今更ですが、家族でやりなおしたいんです。

レス460
(トピ主5
お気に入り2,555

男性から発信するトピ

次男坊

レス

レス数460

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • レスありがとうございます。

    住宅購入資金は全て元妻が管理していました。
    兄の投資による失敗が明らかになると、元妻は預金通帳を貸金庫に預けてしまい
    財産分与のゴタゴタは全てこの「資金」が発端でした。
    人気の住宅地での注文住宅をキャッシュで購入できるくらいありました。
    元妻は高卒でしたが、大卒でも難しい難関資格を夜間の専門学校で取得していました。
    彼女の年収は私の2倍以上はあったと思います。
    元妻は、私の収入で生活し、自分の収入は全て住宅購入のための貯金に回してきました。
    莫大な金額に上っていました。
    私は連日の母の叫ぶような電話に、頭がパンクしそうな状態でした。
    確かに勝手に家捜しをして、通帳を探したことがあります。
    「現在いくらの預金があるか、教えろ!」と妻に詰め寄ったことがあります。
    兄ではなく、母を助けたかったんです。
    最終的に「兄とは絶縁になってもかまわない、新しく家を建てたら、母と同居したい」と母と共に頼みましたが、
    「お義母さん、今までの非礼を土下座で謝罪して下さい。話はそれからです」と言い放ちました。
    母はその後、倒れました。そしてそのまま病院で亡くなりました。

    ユーザーID:1775337415

  • トピ主です

    それからご質問にあった「面会日」の事についてですが、
    元妻が遊園地の「一日パス」を人数分買ってきていました。
    私達が夫婦だったころ、遊びに行く時はいつも妻の財布からお金が出ていました。
    今回も自然にそうなっていましたが、私は現在正社員の仕事をしておりませんので
    私の財布から出すのはキツイです。
    子ども達への養育費も、一括で支払われています。
    分割は元妻が認めませんでした。
    裁判でさんざんもめたのは、この養育費の算定の事でした。
    妻の知人の方が言うように、住宅購入資金は4分の1しか私は受け取っていません。
    久しぶりに会う子ども達は本当に背が伸びていたし、元気でした。
    もう一度、子ども達の成長を見守る生活をおくりたいのです。

    ユーザーID:1775337415

  • トピ主です

    2011年1月22日 2:17以前にレスしたものが掲載されていないので、何か支離滅裂ですが、
    内容としては、私は母は元妻の為に亡くなったと思っていますが、水に流すつもりです。
    その事について元妻を絶対に責めません。
    それに、元妻が私の親族から学歴の件で馬鹿にされていた件ですが
    私は元妻に散々「通信でも良いから、大卒資格とっておけ」と言ったんです。
    「仕事だ、育児だ、家事だ」となんだかんだ言い訳をしてサボっていたんですから
    馬鹿にされて当たり前です。
    妻は「雑草魂」みたいな所があって、凄く努力家ですが
    お嬢様大学出の母や、大卒後就職せず結婚した兄嫁から見たら
    ガツガツした下品な女だったみたいです。
    馬鹿にされる人間には馬鹿にされるだけの理由がありますからね。
    でも私はこんな妻が好きでしたよ。
    ただ「お金」ばかり追い求めて「名誉」が無くて、たまにひきましたけど。

    ユーザーID:1775337415

  • 誤解です

    「家族を犠牲に」って、そんなつもりはありませんでしたよ。
    預貯金を無くしたって別に命を取られるわけじゃないでしょう。
    10年+αで貯まったものは、また10年+αかけて貯めれば良いだけじゃないですか?
    お金は確かに大切です。でも自分や家族よりも大切な物ではないはずです。
    私は私の肉親がお金よりも大切でした。

    それに何処かに元妻が書き込みをしているようなレスがありますが
    元妻の性格上、掲示板に自分の文章を書き込むといった真似が出来るとは思えません。
    事情を知っている知人の方がいらっしゃるのかもしれませんが。

    それに元妻を貶しているつもりはありません。ただ正直言って何も知らない人達から
    「元妻が賢い」「素晴らしい女性」と言われるとつい意地になってしまいました。

    元妻は強い女性です。頼れる家族もいないのに必死になって生きている人でした。
    そういう彼女の強さに惹かれて私は彼女と結婚したんです。
    ただ彼女には最後まで「肉親を助けたい」気持ちを理解してもらえませんでした。
    私は肉親がボロボロになっていくのを尻目に、自分だけのうのうと家を建てる事など出来ませんでした。

    ユーザーID:1775337415

  • どうして・・・・?

    元妻の弁護士から、朝一番で連絡がありました。
    今度の日曜の面会は延期にして欲しいと・・・・・。
    理由はあくまでも「仕事が多忙の時期であるから」とのことでした。
    「子ども達だけでもかまわない」と言いましたが、元妻の同伴無しでの面会は一切認められませんでした。
    やはり、元妻も「4人家族」の形で面会したいようですが、春まで家族に会えないのは寂しすぎます。
    「食事だけでも」と言いましたが、一切拒否でした。
    現在私の肉親は、子ども達しかいません。
    兄は失踪してから一切の連絡はありません。生死も不明です。
    父母も既に亡く、私は天涯孤独になってしまいました。
    本当は「元妻に頼りたい」のが本音なのかもしれません。
    今懐かしいのは、どんなに苦しくても前に進もうとする強い妻の顔です。
    哀しいことがあって、その事で泣きながら、でも、本に向かって勉強していた妻の横顔です。
    今まで私の周りにいたインカレサークルの女子大生とは、全く別の生き物に見えました。
    最初は「変な女」と思いましたが、次第にその強さや甘えのなさに惹かれていきました。
    元妻に会いたいです。

    ユーザーID:1775337415

レス求!トピ一覧