「0.1>」 ってどういうことですか 不等号でめまい

レス23
お気に入り37
トピ主のみ2

時流乗り遅れ

学ぶ

病院で、検査値の一覧をもらいました。そのなかで、

検査項目 結果 上限値 下限値  単位名称 という表で、

結果が 「0.1>」と表示されていました。
ちなみに、その上限値は 0.9 下限値は 0.1 でした。
判定に「L」マークがついていたので、0.1以下ということなのでしょうか。

で、そうあるとしても 単独の ">" をどうして「以下」と読めるのでしょうか。

不等号というのは、 A>B  のように左と右があってこそ、その比較なのでしょうけれど。

よろしくおねがいします。

右の値のない不等号に、めまいがしています(笑)。

ユーザーID:6350013807

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数23

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 以下でいい

    「以下」でいいと思いますよ。

    0.1>検査結果

    の右辺が省略されているのでしょう。

    ユーザーID:6548847672

  • 読めない

    なぜ読むんでしょうか?それに読むとしても0.1より少ない、または0.1未満だと思います。0.1以下とは読めないと思います。

    不等号とは考えずに記号と考えればいいだけだと思いますよ。
    こう言った書き方はよくあります。

    全く関係ない話ですが = を等号じゃなく代入の意味で使ったりしますよね。頭が固いからめまいがするのかも知れません。と言う私も頭が固くめまいがする場面に出くわすことは多いですが。

    ユーザーID:0101532113

  • “>”は“以下”ではない

    “>”は、“より小さい”ですね。
    この場合、「被験者」の結果報告ですから
    「被験者のdataは、0.1より小さい」と言う意味ですが、ご不満でも?

    ユーザーID:2909643231

  • なるほど

    例えば

    0.1>あなたの視力
    0.1>視力

    とすべきところを、右側は自明なので、省略しているのだと思います。

    確かに、最初は戸惑いますよね。

    でも、気付くと、嬉しかったりもします。謎解きができたようで。

    合理化の一種だと思います。煩わしいと感じる人もいるでしょうし。

    ユーザーID:0815025447

  • それは

    測定限界以下で数値がでないからでは?

    測定値には検出限界ありますから。
    不確定数値は載せませんよ

    ユーザーID:4573902117

  • それは

     普通に“0.1未満”ってことでしょ

     義務教育の範囲内だと思うのですが・・・

     比較対象は、その検査項目自体で、書くスペースの問題で省略されているだけでは?

    ユーザーID:4318983311

  • 0.1未満

     数学記号としての妥当性は措くとして、その表示が意味するところは、「あなたの検査値は0.1未満です」です。
     トピ主さんの納得いくような表示にするならば「0.1>あなたの検査値」になるかと思います。
     別に数学のテストの答えではないのだから、私にはどうでもいいことのように思えます。

     もう少し本質的な解説をするならば、その検査をした機械の検出限界が「0.1」なので、本当は「0.09」であっても機械が表示する結果は「0」になってしまうのだが、生理学的に「0」はありえない場合、あるいは結果はあくまでも「検出限界未満」なのだ という正確さを期したい場合「0.1>」のような表示になるかと思います。

     それにしても 細かいことを気にしているのに、未満と以下を間違えるとは、けっこう恥ずかしいトピになっちゃいましたね。

    ユーザーID:0027575448

  • 「以下」は「≦」のように「=」も入りますので、それは「未満」

    「0.1>」なら、「0.1に満たない」という意味です。
    「0.1以下」というのは「0.1」も含みます。

    下限値が0.1で、結果が0.1に満たないとなると、下限を下回ることになりますから、問題です。

    ユーザーID:7443682262

  • 尋ねる相手が違う

    一般人、不特定多数に訊かないで医師とか看護師に訊いたら?

    ユーザーID:3145716204

  • (検査値)が省略されていると思えばいいんじゃない?

