世界の僻地にお住まいの皆さーん!!

レス28
(トピ主2
お気に入り256

旅行・国内外の地域情報

ぺま

こんにちは。
野生のパンダが生息する山奥に住んでいます。
水道、電気は一応通っていますがしょっちゅう止まります。
最近ふっと寂しくなる時があります。
娯楽が少ない…
日本人に会いたい…

私の友達は言います。「あんたそんな所大好きでしょ。」って。
そう言えば学校卒業してすぐ北海道に出稼ぎに?行った時海辺をブラブラ散歩してて、トドがドデーンと横たわってるのに遭遇したっけ。

今年の夏から、ここの隣の国でトラの住む山に住む予定です。
でも別にトラと暮らしたいわけでもなんでもなく、住みたい所にたまたま昔からトラが住み着いてるだけで…

北海道でもそう、散歩してたらたまたまトドに遭遇しただけで…
今住んでる所も、住みたかった所にたまたまパンダが生息してただけで…
自分でも気づかないうちに変わった所を選んでいるみたいです。

世界の僻地にお住まいの皆さん、皆さんのお住まいはどうですか。
そして今の寂しさ度数、逆に幸福度数はどんなもんでしょう?
私の寂しさ度数はピークです。でももうここまで来たら後には引けません。(どこまで?)
幸福度数は上昇中です。もう投げやりになってるのか本当に幸福なのか自分でも判断出来かねます。

世界の僻地情報をお待ちしております!!

ユーザーID:5909779103

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数28

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 僻地には住んでないけど…

    トピ主さんがなぜそんな所に住むようになったのか、その経緯が
    知りたいです

    ユーザーID:3763084537

  • そんなトピ主さんのご職業に興味があります・・・

    研究職ですか?

    でも、北海道に出稼ぎ・・・?
    農業系?

    開発援助なのかな・・・?

    うーん、謎だ(笑

    あ、でも答えていただかなくてもいいですよ。
    余計な詮索なのは分かってますので。

    ユーザーID:6111189617

  • 西アジア在住です

    結婚でこの国在住12年、一番近い日本人の所まで車で1時間程度。(交流はありません)。日本人の友達は1人もいません。寂しさはもうすっかり慣れました。

    友達がほしいほしいと思ってブログをやったりSNSに参加したりもしていました。首都で開催される日本人会に泊りがけで行った事もありますが、既にグループが出来上がっているためものすごいアウェー感。話せた人もいましたが、物珍しさからアレコレ聞かれただけで、その後の付き合いには繋がりませんでした。

    ここまで誰もいないと、「じゃ、友達ってなんのために必要なの?」ってことになり、「友達は要らない」という結論に達し、ブログもSNSも全て辞めました。元々「女の子グループ」が苦手だったので、今の生活は合っています。
    逆に日本人がいないから外見なんてどうでもよくなり、すごくラクです。仕事もしているので完全引きこもりっていうわけでもないし、何よりも小町があるし。
    リアルの友達は要りません。

    あ、電気水道などのインフラは大丈夫です。パンダ、いいですねぇ。

    ユーザーID:9138606584

  • 僻地じゃないけどパンダが好き

    東京住まいなのに、すみません。
    パンダが好きで北京に行ったときにぬいぐるみを買いました。
    北海道に行ったときに知床半島の丘の上から海岸に鮭が来て泳いでいるのを見たことがあります。トドも見たかったです。
    昔瀬戸内海の小島で野生のうさぎは見たことがあります。イギリスでもウサギやキジやリスはしょっちゅう見かけました。

    そういえば父親が戦争中にジャングルで虎と会ったそうです。しばらくにらみ合いをしたら、虎がくるりと向きを変えてジャングルに消えていったそうです。おかげで私も産まれることができました。

    ユーザーID:4141896360

  • ヨコですが

    「別にトラと暮らしたいわけでもなんでもなく、住みたい所にたまたま昔からトラが住み着いてるだけで…」なんて、そこはかとなくユーモアのただよういくつもの文章を拝見して感心しました。

