現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

彼に殴られました。

m
2010年12月14日 11:51
古いレス順
レス数:192本

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
未経験ですが、
はいはい
2010年12月19日 1:02

彼氏は過去に女性をなぐったことがありますか?
トピ主さんが初めてですか?
おそらく何人もの女性を殴って逃げられているのではありませんか?
お酒は初めの一杯にすると言うところで、苦笑しました。本気じゃないとすぐわかります。一杯って、一升瓶に一杯くらいかも。
本当に反省していればあなたと一緒にはお酒は飲めないと思います。
あざのあるうちに、警察に相談しましょう。記録を残して、何かあればすぐ来て貰えるようにした方がいいと思います。
両親にも話してください。
30歳、まだ若いです。引き返した方がいいです。
でも、トピ主がつきあっている間は、他の女性が被害に遭わなくなるので、人助けかも。

ユーザーID:2428474660
カウンセリングは、性格を変える魔法ではありません
カルドア・カルツキー
2010年12月19日 2:17

彼の提案は甘すぎると思います。
原因がお酒だというなら、断酒ぐらいはしてもいいのではないでしょうか。

暴力に走る人間は、自制の苦手な人間に他なりませんが
そういう自分に甘い人間に「一杯だけ」なんてことを最初から認めてたら
いずれは二杯三杯と酒量は増えるでしょう。

営業マンでも、酒で失敗して断酒した人はいますし、
中高年なら健康上の理由で断酒している人もいます。
断酒しても、仕事に大きな支障は出ないはずです。

また、カウンセリングは魔法ではありません。
受ければそれだけでカッとなりやすい性格が直るなんてことはありません。
カウンセラーは性格を変えるためのアドバイスをしてくれるだけで
アドバイスを受けて日々気性を変える努力をするのは、結局彼自身なのです。

自らの気性を自身で変えるためには相当の努力と忍耐が必要ですが
断酒の覚悟さえ出来ない人には、まず無理でしょう。

DV被害女性は、カウンセリング受診、結婚、出産などの人生のイベントを切欠に、
彼が劇的な変貌を遂げる薔薇色の未来を描きがちです。
ここは、甘い希望は抱かず「彼の自ら性格を変える覚悟」を冷静に見極めるべきかと思います。

ユーザーID:6058057005
彼の問題とあなたの問題
おばさん
2010年12月19日 20:34

あなたが気が付いていない大事な点があります。

彼が自分を治すべきは<彼の問題>であって<あなたの問題ではない>という事です。

人は誰にも人を変えられません。
変えられるのは<自分だけ>です。
ですから彼を変えられるのは彼だけです。
これは<彼が克服すべき彼の問題>なんです。

ではあなたの問題は何か。

こういった人から離れ、自分の身を自分で守る事。
彼とは無関係に、あなたがあなた一人で居て充実していて幸せで居る事です。

あなたはまず自分の身を自分で守って下さい。
それは人としての基本です。
幸いに友人とご家族があなたを温かく保護してくれています。
それは本当にラッキーな事です。
しかしそれに甘えては駄目です。
彼や人に頼らずとも、自分一人で居ても幸せを感じ、しっかりと自分の足で立っていられる女性になって下さい。
今のあなたはそんな<基本>ができていません。
自立できていないから、こういった暴力を振るう人であっても離れられないのです。

彼から離れ自立した女性になる
それがあなたの問題です。

その先には必ず幸せが待っています。

ユーザーID:5081577986
彼が変わることを信じたい気持はわかるが・・・・
60代男
2010年12月20日 10:14

たしかにカウンセリングは心の問題を解決する万能の方法ではありません。

同じ職場にパーソナリティ障害の男性がいて、家族や同僚から
「あなたはカウンセリングを受けるべきだ」とさんざん言われて受けるようになりました。

しかし5年間カウンセリングをつづけても、はたから見ているとまったく効果はありません
でした。もう40年以上生きてきて、その人格が出来上がっている人を変えるのはそんなに
簡単なことではありません。