    「0.1>」は 「0.1以下」ではなく「0.1未満」ですよ。
    「0.1以下」なら「0.1≧」になります。

    「>」の意味は「>の左側は>の右側よりも大きい」または「>の右側は>の左側よりも小さい」です。

    右側が省略されているということはそれが検査値だということではないでしょうか。「0.1>検査値」の検査値を省略したものだと思われます。

    ユーザーID:7676343769

  • 省略されてるだけでしょ?

    0.1>あなたの数値

    つまり0.1以下

    0.1までしか表示できないから0.05とか0.06とか表示する機能がないから、そういう書き方になったのでは?表示できない数値を表示するのは無理です。

    ユーザーID:9105946245

  • 意味は病院に

    正確な意味はタイトル通りにするのがいいと思います。

    トピ主さんは,「0.1以下 (未満)」なら意味が分かるようですね。
    しかし,そうでしょうか?「何が」0.1以下なのでしょうか?

    「0.1以下」の表記には,「何が」が欠けています。
    「0.1>」も,その「何が」に相当するものが欠けているだけです。
    その意味では同じように思います。

    ちなみに「何が」は「その枠内に記入する値が」だと思います。

    ユーザーID:3649634018

  • より小さい

    0.1>の右側に来るのは「あなたの数値は」ってことでしょうか。
    以下ではなく「より低い(小さい)」って事だと思います。そり以下が計れないのですから。

    ユーザーID:9368046589

  • 0.1 > トピ主さんの検査結果

    0.1 > トピ主さんの検査結果 です。

    右辺の記載が欲しいようですが、みているのは検査結果表ですよね。
    0.1というのも検査結果ですよね。
    これが、0.1 という表記だったら悩まずに済みましたか?
    0.1=自分の検査結果
    というように、自分で補完して考えませんか。それと同じです。等号だろうと不等号だろうと
    "検査結果"という表記を自明のこととして省略しているだけです。


    なお、
    > は「以下」ではなく、「未満」です。

    検査の上限値は 0.9 下限値は 0.1 なら、0.1> は、下限値未満ということです。
    その検査方法での検出限界が0.1で、今回は検査対象の成分が0.1に満たないため検出されなかったということでしょう。

    しかし、検出されなかったからといって、0とは限りませんから、0と表記するわけにはいきません。
    (0と断言できることはまず無いでしょう)
    もっと精密な測定方法を使えば、0.05と出るかもしれないし、0.01、いや0.001と出るかもしれません。

    「検出されず」というのは「下限値>」という表記になります。

    ユーザーID:2072743394

  • そんなに変?

    「結果」の欄に「0.1>」と書いてあったなら
    「0.1>結果(主さんの)」ってことだと普通に理解します。

    確かに左右あってこその等号・不等号ですが、トピのケースは
    ”右の値がない”ではなく、単に”あるけど書いてない(省略されている)”なので、
    単独の">"をどう読むかって問題ではないと思います。

    更に揚げ足とるようで申し訳ないですが、”以下”ではなくて”未満”ですね。≧ではなく>なので。

    ユーザーID:6621631226

  • たぶんですが。

    トピ主様が思ってらっしゃるように、「0.1以下」という事を表したものだと思います。

    私自身、中学生くらいから少しずつ視力が悪くなり、1.0→0.6→0.2→となっていき、0.1より悪くなってからは、具体的な視力(例えば0.06とか)はお医者様より言われなくなりました。
    検査の一覧に載っているのは、矯正視力(めがね等を使用した時のもの)のみですね。

    0.1>という表現は、初めて聞きました。
    そこの病院の検査では、裸眼0.1以下は具体的な数値は調べない(記録に残さない)方針で、そういう表現なのかもしれませんね。

    ユーザーID:6393182298

  • 私はあまり抵抗が無いです

    「大なり」ですよね。0.1未満と読めばいいんでしょう?
    数値なり文字なりと組み合わせて認識されているんだと思いますが、めまいがするほどおかしなことではないですね。

    ユーザーID:6617189502

  • 主さんに同意

    等号でも不等号でも、右側に何もないとヘンですね。
    数値の左側には項目名があるんだから、不等号は項目名と数値の間に入れてほしいです。
    例:TB(総ビリルビン) <0.1 mg/dl
    という感じで。

