アンカレッジのうどん屋の店名(古&超駄)

レス37
(トピ主8
お気に入り43

旅行・国内外の地域情報

Mii

別トピでお世話になりましたMiiです。
再度、教えていただきたい事が出てきました。

昨日同僚達と呑んでいて、アンカレッジのうどん屋の事が出てきました。
昔は北米への直行便が無くアンカレッジ経由で、そこにうどん屋があったと言ったのですが、誰も覚えていませんでした。

そこでネットで検索をしてみたのですが、うどん屋があった事はブログなどで書かれていましたが、屋号までは載っていませんでした。

出張した米国で、肉・肉・ポテト・肉・コーラ・肉・ロブスター・肉・・・の繰り返しだった食事が、箸でズルズルとすする食事ができ、「ああ、もうすぐ日本だなぁ」と感慨深いものでした。
そのうどんは、醤油をお湯で溶いただけのしょっぱいツユ、腰のある・・・いや硬いだけの麺、少しのネギ。
それなのにとても美味く感じていました。
冬季のトランジットの時などは涙が出るほど美味しかった。
(そして、なぜか食べたくなっている自分がいます。)

そして、そのうどん屋の屋号は何だったんだろうとい疑問が出てきました。
フジとかトーキョーとか日本の名前だった気がするのですが。

たぶん40歳以上の方しか判らない事だと思いますが、店の名前について記憶の片隅にある方は教えていただければと思います。
(まさか、まだ店があるとか??)

ユーザーID:4617907967

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数37

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 食べた。

    でも、名前までは覚えていないです。ちょっと自慢です。今から30年前。私は、20前でした。鶴の翼に乗って、アンカレッジ経由でどこか行った事ある人が少数派になってしまいましたね。

    ユーザーID:2988439700

  • ありましたねぇ!うどん屋さん

    小学校の時、父の転勤でパリに行った時、
    中学編入試験で日本に帰国する往復。
    そして最後に帰国した時。

    計4回行きました。

    特に受験で帰った時には、飛行機のタイヤがパンクして
    6時間アンカレジに足止めされて2回行ったかも。

    白熊の剥製の近くでしたよね(笑

    さすがに店の名前まで覚えてないですが、

    父にも確認したところ
    店の名前なんか無かったんじゃないかな?
    とのことでした。

    ユーザーID:2886708799

  • アラスカうどん

    アラスカうどんと看板に書いてありましたよね。それが店名かと思ってましたが、別に屋号があるのかもしれません。

    ユーザーID:5738080514

  • あったあった

    ありました、うどん屋。
    帰りならともかく、行きに日本から離陸して大して経ってないのに、結構たくさんの人が食べていてびっくりしました。
    しばらく食べられないと思うと食べておかなくちゃと思うんですかね?
    ちなみに私は食べていませんが(まだまだ海外旅行初心者だったので、頭の中はヨーロッパで一杯、なんでこんな所にウドン???って感じでした)、
    他人が食べているのを見て、憶えているのはカップ麺のような容器だった、
    手打ち麺のような切った麺ではなくて、いかにも機械で生産されたような感じの(見た目の)麺だったという事です。
    つゆも醤油色でしたね。
    でも・・・すみません。店名は憶えていません。店名・・・あったんですかね(笑)。

    ユーザーID:9371820977

  • 懐かしのポーラールート

      あ・あまりの懐かしさに思わずレスしてしまいました。50代前半。アンカレジ経由で2度ヨーロッパ旅行したことあります。
    初めてのときは高校生!! 当時成田開港前で私たちのツアーは夜の羽田から飛び立ったのです!! 白クマのはく製もありましたね。うどんやがあったことも覚えています。
     私は食べたことがないので店名は記憶定かではありませんが、「アラスカうどん」と書いてあったのを覚えています。2度目のヨーロッパ旅行は夫と二人で、日本はちょうどバブルの始まりで大勢の日本人がアンカレジの免税店でブランド品を買いあさっていました。その後直行便が増えてフライト時間も大幅に短くなり、アンカレジ経由便はなくなりました。当時免税店や空港売店では大勢の人が働いていましたが、あの人たちはどうなったのでしょうか? 現在は子供も大きくなったし、旅行価格も下がったので再び欧州家族旅行を楽しんでいます。フライト時間が長かったけれど、羽田発ポーラールートが懐かしいです。