    そういう風に物事を少し別の角度から見てみる余裕のあるトピ主さんでしたらいろいろと大変な状況にも上手に対応していらっしゃれると思いますよ。(トラの方でも「あれ、オレ様の領土にヒトがきたぞ」なんて思ってるかもしれませんね)

    お友達の「あんたそんな所大好きでしょ。」というのも、トピ主さんのそういう個性を見てのことではないでしょうか。

    私は僻地住まいではないですが、幸福度は「現地生活への慣れ度」と「現地語の理解力と会話能力」が上がるにつれて確実に上昇しました。

    といっても母国でない事には変わりないので、つくづく不幸だと思う事も時々ありますが、逆に、日本にずっといたら今の生活のたまらない面白さも得られなかったはずなので、後悔をしているというわけではありません。両方は得られません。

    淋しくなったら無理はせずに、時々帰国できるような態勢をとられて燃料補給をなさるといいと思います。

    ユーザーID:3916805374

  • 旅行・国内外の地域情報ランキング

    一覧
  • かつて住んでました

    オセアニア某国の超へき地に都合1年ほど住んでたことがります。
    30年ほど前の話なので恐縮ですが、電話も近所(ったって隣の家まで4〜5キロ)へかけるのさえ
    直通じゃなくてオペレーターを通さなければならず、テレビのチャンネルも2つ、しかも放送が
    朝7時から夜9時まで。学校まで片道30キロぐらいあって毎日1時間半ぐらいかけて通ってました。
    楽しかったですけどね。
    あ、思い出した、日本に国際電話ももちろんオペレーターに申し込むんですが、つながるまで
    30分から1時間待たなくてはなりませんでした。
    現在はやっぱり海外ですが、あそこに比べたら相当開けてるところに住んでますが、ときどき
    あの羊や牛、カンガルーの数のほうが人間よりずっと多かったおおらかな生活が懐かしくなります。

    ユーザーID:9740899136

  • 私も、僻地には住んでいませんが…。

    夫がパンダに似ております。あぁ、でも本物のパンダが見たい!野生のパンダが見れるトピ主さんが羨ましいです。パンダ好きにはたまらない環境ですね。やっぱりアレですか?道を歩いていると道端で、パンダが笹をかじっていたりするのでしょうか?コンクリートジャングルに住む私には夢のまた夢です。久しぶりに楽しそうなトピですね。トピ主さん、虎の糞にならないようにお体ご自愛下さいませ。

    ユーザーID:1015966763

  • 私も経緯を知りたい。

    パンダのいる省ではありませんが、同じ国の工業地帯なくせにド田舎、という地域に住んでいたことがあります。誇張ではなく、本当に猫サイズのネズミが一杯いるところでした。

    交通機関は夜7時に終わるスリだらけのコ汚いバスか、見知らぬおっちゃん運転手の背中にしがみついて跨るバイクタクシーのみ。そこよりもっと僻地からの出稼ぎ労働者に囲まれて、彼らの世界観を知れて面白かった反面、そういう潤いのない生活は辛かったです。精神が時々、荒むんですよね。

    今は同じ省内ですが、全国でも有数の都市部に引っ越しました。ここでは年々、日本を含め海外の物品が増え、一年ごとに便利になって行きます。物質および食の面では全く心の平安が乱されないレベルで、最近では帰国の必要性もあまり感じないほどです。

    しかし一旦こんなところに住んでしまうと、もう元には戻れないですね。夜行バスで30時間移動とか、長距離列車のハードベッドで人民にもまれて3泊4日なんて、二度と無理です(笑)。人間って、一度でも楽なほうに流れたらもう駄目なんだなぁと実感しています(私だけ?)。

    どうぞトラに食われぬよう、頑張ってください(笑)。

    ユーザーID:1570864303

  • インターネット

    そんな僻地にお住まいでもインターネットは出来るんですか?

