最愛の猫とお別れの時が近づいています

レス303
(トピ主130
お気に入り379

心や体の悩み

シーバ

レス

レス数303

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • トピ主です。本当に有難うございます。

    トピ主のシーバです。
    一晩の間にこんなにたくさんのメッセージを頂き、
    本当にどうも有難うございました。
    皆様のあたたかい励ましのお言葉に涙がとまりません。
    PCで、携帯で、何度も何度も読み返しています。
    お一人ずつに手をとって御礼したい気持ちです。
    まとめての御礼になってしまい申し訳ありません。


    愛猫は病気の発覚から毎日、病院で点滴と胸水を抜く治療を受けています。
    凄いスピードで水が溜まるため、自宅だけで看るこことは必ずしも彼女の安らぎにはならないのです。
    半日かけてゆっくり点滴し、水を抜いて帰宅してから翌朝病院に連れて行くまでは、
    一晩中ずっと側に居て見守り続けています。
    レンタルした酸素ハウスの機械音だけが響く、静かな夜が続いています。


    後悔ばかりしていないで、目の前のこの子を最期まで支え、愛し続けたい。
    今この一瞬を大切に、この目に、耳に、触れる手に彼女の全てを焼き付けたい。
    この小さな体の中に病魔が暴れているけれど、彼女からは生命が溢れています。
    死から目をそらすのではなく、このひたむきな生を見つめなければいけないのですよね。


    すみません、続きます。

    ユーザーID:9376166901

  • トピ主です。続きです。

    大学生の頃に公園で出会った小さな子猫は、
    一人っ子で一人暮らしの私のそばに16年もの間寄り添ってくれました。


    あんなに元気だったのに。あの時行動を起こしていれば。
    もっと抱っこしてあげればよかった。もっとご馳走をあげればよかった。
    たくさんお留守番させてごめんね。ひどい飼い主でごめんね。
    失恋した時も、仕事で失敗した時も、家族を亡くした時も、
    いつもいつもそばに居てくれてありがとう。
    うちに来てくれてありがとう。
    今ここで、生きていてくれてありがとう。


    言葉にならない思いが毎日涙と一緒に溢れます。
    病気が分かってからの日々は混乱と後悔ばかりでした。
    でも、皆様のあたたかなメッセージを受け取って、
    誰もが受け止めて乗り越えなければならないことなのだと思い知らされました。


    こんな弱虫な飼い主に、優しさに満ちたお言葉を頂き、本当にどうも有難うございます。
    つらく悲しい経験を思い出させてしまった方には本当に申し訳ありませんでした。


    彼女が居てくれるのが当たり前だった。
    そのかけがえのない当たり前の日々を精一杯慈しんで過ごします。

    またご報告させて頂ければと思います。

    ユーザーID:9376166901

  • トピ主です。

    トピ主シーバです。引き続き皆様本当に有難うございます。
    お名前とレスを暗記してしまうほどに、毎日繰り返し読ませて頂いております。
    頂いたメッセージは私のお守りであり宝物です。
    まとめての御礼で申し訳ありませんが本当に感謝しております。

    愛猫ですが、たくさんの奇跡を起こし続けながら今日という日を生きてくれています。
    いつ亡くなってもおかしくないと言われていた重度の貧血を克服し、
    治療死の恐れがあるので無理と言われた化学療法までこぎつけることができました。

    この先、また治療を断念しなければならない時が来るでしょう。
    あるいは、選択を迫られる、岐路に立たされることも多々あるでしょう。
    たった一日先であっても未来のことはわかりません。
    それでも、この1週間の間、1日1日を輝き続けたこの愛しい命は、
    私にたくさんの幸せと感動と学びをくれました。

    皆様に支えられ、愛猫を見守り続けたこの一週間、
    つらいことも沢山あったけれど、本当に幸せな時間でした。
    今日という日を精一杯生きる彼女と共に、私も精一杯、1日1日を過ごします。

    大切な大切な明日。
    明日も頑張ります。

    ユーザーID:9376166901

  • トピ主です。

    トピ主シーバです。あたたかいメッセージを本当に本当にどうも有難うございます。
    1日に何度も何度も繰り返し読み返しては涙、新しいメッセージを見つけるたびまた涙…
    愛猫の前ではとぴきりの笑顔でいようと心がけている分、
    皆様の前ではそっと肩を抱いてもらって思い切り泣けるような気持ちです。
    本当にいつも感謝の気持ちでいっぱいです。


    愛猫の奇跡の日々が静かに流れています。
    夕べ、初めてテレビでジブリ映画の『猫の恩返し』を観ました。
    私は今、愛するこの子から本当にたくさんの恩返しをもらっている気がします。