    ユーザーID:7924907958

  • 旅行・国内外の地域情報ランキング

    一覧
  • ありましたよ

    空港ですよね?
    暖簾に「きつね」と書いてあったかも・・・

    私自身は食べませんでしたが、フランス人が食べたあと体調悪くして、何食べたか聞いたら、「日本人が並んでいたから」と説明を受けた所はうどんやでした。決して不味いとかではなく、初めての食べ物に驚いた感じでした。

    ああ、20年も前の話、思い出させてくださって、ありがとうございます。
    あの当時のほうが、旅の風情がありましたし、モンスターな客はいなかった・・・。

    ユーザーID:0297023654

  • 確か、東京

    確か、東京という名前だったと思います。

    ちなみに、市内の日本料理屋さんは熊ごろうと言う
    名前で日本人乗務員はアンカレッジで滞在中ホテルへ
    デリバリーを頼んでいました。

    懐かしいですね。

    ユーザーID:3772814164

  • 皆様ありがとうございます。

    個別にレスできませんが、駄々トピにお付き合いいただきありがとうございます。

    やはり、あのアンカレッジのうどん屋をご存じの方もいらっしゃいますね。
    あの何とも言えないうどんの味・・・甦ります。
    昨日の晩飯に何を食べたかは覚えていないが、30年前の事は思い出されますね。
    あのうどん屋はオバチャンが一人で切り盛りしていたと思うのですが。

    今までの情報では「アラスカうどん」が最有力です。
    しかし、いま一つ名前が違ったんじゃないかな?とモヤモヤしています。
    まだまだ、情報をお待ちしています。
    よろしくお願いします。

    そしてレスで、北米経由の欧州へ行かれた方も大勢いらっしゃるようですが、私は最も安い航空券しか支給されなかったので、西回り(確か、シンガポール→ムンバイ→アンカラ→欧州・・・だったと思うが)の何度もトランジットをした移動でした。
    ずいぶん古い事ですけどね〜〜。

    ユーザーID:4617907967

  • トピ主のコメント(8件)全て見る
  • 南回り

    南回りに反応して出てきました。行きが南回りでローマ。帰りはパリからアンカレッジ経由でした。南回りのルートがいまいちあやふやです。ホンコン、?、どこかインド内?、カラチ、ベイルート,カイロ?ローマだったか。アテネによったのかな?1979年の暮れです。鶴の飛行機でジャンボです。どなたかご存知の方いますでしょうか?帰りの飛行機の窓からマッキンレーの頂上を見たような気がします。記憶が遥か彼方。でもうどんは覚えています。

    ユーザーID:2988439700

  • オッチャン、オバチャン集合トピですな〜。(爆)

    皆様ありがとございます。

    tomさま
    記憶の片隅に「トーキョー」という単語を憶えていたのですが、それかもしれませんね。
    他の方で同じように憶えている方、もしくは写真をお持ちの方がいらっしゃれば確定できますね。

    おばさんさま
    香港の啓徳空港もトランジット空港の一つでしたね。
    乗り継ぎができなくて、空港隣のリーガルホテルに泊まった事もありました。
    後は、クアラルンプール(マレーシア)やカルカッタ(インド)も経由地の一つでしたね。
    この辺りを経由していたのでしょう。
    >でもうどんは覚えています。
    こう言う事って、何気ないときにフッと思い出しますよね。

    まだまだ情報をお待ちしています。
    当時勤務されていた鶴の会社のパイロットや客室乗務員の方からのレスがあると嬉しいですね。

    ユーザーID:4617907967

  • トピ主のコメント(8件)全て見る
  • 想い出しました

    私が直接にお店に行ったのではないですが、友人達とヨーロッパに行く際に経由したアンカレッジの空港で、給油の為に時間があいて店に行ったツアー仲間から聴きました。
    「ねぇねぇ、うどん屋があったよ。意外に美味しかった。」
    「へぇ、アンカレッジにもあるんだね」
    「うん。それがねー、絶対に忘れない名前で爆笑した。」
    「何?」
    「アラスカうどーん!!!」
    覚えてますよ、今でも。20数年前はその名前でした。

