国際結婚の何が大変?

レス106
お気に入り116
トピ主のみ5

50:50

男女

はじめまして。
30代、既婚、子供7歳の50:50と申します。

時々、国際結婚は色々大変な事が多いという発言を小町でも見かけます。
でも、その「色々」が具体的に書いていないので実際何が大変なのか、ちっともわかりません。
国際結婚ってそんなに特別大変な事なのでしょうか?
私からみると、日本同士の結婚も国際結婚も大差ないような。
日本人夫婦も、それぞれ考え方、育った環境、価値観、色んな事が違いますよね?
国際結婚ならではの、苦労話をおしえていただけませんか?
よろしくお願いします。

ユーザーID:3065436160

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数106

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ではひとつだけ

    カナダ人と結婚して、日本に住んでいます。子供が3人います。
    夫のサラリーは、至って普通の日本人と同じです。

    何がたいへんかって?

    カナダの実家に帰るのにお金がかかりすぎる事です。
    飛行機代だけで、何十万。安い時期に行けばいいとは言っても、学校がある時は無理だし、それに冬は寒過ぎて、行けない。結局、気候のいい夏しか行けないから、飛行機代がかかりすぎる事になる。

    いろんな人からいろいろ出ると思うよ。

    私自身は国際結婚だからといって、特別そんなに大変だとは思っていないよ。それはたぶん主人が日本語に問題なく、いい人だから。
    つまり結婚って何国人という問題より、やっぱり個人と個人の問題だからね。

    ユーザーID:9697011964

  • 書類・言葉・文化・生活

    アメリカ人と結婚しています。結婚するための書類、ビザの書類、お金、結婚して一緒に暮らすためだけでも膨大な作業とお金がかかります。日本では婚姻届を出すだけですよね。
    また、文化の違いを認め合って理解しあう事も大事です。

    自分が結婚後、国際結婚は大変!って思ったことは無いですが、書類関係と文化の違いは結構大変だと思いますね。
    特にビザ関係はお金も数万では利かない、最低でも15万ぐらいは手続きでかかりますし、国際引越しだって最低でも数十万かかります。

    一回の帰省にもかなりのお金がかかるので、身内の不幸が続いた日には本当に大変です。親の死に目にも会えません。
    日本のように保険制度が充実している国であれば
    子育ても出産も保険適用である程度安全に行けますが
    アメリカなどでは医療費が物凄くかかるので
    日本人感覚で住むとえらい目に遭います。

    また、相手の親や親戚の言語が自分のパートナーの言語と違う事も多々あります。例えば夫は英語を話すので夫婦の会話は英語であっても、血がフランス人だから義父母や親戚はフランス語、など。
    こういう場合は親戚づきあいもストレスになります。

    長いので続きます。

    ユーザーID:2427631195

  • 書類・言葉・文化・生活 続き

    あとは、どちらの国に住んでも夫婦喧嘩した時簡単に飛び出せないという状況も多々あります。
    実家に帰ります、とはいきませんし。

    仕事の事もそう、文化の違いですがアメリカでは医師の妻であろうが
    会社社長の妻であろうがフルタイムできちんと働いてる妻がほとんどです。
    日本のように専業主婦が多くいません。

    そのような文化の人と結婚した場合、
    向こうからすれば「働くのが当たり前」なので
    言葉に不安があろうが子供がいようが働く事を求められるケースは多々あります。
    あとは子供の言語をどうするか、子供のナショナリティをどうするか。
    日本は2重国籍を認めていませんので、子供が成人する時にはどちらの国籍を取るか決めなければいけません。

    日本人同士だと起こらない問題は多々あります。
    文化の違いで喧嘩になることもあるでしょう。
    これが日本人だったら、と思うことも多々あるでしょうね。

    ただ、それと同時に外国人で良かった、と思えることも多々あるから
    今の生活があるんだと思います。
    どの国の人と結婚しても、お互いリスペクトしあえる関係出なければ結婚生活は大変だと思いますけどね。

    ユーザーID:2427631195

  • こんな感じです

    国際結婚といっても、日本に住んでいる人と、海外(配偶者の国やそれ以外)に住んでいる人とではまた違いますが、一番大変な部分は、
    海外に住んでいる場合、万が一離婚した場合が大変です。離婚する際に揉めると裁判費用が膨大にかかったり、
    親権の問題で、日本には帰って来れなかったりします。

    他には、海外に住んでいる苦労でしょうか。
    ・日本への里帰りにお金が数十万単位でかかるので、経済的な負担がある。
    ・親や家族の死に目に会えない可能性が高い。
    ・親の介護や面倒を見るために単身帰国するなど、国内に住んでいるのと違って負担が大きい。
    ・義理の家族や親戚との文化的違い
    ・現地語が堪能でないと、現地人に相手にされないこと
    ・若い時はいいが、年取って来ると日本へのホームシックがひどくなる人も
    ・どちらの国に住んだとしても、外国人として住んでいる方には偏見やステレオタイプがついてまわること

    ユーザーID:4027280797

  • そこそこ大変?

