非婚化の主因

レス142
(トピ主2
お気に入り218

男性から発信するトピ

椿四十郎

非婚化の理由を見たトピはずいぶん盛り上がりましたが、もとのトピは付き合っている状態から結婚に至れなかった例でした。
確かに相手はいるが結婚となると難しいという事例も多いとは思いますが、そもそも相手のいない人が相当増えてるんではないでしょうか。
これに関して調べてみたのですが、あまりよい統計がありませんでした。(なくはないですが、サンプルが少なかったり、データにばらつきがあったり)

そこで質問なのですが、
1.恋人いない人がやはり増えてるという認識は正しいですか?
2.それが正しいとすると、その原因はどこにあるでしょうか。男女で異なる原因があるようでしたら、それぞれ教えていただけるとありがたいです。

結婚ということだけを考えると制度上の問題が重要だったりしますが、付き合う付き合わないという話だったら制度はあまり関係ありません。国が制度を整えて少子化対策をしてもあまり効果ないのではないかなあと思っています。(もちろん保育所の充実など必要なことです。ただそれで出生率が大幅に改善するかどうかはかなり疑問で。)

ユーザーID:3206736148

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数142

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 個人的な考えですが。

    当方結婚適齢期の男性です。

    男性が女性に積極的にアタックできない、というのはやはり、『経済力』に自信がないのが大きいと思いますよ。
    現に年収1000万円を超えている男性たちは、ほとんど結婚しています。
    性格が〜顔が〜といっても、年収1000万円を超えている人たち皆が皆、聖人君子のような性格でイケメンというわけではないところを見ると、やはり結婚するのは男性の経済力が大きいということでしょう。

    現在結婚適齢期の女性たちは、日本が一番裕福だった時代に働いてたくさん稼げたお父さんを持っている方が多いと思います。

    当然、自分の夫となる男性にも『最低、自分の送ってきた生活ぐらいはさせてもらわないと』と期待しますが、なかなかそんな甲斐性のある男性は今の時代、難しいと思います。

    それなら結婚しないでお一人様を謳歌したほうが得だ、と考える女性も多いでしょうし、男性も今の稼ぎで女性を幸せにするのは無理だが、自分一人ぐらいならまぁ、養っていけるって人も多いわけです(私もこのたぐいですね)。
    ですから、劇的に景気が回復することがあれば、また結婚率も上がってくると思いますよ。

    ユーザーID:9965423662

  • こんなのは参考になりますかね

    2008年の読売新聞ニュースですが
    「女性は結婚しなくても幸せ」55%…読売調査http://www.yomiuri.co.jp/komachi/news/mixnews/20080827ok03.htm

    それと他のトピックで書きましたが、若い人が言うには
    少しでも意見や考え方が合わないとすぐ別れてしまうようです。
    恋人までにならなかった もしくは 今はいない 
    結婚ともなればさらに難しくなるようですよ。

    ユーザーID:5354383917

  • 50才女です

    1.恋人のいない人が増えてるか? 増えたと思います。

    2.原因は何か? 3つほど思い当たります。

    (1)コミュニケーションの苦手な人が増えた。傷つきやすい人が増えた感じがします。

    (2)お金がないのでデートもできない。恋人ができても金銭感覚の違いから別れてしまう。

    (3)用心深くなった。

    如何でしょうか。

    ユーザーID:6322497286

  • 恋愛感情希薄化

    30代後半です。
    同年代の独身者が男女合計で10人います。少人数のデータで申し訳ございません。それでも宜しければご参考下さい。共通するのは全員に彼氏彼女がいません。恋話もありません。そして恋愛に淡白です。10年の付合いになる友人達ですが恋愛話がでたことがなく、同性とばかり過ごしています。恋愛話で盛り上がる友人は結婚していく人が多いです。独身の友人達それぞれに、結婚はともかく恋人作ったり、片想い中の恋愛があったりとかないの?と聞いてみたことがあります(余計なお世話でごめんなさいです。)多かった回答が「振られて傷つくのがイヤ」「好きになれる人がいない」「面倒」でした。告白されるのはOKみたいです。相手から好きになってもらって告白されるのが理想だけど、そうでなかったら別に恋愛相手がいなくてもいいそうです。結婚は好きな人としたいからお見合いは考えていない。という返事が多かったです。恋愛に積極的な人が減り、受身の人が増えたことも要因のひとつではないでしょうか。