    ユーザーID:6221889846

  • 森瑤子さんの小説

    "苦いテーブル"という森瑤子さんの小説のなかにアンカレッジのうどん屋さんの話が出てきます。
    しかし、店名までは書いてなかったような…

    ユーザーID:7117111963

  • 素晴らしい!駄トピです

    めったにレスしないんですが出てきてしまいました。しかも、Mii様への回答が分からないのに…(アラスカうどんが有力なようですね)。アンカレッジ経由は20数年前の大学の卒業旅行で欧州に行く際に、行きのアンカレッジからそのうどんをすすっていたような(笑)。給油の際のトランジットなんですが、つい食べてしまいますよね(笑)。しかし、空港自体は今でもあるのでしょうから、そのうどん屋さんもまだあるんでしょうか?あるのだったらツアー組んで皆で食べに行きたい(笑)。

    ユーザーID:1210807487

  • やはり「アラスカうどん」が有力か?!

    そうでした!さま
    ギリギリ直行便の前の世代ですね。
    ご友人が面白いって思われたのでしたら、そのご友人は写真(もちろんフィルム世代ですけど)を撮られていませんか?
    もし写真に撮られてていらっしゃると確定なのですが。



    別トピにすべきか?
    近くに駄菓子屋?っぽいお店がありませんでしたっけ?

    ユーザーID:4617907967

  • トピ主のコメント(8件)全て見る
  • 白熊の剥製も覚えておられますか?

    私も欧州へ行くのにアンカレッジには何度もお世話になりました。
    丁度半分程度の距離で、1時間の給油+休憩時間があり、欧州まで合計で18時間くらい掛かりました。

    最初は30数年も前になります。当時は「おばさん」さんのように鶴丸利用者はステータスが高かったですよ。
    私費留学生であった私は、キムチエアーが誠一杯でした(笑)。

    ものは試しで食べたうどんですが、美味しかったのか不味かったのか微妙なところでした。当時一杯日本円にして千円位したのを覚えています。

    大きな白熊の剥製が置いてあったのも思えておられますか?
    さすがアンカレッジっていう感じがしましたね。

    その後、モスクワ経由便が運行され、アンカレッジ経由は衰退してしまいましたが、モスクワにも日本のうどん屋が出来たのです。
    空港は暗くて寂しい雰囲気でしたが、後に西側の高級品を売る免税店も出来たので少々驚きました。うどん一杯、矢張り千円位しました。
    ソ連も崩壊し、欧州へは直行便ばかりとなってしまい、モスクワ空港のうどん屋も儚かったですね。

    アンカレッジは、今思うと青春の1ページだったかもしれませんね!

    ユーザーID:2574925008

  • なつかしいィ〜!

    ありましたよねー!

    初めてイギリスへ一人旅したときに、その当時はアンカレッジ経由でしたから立ち寄りましたよ。

    そして、看板覚えてます!

    うどん!って書いてあった!!

    お店に名前があるとは知りませんでした。

    その時には、なんだか日本の観光地に来たようで妙に安心してしまった思い出が。

    ところでお店をやっていたのは日本の方だったのでしょうか?

    ユーザーID:6944781447

  • アラスカに一票

    ありましたよねえ。覚えています。アラスカだと思います。
    私は、NY、東京の便で、見つけました。白熊の剥製もありましたよね。家族が赴任しているNYへの行き、もしくは、帰りかしら、一人で飛行機にドキドキしながら乗っていたので、なんだかうれしく感じたのを覚えています。結局、お店に入ったのかどうか、いや食べた気もするかな?
    私も40代です。懐かしい気持ちにさせてくださって、ありがとうございました。なんだかほのぼのしてます。

    ユーザーID:4631339091

  • あったあった!

    私も店名は覚えていないんですけど・・・

    20年前、私が13歳の時、父の転勤でイタリアへ。
    その頃はロシアの上飛べなかったんですよね?今は直行便あるけど。

    アンカレッジでトランジットでしたよ。
    白クマの剥製覚えてます!うどんやさんがある!って思ったのも覚えてます。
    今でも家族でたまにこの話題出ますよ。でも店名出てこないけど・・・

    アンカレッジからコペンハーゲンへ行き、
    KLMでアムステルダム、そしてAlitaliaでやっとミラノ到着でした。
    24時間かかってましたねぇ・・・遠かったなぁ・・・

    今もうどんやさんあるんですか?
    行きたいなぁ。

    ユーザーID:3922272127

  • 「たべもの」

    ひらがなで「たべもの」って書いてある看板がかかってたの
    覚えてる人いませんか?

