出がらしのお茶

レス40
お気に入り50

ぴっぴ

話題

下らない質問だと思いますが、気になるので意見を下さい。

私は結婚するまで、出がらしのお茶を、自分で入れる場合以外に、人に出された経験がありませんでした。
私の実母もお茶が好きで、家族が起きてくる前から飲んでいましたが、朝食や夕食の時、家族で食卓を囲む時には、
新しいお茶っ葉でお茶を入れてくれた為、そういうものだと思っていました。

ところが、義母(遠方に住んでおり、年2回ほど帰省)は、自分が朝5時くらいから2度ほど使用したお茶っ葉のまま、
私達にお茶を入れてるれるので、正直おいしくないんです。高いお茶っ葉を節約したいなら理解できますが、
農協の1kgタイプの安価なもので、且つ、少なめの茶葉で入れるので、水みたいでお茶の香りもしません。
結婚して数年経って慣れてきたので、最近は、「お母さん、朝は濃いお茶が飲みたいので、入れ直していいですか?」
と御伺いをたて、入れ直すことにしましたが、どうも腑に落ちません。
義母は「いいよ。」と言ってくれますが、普通、年に2度しか帰省しない息子とその嫁に、
出がらしを飲ませますでしょうか?
3回に1回、「出がらしでしし?さっき入れてばかりだから」とか言うなら解らなくもないですが、毎回ではがっかりです。
私が贅沢なんでしょうか?

ユーザーID:2168766666

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数40

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • なるほど…

     ピッピ様、憶測で失礼なレスをしてしまいました。お許し下さい。

     つまり、料理が嫁より下手なことを自覚している義母様の自尊心をこれ以上傷つけないようにしつつ、おいしいお茶をさりげなく出すにはどうしたらよいかと悩んでいたということだったのですね…。うっかり美味しいお茶を出してしまうと、義母様をしょんぼりさせてしまいそうなのですね。優しい嫁としては、これは難しい問題ですね…。
     別の面で義母様の長所を見つけ、褒めて差し上げられると良いのですが…。

    ユーザーID:6817491137

  • トピ主2

    雪だるま様

    濃いほうじ茶、おいしいですよね!私も大好きです。
    お茶っ葉は早くなくなりますが、やはり美味しい上に幸せな気持ちになりす。


    秋の風様

    義母は5時に目が覚めてしまうらしく、起きてお茶は飲んでいますが、朝ご飯の用意はしません。私が7時くらいに起きて、用意しますので、その点はご安心下さい。
    義母は料理があまり得意でなく、よく言えばシンプルに食材を調理する為、息子である夫が私の味付けを好むからです。
    「たまに実家に帰省した時くらい、“母さんの料理食べたい”って言ったほうがいいよ。」と促しても、聞いてくれません。
    義母も私が夫の胃袋をつかんでしまったと理解しており、
    「ぴっぴさんの料理でないと食が進まないみたい。ぴっぴさんの料理は手が込んでるからね。私が作ったおかずは、残すから…」と言われ、台所に立ってもくれません。でも、書いていて思ったのですが、私にも、「私が料理してるんだから、お茶も自由に入れさせてよ!」という不満があったのかも知れませんね。気づかれないようにしなきゃ・・・。

    ユーザーID:2168766666

  • おそらくなーんにも考えてない

    と思います。
    私が実家にいた頃、主さまの義母さんとうちの母は同じでした。
    そして一緒に生活している私も普段からそういうお茶を飲んでいたので
    その時は大してまずいとも思いませんでした。
    ようするに薄い出がらしのお茶に慣れてしまっているのです。
    (もちろんお客様がいらっしゃったときは別ですよ。)

    ひとり暮らしを始めて自分で好きなようにお茶を飲むようになり
    安い茶葉でもお茶を楽しむようになったら
    たま〜に帰る実家のお茶はまずくて飲めなくなりました。

    だから母が作ったお茶があっても、私は自分で新しいお茶を入れて飲みます。
    主さまは私のようには出来ないかもしれませんが
    おそらく義母さまに他意はないと思います。ただの習慣の問題だと思います。

    なので角が立たないようにその時に臨機応変にすればよいのではないでしょうか?