    ユーザーID:2407255419

  • 恋愛感情希薄化2

    それとこれは個人的な考えなのですが、テレビや雑誌で美形の芸能人を見慣れ過ぎていて、恋愛対象の外見レベルの基準が無意識に上がってしまってるのではないでしょうか。既婚の友人達は「好きになったらその人が理想」と笑って言う人が多いのですが、独身の友人達からこの発言を聞いたことがないのです。外見に関して目が肥えてしまってるんじゃないでしょうか。完全に個人的な考えですのでスルーして下さって構わないです。

    ユーザーID:2407255419

  • しかし、しつこいですね、この話題好きな人

    どうして、一絡げにして結論付けたがるんでしょう。
    個々の事情があるでしょうに。

    私の場合、そんな難しい話じゃありません。

    【金がない】
    これがすべてです。

    私は女ですが、相手が病気や障害など生涯就労できない事情になったとき、二人分の家計を支える収入が無い。
    子供ができた後になんらかの事情で離婚に至った場合、子供を十分に養育できる収入が無い。
    会社は一応、もちこたえてるようだが、この先どうなることやら。転職時には身軽なほうが絶対いい(経験あり)。

    と、ひたすらに将来への不安ですよ。

    恋人がどうのって、関係ない。
    惚れた腫れた出来た、で結婚できる人種なら別ですが
    そういう人間ではありませんので。

    なにがなんでも「非モテ論」に持って行きたい人が摩訶不思議です。

    ユーザーID:9887529550

  • 面倒くさいし、無意味

    これに尽きると思います
    同性の友人との付き合いや趣味、仕事の方がずっと大事ですから

    女性と付き合って辟易すること多いですしね
    若いころなら性欲もそれなりにありますが、適齢期のころには落ち着いてますし

    他に娯楽は多いし、取得維持コストの高い人間には、女性というコンテンツはそれほど魅力的ではないのです
    もっと収入があれば結婚する層は結婚するでしょうが、昨今女性そのものに価値を見出さない男性が増えています

    これは先進国全般に共通する傾向です

    >1 増えてますね、二極化してるんでしょう
    >2 上記理由 

    ユーザーID:1661607394

  • 長年の研究結果

    吾輩の研究の結果は次の通りである。

    ・インターネットの普及で、性情報が簡単に入手でき、女性に対するあこがれやときめきがなくなった。

    ・逆に、実際の女性と接してみると、細菌の女性は自己主張が強くなって扱いにくい。その結果、付き合うのが煩わしくなった。

    ・結婚して生活レベルを下げたくない。そのために共働きになる。共働きなら、それぞれ別に暮らして、会いたい時だけ会えばいい。同居する必要がない。結婚の形態を取らなくても困らない。

    ユーザーID:0120051423

  • 将来への不安・・・(ヨコ

    単純に、お金がない貧乏人であれば、結婚して2人チームになったほうが、生活が楽になると思うのですが、考え違いでしょうか。私の周りでは非婚を望む(結婚をしたいという積極的希望がない)人というのは、それなりに"年収がある人"だと感じています。

    私は収入が少ない女で、結婚した相手も私よりは収入が多いものの、小町でいう「普通」にはほど遠い年収です。で、結婚してみたらやっぱりひとりで将来を迎えるよりも安心感が増しました。
    職場のおじさんにも「夫婦円満の秘訣は貧乏だぞ!」とも冗談で言われたので、「貧乏人は結婚して身を寄せ合った方が一人よりも経済的に潤う」というのが世間の共通認識かと思っていましたよ。

    >相手が病気や障害など生涯就労できない事情になったとき、二人分の家計を支える収入が無い。
    私もないですけど、一人よりは二人のほうが備えが出来るような気がしますがどうなんでしょう?

