• ホーム
  • 健康
  • 海外在住中の日本にいる親の介護について

海外在住中の日本にいる親の介護について

レス14
(トピ主0
お気に入り35

心や体の悩み

チヨコ

10日ほど前に父親が脳梗塞で倒れました。しかし私の父は我がままで、病院食や、好き勝手な行動が取れないこと、リハビリなどで無理強いをさせられること、大好きな家を離れていることに耐えられず、わずか1週間で無理に病院を出てきてしまいました。

幸い、トイレに行ったり風呂に入ることなどは一人でできるようですが、物忘れが激しくなり、火の不始末や迷子になる危険性を考えると一人にさせては置けないようです。言葉もうまく話せなくなってしまいました。

今は母も元気で姉も小さい子供を2人抱えながらでも介護できているようですが、母の体調も心配ですし(糖尿病の気のある71歳)、姉もいつ重荷に感じるようになる時が来るかわかりません。父の性格上、自分からリハビリをするかどうかも不安です。

私は独身で身軽な上に健康上まったく問題がないので、私が帰国すれば全てがうまくいくと思います。でも帰国する踏ん切りがまだつかないでいます。その理由は、高校卒業後に日本で就職してお金をためて、途中休学し日本に出稼ぎしたり、足りない頭をフル回転で勉強して奨学金を取ったりして、何年もかけてアメリカの大学の卒業にこぎつけ、そしてやっと就職して、今はビザの申請中だからです。

何の不具合かビザを申請して返事を待っている間に、就職して2年がたちました。今はOPT(大学卒業後にオプションで学生ビザのまま就職できる)が、労働ビザの申請中は自動延長されるのでアメリカ国内にいる分には問題がありません。しかし一旦帰国もできない状態です。

調べるとグリーンカードの申請の条件も満たしているようなので、申請してみようかと思ったりしていますが、介護のために帰国するなら意味がないかと思ったりしています。

やはり心残りになるくらいなら本帰国した方が良いのか、アメリカを離れることの方が後悔につながるのか、悩んでいます。何か意見をいただけませんか。

ユーザーID:7680720219

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数14

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 子どもが幸せになる事が、親にとっての幸せ

    日本に帰らない方が良いと思います。

    いぜん日本の国内の話をウェブで読みました。

    ある若い女性が学校を出て就職していたそうです。
    故郷の親御さんが、介護が必要になり
    仕事を辞めて田舎に帰り、介護を何年も続けたそうです。

    その間、無職のまま。
    長い年月がたち、親御さんが亡くなられたそうです。

    その後、彼女は、もう中年になり、職も無く
    デートもしたことも無く適齢期も過ぎ
    後の人生をどう過ごしていくか
    生活も立たなくなったそうです。

    トピ主さんの場合、お母様、お姉さまがおられるので
    介護はお願いしましょう。

    トピ主さんがする一番大事なことは、自分の
    人生をシッカリ確立することだと思います。
    まず就職したまま自分で生きていく事を
    一番にしたほうが良いと思います。、

    ユーザーID:7878435395

  • 私見

    ヨーロッパ在住既婚、もうすぐ五十です。
    私の世代になると、介護の為に日本の実家と在住国を往復する女性が一定数でてきます。現地人の夫・家族がいて、年に何ヶ月も家を留守にでき(専業主婦、自由業)且つ渡航費用を出す経済力のある人ばかりです。
    皆さんの親御さんへの慈愛と責任感は素晴らしいです。でも、肝心の自分の家庭の崩壊に目をつぶっている人もいる、それが現実です。
    奥さんが年に何度も家を長期空ける、それが何年も続くってどういう事か想像できますよね?単身赴任の日本人駐在員でも現地で浮気(多いです)や帰国後の離婚があるように、奥さん不在を幸いに浮気放題のケースを私は知っています。子供が成人していない場合は放置される子供が可哀相です。
    間違っても、日本と在住国往復すればいいと容易に考えないで下さい。現地での自分の家族との生活を優先させねばとドライに割り切れない人は、海外にこられても一生後悔が消えないと思います。