    私も海外に住んでいます。もの凄い田舎ですが、一応先進国です。
    野生動物はシカとハリネズミくらいですかね

    そういえば年末年始のテレビで、中央アジアの国で(国名忘れました)首都からバスと電車を(それもいつ崖に落ちてもおかしくないようなコワい道を延々と走る)乗り継いで、着いた街から歩いて1時間以上の所に若い日本人女性が住んでいるのを観ました。最近水道が通ったと言ってたな。
    お風呂が家にないので、洗面器みたいなので体を洗っている、と話していたような。

    一体パスポートの書き換えの時はどうするんだろう、と余計な心配をしてしまいました

    ユーザーID:5770661540

  • 僻地、というほどではありませんが、、

    私もトピ主さんが現在「寂しさ度数ピーク」なのに、なぜ今パンダ地域に住み、さらにトラ地域に引っ越しするのか、、、ナゾが多くて気になります。

    ちなみに私はパンダ、トラより劣り(?)ますが、アライグマ、ヘビ、アルマジロ、ハゲタカ、クーガー、イノシシ、スカンクが現れる地域に住んでいます。僻地というより、ただの田舎なんですけどね。
    寂しさ度は5%くらいかな?(昨年身内の者が亡くなったこともあり、、)でも幸福度100%です。大切な家族がいる事と、幸運にも仕事や友人に恵まれて毎日充実した生活を送っているからです。日本の物もネットで購入できますし、スカイプで日本の友人とも「会える」しね!

    ユーザーID:1442566085

  • 一体、どんな職種?

    他の方が、おっしゃっているように、どうしてそんな所に住む経緯になったのか
    そっちの方が、興味あります。
    お仕事だとしたら、どんな仕事なんだろう?

    絶滅する動物達の生態を調べる、リサーチするお仕事でしょうか?
    まさか、仙人になりたい・・・とか言うんじゃないでしょうね。(笑)

    ユーザーID:8400853370

  • エクストリームハイキング

    10年ほど前まで数年間、もんのっすっごーーーい僻地に住んでいました。

    楽しみは週末のハイキング。究極のハイキングとでも言いましょうか。
    ひょんなことから『昔○国軍特別部隊員でした』なおっちゃんや強烈な気象現象の観測と研究をする人たちの同好会に引き回されるはめになって。

    もともと健康で体力はあったのですけれど、それでもそのハイキングについて行く為に毎日運動してました。足は痣だらけ。傷んだバナナ状態な日々。

    それでも楽しかったし、貴重な体験だったな〜と思い出します。

    道無き山の中、連続している滝の滝登り、地図なし前人未踏の洞窟(迷ったことあり。死ぬかもと思った)、引潮時に櫛の歯のようになっている珊瑚礁の上を歩いて、この世の物とは思えないほどカラフルな珊瑚と大きな魚を見たり。ジャングルを抜けて着いた海岸は、ボディーサーフィンをするのにピッタリな波が。海に入って丁度いいのが来たところで、浜に向かって全力で泳ぐと体が波に乗れます。そのまま気持ちの良いスリルあるスピードで海岸まで波に運ばれる快感!潮にのまれると非常に危険だったけど。

    月〜金は仕事してました。

    ユーザーID:5804986108

  • 僻地ではないですが

    私も動物園ですら見た事ない生き物に遭遇する事はあります。ポッサムを初めて見た時は、伝説の世界の生き物が地球上におりてきたのか?と本気で思ったくらいびっくりしました。なんせ尻尾はラットのようで、体は猫っぽかったですから、私にしてみれば妖怪とさして違いはありませんでした。(笑)コヨーテも見たなぁ。まぁあれは中型犬と大差ありませんでしたが。野うさぎもあちこちで見かけるし、リスもたくさんいます。夜間スカンクを目の前で見、かつスプレーされた(直撃は免れましたが)事もあります。ここはある程度の大きさのある中都市なんですけどねぇ。
    野生のアシカも見る事出来ます。日本では名前しか聞いた事なかった鳥にも出会えます。
    ところでトピ主さん、そんな僻地でどんなお仕事されてるんでしょうか?そちらの方が興味あります。それともご実家が裕福でお金の心配はないんでしょうか???

