• ホーム
  • 男女
  • 酪農の夫、私は今の仕事を辞めたくなく、姑ともうまくいきません

酪農の夫、私は今の仕事を辞めたくなく、姑ともうまくいきません

レス106
(トピ主27
お気に入り607

恋愛・結婚・離婚

ぷーちゃん

レス

レス数106

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • トピ主です3

    皆様、たくさんのレス本当にありがとうごさいました。仕事を続けることに自信が持てるようになりました。家業をする夫に嫁いだのだからという、厳しい言葉が多いのではと思いながら、どうしても気持ちの整理をしたくて覚悟を決めての相談でした。早く相談すればよかったと、ここ数年の気持ちのもやもやが晴れていくようです。
    牛の頭数は40頭に育成牛が10頭ほどいます。夫は8年前に会社員をやめて就農して、その時に牛舎を増築して、規模拡大しています。2年程前にベルトコンベアのような餌をあげる機械を入れてます(詳しい名前は知りませんが)そういったのでお金がかかったと思いますが、そうやって2世帯に向け経営拡大している中で、私のような嫁をもらって申し訳ないという気持ちの葛藤がありました。
    借金については、実は最近まで知りませんでした。ネットで、億の借金、自転車操業でやめるにやめれないという状況も多いことを知り、もしやと思い夫に聞いたところ「金額はだいだい知っているが、うーん」と口を閉ざしました。友人の酪農家が廃業し、残った借金のことで離婚になったこともあり、私にははっきりとした額を言いたくないようです。続きます。

    ユーザーID:5162687306

  • トピ主です4

    借金のことは私も酪農をしていないので、あまり突っ込んでは聞きにくく、しかし、大事な問題なので今度きちんと聞いてみます。
    夫の家族の不仲は、結婚当時は会話をしない家族に驚きました。夫に聞くと、義父は酪農をずっと誰にも指図されずにやってきて、そういった流れで日常のことでも意見をされたりするのが嫌いらしく、父の意図と反することをすると大変になるようです。一緒に仕事をしているとそのように機嫌を損ねると仕事に支障をきたし大変なので、次第に必要以外のことを話さなくなったとのこと。ちなみに家族団らんっていうのは、昔はあったのでしょうと聞くと?家族団らん?と夫は口を閉ざし、そんなもの一回もなかった。いつも忙しく親は仕事をして楽しく過ごした思い出はないと言いました。何だか悲しい言葉でした。
    なので、変な話ですが、娘の名前を決めた時も義理の両親へは一切相談せず、夫から報告もしなかったようです。ご両親に報告したの?と聞くと、新聞(うぶごえ)に載ったからそれを見て知ってるんじゃないかなと言ってました。毎日顔を合わしているのに信じられませんが、こういった家族です。
    続きます

    ユーザーID:5162687306

  • トピ主です5

    皆様長くなってすみません。書き出すと止まらなくなって。もう少しお付き合いください。
    舅の収入は220万でした。これは借家を借りる時に保証人になってもらい、その時に取り寄せた所得証明を見て初めて知りました。夫も知らなかったようで額の少なさにショックを受けてました。ちなみに姑も専従者として申告しているようですが、いくらもらっているかは分かりません。

    ここからは私の今の悩みである、姑への愚痴、不満になりますが申し訳ありません。書いてすっきりしたいだけかもしれませんが許してください。
    1義両親は敷地内同居が当たり前と思っている
    結婚当初、「家はどこに建てるかな?」と言われ、「この牛の運動場を壊してここに建てようか」などと、義両親が話してました。本当に結婚したばかりだったので、何も言えず笑ってごまかしましたが・・。そして、彼の実家の集落の花見や婦人会、酪農の方の懇親会、総会などに出席を強要されました。1年目に理由をつけて断るようにしましたが、どうしてここに住んでいないのに酪農してないのに参加しなくてはいけないのと不満がありました。

    ユーザーID:5162687306

  • トピ主です6

    また集落の区長(順番に廻ってくる)を義両親がしている時に、「今年でこれをするのも最後だ。次の番の時はどうせあなた達がするのだから」とも言われました。子どもが出来てからの姑の口癖は、娘に向かって「早く家を建てて、そしたらおばあちゃんが朝ごはんを食べさせて保育園の送り迎えをしてあげるからね」です。あまり険悪になりたくなく、こういった発言をスルーして過ごしてましたが、着実にストレスが溜まり、姑の発言一つ一つにムカムカするようになってきました。

