• ホーム
  • 話題
  • お母さん、それ変らしいよ。我家のカルチャーショックB級グルメ

お母さん、それ変らしいよ。我家のカルチャーショックB級グルメ

レス426
(トピ主6
お気に入り2,022

生活・身近な話題

猫にカバン

レス

レス数426

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • マムシ味噌汁

    ELLENさんの投稿見て思い出しました!

    我が家は茨城北部のど田舎、夏は毎日蛇がその辺をにょろにょろでした。

    私が小学生の頃、家に帰ろうと玄関前に着くと毎日お迎えの蛇が出ていて、蛇が大嫌いな私は
    大声で家の中の母を呼びだし、追い払ってもらってから家の中に入っていました。

    蛇が嫌いでない母(全然怖いという思いが無いみたい、、)は、蛇を見ると
    マムシの模様かどうかを常にチャックし、模様があると捕獲していたようです。

    で、ここからが本題ですが、母は捕獲したマムシを乾燥させて粉末にし、お味噌汁に入れていたのです!(ギャー)

    昭和30年代生まれで、戦時中のように食糧事情が悪かったわけではないのに何故に?
    マムシは滋養強壮に良いと聞いた母が子供たちの為にとやっていたそうです。

    何時に発覚したか? 中学生のころに、お味噌汁を飲み干した後に残る粉に疑問を持ち質問すると
    あっさりと、『マムシの粉末!』

    多感な時期だった私は卒倒しました、でも身長146CMの母から170CMの私に成長できたのは
    十分なカルシウムを成長期に取れたからでしょうか。笑

    ユーザーID:4833285986

  • ロール白菜 うちの場合

    ぽんさん、私もロール白菜作ります。

    初めて試作するときに「これは普通のコンソメスープよりお出汁の方が合うかも・・?」と思いつき、かつおだしにお醤油、お酒で作ったところ家族に好評。以来、我が家ではこの形で定番メニューになりました。
    で、洋風で食べたいならキャベツで、和風で食べたいなら白菜を使います。
    洋風のときにはあいびき肉を使いますが、和風のときは豚ひき肉、たまに鶏挽肉を使い、しいたけやニンジンのみじん切りもいれるようになったので、もともとのロールキャベツからは遠くなってしまいました(笑)

    ユーザーID:8189315757

  • 義母のケチャップライス

    読んでて凄く楽しいトピックですね。
    私も参加させて頂きます。

    我が家のすき焼きは大根。麩は必ず入れます。
    どちらも味が染みてすごっく美味しいですよ。
    子供たちは大好きです。

    義母の料理には毎回カルチャーショックを受けてます。

    ○すき焼きは醤油の味しかしない
    ○ちらし寿司は酢の味しかしない
    など、まだまだいっぱいあります。

    一番衝撃的だったのはケチャップライスですかねぇ・・・
    「ハヤシライス」を作る。というのでお手伝いしたのですが
    鍋に大量の野菜(これは別に良いとして)に
    コップ2杯程の水(これで10人分は到底足りない)
    最後のとどめに大量のケチャップ・・・
    (味付けはケチャップのみ)

    義理弟のお嫁さんと目が点になり、その後
    速攻でルーを買いに走りました。
    味は・・・ケチャップでしたね

    ユーザーID:8300817352

  • オム…ライス

    「オムライスが食べたい」と言った私に母は溶き卵の中にご飯を投入まぜまぜした物を焼いてくれてたっけ…味はたっぷり添えたケチャップによって自動的に修正されて不覚にも美味しい、未だに実家の定番メニュー。ただ、名前はスパニッシュオムレツ(スペインの人々に謝れぇ!)になってます。

    ユーザーID:0243825765

  • 帰国子女の友人宅に御呼ばれした時

    ホットケーキの生地そのものにメイプルシロップを入れて焼いていました。
    ビックリしましたが海外ではそうするものなのかと感心したことを覚えています。

    ユーザーID:8241107625

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 福井の友人の話 『カツ丼=ソースカツ丼』

    カツ丼といえば、豚カツをだし汁と溶き卵とネギで軽く煮て盛りつけるものを想像される方々が大半だと思いますが、ある私の友人は違いました。

    カツ丼といえば、かの友人は、煮るカツ丼はカツ丼ではないと強硬に主張したため、実際に食べに連れて行ったほどだったのですが、1軒程度ではまったく納得しなかったため、数ヶ月かけて何軒もハシゴする羽目になりました。そう、彼は福井出身でした。

