ロスジェネの脱力キャリア女性って?

レス49
(トピ主3
お気に入り64

キャリア・職場

laura11

40代半ば独身女性です。
今まで仕事、おしゃれ、趣味、遊びも一生懸命。自分磨きも頑張ってきました。結婚はしていませんが、十分過ぎる収入もあり、会社でも高く評価されました。転職も何度かして収入もタイトルもあがりました。最近ヘッドハンティングされて新しい職場に赴任しましたが、同じ部署(職種は違う)の10歳くらい年下の女性に会い、自分を振り返り、ギャップというか、戸惑いを感じています。
私が彼女の年代のころは、とにかくがむしゃらに頑張って働き、夜も男性同僚と飲み会、土日はゴルフや語学学校、とフル回転でした。しかし、その彼女は、優秀でスキルもあり語学も堪能でありながら、出世欲もなく、ゴルフもお酒もせず、上司や同僚と言い合いになることもなく(たまに愚痴っていますが、すぐに終わる)、仕事もやることをやって、さっさと定時に帰ってしまいます。彼氏もいて、毎日お弁当を作って持ってきて、「オーガニックのものを食べてるんです」と・・・。バリっとしたキャリアスーツは着ず、品のいい明るい色のジャケットとスカートで、ふわりとした感じです。その一方で海外出張などをこなしていて、やるべきことはちゃんとやってのけるのです。
その力の抜け具合が、ちょっと理解できないのです。あなた、もっと頑張れば、もっとできるようになるし、将来のプランもちゃんと立てないと!と言ってあげたいのですが、、、。きっと男性ばかりの会社で、女の先輩として、私は彼女にとってはロールモデルではないんだろうな、と思うとちょっとさみしいのと、彼女にはもっとガツガツしてほしいのと・・・。ロストジェネレーションのキャリア女性ってこんなものなんでしょうか?(私の友人は、こういう女は計算高いから注意したほうがいい!といいますが・・・)

ユーザーID:2546930580

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数49

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 該当者ではないが

    私はキャリア女性ではないですが、夫が40代後半私は30代なんで
    30代の彼女がどう考えてるのかはわかりませんが、私の周りの女性は
    全てを、ほどほどの状態で手に入れた人が多いです。
    価値観の合う旦那さんと共働きで、協力して育児もして・・という状態です。
    トピ主さんは、ナンバーワンを目指してる感じがしますが、
    たぶん同僚の方は、オンリーワンな生き方を目指してるんじゃんでしょうか。

    ユーザーID:7189844515

  • それぞれの人生プラン。

    トピ主さんはトピ主さんの生き方が間違ってたとは思っていないんですよね?
    それはトピ主さんの生き方。ワークライフバランス。人生プラン。
    30代のその彼女は、彼女なりの人生設計をしてると思います。
    自分なりの拘りもきちんと持っていて、良い意味で自分らしい生き方。
    憧れますね。

    私はその10歳下の女性より更に10歳程下ですが
    どちらかといえば、30代の彼女に考えは近いと思います。
    上手く言えないんですけど、スマートな生き方?
    仕事も出来て彼氏もいてオーガニックに拘ってて身なりも自然。武装してない感じが女性らしい。
    「計算高い」のではなく「無駄を省き、人生をしっかり設計している」んだと思います。

    ごめんなさいですが、私にはトピ主さんからとてもバブリー臭がします。
    派手に生きてきた上の世代を見て来たから、下はスマートになったのかも。反面教師。
    スマートだけど、色々としっかり悩んで考えてずっと先の事まで考えている2、30代多いですよ。
    本当に失礼ですが、結婚出来ていないバリキャリのバブル世代女性は
    将来しっかり考えて生きて来なかった様に見える人が多いんですよね…(勿論全員ではないです!)

