幽霊・お化けが裸でないのはなぜ?

レス48
お気に入り51
トピ主のみ0

話題

私自身はいわゆる「見えない人」です。
見たことがないし、見えたこともない…。
ですが、それがイコール居ないになるかというと、そうではないんじゃないかなーと思っている人です。

さて、ある本を見て疑問に思ったことです。
お化けや幽霊って、普通服を着て出てきますよね?
落ち武者風なら鎧を着てるし、和服を着てたり、ワンピースだったり。
これって不思議じゃないですか?
人には魂があって、幽霊やお化けは霊魂と呼ばれたり、魂を持ってして現われるものだと。
幽霊には魂があるかもしれないけど、幽霊が着てる服には魂はあるのか。
その幽霊を見る人によって、着ているものが別のものに見えるのか。
化学繊維の服には魂は宿らないけど、毛で出来ている服なら魂が宿るから服を着ていられるとか?

ともあれ、裸で出てきた幽霊の話というのを聞いたことがないのでトピを立てて見ました。
幽霊を見たことがある方、見たという話を聞いたことがある方、是非お話を聞かせてください。

ユーザーID:6888020909

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数48

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 自分で自分の姿をイメージする時って

    服は着ていますよね。私はそうです。

    私は見えも感じもしない人ですが…
    幽霊が、死んだ人間の念(?)の具現化ならば、死んだ人自身が持っていた
    セルフイメージが着衣姿だからではないかと思います。
    たとえ霊でも、生前同様全裸で人前には出られないのでは…。

    ユーザーID:6120081477

  • そりゃあ

    幽霊だって人前に出るのに裸じゃ恥ずかしいからじゃないですか?

    ユーザーID:3320138952

  • あはは

    面白いこと考えますね〜

    私、怖い話好きです。
    裸の幽霊目撃談読みました〜きのうです。
    ただ…首から上がない全裸女性の幽霊。
    ナイスバディ〜だったらしいです(笑)
    顔がないのは顔に自信がないからだろ!と目撃者は語る…
    死んだ時のままの格好をしている幽霊が多いのではないか?と思ってますが…
    どうなんでしょうね〜。

    ユーザーID:0026504463

  • 実話

    幽霊には、スタイリスト幽霊とか、衣装さん幽霊がついていて、

    本番前に(人前に出るとき)、確認があるそうです。

    あと、人気のある幽霊や、心霊スポットには、音響さん幽霊や、照明さん幽霊、

    ヘアーも整えてくれる幽霊もみえるそうです。

    ユーザーID:1085546877

  • 見えないわたしが想像するに

    幽霊といえど、生前の意識や感覚に左右されている。なので、例え幽霊であっても裸で人前に出るのは「恥ずかしい」。
    以前、幽霊が飛行機に乗るという話をききました。空港や駅などにもよく集まるそうです。真偽のほどは不明ですが(わたしには見えないため)、やはり幽霊になっても「自力では飛べないので飛行機に乗る」のでしょうね。

    こんな感じでどうでしょうか?

    ユーザーID:1982001594

  • 幽霊って

    人間全員には見えない。
    そう思うと、なんらかしらの勘(直感?)で
    「感じているもの」だと思うんです。
    それを脳が処理して「一番判りやすい形」にしていると思う。
    で、ナチュラルな状態で人の裸を想像する人はあまり居ないので
    服を着ているのかもしれませんね。視覚的にさ。

    だって「理想のタイプ」だって
    頭に思い浮かべる時は服着てるじゃない?

    ユーザーID:0015655889

  • 見た人の想像力

    幽霊の姿って、物理的?物質的?にその姿を持っているわけではありません。

    「なんか落ち武者って感じの気配」を感じ取ってテレビか映画で見たことのある落ち武者らしい姿を想像しているだけです。


    「ずぶぬれの若い女性」は和服かワンピース。
    ビキニの際どい水着姿をイメージする人は何故かいない。

    まぁ、その場の雰囲気に合ったイメージをしますからね。
    山奥で水着美女が歩いているわけがない。(笑


    海水浴場に出る霊なら水着姿もアリの筈なんだけど、何故かそういう話は聞かないんですよね。

    ユーザーID:2270062556

  • 見える人です

    一応見える人です。

    私の見たので一番ヤバイなと思ったのが、東北の某宿で見た女性の腕ですね。

    真夜中に襖の方からとても強い気を感じて目を覚ました時、襖の戸が少し開いていました。
    そこからは、この世の光を全て飲み込むような黒い影が見え、しばらくすると女性と見られる腕が一本ゆっくりと寝ている私の方へ伸びてきました。