    ユーザーID:6172498460

  • お茶をいただくことは、煎れてくれた人の気持ちをいただくこと

     私は、ぴっぴ様のトピ文を読んで、何か引っかかりを感じてしまいました。お節介かとは思いますが、再度レスをさせていただきます。

     義母さんは朝5時から起きて、朝ごはんの支度をされているのでしょうか?ぴっぴ様は遠来のお客様ということで、義母さんの用意した朝ごはんをご主人と一緒にごちそうになり、さらにお茶の給仕も義母さんに甘えているのですか?ぴっぴ様が私の娘だったら、給仕の手伝いぐらい進んでやるようにと、言ってしまいそうです。
     嫁の気に入らないお茶だったとしても、頑張って嫁にお茶を出してくれた義母さんの精一杯のもてなしの気持ちを受け取ってやってください。きっと、義母さんに悪気はないのだと思いますから。

     あなたの方から、「義母様、朝ごはんの支度ありがとうございます。ちょっと、休憩なさってください。お茶は私に煎れさせてください」と声をかけてみてはいかがでしょうか?義母さんに「まあ、ぴっぴさんが煎れると、同じ茶葉なのにこんなに美味しい!」と喜んでもらえますように…。
     
     

     
     
      

    ユーザーID:6817491137

  • 出がらしはいやです!

    私も出がらしを飲まない派です。濃いお茶(ほうじ茶)が大好き。

    私もこちらのトピを拝見して、お茶って2番(3番)煎じって言葉あるよね、と思い出しました。

    一番煎じしか飲まないと、お茶葉がすぐ無くなります。倹約家の方はここが気になるのかもしれませんね。

    ユーザーID:3678341861

  • トピ主です。

    私の素朴な疑問に、たくさんのコメントを頂きまして、ありがとうございます。
    「年に2回なんだから我慢すれば…」とのご意見、確かにその通りです。
    でも、「同じシチュエーションなら、他の人はどう思われるんだろう?」と知りたかったのです。

    山葵さんまでのコメント、読ませて頂きました。
    それで思ったのは、私が想像していたよりも、義母のようなタイプが世の中には居るのだという事。
    そして、不満に思う私のようなタイプも、過半数は居るのだという事。

    思い起こすと、義母は、我が家にも農協のお茶を送ってくれたり、帰省の際にお土産に持たせてくれてりします。
    それら思うと、ケチという事でもなさそうです。

    結論ですが、今後は、雰囲気を見ながら、薄いお茶をそのまま頂いたり、時には入れ直したりして、
    角が立たないようにしようと思います。

    「お茶を買って持って行ったら?」というご意見もありましたが、これは以前、私達夫婦がお気に入りのブランド米を
    食べてもらおうと、買って持って行って焚いた際、実家の米を否定されたと感じたのか、寂しそうな顔をしていたので、
    やめようと思います。

    ユーザーID:2168766666

  • 人の所帯だし・・

    年2回まずいお茶を飲むくらい、なんてことないと思います。

    人の家のこと口を出すってことは、
    自分の家庭のことに、あれこれ言われても、
    我慢しなければならなくなりますよ。

    ユーザーID:0499095435

  • 我慢するのも一つの考え方。

    年に数回のことでしたら、我慢できませんか?
    ケチとか贅沢とかの問題ではなく、「そういう習慣」でしかないと思います。

    私も夫の実家のところでは、朝の紅茶がおいしくなくて泣きそうな思いをします。我が家では、モーニングティーは濃いめのキリッとしたお茶をいれてます。夫もこの習慣にどっぷり。

    でも、義母は銘柄不明のティーバッグを「二人で1個使いなさいね」と私と夫に渡します。おいしくないし、せめて一人一個じゃないのか? とかいろいろ思いましたが、夫に聞くと、「昔からこう」ということなので、何も考えませんし言いません。

    年に数回のことですから、普段の義母のやり方に横やりを入れるようなこと、したくないです。気を使わせるのも嫌ですし。
    義母が私たちの家に来る時は、私のやり方にはいっさい口を出しませんし、お互い、そういうことでうまくいってます。
    こういう考え方も、あると思いますよ。

