国際恋愛、今後どうしたらいい?

レス35
(トピ主3
お気に入り53

恋愛・結婚・離婚

29歳、地元を離れて会社員をしている琴と申します。
悩みは「今、彼と別れるべきか」。
同じような経験がある方のアドバイスが聞ければ幸いです。


同僚で、駐在中の彼と交際し4年経ちました。
「1年半後に仏本社に戻る(日本に出向という道もあったが帰国を選択)、ついて来て欲しいがどう思うか?」
と聞かれました。その時は私の滞在許可の都合上婚姻届を提出するのがいいだろうとのこと。
2人の間で言葉の問題はないですが、私は彼の母国語が話せず、生活の苦労が予想されます。
また当面の生活費は払うが、早く働き自立すべきと言われています。
フランスらしい価値観や文化について異論はありませんし、努力はしようと思いますが
ただでさえ失業率が高い故、言葉ができず移民扱いの私の就労は期待できないでしょう。

考えてみると、正直行きたくない。
○一生はそこに住みたくない(仕事で何度か長期滞在していますが、好きになれなかった)
○病気療養中の親が心配(緊急時に駆けつけられないと思うと苦しくてたまらない)
○自分の収入・仕事がなくなることに不安
こうした気持ちは彼にやんわり伝えました。
しばらくは無言でしたが、出来る限りのサポートはする、あとは自分で考えて決めて欲しいと言われました。


彼のことは信頼出来るしとても好きです。
一方で、本当に好きだったらこんな風にくよくよ悩まないのでは?
いっそ今、別れて地元に戻り転職した方がいいのでは?年齢的にも今が限界?
自分中心の身勝手な悩みと承知していますが、答えがでません。
似たような経験をされている方、いらっしゃいませんか?

ユーザーID:8209587288

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数35

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 親が心配なら止めておきなさい。

    行ったところで後悔します。親が生きているうちは絶対無理です。
    『出来る限りのサポート』という言い回しは曲者で、あくまで『出来る限り』です。
    サポートがなくても、嘘をついたワケではないということになりますので気をつけて下さいね。

    ユーザーID:4639075168

  • 自活できない場合はやめたほうがいい。

    仏ではないですが、欧州で育っています。・・・が、たぶん感覚は思いっきり日本人よりです(笑)

    >出来る限りのサポートはする

    これは具体的にどういうことかちゃんと聞いておいたほうがいいです。
    例えばトピ主さんが収入がない場合、帰省の費用は払ってくれるのか?その場合、気持ちよく払ってくれるのか?毎年払ってくれるのか?

    トピ主さんが仏語が話せない、ということなので、普段は英語で会話しているということですよね?
    英語のほうは特に問題ないでしょうか?また彼の英語のレベルも問題ないですか?
    まずは二人の意思疎通が問題なくできることが大切だと思いましたので。

    仏語が話せないならやはり現地でのストレスは相当だと思います。仏だとまだ英語が話せない人も多いと思いますし。

    どこの国でもそうだと思うのですが、パートナーの100%以上のサポートがないと厳しいと思います。また経済的に相手に頼るというのは精神的に苦痛です。主従関係がうまれやすかったりもします。お金だしてもらってるから・・・ということで言いたいことがいえないのはかなり苦痛ですよ。

    ユーザーID:4745340111

  • わかりますわ・・・

    本社ってどこでしょう。パリ?だったら私は少し羨ましいかな。
    私の将来の嫁ぎ先はフランスでもリゾート地なので。

    29歳なら迷うでしょうね。
    特にフランスが好きなわけでもないならフランス語も上達しにくいでしょうし、生活を楽しめるかどうか微妙ですよね。

    彼との関係性も変化していくでしょうから、そのうち満足に働けないあなたに不満を見せるかもしれません。

    パリだったら日本企業もあるかもしれませんが、履歴書が山積みですよね。日仏カップル多いですからね。

    嫁ぎ先の近くに、英語を媒介して会話している日仏夫婦がいます。
    日本人の奥さん、エネルギッシュですよ!二人で、まったく双方の専門外のことで自営業をしています。

    国を離れる側も相当の覚悟が必要ですが、国に受け容れるほうも、とくにそれが男性の場合相当覚悟して守るつもりでないと無理だと思います。

    彼は自営なので私も一緒に働けるのですが、「死亡保険をウン千万かけること・土地家屋の相続は私だけと明記すること」を条件に将来の渡仏を飲みました。

    お金の話は一番大事だと思いますよ!

