最愛の猫とお別れの時が近づいています

レス303
(トピ主130
お気に入り379

心や体の悩み

シーバ

レス

レス数303

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
先頭へ 前へ
121150 / 303
次へ 最後尾へ
  • お久しぶりです

    いつも読んでました。
    途中とても体調が悪くなって猫ちゃんもシーバさんも辛い思いをしたんですね。
    でも福豆を大喜びで食べる(かわいい!)までに回復してほんとによかったです。
    きっとこれで福豆のパワーが身についたと思いますよ。
    今週私の地元の由緒あるお寺で大きなお祭りがあります。
    お二人のことを祈ってきますね。

    ユーザーID:5190822847

  • 頑張ってね

    節分二人で過ごせてよかったね。節分の豆を食べている姿目に浮かびます。いろんな事があるかと思うけど猫ちゃんが頼れるのはシーバさんだけだから少しだけ強くなってね。無理しなくていいから少しだけ。
    まだまだ寒い日があるけど二人に暖かい時間が続く事を祈ってます。
    風邪ひかないようにね。

    ユーザーID:3960070881

  • 涙が出ます

    私は、2011年2月4日に14年間一緒だった最愛の猫を亡くしました。
    太りやすい体質で、最高体重は9.8キロありました。亡くなるまでの間、慢性気管支炎、糖尿病を患い、毎日インスリンを自宅で投与、月1回定期健診に行きました。去年病気がわかるまで、吐く回数が増え、下痢をするようになったのですぐ病院に連れていきました。しばらくは吐き気止めと下痢止めで様子を見ていましたが、血液検査の結果が思わしくなく、エコー検査をしました。それで腹部に腫瘍があるとわかり、去年の10月に悪性リンパ腫と言われました。毎回糖尿病で病院に連れて行き、当時は週に一度は検査のため病院に行っていたのですごく嫌がり怖がりました。リンパなので手術はできないと言われ、治療法も延命治療しか方法がなく、治らないとはっきり言われました。親とも相談し、病院を嫌がっているし、高齢なのでこれ以上怖い思いはさせたくないという判断をし、吐き気・下痢止めの飲み薬で経過をみることにしました。それから毎日、祈り続けた結果、年末には血液検査の結果が全く異常なくなり、今まで低い高いの数値が全て正常に戻っていました。病気で体重は6.75まで落ちましたが、

    ユーザーID:4742041476

  • 続き

    痩せた事で糖尿病も完治しました。治ったと思いました。週に一度は吐いていましたが、いつも通りの元気でいつもの可愛い愛猫に戻りました。先生も安定してるね。でも、少しずつ痩せているからリンパ腫の疑いはあるよって。断言から疑いに言葉も変わっていました。それからは次の診察日の指定がなかったし、吐いた後も元気にご飯食べたり走ったりしていたので、安心していました。でも、亡くなる1週間前くらいから、カリカリを食べなくなり、夜の缶詰と水しか口にしなくなりました。それに、毎日吐くようになったのです。これは何かおかしいと思ってすぐ病院に行きました。結果は最悪。黄疸まで出ていて肝機能は全て高い数値でした。正常になって1か月の間に、肝臓に転移していてもう手遅れでした。涙が止まりませんでした。亡くなる前日から水もご飯も食べなくなり、衰弱していきました。夜中も苦しいよと言っているかのように泣き、寝てはぱっと起きて泣きの繰り返しで、何も食べてないのに、大量に嘔吐しました。次の朝、狭い場所に隠れたがるようになり、生死をさまよっているようでした。

    ユーザーID:4742041476

  • 寒いですね

    私の住んでいる所では今、珍しい大雪が降っています。
    シーバさん、愛猫さん、今夜は暖かく眠りに着かれているでしょうか。

    シーバさん、お疲れでしょう。
    風邪などひかれていませんか?
    愛猫さん、この寒さは体にこたえていませんか?

