• ホーム
  • 話題
  • これを始めたきっかけで人生が変わった人

これを始めたきっかけで人生が変わった人

レス10
(トピ主0
お気に入り63

生活・身近な話題

匿名

39歳主婦です。

大袈裟なタイトルですみません。

「これを始めたから今の自分があるんだなぁ」と感じることってありますか?

私は「元はと言えば、車の免許をとったからかな」と最近感じます。

25歳のときに子供を産んで、その後、精神的な病をずっと抱えてきました。

育児もが落ち着いた頃に、思い切って免許を取ることにしました。
その頃、病気のことで公共の乗り物があまり使えないこともあったので。

車を乗るようになってから、何か音楽を聞きたいなと思い、以前から好きだったアーティストのCDを買いました。
今まではCDを買っても聞く機会があまりなかったので、好きなアーティストでも、わざわざCDを買ってまでということありませんでした。

車で聞く機会が増えると、どんどんそのアーティストにはまり、ライブにも行くようになり楽しみが増えました。

そして、そのアーティストが出ている映画を見るために、行ったことのない映画館へも出向きました。
しかし、運転できなかったら…または、そのアーティストの熱狂的なファンになっていなければ、行くことはなかっただろうと思います。

大袈裟ですが、道が開けたと言うか、よかったなぁと思います。

一時期は引きこもりの状態にもなっていたので、今の自分があることを改めて嬉しく感じます。

皆さまも、このことがあったからこそ…ということってありますか?

ユーザーID:0500075721

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数10

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • マイコン

    パソコンの前の呼び方ですが、(年齢ばれますね)

    高校のクラブの顧問の先生の趣味で置いてありました。
    当時、数十万するものだったそうですが、

    そこからゲーム作り、大学進学とともに、
    『授業に必要だ!』
    と、親をだまくらかして買ってもらいました。

    その後、そっち系のバイトをし、
    卒業と同時にコンピュータ系で起業して現在に至ります。

    収入はギリギリですが充実してます。


    ただ、ときどき、サラリーマンだったらもっと楽な人生だったのかな?

    なんて思っちゃいますが…。

    ユーザーID:0506035359

  • 現在、開拓中です。

    たまたま興味を持った外国語があり独学で始めたところ
    楽しくなり語学留学を決めました。

    失業中の身でありながら帰国後の不安も少なからずありますが、
    人生が変わるとまではいかなくとも道を切り開くきっかけになればと
    思っています。

    トピ主さんの文を読み辛かった産後を乗り越え、今とても充実されておられる様子で他人事とはいえ嬉しくなりました。
    きっとお子様も以前とは違いトピ主さんがキラキラとした表情で色んな所に
    積極的に出掛ける姿を見て嬉しく思っているのでは、と勝手に想像しています。
    これからも安全運転で素敵な道に進んでいかれますように☆

    ユーザーID:3775706446

  • 私は

    33歳ですが、今は年中の息子が1人がおりますが…今も私は通院中です。

    因みに地下鉄が駄目みたいです。それ以外は大丈夫です。

    これをやって変わったと言えば…今まで、周りの協力もあって出来なかった育児に集中が出来た事が1番大きいです。

    今は、体調も良く、育児が楽しいです。

    それとこの前、業務用のジェルネイルを買ってやってみました!

    楽しいです!ご飯を食べるのを忘れるくらいです。

    目標は、それに携わる仕事をして、収入に繋がる事が出来ればいいなぁと思います。

    その前に、専門学校に行きます。

    ユーザーID:5620650494

  • 低用量ピル

     出産後、32歳から低用量ピルを服用しはじめて、人生が変わりました。
    それまでは、生理中は「ひどい痛みと情緒不安定」で、大変でした。ピルを飲み始めたら、「うそ!」というほど、不快な症状は一切なくなり、
    生理中でも快適に過ごすことができるようになりました。
     たまたま私の身体には、合ったからだと思いますが、もっと早くピルに出会いたかったです。

    ユーザーID:6168894689

  • 今の職業

    医療従事者になって、スタッフ、患者と家族と接しない日はありません。

    辛い事もあるけど、相手の立場に立って考え、行動出来るようになったのは、すごく良かったと思っています。

    ユーザーID:7664291280

  • すごくわかります!