    その腕は死んでから時間が経っているのか全体的にドス黒く、アザのような痕跡も見られ、とてもこの世の物とは思えないような光景でした。

    その晩は恐怖のあまり眠れぬ夜を送ってしまいましたが、その時見た腕は衣服を着けず裸体だったと思いますよ。

    ユーザーID:9110622154

  • 無題

    裸の幽霊のイメージがない、というより
    裸でいる場面で亡くなることがあまり少ないからでは…?

    交通事故で亡くなった人がいると聞けば(知っていれば)
    血だらけの服・ボロボロの服の幽霊でしょうね。
    なぜなら、交通事故で綺麗に亡くなるイメージがないからです。

    海水浴場で、海水浴中に溺れて亡くなった人
    病院で亡くなった人
    など、これらの単語を聞いて(場所を見て)、ある程度服装をイメージできるのでは
    ないでしょうか。

    つまり、それが答えだと考えられます。

    ユーザーID:6160542470

  • 同じ服なんじゃないかな

    死んだときに来てた服だと思います。
    死んで久しくどんな服を着てたか忘れちゃうと死装束?

    …と、思ったけど海で死んだ人は海パンなのかな…

    ユーザーID:5216925655

  • うろ覚えですが・・

    霊感の強い歌手の森公美子さんがTV番組でお友達の霊と
    お話した時に「あなたの頭の中の私のイメージを使っている
    から姿は若い時の私なのよ。」と言っていたように
    覚えています。うろ覚えですが・・。

    ちなみに私も少し見えます。
    服を着ていない人は見たことないですね。
    まぁ、私の場合見るのは眼だけだったり、人の気配のする
    黒い影がほとんどなので、ちゃんと人間の形として見える
    ことがあまりないですけど。他の人の話も聞いてみたいです。

    ユーザーID:5118972609

  • 全裸だと

     せっかく撮ってもらった写真を公表できなくなるからだと思います。

    ユーザーID:6614389465

  • それが怖いという意識がないからじゃないかな?

    幽霊に足がないのって、江戸時代の浮世絵師が脚のない幽霊を書いたら、ヒットして、それ以来定番になったそうです。(まぁ定説としてですけど)

    666が不吉な数字とか言われるのもとある映画の影響。

    お化けって、霊魂だから、形はないと思う。ただ、見る人が「霊魂だ!」と、言うものに見えちゃうんじゃない?あっち側の問題じゃなくて、こっち側の問題。

    裸の人が居たら、まず幽霊より、露出マニアを疑っちゃうもんね・・・・

    ユーザーID:2944533733

  • 死んでも

    恥じらいの気持ちは残るんでしょうね。
    なんだか親近感が沸いてきますよね。

    ユーザーID:1045994161

  • 見る側が認識しやすいように

    おばけ(霊)が現れる時、見る側の人間がいちばん理解しやすい形ででるそうです。正確に言うと、人間の右脳に働きかけて、可視化させるんですって。

    前に森公美子さんが、亡くなった親友が現れた時、本人に説明を受けたって言ってました(笑)。その友人は「あたしは集中力があるから、足まで見せられるんだよ。よく足の無い幽霊ってあるじゃん。あれって集中力たりないんだよねー」って。

    ユーザーID:1752937652

  • そして、何時も一人で寂しげなのはなぜ

    お化けや幽霊を見たと言う人は居るけれど、楽しげに会話した人は居ない。
    お化けや幽霊が写真に写ったと言うけれど、何時も一人で寂しげなのはなぜ。
    お化けや幽霊が見えると言う人は、たいがい似通った人。共通の何かを感じる。
    お化けや幽霊に社会は無いのだろうか。 どのようにして生活してるのだろう。

    お風呂に入るの? 顔を洗うの? 衣服は洗濯するの? 友達入るの?
    どうして一人で居るの? 楽しい事を考えないのですか? 空腹のときはどうするの?

    ユーザーID:6013956496

  • 文化

    幽霊って「文化」の一種だからじゃないですか?