    お二人の所に早くあたたかな春が訪れますように。

    ユーザーID:7061884731

  • トピ主です

    皆様、すっかりご無沙汰をしてしまいまして申し訳ございません。
    私自身のほうが、たいしたことはないのですが体調不良に見舞われたりしておりました。
    この2週間ほどはむしろ愛猫のほうが元気なくらいです。

    梅の便りや花粉症の気配など、少しずつ春の訪れを感じられるようになり、
    もう何度この言葉を言ったか分かりませんが、
    こんな日が迎えられるだなんて本当に思ってもみませんでした。

    思ってもみなかった嬉しい出来事がもうひとつありました。
    病気になってから2kg台を行ったり来たりだった愛猫の体重が、
    先週初めて、なんと3kgを越えたのです!
    主治医の先生も看護師さんも、『本当だよね?間違ってないよね?』と
    にこにこしながら何度も測ってくれました。

    最初の頃は、泣けるほど軽くなってしまった彼女の体重が
    少しでも増えた感じがするたび、つらい気持ちになりました。
    その重みの分だけ、彼女の胸にはたっぷりと水が溜まっていたからでした。
    ここ最近は胸水も抜くほど溜まっていないとのことなので、
    彼女自身の体重が増えてくれたことになります。

    すみません、続きます。

    ユーザーID:9376166901

  • トピ主です。続きです。

    ふわっと飛んでしまいそうに軽く抱き上げられた彼女が、
    手の中でずっしりと感じられるたび、嬉しさでいっぱいになります。
    げっそりと痛々しい体つきだった彼女が、冬毛のモコモコも相まって
    元気だった頃の面影に近づいて見え、愛しさでいっぱいになります。

    愛猫が病気になってから、命を懸けて必死で闘う彼女を見ていて、
    何かを望むということをずっと後ろめたく感じてきました。
    彼女と春が迎えられたらいいな、と今は素直に思います。

    春を、もう一度、彼女に見せてあげたいです。

    皆様にたくさんの力を頂きながら、
    春を夢見て頑張っていこうと思います。




    びびあん様
    力強いお言葉、本当にありがとうございました。
    ネガティブなことばかりではいけませんよね。
    言霊のパワーを頂きました。
    彼女にも伝えたいと思います。


    つばみ様
    やさしいお言葉を頂きありがとうございました。
    愛猫ちゃんを亡くされたとのこと、1年半の闘病はおつらかったと存じます。
    どれだけ頑張っても、心残りは拭えないのだろうなと私も覚悟しています。
    つばみ様に頂いた祈りを胸に、残された日々を大切に過ごします。

    ユーザーID:9376166901

  • トピ主です。続きです。

    たんぼ様
    いつも本当に有難うございます。
    もう何度奇跡の復活を遂げてくれたか分からない愛猫の力に、
    私のほうが助けられっぱなしな気持ちです。
    ひとりで介護しているけれど、ひとりぽっちじゃないんですよね。
    これからもふたりで頑張っていきます!


    鮭様
    いつも見守って頂き本当に有難うございます。
    このどこかの空の下、見ず知らずの私たちのために神様にお祈りしてくださる
    鮭様のことを想像して、思わず涙が出てしまいました。
    感謝でいっぱいです。


    たまこおばさん様
    いつも本当にどうも有難うございます。
    少しだけ強くなる。泣きながら頷きました。
    元が小心者で弱虫なのでなかなか思うようにはいきませんが、
    彼女のために強くなれるよう頑張ります。

    ユーザーID:9376166901

  • トピ主です。長くなりすみません。

    NANA様
    おつらい経験を書き残してくださり、有難うございました。
    まだ亡くなったばかり、心よりお悔やみ申し上げます。
    続きがあるかと勝手に思ってしまったのですが(違ったらすみません)
    よかったらまた落ち着かれた頃にでもお話聞かせてやってください。


    ネネ様
    いつも本当に本当に有難うございます。
    ネネ様が春のようなあたたかな書き込みをしてくださった夜、
    私のところでも珍しく大雪が降っていました。
    この近くのどこかにいらっしゃるような気がして
    ひとりで嬉しくなってしまいました。