    ユーザーID:2207687802

  • 足るを知る

    私もキャリアじゃないのですが、いわゆるロスジェネ世代です。

    仕事も順調でしたし、それなりに周囲の期待もあったように思いますが、
    家庭や子育てと仕事、本当に大切なことは何かと考え、
    会社に迷惑をかけることも申し訳なく退職しました。
    今でも後悔はありませんし、十分幸せです。

    受験は「狭き門」、就職は「氷河期」。
    個人の努力だけではどうにもならないことが結構ありました。
    浮かれた時代も元々知らないので、
    おそらく「足るを知る」世代なのです。
    私の周りの同世代も、自然体で堅実な生き方の方が多いですね。

    「ロストジェネレーション」と、自分で言うのはいいですが、
    団塊〜バブルの世代の方々に言われるのはあまりいい気持ちはしません。
    なぜ、この世代は失われたのか。

    最近の就職難のニュースを見ると自分のことのように心が痛みます。
    テレビなどで、日本の高度経済成長の恩恵を受けた世代の方が
    「最近の若者は元気がない。」とかコメントしているのを見ると、
    ちょっと違和感を感じます。

    ユーザーID:0989727236

  • 20代後半女性ですが

    トピ主さんと後輩の方とどっちに憧れる?って聞かれたら、後輩の方に憧れるって答えます。

    だって仕事はちゃんとやるべき事をされてるんですよね?それで料理もして外見も柔らかくて彼氏もいるなんて、ステキ〜と思います。

    それがトピ主さんの目には中途半端にうつるのかもしれませんが、しっかり「人生設計」されてると思います。

    ユーザーID:7936006747

  • なるほど。

    団塊の世代とバブル世代は、「努力すれば報われる」
    だからするのが当たり前

    ロスジェネ世代は「努力して報われるのは勉強だけ」
    だから「仕事に人生を賭ける」とは思えない

    という感じですかね?(何かが違うような気はするけど
    当てはまる部分もあると思います)

    がむしゃらに頑張って働いても、
    残業代がつくわけでもなく、昇給などのご褒美も無し。

    会社の人との飲み会は、義理のあるもののみ。
    だってただでさえ少ない給料をそこにつぎ込むのは
    もったいないし、ただでさえ人員削減・サービス残業で
    毎日クタクタだし。

    土日は、友達や彼氏、家族との時間を優先したい。
    だって、頑張って資格をとったりスキルを磨いても
    今の会社(社会)じゃたかがしれてるから。

    とか??
    書いてて悲しくなってきました涙。
    わたしはロスジェネ世代ですが、ここまで
    冷めてるわけではないです。

    でも後先顧みずに働いて病気になっても
    会社が治してくれるわけじゃないし
    100ある力を80で操業するくらいでもいいのかな?
    と思ったことはあります。
    やっぱり冷めてますかね笑。

    ユーザーID:1003606944

  • キャリア・職場ランキング

    一覧
  • 世代ギャップに過ぎない

    ロスジャネ世代は就職からして氷河期だし、働き始めてからもずっと不況で良い思いしてないから、会社に何の期待もしていません。
    ですから、バリバリ働こうなんてハナから思いません。せいぜいリストラされない程度に働いておこうぐらいに考えているでしょう。

    こちらからすると、バブル世代というか均等法1期生あたりの女性たちの働き方は、変に力が入っているようにみえます。
    子供を持ったとしても、40代は産休のみで復帰し、親と同居したりして残業もこなすのに対し、30代は育休はもとより時短勤務も堂々と使い、基本的に夫婦で子育てしてます。
    上の世代には子持ちでも働ける道を切り開いてくれたことは感謝してますが、あんまり頑張られても困ります。

    そんな30代の私も、20代の妙に保守的なところ(専業主婦志向だったり)には理解に苦しむところもあります。さすがに経済的自立を手放すなんて考えられない(程々でも働こうとは思っている)ので。

    まあ要するに、いつの世もある世代ギャップってことです。
    間違っても件の後輩女性に余計なこと言わない方がいいと思いますよ。

    ユーザーID:7368728299

  • 同世代ですが。。。

    私自身は、トピ主さんと同世代、40代半ばですが・・・。
    その30代の女性の方の考え方もアリじゃないかと思っています。
    私自身、20才代は全力疾走、30代は少し立ち止まって考えたり、40代の今は、仕事もやるべきところはこなしていますが、比重はだいぶ趣味やプライベートに重きを置くようになってきました。仕事と直接関係のない分野を、単に興味で勉強していたりもします。…もちろん、仕事上出会う人に、そうと悟られないように(力を抜いていると思われないように)、気を配りつつ、ですが。実に楽しいです。
    がむしゃらでなくても良いんじゃないでしょうか。その人なりの、考えや、将来に向けての計算もあるのでしょう。私自身も、若い時ほどがむしゃらにやった方が、あとあとも良かったと思うだろう、と思いますが、比重をどの時期に、どの程度変えていくかは、人それぞれだと思います。
    意外と、その方も、トピ主さんの見えない別のところで、目標を持って頑張っているものがあるのかもしれません。