    2姑は私が酪農をするのを当たり前と思っている
    これも結婚当初に時々手伝っていた頃に、姑は私に仕事を引き継ごうとしていました。これは私のやり方だから、でもあなたがするようになったらあなたなりにしていいのよ」「早く仕事を覚えて欲しいわ」など行く度に言われました。また自分の仕事の悩みなど話したら「そんなもの、酪農していたら悩まなくてすむわよ」などとも言われました。ただ、私も「酪農をするつもりはありません」とはっきり言ってなかったので、仕方がないことなのですが・・。 
    続きます

    ユーザーID:5162687306

  • トピ主です7

    姑は「あそこの嫁は農家に嫁いでおきながら、外に勤めに行くんですって」「農家に嫁いでおきながら何を考えているのかしら」とよく近所の家の話をします。それとなく私に言っているのでしょうけど。
    そして、第1子育児休暇中の「あなたに酪農ゆずって、私は子守でもしてゆっくりしたい」発言です。私は2度流産し、1年の不妊治療の末に子どもを授かり、やっと待望の子育てを楽しんでいました。言われた時は、育児休暇に入ってまだ2ヶ月目と間もない時、また当時52歳のまだまだ現役だと思う姑から言われたこと、また労働に対して「お小遣いぐらい」という言葉が信じられなくて。嫌な話ですが、公務員なので男性並みの給料はもらっています。その仕事をやめて、「お小遣い程度あげられるかな」なんて、言われるなんて信じられませんでした。子どもを取られそうな気持ちと、姑は自分が楽をしたいことしか考えてないこと、酪農の経営が先行き見えないと言われる中にどうしてこの言葉がでてくるのか?自分のことしか考えていない、姑に怒りもこみあげてきました。続きます。

    ユーザーID:5162687306

  • トピ主です8

    3姑は今から老後の介護のことを言います
    私の両親は車で10分程の所に住んでいます、持ち家です。
    私には兄が一人いますが、実家からは車で3時間ほどの所で、最近、兄嫁の実家のそばに家を建てました。
    姑「あなたのお兄さんは長男だから、将来あなたの両親はお兄さんが引き取るのでしょう」
    私「兄はあちらに家を建てたし、あちらのご両親がいるから、私がお世話をすることになるとは思うのですが」
    姑「えーそうなの、それは困るわ。お兄さんが長男だから、長男の所に行くと思ってたのに、うちの○○(夫のこと)はそのへんはしっかり考えていると思うわよ。なら将来あなたの両親と私は一緒に暮らすことになるの、困ったなあ、うちのお父さんはなんて言うかしら、今までの生活習慣が違う人達と暮らすなんてやっていけるかしら。でも私は構わないわよ」と、姑は一人でまくしたてました。
    私はあまりのことにびっくりして目が点になりました。「はあ、そんな先のこと考えたこともありません」と答えるのがやっとでした。
    私は自分の実家から10分程の所に住んでいるし、ほぼ毎週のように顔をだしています。続きます

    ユーザーID:5162687306

  • トピ主です9

    残業で保育園の迎えに間に合わない時や子どもが風邪を引いてどうしても仕事を休めない時に、実母に助けてもらって(どうしても姑には頼りたくなくて)、何とか仕事と育児を両立できています。両親も離れている兄より私のことを頼りにしてくれています。両親も持ち家だし、自分達で暮らせる間は自分達で暮らすだろうから、私が出来る範囲で手伝いをしながら面倒をみることになるかなぁとぼんやりとは考えていました。
    姑のこの発言は、将来の老後、自分たちは私達夫婦と同居していることがすでに前提になっていて、さらに私が自分の両親をみるのなら一緒に暮らすことになるのかと言って、騒ぎだして、とにかく考えたこともない展開を言い出して、あまりのことにショックを受けました。ちなみに私の両親にこのことを話すと「自分たちは家があるからここを離れるつもりはない、生活できなくなったら施設に入る、どうして自分達があそこに住むとかいう考えが出てくるんだ」とものすごく怒ってしまいました。