    皆様、いつも本当にどうもありがとうございます。
    毎日毎日、感謝の気持ちでいっぱいです。
    折りを見て、最初のほうにメッセージを頂いた皆様にもすこしずつ、
    お一人お一人へのお礼がしたいと思っております。

    どうぞ皆様お健やかな日々をお過ごしください。

    ユーザーID:9376166901

  • まだ涙が出ます

    中途半端になってしまってすみません。猫を亡くしてちょうど2週間が過ぎましたが、まだ毎日泣いてしまいます。私は19歳の時から14年間一緒に過ごしてきました。人付き合いが上手くなく友達もあまりいない私にとって唯一癒しをくれる存在でした。最後は、もう苦しいよと言っているようで、呼吸も荒く、先生にも今以上に苦しむと言われたので、最後は安楽死で少しでも楽になるよう辛かったですが選択をしました。初めて飼って初めての死ということもあり、最後は怖くて怖くて一緒に中に入る事はできませんでした。あれ以上苦しんで最後を迎えたとしても、安楽死を選択したとしても、どちらにしても後悔は残ってしまうと今改めて思います。肝臓が完全に機能していなかったということもあって、本当に考えられないくらいの痛みだったと思います。頭ではもういないってわかってもいても、最後の姿が頭から離れなくて涙が止まりません。あまりにも辛くてレスしたのですが、自分のレスみたいになってしまってごめんなさい。でも、シーバさんの愛猫ちゃんの生命力は本当にすごいなって思います。心から回復を願っています。シーバさんもお体気をつけてくださいね。

    ユーザーID:4742041476

  • いかがお過ごしですか。

    猫ちゃんが3キロになったとのこと、とってもうれしくてまた書き込みをします。

    実は、今飼っている猫がするすると痩せてしまい、4.5キロ以上あった体重があっという間に3キロ台に。さすがにおかしい、といつも行っていたお医者さんのデータを持って他の病院に行ったところ、現在腎臓の機能が健康体の10パーセントぐらいで、過去のデータとしては3〜4年前から治療食にしなければならなかった。治療としては最後のチャンスだけど先は短いかもしれないと覚悟してください、とのこと…

    この数年、おかしいなーと思うことも何度もあったのに、近い病院に通い続けた自分がおろかで、泣けてきました。

    投薬をしながら様子を見て、昨日やっと4キロになりました。
    シーバさんのおっしゃる通り、少しの変化でも抱いた時のしっかり感が全然違いますよね。

    自分の猫だったら、と考えながら治療をして下さる先生にかかっていることは、本当に貴重だと思います。シーバさんも私も、愛する子と少しでも長く一緒にいられますように。

    ユーザーID:0583825479

  • どうか最後を看取ってあげてください

    私も18年連れ添った猫を亡くしました。
    しかし、そのとき私はやむをえない外出中で、
    移動中の電車の中で父からの電話で絶命をしりました。

    亡くなってもう3年。
    今こうして思い出しても涙が出ます。

    あたためてあげてください。
    そばにいてあげてください。
    ご自分を責めずに、一緒に過ごせる時間を大切にしてください。
    mixiの猫好きコミュニティに「愛猫を亡くしました」のトピックがあります。
    もし亡くなられたら、その記事に書き込みして猫さんの記憶とつらさをみんなで分け合いましょう。
    私もたまにそのトピックを覗いては、断腸の思いの飼い主さんを思い涙を流します。
    そして亡くした猫を思い出します。

    あなたは充分大切にされてきました。
    だから、最後まで大切にしてあげてください。
    もし旅だったら思いきり泣いて、綺麗なお花をたくさん供えて、お庭があるなら埋めてあげてください。

    一日でも長く生きられますように祈っています。

    ユーザーID:7080695524

  • 私の闘いはこれからです。

     シーバさん、はじめまして。

    去年、貴方が最初のトピを立てていた酷暑の頃、私の愛猫は膀胱癌を患いました。猫の膀胱内腫瘍は珍しいと言われましたが、早期発見で大学病院の専門科で手術してもらい、経過も良く克服出来たと思っていました。ですが三ヶ月も経たない内に今度は口の中に癌が出来てしまいました。転移でも再発でも無く「新しい癌です。」と言われました。