    ユーザーID:1640495259

  • 適切なアドヴァイス(?)ではない、かも知れませんが。

    チヨコさんへ
    ある年寄りの意見として、聞いて下さい。自分は62歳でNYCに住んでいます。
    とても難しい問題で、いい加減な事は言えませんが。
    先ず、何かを得る為には、他の何かを捨てなければならない時がありますね。勿論両方共手に入れば、何の苦労もありません。結論から言えば、正解は無いでしょう。チヨコさんには、これから長い人生が待っています。その一歩が米国挑戦で、これからと言う時です。もし日本に戻たとして、チヨコさん自身が幸せになれるでしょうか? 家族の方々も、米国での生活を投げ打って戻られたチヨコさんに、後ろめたさを覚えるのでは?
    もし自分がチヨコさんなら、米国に留まります。恐らく周囲には悪口を叩く人もいるでしょう。親不孝とも言われるかもですね。でも、人生に於いて、自分の事を第一番に考えても、良い時があります。今回の様な困難な事態に面した時が、正にその時と自分は思えるのですか。そして、覚悟が要ります。周囲の非難に惑わされない、動じない心持です。
    子が親の為に犠牲になるのではなく、その反対だと思います。くれぐれも後悔のない決断をされますよう。よし。

    ユーザーID:8120866258

  • ご自分の気持ちを大事にしてください

    15年を超える海外在住中です。
    3年前に実父を亡くし、現在義母を義父が介護しています。

    実父は病院を出たり入ったり、その間母が介護しました。姉は比較的近くに住んでいましたが事情緒でほんのお手伝い程度でした。
    私も子供の学校の休みなどに帰国しましたが、家事を手伝う程度でした。

    もちろん親のことは心配ですし何かしてあげたいのは山々ですが、介護って、いつ終わるかわからないですよね。
    もしかしたらほんの数ヶ月、もしかしたら何十年も。
    冷たいかも知れないけれど、自分の生活を諦めることはできないと私は思ってしまいました。

    義父も義母の介護をしていて嫁の私だけでも帰国を期待している節がありますが、気づかぬ振りでお金を送っているだけです。
    私が帰国しては多忙を極める主人の健康の方が大変危ういので、義父母を優先するつもりには私はどうしてもなれないのです。

    実父が亡くなった時には後悔もありました。けれど、もし時間を戻せるとしても、やはり同じ道を選んだだろうと思います。

    あまり役に立つことが言えませんが、ご自分がどうしたいのかよく考えて、ご自分の気持ちとこれからの人生、大事にしてくださいね。

    ユーザーID:8227845698

  • 日本に残された側

    同じく海外に在住されている方からのレスはつくでしょうから、日本にいる
    姉妹としての気持ちを一言。

    介護を負担しなくていい口実があっていいね、損な役回りを押し付けられた、
    という気持ちは否めません。日本にいるほうだって家族があり、生活があり、
    自分の事を一番に考えたいです。
    終わりの見えない介護で自分の生活が崩壊するのは日本にいるほうも同じです。

    が、現実、首に縄つけて帰ってきてもらうわけにいかないので、わたしは姉
    (国際結婚で在欧州)と申し合わせをしています。

    ・介護方法に口をださないこと(施設に入れるのを冷たいとか)
    ・親の年金等だけでは賄えない費用負担は分担してもらうこと
    ・相続放棄してもらうこと(家の場合、ほとんど相続するような財産は
     残らないでしょうから、多少でも残ったら一方的に労力負担した
     寄与分と考えてもらいます)

    そして。もしわたしが海外にいるほうだったら、やっぱり帰らないと思います。

    トピさんは、多少の費用負担くらいはしてあげられそうですか?

    ユーザーID:6605534011

  • 心や体の悩みランキング

    一覧
  • 難しいですね

    私もトピ主さまと似たような境遇にありました。
    一度就職して貯金し、社会人留学しました。苦労して学位論文まで辿り着いた頃、親友の結婚式があり、母が大病して手術することになりました。
    ビザの延期申請中もあって帰国するか悩んだ結果、親友には事情を話して理解してもらいました。
    その直後に母の大病が発覚しました。
    家族が私に気を遣ってくれて手術時に帰国しませんでした。
    私も手術に立ち会うよりも予後が悪かったときに介護の手伝いとして帰国した方が家族の役に立つだろう、と自分を納得させたのですが、やはり論文に集中できる精神状態ではなく、結果的に学位も結婚式も、母の看病も全て逃しました。裏目に出てしまいましたが、自分の決断に後悔はしていません。

