• ホーム
  • ひと
  • 母が涙を流して泣きます。助けてください。

母が涙を流して泣きます。助けてください。

レス45
(トピ主0
お気に入り105

家族・友人・人間関係

procky

レス

レス数45

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 頻度によるよね。

    皆さん優しくて驚きました。

    トピ主さんも「たまに」だから優しく接せられるのかな。

    うちの母親なんか口を開けばだれかの愚痴でした。自分に冷たく、幼少から働かせた母親(私の祖母)、家族のために働けない父親、妹・弟、私の父親(母にとっての夫)、その親兄弟、自分の働き先の人間・・・

    それで当たり前だと思っていましたよ、昔は。
    私も一人っ子で「私が聞いてあげないと」「お母さん可哀想」と真剣に思っていました。

    自分に子供ができてそれが当たり前のことでないことを知りましたね。
    自分の子供に自分の親族・・それも近い・・のことを愚痴るというのは正直親として失格ですよ。

    解消することはありませんね。トピ主さんがイヤにならない程度に聞いてあげればいいのではないでしょうか。ちなみにうちはいい加減イヤになって「親や祖父母の愚痴は聞きたくない」というと「それが娘の仕事だろう、そのために娘を産んだのだ」と言われ、可哀想と思う気持ちがさっと引き距離を置くようになりました。

    今母は認知症ですが、それでも愚痴りますよ。
    残念ですが解消なんか絶対されません

    ユーザーID:8348592929

  • トピ主さんが辛いなら、抱え込む必要はない

    私の母は、私が物心ついたときからそうなんで、多少違うかもしれませんが。
    子どもが母親のそういう話を聞くのは辛いものですね。
    お母様はそのへんがわからなくなっている…いくらか老化が始まっているので、トピ主さんが辛いときは、聞いているフリをして聞き流すのも覚えたほうがいいと思います。
    それで本人は満足するはずです。

    私も多少経験ありますが、たぶんお祖父様が亡くなり、お祖母様が話をできる状態でなくなったのが原因かと。
    お母様の辛い経験は、祖父母が原因ですが、裏を返せば、何があったかを知っている生き証人はこの二人だけだということです。
    二人が亡くなれば、お母様が何を言っても嘘か本当かを判断してもらう手段が無くなります。これは当人にとって、長い年月の苦労が「無かったこと」にされるのと同じで、人生を否定されるようなもので、非常に辛いことです。

    だから、まだお祖母様が生きているうちに、伝えたいのだと思います。
    特に娘は祖母似のことが多いですから、余計に言ってみたいのでしょうね。
    本人は声に出して話すだけで十分ガス抜きになりますから、それ以上のことは必要ないと思います。

    ユーザーID:4324503675

  • 同じような経験をしました

    祖母と母が同居になったころ、同じような経験をしました。

    祖母も先生と呼ばれる立場の人(小学校)でしたが、母よりも叔父(母から見た兄)を偏愛しており、それが母の心を傷つけていたようです。
    うちの母は勝気なので泣きはしませんでしたが、ことにつけ祖母への恨みつらみを話すので、私は聞いていて辛かったです。
    年寄りになったんだからもう許してあげればいいのに、と思いましたが、そうはいかなかったみたいで。話すことで心のなかを清算していたんでしょうね。

    祖母が亡くなった後、ようやく母は落ち着きました。

    私は離れて暮らしているので、すべて母の言うことを聞いたわけでもなく、ときどきは「もーいいじゃん」と突き放したりしていました。トピ主さんも適度に聞いてあげればいいと思いますが、あまりに状態がひどいようならカウンセリングなどプロの手にゆだねたほうがいいかと思います。すべてを引き受けようと思うと、つらいですよ。

    ユーザーID:7902656987

  • 私の母と似ているかも。

    母親から厳しく家事を手伝わされたとか。
    恐らく祖母自身が苦労して育ち、戦後の大変な時期だったから
    物質的に恵まれているだけでも有難という状況もあったかも。

    若い頃は息子たちが社会的に成功することに重きを置いて差をつけられたのに、
    老いた途端、身の回りの世話をするのはやはり娘が良いと手のひらを返すように
    「お前がいてくれて助かる」と感謝の言葉を述べられることも素直に受け止められないようです。

    私もやはり母の話を聞くぐらいしかできないですね。
    時には「お嬢さん」として育ててもらって悪いことばかりではなかったと思い出させることや、
    当時は男性優位もまだあっただろうし、戦後は大変だっただろうねと
    一般論に話を持っていくのも良いかもしれません。

    私も近くに住んでいたら母と出かけたり気晴らしをさせてあげたいけれど
    なかなかそういう機会がないです。
    トピ主さんは同居までして本当にお優しい方ですね。
    でも生活が近い為にトピ主さん自身のお気持ちが落ち込みすぎたりしないように
    心の距離を保つことも大切ですよ。

