• ホーム
  • 学ぶ
  • お金をかけるのは子供の教育費か自分の楽しみか?

お金をかけるのは子供の教育費か自分の楽しみか?

レス51
(トピ主4
お気に入り72

趣味・教育・教養

こむすびママ

レス

レス数51

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • かぶってしまい失礼しました。

    二度も同じような内容をかきこんでしまってスミマセン。
    先ほど見たとき後に送ったはずのpareru様あてしか載っていなくて
    「変だな?送信したのに」とまた書いてしまいました。

    さくらのこ様。やさしいお言葉ありがとうございます。
    前にも書きましたが、このトピを立てたころより気持ちに余裕が持てるようになりました。
    子供は結構親を大事にしてくれます。友達にも恵まれています。
    私のように、親に対して笑いながらも根に持つ暗い人間に育たないよう気をつけて自立させたいと思います。

    miwa様。きょうだいで差をつけられるのは一番辛いですね。
    親のキツイ言葉や、行動。私も忘れたくても忘れられないです。
    自分はこんな親になりたくないと。


    自分がやりたいようにやって貰えて、無理ならせめて応援してくれる。
    それが当たり前と子供は思っているでしょうが、それでよいです。
    良い関係でいられるほうがいいですよね。

    ユーザーID:3515088718

  • 失礼しました

    匿名様、すみません様

    失礼致しました。
    いろんなアドバイスが頂けて、一時期より心も軽くなりました。

    匿名様の言葉、反省させられました。
    滅多に言ってはいませんが、子供に使えるものがあるのに新製品を欲しがられたり、
    1日暇にしているくせに、何もしないで「腹減った」とか仕事から帰ってすぐ言われると、「子供の為に」発言したことあります。
    気をつけないといけないですね。

    すみません様。
    少しずつ、貯蓄していましたが家に使っていました。
    先に載ったほうに書いた通りです。
    大学には学資保険を二人に300ずつ。やっていてよかった。
    それ以外は自分達の老後にも、親の生活費もあるので、子供は少し奨学金でと、このトピのおかげで思っています。

    子供とも大学進学の時、話し合って決めたいと思います。
    上の子は理系で、志望学科の先輩の話だとバイトもそんなにできなさそうです。

    ユーザーID:5609390001

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • 私も子供派

    私の父の両親は教育者で大伯父が大学教授、伯父は医者、父も教育者としての資格がありながら、出版社での仕事を希望したサラリーマンでした。
    私は兄と二人兄妹で、やはり両親は男である兄に高校受験も大学受験も重きを置いてきました。私は断層の世代で、進学率30%(短大込)位の時代に推薦で大学に行かせて貰いました。
    それは、大学受験をさせて貰えなかったのです。父はサラリーマンでしたし、家のローンもあったので受験料も出して貰えなかったのです。おまけに大学の学費が高いと母には文句ばかり言われました。忘れられないのが
    「お父さんのボーナスが出ても、あんたの学費でゴッソリ持って行かれる!」と母に憎々しく言われたことです。そんな経緯があるので学歴に関してはコンプレックスがあります。私の年(50代)で大卒女子はまだ珍しい時代でしたが、自分の希望の大学に自分の力では行かせて貰えず、尚且つ、母親に散々言われた文句・・従って、子供(女一人)には自分の好きな生き方をして欲しいという思いがあり、大学院・博士への進学を希望しましたので、協力しています。

    ユーザーID:8111869948

  • できれば

    pareru様ありがとうございます。

    本当に子供を産んだ頃に戻って、何にどれくらいかかるのか勉強し、人生設計しなおしたいです。
    pareru様はお子さんが0歳から教育費を積み立てられたと読ませて頂き感心しました。
    我が家も出産後、少しずつ貯金はしていましたが、家が今思えば高かったです。
    市内でも1000万以上お安い所があるので、「いざとなったら売れるところ」なんて売るかもわからないのに馬鹿でした。