    ユーザーID:4359730337

  • 横ですが

    >恋人がどうのって、関係ない。
    >惚れた腫れた出来た、で結婚できる人種なら別ですが
    >そういう人間ではありませんので。

    これが答えそのものじゃないんですか(笑)

    惚れて結婚している人が大半であろう世の中
    こう言いきってしまう性格が非婚化を招いている気がします。

    ユーザーID:6073234666

  • デキ婚怖い

    私は女ですが男性の立場で原因を考えてみると・・・。

    付き合う付き合わないという話でも十分に非婚は関係ありますよ。

    ついうっかり女性と付き合ってしまった事により、デキ婚とか、怖いじゃないですか。今どんだけデキ婚多いの。

    なので自然に恋人を作らない人が増えるのでは?


    女性の立場ならやはり基本受け身なので、男性の方から積極的に来てくれないと苦しいものがありますね。

    なので必然的にこちらも恋人が出来ない人が増えるのでは?

    ユーザーID:3233358057

  • 私は、こう思っています

    >1.恋人いない人がやはり増えてるという認識は正しいですか?
    増えていると思いますが、データが無いので確証はありません。

    >2.それが正しいとすると、その原因はどこにあるでしょうか。
    上に書いたトピ主さんのご質問1への回答のとおり、実際に恋人がいない人が増えているかどうかについて確証がないので、トピのタイトルにしたがいまして私が考える非婚化の主因について列挙してみます。

    1.右肩上がりの経済成長の終焉〜不況
    2.雇用環境の悪化・不安定化(非正規、低賃金など)
    3.恋愛〜結婚の自由化・市場化
    4.家族の不安定化(親世代においても、熟年離婚の増加など)
    5.メディア・娯楽の深化・多様化
    6.恋愛や結婚にまつわるネガティブな情報を受けることが格段に増えた


    少子化対策とは、

    1.出生率を上げるための施策
    2.少子化は基本的に不可避と考え、それに対応した社会を目指す施策

    に大別されますが、私は2を支持します。

    少子化の原因は複雑多岐に渡っており、現在の憲法、関連法、世間などの下での小手先の対策では、出生率の大幅な改善は絶対に無理です。

    ユーザーID:7618917760

  • ベースがおかしい。

    恋人がいない状態がまず普通で恋人を作りたい人が努力する物じゃないんですか?
    私個人で言えば努力してまで恋人が欲しい動機が無いです。

    世間一般を見渡せば女性が高望みではないがこれくらいは欲しい年収(5〜700)を稼いでる男性が独身の2割程度しかいない
    端から諦めてる人も多いんじゃないでしょうか。
    どこかで独身男性の7割くらいが恋人がいないと出ていた記憶があります。
    やはり恋人がいない状況が普通でそこから恋人がいる状況に持っていくだけのモチベーションが無いだけではないでしょうか。

    ユーザーID:4015213517

  • 世の中が便利になりすぎて

    男性も女性も一人で生きていける人が増えたためです。

    さらに追加して、女性の高望み、現状認識能力の低下、などもあります。

    男性達がが恋愛・結婚を面倒くさがるようになって、完全に女性が余ってる状態なのが昨今の情勢です。


    ユーザーID:5948411268

  • 意味が無い

    稼ぎは十分
    家事も出来る
    友人との付き合いは楽しい。
    既婚の友達を見ても嫁にガミガミ言われて常にストレス。
    本当に結婚は墓場なのだなと思います。

    ユーザーID:7787308289

  • 寂しくなくなった

    インターネットなどの普及によって、
    人と人とが通信という形でコミュニケーションを取れるようになって、
    寂しいと感じることが減ったのかもしれません。

    私は寂しいので、
    恋人不在の状況は耐えられません。
    でも一人の稼ぎで十分食べていけるので、
    このまま結婚はせず、恋人関係で行きたいです。

    ユーザーID:3118367252

  • 特に増えてるとは思わない

    1.恋人いない人がやはり増えてるという認識は正しいですか?