    猫の口内の扁平上皮癌には、現在有効な治療法がありません。ネットで散々調べて解っていましたが、最新先端医療の大学病院ならなんとかしてくれるとの期待も虚しく、舌の裏の根元に出来た癌には手も付けられず、薬さえもらえませんでした。私が愛猫にしてあげられた事は、摂食障害による衰弱死を防ぐ為の「胃ろうチューブ」を設置してやる事だけでした。

    どうして手の施しようが無い所に癌を作るの?何の罪も無い猫に恨み辛みを言いたくなりますが、腎臓を患っても肝臓を患っても胃ろうチューブの設置を勧められる事もあるのです。その時私はきっと躊躇し迷い悩んだ事でしょう。選択の余地もなく決断せざるを得ない場所に癌を作る愛猫は、ある意味とても飼い主想いだと言えるのでしょう。

    ユーザーID:0437827473

  • このトピは私の指標です。

     済みません、続きます。

    胃ろうチューブを設置した事により、私は強制給仕の苦痛から解放されました。この先彼女が本当に口から食べられなくなっても、私が安心出来るだけの栄養を送ってやる事が出来る。この後何処に転移増殖して行くか解らない癌ですが、痛み止めの薬もどんなに苦くても楽に投入してやれるのです。餓死だけは絶対にさせないとの思いだけで決断した処置でしたが、結果は私が楽になっただけなのが心苦しい…。

    口から食べられる内は口からと併用していますが、「ラブちゅ〜にゅう〜」と言いながら流し込む食事にも早々に慣れてくれました。チューブを保護する専用の服を作ってもらい、今まで洋服など着せた事も無いので心配しましたが、何の躊躇もなく着てくれて、それが似合っていてとても可愛くて…その姿に泣けて来ます。

    私は今とても幸せな時間を過ごしています。このまま時が止まれば良いと思っています。

    そんな中、このトピは私の指標になっています。何時も祈る様な気持ちでこのトピを開きます。私の本格的な闘いはこれからです。力と想いを分けてもらっています。ありがとうございます。シーバさん達の時間も緩やかでありますように。

    ユーザーID:0437827473

  • がんばっているんですね・・・

    3度目のレスになります。ふとこのトピがたてられた日付を見ましたら、2010年10月10日でしたね。4か月経っているのですね。

    祈る日々、

    戦う日々、

    応援する日々、

    抱き上げる日々、

    食べさせる日々、

    涙が止まらない日々、

    安堵した日々、

    そして愛おしさで包み込みたくなるような日々、

    多くの方々と一緒に、それら輝くような日々を共有させていただいています。

    寄り添って語りかける日々が
    これからも続きますように。

    思いは通じると信じています。

    どうぞお大事に。

    ユーザーID:6286992620

  • 今の時間を大切に

    たくさん思い出作って下さいね。 私も愛猫が亡くなってから2ヶ月が経ちます。こんな事やあんな事。いろんな思い出がよみがえります。たまには涙がでますけど。家では猫は旅行に行った事になってます。早く帰って来ないかなぁ。って下の子供は待ってます。ある人に言われました。長生きした猫ちゃんは一番幸せ者で体を休めたら違う猫になってあなたの所に帰ってきますよ。って。
    私はその言葉を信じて帰って来るのを待ってます。猫ちゃんは誰が一番大事にしてくれるか知ってるから。シーバさんの猫ちゃんもあなたの事が一番大好きで大切にしてくれるのを知ってます。今の時間を大切にしてください。猫ちゃんもあなたとの思い出を作ってると思います。