    ユーザーID:2040293927

  • 私も国際結婚です。

    私も主人と日本で知り合い、恋愛し結婚を申し込まれました。
    海外に遊びに行くのは大好きでしたが一生住むとなると、最初は悩みました。
    ただ主人は日本に住んでいた事から苦労した分、私の苦労が少しでも減るように移住後は私が赤ちゃんかのようにすべて主人がサポートしてくれ、
    コーヒーの頼み方やらバスの乗り方、病院の付き添い細かいことまで一緒に行動し教えてくれました。
    そんな主人の性格は付き合っているときから分かっていたので、移住は不安だったけれど彼を信じ付いて行く事を選びました。
    おかげで10年経った今でも幸せです。
    彼の国に住むと言うことは慣れるまでは辛いかもしれませんが、彼も日本に来た頃は辛かったはずです。
    なので彼もフランスに帰ったら苦労した分サポートをしてくれると思いますよ。
    私は10年たった今でも子供の学校の事、役所関係、書類などはすべて主人任せです。
    仕事も私もみたいな何のとりえもない外国人には選べる程の仕事もなく、主人はそれも分かって私には仕事も強制しません。
    <本心は仕事をして家計を助け手欲しいとは思ってると思います>

    ユーザーID:6351356004

  • 国際結婚しましたが

    まず、一緒にいたいがためのビザ目的の婚姻はやめた方がいいです。
    国際恋愛においてお互いが自立は重要だと思います。
    日本のように結婚=専業主婦の図式はないですから。
    私は外国人夫と日本に住んでいますが、ゆくゆく夫の国に住む覚悟もあります。
    不景気な世の中でどの国でも働けるように、看護師資格取得中です。
    言葉はもちろんできるに越したことはない。
    役場手続きやちょっとした買い物、いずれ子育てとなった場合言葉は必須。
    急いで妻として渡仏するのではなく、語学留学として渡仏し、
    本当にフランスでやっていけるか挑戦してみては?
    彼も依存されてはストレスでしょう。

    ユーザーID:6198575822

  • 恋愛・結婚・離婚ランキング

    一覧
  • やめたほうがいいのでは

    滞在のために婚姻届を提出ってセリフが気になります。
    愛してるから、ずっと一緒にいたいから、じゃなく
    フランスで君が住むためにこれしか方法はないでしょ、ってニュアンスを感じるからです。
    ちょっとドライですよね。
    あと結婚したら早く自立して生活費をいれろ、って言われてるんですよね
    これもかなりシビアですよ。フランス語をまったく話せない日本人がフランスで就職ってかなりきついです。最初は日本人経営のレストランとかでバイトって感じですかね。それでも客との会話とか最初はかなり苦労しますよね、
    ましてや海外、好きになれそうもない国で暮らすとなるとストレスはかなりのものになるでしょうし。
    そんなときにその彼は本当にサポートしてくれるでしょうか。
    けっこうドライな人っぽいから「自分で来るって決めたんだから自分で努力しろ」なんて言いそうな気がしますが。
    海外生活は本当になじめない人には相当きついかもしれませんよ。
    トピ主さんがまだ20歳くらいならまぁお試しで行くのもいい経験になるかもですけど
    今から行ってやっぱり無理だ、となるとただの時間の無駄になるのではないでしょうか。

    ユーザーID:2460913722

  • 自分を大事に

    彼は日本に出向できるのに、帰国を選び、永住ビザ申請上、婚姻届を提出しようと言いも、当面の生活費は払うが、早く働き自立すべきと言う。彼は日本語OKなのですか、それとも英語でお互いに話し、貴方はフランス語を話さないとのことでしょうか?
    >「考えてみると、正直行きたくない」
    答えは出ているのかな?
    この条件なら、まずは、日本で結婚し、夫婦生活の基盤をつくりながら、仏語習得するのも手かなぁと。その後、彼が主婦OKで日本食も好きで、日本へも最低年1回帰国OKで、貴方が、生まれてくる子供たちがフランスの価値観とフランス語をよりどころとするフランス人として育っていくのもOKなら、その後渡仏という話もありかなぁ。
    なぜ、本国に帰りたいのか?よく、聞いた方がいいと思います。異国で暮らすよりも、勝手知ったる母国で暮らす方が、楽だし居心地いいし、言葉、文化、就職、ビザ取得等のプレッシャーかかえながら、相手の土俵でふんどしをとるのは、けっこう覚悟がいるので。親は、自分のために娘が犠牲になってはほしくないし、年齢に限界などと可能性も絞らず、一生のことだからこそ、自分中心に考えて決めてくださいね。

