自己紹介が苦手です

レス19
(トピ主2
お気に入り17

キャリア・職場

しゃむ

私は現在大学4年生で、内定式やこれから会社での行事の中で自己紹介をする機会が多くなることを考えると憂鬱になってしまいます。
周りの同期は部活や体育会のサークルに入って懸命に活動を頑張ってきた人が多く、私はそうではないので若干劣等感を感じてしまっています。

私は中学高校と受験を頑張り志望校に受かり、それなりの学歴を得ることができましたが部活やサークル活動に力を注いできませんでした。
特に熱心ではなく行ったり行かなかったりしていたサークル活動の話を盛って自己紹介で話したりしますが、自分は話を盛らないと自分のことを紹介できないのだなとそんな自分が嫌になります。

学生時代に夢中になれることが見つからなかった事が悲しく思ってきてしまいます。

学生時代はサークル以外にアルバイトで塾講や野外体験の子ども達の引率、家庭教師やファミレスでのウェトレス、大学では教職を取る中で介護体験や教育実習などの経験もしてきましたが、その経験を自己紹介で言うことでもないような・・・と思ったり、どのように話せばいいのかわかりません。

一つの事をつきつめて頑張ってきたわけでもなく、おもしろい経験をしていたわけではないので何を言えばいいのかわかりません。

人前で話すことも苦手な方なので、自己紹介で何を話すか決めとけばいいことだと思うので、何か自己紹介についてのアドバイスをもらえないでしょうか。
みなさんは自分の事をどのように紹介していますか?

ユーザーID:4542836320

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数19

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 何を仰ってるの?

    自己紹介する全員が、
    「一つの事をつきつめて頑張ってきた」り
    「おもしろい経験をしていた」
    とでも?

    膨らます必要も盛る必要もないし、
    もし必要なら、ブラフをかけられるスキルを身につけたらいかが!

    ユーザーID:7565605203

  • 自己紹介が上手な方ですよ


    私は、37歳で中堅クラスの医療機器の営業マンと、1次採用試験も任されていますが、

    トピ主様は、十分自己紹介がうまい方だと思います。

    一番の理由は、【長く続けてサークル活動をしてない】という事を自覚している事。

    サークルって、長く続けていればいいわけではないと思います。

    サークルの中で、何をして来て、何を結果として残したのか?

    そこが大切だと思います。

    二番目は、自分は自己紹介が苦手だと自覚してみえるところです。

    苦手なわりには、限られた字数の中で、トピ主様の教職に携われたらという気持ちが伝わって来てますし、

    文章も読みやすいです。
    なにも、面接官の前でベラベラ自分の 過去の自慢話だけするのが、

    よい自己紹介だと思わない方がいいですよ。

    特に、日本の会社は協調性が重要視されますから。

    ユーザーID:5236278115

  • アピールポイントかなりありそうですが

    >学生時代はサークル以外にアルバイトで塾講や野外体験の子ども達の引率、家庭教師やファミレスでのウェトレス、大学では教職を取る中で介護体験や教育実習などの経験もしてきました

    程度によりますが、上記はアピールポイントだと思いますよ。

    - 介護体験 ---> 肉体・精神的な鍛錬、社会貢献
    - 教育実習 ---> 教育現場との繋がり、教育
    - 塾講・子ども引率 --> 社会貢献、リーダーシップを発揮できる

    なんかが連想できます。
    それらがたとえば、就職を希望されている先にどう役立たせたいか
    役立つかをアピールすればいいんじゃないでしょうか。

    それらでどういった体験をされたのか次第でしょうけど、興味を
    引くところではあると思いますよ。
    頑張ってください。

    ユーザーID:4580068504

  • そんなに身構えなくても

    まずは、就職おめでとうございます。
    別に1人20分とか30分の大演説をする訳じゃないのですよね?

    「サークル以外にアルバイトで塾講や野外体験の子ども達の引率、家庭教師やファミレスでのウェトレス、大学では教職を取る中で介護体験や教育実習などの経験もしてきましたが」でしたら、別に盛る必要もなくその中のエピソードでもちょこっと話せばたちまち3分や5分はたつのではないでしょうか?
    そのエピソードを強引にでも今後の仕事への姿勢に結びつけられれば年配の方の受けがいいかもしれませんね?!

    ユーザーID:5274833010

  • とにかく書いてみよう!

    > サークル以外にアルバイトで塾講や野外体験の子ども達の引率、家庭教師やファミレスでのウェトレス、大学では教職を取る中で介護体験や教育実習

    こんなにもたくさんのことを経験してるじゃないですか!
    もっと自身持ってください。

    まず、紙にこれらの経験の中で楽しい・やりがいがあるなど、興味を持ったことと、その理由を書き出します。
    例えば、「子供が好き」と漠然としたことでも、子供の何が好きなのか、笑顔?話すこと?遊ぶこと?教えること?
    どうして、何の経験からそう思ったのか・・どんどん掘り下げて書き出します。

    そして、その中に共通点がいくつも出てくるはずです。
    そこから、自分は何を学び、何が足りなくて、何が楽しくて、何がしたいのか、が見えてくると思いますよ。

    最後にまとめとして、自己紹介文みたいなのを自分で書いてみてはいかがですか?

