ボーイスカウトってどんな感じですか?

レス10
お気に入り13

メソッド

健康

トピを開いてくださり、ありがとうございます。ボーイスカウトについて情報をお持ちの皆様、どうぞよろしくおねがいします。
来年度新一年生になる息子がいます。下に4歳の知的障害児の兄弟もいます。長男を入団させたいのですが、費用やお手伝いなど親の負担は大変でしょうか?入団させてよかったこと、たいへんだったこと、愚痴など今の私にはなんでも大切な情報ですので、何か一言コメントを下さい。よろしくお願いします。

ユーザーID:1309739079

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数10

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 団によってさまざまです(1)

    こんにちは。
    息子と娘がボーイ隊に所属、ついでに夫もリーダーをやってます。
    来年度新一年生となるのなら一番年少のビーバー隊の所属ですね。
    活動内容、保護者のかかわり、活動費用などはそれぞれの団によって異なりますので、まずはお近くの団をいくつか探して体験してみるのがよいかと思います。お分かりにならないときはお住まいの県連に問い合わせればお近くの団を教えていただけると思います。

    年長で入隊したビーバー隊から現在中学生になりボーイ隊まで活動をしていてよかったと思うのは、学校以外での仲間ができること、目的をもって成し遂げる満足感を得られたこと、家や学校だけでは体験できないことができたことなど様々です。
    私自身もかかわりを持つことでよその子供にも目が行き客観的に自分の子を見ることができたこと、家族で活動に参加することによって共通の話題や目標ができたこともよかったです。

    長文すいません続きます。

    ユーザーID:9530008418

  • 団によってさまざまです(2)

    続きです。

    残念なことに保護者と指導者の意思疎通がうまくいかず、運営がうまくなされていない団もあるようです。タイトルの通り、団によってカラーが異なりますので複数の団を見学してお子様にあった団を探されるのがよいかと思います。
    体験はハードルが高いようでしたら、地域のお祭りに参加したり団のバザーなどで地域との交流を図っている団もありますので、そういったイベントに参加するのもいいですね。

    スカウト活動はとても有意義なものであると思いますので、ぜひ一度体験してみてください。
    体験して違うなと思ったらやめるのもありですからお気軽に〜。
    (うちの近くでしたらぜひ遊びに来ていただきたいです。)

    ユーザーID:9530008418

  • 我が家の場合

    都内在住です。
    二人の息子を入れました。

    上の息子がカブ隊になった頃リーダー不足のため、夫が担ぎ出されそれ以降夫もカブ隊副長として活動に参加しています。(最近は若いリーダーにお願いすること多いですが)

    上の息子は当初ビーバーで8人の同級生の入団があったもののボーイ隊になる頃には一人になり、ついぞ本人も中学2年時には退会しました。

    下の息子もビーバーで同級生5人の入団後、中学高校では活動はほぼ一人参加となりましたが、お陰さまで大学3年になった今では、カブ隊の子どもたち10人ほどを指導して、団へ恩返ししているようです。

    活動は原則日曜日になります。(所属の団は教会が併設されており、日曜学校に参加します)
    従いまして、他の運動などのサークルに入っていたり習いごとがあったりすると、どちらかを選択しなければならない時期があるようです。

    続きます

    ユーザーID:5739362349

  • 我が家の場合2

    2足のわらじはなかなか難しいかと思います。
    スカウトの減少はどの団も頭の痛いところのようです。

    愚息どもも中学校受験時日曜は通塾のため、小学校6年の1年間は休隊しました。(と言いつつ、春キャンなどは楽しいところだけ参加していました)

    その後高校受験が無かったことが、息子たちが中学生になっても続けられた所以かもしれません。
    下の息子は高校生時、団の育成会の補助もあり四万十川のカヌー下り旅行やジャンボリー参加など、ずいぶん楽しませていただいたようです。

    また本人たちの弁によると、小学高学年時、キャンプのテント内で先輩にあたるリーダーからある種のご本の洗礼を受け、みんなより先に大人にさせてもらったそうです。(団の恒例とのこと、女子スカウトがいないからできるのかも?)
    そういうのもありかな、と親として思っています。

    キャンプを経験するたび一回り成長して帰ってくる姿がなつかしいです。

    ユーザーID:8007245145

  • ぜひ見学を!