    ユーザーID:4382799516

  • 難しいのではないかと思います。

    >当面の生活費は払うが、早く働き自立すべきと。

    これがネックですね。
    私の妻はアメリカ人で全く日本語が出来なかったのですが、日本で仕事を得るまで5年はかかりました。
    それでもかなり安いですけど。
    現地の言葉が出来ないと、満足な仕事が出来るとは思えません。

    2人分の収入がある旦那さんなら良いのですが、カツカツの給料だと「働けないダメ奥さん」との烙印を押されやすくなります。

    国際結婚での離婚の多くが金銭問題ではないかと思っています。
    それは国を出た方の収入が限られてるからなんですね。

    愛情だけでは結婚生活を続ける事は出来ません。

    もちろんトピック主さんにバイタリティーがあるのなら話は別です。
    国際結婚には、一生分の何倍かのエネルギーが必要のように感じます。

    ユーザーID:8196298156

  • 理性的な判断をなさっていると思います。

    30代後半、フランス人の夫とフランスに住んでいます。
    私の場合、トピ主さんが抱える心配もありましたが、やはり彼と家庭を築きたいという気持ちのほうが大きかったです。あとこの国も、いろいろと不都合なところはありますが、私は好きです。

    トピ主さんの考えはとても理性的で、決して自己中心的ではないですよ。

    まだ彼のことが好きで、自分の中ではすっきりしない部分があるでしょうが、彼とのことはいい思い出と割り切ったほうがいいでしょう。国際結婚に限らず、恋愛と結婚は別ですから。

    おそらく、祖国を離れて日本に暮らす彼もトピ主さんが日本を離れたくないという気持ちをなんとなく理解していると思います。

    でもそうは言っても、彼のことを愛しているなら、自分の気持ちを「それとなく」ではなく、「はっきり」と伝えたほうが彼のためになるでしょう。トピ主さんは相手を傷つけまいとして「それとなく」伝えたのでしょうが、その曖昧な態度は彼に「まだ説得の余地あり」と思わせるきっかけを与えてしまいそうな気がします。それが結局彼を傷つけることになると思うので、きちんと気持ちを整理して、冷静にはっきり伝えてあげてください。

    ユーザーID:2883015359

  • おすすめはしない

    似たようなかんじで、渡仏前提で仏人と日本で結婚しました。働くことも前提でした。
    プレッシャーに押しつぶされそうで、何度「この際離婚でも構わないから日本で就職したい」と思ったことか。
    年齢のこともあり(主さんと同年代)30歳前、子どもを産む前に日本に帰って働いた方が安全に思えました。今は大学に通っていますが、そんなことしているうちに母国でさえまともに稼げない人間になってしまうのではないかと…。
    夫ともたくさん話し合い、喧嘩し、自分なりにもがきにもがいて、今は気持ちの整理ができました。こちらでの就職活動もやってみなければわからないこと。挑戦しようと決意し、今はまだ学生なので勉学に徹しています。
    私が言えることは、想像以上に大変。家族や長年の友達に会えないこと、気候、食事も楽しめず、社会にも馴染めず。でも夫と結婚したことは後悔していないです。慣れてくれば苦労も減ります。
    何事もやってみないとわからないことは確か。日本を選ぶか、彼を選ぶか。彼を選んだことに後悔し、そして今はその選択で正しかったと思う。どちらにしても、人生はなるようになるんじゃないでしょうか。

    ユーザーID:5764494032

  • やめましょう。

    やめておきましょう。言葉ができない。仏国が好きではない。親が気がかり。もうこの要素だけで十分行って辛い思いをするのは目に見えていると思います。仕事なんてすぐ見つかるわけありません。
    私は仏夫と仏に住んでいます。この状態では日本と同じように彼と上手く行く保証はないように思います。彼は今度は自分の国ですから、今後は彼が主導権を取れますし、仏語は本人が本気でやる気を出さない限り身に付きませんし、とにかく好きでもない国でその国の言語を習得して自立して彼と生きていく自信がありますか?フランスに住む事に結婚以外の目的がないのなら、絶対にお勧めしません。嫌になって帰国するのが目に見えているようですし、沢山そういう方もここで見てきました。一時の愛だけで国境超えは無謀だと思います。
     自分の日々の充実、幸せがあって初めてカップルの愛が保てる、という考えが強い国ですし、個人主義ですから、日本以上に自分をしっかり持っていないと普通にも生きていけない国だと思います。