    ユーザーID:8899092196

  • 今、60代の姑が・・・。

    最近、よく、姑が小さかったときの悲しかった話をするのです。
    そうそう、時には、うっすら、涙です。

    私は、にこやかに聞いて、「あら、それは、残念でしたね。」「それは酷いですよね!」とか相槌してますが、

    なんか心の弱いところを私に見せてくださるのがちょっと嬉しいです。主人の母ですが、私のことを近く感じてくださってるんだなあ。と思って。

    私の母は若くして亡くなっているので、60歳を過ぎた女性が大方そうなるとは分かっていませんでした。

    そういえば、祖母がよく幼少の私に昔の話をしてました。
    年取ると、昔のことが鮮明になるのかなあ?と思ってました。

    きっとそうなんですね。

    昔の傷をそっと、慰めてあげればいいのではないでしょうか?
    その頃、大変だったね。よしよし。という気持ちでいいのではないでしょうか?

    大きい存在だったお母さんが幼くなるのが嫌なのでしょうか?
    私は羨ましいです。そんな母を慰めてあげたかったです。

    ユーザーID:7289993809

  • 強くなってください

    お母さまが毎日不幸を嘆かれるとのこと。聞かされている方は辛いですよね。

    でも。思い出してください。
    あなたはその不幸になんの責任もないし、嘆かれたって今更あなたにはどうすることもできないのですよ。

    そのことだけはしっかり心に置いて、開き直ってあなたは愚痴の受け止め役になってあげてください。
    お母さまと一緒にマイナス感情に引きずり込まれてはダメです。

    年寄りは愚痴っぽくなるものです。僻みっぽくもなるものです。
    悲しいけれどそれを認識して、カウンセラーになったつもりでビジネスライクに話を聞いてあげてください。
    たぶん、聞くだけでいいんだと思います。解決しようとしたり慰めたりする必要はありません。ただ「そうだね」と。

    受け止めきれなくなったらプロのカウンセラーに頼みましょう。

    あなたがお母さまと一緒になって悲しんでいたら、いつか限界がきます。自分の立場を客観的に見て、強くなってください。

    ユーザーID:0816123996

  • 聞き流し方をマスターする

    うちの母(68)もそうですよ。
    私が小学生の頃から、私を愚痴聞き係にしていました。
    どうも母娘の関係はそういう変な依存関係になりやすいみたいです。
    そして65を過ぎたあたりからリピートが増え、怒りが感情的になりやすくなりました。筋の通ったことを考えるひとだと、昔は尊敬もしていたのですが、どうもそうではないなと大人になった今は思います。

    体調により全てがマイナス思考になっていて、愚痴の対象はなんでもいいのではと思うようになりました。

    でも家族だし愛しているので、聞いてあげます。
    ただしリピートを防ぐために話をかぶせてまとめたり、はしょらせたり、ときには説教して終わらせたりします。きついときにはTVをみながら家事しながらとながらで相槌して楽します。
    今は無理というときは「ごめん、その話あとで」とあとに回します。

    犠牲になって聞く必要はありません。
    娘はロバの穴でも牧師でもありません。
    適当かつ優しく対処する術を覚えましょう。

    おそらくお母様の愚痴は、原因ありきというより年齢ですから。

    ユーザーID:4193327071

  • 聞いてあげてください。

    何度も何度も同じ話を繰り返すと思いますが
    今は、凄く聞いて欲しいと思っている時なんだと思います。
    お母さんの中できっと何かが吹っ切れて
    壊れてしまったんだと思いますよ。

    同じ話ばかりが続いて
    トピさんも疲れることがあるかもしれませんが
    聞いてあげるだけで
    今、流してる涙が
    そのうち笑顔に変わってくると思うから

    トピさん、頑張って。

    ユーザーID:0184474331

  • 認知症でも生きていてよかった

    90歳の大お母さんに、お母さんが直接訴えることができてよかったと思います。
    そういうチャンスが生きているうちにあったことはラッキーなのかもしれません。
    お墓の親に向かって嫌だった昔のことを言っている人がいる、という話を聞いたことがあるからです。
    何度もお墓に行っては「こういうことをされた」とか「こんなことを言われた」とか石に向かって嫌だった思い出を訴えたそうです。
    その後その人がどうしているのかはわかりません。

    大お母さんは認知症でお話がわからないようですし、お母さんが泣きながら訴えてもショックを受けることはないでしょう。

    それでも娘のために、と大お母さんは思っていらしたのでしょうから、いいこともあったと思うし、いい思い出もあるのではないでしょうか。
    お母さんにはそんなことも少しずつでも思い出してもらえるといいですね。
    愛されていた記憶。大切なんですね。
    prockyさんに幸せがたくさんありますように。

    ユーザーID:3408907305

  • 解決策では全く無くてゴメンナサイ

    私ときたら、母が私にだけ(兄弟3人の中で私だけ)に話してくれた母のトラウマを
    「何を半世紀前の事でイチイチイチイチ悲劇のヒロイン気取っているわけ」としか思っていませんでした。