    私がアドバイスできることは…介護は一過性のものではありません。トピ主さんの心配なさる気持ちや家族への申し訳ない気持ちなど理解できますが、ここは割り切って、現在介護をなさっているお母様とお姉様が介護を続けられない事情ができた時に交代なさった方が喜ばれるのではないでしょうか?まずは自分の生活を確保することが優先だと思います。

    ユーザーID:0652311514

  • 日本にいる姉としては

    お父様の病気は違うのですが、(私の父の場合は末期癌)トピ主さんととても似ていいる状況でした。

    私はトピ主さんのお姉様の立場で、妹が同じように相当の努力をして欧米で一人頑張っています。
    父が余命宣告を受けても、介護が必要な状態になっても妹は帰国しない選択肢をとりました。
    トピ主さんはこの先の人生をアメリカでと強く思っていらっしゃるなら、
    帰国することでトピ主さんの夢がこわれてしまうなら、
    今は急いで帰国しないほうがと個人的には思います。

    介護をする姉の立場としては、24時間一時も休めず、本当に辛かったです。
    毎日母と泣いていましたが、最後に父と一緒に過ごせて幸せだったと思っています。
    妹には帰国して欲しいとは思わなかったですし、彼女が自分で決めたことなので尊重しました。

    しかし介護保険があるとはいえ、長い闘病生活で経済的に我が家も両親も本当に苦しかったので、経済的にそれ相当の協力ぐらいしてもらえたらと、正直思っていました。
    お姉様とよく話合っておいたほうがよいと思います。

    ユーザーID:3943328554

  • きれいごとでは済まない

    子供の幸せが親の幸せだなんて都合のよい言い訳ですね。

    親も70代前半くらいまでは健康なら年を感じないくらい元気です。しかし、80歳が近くなり、ついに超えてしまうと本当に年をとったなあと感じることもしばしばです。物忘れが激しくなり、、、一人では放っておけない状態です。親の方も若くて元気な時は子供の世話にはならないと言っていたはずなのに、めっきり気弱になります。それが年をとるということなんです。

    トピ主さんが帰国しないことを決めたなら、お姉さまにはそれ相当の感謝の気持ちを表すことが大切だと思います。介護は本当に大変なことなんですよ。世話をすることももちろん大変ですが、一番辛いのは親が弱っていく姿を毎日見なくてはならないことなんですよ。以前はあんなにはつらつとしていたのに・・・って悲しくて辛いんですよ。親にしても不本意でしょうが、年をとるということはそういうことなんです。それを見なくて済むのなら、お姉さまには感謝してもしきれないでしょう。

    ユーザーID:6157976576

  • 海外在住20年です

    海外生活にもう未練はない。近い将来帰国し余生は親の介護に費やそう―と決心していました。それを犠牲とは思っていませんでした

    しかし、いざ具体的に帰国となると、長年離れていた日本の環境に自分が馴染んでいけるか、果たして仕事は見つかるか、など思い悩み「帰る時期」を見極めるのに慎重にならざるを得ませんでした

    ましてや主さんはまだ夢の実現に向かってスタートしたばかり--大層苦渋の決断であることをお察しします

    他の方も仰っていましたが、介護には終わりがありません。しかし、又、その始まりが明確にわからないケースがあることも事実です

    永久帰国の覚悟が必要だった私は、いつ行動に移すかの判断をつきかねているうちに、最愛の母が最近急死してしまいました

    毎年3回の帰国時の母は数年前に受けた手術から確実に回復しているように見え、家事一切を私よりも手早くこなしていたため油断していました。70代後半の母の介護の必要性はもうとっくに始まっていたのに、、

