おやじの味

レス34
お気に入り42
トピ主のみ3

おやじっ子

ひと

このトピのレス

レス数34

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • トピ主です。

    みなさんレスありがとうございます。
    それぞれの「おやじの味」楽しくまたしみじみと拝読させて頂きました。

    父は現在75歳、母も健在ですがもう台所には立ちません。弟夫婦と孫
    同居していますので。私がトシをとるだけ親もトシをとる。
    当たり前のことですが、ちょっと哀しいななんて思っていた時、某お店で
    昔ながらの煮魚用鍋を見つけ、4歳当時の私と父の【ぺちゃんこ鍋】を
    思い出したのです。

    父と私だけの合言葉、まだ若い父生活も豊かとは言いがたかい子供時代
    でしたが懐かしい思い出です。私は相当の父親っ子だったようです。
    反対に父は自他共に認める子供嫌い・・・ 同居している孫(私の甥)には
    懐かれてません。オーラ出てますので近づかないみたいです。
    でも、どーして私と弟が居るんでしょうねぇ、お父さん!?

    今は認知症ならずに長生きして欲しいなと思います。そして【ぺちゃんこ鍋】
    忘れないでいてください。

    ユーザーID:6904763774

  • ありがとうございます。

    レスしてくださったみなさんそれぞれに【おやじの味】があり、思い出
    がありその場面が目に浮かぶようです。

    おやじ様、お嬢さんはお一人ですか?父親にとって娘は異性なので特別な
    存在だと周りでは言っていますがどうでしょうか(私は子供無し)。一時期が終われば、お嬢さんとも静かに話せる日がきますよ。
    幼い頃を思い出すと、父なりの愛情を注いでくれたと思います。
    思春期になると普通は「オヤジ臭い」「ウザイ」など今の風潮ですが、
    私には反抗期がありませんでした。
    その時期に父は事故で明日をも知れぬ状態、反抗する事もできなかった。

    家で臥せっている父、事故の後遺症に苦しむ父。立場は逆転し臥せって
    食欲の無い父に「何か食べたい物ある?」と聞くと「お前の雑炊食いたいな・・・」と。
    茶碗に一杯だけでも食べるのがシンドイ様でしたが、「俺の好きな味だ」
    と言われた時、ぺちゃんこ鍋の味だよお父さん!と心で呟きました。
    明日は敬老の日、久しぶりに電話をしようと思います。

    ユーザーID:6904763774

  • トピ主です。

    心がほんわかするレスみなさん有難うございます。
    実家では母専業主婦だったため、父が料理をすることは珍しい事でした。
    母が病気や里帰りしている時のみでしたので、父の味を知っているのは
    私だけ?弟は記憶にないといいますので。母も父の料理って食べた事が
    ないようです。ぴかたちゃん様のおっしゃるとおり、母(妻)にも食べ
    させてあげなよ〜と思います。【おやじの味】は子供の特権なのかな・・・

    父親っ子だった私ですが、おやじ様のお嬢さんのように「お父さんのお嫁
    さんになる!」とは言いませんでした(笑)でも、両親が離婚したら父に
    ついて行こう!と考えた小学校時代(可愛げない)理想の結婚相手は
    ずばり『父のように家事ができる人』でした。
    現実は・・・夫:掃除・洗濯・アイロンがけ・ごみ捨て・ご近所付合い◎
    でも、料理だけ肝心要の料理が×3位です(泣)こんなもんです・・・

    私が寝込むと、【レトルトのおかゆ】を買ってきてくれる出来た夫です(苦笑)
    今は、「イクメン」や「料理の出来る男」が巷に溢れているのに・・・
    辛うじて昭和二桁生まれの父、40年以上時代先取りしてたんだね!

    ユーザーID:6904763774

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