    ちょっと反省します。すいませんでした。

    ただ、私はやっぱり折りに付け話す母の「辛かった子供の頃」の話を聞いては
    「お母さん、私はお母さんと違ってとても恵まれた子供時代を送った(母にとってはです。私にとってではなく)けど
    お母さんと同じことを思いながら育ったよ」と冷たく言ってしまいます。
    私自身がアダルトチルドレンなのかもしれませんね、うすうす気づいてはいましたが。

    どうしても母に点が辛くなる原因は、母のトラウマの原因が祖母にあり
    その祖母とは私が生まれたときから同居したんです。

    母は何かと祖母を攻撃し、同居させてもらっている遠慮から祖母は母には反撃せず
    孫の私に八つ当たりしたんですね。
    祖母は孫の中で一番大きい私を、あまり可愛がっていなかったので。
    実際私も可愛げのある子供ではなかったし。

    半世紀たっても祖母に辛く当たる母を見ると、ついつい私も母に冷たくなっています。

    ユーザーID:6762996965

  • 聞くほうも、たまったものではない・・・・

    >母のこういう思いを解消する方法ってないのでしょうか?

    だまって聞き流す・・・余計な事をいわないで・・・・

    あとは自分(母)で自分に手紙(日記?)を書くという方法もありますが・・・これが結構効果あります

    よく小町で「最初は自分の気持ちもわからなかったけど、書いているうちに落ち着いてきました」ってあるでしょ?あれは多分本当です。書くことで自分の気持ちを全部吐き出して気持ちの整理がつきます。(心理学の治療にもこのような方法はあります)

    書いたものは(書き終わったらすぐにでも)破り捨てる事をお勧めしますが。書いている時も読むときも重苦しく気持ちが沈むので。主さんも読まないほうがいいですよ

    お母様の愚痴は、重くてしんどいでしょ?文字にすると更に重苦しさがパワーアップします。他人の重苦し部分は背負わないほうがいいと思います

    お母様はあなたに聞いてほしい意見がほしいというよりも、重苦しい思い出を吐き出したいのだと思います。

    あとはカウンセリングですね・・・

    ユーザーID:0444060192

  • お母さんより少し年上です

    お母さんはお疲れなのだと思います。同居されて認知症が出てきた90歳のお祖母さんのお世話で大変なのだと思います。

    人は何かうまくいかない時 親のためにあれもこれも出来なかったと理由をつけて愚痴るのではないでしょうか。

    3〜40代の方が この小町でも不満をぶつけているトピを読みますが 60近いお母さんもそうなのではないでしょうか。失礼な言い方でごめんなさいね。

    誰でも 心や体に余裕のない時 子供や結婚相手に理不尽な言動をすることはあるでしょう。勿論程度問題ですけれどね。

    良かれと思ってやった事が迷惑だったなんて事いくらでもあるでしょう。お祖母さんもそうだったと思います。

    お母さんはお疲れなのではないでしょうか。またお父さんにも気を使っていらっしゃるのではと思います。

    少し休ませてさしあげてはと思います。

    ユーザーID:6500294275

  • プロに診て貰うのが一番

    レスが何故か反映されなかったのでもう一度。

    優しいお嬢様でお母様はそれだけで幸せですね。

    インナーチャイルドセラピー、ヒプノセラピーという手法を使ったカウンセリングがあります、是非探してみて下さい。
    欧米では保険が適用されたりと一般的な物です。

    当のご本人(御祖父母様)に直訴出来ない状態ですので、意識的に過去に戻り自分を癒してあげる・・・というのがヒプノセラピーです。
    もちろん危険はありません。

    プロの手を借りる事が最善だと思います。

    ユーザーID:7090744695

  • 大変ですね

    いくつになっても親の死は辛いのだと思います。
    おじいさんは地元の名士、おばあさんのことでやはり精神的に頼っていた気持ちもあったのではないでしょうか。
    喪失感が大きくてさみしかったことも含め、つい昔のことを思い出してしまうのかもしれません。
    貴方がおとなで優しい方なので聞いてほしいのだと思います。
    聞いてもらうだけで気持ちが落ち着くのならば、そうしてあげてはいかがですか。
    おばあさんのことでも大変な思いをされているのかもしれません。
    ショートステイなど預かってもらうなどして、一度お母さんと旅行に行ってみたりされてはいかがですか。
    少しでも気分転換になれば貴方もおかあさんも一時的かもしれませんが、気が晴れるのではないでしょうか
    私が一方的に思っているだけで、検討違いがありましたらお許しください

    ユーザーID:9061114360

  • 更年期障害では?

    何人かの方も書かれていますが、更年期障害ではないでしょうか

    精神的な病だと、心療内科ですが、更年期なら婦人科です。
    そちらの方がハードルが低いのではないでしょうか。

    聞いているトピ主さんが辛くなって、心身に支障をきたしても大変なので
    お医者様を頼っていいと思います。

    ユーザーID:1508609164

レス求!トピ一覧