    統計などが無いので、なんとも判断できません。
    私は増えてるとは思いません。
    数千年ならともかく、たかが数十年で、人間の意識はそう変わらないと思ってます。

    個人の主観だと、数年前と、現在とでは、恋愛へのパワーが減って当然だと思います。
    その分年をとってるわけですから。
    個人の主観は、常にうつろっているので当てになりません。

    非婚化については、単純に不景気だからだと思います。

    ユーザーID:4271936526

  • 私の発情期は過ぎた

    恋人が5年くらいいません。私は30代後半の女です。

    連絡を取り合っている同世代の友人は少ないのですが、結婚どころか恋人もいないもよう。

    このままでいいのかなぁ〜と思いながら、恋愛に煩わされることがない今の生活が結構居心地がいいんじゃないんでしょうか?

    若いときには新しい男性と知り合うと「あり」か「なし」か判定していたのに、今は男も女も同じテンションで眺めることができる。

    現実的に付き合うといいんじゃないかと思われる層にはまったく食指が伸びない。

    こんな人が多いんじゃないでしょうか?非婚化の原因て。

    ある意味婚活できる人ってエネルギッシュでうらやましいです。いや、うらやましくないか、自分とテンションが違う人ってかんじかな。

    ユーザーID:0605099651

  • レスします

    とりあえず回答です。
    1.自分の周辺やネットの情報から判断するに、恋人いない人は増えていると思います。ですが、ちゃんとした統計手法で統計取ったわけではないので正しいかと言われると信憑性は保証しかねます。
    2.男女とも結婚しなくても昔ほどあれこれ言われない世の中になったから。昔は周りがうるさくて已む無く結婚していた人も多いのでは、と勝手に思い込んでいます。経済的理由はそれほど影響ないと思ってます(収入少なくても結婚する人は結婚するという考え)。

    あと少子化対策について。私は「出生数を増やす」ではなく「人口ピラミッドが変化しても社会が回るように制度を改善する」のが正しい少子化対策だと思っているので、非婚とは結びつけるつもりないです。
    (「出生数を増やす」という解決方法って「税収が減ったら税率を上げる」という解決方法と同じように見えて賛同できず)

    最後に…私も「やるせない」さんと同じ感想です。

    ユーザーID:0519740587

  • 挙げる事は出来ても特定は出来ない

    理由って一つに絞ることは出来ないと思います。
    過去に挙げられた項目は、全てが何らかの形で非婚化の原因になってるでしょう。
    ただ、ある程度の歳になると付き合う前から結婚を警戒しちゃうもの。
    それに適齢期と呼ばれる頃には、男性の性欲も、女性の魅力もピークは過ぎてる。
    そういう意味では"独身だけど恋人も居ない人"も増えるのは寧ろ当然かと。
    お互いに非婚派だと判るシールでも貼ってあれば、案外非婚派同士で恋人にはなれるのかもしれませんけどね…


    ちなみに「過去を隠して結婚しちゃえばいい」的な女性も原因の一つだとは思います。

    ユーザーID:5234206152

  • 非正規雇用

    非正規雇用形態での仕事をしていて、いつこの仕事が
    終わってしまうか、わからないという状態だと結婚どころか
    恋愛だってする気持ちにならないんだと思います。

    TVで見たんですが、結婚したくないわけではなくて
    お金がないから結婚できない人が多いって見ました。

    私の周りでも結婚しているのは、正社員同士の産休が
    取れる環境の夫婦(二人目の子供を産んでる率が高い)や、
    旦那さんが正社員で奥さんが専業主婦(派遣で働いてても
    実際は産休が取れない)など、収入が確保できてる夫婦は
    結婚できてます。

    私の年齢は(30代)就職超氷河期で正社員じゃなくて非正規で
    働いている人が多いと感じでますが、やはりお金がないと
    結婚できないと思います。

    その他の原因は
    ・24H営業のコンビニやお店があるから、食事に困らない
    ・男性が女性っぽくなって、女性が男性っぽくなっている!?
    ・恋愛したいと思う相手がいない(男性、女性ともに)

    1.私の女友達は、彼氏がいる子が多いです
    2.原因は一つじゃなくて、沢山あると思いますよ

    ユーザーID:1827314054

  • 親の立場から

    息子がいる親の立場です

    昔の親は結婚を勧めたんでしょうけど
    私は一度も言ったことないし、無理にすることもないと思っています

    それは、今の結婚の実態が女性ばかりに有利に感じるからです

    いちばん許せないのは、離婚の際の親権です
    殆ど母親が取れるみたいですが、希望しても取られてしまう父親は
    かわいそうで不公平すぎます

    会わせてもらえないなど非情なこともよく聞きますし、
    それなら結婚して子供ができたら最後、
    夫はもっぱら妻に離婚されないように気を使って
    生活し続けなければならなくなります