    病気が見つかり、どんどん衰弱していく彼女を目の当たりにした時、
    『もうあの子のあんな姿もこんな姿も見られないんだ』と思ったら涙が止まらず、
    点滴入院で彼女不在の部屋で私はひとりで泣き続けました。
    まるであの時のそんな私を見ていたかのように、
    彼女は物凄い生命力で力を吹き返し、
    『あんな姿やこんな姿』を私に見せてくれているのです。


    昨日映画を見ていて、はっきり思いました。
    あぁ、これはきっと彼女の恩返しだと。


    すみません、続きます。

    ユーザーID:9376166901

  • トピ主です。続きです。

    もう聞けないと思っていた『ごはんちょうだい!』の鳴き声。
    寝起きに私を呼び、撫でてあげるとフルフルと鳴らす喉。


    定位置だったベッドへのジャンプ。
    日なたぼっこしながらのごきげんな寝返り。
    ごはんの後に満足そうに顔を洗ったり、
    おもちゃのネズミと戯れたり、
    私のノートパソコンにもたれて寝ていたり。
    もう見られないと思っていた、たくさんの仕草。


    そしてハンドルネ−ムにもなったドライフードのシーバ。
    もう食べられないだろうと思っていたのに、突然思い出したように欲しがってビックリ!
    16年毎日のように聞いていたフードをほおばる『カリ、カリ、』という音の愛しいこと!


    いつ何があってもおかしくないと言われて覚悟した日がまるで嘘のように、
    病気になる前の『日常』を、ひとつずつ少しずつ、再び見せてもらっています。
    この子がもう一度私に見せてくれたこの姿を、心に焼き付ける日々です。


    彼女にもらったこの『恩返しの日々』、
    私も16年分の恩返しの気持ちを彼女に伝え続けます。


    明日もこの子と一緒に居られますように。
    皆様の明日も幸せでありますように。
    本当にいつもありがとうございます

    ユーザーID:9376166901

  • トピ主です。

    トピ主シーバです。
    今朝の高く澄んだ秋空を窓から見上げながら、
    私を支えてくださる皆様とこの空のどこかで繋がっていることに想いを馳せ、
    感謝で胸がいっぱいになりました。
    おつらい経験を胸にしまって励ましてくださる方、共に愛猫を見守る立場の方、
    皆様本当にありがとうございます。


    昨晩、病気が発覚してから一ヶ月が経ったことに気がつきました。
    私の人生の中で、最も長く、つらく、けれど幸せで濃密な時間でした。


    PCの履歴がちょうど一ヶ月保存に設定されているのですが、
    最初の日は
    『猫 食べない 夏バテ』
    『猫 食欲がない 対策』
    などの検索履歴が数十件並んでいただけでしたが、
    そのたった1日後の履歴には、
    病気、病院、闘病記からペットロスに至るまで、
    無数の検索履歴が千件近く保存されていました。
    おびただしい数の履歴は私の混乱そのものでした。


    この一ヶ月間で見せた彼女の壮絶なまでの底力。
    やせ細った体(2.5kg)で懸命に再び見せてくれている『日常』は
    決して元気だった頃のそれと同じとは言えませんが、
    当たり前だと思って気づかずにここまで来てしまった幸せを
    私に教えてくれました。

    ユーザーID:9376166901

  • トピ主です。続きです。

    愛猫が生命を燃やして私にもたらしてくれた、今この愛しく幸せな時間。

    そう遠くない未来、この静かな日々に再び終わりが来ることを思うと、
    正直、怖くて怖くてたまりません。
    自分で立てたトピのタイトルを毎日目にするたび胸が苦しくなります。
    気をゆるめると毎日びっくりするくらいの涙が流れます。


    泣き虫と弱虫は相変わらずですが、
    それでも、最愛の猫と皆様のお陰で、
    この一ヶ月で私はほんの少し、強くなれた気がします。


    今日も皆様のメッセージを読み返しながら(大切な日課です)
    彼女に愛と感謝を捧げます。


    虹の橋の愛しい猫ちゃんと飼い主様にも、心からの感謝を。
    悲しみを乗り越えた言葉の優しさに涙がとまりません。

    病気と闘う愛する猫ちゃんと飼い主様には、心からの祈りを。
    おつらい中のメッセージ、本当にありがとうございます。
    ひとりではありません。一緒に頑張りましょうね。

    ユーザーID:9376166901

  • わらび様

    深い悲しみの中、2度にわたり本当に有難うございます。
    愛猫ちゃんの旅立ちの報せに涙がとまりません。

    わらび様の置かれた切迫した状況に、昨日のレスで個別にお声をかけようと
    何度も書きかけたのですが、胸が詰まって言葉が見つかりませんでした。
    ただひたすら祈りを捧げるだけでした。

