結婚制度について議論しませんか

レス149
(トピ主14
お気に入り143

恋愛・結婚・離婚

60ばば

60ばばです。夫と子供がいます。
最近結婚しない男女が増えました。
理由はさまざまでしょうが、結婚制度はもう現代にはそぐわないと思われます。
私たちの時代は結婚は永久就職といわれてました。
日本の経済は右肩上がりで、安定した生活と老後の保証のために、多少の事は目をつぶって(ま、自分にはこのあたりかな・・・みたいに)結婚していました。
結婚生活もそうです。お互いに我慢しながらこそやってこれたと思いますし、何より、大半の男には経済力があり、大半の女には経済力がなかったのです。
でも、現代は様変わり。経済力があり安定した収入のある男性は少なく、働き経済力のある女性が増えました。
また、経済力がある男性だから、ハンサムだからという理由では、女性はもう選ばなくなってきてると思います。
癒しが求められています。
昔は男性が一家の稼ぎ手であり、女性が家庭を受け持つことで考え方としては対等でした。
今、共稼ぎで家計を平等に負担するとなると、家事も平等、育児も平等、お互いの親はそれぞれの問題となります。
離婚も多いです。
お互いの親が嫌いな人も多いし、お互いを鬱陶しいなと感じてる人も多い。
不倫してる人も多いと聞きます。
ならば、結婚なんてしなくてもいいじゃないですか。
結婚はイヤだけど子供はほしいという人も沢山いますが、一人ではできません
籍にこだわらずに事実婚、別居婚、通い婚で協力して子育てもありだと思ってます。
子供に関しては、将来の名字に関してもですがすべてふたりで取り決めておくのです。
家族で一緒に住むもよし、別居もよし、籍は入れずに、お互いが経済的にも精神的にも自立せねば成り立ちませんが、お互いに束縛しない関係でならば、長く続くような気がします。
ご意見・ご感想

ユーザーID:4020376944

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数149

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 民法とか一切無視の私の意見ですが。

     私は現・結婚制度に関して直すべき部分はあると思います。しかしこのトピでは私の意見だけを言わせて貰いますね。

     私は結婚しています。これはとてもラッキーです。だって選べる家族制度なんですもん。私は小さい時から虐待されてて本当に酷かった。だから他人なのに家族として社会的に認められている結婚制度ってなんて素敵なんだろうっていっつも思ってます。

     うちは子供が出来ないので、このまま死ぬまで二人でやっていくのかなって思いますが、実家とはほぼ絶縁している私にとって夫はまさしく「たった1人の家族」なんです。

     賛否両論あると思いますが、私はありがたい制度だなって思ってます。トピ主さんの仰っている事は同棲でも可ですよね。でも同棲って恋人であって家族じゃないんです・・・。

     だから私は「結婚」を選んだんです。

    ユーザーID:5665965732

  • そう思います

    トピ主さんの分析は、だいたい妥当だと感じられました。
    また、私も現在の日本の結婚の制度は、あまり社会の変化に柔軟に対応できる制度ではないので、何とかならないものかと思っています。

    海外では保守的といわれ、家族制度が非常に強く社会に根をおろしている、カトリック諸国でも、結婚にまで踏み込まない(同性も含む)パートナー制度や、再婚家族同士の子どもの所属先の自由など、社会の変化や国民のニーズに対応して、制度を変化させてきていますが、日本はそもそも国の制度が国民の生活のためというより、国が管理しやすいようにということが優先になっているように、常々思います。

    でも、日本は従来からの家制度に加えて、税金あるいは年金などの社会保障制度でも、一人の働き手に妻子がぶら下がる形を前提に、制度設計がされてしまっているので、結婚の制度を見直すということの、影響する範囲が大きすぎて、もうどうしようもなくなっているのが現状ではないでしょうか。