    ユーザーID:1775724159

  • おじさんの意見です。

    人というのは面白いもので、自分では特徴だと思っていないことが、他人から見ると大いなる特徴になっていることがあります。

    > アルバイトで塾講
    > 野外体験の子ども達の引率
    > 家庭教師
    > 教育実習

    トピ主さんが経験されたことの多くは、子どもたちと接するものですね。子どもが好きなのでしょうか?

    もし、そうであれば、子どもが好き→学生時代こんなことをしてきた→具体的にこのようなことがあった→そこでこんな風に考えた…というように、一度まとめてみられたらいかがですか。

    ユーザーID:4097843838

  • 経験は大事です

    部活やサークル活動だけが学生生活ではないと思います。
    サークル以外で様々な経験をしてるじゃないですか!
    今は気づいていないかもしれませんが、短期間でも経験は宝です。
    一つのことをつきつめて頑張っていないことが劣等感になってしまっているようですが、学生のうちに経験できることはいろいろ挑戦したかったと言えばプラスになります。
    一つ一つの活動で新しい発見や自分で感じたことはなかったですか?
    そういうことを少しずつまとめて自己紹介に入れてみてはどうでしょうか?

    自己紹介は苦手な人多いですよ。あまり考えすぎずに気楽にいきましょう。

    ユーザーID:3843214560

  • 十分です

    > サークル以外にアルバイトで塾講や野外体験の子ども達の引率、家庭教師やファミレスでのウェトレス、大学では教職を取る中で介護体験や教育実習

    こんな事を自己紹介で言っていただけたら、私だったらあなたのそばに行っていろいろお話を聞いてみたいなーって思っちゃいます。アピール十分です。

    どれもとことんやった訳ではないし…と尻込みされる気持ち、分かります。
    それなら、上記をお話された後に「どれもちょっとずつなんですけど(照)」って付け加えたらどうでしょうか。そうしたら、エネルギッシュ過ぎて近寄りがたい人かも…という不安が無くなって、私も気軽に話しかけやすくなります。

    ユーザーID:9997833801

  • 気にしない 気にしない

    自己紹介なんて、あなたのこれからの長いキャリアに比べたらどうでもいいことです。

    世の中、自己紹介などでうまく受けを取ったりするのが上手な人はいます。だからといってそういう人たちがゆくゆく仕事が上達したり、昇進するかというと全く関係ないと思います。

    あなたは真面目な人なのだからそれが持ち味です。

    無理して受ける必要もないし、普通の自己紹介でいいんですよ。しょせん自己紹介ですから。あなたの本当の自己紹介は実際働いているあなたの姿勢や仕事振りが本当の自己紹介になるのです。

    だから、気にしない、私自己紹介が苦手なんですとでも言ってさらっと次行きましょう。

    がんばれ!

    ユーザーID:9976123848

  • ぜひ練習してください。

    他の方も書いていますが、自己紹介するネタはそれなりにお持ちとお見受けします。ただそれをどう伝えてよいかわからないのでは。
    自分で苦手とおっしゃるのですから、そのとおりなんでしょう。苦手なら練習すればよいのです。

    話す内容を紙に書き出してください。
    声をだして本番と同じように一人で練習してください。
    親や友人の前で練習してチェックしてもらってください。
    録音をしてうまく出来ないところをチェックしてください。
    鏡の前で自分の表情を見て笑顔で出来ているかチェックしてください。

    あとは完成した自己紹介を皆に披露すればよいだけです。
    色々なパターンを作れば応用も利くようになります。

    自己紹介は才能ではなく技術です。練習すれば必ずうまくなります。俳優だって台本を覚え、表情を練習する、とぴ主さんが大学に受かるために練習問題を解く、要は良い結果を得るために練習する、それと同じです。

    社会に出て第一印象をよくすることは重要です。(もちろんその後がいい加減であればだめですが)特に営業関係の場合、自己紹介を練習したことは必ず役にたちます。あなた自身を良く知ってもらうための技術の取得です。かんばって!

    ユーザーID:0454064008

  • 私も苦手でした。

    就職試験で苦労したものです。
    1.自己紹介は自慢話しではない。 相手に 良い印象を与えることが重要
    2.なんでも 話せばよいものではありません。
     資格 教員資格/実習はあえて話さない
     冷やかしと思われないように!