    なんか不公平ですよね

    もちろん性格がよくってフェアな女性となら、喜んで結婚してほしいですが
    小町みていても、あまり居なそうですね

    もちろん息子が決めることとは言うまでもありませんが
    でも息子も、そんな不公平に気が付いているみたいです

    ユーザーID:3245545584

  • 2馬力じゃない件

    わーぷあさんのように、結婚したい女性は2馬力になるから云々主張されますが、大半は2馬力にはなりません
    統計的には1.2〜1.8くらいです

    1.男性と女性の平均年収を比べると、女性のほうが2〜3割ほど少ないこと(適齢期)
    2.一般職や非正規が占める割合の多い女性は、総合・技術職の多い男性と比べて不安定なこと
    3.妊娠・出産後も働き続けられる会社なのか?(退職の場合、パートしかないことが多い)

    結局、2馬力と胸を張って言える女性がかなり少ないことが問題ですね
    子供を生まずに、男性と同じように総合・技術職で働き続けてくれるか、公務員じゃないと厳しいです

    多くの一人で生きていける男性にとって、結婚するということは経済的にはデメリットが大きいのです
    精神的な面や、子供が欲しい等、よほどの理由が無い限り一人のほうが経済的には安定します

    また結婚は、相手によっては多大なリスクを背負い込む行為です
    他のトピにも、嫁・姑バトルや、妻の浮気による離婚、働き続ける約束をしていたのに結婚したらすぐ辞めるような女性もいますし・・・

    ユーザーID:2011902368

  • 頭がオーバーヒートします

    日々の業務、社内社外の人間関係、資格試験の勉強、通信講座のレポート提出、趣味やボランティアのこと、これに加えて女性との心理戦である恋愛の駆け引きまでは無理です、
    わたしのCPUはそんなに高性能な物ではありません。

    ユーザーID:9823434602

  • レスありがとうございます

    トピ主です。たくさんのレスをありがとうございました。シタツンガ様まで読ませていただきました。

    私が思ったより、経済状況の悪化が結婚以前の付き合いの段階にまで影響しているというご意見が多かったのに驚きました。
    以前あるテレビ番組で、年配の女性評論家が、私は貧乏だったけど結婚したわよ、お金なくても結婚はできるわよ、と言っていたのが印象に残っているのですが、現代はその時代よりもずっと先行き不安なのかも知れませんね。

    女性は結婚しなくても幸せだという記事には少し納得しました。米国の統計で、結婚することで男性の平均寿命は延び、女性の寿命は縮むというのがありました。経済的な不安がなかったら、女性にとって結婚するメリットはそうないのかも知れません(子供が欲しいとかでなければ)。

    受身の男性が増え、依然受身の傾向にある女性とのカップルが成立しにくい、というのもなるほどと思います。個人的には女性からのアプローチも大歓迎なのですが、なかなかそうはいかないでしょうか。

    惚れた腫れたで結婚はできないというご意見は衝撃的でした。惚れた腫れたで結婚できる人は幸せな時代なのでしょうか。

    ユーザーID:3206736148

  • 自分の考え

    ストーカー

    この言葉が出来てから熱心な求愛行動は不可能になりました

    ・・・・・あの時武田てつやがトラックにひかれていたら

    ユーザーID:3464569492

  • 個人的に。

    恋人がいない人が増えたとは思えない。
    昔と比べると形が変わっただけに思う。

    私が若かりし頃は携帯やメールなどなかった。
    好きな子ができ連絡を取り合うには、
    必然と自宅の固定電話になる。
    電話をかける私は、親が先に電話にでる事を考え
    最高潮に緊張し勇気をふりしぼったものだ。
    現実に親が出る事もあり挨拶をし名を名乗り
    彼女に取り次いでもらう。
    好きな彼女と付き合う事自体に覚悟と責任が必要だった。
    その状態が当たり前で必然と鍛えられていった。