    自分の世界が動き出したような感覚、とてもよくわかります。
    私の場合ですが、主人が8年ほど前からヨーロッパに単身赴任しています。家庭のことはすべて私にかかってきました。病気にも次々ととかかりました。
    何より大事な主人と離れている生活が、さみしいでした。
    これをチャンスだととらえ、できるだけヨーロッパに行く機会を作りました。
    あるときは子供を連れて、あるときは祖父母に協力してもらい、主人と二人、多くの国を尋ね、これまでの自分の小さな世界を思い知りました。
    一人で飛行機を乗り継いで行き、主人と待ち合わせすることが多く、欧州では英語は通じにくいですが、最低限英語の必要性を感じ、外国の人と意思伝達したい気持ちが芽生え、英語の勉強を本格的に始めました。 今はまだ英検準一級ですが会話の方が得意分野で伸ばしたいと思っています。
    多くの旅を通し、私の煮詰まった気持ちを動かすような出会いも経験もありました。
    ストレスから主人の単身赴任中たくさん病気をしたのですが、何とかよくなりたいという気持ちを動かしたのもまた、主人に逢いたい、多くの物を見て感動したい、何かに出会いたいという気持ちです。

    ユーザーID:7447963484

  • 若い頃の病気です

    若い頃に大病し、価値観が大きく変わりました。

    それまでは漠然と平均寿命並みに生きることを想定しておりましたが、死ぬかもしれない病気を目前にして、「もしかしたら私には人並みの”老後”というものはやってこないかもしれない…」と真剣に考え、それ以降は「とにかく今が楽しければそれが一番!明日死んでも後悔しない」という価値観で生きています。
    かといって、周りへの迷惑を全く考えてない訳ではないですが、例えば自分の将来のために貯金するのはやめました。自分のための貯金は、ささやかな葬式代くらいあれば充分です。また、イヤイヤ続けていた仕事を辞めて勉強を始め、やってみたかった仕事にチャレンジしたり、行ってみたかった場所に旅行に出かけたりと、やりたいことは時間・お金・体力・家族が許す限り全部やっています。
    また、要らない物を処分して身の回りをシンプルにしたり、死後に家族が困らないように保険や交友関係をまとめたノートを作ったり…逆にこれで私の人生はそれまでの何倍も充実したものになり、いつか訪れる死を冷静に捉えることができました。

    ユーザーID:6374416484

  • 社交ダンスを習いました。

     新卒入社の会社主催のダンスパーティで、私を含めた20人くらいの高卒女子が
    まったく踊れず、「壁の花」状態でした。

     意を決して、ダンス教室に習いに行くこと1年、結構上達しました。姿勢が良くなり、
    背が高いほうでしたが、スタイルも良くなりました。ダンスの検定試験にも合格。その後も
    2〜3年、習い続けました。
     リズムのいいダンス音楽が大好きになり、その曲をどうしても弾きたくて、ピアノが
    弾けるようになりました。

     何より変わったのは、ダンス教室でもてまくり。関東から長期出張で関西に滞在中の
    同じ教室に通っていた男性をゲット。今は私の夫となっています。

     何でも一歩勇気を出して踏み出せば、思いがけない出会いがチャンスが、扇のように
    広がっているものです。その後もいろんなことに挑戦し、経験や人脈が豊かになりました。
    苦しいときにも、多くの友人の助言や、自分の経験で乗り越えてこられたと思います。

    ユーザーID:5479282463

  • 友人に教えてもらったお店

    20代の時、高校時代の友達にとあるお店に連れて行ってもらいました。 当時は珍しい、海外からの輸入品を扱うお店で、私はそのお店がとても気に入ってしまいました。 「ここで働いてみたいな」とその友達にも言っていました。 ある日、なんとなく求人誌を見ていたら、そのお店の求人広告が出ていました。 そしてその時一緒にいたのが、そのお店に連れて行ってくれた友人。 彼女の「チャンスだよ。連絡してみなよ。」の一声で背中を押され、人事担当者に連絡。 めでたく面接、採用となりました。 

    そこで知り合った同僚と気が合い、ある時、同僚の彼氏の友人を紹介してもらいました。 それが今の夫です。 来年、結婚20年を迎えます。

    あの時、友達とそのお店に行くことがなかったら、そのお店の存在さえも知らなかったと思うし、夫との出会いもなかったんだろうなと思います。 その友達は私の運命の女神かも。

    あと、10年ほど前に猫を飼い始めたことがきっかけで、猫にものすごくはまりました。 こんなにかわいいとは。 もう猫のいない生活は考えられません。

     

    ユーザーID:4614613756

  • 大学留年

    留年していなければ親の決めた会社にコネで入学し、多分そこで知り合った人と結婚して子どもをもうけて、、、!?でも自分の不注意から留年しました。その余分の一年の後は、親元に帰ることもせず、海外の大学院にすすみ、修士号、博士号をとり、独身のまま海外で仕事しています。独り暮らしが合うのでしょうか、すごく幸せで、あの時留年していてよかったなあ、と心底思います。親は寝込むほど嘆き悲しんでいましたけど、、、。

    ユーザーID:2310019541

レス求!トピ一覧