文法が苦手な人の英語勉強法

レス17
お気に入り94
トピ主のみ2

みなみ

学ぶ

 半年前に新婚旅行で英語圏の国に行ったのですが、あまりに自分の英語が下手なことにがっくりしてしまい(通じるけれど細部に至るまでの聞きとりや、とっさに上手い言い方が出てこない)、語学力を身につけたいと考えるようになりました。

 中学卒業までは英語が非常に得意だったのですが、高校に入ってすぐに文法(5文型)で挫折しました(英語に限らず、国語も文法がダメです)。
 資格は学校で強制的に受けさせられた、英検準2級までです。
 世間的にいい大学に入ることができましたが、徹底的に英語を避けて得意な科目で満点を取る作戦を立てたため、おそらく30〜40点ぐらいしか取れていなかった気がします。

 なぜか結婚して退職するまでは国際関係の部署にいたので、電話など無理して話していたせいか、度胸だけは無駄にあります…。
 

 これまでに何度か英語を勉強しようと思って行動に移しましたが、あの文法を見るとイヤになってしまい、勉強してもすぐに忘れてしまいます。

 英会話学校の短期クラス(総英語の授業で、学校の勉強に近い感じ)で、挫折してしまった経験もあります。


 英語を学ぶ上で、文法はどうしても避けて通れないのでしょうか…。
 何とか得意の暗記でカバーできないかと考えていますが、よい方法が思いつきません。

 
 いつか子供ができて、中学や高校生になったら英語圏に旅行に連れて行きたいと考えているので、できないことが恥ずかしいです。

 
 おすすめのテキストや通学、雑誌、通信教育などや勉強方法があれば、教えていただければと思います。


 よろしくお願いします。 

 

ユーザーID:8667873753

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数17

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 石川遼君御用達

    スピード○ーニングで、決まりでしょう。文法が嫌いな人は、会話の素質有りです。ぜひ、やってみてください。お試しCDすぐに送ってきますよ。
    回し者ではありませんが(笑)お勧めです。

    ユーザーID:9133126626

  • 英語は音です。

    英語は音が習得できれば、文法も80%程度できるようになります。
    正しい音、イントネーションで読めるようになれば、ほとんどの問題が解決します。
    残りの20%は、逆に文法を使って習得するほうが、時間の無駄がありません。
    お薦めの英語学校は渋谷区幡ヶ谷のウザワシステム教育研究所です。

    ユーザーID:1216754552

  • 気楽に! でも続けて!

    日本で出版されたもの、 そしてアメリカで出版された文法書を15冊ほどマスター
    しました。 家内がアメリカ人なので力がつくのが速かったかもしれませんが、
    初めてアメリカの大学院に行く時、 日本の会話学校に行き、 英語で話してくれ
    と言われ、 3分ほど話すと、 関係代名詞を一度も使わなかったけれど、 それだ
    けできればここに来る必要はないです、 と言われました。

    トウフルの点は630ぐらいだったのですが(30年前のこと)、 FENを
    毎日聞き、 文法書を繰り返しやり、 単語をおぼえただけです。 それに英字新聞
    はわかってもわからなくても読むようにしました。

    意外に思うかもしれませんが、 数研のチャート式中1 - 3 は良いと思いました。
    それぞれ 6 - 7 回繰り返してやりました。 文法の説明を良く読み、 問題を必
    ず解き、 こんな表現はこんな時に使えるかも、 なんて考えながら楽しくやりま
    した。

    がんばって下さい。 必ず良かったと思う日が来ますから。

    ユーザーID:4544839634

  • 文法は必須。ただし「文法=文法用語」ではない

    トピ主さんは文法用語にヤラレた口ですね。私もです。

    日本の文法書は「文法事項の分類と整理」に力点が置かれていて、
    「始めに用語ありき」の構成になっています。
    これは、英語を使えるようになった人が辞書的に使う分には良いのですが、
    身につけるには不向きです(説明文も最悪ですしね)。

    英語学習で重要なのは、飽くまで英語そのものです。
    漢字が5つも6つも並んだ文法用語や下手クソな説明文ではありません。

    分かりますか?
    文法書のキモは例文なんですよ。

    例文を中心に読んで行くと、文法書は「宝の山」であることが分かります。
    中には古臭い言い回しもあるでしょうが、英語は英語。
    重要なのは新しさや口語らしさではなく、英語の型を身につけることです。
    暗記が得意なら好都合。例文を片っ端からモノにしてしまいましょう。

    文法書は、定番の『総合英語フォレスト』や
    『表現のためのロイヤル英文法』(黄色い表紙の本)がお勧め。
    前者は説明が良く、後者は暗記用例文をまとめてあるのが親切です。
    洋書の『Murphy English Grammar In Use』(Cambridge)もいいですよ。

    ユーザーID:8646615099

  • 英検準2級なら問題ないでしょ

    英検準2級って、5文型が分からないと合格しないですよね?
    それだけの力があるのなら、問題ないと思いますケド・・・
    文法が苦手っておっしゃるけど、どの辺りが?