    当方 在米です。 
    結婚する前から7年間アメリカに住んでいたので、夫との価値観とか 生活の違いで大変だったことは殆どないです。 
    特に大変だったのは ビザの取得(グリーンカード)。 結婚式をどうするか。(アメリカか日本か)
    何をするにでももっとお金と時間がかかる気がします。

    気持ち的に大変なのは。。。。やっぱ日本(実家)が遠いですね。 
    田舎に住んでいるので飛行機+車で日本まで22時間かかります。 たまにふっと親の顔でも見に行こうか〜っていう感じじゃないですよね。。。

    私の場合は住み慣れた場所に永住となったので、そこまで大変じゃないと思いますが。。。 
    もし言葉もわからないような場所で 1から始めろって言われたら 私は無理だと思います。(笑

    ユーザーID:3912640703

  • 直接の答えでなくて申し訳ありませんが、

    在欧で日本語を話せない外国人男性と国際恋愛しています。

    日本在住日本語ペラペラの外国人男性と知り合う機会がありまして、
    私もつい口走ってしまいました。
    「日本に住んでて日本語話せて、何が大変なのか、ちっともわからない!」と。
    その外国人男性は「そんなことはない」としょんぼりしていました。
    ごめんなさい。この場をお借りして謝ります。

    ユーザーID:9422535021

  • 何が特に大変なんでしょうね

    私も知りたいです。40年近く国際結婚というのをしていますが、未だに
    日本人同士の結婚と大変さがどう違うのかわかりません。日本人と結婚した
    ことがないので比べられないだけかもしれませんが。

    私が結婚した頃は「女はお嫁に行って婚家の人になる」という考えがまだ
    残っていた時代だったので、異なる言葉や文化や習慣も、それが婚家の
    「しきたり」なんだと思って覚えました。(嫁いびりに相当するようなことが
    なかったのが幸いだったと言えるでしょうか。)

    長い相臺いろいろありましたが、小町で日本人同士の夫婦問題のトピックを
    読むたびに、うちでも似たようなことがあって大変だったなあと思い出すので、
    国際結婚だから大変だったわけでもなさそうです。恋愛と違って、結婚生活は
    大変ですよね、誰が相手でも。ただし、夫婦間の根本的な問題を直視したくない
    ときに「国際結婚だから」というのは便利な理由になりますね。

    でも、トピ主さんがおっしゃる通り、本質的に大差はないと思います。だから
    具体的な「色々」が出てこないのではないでしょうか。

    ユーザーID:7215451900

  • 確かに日本人同士でも違うけど

    東京のど真ん中のサラリーマン家庭の人と、九州の山奥の自営業の人では、金銭感覚も土地の好みも、食事も家事の仕方も、親兄弟についての考え方も、けっこう違うでしょうね。

    私の相手は日本人になじみの深い西欧の国の人で、家事も料理もできるし味覚も似ている(どっちの国の料理も、エスニックも好き!!!)し、お互い宗教にはあっさりしているし、女性が働くことについてはどっちでもいいみたいだし、あまり違和感がないですね。「人と人」としては、日本人同士よりも隔たりがないように感じます。言葉は私が相手国の言葉を話しますが母国語ではないので、フェアでないといえばフェアでないですね。

    それよりも、国をまたいだ結婚となるとたいてい、どちらかの国を選んで住むことになりますね。日本は島国だからほぼ必ず飛行機での移動が必要で、片方はなかなか自国に帰りにくく、親にもなかなか会えないですね。

    あと、日本国内では感じられないアジア人差別のようなものが感じられる場所があります。あと、これが一番厄介だと思いますが、法律が違います。有事の際に日本とはまったく法律が違うことに気付き慌てたりすることになります。

    ユーザーID:4932108028

  • 推測の域を超えませんが

    30代既婚男性です。

    国際結婚ではないですので、苦労しそうだとおもうことの列挙しか出来ませんが。

    1. 文化や宗教の違い
     国によって大きく変わりますので、一般化できませんがかなり影響があると思います。

    2. 国籍の問題
     結婚したときにどうするのか、また子どもも別途考える必要あり
     これも国によって違うと思います。

    3. 子どもがいる場合の離婚時の問題
     子どもとともに国に帰られたら?

    4. 生活の壁
     いずれかの出身国で生活するのが一般的かなと思いますが、観光と違い生活する
    上ではその社会の輪に入る上で様々な苦労をしそうです。もちろん出身国でない方が。

    などのように法律面、文化、宗教、生活面で、日本人同士での結婚と違う大変さは
    出てくるのかなぁと思います。
    日本人同士でもトピ主さんがおっしゃられるような店で苦労する可能性はありますが、それにプラスαな苦労が増えるのかな?と思います。

    ユーザーID:3543821251

  • 国際結婚した者です。

    国際結婚2年目です。

    現在主人の国に住んでいますが、一番は言葉の壁です。
    主人の友達や家族との会話に話すスピードが早すぎてついていけません、なのでいつも孤立した感じです。
    また自分の意見や細かな感情表現が日本語の様に上手に説明出来ない事もストレスになります。

    二番目は会いたい時に日本の家族や友達と会えません。
    最初にこの国に来た時は主人以外に誰も知り合いがいなかったので<今は数人話せる友達が出来ましたが>かなり寂しくて落ち込んでいました。それと、今はまだ両親が若くて元気ですがこの先年老いた事を考えると、私は一人っ子なので不安です。

    確かに同国人同士の結婚もそれぞれ考え方、育った環境、価値観、色んな事が違いますが、国際結婚となればそれ以上に違って来ます。

    私の友達が国際結婚をしてどうしてもその国になじめずに離婚を申し出たそうですが、その国は法律で離婚は出来ないそうです。
    悩みに悩んで彼女は日本に帰国して日本の法律の下で離婚しましたのがその国では結婚したままになっています。
    国際結婚よりも国際離婚の方が相当大変です。

    ユーザーID:7985301433

  • 国際結婚は特別ではないと思います

    おっしゃるとおり、どんな結婚もそれなりに大変で、国際結婚だからって特別だとは思いません。
    敢えて挙げるなら、下記の点で少し大変さが「増す」かも知れません。

    ・相手の国に住む場合、実家に帰省する際にお金がかかる(韓国など近場は除く)
    ・相手の国に住み働く場合、現地で仕事を見つけねばならないので語学の問題が絡んでくる
    ・将来、子供の国籍をどうするかという問題
    ・相手の国→日本にいずれ帰る予定の場合、子供の語学教育問題

    こんなところでしょうか?