    いつまでも、戦後の高度成長期が続く前提で、それに専門化しすぎてしまった不幸が、結婚には一番大きく表れてしまってるのかなぁというのが、私の感想です。

    ユーザーID:9022186259

  • 改善点

    たとえ有責側であっても、簡単に離婚できるように
    制度を変更すれば、結婚も増えるかもしれません。

    婚姻届提出は簡単でも、離婚はなかなか大変です。
    躊躇する人が増えるのも当然なのです。

    ユーザーID:3776927194

  • 基本、同感ながら、あちこち引っかかりますが

    結婚制度の議論となると大長編になってしまうので、いますぐには書けません。
    結婚制度自体はいまやハリボテですから、今後も衰退して事実婚が主流になると思います。通い婚て、奈良、平安の昔みたいですね。
    昔といえば、トピさんのいう昔も、ある一時期限定の話で、結婚自体はもっとずっと前からありましたね。トピさんの時代が標準とは、必ずしもいえないのでは。たとえば女性がハンサムを選べない時代は長かったはずですよ。
    いまや結婚の二文字に強い憧れを抱くのは、華やかなチャペルの式典で自分がウェディングドレスで主役を張っている、そこのイメージだけ先行してる人ぐらいじゃないでしょうか。

    ただ40代既婚女性さんのレスは大きいですね。ゲマインシャフトとゲゼルシャフト、思い出しました。チェスタトンが、損得とも好き嫌いとも無関係に親子兄弟として家族として括られるからこそ意味があると逆説的に説いていますね。
    40代既婚女性さんはもちろん相思相愛でしょうが、何にせよ二人ないし複数の人間が、唯一絶対の特別な関係として結束する、そういうつながりを示す象徴としての結婚なら今後も生き残って行くのではないでしょうか。

    ユーザーID:8271350202

  • ミジメな人ほど結婚を好む

     ミジメな人生の人ほど、結婚を喜ぶ傾向はあります。

     自転車しか知らない人は、歩いていくことより自転車を好みます。自動車を知っている人は自転車を好みません。というような感じの話です。

     ですから、結婚より良い状況を理解できる人は、結婚を必ずしも好みません。結婚しか幸せを理解できない人は結婚を好みます。

     所詮、そういうことですよ。

    ユーザーID:7564562599

  • 賛成です!

    こればかりは 人それぞれ考えが違うので どれが正しいというのはないと思いますが 私はトピ主さんの意見に賛成です

    夫婦別姓もいいと思います

    こんな考えの お姑さんばかりなら 嫁姑のイザコザも 少なくなりそうな…

    ユーザーID:1242772040

  • 完全同意ですしそうなります

    既婚者ですが、結婚制度は破錠の時期に来ており、落ち着くところに落ち着くまではもう
    しばらく混迷の時期が続くと思います。
    現在草食男子を始めとする男性の非婚化が進んでいるのは、昔より雇用形態の不安定化があるとは
    いってもまだ平均賃金は男性の方が上なので、女性よりも選択について主導権を持てるからだと
    考えます。つまり、自立において男性に遜色ない収入を持っている女性は全体の中では少数ではあっても
    やはり同様に主導権がある為に非婚でも構わないと考える向きがあったり、結婚に際して男性に依存
    することは年頭におかないと思います。
    結婚制度に密接に関係しているのが家制度の名残で、高齢化が続く中ではすぐには廃れはしないでしょう。
    又、結婚制度を単になし崩しにしてしまえば弱肉強食度合いがさらに強くなりますので、男性の、
    結婚して妻に対しての面倒を負うことなく子孫を持つということが顕著になるはずです。
    現況、子供の親権が母親になりやすいということに不条理の部分があれど、一面、使い捨て防止の
    面は否めないと思っています。女性の自立無くては女は腹貸しの立場に追いやられる危険性があります。