    ユーザーID:1889306010

  • 気にしてないだけ

    年に2回帰省するとか
    関係ないと思います。

    お客さんじゃあるまいし
    そんなに気になるなら

    自分がお茶を入れたらいいだけ。

    なにが不満なのかわからない…。

    ユーザーID:8976947688

  • わかります♪

    こんにちは
    私もお茶は大好き。
    それほどうるさいわけではないけど、他人のお茶のいれかたに疑問を持つことも多いです。

    高級茶葉でなくても、せっかく飲むならおいしく淹れたいですよね。
    主さんはそういうご家庭で成長されたので、お義母さまのお茶がお粗末に感じるのでしょう。

    でもみんながていねいにお茶をいれているわけではないでしょう。
    お茶だしましたよ っていう形だけで、うっすら緑や茶の色のついたお湯を出して 
    それでよしとしてる人もいるのです。
    お義母さまは そういう方なんじゃないですか?
    悪気はないのでしょう?

    宣言してしまったらどうでしょう。
    「私 お茶は出ばなが好きなの」とか
    「食べ物の贅沢は言わないけどお茶だけはこだわってるの」って。
    この人は、お茶が好き、お茶にうるさいわって 知らしめるのです。
    そして 可能なら
    「私やりますっ」って言って、率先して主さんがいれてはいかがしょう。
    お義母さんもおいしいお茶を召し上がって喜ぶでしょう。

    些細な贅沢 おおいに結構じゃないですか。
    忙しい毎日だもの、お茶を飲んでホッとする時間は大切です!

    ユーザーID:8256962586

  • うーん。

    どっちが正しいかはともかく、年に2回のことなのに
    新しいお茶じゃないとガマンできないことに正直びっくりしました。

    私なら同居でもない限り
    「この家はそういうルールなんだ」と思ってガマンしますねぇ。

    いくら安いお茶だって人の家のお茶でしょ?
    入れなおすなら、高いお茶葉持って行ってプレゼントしては?

    ユーザーID:4642095160

  • それはイヤだね

    まぁお姑さんはケチだとか思いやり・配慮がないというのと同時に
    極度の味オンチなのではないでしょうか。
    きっと淹れたても出がらしも変わらないじゃないの、程度の感覚なんじゃないかな。
    それと同時に年に二回しか帰省しない息子夫婦に、もてなそうって気持ちも、さほどないんでしょうね。
    悪気があってじゃなくて、ただひたすら色々ルーズな人なんだと思います。
    だって悪気があれば「いちいちお茶っ葉変えろだなんて命令しやがって」とか
    「アタシの入れた茶じゃまずいって事かよ!」とか言われたりしますよ。
    変えていいですか?と言えばいいよと言われるのなら、気づいてないだけだと思います。

    そういう残念な人はいますからね。
    私なんかコーヒーが好きで義理の実家で飲んでると、「コーヒー飲むとガンになるのよ!」
    「だから私たちは飲まないの!」「あなたもガンになるわよ!」とか言われますよ。
    そんな医学的根拠もない話、しかも楽しんでる人の前ですんな!と思います。
    それと同じ話ですよ。ニブイだけ。

    ユーザーID:9677995726

  • 悩むことでもないような・・・

    年にたった2回だけの帰省、しかもお義母さんがお茶の葉入れ替えOKとおっしゃてくださるのならそれ以上の不満をもつことはないのでは?入れ替えダメとおっしゃるならまだしも・・・ケチではなく優しいお義母さんだと思います。

    余談ですが私は結婚12年。
    夫の実家への帰省時、食生活に関してはもちろん他にも不思議に感じる習慣が多々ありますが、それは「おかしい」のではなく「違い」として受け入れています。(もっとも、結婚当初は不満だらけでしたが・・・)

    自分が育ってきた環境が「常識」として思わない方がラクなのではないでしょうか。

    ユーザーID:9933105792

  • 私も出がらし許せません

    トピ主さんのお義母様、私の母みたいです…。

    私もお茶が好きで、緑茶の味と香りを楽しみたいので、出がらしになる前に新しい葉に入れ替えます。 出がらしで味も香りもなくなったお茶ほど不味いものはないです。 白湯でも飲んでた方がまだマシです。