    続きます

    ユーザーID:5162687306

  • トピ主です10

    皆様読んでいただいてありがとうございます。長くなってお恥ずかしいですが、これが最後になります。

    田舎の農家の長男に嫁ぐことがこんなに重圧だなんて思ってもなくて、そして姑の当たり前と思っている様々な発言に傷つき、ストレスをためてます。ただただ愚痴のように書いてしまいました。
    この姑のことを好きになれず、夫の実家に行くことも苦痛になる日々でした。夫と一層別れようと決意をしたりもしましたが、夫は子ども達のことをとてもとても可愛がってくれます。この夫と子ども達を引き離すことは夫にどれだけの苦痛を味わわせてしまうだろうか、また子ども達にも、こんなに愛してくれる父親がいるのにその存在も知らないまま育ててしまうことを考えると、やはり踏み切れないです。
    私は姑の言葉に少し洗脳されつつあり、また身近の酪農家は夫婦で経営しているのが当たり前という中、柔軟に考えられなくなってたのだと思います。たくさんの方からのアドバイスで、酪農家もいろんな形があることを知り、もう少し強く、毅然として、はっきりと言えるようになりたいと思います。経営のことも夫に勉強してもらって支えていけたらと思います。

    ユーザーID:5162687306

  • ある意味理想です

    経営的に複数の収入源をもちリンク分散することは必要です。酪農はお金だけを目的にしてやるものではないのは事実ですがお金も必要です。お子さまもとぴぬしさまの扶養にしておいた方が有利でしょう。でも、青色申告のための給料支給はとぴぬし様にはできないでしょう。また、公務員なら職域に関係なく家畜伝染病の対応に動員されることも考えられます。その時の対応を考えておく必要があります。とぴぬし夫婦のお幸せととぴぬし牧場のますますの繁栄をお祈りさせていただきます。横ですが、とぴからだけですが、とぴぬし牧場には経営的、技術的な課題があるように感じます。

    ユーザーID:1298635268

  • ご主人は立派です

    正直ご主人は立派な方だと思いますよ
    憶測で書かせていただいていただきますが
    現状は借金が資産を上回っている状態だと思います
    (資産を売却しても借金を返済できない)
    ですので仮に今酪農を辞めると
    借金+義理両親+ご主人の生活をトピ主一人で
    支えなければならないと思います。
    たぶん酪農を止めるに止められないのではないでしょうか。
    ですのでご主人はトピ主にあえてお話しにならないと思います。

    当然ご主人はこの現状を打開しようと努力されているから
    義理両親と意見が合わず対立していると思います。

    トピ主が義理両親を嫌いになるのはかまいませんが
    ご主人のお考えを尊重されておつきあいなさった方が良いと思います。

    最後にご主人も連帯保証人になっている可能性がありますので
    住宅資金等はトピ主名義でなさるのが良いでしょうね。

    ユーザーID:4154817063

  • 姑の強がりの気がします

     「いつでもやめてくれていいんだからね」って、主さんがきっと辞めないだろうと踏んでの「いつでも辞めていい」発言なのだと思います。姑さんも酪農していれば業界で話も聞くでしょうし、主さんの収入の大事さは分かっていると思いますよ。でも、そこは姑のプライド。すんなり「ありがとうね、絶対やめないでね、間違いなくあなたの収入に助けてもらうことになるから。」って言えないんですよ。本当は助かっているけれど、「外で働くのは嫁のわがままだから」って思い込むために言う言葉。

    また反対に、息子夫婦に全て仕事を投げ、肩の荷を降ろしたいのも本音だと思いますが、いざ「辞める」って相談したらまたそれはそれで、顔色変わるかすると思いますよ。
    辞めるのはいつでもできます。「酪農家の嫁としての仕事ができてないかも」などと思わずに、稼ぎましょう。

