親と永遠の別れ

レス9
(トピ主3
お気に入り17

家族・友人・人間関係

とうこ

2年前に脳溢血で母が急逝し、悲しみを乗り越え三回忌を終えた矢先、
今度は父が末期がんで余命三ヶ月と宣告されました。

私は41歳独身です。
父は私のことが心配で本当に申し訳ない気持ちですが、
今はこの度重なる永遠の別れをどうやって受け入れたら良いのか、
考えるのが辛いです。

「諸行無常」、親はいずれいなくなるもの・・・と言い聞かせてますが、
仕事の合間にも思わず涙が出てきてしまいます。
父本人が一番辛いのは重々承知してますが、苦しそうな父と二人きりになるのも辛いです。

でも逃げない、今日も元気に帰宅しなければ・・・。

読んで戴きましてありがとうございました。

ユーザーID:3379767698

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数9

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 親との別れは本当に辛いですね。

    トピ主さん、何と言葉をおかけしたらよいかわかりません。

    私の両親も年を取って来ました。
    遠方に住んでいるので、ちょくちょく会う事も出来ず…体の事が心配です。
    両親は子供達の為にすべてを捧げてくれました。
    別れの時を思うと涙が止まりません。

    トピ主さん、あなたも私もこんなに両親と別れるのが辛いのは…それは、私達がそれだけ両親から愛情を沢山受け取ってきたからではないでしょうか?
    愛されてきたからこそ、愛していて、だからこそ別れが辛い。
    でも、愛されてきた私達は幸せだったのです。

    私の父は天国を信じています。あの世で死んだ祖父母に会うんだと。
    私も信じています。この世で別れようとも、必ず、必ず、あの世で父と母に会います。
    (あの世の存在を信じていても、信じていなくても、結果はどうせ誰にもわからないんだから、信じて生きていった方が得だと思ってます。)

    トピ主さん、お父様と過ごす時間をどうぞ、大切になさって下さい。
    お父様の苦しみがどうか軽くなりますように。
    あなたの心の中に、お母様とお父様が生涯暖かく住み続けて下さいます様に。
    お祈りしています。

    ユーザーID:9599325132

  • 残された時間を有意義に過ごしてください。

    とうこさん、
    14年前に父を亡くし、2週間前に母を見送ったばかりの37歳女性です。母は1年10ヶ月前に余命3ヶ月のすい臓がんと告知され、何度となくもうだめだという時期を乗り越えて永眠しました。父が亡くなった時はまだ若く何もせず終いで後悔が残っていました。特に母とは何でも話しあう親子だったので、母を失うということが怖くて仕方ありませんでした。最後の6ヶ月は病院で寝たきりの状態になりましたが、兄弟で協力し、誰かしら付き添うようにしました。
    とうこさんは協力したり、気持ちを分かち合えるご兄弟はいらっしゃいますか?いらっしゃることを心から願っています。子供のころの思い出話をしたり、可能な限り思いつくことは、できることは何でもしたという思いがありますが、それでも後悔は残ってしまっています。亡くなった今やはり思い出すと泣けてきますが、一緒に戦えたし、母は楽になって今は父と一緒にいるんだから、これでよかったんだと思うようにしています。おつらいとは思いますが、悲しみは後にとっておいて今は貴重な時間を少しでも多くお父様と過ごすことができますよう願っています。

    ユーザーID:0771547865

  • ありがとうございます。

    励ましのレス、本当にありがとうございました。

    四十路様
    親の有り難味が痛切に感じますね。
    私の両親も天国を信じ、また巡り会えると思ってます。
    父も先に逝った母が待っているから、死への恐怖は少ないようです。
    ただ、残った私の身の振り方を心配しているようで、
    こればっかりは今すぐというワケにも行かず、申し訳ない気持ちです。
    でも残された時間を大切に、父の傍にいてあげたいと思います。
    ありがとうございました。

    お察しします様
    お母様を亡くされて悲しみの深いうちに暖かいお言葉、ありがとうございます。余命三ヶ月から二年近く頑張られたのですね。
    ご家族のお力がお母様の命になられたのでしょう。