    ユーザーID:6741160146

  • 非嫡出児を認める

    というのはどうでしょう?
    フランスのように



    >また、経済力がある男性だから、ハンサムだからという理由では、女性はもう選ばなくなってきてると思います。

    昔は、男性が女性を選ぶ社会だったのです。男性というか父親が。
    女性は受け入れるか、断るかだけ。

    現代も、男性達が恋愛・結婚を面倒くさがるようになって、完全に女性が余ってる状態なのが昨今の情勢ですが。


    >昔は男性が一家の稼ぎ手であり、女性が家庭を受け持つことで考え方としては対等でした。

    いや、妻は夫に従うというのが当たり前でしたよ。

    ユーザーID:3650461579

  • 多分

    結婚制度の是非はとても難しい問題ですが、一夫一妻制のわが国での婚姻は、どんな男女にも万遍なく相手を与える意味では役立ってると思います。

    もし、母系社会が復活し財産の権利が母から娘へ継ぐ世の中になれば、あらたな新しい社会が求める婚姻制度がおきるはずです。

    私自身は、現在の結婚の形をとりたいですね。なぜならそれが最も安定した男女の形ですから。新しい家族を増やすのは楽しいです。

    あと、夫婦別姓の議論が進まないことは残念です。

    ちょうど良い時期に今、映画【大奥】が公開されてます。男女の有りようが逆転した不思議な世界、女々しい男達に男々しい女達の姿が色々考えさせられますよ。

    ユーザーID:2676368396

  • 考え方が偏っているように見えます・・1

    利益だけで結婚しようとするからそうなるんだと思います。誰かの為にという謙虚な気持ちが持てない人が増えたのも現代病ではないでしょうか?
    男と女が完全に平等になんてなれるはずもありません。つくりが違うのですから・・。無理に今風として平等に考えすぎるからお互いに自分に都合の良いほうに考えているんではないでしょうか。
    共稼ぎはともかく、相手の親が嫌いな人が多いなんて昔からでしょうし、嫁姑問題も大昔からあったもの。けど、やっぱり人によると思います。
    私の周りの義母さん方はとてもいい人たちでみんなうまくやっています。
    無理に同居なんてしようと思うからトラブルが起こるだけ。
    結婚しなくても実家の家族と住んでいればトラブルの1つや2つありますよね。不倫している人間は、結婚する以前に倫理観が欠如しているわけで結婚する資格すらない方々だと思います。なのでこの問題にひっぱり出すのは違和感があります。
    事実婚等、婚姻届を提出せず子育てになった場合今よりもっと不幸な子供が増えると思います。責任感のない男性は逃げてお金を払わなくなるでしょう。

    続きます。

    ユーザーID:6117458326

  • 考え方が偏っているように見えます・・2

    もし外に別の異性ができてそちらでも出産することになったらどうしますか?どちらかの女性は養育費を相手に分担してもらえなくなる可能性が今より格段にあがります。現在だって、養育費や慰謝料を払わなくなる男性は多数存在しています。
    経済的自立なんかよりも大きな課題となります。
    そして、そんな親や大人をみてきた子供は20年後にどんな倫理観を持つようになるでしょうか?
    結婚は子供を守るシステムであり、大人を守るシステムではありません。
    「癒しが求められる」といいますが現在の結婚で癒されている人たちもたくさんいます。結婚で不幸になった方もいらっしゃると思いますが、結婚で幸せいっぱいの方も存在しているのです。今の日本の倫理観が低くなりつつあるのは一人ひとりが少しづつ我侭になってきているからではないでしょうか。「40歳既婚です」様の意見を見て胸が打たれました。私にとって夫も同じような存在です。恋人や同棲と結婚はまったく違うものだと思うから結婚しました。現在とても幸せです。30歳で結婚を決意しましたが、若い頃結婚しなくてよかった。相手をみる目を養ってから決めた相手だけに不満もなにもありません。

    ユーザーID:6117458326

  • 結婚でしか得られない物は何でしょうね

     議論は別にしなくて良いんですけど、かつて家族で行っていた子育てや介護、仕事、日々の食事や娯楽その他イベントも(お金があれば)外注できるようになった現在、結婚でしか得られない、保証できないものって何があるでしょうか。

     「子ども」はトピ文のように結婚制度がなくても得られるものですものね。

     それは人それぞれに答えを持っていると思いますが、私は、基礎のところは《40歳既婚です》様がレスされている内容に同意します。
     得られる物・結婚制度によって保証されるものは「暖かい家族」とか「だんらん」とかいう、曖昧でぬるい、定義しがたい、ある意味「自立」と正反対のものじゃないのかな。

     で、案外それは、順調に子どもが巣立っていく為に必要なものなのではないかな…と、まあ、あんまり論拠はないんですが、思います。

     結婚制度によって成立した家族でも「だんらん」が皆無、逆に事実婚・1人親家庭でも勿論「団らん」がある家族、という場合も多いので一言で済まない話ですが…。

    ユーザーID:4921043591

  • 凄いです!

    60歳でこの考え!!
    おみそれしました〜!!