    私自身、国際結婚して現地に住んでますが、まだ子供がいないので特に大変とは思いません。

    日本人とも付き合いましたが、性格合わない人とは合わないし、今の夫とは驚くほど性格が合うので一緒にいて苦にならず楽しいです。

    ユーザーID:5057558129

  • 外国の母

    >日本人夫婦も、それぞれ考え方、育った環境、価値観、色んな事が違いますよね
    50:50さんのおっしゃる事もわかります、が、同じ国での価値観の違いはやっぱりある程度想定の範囲内なんですよ。
    違う国、特に大陸が違うと価値観は想像のななめ上を行きます。東アジア同士はやはり少し似てる部分があるのでわかりあえる事も多いですが、逆に似てるのに違う所で逆にイラッとします(私は)。
    日本人同士でしたら少数派な価値観を持ってる人にはその考え方は正しい正しくないができると思うのですが、違う国ですと双方自分の環境ではそれが常識であり、普通。どっちも正しいので理解できない事も文化が違うというのみで納得するしかないです。

    色々思いつき過ぎてとても500字以内におさめきれませんが、今私が悩んでいる事は子供の教育です。
    主人はA国人私日本人の在米です。米式A国式日本式どう折り合いをつけていけばいいか考えてます。
    あと私はスポーツには全く興味が無いのに、子供がA国対日本でA国応援してるとムカッとします。

    でも国際結婚は基本私には楽しいです。主人が外国人だから感じてる魅力も絶対あります。

    ユーザーID:1533745023

  • 大変でした

    国際結婚してちょうど7年です。
    まずは言葉。英語圏に住んでいますが、結婚当初は英語がままならなかったのでコミュニケーションを取るのが大変でした。言ってる事がお互い解らないので、だんだんイライラして会話が減ってました。
    英語は割りとストレートに表現するので、意味だけ取ると「なんでそんな事言うの?」と落ち込んだりします。相手はそれを意図していなかったりするんですが、英語を母国語としない人間からしたら「??」が多いです。
    あとは生活習慣・文化の違いから、誤解や理解出来なかったりする事。
    現地に住んでる人達ともコミュニケーションが図れないと孤立した気分になります。

    これに耐えられないと『日本に帰りたーい』ってなるんだと思います。日本に住んでる外国人も「母国に帰りたーい」ってなるんじゃないでしょうか?

    まぁ一番は「言葉」ですかねぇ。
    日本食から離れられない人は大変だと思います。その点私は全然平気ですけれど。

    全てに慣れた今は問題無いし、大変さは人それぞれかも知れませんね。

    ユーザーID:9839234110

  • おっしゃるとおりです

    国際も国内も結婚生活の基本的な部分は変わらないと私も思います。ですので、しいて言えば日本行きのチケットが高いこと位ですかね。

    ユーザーID:6557856953

  • 一番大変なことは

    たしかに日本人夫婦でも色々大変なことありますよね
    国際結婚自体が大変って思うことはあまりないかな?ただ夫以外の人間との間に色々ありますね

    現在は米国暮らしです。夫は白人とアジア人のハーフなアメリカ人です
    日本ではアメリカ人と結婚して、冷たくされることも逆にものすごく丁重に扱われることもありました
    どうも アメリカ人と結婚=バーでナンパされた=尻軽女 と思い込む方と
    アメリカ人と聞くと無条件にガードが下がる方
    の2パターンの人に出会うことが多かったです

    こちらに来てからは、アジア人だということで差別されますね
    夫は日本で直接人種差別発言をされた経験がないので私の気持ちが理解できません
    「気にするな」の一言で片付けられてしまいます
    義母は白人なので、悪気はないようですがビックリ発言が目白押しです
    「日本なんかに生まれて可哀想に」なんて慰められました

    日本人夫婦にない苦労‥国際結婚ならではの私の問題はコレ↓
    私の義父、東南アジア出身なのですが幼少の頃「日本軍の捕虜収容所」にいたんです
    時々怖い顔してその頃の話をされたりします
    こればかりは、私もどうしたらいいのか…

    ユーザーID:8516639497

  • ちっともわからないなら・・・。

    ちっともわからないなら、もうわかる必要ないんじゃないですか?

    今までにあがった国際結婚のトピで結構詳しくコメントあがってますが、それを読んでもわからないってことですよね?

    日本内での文化の違い、価値観、環境のちがいは世界各国での違いとはレベルがちがうと思いますけど。

    それでも一緒になりたいという気持ちだけではなく、経済力や時間も必要です。

    紙一枚で婚姻が成立する日本とはちがいます。

    だからといって、日本人との結婚より大変よ!っと言ってまわることはしないけど、日本人と変わらないのでは?と思うトピ主さんに
    わざわざ説明をしたくはありません。

    あなたの価値観は30数年生きてきてのものなのだから、
    別にあなたに関係ない人のことを、近所の”情報屋スピーカーばばあ”みたいに聞いて回らなくてもいいんじゃないですか?