    まだ、買った当初は2人とも小学生。
    せめて、そこで『私立だったら』とか、『親のこと』や『老後』とか考えなければいけなかったでしょうね。

    私の両親はそして夫の父もヘビー浪費家。プラスわがまま。自分第一。夫の母は素敵な方。
    時々、「こんなもん(かけごととか)に使うなら入院費に使ってよ!」と言いたくなるけど我慢。
    入退院くりかえしているんです。
    両親は離婚していて、父は妹、母とその旦那様を私が面倒みてます。
    夫も長男。
    正直みたくなくても、他にいなくてしょうがないです。
    母は、自分の子はほっといたのに、うちの子が有名私立で嬉しいようです。

    ユーザーID:3515088718

  • レスありがとうございます

    読んで頂いて、レスして頂いてありがとうございます。
    ひとつひとつに、感心させられ、勉強させられ、励まされ嬉しく思います。

    匿名様
    たしかに、半自己満足、自己犠牲で、ある意味子供から見たら勝手に節約しているわけで「子供の為に」なんて言ってはいけないと、反省しました。

    そんなにしょっちゅう言ってはいませんが、子供が高価なものや、今あるもので事たりているのに最新のものを欲しがった時など、
    つい、「母さんだって我慢してるのに」と言ってしまうことがあります。

    これからは、言葉を飲み込んでさらっとかわしたいと思います。


    匿名様
    たまたま、親の病気等、色々重なり、お金に羽が生えたようです。
    夫のほうも私のほうも親に貯えがなく、弟の国際結婚でまた大変!
    もともと、浪費はしていませんでしたが、笑えるくらい飛んで行きます。
    大学は学資保険をいくらかしていますが、少し奨学金を借りてもらい、自分たちの老後用にも、取っておかなくてはと今は考えています。

    ユーザーID:5609390001

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • 50:50でいいんじゃないですか

    何事もバランスが重要です。もちろん子どもにかけることは
    大切ですが自分をすり減らしてまでする必要はないと思います。
    子どもにしたって親が擦り減っていくのは不安です。
    トピ主さんが楽しむ余裕をもちつつ、その残りすべて子ども
    にかけてやるのがいいのであんまり無理しないでくださいね。
    子どもは親が頑張っているのをちゃんとみているから
    大丈夫ですよ!

    ユーザーID:5807475434

  • 家のローンが負担なのですね

    私も学歴コンプです。
    教育(というか子育て)に関心のない母親と、激務でそれに気付かなかった父親。
    だから自分の子どもは当たり前に楽しい学生時代を過ごさせてやりたい、
    大学にも行かせてやりたいと思い、0歳から教育費を積み立ててきました。
    私なんか母子家庭ですが、息子を有名私大に通わせています。
    2月は試験が終わったら、スキーの合宿に出掛けてしまい2日しか顔を見ていません。
    先輩や友達にも恵まれて、本当に感謝感謝です。

    私自身何かを子どもの教育費の為に我慢して生活して来たとも
    思っていません。
    仕事帰りに都心の街を寄り道するだけで安上がりに気分転換が出来て、
    休日には好きな車に乗って出掛けるくらいでお金のかかる趣味が他には
    ないからでしょうか。

    息子にはお金を掛けないと受けられないような教育を、お金をあまり掛けずに
    受けさせられたのは有難いと思っています。

    その代わり子どもは一人。
    二人とも希望通りに進学させているトピ主さんは偉いです。
    私は旅行三昧の母親の老後の面倒など看たくはないと思ってしまう。
    その点でもトピ主さんは偉いです。

    ユーザーID:1503296287

  • 分相応

    私も似たような地域に住んでますので(自身が子供の頃から)
    教育にお金をかけることに疑問を持ったことはないのですが

    外食も旅行もなしですか?
    勉強だけが教育ではないのではと思います


    中の上がどれくらいかわかりませんが(1000万くらい?)
    バランスがとれないということはどこかに無理があるのでは


    ちなみに大学の費用は貯蓄されてないのでしょうか?
    奨学金では本末転倒になりませんか?