    そうした店を近隣だけでなく、東京や大阪等でもいくつか訪ね「煮かつのカツ丼」のほうに一般性があることに納得した様子でしたが、逆にその友人に福井に連れられていったときには『ソースカツ丼』が一般的な福井に、感心しました。

    薄い豚肉をソース入りの?衣で香ばしく揚げたソースカツ丼は、当時大食漢だった私には、ビールの良き友になったものでした。今や福井に行くと『ソースカツ丼』を食するべく、足を運ぶ自分だったりします。

    ちなみに私は、名古屋の“みそかつ”も好きです。

    ユーザーID:7594249941

  • 木綿豆腐に

    旦那の実家は、木綿豆腐プラスからしで「冷ややっこ」です。
    これってアリなんでしょうか?

    ユーザーID:8440701063

  • ピーマンの肉詰め

    主人にピーマンの肉詰めを出したところ
    こんなの違う!と大激怒

    姑に頼んで作ってもらったところ
    出てきたのは・・・
    ピーマンをくりぬいて焼いたものに
    塩と生姜汁で味付けされた鶏そぼろを詰めたものでした

    私も嫁いだときびっくりしたわ〜と姑

    意外においしく、簡単なので
    我が家のピーマンの肉詰めも鶏そぼろバージョンになりました

    これまでの私が作っていたものは
    ピーマンが張り付いたミニハンバーグと呼ばれています

    ユーザーID:4245463734

  • ホットケーキと寄せ鍋

    我が家のホットケーキはメープルシロップ+バターではなく、マーガリン+ハチミツでした。
    しかもかちんかちんのハチミツをホットケーキの上にのせ、溶けるのを待ちます。
    たまにハチミツが溶けきれずにシャリシャリしてましたが。
    メープルシロップがかかったホットケーキを食べた時の衝撃は忘れません。

    もう一つは寄せ鍋。
    両親が福岡出身だからなのか、母のオリジナルなのか我が家の寄せ鍋は土鍋に昆布を放り込み、魚介に白菜椎茸蟹に豆腐。たまには牡蛎も投入。もちろん鶏肉も投入。水炊きか?
    もう、生臭くて食べれません。
    大嫌いでした。

    大人になってから、寄せ鍋はきちんと味付けをするんだと知りましたが、今も鍋は苦手です。

    ユーザーID:2012495341

  • すっぱい味噌汁

    私の母が家族の健康を想って料理をすると、大変なことになります。
    とくに一日おきで出る朝の味噌汁。
    最初は煮干が丸々一人5本入るところから始まり…
    何を思ったか、ある日からなめこ汁のなめこのぬめりをを洗わずに汁へ投入。
    そしてそれだけでもすっぱかったのに、またある日から全く味噌の味が消滅!!
    家族は激怒して母に何を入れたか聞いてみると、
    「お酢よ」の一言。
    さらに、にがりが入って体に良いのよ!と喜んでいました。
    なめこのほかにも酸度の高いとろろ昆布や粘土の高いオクラなどをはじめ豆腐やジャガイモ、かぼちゃなど色々入れてくれます。
    なので流味噌汁がよそわれると、汁が極端に少なく、具がお椀からはみ出します。
    最近はさすがに家族のブーイングでお酢は入れないようになりましたが…若干煮干の数が増えた気がします。

    ユーザーID:9961850794

  • らんさん、知らなかったです。

    福岡県民です。
    こっちの焼鳥、全国バージョンと違うんですか? じゃあ、東京の焼き鳥屋さんにはイカとか海老はないんですか? 銀杏も?
    あの分厚い豚バラがない?
    あー、福岡で良かった!
    らんさんのレス読んでたら久々に焼き鳥屋さんに行きたくなりました。

    ユーザーID:9749046273

  • 社食ですがいいですか?