    ユーザーID:4126949826

  • 酪農は大変

    農業はどこも大変でしょうが、生き物相手の酪農は特に大変だと聞きます。一日も目が離せないので家族経営の場合実質休みはゼロ、しかも経営は厳しい。姑さんからすれば、自分が休めるのは家業を息子の代に譲ってからになるわけです。つまりお嫁さんである主さんが職を辞めて、敷地内同居しない限り永遠に休日は来ないということです。これが姑の側の事情でしょう。
    一方公務員という安定した仕事を辞めて酪農を手伝うのがいいかどうかということですが、これはかなり疑問です。今でも収入は少ないわけですし、主さんが手伝っても収入は増えないでしょう。ただ姑の仕事の替わりをやるだけですから。ヘタをすればすぐに廃業で、一家の暮らしが破綻することもあるかも。ここは何が何でも今の仕事を続けるべきです。
    でもそれは姑に対しては、体が動かなくなるまで今の厳しい労働を続けろと宣告することと同じです。当然嫌みも言われ、そのうち泣きつかれもし、近所には悪口を言われ続けるでしょう。関係が良くなることは考えられません。それは覚悟しなくてはなりませんね。

    ユーザーID:6456932104

  • 老婆心

    トピやレスから感じたことを幾つか。
    トピ主さん、お姑さんを嫌う傾向になっているようですが、
    その程度仰る方は沢山お出でになります。
    と言うことで、余り神経質になられないように助言します。

    実両親と義理両親は、ヒフティヒフティ程度にお付き合い
    された方が宜しいかと思います。

    レスの中で多くの皆さんが借入金についてネガティブな
    コメントを入れておられますが、これも余り気にされる
    必要はありません。

    酪農と言っても単なる農家ではなく、ある程度の規模な
    ので、投資が必要となりますし、全てを自己資金で賄う
    ような、利益率の好い事業もありません。
    適正な借入金の額を大きく超えなければ宜しいのです。
    ご主人が経営者になられた時は、コンサルタントなど
    から、経営診断などの助言を受けられたらと思います。

    しかし、コンサルの言う通りにする必要はありません。
    責任は、自分で取らなければならないのですから、自己
    責任の範囲で進められたらと思います。

    繰り返しになりますが、人手が足りなくなったら、人を
    雇用して急場を凌がれることがベターです。

    ユーザーID:0767088634

  • 酪農家の嫁、専業主婦です

    私は結婚五年目、子供二人の酪農家の嫁で、専業主婦してます。
    牛舎から車で10分くらいのとこのアパートに住んでます。(夫実家は牛舎から徒歩5分くらいです。)
    トピ主さんとこと同じ規模で、3年前牛舎を新築して機械もいれました。
    それだけでだいたい一億円です。
    でも、国の事業で七割は国が負担してくれてるので、支払いは三千万円くらいです。
    ここ数年で新築されたのなら、トピ主さんところも国の事業でされたのではないですか?
    県から派遣されたプランナーの人に経済状況、財産を綿密に調べられて、返済計画を立てられてるので、支払いは大丈夫だと思いますよ。
    県によって条件が多少変わるようですが、うちの場合は、不足の事態の時は支払いを待ってもらえるそうですし、時々経済状況をチェックして必要に応じて返済計画を立て直すそうです。
    そして無利子です。
    あと、皆さんご心配されてますが酪農家も休みありますよね。地域にもよると思いますが…。
    うちの地域は組合に入ってれば月二回ヘルパーさんがきます。

    ユーザーID:3280000865

  • ニモです。続きです。

    年収220万円とありましたが、税金対策で家族みんなが従業員になってるでしょうから、一人頭それぐらいということでは?
    もっと利益はあるでしょうが、生活できるギリギリにおさえてなるべく多く返済にまわしてるんではないでしょうか。

    あと、家を新築する話しがでてるならお金は義両親がだすんですよね?
    うちも給料13万円プラス主人名義の牛が売れたお金(年間100万くらい)しかもらってませんが、税金関係は払ってもらってますし、高額な必要なもの(車とか)は買ってもらってますので、専業主婦で生活できてます。田舎ですので、米、野菜、魚、肉、牛乳はあまり買わなくていいので食費もかかりませんし…。
    だって給料12万円じゃ家とか無理って義両親もわかってるでしょうし。
    あと、主人にきいたんですが、モニターとかつけなくても、朝牛舎に行ったらかってに生まれてるそうです。よっぽど難産になりそうな牛の時しか気にしてないそうです。
    ただ、寒い地域にお住まいならそういう訳にはいかないだろうねって言ってました。(うちは九州です。仔牛は寒さに弱いので、寒いとこならすぐ行かないといけないみたいです)

    ユーザーID:3280000865

  • 公務員だから よけいに ことを荒立てられない。

    トピ主さんの御苦労、また、夫さんや子どもさんに対する愛情がとても伝わってくるトピですね。
    また、地域の意見が直で跳ね返ってくる公務員、私生活もある意味、芸能人以上に監視されていて、よけいにことが荒立てられない意識もあると思います。

    公務員ならご存知かと思いますが、
    酪農も「家族経営協定」があるでしょう?