    ユーザーID:9142993596

  • ガツガツの良さが全然分かりません

    >私が彼女の年代のころは、とにかくがむしゃらに頑張って働き、夜も男性同僚と飲み会、土日はゴルフや語学学校、とフル回転でした。

    この「男性同僚との飲み会」「ゴルフ」「語学学校」なんかが

    >あなた、もっと頑張れば、もっとできるようになるし、将来のプランもちゃんと立てないと!と言ってあげたいのですが、、、。

    ここでいう「もっと頑張れば」の内容なんですか?
    「私、男性と肩並べてます!!」感が満載でおなかいっぱいです…。
    私には、その年下女性のほうがよほど将来のプランを立てて生活しているように思えました。

    >こういう女は計算高いから注意したほうがいい!
    この書き込みはひどいと思います。(そのうえ、友達のせいにしているし)

    ユーザーID:0086946855

  • 古い型

    トピ主さんが古い型のキャリアなだけです。
    彼女は今のやり方をしているだけ。放っておきなさい。

    ユーザーID:2272160496

  • うらやましいのでしょうか?

    40歳男性です。

    運動部の人が文化部をバカにしているような構図ですね。
    「ロスジェネ世代のキャリア女性」って言いますが、
    世代が同じだとみなさん同じなんでしょうか?
    トピ主さんの同級生も、主婦してたり社長してたり様々なはずですけど。

    人にはそれぞれの人生を生き抜く戦略があります。
    その方はあなたの真似をしたら、多分能力が発揮できません。

    ご自分でもおっしゃっていますが、
    トピ主さんは後輩に尊敬されたいだけ、
    後輩にも自分のまねをしてもらって、
    自分が認められたいだけだと思います。

    硬軟両方の人材が揃っていることが
    会社の体質を強くするのではないでしょうか。
    そういう人がいるからこそ、
    あなたのような人も存在価値を持つのです。

    ユーザーID:0300178519

  • 事業主なのですが

    関連会社のアルバイトの方が毎日
    その仕事のために短時間来られます

    みなさん
    とある職業を定年退職された方々です

    わたしは

    彼らのところでアルバイトをしていました

    このトピを見て
    彼らの目にわたしはどう映っているのだろうと
    ふと思いました

    突然
    違うカードを切ったという感じでしょうか
    わたしはずっと考えていたことなのですが

    脱力系ですぐに思い出したのは
    キアヌ・リーブスです

    トピ主さまの文章でトム・クルーズを思い出しました

    キアヌ・リーブス…好きです…目指せ脱力系美系…中年

    ユーザーID:4212828412

  • 人生の先輩に失礼ですが

    30代ノンキャリア女性です。

    トピ主様とその脱力キャリア女性、どちらかになれるとしたら。
    すみません。間違いなく、後者です。

    だって、トピ主様に『余裕』が感じられないんです。
    アグレッシブにいろんなことにチャレンジして、今のキャリアを築かれたことは十分尊敬に値します。
    でも、どこか『こんなにがんばってる私を見て(評価して)!』とアピールされているようで・・

    周りの目ばかり気にして必死になる人生より、自分のペースでバランスよく楽しめる人生の方が魅力的です。

    >あなた、もっと頑張れば、もっとできるようになるし、将来のプランもちゃんと立てないと!と言ってあげたいのですが、、、。

    その女性から何か相談でも受けたのですか?
    そうでないなら・・失礼ですが『余計なお世話』です。

    もしかして、自分と同じような女性を増やして安心したいだけでは?
    『私がやってきたことは間違ってなかった』と。
    自分が必死でやってきたことをこともなげにこなしている(ように見える)女性をうらやんでいるようにも見えます。