    ユーザーID:4325980047

  • 我慢もほどほどに

    我慢もほどほどに。時には旅行もし、お洒落もする明るいお母さんでいることは
    子供さんにとって一番の財産ですよ。

    私の母は「子供のためには我慢するのが親として当然」という考えでしたが、
    その一方で「私は子供のためにこんなにしてあげている」とすぐに愚痴をこぼす人でした。
    そんな愚痴を言うくらいなら我慢なんてして欲しくなかったです。
    いつも暗い顔をして鬱っぽく「子供のために子供のために」と言って貧しい気持ちで
    お金を貯めているいるお母さんなんて、子供にとっては全然嬉しくありませんでした。
    進学の費用は出してくれると言われましたが、親から援助は受けず、
    学費も生活費も全てバイトや奨学金で賄って卒業しました。
    「私はこんなに我慢しているのに」と言われながら貯めてくれたお金なんて、
    正直、貰って嬉しくなかったです。

    普段から浪費せず、明るく愛情いっぱいのお母さんであれば、
    多少の援助は必要でも、きっと足りない分はバイトで何とかする
    逞しいお子さんになりますよ。

    ユーザーID:8230049623

  • ご無沙汰してスミマセンでした。

    レス本当にありがとうございます。

     >ヒグマ様 「自分が満足すれば良い」仰る通りですね。そして、将来ヒグマさんのように子供が感謝してくれたら嬉しいです。

     >mimi様 私も僻地から東京近郊に来て子供を持ち、言われてみれば洗脳された感があります。
      僻地で親が無関心で私自身が無知な分、教育熱心な土地に来て、視野が狭くなったのですね。
      でも、進路が決まっても勉強する子供をみていると、行きたいところに進学させて良かったと今は思っています。

     >もも様 私も4人きょうだいでした。私夫婦は子供が中学まではのんびりでした。でも、子供が自分でやりたいことを言い出し、こうなりました。
      もしかしたらお子様が成長されてきたらまた考え方が変られるかもですね。

     >さー様 仰る通りです。教育費と老後費用、ちょっと自分達。バランス考えて、皆が最期に良く思えるように無い頭を使っていかなければいけないですね。

     >同じくバブル世代様 ご指摘のように、親への不満を引きずっています。多分一生。親に掛けて貰えた方には馬鹿みたいでしょうね。でも親の面倒明るくみてますよ。

    ユーザーID:5609390001

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • 貧乏くじ感あるんじゃないですか

    子供の年齢から見てバブル世代だと思います。
    女子大生がチヤホヤされた世代のせいか、
    いつまで経っても大学(短大含め)を出して貰えなかった
    のを引きずってませんか。
    今だ親に不満があるのだと。


    私は進学高から短大進学しましたので友人もほぼ短大卒以上
    が多いです。
    短大に通っている時、親はオシャレは全くしなくても
    私に当時流行ったブランドバッグやテニスウェア、スキーウェア
    等、女子大生が欲しがる物を買ってくれました。
    友人の親も同じです。
    海外卒業旅行も花盛りの頃だったので皆行ってます。
    どれだけ掛けて貰ったかわかりません。
    友人と口々に「自分が親になった時、自分の親の真似は出来ないね」
    と良く言い合ってました。

    経験ある為、子供は一人っ子が多いです。自分をある程度犠牲にしたくない
    年代だから。子供のいない人も多いです。
    大学出すのは当たり前と思ってます。

    失礼ですが、高卒の人独特の極端な考え方だと思いました。
    ここまで来てしまったのだから腹をくくるしかないと思います。

    ユーザーID:2315729657

  • タイトルだけを読んで思ったこと

    >お金をかけるのは子供の教育費か自分の楽しみか?