    農家の家族役割を明文化したもの。
    言ってしまえば「嫁は酪農はしない。」などが記せるのです。

    家族仲がよくないといえど、家族経営ならば、その実態も夫さんに聞いてみてはいかがでしょうk。

    同居でなくとも、

    ユーザーID:2879292510

  • 再び、酪農嫁です1


    まとめられないので箇条書きにしました

    1姑の言動に腹を立てているようだけど、そもそも酪農しない約束で結婚していることを姑は知らないんだから、期待するのは当然。ちゃんと伝えない方が悪い。中途半端に手伝うような、誤解を呼ぶような行動はやめよう。根本的にコミュニケーション不足


    2「安定した仕事をやめるつもりはなく、リスクを負ってまで夫についていく気はない」のなら答えは既に出ている

    3今は姑の言動がうっとおしいだけで、特に生活に困っているわけではないなら離婚する必要なし。どうにもならなくなってから離婚しても遅くない。子供のために安定した家庭を望むなら、聞き流す知恵も必要

    48年目なら夫はまだ酪農初心者。夫自身が経営者としてものになるか?まだわからない状況。お金のことをいまいちはっきり答えられないのも、雇われのような立場だから。本当の苦労は義父が引退してから。経営状況もはっきりわからない状況で、大きな決断は危険。仕事をやめる、家を建てる時でない。

    ユーザーID:0869466117

  • 再び、酪農嫁です2

    5成牛40頭ぐらいなら、一家族が生活する一般的な頭数。経営拡大と言うより、餌の機械はトピック主さんの身代わり?のような存在。嫁が仕事しなくてもやっていけるようにしてるのでは?

    6義父の所得220万は当てになりません。節税のために所得金額を少なくしていることも。全ての資産と借金、売上げや経費をちゃんと計算してみないと本当の実態は見えてきません。

    7離れていて農業してなくても、嫁が集会に参加するのは、農村ではよくある。うちのほうも同じ。農家は対面をとても気にします。せめて、人前では嫁らしくしてほしいのでしょう。ここらへんが姑を納得させる落としどころかも。酪農は孤立無援ではできない。農協や近所の助けが必要になるときもある。100%拒絶では角が立つ。公務員をしながら夫をサポートするなら、これぐらしかないとも言える。

    8農村で育ち、農業一筋の人は「完全同居、嫁は外で野良仕事、姑は家で子守、介護は自宅で嫁がする」が当たり前と思ってる人多い。敷地内別居も本音では「余計な出費、我がまま」なのです。だから姑さんの言動も当然といえば当然。

    ユーザーID:0869466117

  • 再び、酪農嫁です3

    私は酪農に嫁いで15年です。結婚当初は上記のような家が普通でした。でも15年で、多くの変化がありました。完全同居は敷地内や近距離別居、姑は野良仕事、嫁は子育てに専念、家族だけでやっていた仕事も酪農ヘルパーや従業員、手作業も機械を導入、葬式のまかないもご近所さんから葬儀屋へ・・・

    現在の農業従事者の平均年齢は70代です。10年もしたら彼らは畑からいなくなります。TPPも導入され、今後農村はさらに大きく変化していくと思われます。

    私だったら、現状維持のまま、様子見ですね。どうなっていくのか?ほんとうにわかりませんから。ただ、「公務員はやめない」こと、義父だけにでも伝えると思う。今後の経営方針を間違えないために。

    うちの姑も口うるさいほうでしたが、私は100%聞き流し、自分の好きなようにやってます。さすがに15年聞き流されたら学習したようです「嫁は自分の思いどおりにならない」と。