    ユーザーID:2440452528

  • 食事かなぁ

    結婚して十数年、未だに食事作りが大変です。

    私は、いか・たこ・ごぼう・レンコン・さんま・こんにゃく等毎日でも食べたいのですが、夫は絶対に食べません。

    毎日しょうゆ味だと夫は飽きるが、クリーム系は、私が食べたくない!
    しかも夫はダイエット中。ヨーロッパ人の割りに、おかずの品数が少ないと文句言うので、そりゃぁ大変です。毎日、夕食作りに3時間近くかかります。(手際悪すぎとも言う)

    また、明日も食事作り大変だ・・・・誰か代わってくれる?

    ユーザーID:6638836474

  • 一般的には

    言葉じゃないですかね。
    離婚するカップルを見ると、言葉があまりできない人が多いように思います。

    自分が外国語を話すか、相手が日本語を話すか、どちらの国に住むかで大きく変わってきますね。
    あと、外国人は良い職を探すのが大変(どの国でも)。これも言葉の度合いにも応じますが。だから経済的不安とか。
    あと、住む国が好きかどうか。これも語学の度合いと関係する問題ですが。いつも周りは自分のわからない言葉を話しているというストレスは大変なものだと思います。これは性格も関係してきます。私の持論では「国政結婚はネアカが向いている」です。もっともネアカの人でもウツ病になったりしますがね。

    お相手が日本語がぺらぺらで(=日本人のこともよく理解していて)、お相手が日本が好きで、二人で日本に住んでいて、相手に(お互い)確固とした収入のよい仕事があれば、それほど問題じゃないかもしれませんね(相手は大変かも)。

    ユーザーID:9748453412

  • 手続き自体が面倒

    結婚生活自体は、別にそうそう大変とも思いません。
    専業主婦ですし、まだ子供がいないので、よけいそう感じます。
    (子供が生まれたら、教育方針や宗教的なことで多少の問題が生じるでしょうが)

    欧州人と結婚してアジア某都市に住んでいるので楽してますが、これがアジア以外の地域だったりしたら、場合によっては人種差別まがいのこともいろいろと経験するので(あちらに悪気があるとは限りませんが)、気苦労が増えると思います。
    外国で仕事をするとなったら、それもまたいろいろと苦労があると思います。

    私の場合、とりあえず今のところ一番苦労したのは、結婚手続きそのものです。
    それから、外国に住むならビザの申請とか、そういうお役所系の諸々の手続きです。
    それでも自分はわりと楽な方だったとは思いますけれど。

    ユーザーID:1614706253

  • 法律

    外国籍の夫と結婚して6年目の者です。
    今まで彼以外と結婚した経験がないので、何が大変なのか比較する対象がないのですが。

    大変というより同国籍同士の婚姻よりも複雑になる理由は、個人的にはズバリ「法律」ではないかと。

    結婚・子供の誕生・保険・年金・税金、その他の手続きに関して二つの国が関係してくることだと思います。我家の場合は夫が二重国籍者なので(日本ではなく)こうなると3カ国の法律が関係してきます。移民法等も然り。

    まあ、結婚って、相手が誰であってもそれなりの「大変さ」は付き物ではないでしょうか。私には、男と女の差の方が国籍の差より大きく感じます。

    ユーザーID:4397295820

  • まあ色々ありますが。

    簡単に平均的な国際結婚の生活を解説してみましょう。

    以下のことを想像してみてください。トピ主さんの今の生活をすべて外国語で行い、スーパーに買い物に行っても日本のものは皆無、夫と子供は米嫌い。そして隣近所の皆さんはすべて外国人。義理の両親はもちろん日本語は話せません。でも毎年クリスマスは一週間、一緒に過ごします。プレゼントは義理家族分そろえて、彼の出身地にレッツゴー。お正月に日本なんて無理です。冬休みは2週間しかないので。日本に帰るのは、一年に一度。夫の稼ぎが悪ければ2、3年に一回ですね。帰省費用ぐらいは稼ごうと働けば、子供と過ごす時間が減るため、子供の日本語は、片言状態。おまけに、小学生になったとたん、日本語を話さなくなりました。

    夫の友人宅に招かれれば、もちろん、フルスピードで外国語会話。見たことも聞いたこともない子供の頃のテレビ番組の話で盛り上がる夫たち。飛び交うスラングのジョーク。さて次回はトピ主さんがお友達を招待する番です。

    日本語の堪能な旦那さんと日本に住むならいいですけどね、平均するとこんな生活です。
    あと、離婚しても日本に子供を連れて帰国は無理かな。

    ユーザーID:1623012489

  • 特に大変じゃない

    強いて言うなら「偏見の眼」がめんどくさいですかね。
    大小様のレスとほぼ同意見ですが、捕虜問題の部分が私の場合は「他人から吹っかけられる海洋問題」でした。
    日本にいると意識しないことを指摘されたりするので、不謹慎な場合もあるかもしれませんが、発見があって面白いですよ〜。