    私はこのひと月、夜通し1時間おきにトイレ、お水、ご飯、の
    いずれかで起きる(日中は寝続ける時間が長いです)愛猫の介助で、
    夜中は細切れに眠りながら殆ど起きているのですが、
    夕べはわらび様のことが一晩中気になって仕方がありませんでした。

    未明の旅立ちとのこと、どんなにか長く切ない夜だったことでしょう。
    お気持ちが痛いほどに想像できます。

    でも、大好きなわらび様の腕の中で眠りについた猫ちゃんは
    本当に幸せな余生だったことと思います。
    わらび様のぬくもりに包まれて安らかに旅立っていったと思います。

    このトピは私の一生の宝物、愛猫との最後の日々の証しです。
    わらび様にとりましても猫ちゃんへの愛と祈りが刻まれたこの場所を、
    また何度でも覗いてやって頂ければ幸いです。

    最愛の猫ちゃんのご冥福を心からお祈り致します。

    ユーザーID:9376166901

  • トピ主です。

    トピ主シーバです。皆様いつも本当に有難うございます。
    愛猫は静かに、しかし懸命に、日々を過ごしてくれています。
    先日、現在の病院に転院してから一ヶ月が経った日、
    主治医の先生が『正直、あの状態で一ヶ月持つとは思わなかった』
    と言ってくださいました。
    本当に、奇跡のような一ヶ月でした。


    愛猫は、ほぼ1日中ベッドの下に潜ったまま過ごすようになりました。
    酸素ハウスに横たわっている姿もとても切なかったのですが、
    暗がりの隅っこにうずくまっている姿を見ると胸が締め付けられます。
    話しかけたり、体を撫でてあげることも彼女のストレスになりそうで、
    終始寄り添っていたい気持ちをぐっと堪えそっとしています。


    苦い薬を飲ませるのに四苦八苦して不信感を与えてしまったり、
    食べてくれない彼女に焦って追い回してしまったり、
    ここ最近は自己嫌悪に陥ることばかりです。


    それでも、時折彼女がその喉を鳴らしてくれるたび、
    この先どんなつらい現実に直面しても、
    全力で彼女を支え続けようと毎回心に誓います。


    すみません、今日は何だかまた少し弱音が出てしまいました。
    ここを読み返しながら明日も頑張ります。

    ユーザーID:9376166901

  • トピ主です。

    トピ主シーバです。皆様いつも本当に有難うございます。
    皆様の存在なくして今日の私はありえません。
    皆様に支えられ、愛猫とふたりで今日という日を見つめています。

    前回のレスではまた弱音を吐いてしまいすみませんでした。
    そんな私に、またひとつ彼女は優しい奇跡を起こしてくれました。
    トイレや食事以外、ほぼ1日中ベッドの下から出て来なかった彼女が、
    その後、1日の何時間かを窓辺で過ごすようになったのです。

    日中に私の目の届くところで過ごすのは、病気になってから初めてです。
    病気になってからは、ずっと暗がりを好み、夜にならないと姿を見せない日々でした。
    その彼女が、窓辺で空を見上げ、網戸にすれば風のにおいをくんくんと嗅ぎ、
    そっと撫でてあげるとそのままウトウトとまどろむのです。

    初めてその姿を見せてくれた時、皆様が言ってくださったように、
    話しかけながらたくさんたくさん撫でてあげました。
    涙がとまりませんでした。
    彼女は、目を細めてまっすぐに私を見ていました。

    愛猫に触れたい。寄り添って語りかけたい。
    私の願いをまたひとつ、彼女は叶えてくれました。

    すみません、続きます。

    ユーザーID:9376166901

  • トピ主です。続きです。

    明け方毛布にくるまって、昼間の高い秋空や、夜空を見上げながら、
    彼女に寄り添っています。
    時が止まればいいのに。そのたび思います。

    先日病院で主治医の先生が
    『愛猫ちゃんは満身創痍で頑張ってるからね』とおっしゃいました。
    末期のリンパ腫、真っ赤な胸水、重度の貧血、内蔵機能の低下…
    小さなこの体の中で、壮絶なことが起きているのだと思うと、
    骨ばった背中を撫でながら胸が苦しくなります。

    命がけて闘いながら私の願いをそっと叶え続けてくれるこの子が、
    天使のように思えます。
    そしてここに書き込んでくださる皆様にとっても、
    きっとそうなのですよね。