    ちなみに酪農は農業の中でも安定していて収入は高いです。天候に左右されず、冬でも稼げます。今は円高なので輸入餌が安く稼ぎ時です。悪いところばかりでなく、いいところもあることをお忘れなく

    ユーザーID:0869466117

  • 大変ですね

    いまは大丈夫そうですが、

    >夫と一層別れようと決意をしたりもしましたが、

    と言う時が再び来たら籍を抜いていったん離婚して事実婚をすることをお勧めします。

    >酪農してる自分に嫁なんか来るわけない。別れたくない
    >夫は子ども達のことをとてもとても可愛がってくれます。この夫と子ども達を引き離すことは夫にどれだけの苦痛を味わわせてしまうだろうか、また子ども達にも、こんなに愛してくれる父親がいるのにその存在も知らないまま育ててしまうことを考えると、やはり踏み切れないです。

    次の嫁を探す気も無いようだし、実質今と暮らしがかわらないなら事実婚でもいいのでは?
    愛情はあるようですし、万が一経営に失敗して自己破産してもあなたは無傷でいられます。男性並みの収入なら事実婚の夫を助けることも出来ます。
    この先どうなろうと子供の学費も心配しなくていいはずです。

    ユーザーID:6982755317

  • この地域の酪農の現状

    元市役所の酪農業担当者です。

    私が住んでいる地域は北関東ですが酪農業は大規模経営でない限り、目も当てられないほど経営は悲惨な酪農家ばかりです。

    本当にもう「逃げるが勝ち」の世界であり、借金を残さず廃業できるなら良い方、それで再就職先が見つかる年齢なら、みなどんどん廃業しています。

    個人的に友人が酪農をしていましたが、数年前廃業しました。
    まだ40才少し前だったので運良く再就職先が決まり、今はまったく違う世界でサラリーマンをしていますが、
    彼曰く「僕なんて借金なしで廃業できたんだからうまくいった方だよ。借金のある酪農家はやめるにやめられない状況だし、一部の大規模酪農家を除いて将来なんてほとんど真っ暗だ」と言っていました。

    誠に残念な話しです。

    トピ主さんもお気づきのようですが、事態は切迫していると考えて下さい。

    多くの方が言っているように仕事は辞めるべきではありません。
    背に腹は代えられません。経済的裏付けあっての親兄弟です。

    姑の話なんか聞き流して下さい。

    ユーザーID:9313321952

  • 牛乳、安すぎますよね…

    近所のスーパーの週末セールで、1リットル紙パックの濃縮還元果汁のジュースと牛乳が、ほぼ同じ価格で並んでいるのを見るたび、生産者は元が取れるのか、不思議に感じます。

    日本人の食生活の中で、大人が牛乳をストレートで飲むことはないし(銭湯での風呂上がりくらい?)、料理するにもサラダ油が使い勝手がいいし。
    チーズは、円高の折、外国産の方が手頃でおいしい気がするし。

    日本でもトランス脂肪酸が制限されるようですから、そういったところで少し消費量が増えるかもしれませんが、少子高齢化が進むと食事制限のある人が乳製品を控えて、結局トントンかも…。

    トピ主さんには、お子さん達のためにも、義実家のことはご主人に全て任せて上手にスルーして、何かのときにはさっさと逃げられる体制を作っておくのが、良さそうですね。
    とにかく、トピ主さんは、ご主人や義実家の連帯保証人だの生活費の負担だの、頼まれないよう。
    頼まれたときが、離婚どきです。

    ユーザーID:8199750525

  • トピ主です(お礼1)

    レスをたくさんありがとうございます。
    最近の私は姑に感情的になっているところがあり、頭の中が姑の言葉で風船のようにはちきれそうでしたが、皆様のレスで、だいぶしぼんできました。自分のおかれている状況を客観的にみることができ、冷静さを取り戻せたのではないかと思ってます。姑の発言を「姑のプライドでは」というご意見があり、そういう発想が私の中には全くなくて(目から鱗の言葉でした)、そんな気持ちで、姑の気持ち、おかれている立場を考えると、ああいった言葉になるのは当たり前ですね。反発ばかりしていましたが、少し寄り添えるようになれるかもしれません。
    またコミュニケーション不足との意見、まさにその通りで、これははっきりと言えない私が悪いのですが、私の気持ちを知らない姑が、私に様々なことを期待するのは当たり前ですよね。私も一度、姑にちゃんと自分の気持ちを話せるように頑張ってみます。
    そして、姑の言葉を100%まともに受け取らないように、聞き流すということができるようにならないといけませんね。『また言っているよ』ぐらいの感じで聞き流す努力をしてみます。