    もし、本当に存在するとしても、神も幽霊も
    可視的なものじゃないでしょうね。
    それを象徴的に人間(動物としてのヒトではなく、社会の中の人間)として描くわけですから。人間は裸体では暮らしませんよね。
    だから、幽霊だって、イエス・キリストだって、お釈迦様だって、それなりの恰好で描かれるのでしょう。

    ユーザーID:9646807967

  • 三途の川で見る人影も、服はお召しになってますので。

    幽霊までゆかずとも、「臨死体験」で見る“三途の川の向こうにいる人影”って、ちゃんと服を着てます。なんか白っぽいゆったりした服。

    洋の東西を問わず、臨死体験で見る情景は似ていて、“みな一様に白いゆったりした服を着ている”んで、
    幽霊も「それと同じ理屈」なんじゃないか?? って。


    あと、たぶん「眼鏡は顔の一部」で、幽霊になってもやっぱ「かけている」のでは??
    幽霊になったらコンタクト!ってことはアリエナイと思うし、ノー眼鏡だと「出てきても分かってもらえない」リスクが高すぎ。

    ユーザーID:5391670015

  • ですよね〜〜〜

    私も不思議に思っていました。
    幽霊の服装のことを考えると「やっぱり幽霊なんていないな」と
    思います。

    バブル時代に死んだ人の霊はボディコン着てるのかな?とか、
    家ではいつも汚いジャージで外では完璧に着飾る人は
    幽霊になったらどっちの格好で出てくるのかな?とか、
    縄文時代や弥生時代の人の霊が出てくればいまだ解明されていない
    当時の服装がわかるのに・・・とか、
    考えると夜も眠れません。

    死んだ瞬間に着ていた服装で出てくるなら裸の幽霊がもっと居ても
    いいような気もするし(手術のときは裸だし風呂で死ぬ人も多い)、
    病院で死んだ人は皆パジャマ姿なのかな。

    縫製の悪い安物の服ばかり着ていた人はやはり安っぽい縫い目の荒い服で
    出てくる?タグとかついてるのかな。made in china とか書いてある?

    自分の望んだ服装で出てこれるのなら皆キレイな格好で出てきますよね。
    じゃあ血まみれで出てくる幽霊ってなんなんでしょう。趣味悪い。

    私は前髪が眉毛がきまらないときが多いのですが、幽霊になって出てくるときは
    完璧な前髪とメイクで出てこようと思います。

    ユーザーID:4422245241

  • 生前の衣服じゃないですよね

    よくトンネルの手前で見たとか有りますがたいてい白装束とか衣類が濡れていたとか有りますよね。
    白装束は棺桶にはいるときだし濡れているのは入水自殺でしょうけど
    全裸で自殺する人がいないからではないでしょうか。

    トンネルの手前はよく聞きますが光の反射だろうと言うことらしいです、昼間見た話は聞きませんね。

    ユーザーID:5529784223

  • 雪女は‥‥‥

    スッポンポンだと聞いたことがあります。
    白い着物をまとっているというのは、「お話」にするときに隠したんだとか‥‥‥。
    まぁ、凍死寸前の者(男)が見た幻影なんだろうから、そんなモンでしょうね。

    ところで、小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)の『怪談』の中の「雪女」の舞台って、今の東京都青梅市だそうです。
    私ゃ、もっと雪深い地方の伝承かと思ってた。

    ユーザーID:3597790173

  • 昔そんなことを考えましたよ

    幽霊を認識する主体である人がそういう物は何かを着ているものだと先入観を持っているからですね。だから幽霊があの世のファッションを着こなして現れないんです。着ている物は自分が認識出来る服だけです。疑問を持つのはいいことです。

    ユーザーID:1111485276

  • 考えた事がなかったわー

    なべさん面白いです、スタイリスト居るかも?