家族も死ぬ思いで彼につき合っていたようです。「こんなに苦労するなら、あっさり別れた
ほうがよかった」と奥さんの愚痴を聞いたこともあります。

40歳の彼の場合も、40年かかって作られた性格を修正するには40年かかると覚悟したほうが
いいのではないでしょうか。死ぬ間際になってやっと穏やかな高齢者になる。そこまでの過程
に終始付き添うのがわたしの娘なら、「お前、絶対にやめろ」と忠告します。

心の問題を抱えているパートナーを支えるのは、並大抵の努力では済みませんよ。

悪いことは言わないから、その彼はあきらめなさい。

ユーザーID:8435734661
「おばさん」さんのご意見に同意いたします
ちなみ
2010年12月20日 11:19

タイトルのとおり、「おばさん」さんのご指摘(2010年12月19日 20:34)に
全面的に同意します。

更に言えば、トピ主さんは既に*彼の問題*を、*自分の問題*にしている。
そして、*彼の問題*を、*自分が*解決できるとまで考えている。

>ネットで「DV 加害者 治療」とか調べて・・・
>殴るということがどういうことか、分かってもらいたかった・・・

「私になら彼の過ちをわからせ正し立ち直らせることができる」というような、
率直に言えば大変な思い上がりであり、トンデモな勘違いです。
一体いつあなたにそんな神がかり的な力が備わったのでしょうか?

あなたがやるべきこと、それは5発6発殴られてもなおそんな勘違いをしている
ご自分の心のおかしさに気がつくこと、そしてそれを乗り越える努力をすることです。
ことここにおよんで、彼がカウンセリングを受けようが受けまいが、
それは*彼の問題*であり、*あなたの問題*ではない。
被害者であるあなたが関知することではない。
カウンセリングが必要だとすれば、それはむしろあなたです。
彼のことをあれこれ言う前に、自分を放置するのをやめてください。

ユーザーID:7806870424
トピ主さん自身の問題と向き合ってみてください
プチタロウ
2010年12月20日 13:58

私も、彼の問題は彼自身が一人で向き合うべきだと思います。

トピ主さんは彼の暴力だけが問題だと思っていませんか?

人間が二人いて、その関係が上手くいかないのは100%片方だけに原因があるとはいえないと思います。

もちろん暴力は許されることではないと思います。

大変厳しい事を言うようですが、暴力を振るわれた一度目はトピ主さんは「被害者」ですが、

そこにとどまって、二度目に暴力を振るわれたならば、トピ主さんは「志願者」です。

二人の関係において50%(決してそれ以上ではない)はトピ主さんに責任があります。

彼と別れる・別れないはひとまず横に置いておいて、

トピ主さんはトピ主さんご自身の問題と向き合っていただけませんか?

「共依存」という言葉を聞かれたことはありませんか?

まずそこから調べてみませんか?

本を読むのが苦手でなければ、次の本をお勧めします。

ロビン・ノーウッド(著)「愛しすぎる女たち」 (中公文庫)1100円 

「なぜ夫は、愛する妻を殴るのか?−バタラーの心理学」(作品社)2310円

トピ主さんが幸せに暮らせるように応援してます。

ユーザーID:7923223928
まだまだ一緒にいたい携帯からの書き込み
けんざかい
2010年12月21日 12:37

別れるなんてとてもできない時期なのかも知れないですね。

ラブラブな時期を通り越して相手を人間として冷静に眺められるようになった時に、答が出るのかも知れない。

ここのレスだけで別れを決めることができたら‥たいしたものです。

ユーザーID:0039838396
あなたは幸せになっていい
おばさん
2010年12月21日 14:59

人生で起こる事は、それが楽しい事でもしんどい事でも
偶然ではなく、あなたの人生にとって必要だったから起こった<必然>です。

辛い時は立ち止り、周りを見渡し、じっくりとご自分の心と向き合う時です。

誰しも一旦好きになった人との揉め事や別れは辛い苦しいもの。
できれば一緒に居たい。
それはあなただけではなく、誰もが思い願う事です。
あなたがお辛いのは尤もで、本当に良く解ります。

それでもよく考えて下さい。

苦しくても
彼は彼で、あなたはあなたで
自分の問題に向き合って乗り越えて行って下さい。
しんどい事が起こるのは、天が意地悪をしているのではありません。
「あなたはそれでいいのですか」という問い掛けです。
あなたが自分自身と向き合い、何が本当の幸せか、望みか、考える時にきている、という事です。
本当の幸せに辿り着くためなのです。
人は皆、幸せになるために生まれてきているのですから。