    ユーザーID:6823494871

  • 一つのことを話せばよい

    何を話せば良いのか分からない。そのとき色々な出来事が浮かぶのでしょうか。

    自己紹介では1つのトピックを話せば良いでしょう。
    できれば、自己紹介する団体と過去の自分の体験でつながりのあることを一つだけで語るのが良いでしょう。それを丁寧に、約2分ほど語れば良いと思います。

    過去の体験を語り、今の私に何を与えたか、それらはこれからどのように役立つと思うか、そんなことを語れば2分は過ぎます。

    頑張ってください。

    ユーザーID:2296883586

  • 素晴らしいです

    >アルバイトで塾講や野外体験の子ども達の引率、家庭教師やファミレスでのウェトレス、大学では教職を取る中で介護体験や教育実習などの経験

    これをそのまま言ってください。素晴らしい体験をされていますね。自信を持ちましょう。

    ユーザーID:9510622672

  • 短くていいんです

    組織の中で何十年も生き抜いてきた、きっとトピ主さんから見れば妖怪のような男です。そんな私でも、昔は自己紹介であがってしまい、とんでもないことを言っちゃったりしたなあ、と懐かしく思い出しました。アドバイスを、ということなので申し上げます。ともかく短くてよいのです。確かに世の中には、ウイットに富んだ自己紹介を上手にこなす人がいます。でもそれは才能というやつで、歌がうまいとか、イラスト描くのが上手だとか。
    そんな人のことは気にせずに、名前と出身地、出身校、それに学生時代におやりになったこと(書かれたことの半分で十分です)、そして最後に、どうぞよろしくお願いいたします。。。これで満点です。みんな、温かい気持ちで聞いています。採点しているバカなんかいません。受けたからと言ってボーナスも出ません。新社会人おめでとうございます。頑張って仕事に励んでください。

    ユーザーID:2912315976

  • いいじゃないですか、へたでも

    56歳、専門職です。大学時代のサークルから現在の「おやじバンド」まで、一貫してバンドでそこそこがんばってたりしますが、職業関係ではそういう仕事と全然関係ない不真面目な?ことを話しでもしかたないので、自己紹介で話すことはありません。その他にも話せばおもしろいだろうと思われるネタはいっぱいあるのですが、その場になると話せない、つまり「あがり」で悩まされてきました。

    でも、長い経験からの結論として自己紹介でおもしろいことを話したって、それこそそんなにいいことはありません。就職活動や仕事ではとつとつと、必要十分なことを話すのが重要だと思います。必要十分を話すといってもやっぱり「あがる」し、その場では難しいです。勉強、相当がんばってきたと思いますので、自己紹介の必要が予測される場合は「原稿を書いて目を通しておく」ことをおすすめします。予測外の場合は、それこそ地で自己紹介すれば十分です。

    ユーザーID:8204231818

  • レス1

    返事が遅くなり申し訳ありませんでした。
    いろいろな人の意見を聞くことができ大変参考になり、また励まされました。
    ありがとうございます!!

    ☆いざえもんさん
    そうですよね!つい人と比べてしまい、劣等感を感じてしまっていました。
    人それぞれですよね。
    ありのままの自分の紹介ができるようにします。
    ありがとうございました!!


    ☆湯川さん
    ありがとうございます!!
    自己表現が苦手だという意識が強いので、湯川さんのような社会人の大先輩にそのように言っていただけて、大変うれしいです。
    自分の中でべらべらと話せる人がうらやましいという気持ちが大きくなっていたような気がします。
    なので湯川さんのコメントを読んで気が楽になりました。
    貴重なご意見ありがとうございました。

    ユーザーID:4542836320

  • レス2

    ☆kimipoohさん
    私の経験からアピールポイントを整理してくださりありがとうございます。
    就職活動での面接でもそうでしたが、自分の経験が実際どのような力に結びついたのか考えるのが一苦労でした。
    会社での集まりの際にそのように自己紹介できるよう、今一度考えてみようと思います。


    ☆うしさん
    今度、内定先のクリスマスパーティーで100人以上の人たちを前に壇上で1分程度ですが自己紹介をしなければならないので、身構えてしまっていました。
    うしさんの意見を参考にさせてもらい、自分の経験によるエピソードを今後の仕事への姿勢に結び付けて自己紹介を考えていきたいと思います。
    貴重なご意見本当にありがとうございます!!

    ユーザーID:4542836320

  • プラスアルファ

    話す中身は貴方が一番よく知っているし、
    その表現の仕方も 
    他の方が素敵なアドバイスをしていらっしゃるので。


    ぜひ 時間を作って 古典落語をDVDで視聴してみてください。
    いえいえ、ふざけたダジャレで受けを狙えと言ってるのではありません。
    間の取り方、視線、話題のすくいかた、アドリブ等の
    品のいいユーモア話術が学べます。
    即効性は期待せずとも 応用性 持続性は期待できます。
    自分もかなり内気で口下手で 緊張し易い人でしたが
    落語の技を真似るうち 人前に出るのが苦痛でなくなり、
    調子にのって 大勢の前でしゃべる仕事(噺家ではないけど)についてます。

    主さん がんばれ〜。

    ユーザーID:0479750162

  • 強気?

    ちょっと場面は違いますが

    新人で入りずらーっと朝礼で並ばされて挨拶をしました。
    ○○に配属された××と申します。わからないことが多く、皆様にご迷惑をおかけすることが〜
    と、右へならえの挨拶の中で
    おはようございます!わかと申します。よろしくお願いいたします!
    の挨拶は好評で、その後上司の皆様によくしていただきました。
    実際には自分の所属を度忘れして相当焦ったあげくの策でしたが…

    おはようございます、とか、次の人〜と呼ばれたあとに「はいっ!」から始めるのは自分でも一呼吸おけるのでよくやってます。

    ユーザーID:0029151794

レス求!トピ一覧