    90%賛成ですが、心配するとしたら子どものことです。
    次々パートナーが変わる可能性がありますが養父の虐待や女の子と養父の関係などが心配です。

    また、共働き100%でないとこの制度は難しいと思いますがまず子どもの行き場を作って欲しいと思います。
    3年生までは学童がありますが、様々な子どもがおり、怪我をするほどいじめられることもあるそうです。
    そんなとき母親、もしくは父親が仕事を辞めて子どものケアをすると、万が一夫婦の破綻があったとき社会的弱者に転がり落ちてしまいます。

    また、中学、高校生になると親の居ない自宅で危ない遊びをする温床にもなりえます。
    うちの子に限って・・という子も危ないらしいですし。

    老年になると相手親の面倒を見たくないので分かれる可能性もあります。
    奥さんは喜ぶしそれはありだと思いますが息子のみの介護だと虐待につながりやすいようです。もっと学校や社会で男にも家事掃除介護を科目に取り入れて実習させてはいかがでしょうか?

    未来は変わっていくもの。より良くなればすてきですね。

    ユーザーID:4186153523

  • 反論

     ○○婚という名前はおいといて結局は法で縛れば今と変わらない。
     志村けんさんの話でいっきに有名になった2年同棲で財産たっぷり持ってかれた…。

     私の個人的な考えですが、国家を繁栄させ少子化問題に立ち向かうには家制度を復活させるしかありません。実際にこれは成功してますし、この制度のおかげで今の日本があるのは間違いありません。

     しかし今の女性たちは経験した事も無い家制度を女性優遇のための言い訳にして勘違いしています。

     実際体験している世代にもっと現実を話してもらいたい。そしてなぜ法律が変わったのか誰が変えたのかそれはみなさんご存知だとおもいます。結局は某国の思い通りになったようですね。

    ユーザーID:8899814398

  • そこまで言うなら

    父子関係の確定にDNA鑑定を強制すれば良いと思います。
    それで子供に対する扶養義務だけを法定してそれ以外は契約で。
    相続も遺言のみにするか法定相続人を子供だけに限る。
    これできれいサッパリするでしょう。

    ユーザーID:2268204038

  • さんせーい!

    大いに賛成です。

    働く女として結婚に魅力を感じません。

    結婚がなければ不倫もないよね。

    面白いよね。

    ユーザーID:6873647015

  • 日本の問題は制度でなく社会的圧力

    トピ主に賛成です。私も結婚制度自体は現代に合わないと思います。しかし結婚したい人は法律的に結婚すればいい。制度としては存在意義はあると思います。問題は日本の社会・世間体というものが他の形のパートナーシップの形をなかなか認めたがらないというとこにあると思います。

    人は豊かになればなる程、自由に個人中心の生活を望みます。他人との集団的生活はそれ自体が摩擦であり疲労であるから。欧州のある国々ではパートナーは50%以下の確率でしか一生涯添い遂げることがない。それぞれ付いては離れをくり返してそれなりに皆幸せな人生を歩んでいます。

    流れは個人化にあり、忍耐が足りないから「我慢」を強要して昔ながらの集団的生活に戻ろうなんてことは起こりえないのです。それは人は個人でも生きて行けるのならその方が楽だから。おっしゃる通り、昔は家族、結婚という形でしか生きられない女性がいました。

    親が別れても子供はそれぞれの面会を必ず確保するということと、法律的結婚以外のパートナーシップを社会的に受け入れる必要があると思います。子供と名字が違っていても親子は親子に変わりません。

    ユーザーID:7181219523

  • 補償費がネック

    私自身は夫と結婚して子ども持ち、初めて家族の暖かみというものを知ったので
    事実婚が並立しても婚姻制度を選ぶと思います。

    それはさておき、成人した人間が自由なライフスタイルを選択できるのならば
    選択の余地を持たない子どもたちには、できる限り平等な補償が必要です。
    特に教育に関しては、親の収入が1馬力でも2馬力でも
    学力や希望に添って進学できる環境を望みますし
    医療についても成人まではある程度の国からの助成を希望します。
    社会保障にについては、育児を含む長期休暇の取得、復職後の待遇保証、
    保育園はもちろんベビーシッター制度が必要不可欠かと。