    ユーザーID:9013597266

  • ありがとうございます

    トピ主です。
    早速助言をいただき大変感謝しています。いずれも貴重で、ひとつひとつ何度も読み返しました。思い切って投稿して良かったです。

    語学ですが、彼は英仏ネイティブで日本語ビジネスレベル、英語圏生活経験のある私の英語力は仕事と日常に支障のない程度です。普段は英語8:日本語2。現地では苦労するでしょうね。

    彼はもともと結婚という制度に否定的です。他の仏人の同僚や上司たちも同様の価値観であることを交際前から知っていたので覚悟はしていたのですが、本音ではビザのためというのは寂しいです。帰国を選んだのは、今後のキャリアアップには必須だと判断したため。同僚なのでその選択は正しいものだと理解しています。

    サポートについての彼からの提案は1数年は親友カップルの一軒家の離れ(在宅職・貸家で玄関や水回りも別)に住み、必要時は手助けを得る。数回会っており彼らも熱く歓迎ムード、2年1、2度3週間の帰省3出来るだけ貯蓄を増やす4万が一の際の生命保険受取人は私に。以上4点で、あとは今後一緒に考えようとのことです。

    みなさまのご意見、とても参考になります。ありがとうございます。

    ユーザーID:8209587288

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • おすすめしません。

    仏人と結婚し在仏です。
    以前、学生として在仏していた時期があり、仏社会のいい加減さ、
    日仏カップルの悩み、外国人就業の難しさ等
    結婚し仏生活を始めるに当たりの短所?ネガティブポイント?を
    全て覚悟し、仏人と結婚し再び仏生活を再開しました。
    こんな覚悟を決めて渡仏した私でもいろんな意味でとてもつらいです。
    トピ主様のパートナー様は自立を、と望まれているようですが、
    簡単に仕事は見つかりません。
    パートナー様のご希望に反して仕事がない、自立できない、
    となると気持ちが落ち込む原因になりますしね。他にも落ち込む原因満載の
    仏生活ですから。
    私のようなつらい思いをトピ主様にさせたくありません。
    どうかよくお考えになって下さい。

    ユーザーID:1661978677

  • なぜ友達の家の離れ=彼のサポート???

    もともとフランスの多くの人みたいに、結婚制度に意味を見出さない人は、その国の言葉が出来ない配偶者を呼び寄せての国際結婚には向かないかもしれません。いまは同僚として(ですよね?)きちんと働いて、英語にも困らない立派なトピ主さんが、自立したくてもなかなか出来ないかもしれないということをちゃんと理解しないのでは?

    あまりに自立した女性像を求められても、ムリだと思いますよ。トピ主さんに、「やってやる!!!」という激しい気合がない限り。

    この彼にはトピ主さんを呼び寄せるだけの甲斐性がないような気がなんとなくします。ご自分は日本語もビジネスレベルだから、言葉の通じないところで働く苦労も100%はわからないでしょ。

    英語で会話していた日仏カップルが、旦那さんが呼び戻されて帰りましたが、当たり前のように専業主婦ですよ。「僕は家庭的じゃないからキャリアウーマンの妻は嫌だから」ですって。そういう相手のほうが合っているのかも?

    ところで、数年は親友カップルの一軒家の離れに住み、必要時は手助けを得る→これなんですか?彼、住居も用意できないのにあなたを呼び寄せるの??ありえませんよ。

    ユーザーID:2040293927

  • 欧米では普通の考え方だと思います

    私は在米ですが、トピ主さんの彼の考え方って欧米では普通なのでは?とおもいます。

    私の場合は思い切り英語圏での生活で言葉に支障がないので働けてラッキーという違いがありますが、うちの夫も「一人の女性として自立するべき」という考え方です。

    そこには、万が一自分に何かがあったときにも私の意志でアメリカに残るか、日本に帰るかの選択ができるように、との思いもあるそうです。

    ヨーロッパの男性に関してはわかりませんが、在米の某掲示板とかで見聞きするに、アメリカ人男性の中には「奥さんのサポートはするけど、その代わり(古式ゆかしき日本女性のように)自分に尽くしてほしい」という考え方の人もいるようで、そのために日本人をパートナーに選ぶというようなこともあるようです。(私の受け取り方かも知れませんが)

