現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

息子の妻と性格が合いません!

モン
2010年11月5日 3:18

初めまして。どこに相談して良いのかわからず、若い女性の多い小町にお聞きしたく思います。昨年息子が結婚しました。悩んでいるのはその妻のことです(A子さんとします)。
A子さんは可愛らしく女性的なタイプで、息子はとても幸せそうです。それを微笑ましく見ていたのですが、最近雲行きが怪しくなってきました。

まず、A子さんが「お母様たちが心配だし、近くに引っ越そうと思います」と言い出しました。家事も手伝えるし、何かあったら安心とのこと。でも、私は現役で働いており、クライアント相手に飲んだくれて深夜帰宅もしばしば。夫は退職していますが、趣味人で料理好き。下手に介入させると台所争いが起きそうです。家事のために家に来てもらいたくありません。

そう言って固辞しましたが、二人でマンションを探し、その結果、家賃が高いので援助して欲しいという話になりました。ちゃんと働いていて独立した別世帯なのにありえない〜、と一笑に付しました。
そこからも、どうせ介護で同居になるんだから(しません)、子どもが産まれたら頻繁に会いたいだろう(実際そうなるかもしれませんが、恩着せがましく予言されても……)、息子の通勤時間が長くて身体を壊しそう(45分くらいです)と、会うたびにチクチク言われます。笑い飛ばしていましたが、最近は本気で面倒くさくなってきました。

息子は固い企業に勤めていますが、若いのでさほどの収入はないでしょう。私の収入は確かに高いです。我が家は兼業の私が子どもを育てるために、住環境よりも職住が近いことを優先に選んでおり、東京駅からタクシー1000円圏内の都心です。また、私が相続した収益不動産もあるので、裕福だと思っているのかもしれません。でも、どうせ夫と私の老後費用で飛んでしまうくらいの財産だし、今の家も退職後は引き払うつもりです。
(続きます)

ユーザーID:8747002833  


お気に入り登録数:8556
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピ主のレスのみ
レス数:19本
トピ主のみ(19)ほかのレスも表示

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
続きです
モン(トピ主)
2010年11月5日 20:29

不慣れで続きが遅れてすみません。

また、私には家を出た未婚の娘が一人いるのですが、週末に銀ブラでも、というときにA子さんも混ざりたがります。当然、食事はすべて私持ち。銀座では「お母様くらいのお年の方は本物を着けないと」とブランドのバッグや時計、服を見繕ってくれるのですが、正直興味がありません。私の趣味は読書と観劇なので、そちらには結構なお金と時間をかけていますが、服装はカジュアルが好みです。

A子さんは私が読んでいる本にも一生懸命関心を示してくれて、「読んでみたいです!」と借りてくれるのですが、的外れな感想を聞くのもつらい……。

正直、彼女が仕事相手だったら馬鹿にしてしまうと思います。こんなに努力してくれてるのに申し訳ないと思いつつ、今や電話をもらうのも苦痛です。
息子が選んだ伴侶を尊敬したいのに……。相手を傷つけずに距離を取るには、どんな対応をすればいいのでしょうか。お知恵をください。

ユーザーID:8747002833
続きです2
モン(トピ主)
2010年11月5日 21:27

ちなみに息子はA子さんが言うならそんなもんかな、と思っているようで、深く考えて援助の話をしているわけではない様子。何のために教育を受けて自活したんだ、と息子にもイライラします……。

また、A子さんを「お嫁さん」と呼ばないことに気を悪くされた方がいて、ビックリしました。
私は結婚の際、姑と一緒に「嫁です」と挨拶回りをさせられたことがあります。そのとき15軒目くらいで「姑の嫁ではないです」と思ってイヤになって以来、嫁って言葉は苦手です。でも、私のそういう考えもA子さんを不安にさせているのかもしれません。
A子さんは結納、式、披露宴をしっかりやりたいという方だったので、すべて向こう様の意向に合わせて行っていますが、嫁にもらったという気持ちはありません。