結婚前に暴力が判り、助けてくれる友人も居て、あなたはとてもラッキーな方です。

どうか勇気を持って。
安心し、心から笑いあえる伴侶が必ず居ますから。

ユーザーID:5081577986
「いつからいつまでを一緒に過ごすか」も運命です
明日は晴れるといいな
2010年12月22日 4:06

「一生添い遂げる」運命の2人なら
同時に死ななくてはいけません。
だって、遺された方は
相手に一生添い遂げてもらえはしないから。
でも、現実のほとんどは、そうではない。

片方にとっては「一生添い遂げられる」運命だけど
もう片方にとっては「先立たれる」運命で、2人の運命は違う。

3回結婚しました。
ええ、モチロン、3回とも運命の出会いだと思いましたよ?
でも、今では最初の2回は
3回目の人に出会うためには必要だっただけで
「出会って別れる」運命だったと思ってます。

夫以外にも、運命の出会いと思った恋人もいました。
でも、結婚はせず、別れた。
その人との出会いと別れ無しに、次の人に出会えたとは思えない。

何が言いたいかと言うと
出会うことだけに、運命を感じて欲しくないということ。
続けられない、離れる、別れる、そういう運命もあること。

だからこそ、運命はハッピーだけではなく
「避けられない」運命と否定的な意味を含んでも使われる。

流されるのも運命。
選ぶのも運命。

幸せになりたいですか?

運命は、選んでください。

ユーザーID:0875307438
暴力反対
かのん
2011年3月20日 17:06

私も旦那に殴られ、今 別居しています。一度結婚してしまうとボコボコに顔の形が変わる程殴られ、保護命令を受けても離婚するのが大変です。
弁護士さんには「日々殴られた証拠の写真を撮ってますか?暴力受けた内容を手書きの日記をつけてますか?証拠がないならもう一度殴られて証拠を集めなさい。」と言われ恐怖のあまり鬱病になりました。
結婚は簡単でも離婚は10倍の労力を要します。インテリ系、もしくは社会的地位の安定している場合のdv男性の危険性はかなり大きい
私のような心身ボロボロになる前に、事前回避の決断することを望みます

ユーザーID:6248825153
ん、ん、ん
あー
2011年3月20日 23:39

女性に暴力を振る男性なんか周りにいません。
暴力を振る男性と一緒に暮らしていくのは怖くありませんか??
幸せになることって、保障がないような気がします。

殴られた時から、愛情がなくなったとは言えます。
お酒を飲んでも、理性的に行動できる方はいっぱいいます。

半年ほど距離を置いてみたら、いかがでしょう。
その後は、トピ主さんは冷静に考えられますよ。
その時に結論を出したほうがいいですよ。

ユーザーID:5395489108
お互い様
pop
2011年3月21日 13:00

私はDVが原因で離婚したものです。
娘に私の様な生き方をしてほしくないと強く思って離婚を決めました。
仮にトピ主さんがお母さんで自分の娘に今回の出来事が起こったとして、彼の3つの提案を受け入れ、「はい そうですか」といって付き合いを容認できますか?
私なら無理です。
他の方もレスしていたようにDVにはサイクルがあります。その辺りももうお勉強されてますよね。
だいたい貴方みたいな女性がDV男を増長させてるってこと自覚されてます?
だから男だけを責められないんですよ。
>彼は幼い頃に両親を亡くして一人で生きてきた人です。仕事は金融関係で大変成功しているようです。苦労も努力も人一倍です。
この後におよんで彼を庇う発言、成功してる彼のお金でもあてにしてるの?と思われてもしょうがないですよ。
誰が何といおうと女に手を上げるような男は男ではないです。人間ですらないと私は思います。そんな動物みたいな存在に青タンの写真を送って反省を促すなんてトピ主さんカナリ甘いです。
>でもなんだか笑って「戻ってきたよ♪」と言ったら元通りになれそうな気もしています。
ちょっと危機観念足りなさすぎですよ。

ユーザーID:5846864728
 
現在位置は
です