    私に自立してほしいと、対等なパートナーとして頑張ってほしいと応援してくれる夫には感謝しています。やはり外国人の私が仕事をするって大変ですから、その辺のところは理解があります。

    私の場合がまだ両親が健康というのもラッキーかも知れません。

    やはりよく話し合うことだと思います。

    ユーザーID:5726121366

  • 金の切れ目が縁の切れ目

    タイトルどおりのカップルを沢山見てきました。私もまだ在欧7年ですが、日欧カップルの半分以上が別れて帰国、主な理由は経済的なこと、自立できないことへのいらだち→理解のない相方→双方の愛情が尽きる、です。
    彼は「出来るだけ早く自立」と言っていますが、主さんはたとえば清掃業(この仕事の人ごめんなさい、私もしていましたので他意はないです)とか日本にいたらしていないであろう3k仕事をしてでも働くか、彼はパートナーがそういう仕事につくことを移民だから仕方ないと受け止めるか、また、最悪一生フルタイムの仕事にはつけない可能性もありますが、彼はそれだけ経済力があるか?(日本への里帰り費用、冠婚葬祭、外国人には想定外の出費があります)
    その辺どうですか?付き合っててお金の話ってあまりしないと思いますが、移住前に話しておかないと移住後、お互いに「こんなはずでは」になりますよ。
    私は幸い移住前に仕事が見つかり、主人は私が一生主婦でもやっていける収入もあるので経済的には悩みませんでしたが、それでもこちらに来てすぐは電話もでれず赤ん坊状態の自分にイライラしたものです。

    ユーザーID:7499112035

  • おすすめしません。

    >一生はそこに住みたくない(仕事で何度か長期滞在していますが、好きになれなかった)

    これが一番ネックじゃないでしょうか。

    好きじゃない国の言葉を学ぶなんて。好きじゃない外国に一生住むなんて。

    ムリムリ・・・やめたほうがいいと思う。

    ユーザーID:9270018673

  • 様子を見た方が良いかも

    トピ主さんの場合、投稿を拝見するにまだ彼に対して不安があるように見受けました。そして彼の発言内容からその理由も察することができました。

    仕事はゆっくりと自分の生活のペースがつかめてから考えたらよい、くらいにのんびりと構えてくれないと、フランス語がまだまったくできないトピ主さんには相当にしんどいと思いますよ。私の国にも、移住するなり走り回って仕事を探し、やっと日本食屋さんでアルバイト、という既婚女性がとても多いです。
    安い賃金であくせく働いて、皆さん、現地語の習得どころではないです。
    現地の言葉ができないから、まともな仕事にも就けない。それで旦那さんからの尊敬が得られなくなり、上下関係ができる、というパターンです。
    私の場合は主人がゆっくり気が向いたら仕事でもしたら、という人なので、まずはこちらの企業でのパート事務からスタートしました(私の英語は上級レベルです)。

    取り合えずは母国に戻ってからの彼を客観的に見て、どこまで自分を支えてくれる度量のある人かを見る時間が必要かと思います。

    まずは遠距離、または学生ビザで渡仏されて、様子をみてみてはどうでしょうか。

    ユーザーID:6888766543

  • 違和感を感じました

    頭脳明晰で有能な男性で、結婚後の当面の計画も具体的。でも、それは彼の計画で、「あなた」が入っていない。四角四面で、気持のゆとりや情に欠けている。こういう人と暮らすとしんどいと思いますよ。

    現に琴さんには病気療養中の親御さんがいて、同じ日本国内に暮らしていてさえ、常に心配で気にかかっていらっしゃる。そんな琴さんに、

    >(彼の国に行ってからの)当面の生活費は払うが、早く働き自立すべき

    これは無いんじゃないでしょうか。あまりにも情に欠けていると感じました。琴さんは、親御さんのご病気のことで彼との結婚そのものを迷っているというのに、「自立」って…。

    それに、「〜すべき」という言い方でわざわざこういうことを言うというのが、琴さんを信頼してないってことですよね。だって、「俺に寄生するな」ってことですもの。職の見つからないトピ主さんが「努力を放棄して自分に寄生する」という可能性を前提にしてるから、こんな台詞が出てくるのでしょう?