    実家の独創的なメニューってご飯入りお好み焼きぐらいしかないなぁ、と思っていたら
    社員食堂で結構面白いものを食べてる事を思い出しました。
    「あんかけエビフライ」(卵+片栗粉のあんかけ)「焼き鯖のあんかけ」(やっぱり卵あん)
    「揚げだし豆腐」(厚揚げを更に揚げてある)「クリームコロッケ」(クリーム種に片栗粉?でもっちり)
    片栗粉の登場回数がやたら多いです。冷めにくいから?大体のカツには卵あんが掛かっています。
    あと何を取っても味噌汁が付きます。カレーにも味噌汁。シチューにもご飯と味噌汁。

    ユーザーID:7322156978

  • 福岡の焼鳥が普通だと思っていました

    福岡市出身です。
    以前、東京出身の友人に「福岡の焼鳥は無法地帯だ」と言われました。
    確かに福岡の焼鳥は、鶏肉のみならず豚に牛に羊に雀、野菜に魚介と本当に無節操で、ぶっちゃけ串に刺して焼いて美味しい物なら何でもあり、という感じです。
    味付けはほぼ塩のみで、タレは滅多にありません。
    福岡の焼鳥の大定番は豚バラで、炭火で表面がカリッとするほど焼いた豚バラは、余分な脂は全て落ちてしつこさなど皆無で、シンプルな塩のみの味付けが豚肉の旨さを最大限に引き立ててくれます。
    他にも、アスパラやえのき茸やプチトマトを薄切りの豚バラで巻いたり、牛ハラミや椎茸や海老や帆立やイカなどなど。串には刺しませんが、焼いた豚足も定番メニューですね。
    なので、焼き鳥屋に行って何十本も食べたけど、結局鶏は食べていないなどという事も、あり得ない話ではありません。

    勿論、鶏肉も様々な部位を食べられますし、その種類も決して他の地方に劣る物ではありませんが、少なくとも「焼鳥=鶏肉」という認識は、福岡にはありません。
    今年になって私は東京に引っ越しましたが、焼き鳥屋に行ってもメニューが寂しくて仕方ありません。

    ユーザーID:4867190657

  • 湯豆腐

    うちの夫は東北出身ですが、なぜか湯豆腐にちくわ!

    鍋の真ん中に昆布だしで少し薄めた大量のしょうゆを入れた湯飲み茶碗を入れてちくわと豆腐を入れてます。

    夫は「しょうゆが温かく豆腐にしみやすい。ちくわおいしいよ」と。

    私が勝手にねぎ、しいたけなどを入れるようになったので具が増えましたが、夫は「これじゃ寄せ鍋だ」と文句言ってます。

    私の実家で湯豆腐はポン酢で食べていたのですっぱい物が嫌いな私は大嫌いでした。でも夫の湯豆腐は大好きです。

    さて、そんな我が家流の湯豆腐を食べている子供達ですが、上の子が友達と湯豆腐を食べに行って、「ちくわが入って無いじゃん。手抜き?」ってみんなの前で発言して笑われたそうです。

    他にもすき焼きの時に白菜が無かったので仕方なくキャベツを入れて出したら、以外にも子供達に好評。それからはキャベツ、白菜、もやしなど何でも入れています。

    上の子が笑われた事を他の子供達に話した時にみんな「えぇ〜!違うの!」って。やっぱり基本?な食べ方教えないとダメですね。

    ユーザーID:8588027703

  • いちご・こんにゃく・キャベツ

    実家でイチゴを作っているのですが、
    朝取りイチゴで形の悪いものを朝食でおかずとして
    子供の頃食べてました。
    醤油とかソースとかマヨネズかけて。プチトマトと
    同じ野菜感覚なんですね。

    焼肉のときは板コンニャクスライスを混ぜて
    増量です。実家は肉と言えば牛肉以外は使わないので、
    肉代は確かにかかっています。(なのに、近所で
    カレーのお昼をよばれて、「こんにゃくで増量
    していた」と文句を言ってました)

    あと、義理実家のすき焼きは白菜でなくキャベツを
    入れるんです。九州では普通ですか?

    ユーザーID:6506835168

  • 友人の家の

    鰻丼に、野菜餡を掛けて食べてました。

    友人は、ずっと、鰻丼には野菜餡を掛けるものだと思ってたらしいです。

    ユーザーID:3744830629

  • ポットリ

    我が家では夏場に素麺が余ると祖母が必ず「ポットリ」なるものを作ってくれました。

    フライパンにごま油を多めに入れ、みじん切りした大量の玉ねぎを醤油&味の素で炒め、そこに余りの素麺を投入。ひたすら炒めます。

    お皿に炒めた素麺を乗せ、その素麺の上に冷やし中華の具を綺麗に盛り付け。
    (ハム、錦糸卵、きゅうりが定番)
    素麺に味が付いているので、マヨなどはかけません。
    これが大好きでわざと素麺を余らせたりしていました。