    ユーザーID:3960070881

  • シーバ様、NANA様へ

    トピ主様の猫ちゃん元気になって安心しました。

    猫ちゃんも、幸せな日々を本当に嬉しく感じていると思います。

    すみません。NANA様にお伝えさせて下さい。
    まだ亡くしたばかりで、本当に心が張り裂けんばかりの苦しみと悲しみと思います。
    私もそうでした。
    自然に湧き出る感情はそのまま出して、泣きたいだけ泣いて下さい。
    かけがえのない大切な命と永遠に別れたのだから。
    悔いは悔いとして、愛して頑張った事は頑張った事として、その様々な感情を心の中で持ち続けてもいいような気がします。
    いつか、自然と心が落着くところに落着くと思います。
    私も今でも自分を責めたりします。でも、最近やっと元気な頃の楽しかった思い出も浮かぶようになりました。

    そして、これからも亡き愛猫をずっと愛し続けるような気がします。

    ユーザーID:6821806331

  • 感謝

    最愛の猫を亡くして明日で3週間が経ちます。ここを見つけられて本当によかったです。同じ思いや経験をした事のある方じゃないと、気持ちも思いも伝わらないから。最初は、辛くて辛くて号泣しながらここを見つけました。辛くて悲しくて耐えられない時はいつもここにきて、何度も何度も涙しながら読み返しています。その度に、逆に励まされ、そしてシーバさんと猫ちゃん頑張れって応援しています。今でも会いたくて会いたくて涙がこぼれます。トイレも爪とぎもかごもそのままです。笑って可愛かった姿や思い出を話せる時が来るまで、まだ片付けられそうにありません。
    シーバさん、たんぼさん、温かな激励本当にありがとうございます。
    ここに来ると本当に元気が出てきます。里親でもらってきた洋雑種の可愛かったNANA(男の子)。色んな事を教えてくれ、気づかせてくれた事に感謝しながら、辛くても寂しくても頑張って前に進みます。シーバさん、体調は大丈夫ですか?私も寝不足の毎日が続いたりしていたので、シーバさんの体調心配です。シーバさんの猫ちゃんが病気に勝って、元気になる事を心から祈っています。

    ユーザーID:4742041476

  • トピ主です。

    トピ主シーバです。皆様いつも本当に有難うございます。
    春一番が吹いた今日、愛猫のリンパ腫の発覚から5ヶ月が経ちました。

    猛暑に落ち着きが見えてきたのに、愛猫の食欲も元気も戻る気配がない。
    心配しながらも、それほど深刻な結果を予想だにせず病院へ向かったあの日、
    呼ばれた病室で見たのは、大きな注射器5本にも及ぶ真っ赤な胸水でした。
    告げられた言葉は『リンパ腫の疑いあり』
    昨年9月25日のことでした。

    今思い出しても胸をえぐられるような気持ちになる、あの発覚の日から、
    5ヶ月もの時間を愛猫は懸命に頑張ってくれました。

    そして、このトピを立ててからも4ヶ月半が過ぎました。
    こんなにも長い時間を、こんなにも沢山の方々に支えて頂けるなんて、
    泣きながらトピを立てたあの時には想像も出来ませんでした。

    冬を一緒に越せるなんて思いもしなかった夏の終わりから5ヶ月、
    春一番の風の音を聞きながら、どうか皆様に改めてお礼を言わせてください。

    皆様の励ましがどれだけ心強かったか。
    皆様のあたたかな言葉にどれだけ励まされたことか。
    皆様のお陰で今日の私たちがあります。
    本当に、本当に、有難うございます。

    ユーザーID:9376166901

  • トピ主です。続きです。

    3日ほど前、愛猫が頭をブルブルっと振った拍子によろめきました。
    ガリガリにやせ細っていた時にはよくあったことなのですが、
    体重が増えてからは初めてのことでした。
    しかも、何度も頭を振るたびふらつくのです。決まって右側に。
    私の頭の中によぎったのは『脳転移』の文字でした。

    ついに恐れていたことが起きたかもしれない…という恐怖で
    眠れぬ夜を過ごした翌朝、病院へ駆け込みました。
    先生の見解は、可能性はあるけれどそうと断定もできない、ということでした。