    「子供の教育費」か「自分の老後費用」じゃないの?と疑問。

    でないと子供の教育費も出さない、自分の老後費用も貯めてない(子供にたかるつもり?)になるよね?と思いました。

    私が子供なら、教育費と老後費用、そこそこバランス取ってほしいです。「教育費にお金かかったから、老後費用がないの。養って」とか言われても怖いし。かといって「大学には自分で行け」っーのも…親が楽しすぎのように見えます。その辺バランス取ってやらないと子供がかわいそう。

    ユーザーID:6859296446

  • 難しいですねぇ。。

    私は4人兄弟で裕福ではなかったので、誰も私立には行っていません。主人も、裕福な実家ではありません。
    今現在、第一子妊娠中で世帯収入は1500万程です。貯金もしているので食うに困ることは無いと思いますが、子供が私大などに行きたいと言えば自分で奨学金など貰うか、国公立に行けばいいと考えていますが冷たいんですかね?夫婦2人共最低限しか親に頼らず自立したと思っていますので、考え方が似ていまして…
    ひもじい思いはさせる気ありませんが、子供の為に自分達は我慢を重ねる気はありませんね。

    ユーザーID:3812284642

  • 結局は各家庭のバランスなんだけれど。

    結局は各家庭それぞれの価値観、バランスなのだはと思いますが。
    私自身は、親から、国立か、私立なら早慶以外はダメと、早くから言われ(洗脳かもしれませんが)、他の選択肢に目移りすることもなく、地元の国立大を出ました。そのせいか、余裕があっていくならともかく、余裕がないのに無理して実家を離れて授業料の高い大学にへ行かせるのは、あほかと思ってしまいます(すみません、思うだけです)。国立だと、(私はそうではないですが)中には自分のバイト代と奨学金で授業料を払って、それでもしっかり勉強している方もいて、なんというか、感心しましたよ。

    今、東京に住んでいますが、地方から東京に来ると、周りに影響されるのでしょうか、教育費に関する感覚がとても狭く強迫的に見えます。本来は、もっと選択肢があるのにな、と思います。

    とりとめなく書いてしまいましたが、狭い視野でこれしかないと思い込むのではなく、掛けられる費用の範囲で、いろんな可能性を探ったら良いと思います。与えるだけが親の愛ではないと思います。

    ユーザーID:2961821201

  • 自分が満足すればそれで良い

    働き蜂のように働き子供の為に尽くすのも親としては満足してるんですよ。私の親もそうでしたね。それこそ小学校もやっと卒業してるレベルです。戦前生まれですから。
    大学行くとわかりますが高校迄と違って裕福率がグッと上がりますよ。実際、親の高学歴、高年収と比例して大学進学してるのはデータ上明らかですから。
    大学進学する中の半数以上は親も大卒で収入も高く、先祖代からの資産もあり、自分自身を切り詰めなくても余裕で大学出してる親だったりしますから。理系私立大からさらに上の
    私大大学院に入るのが今は半数近くいるのですから。
    ですから、親が学歴、収入共に平均程か少なかった場合で子供の為にと思うならば、自分を犠牲にするしかないんですよ。今に始まった事じゃありません。
    私の家も私と妹共に大学迄出して貰いました。
    親はそれこそ年金と僅かな貯金、数百万にしかならなかった土地を売って一緒に暮らしてます。私の資格は大卒ではないと取れませんでしたから、今の安定した収入と安泰な暮らしは
    親のおかげだと思っています。配偶者も大卒資格職です。私の代では自分を犠牲にする事なく子供も普通に私立大に入れられます。

    ユーザーID:1911635802

  • 公立を否定している訳ではないんです

    私も子供が行きたいと言わなかったら、塾も私立校も無理には行かせてません。
    むしろ、下の子には内申も良く、偏差値も県トップ校に届いていたので、11月まで「公立に」と言っていたくらいです。
    でも、本人が行きたいと思った高校が私立で親も腹括った次第です。

    我が家の地域は異常な位、教育熱心です。土地柄、公務員、大手企業、地主の子で9割。
    小学受験、中学受験もごろごろ。
    偏差値50以下の子は学年で1桁で、60で「ふーん」な嫌な地域です。
    小学生から塾の子が半数。中学で塾に行っていないのは元教員のお子さん位です。

    それでも、無理に子供に勉強させた訳ではないですよ。
    塾に行けば出来るものでもないと思うし。
    本人のやる気が大事ですよね。

    大家族さんのように親が大学を出ていらして、子供に教えてあげることができたら良かったのですが、
    夫婦で中学レベルがもう分かりません。
    「自分でやればできる」なんてごく少数。

