たぶん目の錯覚です

レス37
(トピ主0
お気に入り90

生活・身近な話題

視力は1.0

たぶん錯覚でしょう。
皆が口を揃えて言いました。
「あはは、錯覚、錯覚」
私もそうだと思うのですが・・・
でも・・・

聞いてください。

一つ目はもう20年近く前ですが、海沿いに水族館ができました。
その後、海沿いを夕方ドライブ中にテトラポットの上に何か小さいものが立ってました。
ペンギンに見えました。
そのまま通り過ぎましたがペンギンに間違いないと思うのです。
水族館から脱走したのでしょうか。

二つ目は今年の春先にバイパスを走行中、西の空に「一反木綿」が飛んでました。
風にそよそよと長い木綿をなびかせて・・・

やっぱり錯覚ですかね?
そうですよね・・・


こんな錯覚経験したよって人いたら私の錯覚と比べてみましょう。

ユーザーID:4956462320

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数37

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ペンギンは説明できそう

    それは、「鵜」じゃないでしょうか。
    長良川で首に縄をつけられて鮎を取らされる、あの鳥です。
    鵜が立つ姿は直立に近く、ペンギンみたいに見えるかもしれません。
    くちばしの形もそうだし、大きさも中型のペンギンみたいですよ。
    水族館が近くにあったので、先入観でペンギンと思ってしまったのでしょう。

    一反木綿は・・・
    コンビニ袋が風に巻き上げられて飛ばされてたら、そう見えるかも。
    お疲れのようですね。。。


    小学生のとき、近所の川に行ったら、30cmくらいの茶褐色のサンショウウオが、
    大慌てで深場に逃げて行くところを目撃しました。
    ところが、家に帰ってから図鑑で調べても、
    それくらいの大きさのサンショウウオは日本にはいないのです。
    あれは、いったいなんだったのか・・・

    ユーザーID:9257937361

  • 小学生の時

    小学生の時、夕方よそで遊んだ帰りに学校の敷地内を通り抜けていました。
    すると数メートル先にダチョウが。
    まさか、ダチョウなんかいるはずないと思うのですが、近付けば近付くほどダチョウ。
    本当にまん前までいってそれが、手押し車+黒いゴミ袋+竹ボウキというのが分かりました。

    また別の日の夕暮れ、小学校(古い大きな木造校舎)の
    ながーーーい廊下を歩いていると、廊下にズラリとつけられている生徒の木造ロッカーが一つ開いていて
    そこから猿が顔を出していました。
    まさか猿がいるはずもないと思いつつ猿にしか見えず。
    その時もまん前まできて、傘の柄に絵の具洗いのバケツがかぶさりロッカーからはみ出ているとやっと分かりました。

    まさに目の錯覚と思いこみでそう(ダチョウや猿)としか見えませんでした

    ユーザーID:2350149955

  • 娘のことですが

    バイト先の駐車場で猿を見たと、ものすごく興奮して帰ってきました。見たのはバイトの前だったので、あわててみんなに猿がいるといったのですが、ほかの人が駐車場に来たときにはもういなかったそうです。みんなに、幻覚だとか、猫じゃなかったの、疲れてるんじゃないの、などと言われたようです。
    私も親ではありますが、狸でもみたんじゃないかと半信半疑でした。
    でも次の日に前日にはシフトに入っていなかった人が(そのバイト先のすぐ近くに住んでおられるそうです)このあたりに確かに猿が出没していると言ってくれたそうです。そしてそれから2,3日したら新聞にも登場しました。疑ってごめんねと口々に謝ってもらったそうです。

    ユーザーID:3659921453

  • 子供の頃の話です

    激しく雨のふる夕方のことです。一人でとぼとぼひとけのない道を、習い事へ行くために歩いていました。ふと向こうからスーツ姿の男性が…
    よく見ると頭がない!?
    恐怖にかられた私はそのまま引き返しました。
    今でも本当に頭がなかったのか気になっています。