    すみません。続きます。

    ユーザーID:7268907933

  • 続 人生の先輩に失礼ですが

    それと、こういう女性は『計算高い』というのではなく『人生設計がうまい』というのですよ。

    >優秀でスキルもあり語学も堪能でありながら、出世欲もなく、ゴルフもお酒もせず、上司や同僚と言い合いになることもなく(たまに愚痴っていますが、すぐに終わる)、仕事もやることをやって、さっさと定時に帰ってしまいます。
    ⇒仕事ができて、ゴルフや宴会に頼らずとも相手と円滑な人間関係を築けている

    >彼氏もいて、
    ⇒それだけ魅力的。

    >毎日お弁当を作って持ってきて、「オーガニックのものを食べてるんです」と・・・。
    ⇒自立していてきちんと自分の拘りもある。

    >バリっとしたキャリアスーツは着ず、品のいい明るい色のジャケットとスカートで、ふわりとした感じです。
    その一方で海外出張などをこなしていて、やるべきことはちゃんとやってのけるのです。
    ⇒品があって、相手に安心感を与えられ服装。でもやることはきちんとできる。

    こんなデキた女性より、トピ主さまは完璧な女性なのでしょうか?
    私から見たら、脱力キャリア女性の方の方が女(人間)としてのスペックが高い気がしますが・・

    ユーザーID:7268907933

  • 均等法世代・ロスジェネ世代・ゆとり世代?

    別の世界の話で申し訳ありません。

    私はキャリア女性じゃないし、周りにそのような女性もいないですが、トピ主さんの同僚と同じ世代です。

    職場のトピ主さん世代の女性とは、やはり世代の違いは感じます。

    その方々はとてもサービス精神旺盛で、よく気がつく。そして声が高いです。そういうところ、尊敬していますが、私には同じようにはできません。私は地声で話します。多少脱力してます。

    そしてまた、私より10歳くらい下の女性とはやはりギャップがあります。ますます気負いがなくなっているように思います。職場だとイライラしてしまうときもありますが、「自由でいいな。」という気持ちもまたあります。

    今の時代、10年で世の中はどんどん変わるので、そんなものではないでしょうか。より「自分に正直」が許される時代になってきていると、私は個人にとってはよい変化と感じています。(そして個人個人が自分に正直に、幸福に生きれば、余計なストレスもなくなり、全体的にもよくなるのでは、と思います。)

    ちなみに私はトピの文章を読んで、トピ主さんの同僚が特に「計算高い女性」とは感じませんでした。

    ユーザーID:2959079764

  • 違うと思う

    私はトピ主さんよりたぶん2〜3歳下の40代女性です。転職を何度かして、キャリアを作って、役職もついたというところも似たような感じです。
    でも、そういう私から見て、トピ主さんのような「常に一生懸命」というタイプは、古く見えますし、実際そうやって女性の地位を切り開いてきてくれた先輩は、私より一回り上か、それ以上の年代です。

    私はトピ主さんのおっしゃる「彼女」のような女性ではありませんが、無理して飲み会に出たり、土日の自分磨きなどしたことがありません。役職も結果的にはもらっていますが、そのために頑張ったりはせず、会議などがなければ、ほとんど定時に近い退社でやってきました。
    それでも、きちんと成果を出していれば、幸いにも私たちの世代ではすでに、女性でも上のポストに行けるパスはありますし、それについてありがたいとは思いますが、自然なこととも思っています。

    トピ主さんと私の環境の違いにもよるのかもしれませんが、トピ主さんはトピ主さんのロールモデルであった先輩たちと同化してしまっていませんか?
    世代の差はあるでしょうが、私にはトピ主さんと「彼女」の差が、ロスジェネのせいだとは思えないのです。

    ユーザーID:5502675399

  • おもしろい!!

