ゼロ金利政策、今後の住宅ローンの展望は?

レス4
お気に入り48
トピ主のみ1

越前クラゲ

話題

日銀が今月5日に実質ゼロ金利政策などの金融緩和策を決定しました。

私は現在、全期間1.5%優遇の変動金利で住宅ローンを組んでいます。

金利が下がりきっているゼロ金利の期間に固定金利タイプに借り換えるか、
たとえ上昇局面に移ったとしても「変動>固定」ほどにはなりにくいと考えて
このまま様子を見るか、といった漠然としたことを思案しております。

詳しい方、また同様の立場の方、いろんな意見をお聞かせください。

ユーザーID:8436326850

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数4

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 予測ですが

    今まで日本は今回のような幅を持たせた政策金利の設定は行ってこなかったため、住宅ローンの変動金利が下がるかは非常に微妙です。(今回はアメリカの真似です。)
     変動金利の決定方法は、政策金利の変更→銀行短期プライムレート変更→各行の変動金利変更です。
     つまり政策金利が下がれば、銀行短期プライムレートも下がり、変動金利も下がります。
     しかし今回は、政策金利の幅を持たせた引き下げ→実際に市場金利が0%に限りなく近い水準で安定すること→銀行の短期プライムレートの引き下げ→各行の変動金利の引き下げという流れになるため、変動金利の引き下げまでの結節が多く素直に0.1%変動金利が下がるかどうかは予測が困難です。
     したがって、今後の変動金利は横ばいか0.1%低下するようになると思います。また、参考までに長期固定金利は連動している長期金利が1%をきる水準になっていますので、当面は低位安定すると思います。

    ユーザーID:0689738321

  • 私なら

    固定です。

    もし主さんが固定に借り換えする場合手数料はかかりますか?もし無料なら固定に借り換えをオススメしたいです。

    固定でも2.3%前後でしょうか?
    今変動は優遇があれば1%切っていますが、将来の金利上昇を想定するとトントンかなぁと。
    固定の安心料は大きいです。


    しかし現状は8〜9割の方が変動みたいですね。

    ユーザーID:2437053168

  • 期間による

    私は期間によると思います。
    この超低金利時代は今後20年も30年も続くかは疑問ですが、かと言って今後10年以内に高金利時代が来るとは何か突発的な大事件がない限りは思えないのですよ。
    ですので、30年とかの長期なら固定、10年とか15年なら変動と私は思います。当初変動で金利上昇局面で固定に変更もあるのですが、そこまで見極める自信がないので私には無理です(汗

    ユーザーID:6747087261

  • トピ主です

    みなさん、ご意見ありがとうございました。

    残り期間ですが、私は支払いは始まったばかりですので30年と想定してください。
    私としても支払い終了までずーっと超低金利が続くとまでは希望的に
    考えていません。
    景気が良くなることによってかインフレになることによってかは何とも言えませんが、何らかの要因で金利があがることを想定しております。
    問題は、「いつ固定タイプに切り替えるか?」というところ。
    あまり欲の皮を突っ張らせず、ほどほどのタイミングで切り替えるとしたら
    いつくらいになるかなー?といったところです。

    ユーザーID:8436326850

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