    ユーザーID:1233393366

  • どちらが相手に合わせるか

    どちらが相手に、どのくらい合わせるか!で大変か大変で無いか、
    当人の負担が変わると思います。
    主人はアジア出身で日本語ぺらぺら、今は日本国籍をとっているので
    日本人だから国際結婚になるのか不明ですが、彼は日本大好きなので
    日本食も、日本文化も、日本人気質さえも受け入れてくれています。
    だから私はとても楽してます。
    多分彼はキャパシティが広いので、私の生活スタイルさえも受け入れてくれているのが、私が大変さを感じていない理由だと思います。
    これは、個人差が多いと思うけど、やはり外国育ちだと他国の生活習慣等を受け入れられない人も多いかと思うので(もちろん日本人にもたくさんいると思います)、それが大変な理由かと思います。

    でも、主人の家族とは私が言葉できないせいで、まったくコミュニケーションできません。それが大変ですが、逆にできないならできないほうが、お互い嫌な思い(嫁姑問題等)しなくていいかな?とも思って、今は簡単な単語程度で会話してます。

    うちは実家が遠いのでお金がかかるのと、言葉くらいかな?あ、戦争時の日本軍の話が出ると、私も正直困ります…

    ユーザーID:8999083068

  • 言語が違うってことすらわからないのかしら?

    日仏カップルで結婚して、普段は英語で会話をしていたとします。

    でもお互いの国の言葉は流暢に話せない。

    でも結婚したらどちらかの国に住むことになる。

    言葉が通じないって本当に本当に大変ですよ。
    国内で、言葉が通じないからバカにされた経験あります?
    私は少なくともなかったです。

    でも国によりますが、クレームをつけた時に訛りのある現地語をバカにされることもあるんです。日本ではお客様の発音の揚げ足をとる・・・なんて信じられないでしょうが。日常的に割りとそういうことがよくある国も存在するんですよ。

    ちょっと想像すれば言語の問題程度考えつくかな、と思うのですがずいぶん視野の狭い方なのですね。

    ユーザーID:7600549141

  • 家を借りるとき

    当人同士のカルチャーギャップは 大変だけど 勉強になるし 楽しめる。
    周囲の目の 思い込みや偏見が めんどくさい。

    外見や国籍で差別する 不動産屋 家主が多くて。
    夫は 一見欧米系の顔。その時点までは み〜んな親切。
    にこやかに敬語まで。
    でも 非欧米系とわかると 一転。

    「非欧米系は 部屋がカレー臭くなるからやだ。」とか。
    スパイスを使わない国 使う国いろいろあるのになあ。
    自分の無知を棚に上げて上から目線。

    学校勤めとエンジニアだから 収入は安定してるし、
    病院経営の父が保証人になると言っても
    「無理 無理 無理 無理・・」と手で追い払うみたいに 
    最初とは打って変わった態度になる人の 多いこと多いこと。




      

    ユーザーID:8410622299

  • 多分。。。。

    たんたんたんさんのレスで>夫の友人宅に招かれれば、もちろん、フルスピードで外国語会話。見たことも聞いたこともない子供の頃のテレビ番組の話で盛り上がる夫たち。飛び交うスラングのジョーク。さて次回はトピ主さんがお友達を招待する番です。

    すみませんが、トピ主さんはスラングの意味も解らないのではないのでしょうか?

    だって、>実際何が大変なのか、ちっともわかりません ってレベルの人だもの。。。説明するだけ無駄ではないかな?

    ユーザーID:5725871204

  • 一番大変なのは距離

    欧州人と結婚し、夫の国に住んでいます。
    日本との時差8時間(冬場)、飛行機で約12時間、普段の生活では日本との距離を感じたことないですが、父の最期に立ち会えなかったことを今でも悔いています。
    日本にいる友人が、近くに住んでいたって、親の死に目に会えない人はいっぱいいるよ、と言っていましたし、実際に友人もお母様の最期には間に合わなかったそうです。
    でもやはり、悲しい思いをおさえて、延々と続くかに思われる機内での十数時間に堪え、、、このときほど日本が遠いと感じたことはなかった。

    あと大変だと思うのは、人種差別にあった時でしょうか。
    夫と一緒にいる時は誰もアジア人蔑視しないので、余計に腹が立ちます。
    結婚生活自体は何の不満もありませんし、夫の家族ともいい付き合いができていますが、やはり何年この国に住んでいても、私は外国人なんですよね。
    これは、日本人と結婚して日本で暮らしていたら味わうことのない感情だと思います。

    ユーザーID:5540787557

  • 海外に住むのが大変なのでは・・・

    国際結婚10年目(もう!)になりました。在欧です。
    私も国際結婚自体は大変じゃないと思いますよ。海外生活に関しては、最初は言葉も通じなかったり、習慣なども違ったりと大変ですよね。でも、国際結婚で日本にいらっしゃる方もたくさんいらっしゃる。で、日本に住まわれている場合もパートナーのかたが同じような苦労をされるかと思います。日本人の私たちもそれに関して気苦労があるかとも思いますし。
    でも、夫婦間、義両親や親戚との付き合いで大変だと思ったことはないです。宗教も育った環境も違うけど・・・義両親なんて、ほんと、人として尊敬してます。日本人のお姑さんだったら私はうまくいってたかな、と思うこともあります。これはでも、国の違いというよりは人それぞれだと思うので・・・。