    確実に脳に浸潤していたら、まず発作が起こるのではないかと。
    加えて、愛猫の耳の後ろには原因不明の皮膚疾患が出来ていました。
    耳が痒くてあまりに頭を強く振ったためによろめいてしまったのかもしれません。
    いずれにしても経過を見ましょうということでした。

    あの夜のようなよろめきはその後見られなくなりました。
    愛猫の病は、脳に及んでいるのかもしれませんし、いないのかもしれません。
    次に暴れ出すのは、転移したリンパ腫なのか、貧血なのか、腎不全なのか、
    私には予想も出来ません。

    それでも愛猫は今日も私の側で生きてくれています。

    ユーザーID:9376166901

  • トピ主です。続きです。

    長くなり申し訳ありません。
    皆様の祈りと励ましを胸に、明日も感謝しながら過ごします。
    本当に有難うございます。

    この先、少しずつ個別のお礼をさせて頂きたいのですが、
    レスが増えてお見苦しいようでしたら申し訳ありません。
    愛猫のご報告等は『トピ主です』表記で、
    個別のお礼はお名前をタイトルに記載させて頂くように致します。
    お礼の順番が前後したりするかもしれませんがご容赦頂ければと思います。


    mio様
    悲しいご記憶の中、あたたかな励ましを頂き心より感謝申し上げます。
    いつか必ず来るお別れの時にはきっとmio様のお言葉を思い出します。
    そしてその日まで、愛猫をあたため、そばにいたいと思います。
    本当に有難うございました。


    ぱてお様
    同じ時を同じ気持ちで過ごして来られたと知り、読みながら胸が詰まりました。
    時が止まればいい、本当に、本当にそうですよね。
    この春の気配のように、優しく穏やかな時間がお互いに続くといいですね。
    一緒に頑張っていきましょうね。有難うございました。

    ユーザーID:9376166901

  • トピ主です。長くなりすみません。

    ワンコ大好き様
    いつも優しさに溢れたお言葉を本当に有難うございます。
    今回のメッセージを読んで思わず大泣きしてしまいました。
    言葉と一緒に、走馬灯のように愛猫との日々が流れていきました。
    見守って頂き感謝でいっぱいです。


    たまこおばさん様
    いつも心のこもったメッセージを本当に有難うございます。
    旅に出たたまこさん、愛しくて切なくて涙が出ました。
    私も、愛猫がいつか旅に出た後、私を忘れずちゃんと帰って来てくれるように
    沢山の想い出を持たせてあげようと思います。


    たんぼ様
    いつも見守ってくださり本当に有難うございます。
    NANA様へのメッセージを読んで胸がいっぱいになりました。
    たんぼ様と愛猫ちゃんの永遠の絆を強く感じました。
    私も愛猫との絆を確かめながら日々大切に過ごします。

    ユーザーID:9376166901

  • NANA様

    愛猫ちゃんの旅立ちからまだようやく3週間。
    まだまだおつらい中、メッセージ頂き本当に有難うございました。
    改めまして心よりお悔やみ申し上げます。

    10月に悪性リンパ腫の診断が下ったとのこと、
    時期もほぼ同じ、病名も同じ、過ごして来た年月もとても近いので、
    とても人ごととは思えずにおります。

    激動の闘病生活、突然の急変なども共感できるところが多く、
    読んでいてとても感情移入してしまったのですが、
    ひとつ、安楽死のご決断だけは私は未経験ですので、
    どんなにかおつらかったのではないかと激しく胸が痛みます。

    そんな悲しみに打ちひしがれながらも私たちを気遣ってくださる、
    そのお気持ちにただただ感謝の気持ちでいっぱいです。
    本当にどうも有難うございました。
    よかったらまた何度でもここを訪れてやってください。
    ここの皆様の温かな言葉は、私たちだけでなく、同じ想いを抱えた
    全ての方々の心に届いていると確信しています。

    NANA様もどうかご自愛ください。

    ユーザーID:9376166901

  • ネコサンヌ様

    ネコサンヌ様、ようやくの個別お礼になりますことをお許しください。
    一番最初にメッセージを寄せてくださったあの日から、
    ずっと感謝の気持ちでいっぱいでした。