    いわゆるバブル世代の方々の本音が聞けてとても興味深いです。

    私は32才既婚、資格があるため年収1500万位の会社員。留学経験ありますが出世欲、権力欲ナシです。ゴルフ?しません。お酒?誘われれれば一次会だけ、月2−3回。上司や同僚と言い合い?何のために?仕事は必要なことだけちゃんとやります、早く帰ります。ユニクロ愛用してます。ブランドにも興味ないしあんまりお金使いません。

    私の世代にあてはまるかわかりませんが、私の場合、学生時代は勉強していい大学に入れば後の人生は安泰、と言われてきました。ところが、大学生になれば景気はどん底、有名大学卒でも就職できない人があふれ、諦観の境地に至りましたね。

    社会に出てみれば、既に女性が進出しており、仕事だけでなく家庭も両立というのが常識でした(「負け犬の遠吠え」が売れて、仕事は独身の理由にならずと言われた頃)。

    何より大事なのは「バランス」と思ってます。仕事と、プライベートと。平和で安定してるのが一番。仕事以外にも自分の居場所がほしいから、結婚もするし、子供もほしい。まぁ、適度に放っておいてください(笑)

    ユーザーID:2189845382

  • 私はトピ主さんみたいな女性のほうが好きですね!

    頑張っていて、素直なトピ主さんは魅力的です。

    その女性もいいですが、私はなんだか試験前の学生の会話を思い出します
    「え?勉強?全然やってないよ〜」みたいな人いましたよね。

    私はそういう人より、「昨日必死だったわ〜」ってクマをつくってる人なほうが正直で好きですね

    どこか「努力する人や必死すぎる人と思われたくない。」と思っていて、「仕事もできるけどに余裕があってプライベートも楽しんでる私」を必死につくっている人って多いんでしょうね、最近は。

    トピ主さんの同僚がそうとは言いませんが、ある程度本気で物事で取り組んでる人って、そんな完璧ではいられないです

    肌荒れだったり充血していたり、そういうのも自然だと思いますよ、人間だもの。
    必死で頑張っていれば表面に出るのも仕方ない

    私はそれはそれで美しいと思います。
    トピ主さんも「余裕のある私」を演じなくてもいいと思いますよ

    ユーザーID:7348748635

  • 40代女性です

    40代既婚女性です。
    私は体育会系で周囲から見ればガツガツ系だと思いますが、憧れるのは脱力系ですね。自分にないものを持っているからでしょうか?生活のバランスが取れているように思います。同年代なのに応援できなくてごめんなさい。彼女はあなたの心理的「シャドー」なのでしょうか?脱力系の生き方を受け入れられる日がくるといいですね。

    ユーザーID:5031709655

  • ほんとに仕事できる人なのかなー

    ごめんなさい、私のまわりでトピ主さんみたいなガツガツ系で<自称>仕事できる…と言ってる人ほど、人脈がなく仕事のできない人が多いです。
    いや、まあ仕事はできるけど、部下をつけられない・管理職は任せられない、できるだけ中央ではなくハジのポジションにおいておきたい・・といわれる人が多いかなあ。

    だってほんまに仕事もできる人って、他人のこと気にしてませんよ。極端な話、サボってる人間のことすら気にしません。でも能力があるから、相違人を「使う・活かす」のは上手ですが。

    トピ主さんってすごい執着心で後輩のことみてません??どうでもよくないですかねー、他人のこと。
    たぶん彼女は社内でもトピ主さんより認められてるでしょうし、どこへいってもやっていけるタイプなんですよ。だから焦りがないんです。

    一方トピ主さんは、たぶん彼女だけじゃなくていろんな人が気になって仕方ないんじゃないでしょうかね。

    人は人、他人は他人と考えられう器がないなら、噂話が大好きな井戸端会議地してる奥様方と同レベルですよー

    ユーザーID:1608611171

  • 考えるところもありますが・・・

    みなさん、コメントどうもありがとうございます。
    確かに彼女なりの人生設計があって、私と同じにしてほしい、、というのはおしつけがましいことだと認識しています。
    ただ、今の会社では、男性ばかりで、彼女は明らかに他の男性同僚より仕事ができて、優秀なのですが、上司(男性)にとりいったり媚びることもせず、時にははっきり断ったり言いたいことはいっているため、そして飲み会などはほとんど来ない(用事がある、といって断りますが、本当は飲み会の席のたばこが嫌いで、そして早く寝たいからだそうです)、えらい人とのゴルフも、興味がないと、断言しているようでは出世はできないのではないかと思います。
    彼女も昇進したいとは全く思わない、とはっきり断言しているのが残念なのです。会社にとっては彼女のような人間は大切なのに、会社への忠誠心を見せないと、外資系であろうが、やはり出世はしないというのが現状です。
    もっと優秀な女性にはがんばってほしいのに、そういった野心もなく、会社になにも期待していない、この程度の給料で結構、というドライな感じが、残念でなりません。。