    身近な例を挙げると、
    Q.月々のおこづかいは?
    A.
     Aさんのおこづかい=1万円
     Bさん      =2万円
     Cさん      <5千円
    なら読めるけど、

    A.
     Aさんのおこづかい 1万円
     Bさん       2万円
     Cさん       5千円>
    だとすっと読めないです。
    「>を未満と読む」と思い込めば読めますが。

    たぶん件の検査業者の人は、そう読むと決めているんでしょう。

    ユーザーID:3329689383

  • めまいどころか頭が痛い

    >右の値のない不等号に、めまいがしています(笑)。

    又は

    <右の値のない不等号に、めまいがしています(笑)。

    とメールやここで、引用するときに使う<や>の
    違いに役10分くらい時間を費やします。これ左が無いし、めまいどころか頭が痛くなります。

    そもそも、この医学レポートはもっと患者に親切であっても良いと思います。

    ユーザーID:7515330607

  • 0.1未満です

    以下ではなく、未満です。

    以前、健診結果報告書のプログラムに携わってました。
    その検査結果は小数点第一位までの印刷とプログラムしていたとします。
    あなたの結果がたとえば「0.09」の場合、小数点第二位までは印刷できないんです。
    その場合、「0.1>」と表現します。

    ユーザーID:3312040323

  • たくさんのレスありがとうございました

    レスを下さった皆様、有難うございました。

    私の知識、柔軟性のなさにあきれられた方が多かったと思います。
    あきれられついでに、私は50台の頭の固い初老男でした。

    "値>(省略された右辺)"は、「以下」でなく「未満」であったこと訂正します。つい間違えたというのが正直なところです。

    ここで「(省略された右辺)」が、私の検査値の値に相当することも、わかりました。考えればそのとおりですが、めまいでピンとこななかったのですね。

    省略された方が、自分の検査値であることを認識して、不等号の向きを見て、判断すればよかったわけですね。

    そんなこと普通だ、自明だという方の仰ることは、今では分かりますが、これまでは、そうではありませんでした。
    謎解きが出来て、嬉しかったです。

    "0.1>"のとき、検出限界が0.1であり、それ未満の値であろうとする考え方もはっきりしました。

    ちなみに、この検査項目は、ある抗体の定量検査で、0.1未満は陰性であるものでした。

    めまいや頭痛がする方がいらっしゃったこと、そんな私を、私もよと励まして頂いた方に感謝します。

    ユーザーID:6350013807

  • レスします

    正しい表記は <0.1 ですよね。違うんですか?

    < 記号は less than (小なり)と読む記号です。
    > は greater than (大なり) の記号です。「記号の読み方」で検索してみてください。

    数式は西洋語の語順の文章を記号に置き換えたものですから、
    The result is less than 0.1. の文を数式で書いて
    result < 0.1
    というわけです。これを略したのが <0.1 なわけです。

    と考えてみると 0.1> は日本語の語順で考えて書いているつもりなのかもしれません。そう理解したとしてもやっぱりめまいがしてしまいます。だって > は「大なり」記号ですから。

    ユーザーID:2446016933

  • やっぱり めまい!

    引き続き、レスをありがとうございます。

    めまいさん

    > だって > は「大なり」記号ですから。

    そうなんです!
    まずは、これを見て、内なる声は「大なり」とつぶやきます。

    これをresultが右辺にあるからと、不等号の向きを変えて解釈しましょうというのが、やはり、めまいの元ですね。
    向きを変えたり、やはりわからないから戻すと、ぐるぐる廻って、めまいが起きます(笑)。

    シーカヤックさんの仰る、

    > 数値の左側には項目名があるんだから、不等号は項目名と数値の間に入れてほしいです

    のほうが自然ですね。

    右辺のない ">" を「大なり」「未満」と覚えこむのも、大変ですね。
    少なくとも私の固い頭では。
    そんなことをすると、普通の(両辺に項目と値のある)不等号を、反対に読んでしまいそうです。

    ユーザーID:6350013807

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