    以前、東北出身なのに大阪の人から想いを寄せられて…というようなトピを見たことがあるのですが、逆に日本人同士だと、些細な違いが気になったりするのかも。
    かなり偏見ですが、超閉鎖的な農村の長男の嫁、になるのもかなり大変そう。それこそカルチャーショックで…。

    ユーザーID:1559167550

  • 在米十数年

    アメリカ人の配偶者と結婚して移住してきてから十数年です。幼い頃から英語で生活してきたので(日本)、言語に問題はありませんでしたので、問題ないと軽く考えていましたが、書き出すと多いですね。でも主人との結婚生活は幸せです。

    (生活には支障はありませんが)
    ・文化(特に幼いころ、学生時代)の一部の話が不明
    ・下手にに言葉がわかるので、何でも理解していると
     思われて、逆に困ること多々
    ・配偶者も働くのが当たり前なので、専業主婦の道は無し

    (経済的、時間的な問題)
    ・日本人でいたいので何かと手続きが面倒、高価
    ・税金は全ての人が確定申告制(大変面倒)
    ・公休日が少ない(年間日本の1/3くらい)ので
     一度の帰省で使う有給の量が半端じゃない
    ・帰省に時間とお金がかかる(これも中途半端じゃない)
    ・円安だと良いですが、円高だと帰省も辛い
    ・親、兄弟の死に目には会えない確率が高い

    いずれ実家が無くなるとなると、帰省する場所も無くなるため、ホテル代も相当かかることになります。1週間ほどの滞在でスーツケースを抱えながら友人に会うために日本中を移動することを考えただけでも今から頭が痛いです(汗)

    ユーザーID:5809469572

  • ナナイモさんと同じです。

    アメリカ人の夫、子どもが二人の4人家族です。
    アメリカ在住の頃は、日本の実家が遠く
    現在は日本在住ですが、逆にアメリカの実家が遠いです。
    お金もかかりますし、実家に帰るということが特別なことに
    なっています。
    どんなに日本が好きでも時には母国に帰りたい気持ちは
    痛いほど分かるので、やはり避けて通れない道です。

    あとは、ナナイモさん同様、家も夫は日本語堪能、和食好き、
    日本の文化や習慣に親しんでおり、私の両親も夫が大好きです。
    友人からも、あんないい人いないとよく言われます。
    私もいい人だと思います。喧嘩もしますが。
    国際結婚だからと言って特別大変なことはありませんよ。
    アメリカに住んでいた時も同じで、特別大変なことはありませんでした。
    私も結婚は個人の問題だと思います。

    ユーザーID:9503469464

  • 本当に何が大変?

    タイトルの通りです。私自身も国際結婚をしていますが(欧州某国です)、国際結婚のいったい何が大変なのでしょうね。私が最初から、言葉の問題も仕事の問題もなし(夫経営の企業に勤めていますので)、日本食材もアジア食品店で簡単に手に入る、在住国の食事好き、義理両親からの干渉いっさい無し、娘は流暢なバイリンガル、という恵まれた環境にいるから、そのように思うのかも知れませんが。。。 逆に日本人同士の結婚のほうが大変そうな気がします。例えば、お盆や年末年始には、どちらの実家に帰るのかが問題になるようですし、食事(和食)に関していえば、それぞれの家の味がぶつかりあうという事もありますよね。しかし、我が夫にとっては、私の作る和食イコール日本の味!ですので、どちらの家庭の味のほうがいいかという問題もありません。
    里帰りの費用に関しては、確かに高いですが、それは結婚前から分かっていたことなので、別に不満などありません。差別などに遭った事はありませんが、私は(品のない表現ですが)『言いたい奴には言わせておけ』という性格ですので。。。
    結局何が大変なのかは個人によるのですよね。

    ユーザーID:3442420590

  • 日本で暮らしてても苦労はある

    日本人と離婚後、東南アジア出身の現夫と結婚し、夫の仕事の都合で日本在住です。

    日本人と結婚してれば絶対ない苦労その1
    「入管」。特に最初の配偶者資格申請は大変です。永住権でも取れれば手続きもひと段落といったところですが、それまでは忘れた頃に申請の時期が来ます。

    苦労その2
    「書類」。夫は日本で専門学校を出ていますが、それでも役所や事業に関する書類は複雑な用語が多いのでほぼ私。日本在住の場合日本人側がやらなければいけないという夫婦は多いと思います。

    苦労その3
    「子供のこと」。すでにレスありますが、帰省が大変なのはどこに住んでも同じ。毎回の帰省が国際線の飛行機です。子供が小さい頃は移動の疲れ+現地で連れまわされたりして熱出したり…
    国籍や言葉の悩みも尽きません。

    まあ書類に関しては全部奥さんがやってるという家庭もあるでしょうから国際結婚に限らないと言われてしまうかもしれませんが…
    「国際結婚の何が大変なの?」って人には配偶者ビザの申請(特に偽装を疑われやすいアジア出身者の申請)を一度東京入管でやってみてもらいたいもんです。

    ユーザーID:5758348275

  • 毎日が異種格闘技。なのに自分だけルールが分からない。

    >日本人夫婦も、それぞれ色んな事が違いますよね?