    ユーザーID:5162687306

  • トピ主です(お礼2)

    また、酪農の嫁さん、たくさんのレスをありがとうございます。具体的なアドバイス、とても参考になりました。借入金のことも事業を行う上では必要なことは私にも理解できます。餌の機械のことも、人手の代わりというふうに考えればよいのですね。
    最近は酪農に対して否定的になっていました。本当は夫は後継者にならないで働きにでてくれればと思ってましたが、夫も一生懸命働いていますし、酪農以外の仕事に就くつもりはないようです。(たぶん牛が好きなんだと思います)また酪農も経営次第では、よくできることも分かり、経営の勉強がとても大事なんですね。夫は今はただの従業員という立場で、経営のことも知らない(興味ない?)ようなので少し不安なのですが…。(田舎のボンボンというご意見がありましたが、半分当たっている気がします)
    また皆様が言うように、今は義両親がいるので全く手伝っていませんが、義両親が動けなくなった時、夫だけで100%するのは厳しいことも出てくると思います。私も全く手伝わないというのは難しいのではと思ってます。少しだけその心構えが出来た気がします。

    ユーザーID:5162687306

  • トピ主です(お礼3)

    これを私からの最後のレスにしたいと思ってます。本当にたくさんのご意見ありがとうございました。一つ一つのレスをこれからも大事にさせていただき、くじけそうな時はまた読み返したいと思ってます。

    このトピを立てる時は気持ち的に本当に追い込まれていました。小町を知ったのは2、3日前のことで、こうやって顔も知らない見ず知らずの私のために、たくさんご意見してくださり、また同情していただいたり、私もこのトピのおかげでこんなふうに癒されたり、力強くなれるとは思ってませんでした。トピを立てなければ解決できないまま、姑嫌いも続いたままだったと思います。姑のこと、厳しいご意見もしっかりと受け入れ、改めるきっかけにしていきたいです。
    また自分の周りに相談できる人がいない中、全国の方とこうしてつながれること、ネット社会でもこんなふうによいこともあるんですね。

    心温かいトピを本当にありがとうございました。

    ユーザーID:5162687306

  • お姑さんのこと

    トピ主さんのお悩みの根源はお姑さんの言動にあるのかな、
    と思いまして、遅ればせながらコメントさせていただきます。
    お姑さんでなくてもお姑さんのような発言をする人はいます。
    我が家の場合は実母がそうです。
    子供の頃はとにかく成績第一で、お菓子でも作っていようものなら小遣いで買った材料ごと投げ捨てられました。
    家庭に問題があったのはご主人と同じかもしれません。
    その意味ではトピ主さんは私の夫の立場ですね。
    ただ、日本では夫にあからさまに口をだす姑というのは批判されやすいですから、トピ主さんの方が大変なのはわかります。
    私は父が亡くなり、兄が家族をつれて家を出て、私たち夫婦と母だけになると、私に仕事を辞めて家事をしろ、と言ってきました。
    たぶん、自分より自由(そう)な人生を歩いている女に対する嫉妬、女系の縦社会の確保をしたいのではないか、と考えました。トピ主さんや私の生き方をみていると自分のこれまでの人生が間違っていたかのように思うからではないでしょうか。
    背景にある気持ちや考え方がわかると、もしかしたら、聞き流すことが楽になるかしら、と思ったもので投稿した次第です。
    夫婦円満がベストです。

    ユーザーID:7588737230

  • トピ主です

    もう読まれている方はいないのではと思うのですが、あれから少しごたごたがありまして、私も心境の変化があり報告させてもらいます。
    敷地内同居を「もう少し遠くに」と言った話には続きがあります。私の兄が家を建てた時に両親が1千万円の援助をしました。そして、私の家も建てる時にも同額の援助をすると言っていることを姑に話しました。私としては、そういったこともあり、もう少し遠くに建てたいと、理由の一つとして話したのですが、やはり姑を非常に怒らせたようです。私は今までの同居が当たり前の発言に腹立たしさもあり、怒らせるのは覚悟の上で言いました。