    お金かけずに本人の努力のみでT大、理想ですが持って生まれたものの限度があると思います。
    全て公立、本人が望んでくれたら最高だったのですが・・・。

    ユーザーID:3515088718

  • 少し気になったので

    主さんのレスが少し気になったので・・・
    文科省に10年の責任とおっしゃってるのが納得いかずにまた出てきてしまいました。
    苦しくても塾はみんなが行っているとおっしゃってますが,そうではないと思いますよ。
    地方都市在住ですが,教育熱は高い地域です。
    私立の有名校も公立の名門校も両方ある地域ですが,公立校には塾なしで来ている子供達多いですよ。

    同じゆとり教育世代の子供達です。
    私は公立でも頑張れば叶えられない夢はないと思っています。
    塾に行くのはみんなではありません。
    文科省の責任というより,塾のノウハウ無しで合格できない私立校が増えた事の方が問題かな?と個人的には思ってます。

    ちなみに有名私立,東大に何十人も合格します。けれども名門公立校も毎年二桁合格しています。国立大合格総数は変わりません。
    最初からローコストの道を目指すのもアリだと思っています。
    公立だって,良さはありますよ。

    ユーザーID:2126861464

  • その後のストーリー

    収入の大半を子供の教育費につぎ込み、子供はなに不自由ない学生生活
    を送るが、10数年後、親が怪我して仕事ができなくなり、
    貯金も使い果たし、子供に生活の面倒を見てくれと頼みに来る。

    奨学金とバイトで頑張って大学を卒業。苦労したけど親からは
    「老後は有料老人ホームで過ごすからあなたは自由に生きろ」と
    言われる。

    贅沢できる余裕があるのにお金を出さない親は酷いとは思いますが
    老後のことも考えずに教育費につぎ込むのも子供は困ると思います。
    やはり、その家庭の経済状態に応じてバランスよく!が良いです。

    ユーザーID:9364352286

  • 子供のやる気が前提

    教育費にお金を惜しむわけにはいかないのですが、まずは
    「本人のやる気」が大前提ですね。
    どうしてもその学校に行きたいと言う熱意があれば喜んで
    お金を出しますが、なんとなく大学くらい行っとかなきゃ〜
    では迷いますよ。
    お金をどぶに捨てたような思いをしてる親もたくさんいます。

    ユーザーID:6492787846

  • それはどうかな?

    親が身を粉にして働き蜂やってるのに
    平気でオートロックマンションに住んで小遣いまで貰う
    大学生なんて私は嫌ですね。
    親にそんな苦労をさせて自分は贅沢って。

    だれもそんなボロ雑巾みたいな人生歩みたくないから
    子供を産まなくなって少子化なのかしらね。

    ユーザーID:4072212186

  • ご意見ありがとうございます

    様々なお話をレスして頂いて、ありがとうございます。
    自分がキツイと思わない位に、教育費をかけるのが、
    自分にも、子供にもいいのでしょうね。もう少しゆとりを持って頑張ります。

    お金をかけてあげるというより、子供に「やりたいことの応援をしているよ」
    と、伝わっているかが大事なんだとおもいました。
    『私も』さんのように、私も15で将来を考える環境が無かった。選択肢が無かったんです。

    お金があってもなくても、子供が将来を考える環境作りが必要ですよね。
    子供は二人ともなりたい職業があり、勉強も自主的に努力しています。
    その結果、自分が行きたいと思った高校に入れました。

    入れるのに「お金かかるから無理」なんて言えないですし。
    公立だけでは限度があると思います。
    苦しくても、塾みんな行ってます。文科省この10年間位の責任取って!
    そう言いたいです。
    それてしまってスミマセン。

    ユーザーID:3515088718

  • 大学生の娘の話です

    我が家の教育費も莫大です。
    (二人、他県私立大学です)