    この子と、皆様に出会えた奇跡に感謝でいっぱいです。


    すみません。あと少しだけ、
    個人レスさせて頂くことをおゆるしください。

    ユーザーID:9376166901

  • のりたま様

    お辛い中、2度にわたる書き込み有難うございました。
    のりたま様には早々に同じ立場での書き込み頂き、
    ご実家の愛猫ちゃんのこともずっと気がかりでいたのですが、
    自分のことで一杯で個別にお返事しそびれており申し訳なく思っておりました。
    またひとつ旅立ちの報せを受け、私も涙に暮れました。

    病気の猫を治療することが、こんなにも葛藤や迷いや自問自答を
    伴うということを、私も今回初めて痛感しています。
    でも皆様がおっしゃるとおり、何をしても何をしなくても
    きっと後悔はつきまとうのだろうなと今は思います。
    それならせめて、ひとつでも納得を増やしたいところなのですが…
    それもそれでなかなか難しいです。

    のりたま様からの2度のメッセージを拝見して、
    とても大きな悲しみを背負っているはずなのに、
    それ以上に大きな強さと優しさを感じました。

    私の猫は末期なので完治は無理だと初めに告げられているのですが、
    不思議とのりたま様の言葉に希望が見えました。
    力強いメッセージを胸に、諦めず頑張ってみます。
    最後になりましたが、愛猫ちゃんのご冥福を心よりお祈り致します。

    ユーザーID:9376166901

  • トピ主です。長くなりすみません。

    本当は全ての皆様お一人ずつに個別に御礼を申し上げたいと
    ずっとずっと思っておりますが、叶わず申し訳ありません。
    いつか改めて御礼をお伝えできればと思っております。


    同じく病気や高齢の愛猫ちゃん愛犬ちゃんを支えていらっしゃる
    runa様、コンベニア注射様、老猫ママ様、sunny様、キャリー様、
    ネネ様、AMAKUN様、あいしてる様、minie様、わんこ大好き様、
    たまこおばさん様、クー様

    自らの悲しい体験を聞かせてくださり、お気持ちを寄せてくださった
    ネコサンヌ様、のりまき様、のりたま様、こっこ様、
    あぶちゃん様、ののか様、みゆ様、yyy様、本当にごめんね様、
    はなまるこ様、黄泉子様、猫子様、わすれな草様、
    ビスケット様、わらび様、くう様、まひまひ様、わぐま。様、
    ルパ子様、幸様、ブラックオパール様

    やさしくあたたかいお言葉をかけてくださった
    猫好き屋藤右衛門様、とんかつ様、ネコナーゼ様、ビーンズ様、
    鮭様、茶蕎麦様、ねこ様


    本当に本当にどうもありがとうございます。

    今日は長くなってしまいすみませんでした。
    明日も、全てに感謝して過ごします。

    ユーザーID:9376166901

  • トピ主です。

    トピ主シーバです。いつも見守り支えて頂き、本当に有難うございます。
    前回のレスはやたら長くなってしまい申し訳ありませんでした。


    満身創痍で頑張ってくれている愛猫が、今度は膀胱炎になりました。
    昨日までは全く普通だったのですが…慌てて病院に駆け込みました。
    このところ窓辺で過ごしている彼女の防寒対策が
    行き届いていなかったからではないかと、激しく反省しています。


    神様がくれたこのかけがえのない時間の中で、
    予想以上に長い闘病生活を過ごさせてもらえていて感じるのは、
    希望と前向きさ、覚悟と冷静さ、この対局の感情と向き合うことの
    想像以上の難しさです。


    命と向き合うというのがどんなに凄いことか、日々痛感しています。
    誤解を恐れずに正直に言いますと、家族や大切な人を亡くした時よりも
    たくさんのことを愛猫から教わっています。


    明日からますます寒くなるようですね。
    皆様もどうぞあたたかくしてお過ごしください。
    今日も私の独り言を聞いてくださって有難うございました。

    ユーザーID:9376166901

  • トピ主です。

    トピ主シーバです。皆様いつも本当に有難うございます。
    ネネ様、あお様、たんぼ様、あたたかなメッセージ心より感謝申し上げます。

    あれから怒濤のように日替わりで色々なことが起こる毎日が続き、
    なかなか書き込み出来ず申し訳ありませんでした。
    病院の待合室で、眠れない布団の中で、
    今も毎日皆様のメッセージを読み返させて頂いています。

    愛猫はリンパ腫が発覚してから二ヶ月も頑張ってくれました。
    最初の一ヶ月は気が遠くなるほどに1日1日が長く、
    その後の一ヶ月は無我夢中であっという間という対照的な二ヶ月でした。