    それ以降、姑は家のお金は牛乳代から出すから、今すぐにでも家を敷地内に建てろと言ってるようです。夫は毎日のように言われていて、もううんざりだと、話してます。
    本心は、家については貯金もかなり貯まってきているので、もともと援助など期待はしてません。私の両親からの分もくれるというので、ありがたいとだけ言っています。
    敷地内にこだわり、そして強行突破しようとしている姑が恐ろしく、もうこれ以上の結婚生活は続けていけないと思います。

    続く

    ユーザーID:5162687306

  • トピ主です 続き1

    夫に姑はどうしてそんなに敷地内にこだわるのか聞きました。レスでの意見も話しました。やはり労働力として私を期待していること、いろんな仕事の雑務を引き継ぎたいなどあるようで、家を建てない限り姑は休まらないと思っているようです。それはその通りです。レスの意見、夫も皆よく分かっていると感心などしてました。
    私は何か今まで張り詰めていたもの、必死にこの結婚生活を維持しようと努力していた気持ち、いろんなものが混ざって、あまり夫に言えなかったことをたくさん話しました。夫も今後のことを本音で話してくれました。
    家は親が亡くなるまで建てるつもりはないが、亡くなったら自分はあそこに住まないといけないことを話しました。だから中途半端なところには建てたくない。親が亡くなるまで借家で過ごすつもりだと、私と姑との確執のことを思って言ってくれてます。
    ここまで言ってくれたのですが、家を建てるのを拒否して、今後姑とうまくやれるなんて無理です。事実婚をとも思ってますが、この田舎では難しいのではと思ってます。

    続きます

    ユーザーID:5162687306

  • トピ主です続き2

    私は姑のことをもう生理的に受け付けなくなってます。必死に優しい気持ちになろうと思っても、最近のひどい態度、私の発言への激しいいい方など、今まで見えなかった部分、たぶん抑えていたと思うのですが、そういったものも出すようになってきて、私を押さえつけよう、牛耳ろうしているのを感じます。
    自分は酪農の人と結婚する覚悟がなかったのだと、ただただ思ってます。
    夫と結婚はしたけど、その背負っているものまで一緒に背負う覚悟がなかった。結婚とはそういうものでしょうけど。このストレス漬けの日々から開放されたいという思いが、夫への気持ちよりも増して、そしてもう決定的になってしまいました。自分の身勝手さは十分分かってますが、私はもうこの状況から開放されたい、今はそれだけを思っています。
    姑と他人になりたいです。夫に離婚のこと、とりあえず別居からでもと昨日言いました。夫は何を言っているんだと言いました。もう夫を見ると気持ちが鈍りそうなので、距離をとり、少し冷静にと思ってますが、これまで何年間も考えてきたことで、もうこの道しかないと思ってます。
    みなさん読んでいただいてありがとうございます。

    ユーザーID:5162687306

  • 21日の夜のレスまで見ました

    問題は姑さんとの関係と仰る方が多いですが、これくらいの言動をする姑は世の中にごまんといます。

    問題は親と妻との調整役が出来ない夫です。

    ご主人は甘いし弱過ぎます。

    私も田舎にいて農業、酪農の現実を沢山みていますが、まだ親の経営下だからといっても何年も働いているのに財政状態を把握出来ていないようでは先が思いやられます。
    (もしかしたら把握していないのではなく、酷い状態でトピ主さんに言うと逃げられると思っているからかも知れませんが)

    それにプラスして親と妻との調整を出来ないとなると、ぼーっとするにもほどがあるというものです。

    仕事や家族の将来を見据えた大人としての責任ある行動を取らなくても良いただの「素朴な青年」でいられるのは、せいぜい結婚前までです。
    トピ主さんがご主人の優しさと思っていた部分は我が身可愛さからの弱さです。

    別れるのが正解だと思います。
    ご主人は悪い人じゃなです。でも大人として良い人でもありません。

    ユーザーID:0767143256

レス求!トピ一覧