    娘の友達の話の中で、
    親が嫌いと言う人が多いとの事。

    原因はやはりお金に関するようで、
    貴女の為に生活が厳しいと親が愚痴る。
    ないないと言いながら、贅沢品を身につける。

    子供はしっかり親の姿勢を感じています。
    反面教師と言う言葉があるように、
    親も完璧ではありません。
    親の育った環境にもよるでしょう。

    私も日々、葛藤がありますが、
    子供達には十分教育費をかけるというのが、
    ブレないように心掛けています。

    老後の心配なんて考える余裕はないですが、
    子供達の自立までは見守る親でありたいと思っています。

    ユーザーID:2045203181

  • 考えてみました。

    我が家の場合、私の習い事にも少しかけています。同様に夫の趣味にも…。

    もちろん子供の習い事や教育費が優先ですが、大人にも人生を豊かにするための何かが必要だと思います。ですから私の習い事や夫の趣味にかける費用は、月々の必要経費として考えています。

    うちは女の子なので「母親になったらおしゃれも趣味もすべて諦めて子供に尽くすもの」というストイックすぎる考えは植え付けたくないですね。過剰な贅沢はいけないけれど、節約しすぎて人生を楽しめないのも困ります。

    ユーザーID:1776052735

  • 親がヌルイと子供もヌルイ

    私立薬科大卒です。
    私の両親も学歴なく働き蜂のように働いたクチです。
    薬科大私立でしたので大半は余裕ある家庭出身ですが一部は私のような根性ある母親が多かったです。看護師や美容師しながら他でも働いてたりで、何度か会った友人母親は、自分は全く
    構ってないのが一目瞭然。それでも友人はオートロックマンションに住み、服やお小遣いも貰ってました。私の母も同様です。
    何かしらお金の掛かる大学や専門職に直結する大学では、そういった傾向あると思いますよ。
    高校同級生で国立医学部行って医者になった母親は、そう言えば目立たない働き者ばかりでしたね。PTAでおしゃれしてなんて母親は考えるといません。

    ユーザーID:7050738242

  • 犠牲も程ほどにが良い

    母親の一馬力で昼夜働いて子どもを大学にやったのは素晴らしいけど
    それに応える息子たち(しかも医学部)もエライと思います。
    逆に本当は自分のブランド品に使える金があるのに子供に出さない
    のも酷い。
    でもどちらの例もちょっと極端な気がします。

    普通の人はそれほどたいした成績を残さない子供かもしれないから
    こそ悩むのではないでしょうか。

    ユーザーID:8824713239

  • 子どもの素質次第です。

    下の表を見てください。

    卒業学校歴     大学・大学院   高専・短大     高校       中学
    生涯収入      2億9450万円 2億6340万円 2億5910万円 2億1550万円
    比率           1.000      0.8944    0.8798     0.7317

    日本は未だ学歴社会であるという意見が出ますが、事実はそうでないということが上の表(男性の場合)から分かります。学歴(学士、修士、博士)、学校歴(大卒、高卒、中卒)の違いは少ないですね。中卒の場合が大卒の73%ですので、少し影響を受けるかなといったところです。

    私には三人の息子がいます。三人の学歴は、長男が修士(工学)、二男が学士(美術)、三男が博士(数理科学)です。学部までの費用は原則として、私たち親が負担しました。修士及び博士課程は本人の才覚に任せました。

    高校までは地元の公立学校でしたので、教育費をそんなに意識したことがありません。住宅ローンも在職中に完済しました。

    教育費も大切ですが、節約、節約とばかり言っていると、生活がぎすぎすします。程々がいいです。

    ユーザーID:3129364319

  • 親の姿勢は見ています

    もちろんですが、オシャレや外食も出来て、子供も充分に教育出来れば
    言う事ありません。
    そういった人がいるのも事実です。

    私の父は事故の後遺症で働けませんでした。小学校の時に父が始めた小さな
    店を父代わりにやっていたのは母です。
    母は中卒でしたので漢字もやっと。車の運転免許が必要で
    漢字から夜中に勉強し車免許を取りました。
    母は武器になる資格がないと私のように朝から晩迄働く事になるから
    大学へは行って資格を付ける事を望み、兄は国立大医学部、私は私立大を
    卒業しています。

