現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

大学院博士課程進学の「価値」

オロネ25−701
2010年10月14日 21:54
古いレス順
レス数:22本

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
研究者という職業の価値についての質問なのでしょうか?
T
2010年10月15日 21:58

トピの文章を読んでも具体的にどのようなことを質問しているのかよくわかりませんでしたが、研究者という職業に価値があるのを認めるならば博士課程進学にも価値があるのは明白だと思うのですが、そこらへんはどうなのでしょうか?それともトピ主さんの主張は研究者という職業そのものに価値が無いということなのでしょうか?

「経済的安定」のために嫌な上司のいうことを聞いてやりたく無い仕事をする人生の方がよっぽど辛いという意見もあると思いますがいかがですか?それに小説家や芸術家や俳優や映画監督やスポーツ選手を目指す人など、経済的安定を捨てて努力している人はいくらでもいますけど、なぜそのような例ではなくて博士課程のことを疑問に思われたのでしょう?そこらへんのことをもう少し丁寧に説明してもらえると皆さんも質問に答えやすいのではないかと思います。

ユーザーID:6851031740
企業人さんまで読みました
オロネ25−701(トピ主)
2010年10月15日 22:48

>博士課程には、大学での純粋な研究以外厭、貧乏もOK、という人も少数居>ますが、興味ある分野で好きな研究をやり、生活も安定させたい、という>人が過半でしょう。就職の悪さが喧伝され、博士課程進学者が減少気味
>で、真に優秀な博士課程修了者は、逆に、引っ張りだこになっている現実>があります。

企業人さんのお考えに共感できるところ多いので、もう一回登場しました。
好きな研究と生活の安定の両立。こういうマインドがあるというのが、私の実感からして当然だと思うからです。また、世間で喧伝されていることとは逆の面があるということで、とても勉強になりました。

これで本当に最後です。ありがとうございました。

ユーザーID:4315884873
 
現在位置は
です