    一人目の書き込みとなるネコサンヌ様の第一声、冒頭の
    『猫って「痛い」とか言いませんものね。』の一文を読んだ時、
    何かが弾けたように号泣したのを今でも覚えています。
    愛猫があんなに苦しんでいたのに、どうして気づいてあげられなかったのだろうと
    あの時の私は自分を責めに責めに責めていました。
    あの一文にどれだけ救われたことか…
    今も自責の念は決してなくなりはしませんが、
    自分を責めそうになるたび、ネコサンヌ様の言葉を思い出しています。

    愛猫ちゃんが腎不全とのことでご心配ですね…
    私ももっと早く今の病院にかかっていれば、と激しく悔やんでいます。

    でも、体重が増えられたようで私のほうも嬉しく思います。
    先代の愛猫ちゃんに追いつき追い越すくらいに長生きしてくれるよう、
    心よりお祈りしております。

    本当に、何度もあたたかいメッセージを有難うございました。

    ユーザーID:9376166901

  • のりまき様

    のりまき様、トピを立てて早々の書き込みを頂きまして
    あの時は本当にどうも有難うございました。
    こんなにもお礼が遅くなりましたこと、どうかお許しください。

    『どんなことをしても後悔は残ります。』
    ひと言目のこの言葉が、私のこの五ヶ月を支えてくれました。
    特にトピを立てたばかりのあの時は、あまりの後悔の大きさに
    私は本当に自分を見失っていましたので、
    この言葉をかけて頂いたことでどんなに慰められたことか…

    ご自身のお辛い体験も話してくださり、どうも有難うございました。
    病院で連れて行かれる時のあの何とも言えない顔、私も何度も見ています。
    読んでいて胸が苦しくなる想いでした。

    でも、私ももし愛猫がもっと若かったら、今よりさらに積極的な治療を望み、
    きっと色々なことを彼女に課してしまったと思います。
    もう歳も歳なのだから…ということがブレーキになって来たことは確かです。

    この先彼女に何をしてあげるべきか、何をしてあげられるのか、
    自問自答の日々ですが、これから私たちに起こる全てを
    後悔ごと受け止めていければと思っています。

    あたたかいお言葉、本当にどうも有難うございました。

    ユーザーID:9376166901

  • のりたま様

    のりたま様、その後いかがお過ごしでいらっしゃいますでしょうか。
    その節は何度にもわたって励ましを頂き、本当にどうも有難うございました。

    のりたま様はお医者様だったのですね。
    そう分かったうえで改めてメッセージを読み返させて頂くと、
    日々命と対峙している立場だからこその力強さ、優しさを感じます。
    私が愛猫の命を預けている主治医の先生から受ける印象と、
    とてもよく似ています。

    のりたま様の最初のメッセージの中に、
    『まだ時間は残されているはず、後悔にあてるのはもったいない』
    という一文がありましたが、この言葉があの日の私の背中を強く押してくれました。
    あの時はこんなに長い時間を貰えるなんて思ってもみませんでしたが、
    あの絶望の中においても『まだ時間はある』と望みを繋げられたのは
    のりたま様の力強いお言葉のお陰です。

    愛猫ちゃんと過ごされた最後の時間の記録、
    読み返させて頂くたび色々なことを考えさせられます。
    私も愛猫の心の声に耳を傾け続けていこうと思います。

    何度も私たちを導いてくださり、本当にどうも有難うございました。

    ユーザーID:9376166901

  • こっこ様

    こっこ様、その節は早々の書き込みを頂きまして
    本当にどうも有難うございました。
    お礼がこんなにも遅くなってしまいまして申し訳ありません。

    こっこ様のメッセージがあまりにもあったかくて優しくて、
    読むたび抱きしめてもらったようなぬくもりに包み込まれます。
    文章から行間から溢れるこのぬくもりはきっと、
    こっこ様の愛猫ちゃんが感じていたものと同じなのでしょうね。
    どれだけ愛情を注がれていたか、私にもこんなにも伝わってきます。

