• ホーム
  • 学ぶ
  • 海外アート大学入学のためのポートフォリオ

海外アート大学入学のためのポートフォリオ

レス3
(トピ主0
お気に入り4

趣味・教育・教養

nana

初めまして、NANAと申します。

私はイギリスの大学でメイクアップを学びたく思っているのですが、(今はイギリスのカレッジの生徒です)
入学面接試験の際、提出するポートフォリオ(自分の作品やアイデアブックのようなもの)を作らなくてはならないのですが、なかなかどのように作れば良いのかわからず、相談させていただきたく思います。

先生や、同級生に聞いたりしましたが、こちらでは作り方を知っているのか普通らしく(わかりませんが、小学校や中学のアートの時間で習うのでしょうか?)詳細に説明をしてもらえませんでした。

なにか、ヒントやアイデアを頂けるとうれしいです。
よろしくお願いします。

ユーザーID:5182331049

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数3

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 分野違いの者なのですが・・・

    最初に申し上げたいのは、入りたい大学・学部の担当者に聞くべきだということです。其々のプログラムで指定の仕様があるはずです。A4サイズで10ページ片側のみ、とかCDは不可、とか。内容も、CVや志望理由500語以内を含めるとか、フリーハンドの線画5枚以上いれるとか。カレッジで聞いてもせいぜい一般論や推測、ましてこんな掲示板の情報など、あてになると?20年以上前ですが、1回生のPre−Archから、2−5回生のProfessonal Programへあがるときの選別では人物線画、風景水彩画、機械製図による平面・立面、及び透視図(内観・外観、水彩着色)、陶芸作品(自作のものを写真撮影)をA4サイズで出したかな。卒業するときにはたくさん素材も出来ているけど、入学時は大したものもないよね。大学の方もPotential Creativityを見る、ぐらいにしか考えてないのでは?頑張ってください。

    ユーザーID:4131962455

  • ポートフォリオ

    やはりBArchMBAさんと同じく入りたい大学の担当者に聞くのが一番だと思います。あとはその大学のウェブサイトにも面接に関してとかポートフォリオの基準が載ってたりするのでチェックしてみてはどうでしょうか。私はアート大学のメイク専攻(FDA)で面接時は確かスケッチブックとポートフォリオ、確かA2とか大きいサイズの白の画用紙にA4サイズの写真を2枚ずつ貼付けたりA2サイズの絵などを20ー24枚程?だったはず。(学校によって違うので参考までに。)作品は基本的にFoundationコースで作ったもの。ドローイング、ペインティング、フォトグラフィー、陶芸、その他プロジェクトで作ったものなど。
    メイクそのものは私自身ほぼした事がない状態で、先生にメイクするんじゃなくて関係するものをエクストラで入れなさいと言われ顔や特に色に関係するものや素材の組み合わせ?みたいな事をして作品集にいれました。 メイクの腕前じゃなくてやる気とクリエイティブな発想なんかをみてると思います。 頑張ってくださいね!

    ユーザーID:1628940495

  • コツはね。

    中身のほうは、もうアドバイスが出ているので、ちょっとしたコツなどを。

    ポートフォリオの一番最初のページ>一番最後のページ>真ん中あたりの順で、
    自信作を自信のある順で入れましょう。

    人気校は始めの選考はパラ見でふるいにかけ、印象に残った人の作品だけじっくり見ます。

    出願前に必ず担任に最終チェックしてもらってね。

    ユーザーID:1966958780

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