    スピーチでもない限り、普通に話している英語って、そんなに複雑な構文使ってないんじゃない・・・?
    暗記が得意なんて羨ましいわ。
    語学って、語彙が結局モノを言う科目だもん。

    旅先で話すことを目的にするなら、
    「123英会話―1日10分、1カ月で英語を話せるようになる!」とかどうですか?
    上手くいくと文法のおさらいになるかも?

    中学生までの基礎が出来ているなら、大丈夫。
    これから訓練すればどんどん伸びますよ!

    ユーザーID:1205542489

  • トピ主です(1)

    トピ主です。
    レス、ありがとうございます!

    おっとっとさん
    会話の素養ありと言っていただけて、嬉しいです。
    スピード○ーニングは、うちの主人も最近ずっと「気になる」と言っています。
    詳しく調べたことがないんですが、今サイトをチラッと見てみたら、実用性がありそうな内容かも?と興味がわきました。
    ありがとうございます。


    皿うどんさん
    音が習得できれば…という文章に少し希望を感じました。
    スクールは残念ながら地方に住んでいるため、すぐに行くことはできないのですが、近くに転勤した際は通学する際、前向きに検討したいと思います。
    ありがとうございます。


    在米三十年さん
    15冊も文法書をマスター…もう心から尊敬します。
    チャート式は、確か私が現役高校生の頃から評判がよかったという記憶があります。
    実際に使う時のことを考えたり、続けて英語に慣れるというのはとても大事だと思いました。
    少しずつでも簡単なものから読んでみようと思います。
    ありがとうございました。

    ユーザーID:8667873753

  • 文法を脳に融け込ます

    文法を知らないと駄目か? ダメです。

    どうにか通じる程度の英語なら、慣れ、ジェチャー、音の感じだけでOKかもしれません。但し、通常は私がどんなブロークンな英語をしゃべろうが、誰も一々指摘しはくれません、・・面倒くさい。ホテルやお土産店などは私の英語の程度にはまったく関心ないでしょう。関心があるのは、私がどれだけお金を使ってくれるかです。

    その程度の英語は低級で耳障りです。文法をマスターしなければキレイな英語は使えません。反対に文法をマスターすれば、話す、聞く、読む、書く能力も短期間で向上するでしょう。

    どの程度の文法が必要がというと、高校レベルです。意識しなくてもその程度の英語が使えるようになるまで繰り返し訓練することです。一冊の参考書を読めばいいのですからから難しいことではないでしょう。

    たまに、非常に好感の持てる日本語を使う外国人がいますが、そういう方は正しい日本語に合致する言葉を話しています。反対に、意味は通じるが、あまり感心しない日本語を得意げに話す方もいますが、私はいい印象を持ちません。

    常に正しい言葉を使うように心掛けることが肝要だと思います。

    ユーザーID:5532457087

  • トピ主です(2)

    引き続き、レスをくださった皆様ありがとうございます。

    英語教師さん
    確かに文法書の説明は、苦手な人間からするともう最悪というか、もう何がなんだか…という気がします。

    ふと思い出しましたが、中学の頃は学習塾で例文の単語カードをたくさん暗記させられて、おかげで高校受験はまったく英語をやらずに済みました。

    「フォレスト」、懐かしいです。
    少しは社会に出て忍耐強くなっているかもしれないので、書店でおすすめしていただいたものも含めて、自分に合いそうなものを見つけてみたいです。

    ありがとうございます。


    招き猫さん
    文法が苦手なのは、何というかどれが何詞で何語なのかを判別したり、参考書を読むとそれだけでギャーとなっていました。
    得意な国語もなぜかテストで「○○語はどれか?棒線で引け」みたいな問題が出ると、異常にできませんでした。