    祖母が沖縄の出身なので「素麺チャンプルー」のアレンジ版のようですが、ナゼ名前が「ポットリ」なのか不明です。
    友人に聞いてもそんなものは食べた事がないと言われ、愕然とした思い出があります。美味しいのに…

    母親はあまり好きではないらしく、祖母のレシピを伝承したのは私だけになってしまいました。寂しい…たまに食べたくなり、一人でこしらえています。

    ユーザーID:2443980860

  • スープごはん

    37歳の私が中学生の夏休みのある日、友人がウチに遊びに来ました。

    親が留守だった為、お昼を2人でカップラーメンにしました。

    私は、カップラーメンの麺を食べ終え、もう少し食べたくて、残ったスープの中にご飯を入れ「お茶漬感覚」で食べました。
    「よかったら、○○もどう?」と言うと、「ウッソーえっーっ!!」と信じられないと嫌がっていました。

    現在は『スープごはん』なるものが商品化され、私は流行を先取りしてたと自負しております。ハイ!



    ※ちなみに、ウチも『トマトに砂糖』は夏のおやつとして定番です! 暑い夏には本当においしいですよ!

    ユーザーID:4889227230

  • パインフライ

    パイナップルのフライ。
    パインの缶詰(スライス)に、小麦粉、卵、パン粉をつけて油で揚げたものです。
    エビフライ、とんかつなどと一緒に供され、同じようにソースをかけて食べます。
    甘酸っぱさと油っ気が調和するような気がします。

    いまだ賛同者現れず…。
    母はどこからこんなレシピを編み出したのかな。

    ユーザーID:2621069822

  • ロール白菜

    うちでは「ロールキャベツ」ではなく、「ロール白菜」でした。
    理由は、白菜の葉っぱの方が縦長かつ柔らかいので具を包みやすく(キャベツだと葉っぱをはがす時に破れやすい)味がしみやすいためです。

    母親があえてそうしているのは知っていたので、外で普通のロールキャベツを食べても別にカルチャーショックは受けませんでしたが、「うちも白菜だよ!」という人には、いまだに会ったことがないなぁ〜。不思議!やっぱり白菜の方が作りやすくておいしいと思うんだけどなぁ。
    ぜひ、だまされたと思って、一度お試しください♪

    それから、これは子どもの時代の私が自分の創意工夫(?)としてやっていたことですが、カレーやトンカツに醤油をかけてました!
    ウスターソースやトンカツソースがあまり好きではなかったので。
    「普通ではない」ことは最初から認識していたので、このことを人に話したことはなく、したがって「変だ!」と言われてこともないのですが、やっぱりおかしいですか?
    でも、おいしいですよ〜。

    ユーザーID:0152065395

  • ロールキャベツ

    私の母のロールキャベツは、輪ゴムで止めてあり、食べるときに自分で外して食べるのですが、ビミョーにゴムの味がしました。
    大人になって、楊枝やパスタで止めることを知りました。

    ユーザーID:2896317828

  • トーストに海苔佃煮

    いましたね。うれしくなって出てきてしまいました。
    バターを塗ってから海苔佃煮を塗るのが好きです。子どもにも勧めましたが、気持ち悪いと言われ試してもらえません。小さいうちに食べさせておくんだった。ガクッ。
    友達からもらった島根の「雲丹海苔佃煮」をぬったらいっそうおいしかったです。

    ユーザーID:9379027000

  • 牛乳に砂糖でなくて。。。

    私はずっとないなぁと思ってロムってたのですが、
    ありました。

    牛乳に砂糖を入れて凍らせてたというレスをみて、思い出した!!!

    実は、コーヒーに入れるポーションのクリームに、砂糖を入れて凍らせて食べてました!!!
    今は気持ち悪いですが、要するに生クリームだったのでしょうか?
    当時は美味しくて大好きでした。

    ユーザーID:4543046745

  • おはぎ?ぼたもち?

    どなたか、おはぎ?ぼたもち?
    (もち米にきな粉をまぶしてるやつ)の中に、

    梅ぼし(甘い分ではなく)が入ってるのを食べたこと
    あるかた、いらっしゃいませんか??