    ユーザーID:6336967591

  • ペンギン見たい

    白い子犬が駆けていると思ったら
    スーパーの袋でした

    ユーザーID:6395928360

  • たぶんトピの主旨が読めていないレスですが…

    あえて言わせて下さい。

    >ペンギンに間違いないと思うのです。
    水族館から脱走したのでしょうか。

    ものすごくペンギンによく似た鳥がいます。

    私は見ました。

    裏の田んぼの畔にいたんです。

    生まれて初めてあのような鳥を見ました。

    ほぼペンギンでした。

    ペンギンだったのかもしれません。

    ユーザーID:4499226361

  • 一反木綿

    盗賊カモメ、続きです。

    そんな私の娘は実家で見ました。

    彼女曰く『四角い顔のおばけ』です。

    別室にいたのですが、血相を変えて私達のところに戻ってきました。

    障子の中から一反木綿のようにひょろひょろ〜っと出てきたそうです。

    すごく怖がっていましたが、後にも先にもそれ一回のみです。

    これも錯覚でしょうか?

    ユーザーID:4499226361

  • 中野のライオン

    故向田邦子さんのエッセイにありますが、彼女は昭和30年代かな? 街中を走る電車の中からアパートのベランダで男性と夕涼みをしているタテガミをはやしたライオンを見たことがあるそうです。彼女以外は誰も気づなかったらしいです。当時視力は良かったが、見間違いだろうと月日は流れ、彼女が有名な作家になって 或る時それをエッセイに書いたところ、なんと当時ライオンを飼っていたという男性が現れました! あまりの暑さに ほんの少しの間 窓を開けて涼んだそうです。しかしライオンはメスでタテガミは「目の錯覚」だったそうです。

    ペンギンはおそらくペンギンだったのでしょう。 一反木綿は 根拠はありませんが同意できかねます。風で飛んだ「ふんどし」が 妥当な線でしょうか…

    ユーザーID:4090628772

  • 江戸前アザラシ

    ペンギンは錯覚ではないと思います
    私の場合は30年ほど前 東京湾でアザラシが泳いでました
    船に乗ってたけど 5メートルほどの目の前で船を追いかけるようにです。
    たしか2002年あたりも多摩川で あざらしのタマちゃん いましたよね

    一反木綿 いいなぁああ(笑)

    ユーザーID:0503650649

  • ミザルイワザル

    普段は絶対外出しない時間に急用で銀行に行きました。
    歩きながらふと、とある雑居ビルの階段を見上げると、、
    「〇〇県のお客さんの所に直行するから」
    と連絡があった上司が、見知らぬ女性と階段を登って行くではありませんか。。

    ?ん・・・
    いや。
    これは‘目の錯覚’ですよ、はい。

    ユーザーID:6871104732

  • うなぎ犬

    高校生の頃、バイトの帰り道(20時頃)にうなぎ犬を散歩させている人を見ました。
    ダックスフンドの様に短足で、でもダックスよりも体が長く、そしてうなぎの尻尾の犬。

    確かに見たのに誰も信じてくれません(泣)

    ユーザーID:3603471246

  • 車から見た風景

    道路をこちらに向かって歩いてくる男性が見えました。黒いタートルネックのセーターを着ていて黒っぽいジーンズ、つっかけみたいなのを履いて、ちょっとコンビニまで買い物風な若い男の人。
    広い歩道もあるのになぜ車道を・・・じゃまくせーと思いながらよけました。
    よけてその人が車の真横に見えるはずの位置なのに、人なんて誰もいません。ちょっとゾッとしたけど、目の錯覚だった、絶対目の錯覚と自分に言い聞かせて家に帰りました。絶対目の錯覚、ですよね。

    ユーザーID:1230013237

  • キウィ(NZ国鳥の)。

    東海地方の田舎出身。
    小学生の頃、裏山を歩いていたら、がさがさと音がして、奇妙な鳥が出てきました。
    私にはキウィに見えました。NZの国鳥の。
    なぜ、こんなところに???と思っていたら、その鳥はやはり飛ぶことはなく、がさがさと帰っていきました。見間違いだと思うけど、キウィに見えました。

    その裏山の頂上全体が、真夜中ものすごく光っているのも同じ頃に見ました。
    何もない山の山頂、しかも夜中です。咄嗟にデカイUFOが着陸してる!!と思いました。
    怖くなって窓を閉め、それ以後誰にも話していません。
    キウィに関係してるんでしょうか(笑)?