    ユーザーID:2546930580

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • 35才年女です

    そのように「私の価値感が正しいでしょ!」という方が、
    トピ主さん世代の方には、往々にして多いなあと感じています。

    ユーザーID:6330779908

  • みんなちがって、みんないい。

     同年代お仕事母ちゃんです。

     雇用機会均等法世代のキャリア女性の気持ちは、ほかの世代には想像もつかないと思います。
     法律だけはできたけれど、社会に出て上を見上げれば見渡す限りおじさまの世界、まさに「僕の前に道はない」。
    ゴルフもお酒もその中に食い込んでいくために必要な、お仕事の一部でした。
    バブルだ何だと揶揄されますが、ロールモデルどころか女性の影もない
    場所で、パットを入れた肩を張り前髪を立てて驀進してきたのが
    私たちの世代のキャリア女性だと思います。

     その私たちが仕事してきた経緯があって、下の世代がいるのです。

     下の世代にはまた私たちと違う難しさがあり、経済情勢の厳しさがありました。
    働き方、生き方が違ってくるのは、当然ではないでしょうか。

     後輩に対しては、そりゃ世代が違うよね、でもなんかの時には
    相談にはのるからね、くらいのスタンスでいるのが、
    それぞれの良さを生かし働きやすくする要諦かと思います。

    ユーザーID:4292929766

  • ガツガツしなくてもやっていけるからですよ

    とぴ主さんよりちょい下のバブル世代です。
    私たちの世代はなんだかんだと揶揄されますが、
    いいんです。私たちの世代はガツガツで。

    あくまで私の業界の話になりますが…
    ガツガツしてないと女は男と同じ土俵にすらあがれない時代だったんですから。

    少々大袈裟な言い方ですが、今の20代30代はそこに努力は必要ないですからね。
    イヤミでもなんでもなくそれはすごく良いことだと思ってます。
    仕事も私生活もうまくバランスとれる時代になったってことです。
    それぞれの世代での努力ポイントが違うってだけです。
    彼女たちだって私たち同様今を精一杯やっていると思いますよ。
    私たちとは違う形で。

    ユーザーID:2969580638

  • 脱力系から見ると

    出世ってそこまで魅力ないんですよ。
    その代わりに失うものが多すぎるし、実際がつがつして出世している人たちが幸せには見えない、魅力的じゃない。

    がつがつしている主さんを見て「ああはなりたくないよなー」と思っているんじゃないですか?

    そこそこの達成感があり、一定以上の給料がもらえ、プライベートも充実、許容能力を超えるようなストレスは抱え込まない、それが理想の生き方です。

    「上のポストをゲットする」=「幸せのすべて」という価値観なんて、間違っても押し付けられたくないですね。

    ユーザーID:3877363908

  • だれが困るのでしょうか?

    トピ主さんは、自分の都合だけでその女性のことを考えているように思えます。

    > 出世はできないのではないかと思います。

    その会社、能力よりも飲み会やゴルフで人事を決めるのですか。
    のんきなものですね。
    そういう会社に忠誠を示さないのが、その人の考えでは。

    昇進したくないその人と、
    昇進させずにお手軽な給料で優秀な人に仕事をしてもらう会社。
    どちらの考えも合致していていいじゃないですか。

    > 残念でなりません。。

    残念だと思っているのは、トピ主さんだけでは。
    誰のために、何で残念なのでしょうか。

    その人は、トピ主さんを納得させる義務はないですよね。

    > おしつけがましいことだと認識しています。

    全くその通りだと思います。

    ユーザーID:0300178519

  • くもさんに同感です

    40代前半です。
    バブル末期を大学生として過ごし
    多くの同級生が特に苦労もせず
    一流・有名企業へ楽に入れた世代です。
    私の三つ下までは大丈夫だったけど
    その翌年から就職状況については
    一変したように記憶してます。

    末期の、いわば爛熟したバブル社会を
    社会人として最初の数年で味わったため
    頑張らなくてもどうにかなるさ、が
    バブル末期世(40代前半)の特徴だと
    思っているのですが。