    ユーザーID:0639715153

  • あたたかいうどんにカレー投入

    夫と結婚した時一番びっくりしたのがコレ。カレーの次の日カレーうどんが食べたいというのでダシをとろうとしたら「何やってるの」と言われビックリ。
    家庭では温めたうどんに前夜のカレーをかけて食べていたそうです。

    私の家は栃木です。夫の家は三重です海に面しています。
    栃木は海なし県なので、小さいころは魚といえば干物。肉といえば鶏肉です。カレーには豚肉です。牛肉なんてあまり食べません。
    肉じゃが。カレー、ハンバーグその他もろもろ全て豚か鳥で作っていたら「我が家はそんなに金がないのか」と落ち込まれました。

    関西では肉じゃがって牛肉で作るんですね。
    後、大人になって我が家オリジナルと知ったのはグリーンスープです。れっきとしたメニューだと思っていました。ホウレンソウをミキサーにかけたものにコーンのクリーム状缶詰を入れ
    ブイヨン、塩、コショウで味付けします。弟に少しでも野菜を食べさせるために母が考えたと後で聞きました。

    ユーザーID:8241107625

  • 甘酒にお餅

    静岡の祖母の家でのお正月の定番です。
    コレを食べなきゃお正月じゃない。
    母が作ると味が違う。祖母の味。
    弟はコレを食べに帰省してた様なモノです。

    「米麹」の甘酒に大量の砂糖、かーなり甘くトロっとさせたものに、
    焼いたお餅を入れて更に温めてからお椀によそって食べます。
    お汁粉感覚なのかな?
    お餅もトロンと柔らかくなります。
    母の妹と結婚し叔父になった人もはまってました。

    コレが普通と思ってましたが
    大人になって「酒麹」の甘酒を湯飲みで出されて、
    味も飲み方も違うのにビックリしました。

    最近知ったのですが愛知県の一部でみられる食べ方みたいで、
    漫画「聖☆おにいさん」にも出てるみたいですね。

    ユーザーID:8915194110

  • シチュー

    実家のクリームシチューには大根、白菜、人参、鶏肉、じゃがいもが入ってます。
    普通だと思ってましたが、大根と白菜はナイみたいでした(笑)

    ユーザーID:3452973009

  • 肉豆腐とか肉じゃがとか

    茶碗蒸しに挽き肉、を驚いたという方がいたので便乗します。

    我が家は、肉豆腐や肉じゃがは挽き肉です。
    これは、私の母の実家が昔はお店をやっていて、姉妹5人と両親の他に店員さんや子守りの女性など大人数で食事をしていたためのようです。
    大皿でどん、と出て来ていたとか。

    ついでに。
    うちの母は料理が嫌いというか下手でして。
    茶碗蒸しというのは、冷凍物を買ってきて器に入れて蒸す物だと思ってました...
    自分で卵液を作れると知ったのは中学時代の家庭科の授業でした。
    お出汁を引くのもそうでした。
    ダシの素が当たり前...中学時代にカルチャーショックでした...口には出しませんでしたが...
    でも、糠漬けだけは自宅で漬けてるんですよねー
    夕食に滅多にお味噌汁が出なくて、味噌=過剰塩分という考えだからとか...よく分からない...

    ユーザーID:9985809179

  • クリームシチュー

    何故か我が家はいつも牛肉が入ってました。
    当然それが普通だと思ってましたがあまり一般的ではなかったようです。

    ユーザーID:3635820456

  • 楽しいトピですね。

    ポーチドエッグin味噌汁は、子供の頃に時々登場してました。黄身がいい感じで結構好きでした。大人になって作ってみましたがなぜかイマイチでしたね。

    具合の悪い時には、母が「かたくり」なるものを作ってくれました。片栗粉と砂糖を少しの水で溶いた後に熱湯を一気に入れて手早くかき混ぜたものです。これも子供の頃は大好きでしたが、大人になると全然でした。

    豚しゃぶに塩に似たものは、茹で豚(塊で茹でてからスライス)に塩で食べていました。これは今でも好きです。焼肉も半分は塩コショウで(残り半分はたれで)食べますから。

    今、我が家では、きな粉(砂糖入り)とオリーブオイルを混ぜたものがブームです。私も味見してみましたが、ピーナツバターのようでまあまあいけます。夫と子供たち(息子2人)は、トーストに塗ったり、そのままでも食べています。

    彼らは普通のご飯に、きな粉をかけたり手作りのあんこをかけたりしても食べます。

    そして、先日子供たち3人のうちの2人(娘と息子)が、クリームシチューにご飯をつけて食べているのを見てしまいました。

    我が家の子供たち、結婚したら驚かれるんじゃないだろうかと少し心配です。

    ユーザーID:9146284911

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