    ペンギン、うちのほうではペットとして飼ってる人がいるようです。
    沿岸部のほうですが、テレビでやっていました。私は実際には見たことはないですが。
    道の角を曲がると、ペンギンがトテトテ歩いてくるというシーンが出ていました。
    遠洋漁業に行った漁師の人が、連れ帰ってきたりするんでしょうか??

    ユーザーID:6638337276

  • 青い顔の女

    数年前、車を運転中、男性が運転している対向車の助手席に青い顔をした女性を見ました。
    宇宙戦艦ヤマトのデスラー総督のような青い皮膚で、
    真正面を向いて無表情、身じろぎ一つしていませんでした。

    あれはきっとマネキンかもしくはコスプレの一種ですよね??
    あまりの人間離れした青さにびびりました。

    幽霊とかじゃなく、私の錯覚ですよね?(泣)

    ユーザーID:5160979098

  • 横かも・・・リオネル様

    その大きさのサンショウウオっていないんですか〜?

    こちら京都ですが、雨で増水した鴨川を橋の上からながめてたら
    でっかいサンショウウオがぐりんぐりんとローリング状態で
    上流から流れてきて、そして下流へ消えて行きました。

    天然記念物が!って友達とサンショウウオの身を案じたっけ。

    見間違いかなぁ・・・。

    ユーザーID:7551836835

  • 市ヶ谷の怪

    息子が子の刻、東京市ヶ谷の外堀を横断するタヌキ目撃、後調べた結果本当にタヌキだった様です。
    いるんですね東京のど真ん中に!
    皆様案外錯覚と済ました事実と同居してるかも知れませんよ。和。

    ユーザーID:8171861412

  • 空を飛ぶペンギン

    トピを読んで、真っ先に柴田よしきさんの「桜さがし」という本を思い出しました。

    この中の「翔べない鳥」という話に、ペンギンを見たというエピソードが出てきます。
    京都の街中の木の上にペンギンが止まっていた、しばらくしたら飛んでいった。でも、そんな馬鹿な話があるわけない。これは嘘だ。

    この話のペンギンの正体は「ゴイサギ」です。
    良かったら検索して見てみてください。


    でも、ペンギンも一反木綿も錯覚じゃないと思いますよ〜。

    私は目の錯覚じゃなくて耳の錯覚があります。
    今を去ること40年くらい前、博多駅近くの実家で深夜時折「狼の遠吠え」を聞きました。
    当時「狼少年ケン」というアニメで聞いた狼の遠吠えそのものでした。犬の遠吠えとは全く違いました。
    絶滅したはずのニホンオオカミが、博多のど真ん中で生息していた・・・なんてね。

    実はこの狼の正体は何となく分かっています。
    犬とか他の動物の声というわけじゃありません。
    でも、私の中ではやっぱり「狼の遠吠え」です。

    ユーザーID:3310012707

  • ゴイサギ

    それってゴイサギかもしれません。
    私も間違った事あります。

    ユーザーID:9760008473

  • 本当であってほしい

    テトラポットの上にペンギンなんて可愛い〜。

    一反木綿もいいですね。
    げげげの女房、毎朝かかさずに見ていたので終わってサビシイです。

    私は中学生の時に、友達と自転車で雨上がりの田舎の田んぼ道をタラタラ走っていたら田んぼから、真っ黒な熊がひょこっとでてきて、心臓がとまりそうなほど驚きました。
    でも、よく見たら黒いカッパをきたおじさんでした。