ユーザーID:8747002833
どうもありがとうございました
モン(トピ主)
2010年11月7日 21:41

ご意見ありがとうございました。

読ませていただいて、考えたのですが、私の中に二つ感情があるようです。
一つ目は、タイトルにしたように「性格が合わない」相手と付き合うことの面倒くささ。女学校で6年過ごしましたが、合わない人とは本当に合いませんでした。私は眼鏡で読書の垢抜けないグループ、A子さんはおしゃれで華やかなグループ。そんな感じです。
二つ目は息子を巡る姑感情です。確かに自分の中に、息子を取っていったお嬢さんという感じがあるのではないかと思います。こんな結婚難の時代なので、取っていってくださって有り難いと本当に思っていますが、イラッとくることがあると過剰に悪く取ってしまうのかも。例えば、私の仕事を「すごいですね〜」と一生懸命ほめてくれるのに、イラッとくるというのは姑心としか言いようがない気がします。

ユーザーID:8747002833
家族介護を希望しない理由
モン(トピ主)
2010年11月7日 21:44

今まで、A子さんについて夫に愚痴を言ったことがなかったのですが、相談してみます(子どもが一度決めて始めたことをグチグチ言わない、というのは我が家では結構大事な決まりなのです)。

夫は自分の祖母(私にとっての大姑)が110歳近くまで生きたので、家族介護には反対の立場です。家を継ぐという名目で同居していたのは田舎に残った次男夫婦なんですが、次男は逆縁になり、その奥様は自分が85歳になっても、結局家を自分のものにはできないままでした。長男にあたる私の舅も当然逆縁で、「人の生き死にをあてにすると痛い目を見るね」と姑がよく言ってました。

息子も中学生くらいの時に、この曾祖母の家に行ったことがあり、凄く印象的だったようなので、いくら考えなしでも、相続財産狙いって発想はないと思います。むしろ、親孝行くらいに思ってA子さんを差し向けていそうですが、それはそれで息子が馬鹿で腹立たしいですね。土日の予定を聞いてくるのも息子が多いです。
今度A子さんに「夫は110歳まで生きるわよ〜」って言ってみようかな。
あと、来週仕事帰りに息子とお茶でもして、真意を聞いてみようと思います。

ユーザーID:8747002833
息子と話しました
モン(トピ主)
2010年11月29日 11:58

色々あって、ご報告が遅れました。

まず、根底に流れる感情は「娘に負けたくない」に尽きるようです。そう書いている方がおいででしたね。慧眼です。

娘は出版社勤務で、恐ろしく長時間働いているので、たぶん息子の倍近く年収があります。それをA子さんが気にしているそうです。また、娘は今年家を買ったのですが、その資金を私たちが援助したと思っていて、収入が高く、独身でゆとりがあるのに欲張りだと憤慨して、援助の話につながったそうです。

結婚の際、息子名義で作ってあった貯金を渡しているので、同じような額を娘が貰ってはずだと怒っているそうです(確かに娘の結婚資金に貯めていたものを渡してしまおうかとも思ったのですが、それを言う前に娘がローンを組んでしまい「結婚に取っておいてよ」と言われました)。

息子も色々言われるうちに、A子さんと二人で娘に対抗しようという気分になったとのこと。娘の家は、我が家とは離れた東京の西側ですし、気が向いたときにしか電話してこない娘にどう対抗しようというのか…。娘が薄情だからお母さんが可哀想、という息子の勘違いな孝行心も混ざっているみたいですが。

ユーザーID:8747002833
息子と話しました 2
モン(トピ主)
2010年11月29日 12:00


またA子さんは、娘はどうせ結婚しないから、実家も自分のものだと思って、我が物顔で帰ってくるに違いない。娘は仕事ばかりしていて、背が高く女性らしくない体型だから、結婚は無理だろうと言っているそうです。