    でも実際は、家制度を含む家族制度に縛られた高齢者で溢れた日本には無理な話。
    介護でさえ、まだまだ家族の負担に負うところが多いのが現状ではねえ。

    ユーザーID:1306022814

  • 私は、基本的に賛成ですが・・・やはり無理があります。

    「籍にこだわらずに事実婚、別居婚、通い婚で協力して子育て・・・」と言いますが、制度が廃止されれば、男は誰だってかなり複数の女と同時に接触するに決まっています。女だってそうするでしょう。その結果、男には、自分の子供かどうかさらにわかりにくくなるし、誰の子供かわからないのに「協力して子育て!」何てする人などいません。
    現状でも男は子育てには非協力的ですが、かろうじて結婚制度としての父親の責任や世間体が、それを拘束しているだけです。
    仮に男と女のどちらか大病にもなれば、簡単に見放すことでしょう。

    タガがはずれれば、無秩序社会・無差別自由競争の始まりです。
    浮気とか不倫とかの概念はなくなり、それに苦しめられることはなくなりますが、子育てを押し付けられるのはどうしても女です。子育て中の収入は大丈夫でしょうか!
    他の男とつきあっている女に生活費を渡せる男はいるのでしょうか!

    結婚制度は、むしろ女性や弱者を守る制度かと思います

    トピ主さんの考えは完全に男性サイドよりのものであり、女性の意見とは思えませんでした。

    ユーザーID:9458730311

  • 事実婚を貫いた女性の話

    以前、テレビで見た話ですが。
    あるところに、二人の男女がいました。
    二人はお互いの考えのもと、婚姻届を出さずにパートナーとして暮らすことを選びました。
    数十年パートナーとして暮らした後、男性が先に亡くなりました。
    残された女性がこのようなことを仰ってました。

    「やっぱり二人別々のではなく、夫婦として二人一緒の歴史が欲しかった。」

    やはり、どんなに似ていても、婚姻届出して得られる関係と、婚姻届出さずに得られる関係は別物なのだと思います。
    どちらがいいかは人それぞれなのでしょうが。

    ユーザーID:2017537000

  • ここまででもう、一つの結論が出てますね

    社会システムじゃなく、個人の思い入れの価値としては少なくとも誰も異論はない様子です。結婚の価値、実際問題としてはそうでしょうね。
    男女の結びつきとは別に、子供を保護するシステムさえできれば、片付きそうですね。いずれにせよ、非婚化、少子化は止まらないでしょう。

    ちなみに僕が引っかかった点は、ターバンさんの指摘の通りで、トピさんが無理にバランスをとったり何やら弁解がましいように見受けられたとこです。ハンサムのことだけ前に書きましたが。

    横ですが、新婚さん
    あなたが少々偏ってるんじゃないでしょうか。女性の「利益」を優先するのは正当だという根拠のない前提があるのでは。男女は同じじゃないから女性はあまり稼げなくて当然とか、男性は稼げて当然とかいうなら、女性に対して失礼だし、男性に対して不当に圧力をかけることになりますよ。

    ユーザーID:8271350202

  • 短絡的に歓迎してはいけない

    先のレスにも書きましたが、今のような社会状況で婚姻制度の全廃はけして女性の為になりません。
    結婚の際に締結される貞操倫理などは公になし崩しになるのですよ。
    男女共に生活力のある者だけが自由に異性と子を持つ事が出来るという状況が顕著になります。
    結婚しないことで得られる個人の自由と共に、種の保存として次世代にとっても
    より良い環境が整備されなければなりません。
    それでも男女の交際において子孫を残すもので一番整備しやすいものが婚姻制度です。
    何にせよ、個人の自由意志・行動にだけ全てをまかせていては社会が成り立ないので、
    平均と秩序の為に法律などがあるように制限範囲はやはり設けなくては。
    私は男女が子供を作ることには一定の取り決めはやはりあるべきと考えます。
    しかし子供は親の手を離れて全て育成機構がまとめて面倒を見る、などSF的なほどに
    個人的親子関係を抜きにしてしまわないと、婚姻制度を全廃して健全に子孫を残していくことは
    難しいと思っています。こんなこと実現するには時間がかかるでしょうから、その前の
    混迷時期はかなり殺伐とすることが推測されます。

    ユーザーID:6741160146

  • 女性に必要な制度だと思います

    結婚制度は、子供を産む女性を保護する制度だと思っています。
    妊娠と出産、子育ての間に、Hが出来ないからと、別の女性の所に行かない様に男性をつなぎ止める役割がありますね。

    ともかく、男性には不利な契約かもしれませんね?
    非婚化の原因の一つに、現状の結婚制度を、損する立場だからと、そっぽを向いてる男性が増えたからかもしれません?