    うちの実母も朝いれたお茶っ葉を一日中使います。 しかも量が少ないので一番茶でもまずいです。 母に言わせると「もったいない」そうです。 茶葉をケチって毎回薄くてまずい茶を飲む方が、よっぽどもったいない気がするのですが。 

    うちの母もトピ主さんのお義母様も、お茶にはそれほどこだわりがないのでしょう。 お湯にお茶の味がついていればいい、程度なのでは?

    私は結婚して実家を出ましたが、帰省した時にお茶をいれようとすると母が「また入れ替えるの?」といちいち気にするので、実家ではお茶を飲むのはあきらめました。 帰省中、年にわずか数日のことだと思って我慢してます。 その分、自分の家に帰ってから思う存分美味しいお茶を堪能します。
     

    ユーザーID:6266575141

  • 出がらしという意識が無いのでは?

    こんにちは。

    私は全くと言っていいほどお茶は飲みません。

    とは言っても、よそのお宅で出されたり、お寿司屋さんで出されたら、申し訳ないのでいただきますが、
    自分から飲みたいと思ったことはありません。
    ですので、新茶だろうが出がらしだろうが、どちらでも構いません。

    さてお姑さん。

    >農協の1kgタイプの安価なもので、且つ、少なめの茶葉で入れるので、水みたいでお茶の香りもしません。

    とのことですので、お姑さんもそれほどお茶好きではなく、ただ習慣的に飲んでいるのではありませんか?
    だから、特に【出がらし】という意識すら無いのではありませんか?



    >私が贅沢なんでしょうか?

    そうは思いませんが、

    >最近は、「お母さん、朝は濃いお茶が飲みたいので、入れ直していいですか?」
    と御伺いをたて、入れ直すことにしましたが、どうも腑に落ちません。

    これはどうかしら?
    入れ直すことを許してもらっているのだから、それ以上望まなくても。。。

    ユーザーID:9529372184

  • そのうちのやり方では?

    地方で年輩の方ならお茶の葉を入れ換えずに何度でもお湯を足して飲むというのが習慣になっているのではないかな。
    自分がそれを普通にしているし息子一家なら身内だからわざわざお茶の葉を入れ換えることを思い付かずにいつも自分がしてるようにしてるだけでは?

    もし意図的に貴女に対する意地悪でやってるなら驚きだけど真相は上述ではと思います。

    それならどうしても嫌なら貴女がしてるように「入れ直していいか」と聞いて入れ直す。
    あるいは「義母のうちのやり方はこんな風だから」と諦めて出がらしを飲む。年に二回ぐらいなら出がらし飲んでもまあいいじゃない。家で思いっきり上等のを飲んでおけば。
    義母が出がらし飲むのを習慣にしてるなら毎回「私こんな出がらし飲めない!」と入れ直すのも厭味ったらしく義母を傷つけるかもしれないから。

    ユーザーID:5349715663

  • そんなに悪く解釈しないで

    別にトピ主さんが贅沢とは思いませんが、
    >年に2度しか帰省しない息子とその嫁に、出がらしを飲ませますでしょうか?
    何もこんな言い方しなくても、と思います。

    お茶葉を2煎目3煎目と出すことは別に間違いではないのです。
    もちろん程度問題ですけどね。

    おいしいお茶の入れ方
    http://www.wbs.ne.jp/bt/chacha/main/qa_ireru.htm

    義母さんにとって複数回お茶葉を使うのは当たり前のことなのです。
    入れ替えてもいいと言ってくれるなら、あまり被害者意識はもたない方がいいんじゃないでしょうか。

    ユーザーID:7603760453

  • 年に数回だからこそガマン

    お気持ちわかります。

    義母も、1度使った紅茶のティーバッグを
    「わたしは薄いのがいいの」と
    二度目使っていました。

    ご自分だけ、それでいいのかなと
    うっかり(笑)カップに1つづつ
    ティーバッグをセットしたら明らかに
    機嫌が悪くなりました。

    そっか〜お客さんにも本当は
    1カップに1ティーバッグは許せないんだ、って
    その時わかりました。

    きっと長年しみついた節約術が
    体から抜けないんでしょうね。
    (特に困窮している家庭ではないです)