    でも所詮、日本で育って、正月は雑煮、節分は恵方巻き、8時には全員集合、バレンタインに義理でチョコでもホワイトデーに10倍返し、仏壇の上に神棚、隣にクリスマスツリー、産まれたら神社・結婚にアーメン教、死ぬときゃ仏さんで、日本で文科省が決めたルールの教育受けている、という基本がおなじ中で育ってるわけです。既にゲームをするためのルールってのは分かってるし、体に染み付いてる。多少分からなくても、原則知ってるから、経験で欠落したルールを補い、事なきを得ているのが母国の生活。国際結婚で相手の国に住めば、そういうものが一切ないところでゲーム参加。
    ルール推測不可、経験ゼロ。周りは当然何でも知ってる。ルールを聞けば無知・無教養とバカにされ、言葉が怪しいと、疑問に思った原因を説明しても、さらにバカにされるだけ。しかも誰もそのルールに疑問を感じていないから特に説明も理由もないし、出来ない。日本ほど雑多な受け入れる新しもの好きな社会じゃないから、自分たちの価値観以外のものは一切受け入れ不可で一切否定。しかも想像力ゼロな人も多い。

    苦しいですわね。

    ユーザーID:3556350212

  • 複眼思考は自己否定と皮一枚ですから。

    もう1つ。

    常に複眼思考でいないといけないのが辛い。

    自分の育った文化で当然のことって理由が説明できないことがある。でも自分は少数、相手は多数派だとすると、少数派に説明責任があったりします。同じ日本の文化で同じ日本語で育った相手ならワケのないことでしょう。言語も同じで文化の基本背景が同じなら説明も比較的簡単です。

    しかし、相手がかけ離れた文化で日本語を解さない外国人となると、常に「日本では普通だけど、ここではAとDを説明しないとおそらく分かってもらえないな」と常に相手の目線と思考回路を気にして生きることになります。

    自分の根っこにある何かを一度否定して、分析を絶えずし続ける毎日。自己否定って辛いです。自分で自分を守らなければ生きていけないけれど、生きていくために、どんなくだらないことでも、常に、一旦、自分を否定して相手の思考回路と言語と文化のフィルターを通して考える。
    配偶者がいい人でも、自分の文化のかけ離れ具合とそこで育った自分に自己嫌悪なんて頻繁。
    そりゃ、疲れますよ。離婚したくもなりますよ。鬱にもなりますわ。

    考えすぎでしょうか、国際結婚の仲間の皆様…。

    ユーザーID:3556350212

  • 結婚生活は人それぞれだろうけど

    結婚する手続きは日本人同士より大変でしょうね〜。
    記念日だから婚姻届を明日出そう、とか出来ないですもん。

    ユーザーID:4292528833

  • 言葉と人種差別

    西洋人の夫と、夫の国で二人暮らしです。
    夫婦二人で家にいる限りは、「国際結婚」が大変だとか思ったことはありません。
    ただ、外の世界が絡むと別です。
    私たちの住む地域では、外国人差別が根強く残っております。
    夫が現地人なのに、妻が有色人種という理由でアパートを強制退居させられたり、道を歩いているだけで物をぶつけられたり、この国から出て行け!などと言われたこともあります。
    辛いのは、夫が白人で外国人差別を受けたことがないので、私の気持ちが良く理解できないことです。
    また、言葉の問題も大きいです。
    標準語では日常生活に全く困難はありませんが、夫の出身地のネイティブ方言のマシンガントークにはついていけません。彼らは「言葉がわからないのは私の問題」と思っていますから、標準語で、とお願いしても無視されるだけです。夫の家族や友達とあうと必ず方言ですから、大勢の中にいるときのほうが、すごく孤独感と疎外感を感じます。

    ユーザーID:2703838416

  • 離婚の場合は大変でしょうね…。

    私も国際結婚をして、夫の国で子育てをしています。

    実は小町で普通の日本人同士の結婚した人の悩み相談のようなトピを拝見していると、国際結婚だから特に大変だ、と感じたことはあまりないです。(小町のみなさま、ありがとうございます。)
    やはり結婚すれば、日本人同士でも義家族との問題、生活の問題、子供の教育の問題などいろいろありますものね。

    ただ、国際結婚をしてから思うのは、やはり万が一結婚がうまく行かなくなって離婚しか二人にとって選択肢がない、となったときは「地獄」のような気がします。

    夫の国では離婚は日常茶飯事ですが、その場合子供は定期的に父と母の間を行き来して、両親に会うことができます。でも、国際結婚カップルで、例えば私がこの国を去りたいと思った場合、私はもしかしたら子供に一生会えなくなることも覚悟しなくてはなりません。

    その「万が一」を考えるとゾッとするので国際結婚を考えている人には、日本人カップル以上に「慎重に考えて。」と念を押してしまいます。

    ユーザーID:6122764304

  • 強いて言うならば

    小さい町に住んでいるので、日本食材が全く手に入りません。

    日本語以外で仕事をしなければいけません。

    医療費が高いうえに、検査となれば数か月待ちです。

    そしてさらに、あなたのような想像力に乏しい、理解しようとする努力のない方からの質問や発言に煩わされることでしょうか。

    ユーザーID:3479833762

  • 国際結婚しか経験ないので比較はできませんが

    お互いの当たり前が異なることが大変でした。

    欧州の、夫の母国で暮らしていますが・・・
    東京で生まれ育った私が、日本国内の地方に住む男性に嫁いでも
    同じような大変さはあっただろうと思います。

    否、東京出身の男性とでも大変だったかな・・・。

    きっと、結婚そのものが私には不向きなのでしょう。

    トピ主さんが結婚に向いている人なら、
    お相手が外国人でも大丈夫では?