    ユーザーID:0704121615

  • 僻地だと思ってたけど

    とても田舎なので自分が住んでいるのは僻地だと思ってましたが
    トピ主さんの言う「僻地」とは随分違うようです。

    でも、娯楽ないですし、日本人は我が家以外いません。
    一応インフラはそこそこ整っていますが
    羊、馬、牛は居まして、ネットは「光」なんてないところです。

    主さんの言う「僻地」でネットが使えるのが
    すごい、と変に感心しました。

    住みたいと思う場所にばかり住める人がいるんですね。
    普通はなんらかの事情が先立って(仕事、配偶者など)
    住む場所が決まったりしますが。
    主さんは住みたいところの基準って何でしょう?

    住みたいところに住んで娯楽がないというのがなんとも
    矛盾しているような気がして面白いです。
    住みたいところに住んでいることが既に娯楽という感じがしました(笑)

    ところで僻地では何を食べて暮らしているのですか?
    教えて頂けたら嬉しいです。

    私はある材料で日本食を心がけていますが、
    主さんの言う僻地では何が食せるか興味津々です。

    ユーザーID:0424638123

  • 僻地かどうか分からないけど

    自宅玄関から海外の居住地までドア2ドアで30時間ぐらいです。日本国内移動や乗り継ぎ待ち時間にも結構時間がかかります。野生のパンダはいませんが、飼われているはずなんですがなんとなくのらラクダっぽいラクダを見ることはあります。非西洋圏の田舎なんだから、僻地の部類かな。

    日本人は周りに結構いるし、ネットを使えば日本とも映像でやり取りできるのでそれほど寂しくありません。娯楽はほとんどありませんが、それなりに楽しくやっています。

    この国の国の動かし方は日本と全く違います。日本の民主主義の皮を被った個人主義(わがまま主義)との対比は面白いですよ。

    ユーザーID:6220017573

  • 僻地って?

    トピ主さんは中国の片田舎あたりにお住まいなのでしょうか?
    >世界の僻地
    って言っても最近はどこでもネットでつながってますし、北極でさえも、常時数千人もの人が住んでいるので、水道、電気が通っていればかなり良い方なんじゃないですか?
    >トラの住む山
    って言ったって、日本でも山の近くは熊もでますし。世界の僻地ってどういう所があるんでしょうね。

    ユーザーID:6415779692

  • 負けません!

    世界の僻地を転々としています。つい最近まで野生ラクダが住む国で、砂漠へのピクニックでラクダ肉のバーガー食べたりしていました。その前は冬がマイナス60度に達するとある国で夜空にオーロラ見ながら散歩していました。今はとある南国で庭に出てくるコブラやキッチンの窓からあわよくば侵入し食べ物を狙う猿、子供の部屋の窓に張り付くタランチュラやこうもりと格闘する日々です。わっはっは。

    ユーザーID:3004508693

  • 先進国ですが

    南半球某国に住んでいます。
    先進国ではありますが、私の町は人口800人、そのうち先住民が70%ほど。夫婦そろって教師していますが、州の教育省の「へき地リスト」に堂々載っています。笑

    ワニがいるため近くの川で泳げません。。ヘビ、ハリネズミ、ゴアナ、野生動物はたくさんいます。

    私の町に日本人は私だけですが、タイ人やフィリピン人がいます。アジア人同士、何か通ずるものがありますね。100キロ先の町には日本人が何人かいますし、バックパッカーであふれる町です。だから、それほど「へき地感」はありません。こうしてネットが使えますし。

    ただ・・・おいしい食べ物に飢えますねえ。外食したって高くておいしくないですから、自分で頑張ってもやっぱり飽きちゃうんです。アジア食品店もないし。

    「日本人」に恋しくなる時がありますが、逆に大きな町の日本人ネットワークから離れているほうが面倒くさくなくていいです。

    ユーザーID:4037400179

  • 今は昔

    今現在ではないのですが、僻地というか、大変不便なところに住んでました。

    お隣まで山道うねうねと30分、水道管・ガスの配管、来てません。
    プロパンガス、水タンクが庭にありました。
    テレビは観れたけれど、天気が悪いとすぐにカットされました。
    インターネットは使えたけれど、ダイアルアップのみなので、動画も見れず。

    野生動物も良く見たけど、幸い危険なものはいませんでした。
    ふくろうが納屋に住んでいました。

    誰でも知っている先進国の話です。
    この国の人に住んでいた場所の話をすると、うらやましがられますが、
    正直な話日本人の私には幸福度0でしたね〜。寂しさ度は・・・あまり感じなかったです。
    もともと一人でいることが好きなたちなので。