ほかにも、娘が成人したとき、私の母がしてくれたように冠婚葬祭用の真珠セットを仕立てたんですが、それを法事の時に見せつけられて悔しかったと。私はやっぱり実の娘には勝てないんだと嘆いていたと聞いて、わけが分からなくなりました。

私がA子さんに買ってあげないから娘に負けたと泣いてたそうです。うろ覚えですが、A子さんはご自分のネックレスをされていたと思います。娘のものも、実用品で、取り立てて良い品ではありません。

「Aちゃんを娘だと思うなら買ってあげるのが公平だよね…?」と息子も話しているうちに、だんだん自分が何を言っているのかよく分からない顔をしてました。

ユーザーID:8747002833
息子と話しました 3
モン(トピ主)
2010年11月29日 12:02


息子は理系の研究職で、好きな仕事に就けて幸せそうでしたし、独身時代の一人暮らしも楽しそうにやってました。それが、結婚したとたん給料で比較されて、全く関係ない仕事の妹を僻んでいるなんて。

息子も5〜600万くらいは年収があると思います。子どものいない新婚夫婦が、それで暮らすのが難しいなんてことがありますか? A子さんは息子の年収が分かっていて、専業主婦になったはずです。

自分が親に何を話しているかも分からない顔をしている息子が気持ち悪くて、いい大人の息子を思わず怒鳴りつけてしまいました。息子はビックリしてましたが、結婚生活に自分でも思うところがあるらしく、家に帰ってA子さんと話すと言ってました。

「息子はお嫁さんのものになるからつまらない」と良く言われますが、こういう意味なんですか? まるで別人です。

皆さんが「財産を相続させるか、もしくは縁切りか」みたいな二元論を語るのを不思議に思っていましたが、息子に配偶者ができるとそういう関係になってしまうんでしょうか。
悔しさと悲しさで、落ち込んでます。

ユーザーID:8747002833
続きです
モン(トピ主)
2010年12月3日 23:28


皆さん、ご意見本当にありがとうございます。若い方の意見に考えさせられます。Very文化など、知らないこともいっぱいで、勉強になりました。そして、小町を見ると、つくづく色んな家族の形がありますね! 

続きがうまく書き込めていませんでした。
息子と話したのは2週間くらい前です。私の機嫌が悪く、結局すべて夫の知るところとなりました。

息子にも腹が立ちましたが、娘を悪く言われたのも悔しくて…。世の女性は多かれ少なかれそうだと思いますが、娘は大柄な体つきや酷いニキビなどの容貌コンプレックスで学生の頃はかなり苦しんでいました。仕事を持つ歳になり、ようやくファッションや化粧などをのびのびと楽しめるようになった娘を見て、本当に嬉しく、誇らしく思っていたんです。


A子さんが正確に何と言ったかは分かりませんが、娘の容貌を陰でけなしていて、しかも、それを好きな仕事で自立した娘が実家に戻る理由にしていたのが、私の中で決定的でした。もう心から仲良くはなれないと思います。

ユーザーID:8747002833
続きです2
モン(トピ主)
2010年12月3日 23:33


何の事情も知らないという感じで何回も電話がありましたが(そんな筈はないでしょう!)、A子さん相手に世間話をするのがつらいです。電話を取らないと、何度もかけてくるのも凄いなと思いました。何というか、根性がある女性です。
「クリスマスと年末年始に料理を持って行きたいです」とも言われましたが、娘も同席するかもと考えると嫌悪感でムカムカするので、私の一存で長めの旅行に出ることに決めました! どこでも良いから取れるところを、と旅行の手配をかけていたら、気分が晴れてきました。憧れだったバオバブの木を見てきます。満天の星が、バオバブの木の周りを回るのが見られるそうです。

