたが、文系科目が得意になることはありませんでした。
    文系の仲間からは数学ができていいね、とやっかみがありましたが
    私自身は国語ができないコンプレックスがありました。
    やはり持って生まれた素質は大きいと思います。
    理系に進めば文系に変わることはできますが、その逆は至難です。
    トピ文を読み、夢を持てる年齢にかえりたいと思いました。

    ユーザーID:3516083245

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