    神様と愛猫がくれたこの二ヶ月という時間は、
    苦しい中にも愛しく幸せな、かけがえのない宝物でしたが、
    この流れた時間の分だけ確実に病魔は彼女を蝕んでいます。
    こんなにも沢山の病気が共存出来るものなのか、というくらい
    様々な症状が彼女を容赦なく襲っています。

    それでも彼女はご飯を食べ、私の顔を見て鳴き、丸くなって眠ります。
    排泄がらみの症状も色々あるのですが、頑張ってトイレに行きます。
    彼女のこの底力は一体どこから来るのだろうと、
    驚きと愛しさで胸がいっぱいになります。

    ユーザーID:9376166901

  • トピ主です。続きです。

    今週は、ある症状からたった一晩で食欲が転げ落ち、
    僅か2日で衰弱しきった彼女を見て覚悟もよぎりましたが、
    その後5日の点滴でまた彼女は驚くような回復を見せてくれ…
    本当にジェットコースターのような毎日でした。

    彼女の病気がリンパ腫だけに留まらなくなってしまった今、
    これからはそんな毎日の連続なのだと思います。
    もはや私にとっても、看病ではなく闘病です。
    彼女を見守り支えながら、最後まで一緒に闘いぬきたいと思います。

    数年前に大往生で亡くなった実家の愛犬は、病気ではなく老衰でした。
    母は介護でとても大変だったと思いますが、彼女の最期は安らかでした。
    今、壮絶な愛猫の闘いを見ていて、愛犬は幸せだったなと改めて思います。
    少しでも楽に、少しでも安らかに余生を過ごしてほしいのに、
    彼女の場合、その安楽を得るためには治療を避けて通れません。
    ただ、病院に行くと帰りには楽になっていることを彼女は分かっているようです。
    病院の帰り道の安らかな彼女の顔は、ほんの少し私の葛藤を和らげてくれます。

    ますます寒くなってきました。
    愛猫のぬくもりが涙が出るほど愛しいです。
    皆様もどうかご自愛くださいね。

    ユーザーID:9376166901

  • トピ主です

    トピ主シーバです。皆様いつも見守り支えてくださり、
    本当にどうも有難うございます。

    師走を迎えてなお、愛猫は日々頑張ってくれております。
    病院の先生方も『本当によく頑張っていますよ』と言ってくださいます。
    自分を責めに責めた、悪夢のような夏の終わり、
    あの頃は冬まで一緒に居ることは叶わないと思っていました。
    今は、もしかしたらクリスマスを一緒に過ごせるかも…
    一緒に年越しを迎えられるかも…という淡い期待を抱いています。

    この二ヶ月、先のことというのを考えられませんでした。
    今を必死に生きる愛猫を前にして、明日のことすら見えませんでした。
    それは今も変わりません。
    手帳・カレンダーは勿論、手にした食品の賞味期限の日付、
    テレビ番組の来週の予告を見た時ですら、
    果たして彼女と居られているだろうか…と、不安と怖さを覚えます。

    それでも、彼女の懸命な命の輝きを見ていると、
    この奇跡が続いてくれることを祈らずにはいられません。
    そして、ここを見て応援してくださっている皆様の想いは
    絶対に、確実に、愛猫に届いていると思います。

    愛猫に、皆様に、今日という日に、
    感謝の気持ちで一杯です。

    ユーザーID:9376166901

  • トピ主です。続きです。

    AMAKUN様、ネネ様、ワンコ大好き様、のりたま様、
    度々の優しいお言葉、本当にどうも有難うございます。
    のらきち様、マル様、メッセージ頂き心より感謝申し上げます。


    たんぼ様

    先月愛猫ちゃんを亡くされたとのこと、そんな中で何度もお心遣い頂き
    本当にどうも有難うございます。
    そして心よりお悔やみ申し上げます。まだまだおつらいですよね…

    猫を擬人化してしまう、というお気持ちとてもよく分かります。
    でも、何をどれだけしたとしても後悔してしまうのと同じで、
    愛猫のために何をしても『エゴかもしれない』という気持ちは
    常につきまとうのではないか…という気もしたりします。
    結局正解や答えはないんですよね。

    でも、私はここの皆様に『大丈夫、彼女はきっと分かっているから』と
    何度も何度も、背中を押し、支え、撫でて頂きました。
    私も同じ言葉をたんぼ様におかけしたいと思います。
    愛猫ちゃんは、きっととても幸せだったと。
    私はそう思います。


    すみません、もう少し個人レスをさせて頂きます。
    本当は全ての皆様一人一人にお礼したい気持ちです。
    皆様本当に有難うございます。

    ユーザーID:9376166901

  • runa様

    runa様、愛猫ちゃんが旅立たれたとのこと、
    心よりお悔やみ申し上げます。
    ご自身も大変な中あたたかいお言葉を頂き、
    また深い悲しみの中ご報告まで頂いて本当に有難うございます。