問答無用でアフリカに連れて行かれる夫は、プンプン怒るを私を見て、何だか楽しそうです。「こんなこと気に病むのはモンさんらしくないよ〜。ミキモトあたりの真珠を送りつけて、何年か会わないことしようよ。その間に若夫婦も話し合わざるをえなくなって、現実とか相手の考え方とかに向き合うでしょ。それができなきゃ、あいつもバツが付くかな〜」なんて呑気に言ってます(夫は離婚歴があります)。息子から夫に相談もあったようです。

ユーザーID:8747002833
続きです3
モン(トピ主)
2010年12月3日 23:41

「一度お茶を」などの建設的なご提案をいただいた後に、こんなご報告で恥ずかしいのですが、とりあえず年末年始は旅行に逃げ、本でも読みながら気持ちを静めます。年が明けたら、前向きに息子夫婦と話してみるよう頑張ります! 

しかし、何と話せば良いのかは正直アイデアがありません。具体的な金額を無心されてないのに「たからないで!」って言うのは、はっきり言い寄られていないのに、交際を断る女みたいな感じで自意識過剰な気もします。お金の話をすれば、きっとA子さんは「そんなつもりじゃ…」とおっしゃるでしょう。家賃援助の話も、義理両親を思うA子さんの親切心という形でした。
今は「あなたと話すのがイヤなのよ!」という心境ですが、これはあまりに心が狭い…(笑)。

若夫婦のプライドと恋愛関係を傷つけないような公平な話を考えます。

ユーザーID:8747002833
続きです4
モン(トピ主)
2010年12月3日 23:54

(だらだらと長く書いてごめんなさい)

あと、「Veryのような」の意味を調べて、ようやく理解できましたが、A子さんは読者なのかもしれませんね。
昨年から今年は頻繁に歌舞伎に行ったのですが、それに混じりたいというのが銀ブラ同行の始まりでした。「せっかくの歌舞伎なので着物を着ましょう」「どんな着物が正式か教えてください」などの話をして、私の娘時代の着物を着て出かけたこともあります(私は着物に全く詳しくありませんが)。ブランド品も、一緒に持ちたいということなら話は分かります。

A子さんは東京近県で事業をされているお家のお嬢さんです。実家との仲も悪いとは感じませんでした。息子とは付き合って半年ほどで結婚話が出たので、お互い分かっていない部分や遠慮もあるのでしょう。

それにしても、うちは憧れるほどの家ではないのです。
所詮サラリーマン夫婦なので、子どもふたりを私立に行かせて、夫婦の老後で使い果たしそうです。家があるのも東京東側の下町です。上流の方は、東京駅から近いなんて理由で下町に住まないと思います…。

ユーザーID:8747002833
愚痴です
モン(トピ主)
2010年12月20日 1:38

なんだかもうよく分かりませんが、私がA子さんの電話を避けていることと、クリスマスと正月に息子夫婦と会わないことが大変な問題になってきて、この週末はA子さんのご両親が我が家においでになりました。

まとめると、「娘は至らないところもあると思うが可愛がっていただけないか」というような話でした。ご実家に何て言っているのかは分かりませんが、完全に「嫁いびりを心配して、いても立ってもいられない親御さん」という感じでした。実際にA子さんはとても憔悴しているそうです。

A子さんのご実家は自営で、「跡継ぎがいないので、本当は嫁に出したくなかったんですよ!」とも言われましたが、そんなこと言われても。
とにかく丁重に対応しましたが、親御さんは不信感でいっぱいでした。A子さんの状態が、親が見てびっくりするほど悪いのかもしれません。