    準2級、どうして合格したのか自分でも謎です。

    1日10分…魅惑的なタイトルですね!
    近いうち、書店に行くなりネットで探して取り寄せてみたいと思います。

    ありがとうございました。

    ユーザーID:8667873753

  • 英語勉強法

    英検準2級あるのでしたら、基本的な英文法は絶対に頭に入っているはずです。
    なのでテキストブックで文法をおさらいしつつ、あとは日常会話が多用されている映画などを見て「感覚」で学ぶのが良いと思います。
    感覚で英語を学ぶととにかく応用力がつきます。聞いた事が無い単語が会話中に出て来ても何となく想像がつく、そういう状態になれます。

    上でどなたかが挙げていましたがMurphy English Grammar In Useはオススメです。

    ユーザーID:0856054013

  • 文法って大事なの?

     聞き取りに文法は関係ありません。
     言い回しは語彙の問題ですね。
     どうして文法が問題だと思うのか理解不能です。
     大学によって評価が違うと思いますが、100点満点で60点以下は追試対象ではないのですか?点数は教えてもらえると思うのですが「恐らく」とはどういう事ですか?というか大学の試験で「満点を取る作戦」って……。どういう学問領域か知りませんが大学の試験は成績を付けるために実施するもので。本来大学での学習は学生が好きなものを学ぶというものだと思うのですが。大学に入ってまで点取りのための勉強をしていた方がいるというのにびっくりです。


     日常的に英語を使用する部署にいたら文法なんぞ最低限でも通じる事は理解できると思うのですが…。

     何ができるようになりたいんですか?会話?試験の点数稼ぎ?


     毎日使って慣れるのが一番ですね。話すのも読むのも書くのも。高い金出さなくてもネットでいくらでも英語力を磨くチャンスはあります。会話がしたければスカイプ友達でも探せばいいですよ。

    ユーザーID:2235163570

  • 文法はできなきゃダメです

    嘘(と言って悪ければ思いこみ)を書いている方がいらっしゃるようですが、文法は知っておかないとダメです。とりあえず通じる英語にはなるかもしれませんが、まともな英語を話せない・書けないことになりますよ。

    トピ主さんが苦手なのは文法というルールのかたまりのことではなくて、文法用語と文法のテストではないか、と推測します。関係代名詞のナントカ用法がどうした、の類は覚えようとしなくていいです。でも、品詞の名前と、それが何を表しているかは苦手意識があろうがなんだろうがなにがなんでも理解して頭に叩き込んでください。これらは概念に便宜上貼ったラベル、ものにつけた名前ですから、その名前を回避して無理に進もうとしても早晩壁にぶつかります。

    文法の用語でなく、文法のしくみ(即ち英語の文の組み立て)をシンプルに解説した本として、「英文法練習帳」(晴山陽一著、ちくまプリマー新書)、「英文法の疑問―恥ずかしくてずっと聞けなかったこと」(大津由紀雄著、生活人新書)、基本事項をしっかり学べる本として「ALL IN ONE Re-Start」(Linkage Club)といったあたりをおすすめします。続きます。

    ユーザーID:3351284097

  • 文法はできなきゃダメです(つづき)

    「英文法練習帳」は、ある程度文法を網羅しようとしているので、半分あたりでイヤになるかもしれませんが、それはそれで構いません。ともかく「3の法則」で「へー、そうなんだ」と思っていただければ結構です。「英文法の疑問」は読みものとしてさらっと読んでいただけばいいでしょう。こちらも「あるあるー」くらいで結構です。「ALL IN ONE Re-Start」は、読んで、文法ルールと具体的な組み立てかたを思い出して、例文の意味をつかんで、付録のCDに例文の音声が入っているので徹底的にリッスン&リピートをやりましょう。意味を感じながら音読する練習は、どんな場合でも英語の学習には欠かせません。

    あとは、文法のルールよりも実際の使いかたを学ぶためのヒントとして、「mini版 たった1文からトコトン学べる 私の英語ノートを紹介します。」(石原真弓著、アスコムmini bookシリーズ)、「英語ができる人の辞書の使い方」(石原真弓著、成美堂出版)の2冊もおすすめします。前者は英語のひとつの文から学習をふくらませるために、後者は辞書を英語学習のパートナーとして使うために、ぜひ読んでいただきたい本です。

    ユーザーID:3351284097

  • 英語は英語で

    私も、5文型は嫌いです。というか、日本語による英語の文法用語が大嫌いです。どうして日本語で書かれた英語の文法書は、あんなに面白くないんでしょうね。何度読んでも眠くなります。