    私も、きっと気持ちは伝わっていると信じて、
    これまでの後悔の分まで精一杯、愛情を注ぎ続けようと思います。

    私と一緒だったからここまで生きてくれたのだと言ってもらえて、
    本当に本当に嬉しかったです。

    優しさに満ちたメッセージ、本当にどうも有難うございました。

    ユーザーID:9376166901

  • あぶちゃん様

    あぶちゃん様、その節は早々に書き込みをして頂きまして
    本当にどうも有難うございました。
    お礼がこんなにも遅くなってしまいましたことをお詫び申し上げます。

    つらい気持ちに共感して頂いたこと、本当に嬉しく心強かったです。
    愛猫ちゃんは18歳まで生きてくれたのですね。
    18年間、どんなにかたくさんの想い出があることでしょう、
    そして最期の時に海を隔てていたこと、どんなにかおつらかったことでしょう…

    何をしても逆にしてあげられなくても、いずれにしても後悔は残るのと同じように、
    最期を看取れなかった悲しさも、見届ける苦しさも、どちらもつらいですよね。

    悲しい経験を乗り越えられたあぶちゃん様のお言葉が、
    自分を責めるしか出来ず出口の見えなかった私をあたたかく照らしてくれました。

    16年分の後悔の分まで、愛猫に少しでもたくさんのいい想い出を持たせてあげられるよう
    日々を大切に過ごしていきたいと思います。

    優しさに溢れたメッセージを本当にどうも有難うございました。

    ユーザーID:9376166901

  • ののか様

    ののか様、何度も書き込みを頂きまして本当に有難うございました。
    ずっとお礼がしたかったのですが、こんなに遅くなってしまいまして
    本当に申し訳ありません。

    8年前、ののか様も同じご経験をされたのですね…
    愛猫ちゃんとのエピソードを読ませて頂くたび、
    おふたりの愛情に満ちた絆が私にも伝わってきました。

    連日の寝ずの看病は本当におつらかったこととお察しします。
    でも、そうやって見守ってくれるののか様のことを誰よりも信頼していたから、
    愛猫ちゃんはどんな時もののか様に身を任せて甘えていたのでしょうね。

    私の体調のことも、本当にいつもいつも気遣い心配してくださって、
    労りの言葉を見るたび涙が出ました。
    つい無理しがちになる私を、ののか様の言葉が優しく諭してくれました。
    食事と睡眠、つい怠りそうになりますが気をつけています。

    一番つらく苦しいのは愛猫ほんにんなのだということを忘れずに、
    彼女を支えていきたいと思います。

    ののか様、本当に有難うございました。

    ユーザーID:9376166901

  • みゆ様

    みゆ様、遅くなりましたがメッセージをどうも有難うございました。
    お礼がこんなに遅れましたことを深くお詫び致します。

    昨年7月に愛猫ちゃんを亡くされたとのこと、
    昨年書き込んで頂いた時はまだまだおつらい時だったと思います。
    そんな時に私たちのことを気遣って頂き、本当に感謝でいっぱいです。
    愛猫ちゃんのご冥福を私からもお祈りさせてください。

    思ってもみなかった突然のお別れ、どんなにかおつらかったことでしょう…
    でも、愛猫ちゃんは最後にみゆ様のナデナデのぬくもりと、
    沢山の想い出を胸に旅立って行ったと私は信じます。

    みゆ様のメッセージを読み返すたび、愛猫のそばにいてあげることが出来る幸せに
    日々感謝して過ごそうと気持ちが新たになります。

    愛猫が私と出会えて幸せと言ってくださって、嬉しくて涙が出ました。
    本当に有難うございました。
    私も愛猫と出会えて、そしてみゆ様やここの皆様と出会えて
    本当に幸せです。

    ユーザーID:9376166901

先頭へ 前へ
121150 / 303
次へ 最後尾へ
レス求!トピ一覧