夫によると、A子さんが参っているのは、息子との仲が少しギクシャクしているせいもあるのではとのことですが、昨日は私が参りました。

親族が増えると、色んなことが起きるんだなあ、と昨夜は何だか興奮して眠れませんでした。

ユーザーID:8747002833
ご報告
モン(トピ主)
2011年1月11日 22:34

どうもありがとうございました。ご指摘通り、私は仲良くやってきた息子と絶縁するのが恐ろしく、若夫婦に良い顔をして対決を避けていたのだと思います。大人相手に話し合えないでどうする、と心が決まりました。
電話して、皆で話そうと言いましたが、A子さんに涙声で謝られるばかりで話が進まないので、老後や財産、家族のありようについての考えをまとめた長い手紙を夫と二人で書きました。A子さんのご実家にも、違う文面の手紙を送り、嫁いびりのつもりはないこと、同居予定はないこと、息子夫婦が合意しているなら息子が婿に行っても問題はないことなど、考えを伝えました(ご両親は同居と財産の長男相続を決めつけていたので)。

ところが息子がこの連休に泊まりに来ました。A子さんのお父様から事業の継承と連帯保証人を依頼されたそうです。A子さんのご両親は年金がない(?)そうで、息子がA子さん家の跡取りになり、自営で働けなくなったら生活資金を入れて欲しいということのようです(A子さんのご両親は私たちよりも上の年代なので、もうすぐでしょう)。A子さんの実家には妹さんもいますが、収入的には不安定なのかもしれません。

ユーザーID:8747002833
ご報告2
モン(トピ主)
2011年1月11日 22:37

A子さんは、その話に猛反対しているそうですが、私たちが送った手紙のこともあり、A子さんが精神的に落ち着かず、まともな会話ができない状況が続いていて、どうしようもないと泣きついてきました。私には「誤解しないでください」という内容のメールがA子さんから何通も来ています。

現段階での私の意見は「連帯保証人は絶対にならないこと。そして、A子さん家の詳細情報を共有するために話し合え」です。息子は離婚を考えているようですが、まずA子さんの心を鎮め、二人で話し合う努力を、と思います。息子の将来を差し出させるつもりはありませんが、A子さんに収入もないのに離婚は難しいでしょう(夫は「別れたら?」と勧めてますが、無責任な…)。来週、息子夫婦と相談しようという話になりました。

最初の質問からずいぶん外れてしまいましたが、家族観、老後観がかけ離れた家庭と姻戚になったとつくづく思います。送った手紙のせいで、こんな展開になったのかと、申し訳ない気持ちもあり、援助も覚悟し始めました。頑張って貯金しないと危ないなあ、定年後も会社がフリーの仕事くれないかなあ、なんて思いつつ、これを書いてます。

ユーザーID:8747002833
長いです1
モン(トピ主)
2011年1月14日 23:37

皆様、親身なお怒りのご意見どうもありがとうございました。耳が痛いです。おっしゃる通り、気持ちを落ち着けたく思います。
援助は、もちろん向こうのご実家にではありません。結婚が継続するなら、A子さんからお金をせびられるだろうな、懐事情が分かるだけに、孫の進学などと言われたら断れるかな…という話です。私も親族間の連帯保証人探しを見ているので、連帯保証や事業の軽はずみな継承はありえないと分かっています。先にも書きましたが、息子の人生を駄目にさせるつもりは、毛頭ありません。

離婚も、息子が決めたら反対するつもりはないのです。
ただ、「可愛くて、優しくて、最高の女性に出会えた〜!」とあんなに惚れ込んでいたのに、手のひらを返すような態度があまりにだらしないと思うんです(「可愛くて優しい」がA子さんの本質かどうかはともかく、現在パニックになっているA子さんの、その「女性らしい」面に息子は惹かれていたはず)。

このままだと、息子は逃げ帰ったまま、ろくな話しもせずに「酷い女だった〜!」の被害者面で終わりです。結婚って、そういう無責任で一方通行なものでしょうか。

ユーザーID:8747002833
長いです2
モン(トピ主)
2011年1月14日 23:40

家に帰りたくないと言っていましたが、夫と話して一度帰しました。離婚に向けて別居するにせよ、相手とちゃんとケンカしてこいと。息子はA子さんの様子と向こうのご実家の話にビックリして、ほとんど何も話せずに逃げてきた状況です(お父様には、その場で断ったそうですが)。荷物も弁護士か業者に取りに行ってもらえないかなどと言っていました。自分が知らないA子さんと向き合うのが恐いんだと思います。息子が心底困っているので、私たちも親身に話を聞いていますが…。仕事や普段の生活では、もっとしっかりしているんですが、肉親以外の女性と言い合った経験が少ないのがいけないのかもしれません。 