    最期の夜にrunaさんの腕で一緒に眠ったお話に号泣してしまいました。
    猫ちゃんはどんなにか嬉しく幸せだったことでしょう。

    私の実家の愛犬も、母がつきっきりで寄り添っていたにも関わらず、
    ほんの僅か母がうたた寝した間にそっと逝ってしまったそうです。
    runa様の猫ちゃんもそういう旅立ちを選んだのでしょうね。
    最期の夜、runa様の腕の中でお別れを済ませていたのかもしれませんね。

    朝は鳥になって、夜は星になって、
    そしてこの冬はダイヤのようにきらめく雪になって、
    愛猫ちゃんがいつでもruna様に会いにきてくれますように。

    こちらこそ、本当に有難うございました。

    ユーザーID:9376166901

  • たまこおばさん様

    愛猫ちゃんの旅立ちの報せを受け、心よりお悔やみ申し上げます。
    おつらい中メッセージを寄せて頂き本当に有難うございます。

    たまこおばさん様の『たまこさん』は猫ちゃんのお名前だったのですね。
    本当に愛らしいお名前ですね。
    その名をどんなにか何度も呼びかけられたことでしょう。

    苦しむことなく旅立てたことは救いになりますよね。
    私もせめて最期はそうであってほしいと願っています。
    胸の病気なので覚悟はしておかなければと思っているのですが…

    私は私自身の覚悟のためにこのトピを立てさせて頂いたのですが、
    愛猫が頑張れば頑張るほど、自分は『その時』を
    果たして受け止めらるだろうか?と恐怖は募るばかりです。

    でも、こうしてたまこおばさん様やここの皆様が、
    最愛の仔とのお別れを受け止め、受け入れ、
    ぼろぼろに悲しみながらも乗り越えようと頑張っていらしゃる姿は
    弱虫な私に勇気と力を与えてくれています。

    私自身は頂くばかりで皆様に何もお返しできていませんが、
    ここの皆様が、私のみならず、それぞれの皆様に深い愛と優しさを
    くださっていると思っています。

    私のほうこそ、本当にどうも有難うございました。

    ユーザーID:9376166901

  • トピ主です

    トピ主シーバです。ご無沙汰してしまい申し訳ありませんでした。
    皆様への感謝は日々尽きることがありません。
    いつも私たちを支えてくださり、本当にどうも有難うございます。

    早いもので今年も残すところあと一週間ほどとなりました。
    お陰さまで、愛猫と一緒にクリスマスを迎えることができます。
    トピを立てた時には絶対に叶わないと思っていた、16回目のクリスマスです。
    サンタさんは私に、彼女と過ごす時間というプレゼントをくれました。
    そして彼女自身もサンタさんになって、皆様をはじめ応援してくださる方々に
    命の輝きという贈り物をくれている気がしています。

    今日まで、皆様に沢山のことを教わりながら、
    『今この時間を大切に生きる』ということを心がけてきました。
    ただ私は、昔から楽しいことほど終わってしまうことを恐れ、
    先のことばかり考えて『今』を無心に楽しむということが下手でした。

    おそらく愛猫と過ごす最後になるであろう今年のクリスマス、
    願いは叶えられたのに、切なくて切なくて苦しくなります。
    でも、それでいいのだと自分を許しています。

    すみません、続きます。

    ユーザーID:9376166901

  • トピ主です。続きです。

    何をどれだけしたとしても、後悔はなくならない。
    どれだけ覚悟していても、悲しみは尽きない。
    皆様に教わり、身を持って感じているこれらのことと同じで、
    今日という日が優しく穏やかであるほど、過ぎる時間が切なくてたまりません。

    無邪気に笑って過ごした昨年のクリスマスも、
    愛しさと切なさに満ちた今年のクリスマスも、
    どちらも振り返れば同じように宝物の想い出になるのだと思います。
    でも今年のクリスマスを、きっと私は生涯忘れられないでしょう。


    引っ越し魔のように居場所が転々と変わる愛猫のために、
    新しい二段ベッドをプレゼントに買いました。

    腎不全が少し進んで好きなものを好きなだけ食べられなくなった彼女に、
    明日は大好きなささみをあげようと思います。

    私はお寿司を買って来て、彼女も食べられるものあるかな?