    それがいかにも素人の外国人が書きました、って感じの文字(笑)
    「たべもの、って確かにそうだけど、何とストレートな。。」と
    当時十代の私はびっくりしましたね。

    ユーザーID:7980544253

  • 50才です、食べました

    ヨーロッパへの新婚旅行の途中でトランジットのため飛行機を降りたのがちょうどお昼時でした。
    行きだったのか帰りのことなのか覚えていません。
    機内食に飽き飽きしていた私たちの目に飛び込んだのがうどん屋の看板。
    クッキーみたいなかき揚げらしきものが乗った「天ぷらうどん」を夢中ですすりました。
    だしは利いてないし麺も硬かったけど、確かにあの時は懐かしくておいしかったですね。
    店の名前は私も覚えていないのですが、「アラスカうどん」では?というレスを見てなんだかそんな気もしてきました、
    適当でごめんなさい。
    店員さんたちが日本人の顔立ちだったのでうれしくて話しかけたら、違う国だと知って寂しく思ったりもしました。
    うどんやアジア人をあんなに恋しく思ったということは、きっと日本への帰路だったからかなあ。

    ユーザーID:8811889441

  • 屋号は分かりませんが、懐かしいアンカレッジ

    眼下に広がる未踏破の景色。
    剣山のように尖った山、山、山。
    円窓から見るオーロラにワインを飲み過ぎ、スリッパで空港に出てしまいました。
    巴里に到着するまで幾度も出てくる機内食。
    帰りは蕎麦が楽しみで鶴のマークと決めてました。

    ユーザーID:7718703478

  • うどん―その一

     アンカレッジ在住の者です。皆さんが話題にしているうどん屋は、屋号などはなく、ただノレンにでっかく「うどん」と大書されていただけのように記憶しています。当時のオーナーは韓国人。味のほうは、ツユも麺も、いただけませんでした。

     長旅をする日本人には、それでも「うどん」の文字は魅力的で、味に疑念をもちながらもついついオーダーしてしまった人は意外と多かったと思います。

     因みにあのうどん屋は三代目。初代は正真正銘の日本人がやっていました。三〇年ほど前のことです。ダシも麺も、手作りで、味は日本で食べるうどんそのものでした。

     二代目のうどん屋は、鶴丸航空の子会社で、アンカレッジで機内食を作っていた会社です。初代の店が大繁盛だったので、そのビジネスを乗っ取ったとのことでした(乗っ取られたオヤジさんから聞いたので確かです)。ダシも麺も出来合いのモノに変わりました。でもまだ日本の味でした。

    ユーザーID:5700005676

  • うどん―その二

     で、三代目はというと、トランジットがなくなることを見越して早めに切り上げた機内食会社の後塵を拝するような形で、韓国人の投資家がうどん屋を引き継ぎました。ダシと味は、オーナーが日本のうどんを食べたこともなかったので、まああんなモノになったようです。三代目のビジネスは、トランジットがなくなると、まもなく終わりました。

     いまは、アンカレッジ空港にうどん屋はありません。美味しいうどんが食べられる店は、市内からも消えました。ザンネンデス!

    ユーザーID:5700005676

  • おお!現地在住の方からのレスです!!

    TJさん、詳細な情報を有り難うございます。

    乗っ取り・・・そう言う諸事情も・・・色々とあったのですね。

    そして、アンカレッジには一軒もうどん屋が無いのですか。
    今アンカレッジにうどん店が進出するとシェア100%ですね。(爆)

    ユーザーID:4617907967

  • トピ主のコメント(8件)全て見る
  • これまでの情報から考えてみました。

    それでは、今までに頂いた情報をまとめてみました。

    ○店の移り変わり(TJさん情報)
    ・遷移1.日本人
    ・遷移2.鶴丸子会社
    ・遷移3.韓国人

    ○店舗情報
    ・候補1.アラスカうどん
    ・候補2.のれんに文字のみ(うどん、きつね)
    ・候補3.東京
    ・シロクマの剥製があった。(皆様の情報)
    ・日本人以外の東洋人が働いていた(おおじゃるさん情報)
    ・日本円で1,000円ぐらいだった。(安彼氏さん情報)