    携帯やメールが普及している今、
    最初から最後まで二人だけのなんとなくの関係が
    一般になっていると思う。
    便利で娯楽が充実し、不便さと寂しさを感じない土壌で、
    簡単に二人だけの関係も持てる。
    何の覚悟も責任も感じる必要性がない。鍛える場もない。
    勢いもない。情報で頭でっかちになるだけだ。
    かわいそうに思う。

    昔も恋人のいない人は多かった。
    それでも非婚化がおきなかったのは、
    今のお見合いパーティーや合コンなどとは違い、
    周りの年配者が入っての紹介やお見合いがあったからだろう。

    ユーザーID:9967723772

  • 経済問題が大きい

    30代適齢期の男性が、結婚したがらないから、女性に相手が回って来ないと、思っています。

    今、30代は就職も氷河期だった人達で、約2割くらいの男性が、結婚に不利な派遣社員を選ばざるおえなかった。
    その男性が、結婚市場に参加することなく、結婚自体を見送っています。

    女性の婚活では、最初に男性の条件ありきとなるのですが、この部分が婚活の裏目だと思います。
    それでは、男性に正社員のなればいいじゃないと言うでしょうか?社会情勢や景気を見れば、困難だと分かっていただけますか?

    男性が、共働きしている事を、結婚の条件にしますが、これは若い男性の給与が少ないからです。
    61歳〜63歳の団塊の世代が、大人数退職して企業にお金がないと言われたからで、そのしわ寄せが若者の給与です。

    経済的な問題から30代の男女が、結婚に対して非常に不利になって来ていますが、特に男性が、結婚に対して消極的です。
    婚活で条件を提示するばかりではなく、女性は共稼ぎも視野に入れた就職を本気で探した方がいいです。

    パートナの男性は、漠然と将来を憂いて結婚に踏み切れないのだと思います。

    ユーザーID:1340957931

  • 続きです・経済問題が大きい

    非婚化を防止するには、一番は、雇用の安定と若者の年収アップです。
    現在、太陽電池、電気自動車、インフラ関連で雇用を生み出す施策を考えるべきで、この先は政治の話だと思います。

    雇用の安定は、収入アップにつながり、結婚する若者を増やせます。
    結婚が多くなれば、少子化問題も回復に向かうでしょう!

    全ては、若者の収入が減った事による結婚市場からの撤退が招いた非婚化です。

    コミュニケーションに自信ある人には、自由恋愛もメリットが多いのですが、コミュニケーションの苦手な人にまで、自由恋愛を進められません。
    お見合いも視野に入れて、あらゆる出会いを結婚に集約出来る事が重要と考えます。

    恋人達が、漫然といだく将来への不安は、結婚へのブレーキになっているのでしょうか?
    適齢期だけども、いい彼氏が身近にはいない。

    婚活の効果が現れない・・・、多分、私は、女性の数が男性の数よりも多いんだと思います。

    ユーザーID:1340957931

  • 自由度が増えたから

    昔は、結婚しないという選択肢はほぼなかったでしょう。お見合いなどで、会った事もない相手と結婚するという人も多かったはず。事実、現在80歳前後の叔父・叔母たちは皆そんな感じです。

    自由度が増えるということは、すべてが自己責任ということ。自由といえば聞こえは良いけれど、選択肢が無限に増えてより生きることが難しくなったのかもしれませんね。

    昔は、容姿がイマイチ、飲んだくれ、無職、酒癖が悪いなどなど、どんな方でも結婚されてましたが、今はなかなか難しいでしょう。ただ、どんな貧乏でも暮らしていけた時代っていうのは、それはそれで幸せの一つの形のように思います。

    ただ、過去はよかった、今は将来真っ暗、のような考え方はネガティブすぎると思います。守ってばかりの人生では、楽しみもそれなりでしかありません。私は人生は切り開くものだと思います。結婚相手はそれを共にするパートナーです。今現在の経済力や、与えてもらうものばかりを算段していたのでは、大切なものを見失います。

    最近の傾向を見ていると、やはり結婚は20代の若さと勢いでできる時にするものだと思います。

    ユーザーID:4878047758

レス求!トピ一覧