    わたしなら、年に数回だからこそガマンしますね。
    そのかわり、うちに来ていただいた時は
    高価な茶葉をふんだんに使った
    美味しいお茶を煎れて差し上げます。

    うちにはうちのルールがあるので
    薄いお茶はお出ししません。

    ユーザーID:8228751105

  • こだわりがないから

    私も緑茶が大好きで、わざわざ静岡から産直で購入しています。
    特別高いお茶ではないのですが、近所のお茶屋さんで買うより
    ずっとおいしいお茶が飲めるからです。

    だから出がらしのお茶ってあり得ないですね。
    自分一人の時は、まだ出るかなって思っていれちゃうことも
    ありますが、来客はもちろん、家族で飲む時もケチらないで
    新しいお茶葉でいれますよ。

    義母さんはお茶にこだわりがないんじゃないですか。
    色がついて飲めればいいと思っているのかも。
    他人だから価値観が違って当たり前です。
    それと息子と嫁はお客じゃないから、それでいいと思っているのでしょう。

    同居ならともかく帰省は年に2回なので、数日くらい出がらしのお茶でも
    いいじゃないですか。
    あまり言うと「ぜいたくな嫁だ」なんて思われてもソンだし。
    私ならゴチャゴチャするのが面倒だから、何も言いません。

    おいしいお茶はふだんの生活で飲めばいいと思いますよ。

    ユーザーID:4324743711

  • お義母さんはそれが普通?

    私は出がらしのお茶でも(自分は)気になりません。
    お茶が薄くても気にならない人です。
    お姑さんもそうなのかな?と思います。

    自分が気にならなくても、お客さんが来たら新しい葉に代えますけどね
    お姑さんはそれに気付かないのか、お客さんだと思ってないのか…?
    とにかく悪気は悪意は全く無くて普通なんだと思います。

    >最近は、「お母さん、朝は濃いお茶が飲みたいので、入れ直していいですか?」
    と御伺いをたて、入れ直すことにしました

    ちゃんと言ってるんですね、ステキです。
    これからもそう言ってあげてください。
    お姑さんがいつか気付いて代えてくれたらラッキー♪くらいで。
    年に2度しかない帰省です。大きな心で接してあげてください

    ユーザーID:6959389121

  • びっくり!

    私は、結婚して同居したんですが、
    夫のうちは、朝、淹れたお茶っ葉を、
    なんと!一日中使うんです!!
    ほとんど、お湯です・・・
    サックと、自分でお気に入りのお茶っ葉を、
    持参して、「これ、おいしいですよ」って、
    入れ替えちゃいましょう!!

    うちの場合、
    茶器だけは、立派なんですがね・・・

    ユーザーID:5684430001

  • 気持ち分かります。

    多分、無頓着なだけだと思います。

    お茶が好きな人は、おいしいお茶を人にも飲んでもらいたいので、
    新しいお茶っ葉で入れ直すかもしれません。

    私の義父も気にしない人で、
    ある時「コーヒーいる?」って聞かれたので、コーヒー好きの私は頂きました。
    目の前で、ご自分が入れた後のフィルターに少〜しだけコーヒーを足して
    お湯を注いでコーヒーを入れてくださいました。
    当然めちゃくちゃ薄かったしまずかったです・・・。

    後でダンナに話したら、めちゃくちゃ謝られました。
    無頓着な人だからと。
    後で義父に言ってくれるみたいな事を言われたんですが、
    角が立ちそうだったので、
    またダンナの目の前でそういう場面に遭遇したら注意してもらえるようにお願いしました。
    そういう場面がその後ないのですが(笑

    少し変わった義父だけどすごくいつも良くしてくれるのでそれ一つで「どうなの?!」とは思いません。
    多分義父にとっては普通なんです。

    トピ主の義母さんも、そういうのに無頓着で自分がされても気にならないタイプの方なのでは?
    どうしてもやめて欲しい場合は
    旦那さんが見つけたかのように言ってもらうのがいいと思います。

    ユーザーID:0798237912

  • 乏しい経験ですが。農家ですか?