    トピ主さんのは、どちらも本当であってほしいです。

    ユーザーID:5332292447

  • 樹海

    富士山の麓のあの樹海…

    子供の頃に家族旅行で車で近くを走ったのですが、ピンクでした。
    樹海全体がピンク色に見えました。

    なのでハタチ過ぎるくらいまで樹海はピンク色なのだと思っていました。

    どんな目や…。

    ユーザーID:1336496079

  • 不思議ですね。

    ペンギンは目の錯覚で、一反もめんは本物でしょう。
    その方が面白い。

    ユーザーID:3356232629

  • リオネルさん

    どちらにお住まいでしょうか?
    中国地方でしたら、それはオオサンショウウオだと思います。
    成体で50〜70cmだそうです。

    >それくらいの大きさのサンショウウオは日本にはいないのです。

    何かのご記憶違いかと。

    ペンギンと一反木綿は納得できました。

    ユーザーID:1083515465

  • ヨコレス、キュウイの匿名さま

    東海地方在住の者です。

    キュウイの寿命がどれくらいか知りませんが、11年前ぐらいに友人の弟がキュウイを突然飼育し始めたと話してました。
    しかも、近くの山で散歩させてるとも…

    もしかしてソレかもしれませんね(笑)

    ユーザーID:3637361914

  • たぶん

    凧だと思います。
    「一反木綿」のような凧を見たことがあります。ほかにも連凧とか上っていたのですぐに凧だとわかりましたが、単独だとまさしく「一反木綿」です。

    すなかけばばあやこなきじじいはたまぁに見かけますが、
    たぶん錯覚でしょう。
    皆が口を揃えて言いました。
    「あはは、似てるだけ」
    私もそうだと思うのですが・・・

    でも聞いてください。似すぎです。間違いないと思うのです。
    きたろうワールドから脱走したのでしょうか。

    おまけ
    むかしペリカン見ました。

    ユーザーID:3382477390

  • 錯覚じゃなかった!!

    私の場合は、目の錯覚じゃなく、ある意味未間違いですが、

    高校生くらいのときの出来事です。

    1.駅屁向かって歩いているとき、
     バスターミナルに向かう歩道の先に、黒い毛玉が。。。
     子犬の死骸かな?と思いながら、(でも今時動物の死骸って。。。とも思いましたが。)
     近づくと、「ヅラ」でした。
     おもわず、強風にヅラが飛ばされる、ハゲ親父の映像を勝手に想像し、
     しばらく動けませんでした。

    2.同じ駅で。改札に向かう外階段を上っている最中、
     何段か先にピンクのモノが落ちていました。
     んっ??っと思ってみてみたら、「入れ歯」でした。
     おばあちゃんがよろけたときに落としたのかな?

    いろんなものが落ちている駅でした。

    ユーザーID:0110785899

  • ゴイサギ初めて見た・・・

    検索したら、まさにペンギンですね。
    一反木綿はふんどしだとしても、まだ使っている人いるんですか?

    私の話。数年前、山を越えた所で仕事をしていました。
    その山はカモシカが住んでいて、何度か遭遇していました。
    ある朝、会社に着いて「今朝はオオカミ2匹見ました」と言ったら
    上司が「オオカミだったらものすごい発見ですよ」と・・・?

    絶滅してたなんて知らなかったよーん。←バカ

    錯覚か、ものすごい発見かどっちかです。

    ユーザーID:4691524850

  • 魔法使い??

    小学校入学前の事です
    森の中に従姉妹を探しに行くと…
    焚き火の上に黒い大きな釜?中からは モクモクと
    煙が出ていて 黒いフード付きのマントを着た 白髪で長髪のおばあさんが
    長い木の枝で 釜の中身をかき回していました。
    白雪姫に出てくる魔女そのものでした。従姉妹に話しても 信じてもらえず…あれは 何だったのでしょう??
    後 4歳頃の事ですが 毎晩寝るとき電気を消すと
    ミツバチハッチの様な生き物が(あんな感じの色でした) 
    私の上を飛んでいました
    父も母も横に寝ているのに いくら話しても「そんなものは 見えないよ!」と信じてもらえませんでした…
    毎晩見えていたんです
    引越しをしたら ハッチは見えなくなりましたが…
    あれも 何だったのやら??