    損得勘定で、結婚を考える内は、結婚する事自体難しいと既婚の友人から言われた事があります。
    籍を入れるのは、財産分与の時に、効力を発揮します。

    でも、近年は愛人の子にも財産が分けられるのを見て、裁判官はおかしいと感じて欲しいです。
    愛人にも財産分与される事で、入籍の重みが軽くなり、これが不倫を助長すると思うのです。

    結婚は、入籍する事で、妊娠、育児、子供の成長、亡くなった後の財産まで保障された画期的な契約ですよね?
    でも、非婚や晩婚は増えているんでしょう?

    一昔前までは、Hしたければ、結婚しかなかった時代もあったのですが、ハードルの低い女性達が、結婚しなくてもHを許すので、結婚に対してシャカリキになる男性が減りましたね!

    ユーザーID:3696058374

  • 結婚しない男女に

    危機感を持ってます。結婚という制度がなくなれば更に子供の数が減っていくだけです。
    個人の幸福だけを追求する事って孤独で虚しくありませんか?
    トピ主様は実体験で結婚制度は失敗だと思ったのですか?
    私は結婚して幸せです。
    時代が大きく変化しても人間は結婚する事で社会に信用される傾向にあります。
    それは家庭という社会の人質ができるからです。
    日本の一般的な家庭の夫は家族の為に家や車を購入しようと働き、妻は子供の教育費や家のローンの為にパートに出ようとします。
    家庭を持つ事は国の経済に対し必要不可欠だと思ってます。
    人間の勤労意欲は自分だけの為より家族の為の方が切羽詰まるので確実に強いです。
    これから介護問題も更に深刻化していく事でしょう。
    若い時から老後を心配する時代です。
    このままだと年金は確実に崩壊するのが目に見えてます。
    自分の得する事には人間は貪欲です。
    ならばいっその事、強制的に子供が親に対して金銭を援助しなくてはならない法律ができたら少子化も年金の少なさも一気に解消できるのでは?なんて最近考えてます。
    これ以上個人の幸せばかり追求しても人間は絶対に幸福にはならないと思いますよ。

    ユーザーID:1501450037

  • 離婚裁判中ですが・・

    子供2人(小学生と保育園児)を抱えて、不倫中の夫から離婚裁判をおこされています。裁判所は、破綻主義に傾いており、5年間の別居で一律離婚を認めよう、という動きもあります。しかし、母子家庭になってみると、資格を持っていても、残業などはできず、非常勤で働くため、まさにワーキングプアです。母子家庭の貧困率がOECD加盟30カ国の中でワースト1の日本において、母子家庭で、子どもに十分な教育と食事を与えることがいかに大変か、身をもって実感しています。裁判所が破綻主義になるなら、他国のように、子どもの経済的保護やケアもセットにすべきと思います。子どもの貧困は、子どもの将来に悪影響を与えることは知られていますから。

    ユーザーID:5437142720

  • 子供の意味

    少子化だから、年金制度のため、世間体など、そんな理由で生まれた子供が幸せになるもんですかね。
    産んだほうは、私は社会に貢献した!と自己満足に浸っていればいいですけどね。

    そういう身勝手な人が増える世の中もどうかと思います。

    ユーザーID:4921104608

  • 結婚制度の枠外で生きる事もいいもんですよ。

    生活を維持するだけの生活力があり、結婚という殻の中で生きていく事に憧れも親からの強制も無かったのですが、母性愛をくすぐる自然の法則?で子供を育てたい感情にかられ、好感を示して来た数人の中から一番分かれ易いAと結婚式無し披露宴無しの結婚をしました。
    子供2人を働きながら育て上げ、満足感の味わいは最高のものでした。
    子供達への私の任務は終わり今は今の人生を旺盛しています。
    夫は未だに私の回りをうろうろしています?
    南北と実家も義理の家も遠方ですのでお互いに、冠婚葬祭全て当人だけが参加です。
    自由時間で働ける為夏休みは子供達と私で実家で、正月は子供達と夫で義理の家で、
    形式的なプレゼントの交換は無しです。