    「一生懸命」遊んでおしゃれはではなく
    自然に当たり前に
    好きなことを好きな程度に、ですね。
    ゴルフも仕事のために始めたわけではなく
    中尊寺さんを見て面白そうで始めただけ。
    一生懸命とかがつがつ、縁遠い言葉です・・
    それが時代の空気だったと思います。

    トピ主さんの価値観は
    もう少し上の世代の方たちの
    最前線で活躍した女性成功者の
    それのように、どうにも感じるのですが・・

    バブル世代という言葉を使われていないのに
    引き合いに出して恐縮ですが、
    くもさんもおっしゃるように
    出世もがむしゃら、という時代では
    すでになかったのが
    40代前半、一流企業勤務→起業者としての実感です。

    ユーザーID:2880868893

  • どちらも素敵

    ロスジェネ世代の会社員です。

    後輩の女性の良さを素直に認められるトピ主さんに好感をもちました。ご自分への自信が、この余裕に表れているんでしょうね。
    欲の無さが物足りなく思うのでしょうが、そこは少し距離を置いて見守ってくれればと思います。

    その後輩の女性も脱力してるように見えて、今の仕事と恋愛で大変なのだと思います。だから出世は望んでいないのです。
    二兎を追うからこそ、「ほどほど」を選んでいるのだと思います。

    対してトピ主さんは仕事に集中して、できるだけ高いところまで追い求めているのでしょう。
    その姿もまた魅力的で、ロスジェネにもそんな生き方についていきたい者もいるはずです。

    たまたま同じ部署の女性が違うタイプなので寂しく思っているのでしょう。けれど「私は私、彼女は彼女」で器の大きなところをみせていてほしいと思います。

    ユーザーID:1627111156

  • う〜ん・・・

    「幸せは、その人の心が決める」
    でいいのではないですか。

    ユーザーID:3771480214

  • トピ主さんの気持ちもわかります

    私はシングル40代前半の働きウーマンです。トピ主さんの時代はそうしないと同じスタートラインに立てない現実がありました。そんなたくさんのスーパーウーマンの足跡の後に後輩のような働き方でも生きれる時代がきたのだと思います。そして働く職場環境でも違ってきます。要は無理せずともすでに女性が望めば昇進できるシステムや環境が整っている所と、まだまだがむしゃらに働かないと同じ土俵に上げてもらえず、サポート的な仕事しかさせてもらえない環境と。私は後者の職場で働いています。私は身体が強くないので、体力的な無理はできません。トピ主さんの後輩のように飲み会にでると睡眠不足で仕事に影響がでます。タバコの煙もダメです。ゴルフもしません、けれど私は仕事は体力だけでするものではなく、創意工夫、知恵やチームワーク、コミュニケーション能力などで、それを補うこともできると思って、私なりに「がむしゃらに」働いています。男性と同じの働き方をせずとも本当の意味で能力とやる気があり、結果のだせる女性が昇進できる道をつくろうと日々戦っています。今は上司に男性と同じ土俵に立たせてもらい、この会社で昇格して役職者になるのが目標です。

    ユーザーID:5821063930

  • トピ主さん大好きです!

    30代半ば独身女性、いわゆるロスジェネ世代です。
    年収950万円です(これがキャリア女性になるかどうかわかかりませんが・・)

    私はトピ主様のような方を目指して、頑張ってきました。
    トピ主さんのような方がいたから、私の世代は女性も活躍できていると思っています。
    おかげで定時に帰り、休日は彼と過ごし、お弁当持参で仕事しても十分なお給料を貰っています(笑)

    トピ主さんの世代の方は、書かれている位頑張らないと女性の地位が確立できなかった。
    誰かがガムシャラに働くことを批判めいて書いていますが、その世代の女性が頑張ったからこそ、若い世代の女性の社会的地位が守られ、ゆとりをもって生活ができていることを理解して欲しいと思います。
    (私もその世代だったらお給料の為にもっと頑張ったかもしれません)

    今から20年前、お弁当持参で定時に帰ったら、それこそ男性に「女性は家にいればいい」、そう思われたはずです。

    その辺りを理解してのコメントを望みたいですね。(特に餅子さんのコメントは嫌な感じがしました)

    トピ主さん、ステキです。
    近くにいたらゆっくりお食事したい位です。

    ユーザーID:8216715810

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