    息子がボーイスカウト隊にいます。(スカウト歴7年です)

    基本的なことは、日本連盟のホームページに詳しく載っているので
    参考にしてくださいね。

    うちの団は、各隊だいたい月に2回の活動があります。
    保護者が運営している団のため(そういう団が多いと思います)
    それなりに親の出番はあります。
    イメージ的にはPTAやスポ少と同じです。

    質素倹約がモットーなので、必要最小限の費用で活動しています。
    うちは月3000円前後、スキーやキャンプのときは実費を徴収されます。

    親も一緒に楽しもうという気持ちのある家庭は長続きしますが、
    子どもを預けるという認識の方は辞めていく傾向があります。(うちの団の場合)

    息子は、違う学校の異年齢の仲間たちと楽しそうに活動しています。
    自分のことは自分でやるが基本なので自立心が育ちました。

    上の方も書いているように、団によって活動内容も雰囲気も違います。
    ぜひ、お近くの団を見学(体験入隊)してみてください。
    (ホームページをもっている団も多いので探してみてくださいね)

    ユーザーID:9543633444

  • ありがとうございます

    スカウトの母様、副長の妻母様、そなえよつねに様大変参考になりました。
    学校以外で仲間を作る、すごくすばらしいことですね。
    預ける感覚のある親、、、ちょっとはっとしました。下に4歳の双子がいるのでちょっと大変ですが、可能性を探ってみたいと思います。
    すごくためになるアドバイスをみなさんありがとうございました。

    ユーザーID:1309739079

  • 参考になるかなあ??

    三指。 
    レスの間が空いたようで書き込みします。

    大昔、連盟の指導者講習会(ボーイとカブ)に参加体験の
    年寄りです。

    ボーイスカウトの「ちかい」に、
    神(または仏)と国とに誠を尽くし・・・後略 
    とありますように、団の維持母体に宗教組織が絡むことが
    多いようです。

    現在の世情に即して多少の変更はあるようですが
    (例:12項目のおきてが、8項目に減少などなど)
    スカウトの基本理念は変っていないものと思われます。
    三指の敬礼(カブでは二指)は必須です。

    従いまして、ちかいの文章通り、愛国心、国旗、国歌、宗教に
    対して違和感をお持ちのご家庭では、入団の場合
    子供の人格形成時、成長期に、なんらかの影響は見られます。
    その影響がいい方向に向かえば、非常に有意義で価値のある
    ことです。
    障害のある方に、進んで手助けできるのもスカウト精神です。

    その点を踏まえて、団の活動を見学・体験し、判断していただく
    ことをお勧めします。

    古い考えの年寄りの意見だからレス不要です。 弥栄。

    ユーザーID:2753620412

  • う〜ん

    そなえよつねにさんが言った預けるタイプの親です。
    入ってから1年、カブ隊になったばかりです。
    入るときは、保護者は送迎だけでOk との話で、ビーバー隊の時は
    行きたいときだけ参加してました。
    ところがカブ隊に入ったら、デンリーダーという役員決めがあります。
    デンリーダーになったらすべての活動に参加し、他の子の面倒も見ます。
    仕事等いろいろな事情があったらできないと思いますので、はっきり言って
    押し付け合いです。(自らなりたいという方もいるのでしょうが…)
    家はなりませんでしたが、ならなくても肩身が狭いです。
    その他にも弁当を1品みんなの分作るとか、子どもの家にみんなが来るとかあるみたいです。
    アレルギー、食中毒などみんなが敏感になっている(?)このご時世になぜよその子の分の弁当を作るのか?メンバーの家にみんなが訪問しなければいけない理由があるのか疑問がわいてきて(さらに、入会時に保護者の負担についての説明もなかったので)辞めることも検討中です。
    保護者の負担をかなり覚悟しておいた方がいいと思います。

    ユーザーID:9184753831

  • ガールスカウトとは違うかもしれないけど

    40歳主婦です。小学生の頃ガールスカウトに入っていました。30年も前の話しだし、ガールスカウトだからちょっと違うかもしれませんが最近ボーイスカウトもガールスカウトも話を聞かないので珍しくて出てきてしまいました。

    活動が一年を通して色々あって親も子も結構忙しかったのを覚えています。普通の集会時は一人でバスで通っていました。

    学校と違っていろんな年齢の友達がたくさんできたし、ロープワークやテントの張り方から焚き火のおこし方、手旗信号も教わりました。生きる知恵みたいなものを教えてもらったのがよかったかな。

    親はバザーや集会所でのお泊り会での手伝いなどしていました。
    バザーのときは手作りのものを出していたようです。もちろん私たちも作ってましたが。

    費用は結構かかっていたかも。キャンプに行くのに、寝袋から炊事セット、
    食器など買ってもらったし交通費もかかってたし。制服、バッジ、ロープも。

    ボーイスカウトは女性の方もいらっしゃるのですよね?小さいお子さんを預けるなら女性の方もいらっしゃると安心だと母として思います。ガールスカウトはまったく男性はいないです。

    ユーザーID:3107966624

  • 是非体験してみてください。

    ほんとうに団によって色があります。

    ビーバースカウト:小2まで
    カブスカウト:小2から小5
    ボーイスカウト:小5から中3
    ベンチャースカウト:中3以降

    カブスカウトであれば制服と装備がであれば2万円程度です。
    (お古がもらえるかもしれません)
    また活動諸費で別途年間2〜5万円程度かかります。

    親御さんの負担はほかのみなさまが書かれている通りです。
    ただ、親御さんの参加を子育て交流の場として上手く使われる方も見えますね。

    カブスカウトのメリットならば端的には、
    社交性がある程度身に付き、お友達ができるといったところでしょうか。

    ユーザーID:7326442694

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