翻訳会社か製薬会社で働くか

レス9
(トピ主3
お気に入り16

キャリア・職場

ねこ

はじめまして、
現在主婦をしている30歳女性です。

一年間翻訳の勉強を独学と学校に行ってこれから転職をしようと考えています。(ブランク1年)
現在、派遣会社から2社紹介をいただいておりますが、将来的に子育てや田舎に帰郷することを考えると数年後在宅でもできるほうを選択したいと考えております。

どちらも未経験なので判断がつかずどなたがアドバイスをいただけたら嬉しいです。
1.製薬会社でのメディカルライティングのお仕事 翻訳業務含む(派遣)
2.翻訳会社での医薬コーディネーター(チェッカーのお仕事含む 正社員)
お給料はほぼ変わりません。

ユーザーID:0458357369

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数9

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • すごくいい選択肢をおもちではないでしょうか

    以前、同じような翻訳の仕事を妻に進めたことがあり、とてもよい選択肢をお持ちではないかと思います。

    フリーの翻訳で仕事をもらえる先はご存知だと思いますが、
    翻訳+医療知識があるならば、ほぼ死ぬまで安泰ではないでしょうか。

    私は男ですが、うらやましい限りです。

    2つの仕事ですが、実業務を詳しく知りませんが、
    2は直接お客さんがあなた様につく可能性があるのでしょうか。

    翻訳委託会社から、定期的な仕事を少しずつ頂いて、
    年収を超えるレベルになった時点でフリーになることを考えるなど。

    ユーザーID:1370100273

  • たぶん2

    フリーで翻訳をしています。

    トピ主さんの場合、「数年後在宅でもできる」ことをメインにおくと、2が有利ではないかと思います。

    もし在職中に勤務先の翻訳者トライアルに合格することができれば、よくある「トライアルは合格したけれど実際の依頼が来ない」という問題はクリアできます。
    翻訳者トライアルに合格できないとしても、チェッカーとしてはすでに合格レベルにあるようですので、退職時にチェッカーとして登録して在宅で仕事を請けることもできるでしょう(ただし、その会社で在宅のチェッカーに外注していることが前提になります)。

    あくまで「翻訳者になる」ことを目指すなら、翻訳業務経験を積むためにも、製薬業界を知るためにも、どちらかといえば1がいいと思います。
    ただし、どちらもそこそこ経験があるなら、やはり2が良いかもしれませんね。

    ユーザーID:3650436977

  • 在宅での仕事

    現在、派遣で社内翻訳の仕事をしている者です。

    数年後在宅で・・・とお考えのようですが、その点についてすこし。

    在宅の翻訳で普通のフルタイムの会社勤めと同程度の金額を得るようになるのは、かなり大変ではないかと思います。

    私は在宅で翻訳をした経験はごく僅かしかないのですが、社内翻訳と比べてみて、後者の方が圧倒的に楽だと思いました。理由は次の通りです。

    1.自分で営業して仕事を取ってくる必要がない。
    2.毎月、定額のお給料が保証される。
    3.社会保険や有給があり、子育てに必要な休暇の配分がしやすい。(在宅だと、仕事が入ったら納期ギリギリまで必死に訳文を見直したりして、とても家事の合間とか育児の合間にできる状況ではなかった。)
    4.翻訳に必要な専門分野の知識について、職場にたくさんいるその道のプロに聞き、勉強することができる。また、実際に現場にいて学ぶことも多い。

    翻訳会社のコーディネーターの経験はないのでアドバイスはできませんが、メディカルライティングというのは魅力的な選択肢に思えます。

    ご参考になれば幸いです。

    ユーザーID:5867492977

  • スコフィールドさんへ

    アドバイスありがとうございます。
    そうですね、私にはもったいないくらいのオファーです。

    翻訳会社も、製薬会社でのメディカルライティングのお仕事もすごく勉強になるとおもいます。

    翻訳委託会社から、将来定期的にお仕事をいただけるようがんばります。

    ユーザーID:0458357369

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • Turkeyさんへ

    ありがとうございます。
    フリーの翻訳者さんなんですね。憧れます。

    実はトライアルを受けて現在2社の合格をいただきましたが、会社に勤められるうちは、勤めたいなとおもっています。
    故郷は会社がほとんどない田舎なので、在宅でできるレベルになれるようがんばります。
    どちらも経験がないので、製薬会社のほうがいいということになりますでしょうか。

    ユーザーID:0458357369

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • キャリア・職場ランキング

    一覧
  • Darjeelingさんへ

    アドバイスありがとうございます!

    社内翻訳者のほうが楽なんですね。
    納期に追われる生活は確かに大変そうです。

    職場にプロがいるということは心強いですね。
    どちらかというと、製薬会社にプロがいるということでしょうか。

    ユーザーID:0458357369

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • そうですね

    最初のレスではトピ主さんの実力を低く見積もりすぎていたみたいで、大変失礼しました。

    すでにトライアルに合格する実力があってかつ業界経験がないということであれば、おっしゃるとおり製薬会社の方がメリットが多いように感じます。
    翻訳会社勤務もコネができるというメリットはそのままなのですが、仕事に翻訳業務が含まれない点がかなり大きなマイナスです。

    >会社に勤められるうちは、勤めたい

    これは正解だと思いますよ。
    Darjeelingさんも社内翻訳の方が楽とレスされていますが、話を聞く限り、特にお子さんが小さいうちに在宅で仕事を始めるのは難しいようです。
    在宅でしか仕事ができない状況になるまではお勤めの方が良い・・・と個人的には思っています。

    がんばってくださいね。

    ユーザーID:3650436977

  • できたら前者

    製薬企業でメディカルライター(MW)をしています。主様が将来在宅でもできるほうを選択されたいとのことですが、そうであれば、製薬企業でMWを経験されて治験の表現を是非とも学んでください。翻訳学校でも治験関連の講座はあり、勉強はできますが、現場では使えないことも多々あります。というのも、会社でどうしても手が足りないときに外部の翻訳者に英訳を委託しますが、文法的には間違ってなくても全く意味が通じない英文で訳されてくることがあります。治験・医療の表現はどうしてもその現場でしか勉強できないことがあるからです。また、ネイティブの書いた質の高い論文を読む事をお勧めしますが、個人で電子雑誌を購読契約するのは大変ですので、これは企業に所属していることのメリットのひとつです。

    ユーザーID:8025498032

  • MWと同一見解です。

    医薬・医療機器メーカーでQA担当しています。
    QAとは安全管理部門の仕事です。
    ご希望の職種は企業で薬事法などの知識と医療業界独特の表現を身につけませんと厳しいと思います。
    メディカルの仕事に転職する前は英語に自信があったのですが、転職先が外資で入社当時は海外から受けるメールに苦労しました。
    見たことも無いような単語も頻出で、慣れるまで大変でした。
    また、海外に調査報告などを英文で提出するのですが、入社当初は何度も上司に駄目出しされました。
    まさにMWの仰せの通りで、文法的には間違っていないのにという感じで、翻訳業務をされている部署の方に何度も確認にいった思い出があります。
    ネイティブでさえこの業界が初なら苦労することがあるくらいなので相当難しいです。
    頑張ってください。

    ユーザーID:8192004349

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