    こんな、あなた(と親御さん)を切り離した計画を立てるより前に、どうしよう、どうすればいいかなと一緒に悩んでくれるパートナーの方がいいと思うんですが…。

    ユーザーID:1084959808

  • フランスではありませんが、在欧です

    彼の希望が特別冷たいと言う風には感じないです。困った時は助け合うけれど、夫婦それぞれ経済的に自立しているというのは当然だと思います。トピ主さん自身働いていらっしゃるので、多分彼と同じような価値観を持っているのでは?と私は思います。
    自分自身の稼ぎがなく、誰かからお金をもらうと言うのは私には辛く、とにかく自分のお金が稼ぎたかったという思い出があります。私の場合現地語は出来ませんでしたが、ツテを使って3ヶ月ほどで仕事を見つけました。(時給扱いのパートでしたが)
    彼と同僚なのですよね?会社経由で何か仕事が見つからないでしょうか?

    が、「仕事で何度か長期滞在していますが、好きになれなかった」というのが気になりました。好きになれないのは仕方ないのだと思います。でも、そこに住むのは、彼の事が好きでも精神的にかなり難しいでしょう。住む国が違えばシステムも社会の価値観も違ってきます。「日本ではxxなのに…」と不満を漏らす人にたまに会いますが、日本と比べても仕方ないのにな〜と思います。違いを楽しめないと海外生活はつらいです。

    ユーザーID:4890880444

  • もっと話し合うべき

    彼の「自分で考えて決めて」ってそりゃ、ごもっともなんですが、2人で生活をスタートしようっていう場合、お互いの悩みや心配事をシェアすることがとても大事ですよ。
    ともかく、帰国までは1年半もありますからもっと話し合われて、ゆっくり準備を進めては?

    語学も、1年半頑張れば日本にいてもかなりのびます。渡仏後楽になりますよ。
    それから、彼と同じ会社にお勤めなら、今結婚してしまえば、彼の帰国にあわせて、トピ主さんの仕事も社内で見つけてくれませんか?フランス企業は家族の都合に対して、かなり柔軟に対応してくれる印象があるのですが。。。複数の友人カップルが同様のケースで奥様が退職せずに帰国したり、同じ別の国に駐在になったりしています。希望の職、ポジションという訳にはいきませんが。相談してみる価値はあるのでは。

    私もフランス大嫌いです。不潔で不満だらけで怠け者ばかり。絶対無理なので、今は近所の国で暮らしています。でも子どもがリセに通っていることもあり、フランス社会につかっています。本国よりずっとましですが、時にはうんざり。。フランス人の夫が私に同調してくれるので救われてますが。

    ユーザーID:2028113361

  • むずかしいかも (1)

    フランス駐在経験が3年あり、妻は外国人(フランス人ではありません)で日本に暮らしています。仕事柄、欧米・アジア・中東の人たちと付き合うことが多いですが、中でもフランス人は難しいです。イギリス人やドイツ人の方がまだ付き合いやすいです。どこがどうなのと聞かれても、うまく言えないのですが、日本人にとって癖が強すぎます。また、何か問題が起きた場合、素直に非を認めやすい日本人に比べて、欧米人は自分を正当化する方向に走ります。が、フランス人の場合はまるで警察か裁判の調書かコンピューターのプログラムのログさながらに‐ いつ・どこで・だれが・なにを・どうしたか - 5W1Hで攻めてきます。また論理のすり替えもうまく、「自分は悪くない」から「悪いのはあなただ」と結論づけてきます。会社の人間関係でも友人関係でも夫婦・家族の間でも、理屈っぽい人間がいても、問題がない時はそれはそれでいいのですが、いざ事が起きた場合、どうするか、どうなるかが大切です。日本に育ち日本の普通の教育を受けた私には、こういったフランス人の習性(みたいなもの)は受け入れがたいものがあります。

    ユーザーID:1849345120

  • むずかしいかも (2)

    続き

    またアジア人に対する蔑視は強いです。「同じアジア人でも自分は日本人!他のアジアの人と同列に扱うな!(ごめんさい、そういう私も蔑視してます)」なんてよこしまなプライドはぶち壊されます。