    こんな私でもTOEFLを独学で勉強し、英語圏の大学院に留学しました。
    私がサバイバルできたのは、高校の時に基本文例集を徹底的に覚えさせられたからだと思っています。600近くある文例を全部、完璧にすらすら暗唱できるまで覚えさせられました。あの時は大変だったけど、今になるとあの鬼英語教師に感謝!です。

    日本語で書かれた英文法書が苦手なら、英語で英語の文法を勉強するのも手です。他の方も挙げておられる『Murphy English Grammar In Use』(Cambridge)は、イギリスの英語学校の先生もお勧めの文法書です。日本語で書かれた受験用の英文法書には今は使われない古い用法まで載っている事があるけど、こちらはとても実践的なので、こちらをマスターすれば問題ないかと。ちなみに、ドイツ人の友人もこの本で勉強したと言ってました。

    ユーザーID:5782726511

  • どのレベルを目指すかによりますが・・

    私も英語は苦手です。中学英語で挫折して、そのままずっと赤点コースを歩みました。「外国に行かないからいいんだもん!」の言葉どおり、海外旅行すら行ったことがなかった私に数年前、衝撃の出来事がありました。結婚した夫の海外赴任が決まってしまい、私も渡航する羽目に・・。現地に着いてからの私は挨拶とお礼が辛うじて言えるレベル。私は、思い切って文法は捨てました。日本にいる外国人だって、間違いだらけの日本語を喋っていて、日本人に通じているではないか!と思い、まずは自分の要求を単語を並べて言えるように勉強しました。(順不同)次に相手の表情やジェスチャーを分析。(続きます)

    ユーザーID:6665302444

  • 続きです

    次に、言いたい文章を辞書などで調べて、それを呪文のように繰り返し呟いて覚えてから使う。
    次に、外国人がどんな時にどんな言葉を使っているかを聞いて(カフェなどで聞き耳をたててました)それを自分も使ってみる。
    この辺りで相手の英語を日本語に変換して、日本語で考えた答えを英語に変換する・・を止めました。
    「要は気持ちが伝わればよい」と開き直ってやっていました。丸覚えの丸飲み・相手の表情で「何となくこう言ってる気がする」で判断の「何グリッシュ」・・。なので電話はちょっと大変でしたが、こんな私でも外国人の友達ができました。今はお互い帰国しているので主にメールをやり取りしていますが、友人にメールを送りたいがために、今度は文法を勉強しています。今のほうが、理解しやすいような気がします。
    私のレベルが低すぎて、参考になるかわかりませんが。

    ユーザーID:6665302444

  • ラジオの英会話

    2度目のレスです。
    先のレスでは基本文の事だけ書きましたが、文法は文型だけじゃないですよね。
    私が今でも迷うのは、コロケーション、イディオム、同義語の使い分けです。
    分からないときは、それこそいちいち辞書を引いて確かめてます。


    >通じるけれど細部に至るまでの聞きとりや、とっさに上手い言い方が出てこない
    >英語圏に旅行に連れて行きたい

    日常会話に特化するなら、ラジオの英語会話などで、よく使われる自然な会話のフレーズを覚えた方が、実用的で楽しく勉強できるかもしれませんよ。

    ユーザーID:5782726511

  • TOEICとかどうですか?

    トピ主さんは文法そのものより文法用語が苦手なのではと思いました。
    五文型もわからないで英検二級は受からないとおもうのですが…

    TOIECの文法はどうですか?
    TOEIC即効100点up なんとかという赤い本が文法の理解にすごく役立ちました。うすい本です。たしか千円くらい?

    例えば動詞にはどんな接頭語接尾語が主についてるか。形容詞は、副詞は?(これは簡単ですよね。lyです)。というわけで品詞を瞬時に見分けることができるようになります。またこの括弧の中にはどんな品詞が入るか。

    トピ主さんが苦手にしてるけど重要なところかな、と思います。
    第三文型を第五文型に直せとか、これは何という品詞か、とか学校英語にありがちなものはありません。

    Whats up? みたいな言葉をそれっぽく話したいだけってなら耳から英語で十分ですが、きちんとした英語を話すなら文法(品詞も)は必須だと思います。

    耳から英語で文法もできてしまうのは幼児だけだと思います。

    ユーザーID:2176485109

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