    ゴールドクレストのツリーを注文したので、
    クリスマスが過ぎても大切に育てたいです。

    16回目の私たちのクリスマスは、そんな感じです。

    皆様がこれをご覧になる頃は、きっともうイブですよね。
    どうか皆様にとって優しくあたたかな聖夜となりますように。
    愛猫とふたり、心からお祈りします。

    ユーザーID:9376166901

  • トピ主です。長くなりすみません。

    たんぼ様、たまこおばさん様、わらび様、その後いかがお過ごしですか。
    愛猫ちゃんがサンタさんになって皆様の枕元に来てくれますように。

    鮭様、いつも優しいメッセージを本当に有難うございます。
    愛猫ちゃんと楽しいクリスマスをお過ごしください。

    ミーコ様、教えてくださった言葉、いつも胸に留めさせて頂きます。
    ブルー様、優しい体験談、物語のようでした。
    おふたりとも書き込んで頂いて有難うございました。

    ネネ様、本当に何度もメッセージをくださって感謝でいっぱいです。
    愛猫ちゃんの体調いかがですか。素敵なクリスマスになりますように。

    そしてお一人ずつにお礼ができていない皆様、
    本当に本当にどうもありがとうございます。

    ユーザーID:9376166901

  • minie様

    minie様、愛猫ちゃんの旅立ちの報せを受け、
    心よりお悔やみ申し上げます。
    私の愛猫も先日腎不全が悪化してきたと告げられたこともあり、
    どうなさっているかと気にかかっていたところでした。
    おつらい中、書き込んで頂き本当にどうも有難うございました。

    18年という月日は本当に長いですよね…
    おふたりの間に一体どれだけ沢山の想い出があることでしょう。
    minie様の胸に押し寄せる愛しい記憶を想うと胸が詰まります。

    ドアを開けるたびドキドキする毎日に深く頷き、
    今にもそこを横切りそうな錯覚を想像しただけで涙が溢れ、
    minie様のお言葉には本当に感情移入するばかりです。

    ご自分も大変な中、私たちのことを気にかけてくださった優しさに
    感謝の気持ちでいっぱいです。
    本当にどうも有難うございました。

    星降る聖夜、愛猫ちゃんがminie様の夢に訪れてくれますように。

    ユーザーID:9376166901

  • トピ主です。あけましておめでとうございます

    トピ主シーバです。
    皆様、明けましておめでとうございます。
    ご挨拶が遅れましたことをお許しください。

    2011年を最愛の猫と共に迎えることが出来ました。
    皆様の祈りが私たちに優しい奇跡をくれました。
    藁にもすがる想いでこのトピを立てた時は、
    こんなに沢山の方に見て頂けると思いませんでした。
    今日まで私たちを支えてくださり、本当にありがとうございます。

    昨日は年始最初の通院でした。
    食欲も元気もあり、穏やかに年越しを過ごせたことを
    主治医の先生もとても喜んでくださいましたが、
    次の抗がん剤に踏み切るべきか、とても迷うと言われました。
    愛猫の状態が今とても良いため、この状態を保ってあげるべきか、
    比較的体力がある時にこそ投与すべきか…ということで、
    先生が『自分の仔だったら』と考えても非常に迷うとのことでした。

    その話の流れで、愛猫がこのステージのこの病気にかかった場合の
    平均的な余命にはもう十分達しているという説明を受けました。
    彼女はもう3ヶ月頑張ってくれていますが、これはもう、
    今までの抗がん剤の治療効果は達成したといえるのだそうです。

    すみません、続きます。

    ユーザーID:9376166901

  • トピ主です。続きです。

    この3ヶ月ちょっと、愛猫に寄り添って過ごしてきましたが、
    彼女の状態が落ち着きを取り戻してくるにつれ、
    私は心のどこかにほんの少しの安心と、そこから来る
    現実からの『逃げ』の気持ちがあったような気がします。

    先生の話を聞いた後、診察を待つ待合室で涙が溢れました。
    小康状態の中で曖昧になっていた現実と対峙し、
    混乱、動揺、絶望、自己嫌悪…様々な感情が
    涙と一緒に一気に溢れてきました。

    時間は決して無限ではないのに、
    同じ状態はずっとは続かないのに、
    そのことを私はつい忘れかけていました。
    いえ、忘れていたはずはないのですが、
    目をそらしていたのかもしれません。

    新年早々、ネガティブな書き込みですみません。

    今日も愛猫はご飯をねだって元気に鳴き、日だまりで毛繕いをし、
    クリスマスに贈ったベッドで穏やかに眠っています。
    今日この日と、彼女の生命を慈しんで、
    そして目の前の現実もダメな自分も受け止めながら、
    改めてこれからも一日一日過ごしていこうと思います。

    皆様にとっても良き一年となりますようお祈り致します。
    今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