    母はスーツすら着た姿を見た事がない程いつもシャツとスラックスでした。
    外食も父がいたのでしてません。
    それでも店の他、夜中迄他でパートもして育ててくれました。
    今、両親は兄夫婦と穏やかに暮らしています。温泉や外食にも
    連れて行きます。

    自分を全部犠牲にして教育費を捻出した母ですが尊敬しています。
    友人の母で高い着物を着てブランド品を身に付けていたのにお金がないと奨学金を借りて
    進学した友人は今、母親と疎遠です。
    子供は親の背中を見ています。

    ユーザーID:4797519708

  • 親の金で学ぶか、自身の金で学ぶか

    私の両親は高卒で、どうしても子どもたちには大学に行って欲しかった
    らしく、勉強に関することならお金を惜しみませんでした。
    大学に行った私は勉強はそこそこに遊びまわりました。
    社会人になって出あったある女性が
    新聞社の奨学金を受けて学生をしていること
    朝と夕方必ず新聞配達をしていることを知りました。
    私の家はけっして余裕があったわけではなく、私の学費のために
    父母が必死で働いているのを知りながら、私は遊びの誘惑に負け
    たいした成績も残さず卒業。
    彼女は自分の稼いだお金で学校に通っている。
    すごくショックでした。

    その後しばらくして私も資格取得のために自分のお金で学校に行き
    資格をとりましたが、学生時代より熱心に勉強しました。
    私だけかもしれませんが、自分のお金を賭けていると心がけまで
    変わるのかなと思います。

    そんな私の子供なので、子どもの熱意を加味しつつ、バランスよく
    教育費を使いたいと思います。
    親の期待に応える子どもさんたち、うらやましい限りです。

    ユーザーID:8824713239

  • 同じ悩みを持っています

    我が家にも子供が三人おり、夫と私の二馬力で恐らく中の上くらいの収入はありますが、どのほとんどを子供の教育費につぎ込んでおります。

    ただ外食や旅行も希望の半分くらいは楽しんでいます。
    旅は「物より思い出」、外食は「息抜き」かしら。
    自分のものは滅多に買いませんねえ。

    しかし周囲には「子供には最小限にしかお金をかけない。それこそが子供の真の自立を促し、健全な親子関係が成り立つ」という考え方のご家族も少なくありません。
    夫婦そろって一流大卒で高収入でも子供は公立にしか進学させないと断言しておられます。

    我々夫婦はそろって1.5流くらいの私大卒なのですが、そこに密かなコンプレックスがあるのかなあ。子供には(親が少し無理をしてでも)一流の学校に入り一流の教育を受けてほしい!と思ってしまうのです。
    もちろんそれが全てではないとよく知りつつも。

    ときどき、子供がいなければ夫婦二人でどれだけ贅沢に暮らせただろうなあと考えてしまいます。
    ちなみに夫はそのようなことはこれっぽちも思わない、子供の教育に親の稼ぎを注ぐのは当たり前だそうです。

    ユーザーID:8409754109

  • 両立する努力をしたい

    我が家は子沢山ですので,子供達に潤沢な教育資金を与えることは無理ですが,出来る範囲で希望に沿えるような努力と自分自身の楽しみも実現する努力をしたいと思っています。

    ちょっと意地悪な言い方をすれば,親ユニクロで子はブランド服,親はパートで子供はクーラーの効いた部屋でゲームみたいな事と主さんの現状は同じだと思います(気分を害されたらごめんなさい)
    教育費という大義名分で自分を納得させているように思います。
    教育は大事だとは思いますが,何もかも犠牲にしてまで与えるものではないです。学びたい気持ちがあれば,選択肢はあります。
    私たち夫婦は常に「お金のかからない」方法を考えながらの大卒です。
    主人は母子家庭でしたので,奨学金を二重に借りてアルバイトで卒業しました。(結婚後も奨学金を10年返しました)そんな私たちにとって「お金がかからない進学」は不本意な物ではなく「当たり前のこと」です。

    子供達にもこの感覚をもって欲しいと思っています。
    その中で子供達の学びに必要な出費は(出来る範囲で)出してあげたいと思っています。

    ユーザーID:2126861464

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