    私がフランスの歴史と文学に通じ、大フランス主義的な観点で政治経済を、発音のみならず文法も完璧なフランス語で論じることができたならば、違っていたでしょう。日本の文化(歌舞伎と狂言の違いは? わびさびとは?)を語り、華道・茶道・書道・空手のうち、ひとつは実演し… フランスは格差社会、インテリと教育のない人とでは雲泥の差です。だからこそ彼らを見下すくらいの教養が必要です。

    彼はともかくフランスが好きか嫌いかに尽きます。好きだったらその社会に入ることができる。そうでなければ駄目です。フランスは異文化に対して排他的傾向が特に強いと思います。彼や友人、そして隣人が、そのコミュニティにあなたを手招いてくれるところではありません。自分からその差別的な壁をぶち抜いていくくらいの性格でないと、国際結婚は、無理です。私の妻は日本社会に溶け込めません。最後に、彼のフランスでの生活力は要チェックです。金銭感覚も。

    ユーザーID:1849345120

  • どこへ行っても・・・・・

    同じ事かもしれませんよ・・・・それが国外ってだけで。
    でも、何も不安がないなら彼と離れたくないはず、少しでも疑問が出てくればやめた方がいいかな?っと思います。
    しかも彼は全力でサポートって感じではないような雰囲気ですよね?
    やれることはやるけど、後は自分で頑張って〜みたいな・・・・
    なので、どピ主さんの様なソフトな方は難しいのかもしれませんね・・・
    ご自分の人生ですので、悔いのないように判断してくださいね!
    頑張ってください!!

    ユーザーID:3331102889

  • 相当の努力を要しますが・・・

    英語の能力をもっと上げて、フランス語が日常会話程度に使えるようになれば、就労は可能だと思います。

    勿論、業種、企業にもよりますが。

    スイスで、ほぼ英語のみで現地就労していた人を知ってますから(ドイツ語は日常会話程度)。

    日本でも、日本語が話せないけれどまっとうな企業(海外企業の日本法人、支社含む)で働いている人って沢山いますよね。

    「フランスが好きになれない」という方が問題としては大きいかな。
    「住めば都」と思えるか、「嫌いだけれど仕方ない」という悟りの境地を開けないときつそうですね。

    親に関しては、金銭的に問題がないのなら、大丈夫・・・というか、同居でも死に目に会えなかった人を多数知ってます(朝出勤するときは元気で普通に歩いていたのに、その後倒れてそのまま死亡)。どうしても親の死に目に会いたいということなら、それこそ仕事をやめて24時間貼り付いていないと駄目。運命みたいなものです。

    最後に、他の方も書かれていますが「彼のサポート」の内容を具体的に確認して、文書にしておいた方がいいと思います。

    ユーザーID:3195370353

  • トピ主です

    貴重なレスをこんなに沢山頂き、改めて感謝いたします。おひとりおひとりにお礼をお伝えできず申し訳ありません。

    週末は一緒に帰省していました。両親とはとても仲が良く、月1度帰省しては力仕事を全て引き受け、入院など緊急時は率先して動き、口べたな父に電話して話し相手になってくれています。実の兄弟よりそれは熱心に家族に時間を割いてくれるものだから、両親は帰国するとなれば私がついて行くものだ、こんな良い人はいないと思っているようで。彼がその際はきちんとする(結婚、サポートする)と話しているから尚更でしょう。楽しそうにしている3人を前に自分の気持ちがわからなくなってしまって混乱しました。

    そんな中みなさまのご意見を読むと冷静になれます。現段階で検討すべき点も見えてきました。
    ○求められる「自立」の程度は?それについて私の思いはわかってもらえるか?
    ○在仏の何処が不安・不満か?それは自分の努力で解決可能か?