    ユーザーID:9376166901

  • トピ主です。

    トピ主シーバです。皆様いつも本当に有難うございます。
    寒い日が続いておりますが、風邪など召されていないでしょうか。

    お陰さまで愛猫は、ほぼ週に1度の通院ペースを保ちながら、
    自宅で穏やかに落ちついて過ごしております。

    新年最初の診察で今後の話をされてから一週間後、
    結局何が最善なのか決断出来ないまま、再び通院の日を迎えました。
    よく食べて小康状態を保っている愛猫の様子を見て主治医の先生は、
    『このままいきましょう』とどこか吹っ切れたようにおっしゃいました。

    この「現状維持』の判断に私はホっとしました気持ちになりましたが、
    この時の先生の言葉が『抗がん剤やってみましょう』であったとしても、
    きっと私は同じようにホっとしたような気がします。
    それくらい、自分がどうしたいのか、どうすべきか、
    答えを出せずにいました。

    それからまた1週間が経ちました。
    穏やかに眠り、大きな声で元気に鳴き、勢いよくご飯を食べる愛猫の姿を見ていて、
    少なくとも今はこれで良かったのだと思っています。

    すみません、続きます。

    ユーザーID:9376166901

  • トピ主です。続きです。

    抗がん剤のお陰で胸水の溜まりが押さえられ、
    その結果、愛猫は今こうして穏やかに日々を過ごすことが出来ています。
    そのことを考えると、今回のことは本当に難しい判断でした。


    この先、今の時期の抗がん剤を見送ったことで何らかの症状が再び彼女を襲ったら、
    あるいは明日突然彼女の身に何か急変が起こったら、
    きっと私はまた少なからず後悔するでしょう。
    それでも、やはりこれで良かったのだと思えるよう、
    今この時の穏やかな彼女の姿を目に焼き付け、
    大切に大切に日々を過ごしたいと思います。


    すみません、何だか私、ずっと同じようなことばかり書いていますね。
    でも、愛猫を見つめて過ごしながら日々考えることって、
    結局いくつかの同じことをぐるぐると巡っているみたいです。

    彼女の体調と同じ、3歩進んで3歩下がっているような私ですが、
    皆様のお陰でここまで頑張って来られました。
    感謝は尽きません。
    本当にありがとうございます。

    ユーザーID:9376166901

  • トピ主です。長くなりすみません。

    ネネ様、猫ちゃんの腎臓いかがでしたか。食欲は本当に心配ですよね。
    どうか元気を取り戻してくれるようお祈りしております。
    いつも本当に本当に有難うございます。一緒に頑張りましょうね。

    たまこおばさん様、いつも心配して頂き心より感謝しております。
    ご自身もつらく寂しい中、こんなに気にかけて頂いて涙が出ます。
    本当にどうも有難うございます。

    くろ様、ワンちゃんとの想い出を寄せて頂き有難うございました。
    「幸せに送る」なんて素晴らしいことだろう、優しい響きだろう、
    そう思いました。ご冥福をお祈り致します。

    たんぼ様、お優しいメッセージに涙が流れました。
    こんな風に言って頂いて、私も愛猫も幸せ者です。
    一人暮らしの介護に共感して頂いたのも心強かったです。
    本当に有難うございました。


    ぱるま様、メッセージ本当に有難うございました。
    皆様の祈りに支えられて私たちの今日があります。

    いまだ個別にお礼できでいない全ての皆様、
    いつも本当に有難うございます。
    皆様の明日が優しさに満ちていますように。

    ユーザーID:9376166901

  • トピ主です。

    トピ主シーバです。皆様いつも祈りと励ましを本当にどうも有難うございます。
    なかなか頻繁に書き込みができず申し訳ありません。

    年が明けてから、色々と尽きない心配事はありつつも小康状態を保ち、
    元気で食欲もあった愛猫でしたが、昨日また突然食欲が廃絶してしまいました。

    病気が見つかってから今日まで、ひとりきりにしての留守番は1時間を限界にして、
    それ以上家を空けなければならないときは、診療を兼ねて病院に預かってもらうか、
    家族にサポートをお願いしてきました。

    昨日初めて、元気そうに見えることをつい過信して、
    3時間ほどひとりで留守番させてしまい、帰宅したら部屋は吐いた跡だらけ。
    慌てて駆け寄ると愛猫はぐったりして鳴くことも出来ず、
    力のない不安そうな目で私を見つめていました。

    急いで病院に駆け込み点滴をしてもらいましたが、今朝まで食欲は戻らず、
    今日は久々に半日かけての点滴をしてもらうことになりました。
    しばらくぶりの愛猫のいない部屋でレスしています。

    すみません、続きます。

    ユーザーID:9376166901

レス求!トピ一覧