そして、離婚を勧める皆さんに少し反論させてください。

やはり、同じ女性として、親の経済状況が理由で簡単に離婚されてしまうのは理不尽だと感じます。これは私の信条なので、A子さんが苦手な女性であることとは別の話です。結婚以外ほとんど働き口のなかった世代なので、尚更そう思うのかもしれません。息子の人生ですから離婚に反対など絶対にしませんが、離婚が成立したら私の心の隅に一生引っかかると思います。

ユーザーID:8747002833
長いです3
モン(トピ主)
2011年1月14日 23:44

A子さんが騙していたというご指摘もありましたが、それも息子がきちんと聞き出していないので不明です。

老親を自分の収入で支えている方は多いでしょうし、私も父に離婚された母の面倒を見ていました。私の母とは時代が違うとは言え、男女の賃金格差がこれだけある現状では、結婚は大半の女にとっては今でも大事な人生基盤です。思惑と違ったなどという男の都合で簡単に離婚されるべきではありません。今回の件が男女逆だったら、連帯保証人はないにせよ、生活費援助くらい「仕方がないだろ」と妻に言う夫もいると思います。

私は姑に仕事を辞めるよう迫られたことと、役所相手の仕事に旧姓を使えないのが受け入れがたく、出産後は何年か事実婚にしていました(息子はそれを知りませんが)。その時に、女の結婚というのは生まれ変わる程の覚悟をもってするものなのだと身にしみて感じました。反対に、生まれ変わりのチャンスがあるからこそ、一部の女性たちは条件にこだわって婚活などをするのだと思います。A子さんにも、生まれ変わりの夢があったかもしれません。息子は女にとっての結婚を軽く考えすぎです。

ユーザーID:8747002833
長いです4
モン(トピ主)
2011年1月14日 23:47

それにしても、A子さんの「働かない選択」が私の最大の謎です。私がA子さんなら、どんなひどい恥をかかされようと、石にかじりついてでも、絶対に職を手放しません。A子さんは派遣の仕事をしていたのですが、結婚が決まるなり、正社員にバカにされるのがつらいと辞めているんです。親の困窮を全く知らなかったのか、それとも、息子が恐れているほど悪くない経済状況なのか…。

夫は元々A子さんタイプの依存的な女性が嫌いなので(息子の手前、頑張ってましたが)、会って泣かれでもしたら、無茶苦茶酷いことを言って徹底的に痛めつけてしまいそうだと言っています。私もいつもみたいな甘えた口調で話されたら、怒鳴りつけそうです。なので、とりあえず親は会わないことにしました。

大人の息子を信じ、頑張って口を出さずに見守ります。すでに息子は弁護士と一度打合せしています。息子がオムツの頃から知っている知人なので、親身になってくれるはず。今の感じでは、まず離婚の方向で間違いなさそうですが、A子さん相手ではどのみち長引くでしょう。今週末、また我が家に泊まりたいと言っているので、そこで感触を聞きます。

ユーザーID:8747002833
最後です
モン(トピ主)
2011年1月14日 23:49


長々とすみません…。

最初の質問とずいぶん離れてしまい、我ながら見苦しいので、この辺で失礼します。
皆様、本当にどうもありがとうございました。
初めてこういう場所に書き込みましたが、書くことで自分の気持ちが整理され、
とてもたくさんの方々のご意見に触れられたことに、深く、深く、深く、感謝します。

ユーザーID:8747002833
 
トピ主のみ(19)ほかのレスも表示

現在位置は
です