    私の父もすい臓がんです。
    治療方法もこれから担当医から説明を受ける段階なので、父の精神力はわかりませんが、少しでも長く生きられるようにしたいです。

    お察しします様が心配してくださった私の身内ですが、姉がいます。
    姉家族も出来る限り父との時間を作ると言ってくれたので少し心が軽くなりました。

    本当にありがとうございました。

    ユーザーID:3379767698

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • とうこ様の存在は

    お父様にとってとても心強いと思います。私も姉を事故で亡くし、これから先こんな思いはしたくないと逃げ出したくなったが事あります。
    「諸行無常」〜とうこさんのトピを見て同じような思いをされているなと感じました。とうこさん、心から応援しています。

    ユーザーID:2098160831

  • ありがとうございます

    ちいち様

    応援してくださり、ありがとうございます。

    私の存在は父にとって心強い・・・ですか。
    宣告されてから父は気弱になってしまい、病は気からいうから
    ガンに関する本やネットで心理状態を調べて父を励ましてる毎日です。

    父は心強くても私は一人でどこまで支えられるか正直不安です。

    ちいち様もお姉様を亡くされて悲しみが癒えるのは時間がかかるかと思いますが、どうぞ力強く生きていきましょう。

    ユーザーID:3379767698

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • 親孝行ですよ。

    とうこ様

    読んでいて涙がでました。
    「でも逃げない・・・」なんてお心の強い方なんでしょう。

    私事で恐縮ですが、私は事故で両親をあっと言う間になくしました。
    親孝行どころか、最後までいい年をして我儘を言っていた世界一のバカ娘です。
    自分が生きているのが恥ずかしくなり、時には死んでしまいたいとも思います。今の試練も罰が当たったと捉えています。

    私は何の親孝行もできずに、両親は旅立ちました。
    でも、とうこ様は私とは真逆です。
    充分に親孝行されています。
    大変でしょうが、親孝行できる自分を誇らしく、思ってくださいませんか?
    お父様はとうこ様を、無二の存在だと信じていると思います。

    応援しています。
    決して頑張り過ぎずに、お父様との時間を大切になさってください。

    ユーザーID:0726976650

  • ありがとうございます

    ティアラ様

    しばらくPCを見れずにいました。
    応援してくださり、ありがとうございました。

    ティアラ様も悲しい思いを抱いていらっしゃるのに、
    私を気遣ってくれて感謝してます。

    バカ娘だなんて思わないでください。
    私も2年前は母が突然倒れその日のうちに亡くなりました。
    なので親孝行といえる事は何一つできないままでした。
    一瞬でも意識が戻ってくれれば感謝の言葉をかけれたのに、それも叶わないままの別れでした。

    今は確実に制限時間が残された父と暮らしてますが、本当に苦しく辛く逃げ出したいと思う夜もあります。
    どんな別れ方でも悔いは残るものだと感じました。

    ティアラ様もご自分を責めないでください。

    ユーザーID:3379767698

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • 偉いです・・・

    逃げずに お父様に向き合っておられるなんて・・・
    ほんとに素晴らしい方だと思います。

    私は亡き父に向き合えず、視線も合わせられず
    病床で私の名を呼んでいる声が 亡くなって10年経つのに
    耳について離れません。

    御自身の御身体、大切に。
    お父様と思い出の時間が作れますように・・・

    ユーザーID:0228827862

  • お気持ちお察しします。

    主様、毎日が心労ですね。
    お母様が亡くなり、寂しさ 哀しさも乾かぬうちの不幸ですね。
    お父様はご自分の病気の事、どれくらい 分かっておられるのですか。
    お父様にしたら、残していく娘の事が気がかりで、お辛いでしょうね。
    親が亡くなるということはとても辛いことでしょう。
    私の主人は2年前に亡くなりました。
    子供は13歳でした。そうです、私の子供は、父親を13歳という歳に亡くしました。
    かわいそうな経験でした。
    主人のお葬式のとき、お坊様の話で「世の中には、親の顔さえ知らずに育つ子もいる。そういう意味では13年間、父親と共に過ごしたことは幸せであったと考えなさい」という内容でした。
    親が亡くなるというのは、何歳であろうと辛い出来事です。
    主様、最後の最後の時間まで。お父様に心から寄り添ってくださいね。
    私の場合は、主人が急病で亡くなるまでの2日間、子供たちは父親から離れずずっと寄り添い看病しました。亡くなる時は子供は半狂乱でしたが、今になれば最後まで看病したことで悔いはないとのことです。
    主様が、少しでもも力強くお父様に向き合われることを祈っています・

    ユーザーID:2129842082

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