    どんな選択をしても後悔は残ると思います。二者両方を同時に選択できないのですから、常に「もう一方を選んだいたら」という無念は残ります

    ユーザーID:3339694318

  • 私なら、帰りません

    私がトピ主さんの状況だったら帰らないです。

    理由は簡単。私は人間ができていないので、もしその状況で帰国したら親を恨むからです。特に、お父さんがそのように我がままな方なら「お父さんのせいで私が夢を諦めなければならなかった」と、死んでからも恨むでしょうし(家族全てを)、介護しながらいじめてしまうかもしれないです。(実際、身内からの虐待って多いそうですよ。みんな疲れるから)介護期間が短ければ短いで「これなら帰って来る必要なかった」と思うでしょうしね。まあ、残されたお姉さんが大変なのはわかりますが、それもご自分で選んだことですから。

    ところで、ヘルパーを時々雇う、とかはできないのでしょうか。もしトピ主さんにお金の余裕があるようでしたら、少しでも送金されては?

    ユーザーID:3827787989

  • 介護帰国しました

    現地人の夫、自由業、子連れで半年弱帰国して末期癌の父を看取りました。夫の理解がなければできませんでした。子供もいきなり日本の学校に放り込まれて大変だったと思います。ちなみに家庭は崩壊してません。

    たった半年のことですから、何年も長引く場合とは事情が異なりますが、自分が看取る立場になるとは思ってもいませんでした。それまでにも毎年できるだけ家族で里帰りしてました。できるだけのことはしたと思うので後悔はありません。残された母は兄弟と義妹たちが気にかけてくれています。ありがたいです。

    その時々の状況で誰に何ができるかは違ってきますから、それぞれができることをするだけです。

    ユーザーID:8969069825

  • GC取得は時間がかかります

    とぴ主は現在30代でしょうか。
    そうであれば日本を離れる際、このような問題がそう遠くない未来に起こりうることは考えられなかったのかな、と思いますが仕方がないですね。
    とぴ主が現在知るべきはアメリカのGCの状況かと思います。
    2001年のテロと不況の影響でGCの発給には大変な時間がかかっており、申請条件をみたしていても申請すればすぐにもらえるというようなものではありません。
    事実2000年頃に申請したほとんどの友人はいまだGCを受け取れずにいます。不況が改善しない限りこの状況はますます厳しくなるでしょう。
    最終的に個人で決めることですが、GCが取れるのではという楽観的な見地からでしら、この点をよく考えて行動された方がよいかと思います。

    ユーザーID:1539918174

  • 2度目です

    お父様の病状や性格が義父とそっくりです。わがままで医師の言うことを聞かず、糖尿をひどく悪化させ、何度も脳梗塞を繰り返しました。バイパス手術を受けるようになるまで大食、ヘビースモーカー、運動皆無の生活を続けてました。生きてますが、物忘れ、ろれつが回らない、思うように動けない状態です。こういう人は本人が自覚しない限り、周りがどんなに良かれと思って手を尽くしてもすべて無駄にしてくれます。あなたが帰国しても状況が好転するとは思えません。

    とりあえず介護保険のことなど、離れていてもできることから調べてみませんか。お母様やお姉さまの負担が軽くなるかもしれません。認定の度合いによって、お掃除やお父様の身の回りの世話のほか、デイケアなどへの送迎も頼めます。ご実家の最寄の役所に問い合わせれば、いろいろと親切に教えてくれますよ。

    ユーザーID:8969069825

  • 正式に問合せてみては

    junglecity.com の移民法のコラムで、「グリーンカードを申請中に米国外に旅行
    する場合、通常、出国前に "advance parole" と呼ばれる出入国許可証を取得し
    なければなりません。もし、出入国許可証を取得せずに出国した場合は、グリー
    ンカード申請を放棄したとみなされ、申請は無効になります。」という文章を目
    にしました。

    法律の専門家ではありませんので、詳しいことは存じませんが、グリーンカード
    の申請が可能なのであれば、済ませた方が、身動きしやすいのではないですか。
    深くお調べになりましたか。

    それにしても就労ビザの許可を取るのは、それほど時間がかかるものなのですか。
    ちなみに、私は配偶者が米国人で、永住権を持っていますが、手続きが通常より
    時間がかかっておかしいなと思っていたら、手続きが止まっていたことがわかり
    ました。移民局が手違いで、転居前の夫の住所に書類を送っていました。

    あまり役に立たないアドバイスかもしれませんが、一度正式にお問合せしてはい
    かがでしょうか。

    ユーザーID:4914785139

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