    子供達への結婚希望!
    世の結婚制度に従うも良し、無結婚の人生を選ぶも良し。

    この年に成り思う事は人生の短さを痛感する事です、
    この世に生を受けた以上短い人生、思うように生きたいように生きれば良いのでは無いでしょうか、結婚制度はそれぞれの頭の中でその人にあった制度で結構と???

    ユーザーID:5490784711

  • 60ばばです

    皆さまのご意見に納得することが多くあり有難うございました。
    <40歳既婚さま>、や、<新婚様>のおっしゃる通り、結婚は上手く持続できれば、安定と心の安らぎをもたらすことは確かだとおもいます。
    しかし、離婚も、家庭内別居も非婚も多いですね。ちょっと前まで「誰かが知ってる誰かの知り合い」の話だったのですが、いまやごく身近に普通に離婚があります。非婚も増えてれば、異性と関わりない30代も増えていると聞きます。
    60ばばの世代はこのまま済むのかもしれませんが、若者世代の将来はどうなるのでしょうか。

    <新婚さん>の言われる通り、ひとりひとりが我儘になり謙虚さがなくなった結果だとおもいます。

    <ピンキーマロンさん>がおっしゃる様に、結婚で得られる理想は「団欒」であり、子供が順調に育つためには温かい家庭かと思います。

    しかしながら、<ジルさん>が言われてます。豊かになればなるほど、集団生活の苦痛も増しますし、一旦自由になった個人に、忍耐我慢を強要しても集団生活にはもどれません

    ユーザーID:8552246359

  • 続きです

    <nagiさん>の言われるように離婚は大変です。嫌いになって離婚するわけですから、親権をとった親は、子供をもう一方の親と会わせたくはないでしょう。
    でも、まず、離婚した時の法律を欧米並みにしてほしいと思います。
    元夫と妻は子供が成人するまでは、共同で責任を負うというものです。
    子供と住まない親が子供と連絡をとる義務と権利と養育費の義務です。

    <ターバンさん>の御意見の、非嫡出子に全く同じ権利を認める法改正と、事実婚が普通のこととして受け入れられる社会の実現がまたれると思います。
    事実婚が同棲と違うところは、双方が自立したうえで家庭を作る点にあると思います。
    今のところ、特別な女性にだけ認められている感じで、まだまだ偏見っがあるのではないでしょうか。

    <風花さん>の一夫一妻の結婚制度は、確かにまんべんなく配偶者をあたえる良いシステムでしたが、問題は上手くまわらなくなったことです

    <サマンサさん>の御意見の通り、選択のない子供たちには国による平等な保証が必要ですが、その前に結婚が面倒だという男女が増えてます

    ユーザーID:4020376944

  • 続きです

    <ぴんくココアさん>、<風花さん>、夫婦別姓は事実婚で解決しませんか?

    <バレエ男子さん>、昔は女性に選ぶ権利がなかったとも言えるし、あったともいえるのではないですか?別にバランスや言い訳ではありませんけど。
    なぜなら、女性は(その父親は)力のある男を優先順位にえらんでいたと思うから。
    女性側の、男に対する容姿の希望の優先順位が上がってきたのは近代だと思いますし、ごく最近は癒しや優しさが加わりましたが

    <nyaさん>の、「結婚制度が崩壊すれば弱肉強食度合いが強くなると言われる」ように、昔に戻り、女性は力のある男だけを選ぶようになるのかな?

    <もーもーさん> 「経験したこともない家制度を女性優遇のためのいいわけにしてる」と書かれた文章の意味がわからないのですが。

    不幸な多くの虐待が離婚による母親の孤立や、自立してないために次の男とくっついて、継父の虐待に加担、見ぬふりにより起きてます。
    結婚制度は選択制にし、子供への責任は共同親権で法的効力をつける

    ユーザーID:4020376944

レス求!トピ一覧