    ユーザーID:2359926107

  • 錯覚プロフェッショナル

    南の方の国に住んでますので、錯覚すること、多いです。

    海辺のカフェで…
     あ、いるかだ。ヒゲ生えとる… アザラシでした。

    海岸線を運転中…
     浅瀬で岩が潮吹きよった!!… 鯨でした。

    住宅街を運転中…
     あら、かわいそうに。わんこがビッコ引いて走ってる… コアラでした。

    お散歩中、異様な気配を頭上に感じ…
     始祖鳥だっ!!襲われるっ!!… ペリカンでした。


    そんな環境なので、テトラポットのペンギンは“有り”だろうと…
    確かにサギか鵜の可能性もありますが、
    ペンギンの方がいいやん。

    一反木綿はですねえ…
    細いけど目、ついてますよね。目、合いました?
    確か短い手も付いていた記憶が…
    目も手も無かったのでしたら、それはやはりふんどしか、と…

    でもそのふんどしがどこから来て、どういう経緯で空を飛ぶ羽目になったのか?
    ふんどしを失った人物がいるとしたら、今どこでどんな格好をしているのか?
    …を考えますと…

    やはり一反木綿であった方が、世界平和と人類の幸せの為には良いような気がいたします。

    ユーザーID:1725969708

  • サンショウウオの件

    >ねこのみみ様

    実は、私もオオサンショウウオの小っさいやつ、と思ったんですが、
    いろいろと符合しない点がありまして。

    まず、色が明るい褐色だったので、オオサンショウウオの暗褐色と異なります。
    それからやはり大きさですね。
    ハコネサンショウウオなどよりは明らかに大きいけれど、
    オオサンショウウオのような巨体ではなかった。
    まあ、若い個体だったとも考えられますけどね。
    形はオオサンショウウオみたいなずんぐり系でしたけども。

    なによりも、当時も今も私は関東に住んでおりまして、
    オオサンショウウオの自然分布する地方ではないのです!
    しかし、そヤツは明らかに四肢をグニグニさせて動いておったのです。
    サンショウウオとしか思えませんでした。

    念のため今調べてみたら、
    京都府にもオオサンショウウオは分布していないようです。
    もし、ねこのみみ様が見かけたのが錯覚でないなら、
    学会に一石を投じる発見かもしれませんよ。

    ユーザーID:9257937361

  • たぶん錯覚でしょうが

    五、六歳の頃、当時住んでいたアパートの隣が空き地で近所の子供達の遊び場になっていました。
    ある日、私が遊びに行くと珍しく誰もいません。
    私が空き地に入ろう とすると、数メートル先に大きな蛇がとぐろを巻いていました。
    ギョッとして足を止めた所、蛇もスルスル〜と頭を上げてこちらに向いたんです。
    胴回りはバット位あって長さは10メートル位ありそうでしたが、何よりも驚いたのはその頭。
    頭が扇状に広がっていて…あ、あれはコブラ!?
    一目散に家に逃げ帰りました。
    当然親に話しても信じて貰えず、空き地に戻ってももう蛇はいませんでした。
    私はコブラって日本にもいるんだ〜何処からか逃げてきたのかなぁこれはニュースになるぞ〜と思ってましたが、それらしい話しは特になく。
    今思えば、二、三日前にテレビ番組でコブラを見たので、たぶん蛇にビックリした自分が見間違えたんでしょう(大きさもせいぜい1、2メートル位だったかも)。
    しかし、未だに私の脳裏には誰も居ない空き地の真ん中で鎌首もたげたコブラが焼き付いてます。
    あ、私も高校の時、校庭の木にとまってるペンギン見ました。
    生物の先生を呼んだらゴイサギでした。

    ユーザーID:9125756455

レス求!トピ一覧