    冬は運転するのが怖いのでほぼ引きこもり生活です。
    ガスも水もタンクなので、好きなだけ使えないから料理も限られました。
    イライラ度はピークに達したので、2年で引っ越しました。

    ユーザーID:9279961631

  • 自分のことでなくて恐縮ですが・・・・

    私の伯父が住んでいる島は、
    人よりたぬきのほうが多いそうです。

    ユーザーID:8471710486

  • わ、やっぱりいましたね、ツワモノが。

    私が言うのもなんですが、「この物好きが!」って言いたくなるくらい変な所に住んでいる人達がいるんですね。
    日本人もまだまだ捨てたもんじゃない!がんばれ日本人!

    私は一応働いていて日本のサラリーマンの平均年収分くらいもらっています。
    でも動物研究とか全然興味ありません、すみません。
    こんな所に住んでいますが、毎日ちゃんと化粧してます。
    髪はロングで巻き髪(デジパだけど毎日ちゃんと捲いてます)、ちょっとだけ茶色です。
    でももうおばちゃんです。30代後半、高校生の息子がいます。
    (息子は別の国にいますけど、口癖は「母ちゃん勘弁してくれよ」です)

    見奇麗にしているのは、仕事以外何にもすることがないので、毎日マニキュアの色変えてみたり、こんなことしか楽しみがないからです。実際ちょっと楽しいです。

    引き続き国内外問わず、僻地の皆様のお便りをお待ちしております。
    それから、皆様の暇つぶしも教えていただけたら嬉しいです。
    よろしくお願いします。

    ユーザーID:5909779103

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • 以前ですが

    現在は、ある程度日本人のいるところに住んでいますが、数年前まで5年強、国全体で在留邦人が1桁、というところに住んでいました。

    しかも首都から丸1日以上かかる僻地で、水道、電気、ガス、すべて無し。
    トイレは村はずれの「穴」。
    ご近所の家屋が象に踏み潰されたり、騒音で夜中に目を覚まし窓の外見ると、大きな動物同士が戦っていた、なんてことも。
    ネットは首都に行ったときに、現地の日本人宅でやらせてもらってました。

    今住んでいる国もたいがい発展途上国ですが、私に言わせたらすっごく都会。
    みんなが不満をもらすインフラ整備の遅れも全く気になりません。

    あそこでの生活で、「足るを知る」という心持ちを学べました。

    ユーザーID:7212402335

  • 僻地ではありませんが、私の暇つぶし法

    北米のとある都市の郊外住宅地に住んでます。
    動物は野ウサギ、リス、スカンク、イタチ、アライグマ、マーモットなどが出没しますが、
    ネットも使えるしアジア食材も手に入るし、不便ではないです。

    ・・・が、現在職探し中&ど貧乏なため、娯楽に使えるお金はほとんどありません。
    日本語の本が恋しいです。

    ・・・そこで、時間だけは有り余る私が開発した暇つぶし方法が、「自分で本を書く」です!
    もっている数少ない日本の本は何度も何度も読み返して飽きちゃったし・・・。
    別に傑作である必要はなく、読めさえすれば何でもいいので。
    今までに読んだ本で結末が気に入らなかった話を、その部分だけ書き換えたりとか。
    結構楽しいですよ。

    あと、お玉をマイク代わりに、ベッドをステージ代わりに、
    知っている歌を熱唱し続ける「ひとり歌手ごっこ」もかなり楽しいです。
    観客は飼っている犬のみですが、一応真剣に聞いてくれているように思えます。

    ユーザーID:2001146671

  • ああん、トピ主さんてば

    文章の引きがお上手っ

    何の仕事ーっ
    ご結婚されてるんですねー そちらで?日本で??今は単身??ご一緒???
    息子さんも海外なんですねー かっこいいー

    トピ主さんのプロフィールが気になるぅ

    私自身は地元(東京下町)密着ですが、親友が北欧の突端のオーロラの見える村で、ひとり日本人やってます。
    ホームシックになって、時折、迷惑な時間に電話してきます。