    農家の方、特に地方ではお茶そのものをぜいたく品とみなしていることが多いと思います。
    息子さんもその妻も身内なわけですから、普段通りの生活をしているということではありませんか。

    ユーザーID:8369673561

  • 年寄りは茶葉を捨てるのを面倒がる。

    茶葉を取り換えませんね。出がらしの上から新しい茶葉を足したりしてました。
    新聞紙に包んだり急須を洗うのが面倒みたいですよ。

    もしかしてケチでやっているかもしれないので、自分で買って持って行ったらいいんじゃないでしょうか。

    「(年寄りの知っている有名茶屋)で新茶を試飲したらおいしかったのでつい買ってしまいました〜」とか言ってお裾分けな感じで。
    自分で買ったものだから気兼ねなく飲めるし。

    姑さんも、トピ主さんが来たらいつも美味しいお茶を淹れてくれるのが楽しみになるかもしれませんよ。

    ユーザーID:9930032438

  • 気にせず自分で自分のは淹れたらいいと思います。

    それは単に価値観の違いなので
    気にしなくていいと思います。
    おいしいお茶、というものに重きを置く人もいれば
    色が出てればよし、という人もいるし
    お義母様の年齢の方にはもったいないから
    色が出るまで捨てないのが当たり前、という考えもあるのでしょう。
    家族だしお客さんではないからという意識で
    お義母様もなにも考えず行動されているだけだと思います。
    私もおいしいお茶がいいのでいつも自分で淹れます。

    ユーザーID:2826074456

  • 諦めたら? 

    「お茶」・・には、人、それぞれ、こだわりがありまして。

    私も毎朝、お茶は楽しみにしておりますので、気に入った産地のお茶を、直送して貰って居ますので、それ以外のお茶は、呑みません。

    よそで、ご馳走になる時もありますが、おいしくありませんが、その時だけですから我慢して呑みますが・・。

    貴女も、年に2回だけの帰省した時のお茶・・・。

    我慢して飲んだら如何ですか??  お茶に関して、こだわりの無い人もいますし、 昔の、食糧難の時代に育った、お年寄りには、「勿体無い」・・と言う意識が染み付いていますので、仕方ないと、思って下さい。

    如何ですか??  

    その家庭、家庭の、やり方と言うものも、ありますから、年に2回だけの帰省の時・・位、我慢してあげてくれませんか???  

    ユーザーID:4066598809

  • 年に二回なら

    別にいいじゃない。お姑さんに他意はないんでしょ?入れ直すと言われても、気にしていないようですし。それともお客様みたいにもてなされたいのかな?

    ユーザーID:7319130147

  • お茶の味が分からない人

    なのかな〜と、思いました。

    悪気は無いんじゃないのかな?

    ユーザーID:1340655903

  • 色がついていれば良いかな〜?

     別に贅沢だとは思いません。美味しいお茶が好きな人なだけだと思います。

     我が家は、一回お茶の葉を入れたら、半日はそのまま。お茶の色が付いていれば良いよ〜、というアバウトな生活です。2回程度では、出がらしの範疇には入りません。鼻炎持ちで、香りに鈍感です。胃が弱いので、普段は薄めのお茶にしています。
     濃いお茶や新しい茶葉で飲みたい人はセルフサービスで、適当にお茶の葉を取り替えています。別に気になりません。各自が飲みたいようにやって下さい。

     お坊様とか、お客様には、上等のお茶で湯温にも気をつけて煎れます。

     息子は家族ですから、たまに帰ってきても家族として扱います。たまに来るだけの息子のお嫁様…当家では家族として接したいと思います。でも、お嫁様はお客様同様、朝から姑がお茶を出して差し上げる方が良いのでしょうか?

    ユーザーID:6817491137

  • 気にしない

    義母さんは、たんに薄いお茶が好きなだけでは?

    トピ主さんが贅沢だとは思いません。

    ユーザーID:2082621434

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