    経済面も大事ですね。まず私ひとりに最低どれ位貯蓄があればいいのか等。。。
    要領が悪いのかこうして少しづつしか考えられない自分に苛立を覚えます。でもひとりで悩んでた頃より楽になりました。

    ユーザーID:8209587288

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • 仏文化が嫌いなら止めた方がいい

    仏人と結婚している者です。他の方もおっしゃっていますが、フランスの文化はかなり独特で、好き嫌いが別れます。貴方の場合は英語圏なら自立を求められても普通だと思いますが、フランスでも同様を求められるのはちょっとフェアじゃないですよね。今の会社でどうにかならないのでしょうか。

    仏語は絶対に必要です。仏語の知識が全くゼロであるなら、今からだと相当な努力が必要ですね。でも英語にも近い単語は多いですし、集中すれば必ず出来ます。「たろうじろうさん」がおっしゃることは正にその通りだと思います。でもその文化が好きであれば、それ程気になりません。言葉が出来れば大丈夫です。サバイバルスキルが必要ですが、それはアメリカでも中国でも同じだと思います。

    友達の家に住むといのは、貴方がということですか?なんだか意味が分からないのですが、彼の為に渡仏するのに別々に住むのでしょうか?そんなことなら止めた方がよいと思います。

    ユーザーID:2927007084

  • トピ主さんはどういう人生を歩みたいのですか?

    二度目のレスです。
    >要領が悪いのかこうして少しづつしか考えられない自分に苛立を覚えます。

    言い換えれば、トピ主さんは「自分はこういう人生を歩みたい」というビジョンを持っていないから悩んでいるんだと思います。トピ主さんは、優しい彼、両親のこと、と周りの状況を考えすぎているから決められないのでしょう。

    私の経験から思うことですが、西洋社会で生きていくには、「自分はこうしたい。でもそれにはこういう問題がある。それを解決していくにはどうしたらいいか?」とか、「自分はこうしたい。それにはこういう技術・スキルが必要。だからこういう行動をとろう」という感じで、先に自分の意思をはっきり表示出来ない人は大変だと思います。

    トピ主さんは、どういう人生を歩みたいのでしょうか?日本で暮らし、ご両親の側に付き添っていく人生ですか?それとも、障害はあっても、その彼と慣れないフランス社会で家族を築いていくことですか?

    彼の場合は、「自分のキャリアを伸ばしたい」というのが根底にあって、それからどうするかを決めています。トピ主さんも彼と同様に「自分は何をしたいか」を決めてから、どう行動するかを考えるべきです。

    ユーザーID:2883015359

  • 好きなら実行するしかないかも

    トピ主さんが、うわついた気持ちだけでなく
    現実的に考えているのがわかります。感心します。

    今、考えておられる不安は、すべて本当になります。
    でも、こうして準備しておられるので、きっとショックはそんなになく、
    やっぱりきたか。。。と実感するのみかもしれません。

    結婚して、親元、友達を離れて遠くに住むということは、
    日本国内でも大変ですものね。そして、これが一生つづくわけです、
    離婚しない限り。

    友人にフランス人と恋愛し、結婚話が持ち上がったことがあります。
    仕事を辞めて語学留学ということで1年一緒に同棲することからはじめました。結果は、駄目だったのですが、彼女に後悔はありません。

    1年ほど、結婚を見越して同棲してみてはどうでしょうか。

    親の援助や、自分の貯金などは当てにしない生活、
    また日本語環境がない環境、現地の方と接して彼の思う
    フランス人のいう普通の自立、また子供の教育や育て方のの違いなど
    自分の目で見てみる。

    人間、やったことには後悔しないというらしいですし、
    1年くらい長い人生でみれば、たいしたことないでしょう。。

    ユーザーID:3841540877

  • 結婚でも国際結婚は難しいのかな…私も悩んでいます。

    2度目の書き込みです。
    私の妻は外国人ですが、日本社会に溶け込めず、母国に帰りたいと訴えています。そして「私のことは愛している。別れたくない。でも母国で結婚生活を続けたい。そのために今自分が国に戻り、老後も含めて、その生活の準備をする」といった理由付けです。これについて論じるつもりはありませんのでスルーしてください。日本に居場所を見つけられない辛い毎日です。そんな妻の性格やら諸々を見ながら、もちろん、妻との会話(互いに泣いたり怒ったり、そういった感情のぶつけ合いも含め)や私のサポートや周囲の環境などを省みながらの書き込みでした。

    ところで「国際離婚」松尾寿子著(集英社新書)は読まれましたか?妻との結婚を決める前に読んだ本です。が、今、読み直しています(苦笑…)。アマゾンでの評価は良い・悪いが分かれるようですが、680円とお茶代と変わりませんし、フランス人妻と離婚した日本人男性の話もありますので、読まれてみてはどうでしょう。

    ユーザーID:1849345120

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