    ユーザーID:8204519471

  • 私ではないけれど・・・

    楽しいトピですねー。
    読むだけでも楽しいので、なくならないでほしいです。

    で、10数年前ですが、南米に旅行に行きました。とても辺鄙なところで、かなりの田舎です。
    ですが、そこに、日本人のご老人が居住していらっしました。
    お会いはしてませんが、ホテルの人が言ってました。

    なんだか、頼もしく思えましたね。
    友人と、夜頑張れ日本人!!!
    と、乾杯しました。

    ユーザーID:8383900909

  • レスありがとうございます

    パオ様の「足るを知る」、今実感しています。
    お風呂につかりたい様、「本を書く」は友達が実行していて、時々私に送ってくるので失礼ながらも批評を書かせてもらっています。
    「ひとり歌手」はすでに欠かせない私の趣味です。観客は鏡に映った自分のみ、5時間はいけます。

    私の暇つぶしはあと旅行くらいでしょうか。アメリカとかヨーロッパとか1回も言ったことがないのですが、いわゆる発展していない国が好きでよく行きます。先日は「国民の97%が幸せ」と言われている国へ行ってきました。やっぱり何もなかったです。5人位の人に「私をあなたの国へ連れて行って、結婚してもいい」と言われました。日本人とあの国の人が思う幸せの基準も違うんですね。日本人は自国に満足していなくても日本に住み続けたい人が多数ですものね。
    それと、あっちの犬は本当に可愛い!宗教上の理由で野良犬が何匹もウロウロしていますが全部可愛い、連れて帰りたかったです。
    車で5時間でインド到着、国境付近の街へはビザ無しOKだとか。
    山へ馬で登ってお寺見学はちょっと面白かったかも。こういう所が好きな方は是非どうぞ。

    ユーザーID:5909779103

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • 二度目です。ああ、身奇麗・・・

    見習わないといけないですね。私はすっかりテキトーに慣れてしまいました。
    女を捨てる捨てないよりも、外見は日本人を捨てたって感じです。

    私が住んでいる地域は、外務省に「渡航の是非を検討して下さい」と年中言われている場所です。それだけに「なんでそんな所に日本人が・・・」って思われるんですが、私にしたらこの国の首都の方がよほど怖いですよ。交通ルールはムチャクチャだったり、とにかく治安が悪かったり。
    私の住む地域は、何しろ私しか日本人がいないので、たぶん、僻地の皆さん、どなたもそうだと思いますが、「ああ、あの日本人か」って感じで顔見知りばっかり。どこに行っても「よぉ!」って声を掛けられます。夜に1人で歩いていても全然平気ですから。

    暇つぶしはネットです。親切な日本人の方達がドラマや映画をアップロードしてくれるのでリアルタイムで楽しめるんで、家ではそればっかりです。

    ユーザーID:9138606584

  • 私も参加させて!

    北半球の文明国ですが、山奥です。

    水は泉から引いています。
    ガスはプロパン。
    補充の車が入れないので、小さいタンクをトラックに積んで、
    10キロ向こうのカウントリーストアまで買いに行きます。
    電気はソーラーパネルとガソリンの発電機。
    ガソリンも、カウントリーストアで買えます。
    電話線どころか電波も届きません。
    ディッシュで日本語放送のテレビが見られ、
    別のディッシュで、去年初めてインターネットに繋がれました。
    暇つぶしは、街の友人に送って貰う本が主でしたが、
    近頃は、インターネット! 小町で明け暮れています。

    熊、鹿、山猫、山嵐、オポッサム、猪、野兎、ガラガラヘビ、サソリ、栗鼠、その他。
    家の床下では、アライグマとスカンクと野良猫が居住権を争い合っています。

    一番近いお店と郵便局は、上記の10キロ先。
    スーパーマーケットと銀行までは100キロ、
    日系スーパーまでは500キロですが、
    インターネットで買えるようになり、大助かりです。
    以前は郵送での注文でしたので、
    届くまで注文が届いたか否かすら分かりませんでした。

    連れ合いも居り、寂しくないので、幸せ度100%です。

    どうだ!

    ユーザーID:8965025163

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