    緑色で透けた人は見たことあるけど、確かに裸の幽霊は見たことありません。
    割とスタイリッシュな格好してる幽霊さんが多い様に思います。
    顔は見ないので、どうしても服に目がいっちゃって
    わーこの人(霊)お洒落って格好の人います。
    但しピカピカ光ってるので亡くなって間もない方ですけど。

    ユーザーID:7897508345

  • 『見える』友人によると

    子供の頃から鮮明に見える、という友人によると
    「多分、生前に一番着ていた(思い入れが強い、その人らしい)格好になるんじゃないかな」
    とのことでした。

    友人は、サラリーマンだった人はスーツを着て時計を見ていたり、バイクが好きだったらしい人はヘルメットしたままだったり、みんな普段着のような姿で見えるといいます。

    だから江戸時代の怪談話だと、みんな着物なんですよね。

    ちなみに幽霊に足がないのは画家の丸山応挙(だったかな)が雰囲気を出すため、幽霊画を描くとき足元をぼんやりさせた影響だといわれています。

    友人は
    「足元どころか着けているアクセサリーまでくっきり見える」
    と言っています。
    くっきり過ぎて、たまに現実の人間と区別がつかず困るそうです。

    ユーザーID:5647683537

  • スーツ姿

    私の結婚式に写っている人はスーツ姿でした。
    今風のではなく、昔風の・・・顔が映ってなく体のドアップなので誰かは分かりませんが、きっとおじいちゃんが見に来てくれたと思っています。

    ちなみに、そのドアップの体は透けていて、体の向こうに私達が写っています。

    ユーザーID:0005670342

  • 幽霊なんていない

    脳のいたずらか錯覚だから。
    人を普通に思い浮かべる時、服着てる姿を思い浮かべるでしょ。
    それと一緒。

    ユーザーID:0003124631

  • スケベに思われたくないから

    全否定派ではないものの、見たことも聞いたこともない者なので想像しかできませんが、人の心の中にある羞恥心が着物を着せてしまうのではないでしょうか。

    産まれた時とおなじように死ぬ時も裸一貫なんて聞いたりしますが、日常の生活では衣服を着ているわけで公衆の面前で裸でいるのは問題ですよね。

    幽霊やお化けの目撃談を人に話すにしても裸だったとかイイ身体してたなんて話したら話し手の人がスケベだから裸に見えたんだろなんて勘ぐられそうだから、服を着ていたと深層心理で思ってしまうのではないでしょうか。
    まったく羞恥心が無い人なら素っ裸の目撃談を恥ずかしげなく出来るとおもいます。

    ユーザーID:5704397181

  • 何をバカバカしい事を

    貴方はどうして相手の立場(足が無いけど)に立って考えてあげられないのですか?
    幽霊さんたちはしっかりと目的意識を持って出て来られているのです。
    顔には青白いメイクをし、恨めしげな眼差しを何度も鏡の前でチェックし、
    心持ち高さを違え微妙に前後させて下げた両手首、
    一世一代の晴れ姿となる恐ろしげな決めポーズを特訓し、
    足先の切断手術までして貴方に怖がって欲しいと思っているのですよ。
    それがスッポンポンで出たら貴方にどう思われるでしょうか?
    貴方の目は幽霊さんの努力の成果の表情よりもあらぬところに釘付けになるでしょう。
    幽霊さんは「怖い」と思われたいのであって「キモイ」と言われたいのではありません。
    露出狂と間違われたい訳では無いのです。
    逃げ出した貴方はやがて大勢の野次馬を連れて戻って来るでしょう。
    衆人環視の中のスッポンポンの幽霊さんの気持ちが想像できますか?
    おそらく極度の人間不信に陥るでしょう。
    一生消す事の出来ないトラウマとなるでしょう。
    そんな生き恥(?)をさらしたら死んでも死にきれないでしょう。
    私なら貴方に化けて出ますよ。

    全く、まじめにレスしているのがいやになります。

    ユーザーID:4952049321

  • シンプルですが

    トピ主さんはご自身や友人の姿をイメージするときに、
    全裸の姿を思い浮かべますか?
    霊の想念が「見える」ので、霊自身の持つイメージが
    見えていることになるからだそうです。

    横ですが・・・

    >剣呑、剣呑。さん

    笑わせていただきました。
    ただ・・・

    >一生消すことができないトラウマ・・・

    って、もう死んでますがな。

    ユーザーID:9553437994

  • いると思いますよ

    裸の幽霊、私はいると思いますよ〜。
    温泉などで他に入ってる人がいると思ったらそれは幽霊だった…とか。
    あと怖いのだと何らかの悲惨な死に方した人が裸どころか皮膚も無い状態で
    現れる…とかもあると思います。

    ユーザーID:8943218474

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