    ○味
    ・不明(食べなかった)
    ・美味しい(懐かしくて美味しかった)
    ・あまり美味しくない

    以上の事から推測してみました。
    数値(日付等)が不明なのであくまでも身勝手な推測です。

    1.日本人の時は「アラスカうどん」。
    2.鶴丸子会社の時は、そのまま引き継いで「アラスカうどん」と推定。
    3.韓国人の時は店名不明。
    4.シロクマの剥製はどの店の時も置いてあった。
    5.味や従業員から、私やおおじゃるさんが食べた時は韓国人になっていた。
    (その時に東京と名付けたか?)

    まだまだ情報をお待ちしています。
    (他に、安彼氏さんのモスクワうどん情報とか、おばさんさんの南周り情報とか・・・)

    ユーザーID:4617907967

  • トピ主のコメント(8件)全て見る
  • たいした情報じゃないですが再び

    昔の写真を引っ張りだしてきましたよ。
    何度かアンカレッジは経由していますが、それは1986年のものです。
    残念ながら、お店は写っていませんでしたが、器はカップ○ードルのような縦型です。
    狼の剥製もありました。
    毛皮のコートをいっぱい売っていたのを憶えています。

    ユーザーID:9371820977

  • アラスカうどん

     修正です!

     今日、初代うどん屋の息子さんと会い、確認してきました(初代うどん屋のご主人は、残念ながらすでに故人となられました)。

     店名は「アラスカうどん」だったそうです。ただ、店名というよりも、手作りのノボリに「アラスカうどん」と染め抜き(ノボリにしたのは、ノレンを染めるよりも楽だったため)、それを屋台風の造りの調理台傍に立てていたようです。<マドレーヌさん>、<そうでした!>さん、正解です。

     一九七〇年代の前半に店を出し、七〇年代の終わり頃に再契約をしようとしたところ、鶴丸子会社に店舗出店の権利を奪われたそうです。

     因みにうどんは生うどんで、なんと日本から船で運んで来たものを使っていたとのこと。

     以上、修正です。前回は、あやふやな記憶でもって、適当なことを言い、申し訳ありませんでした。では――。

    ユーザーID:5700005676

  • 3年前に見ました

    3年ほど前にヒューストンから東京へ向かう便がエンジントラブルとやらで
    アンカレッジに緊急着陸しました。
    空港内は普段は旅客機が止まらないようで人気が全くありませんでしたが、急に数百人が降り立ったからか売店や免税店はオープンしてくれました。
    で、例のうどんやさんは店舗はありましたが開店はしてくれませんでした..(涙
    スミマセン、名前は覚えていないのですが「アラスカうどん」と言われるとそんな気が。
    確かに外国人が書いた風の看板があった気がします。
    お店もそんなに古びた感じではなく必要があれば営業できそうな感じでした。


    シロクマの剥製は空港正面入り口で仁王立ちしていましたよ!

    ユーザーID:4753431379

  • 「アラスカうどん」で確定ですね。

    TJさん、本当にありがとうございます。

    「アラスカうどん」ののぼり。
    これで確定でしょう。

    70年後半に初代から経営者が代わっていたということは、私が海外出張していた頃はすでに子会社の頃。
    そうですか、初代の頃に行きたかったなぁ。

    ユーザーID:4617907967

  • トピ主のコメント(8件)全て見る
  • 訂正します 「うどん」です

    暖簾に書いてあったのは、「うどん」の文字だと思います。あの日は酔っていたのかなあ・・・

    そしてみなさんがおっしゃっている白クマのはく製は、店のそばにはありませんでしたよ。免税店のそばでもなく、柱のそばみたいな記憶。白クマが立っているので、すごく大きい。

    私は現在49歳。
    初めて行ったのは’85年1月頃。
    その後、’87〜88年ドイツ在住でしたので何度か降り立ちました。空気がひんやりいい気分。意地汚いので、あそこで何か食べる気はしませんでした。

    ユーザーID:0297023654

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