    ユーザーID:4079852866

  • トピ主です。

    皆様、レスありがとうございます。
    体験談、皆様の考えなど、じっくり読ませていただき、参考になりました。

    後出しで申し訳ないのですが、かくいう私も国際結婚しておりまして日本でもなく、彼の母国でもない第三者国に住んでおります。
    私、夫、子供間の共通語は英語です。
    私は彼の母国語が話せませんし、彼も日本語を話しません。
    また、日本までは遠くお金もないので里帰りは2,3年に1回です。
    英語で生活しておりますが、私は特別英語が得意なわけではありません。

    私は日本人の方と結婚した事がないし、結婚生活も日本でおくった事がないので国際結婚が大変と聞いてもピンとこないのです。
    里帰りにお金を使いすぎ(日本も主人の国にも毎回家族3人で行ってます。)ちっともお金が貯まりませんし、義母に外国人ということでみくだされているのを感じますが(義母との共通語がないので適当にスルー出来て丁度いい。)大変とまでは、感じません。

    人によってストレスの感じ方に大きな差があるのは理解しております。
    でも「ただでさえ国際結婚ってだけで大変なのに」

    ユーザーID:3065436160

  • 理解しあえるレベルの違い

    何が大変かというと、やはり言語での伝達の難しさ、互いに理解し合う事の難しさです。子供が小さい時ほど大変です。

    ・子供の緊急時、その状況をパートナーに伝えるときに言葉が見つからずにパニックに陥りそうになります。
     例えば、日本で救急車を呼んでも、日本語の出来ない夫は私が不在の場合は救急救命士に殆ど伝達出来ません。
     
    ・夫となる人物と、緻密な言葉で連携が取れません。 
     健康面、食事、生活態度、喜怒哀楽、過去、現在、未来、
     趣味、楽しみ、仕事の事、子供の事、両親の事 etc
     話をしたい事は山ほどあるのに、言葉を探す事がとても大変です。
     悩みや問題のレベルが深い程、同じ言語を話す相手に相談してしまう事が殆どです。
     夫も私も。 互いに近くに居るのに、心から相談したい内容を他の人にしてしまう状況が苦しいです。

    ユーザーID:3131044235

  • 続きです。

    すみません、文字数の関係で前回途中で終わってしまいました。

    国際結婚はただでさえ大変と、聞くと何が大変なのかなー?と思いましてトピを立てさせていただきました。

    ただ最近、私の結婚は家族(両親、兄弟、親戚)の理解、支えに下で成り立ってる部分もあるなと感じております。
    身内のお葬式に2回も参列出来なかった時に里帰り出来なかった事を詫びましたが、私をとがめるどころか私の気持ちを汲み取ってくれた皆に、また涙しました。

    国際結婚は離婚が大変なんですね。
    そうならないように、明るい家庭の維持に頑張ります。
    皆様、ありがとうございました。

    ユーザーID:3065436160

  • たったひとつだけ。

    日本で出会った英国人の夫と、現在英国に暮らしています。

    育ってきた文化も家庭環境も違うのに、
    ここまで価値観や好み(食をはじめ、人生の歓びまであらゆることに関して)がぴったりと合う相手には、
    たとえ同国人同志でもなかなか出会えないと夫と共に過ごす日々の中で確信しています。

    では、国際結婚において大変なことは何か。

    自分の国、相手の国、はたまた第3国。
    どこを選んでも夫婦のうちどちらかが家族や親しい友人、仲間たちと離れ離れになってしまうこと。
    これだけです。

    航空券の値段も昔と比べると随分安くなり、
    実際に年に2,3回は帰省していますが、
    何かあってすぐに駆けつけられないのは辛い。
    年老いた祖父母や両親に寂しい思いをさせて申し訳ないと、
    英国にいる今は私も夫もふたりで心を痛めています。

    国際結婚で辛いこと=どうしても埋められない距離。
    わかっていて結婚したと言われてしまえばそれまでですが、
    誰のせいでもない、努力の仕様も頑張りようもないだけに、辛いです。

    ユーザーID:0702627977

  • 海外在住3年目

    国際結婚の大変さはどちらかが我慢をしなければならないことだと思います。
    結婚当初は日本に住んでいました。特に国際結婚だから大変だと感じたことはありませんでした(書類を整えることくらい)。
    夫の国に引っ越して初めてわかりました。とにかく、あらゆることを私が耐えなければなりませんでした。言葉の問題、友達がいないこと、会いたい人に会えないこと、日本に居た頃のように稼げないこと、食べたいものが食べれないこと、夫を助けてくれる人は沢山いるのに、私のことを本当に心配してくれる人はこの国にはいない…、段々日本の友人とも疎遠になっていくような感覚、気配りの出来ない人達、無愛想な店員、等等、ため息ばかりでます。
    いつか日本でやっていた事以上の仕事ができるようになって、言葉も現地人と対等に話せるようになり、信頼できる友達もできて、本当にここの国に属していると感じられるようになったら、「日本人同士も国際結婚も同じ」と思うかもしれません。
    それでもやはり離婚のことを考えると、自分は不利立場であることは確かです。夫の同意が無いと子どもと一緒に日本に帰ることが出来ないのですから。

    ユーザーID:4645103984

  • 両方経験者

    1度目は日本人、2度目はアメリカ人の男性と結婚しました。すでに2度目の夫とも離婚しましたが、そのまま仕事を続けてアメリカで暮らしています。
    もし私が聞かれたら・・・、どちらも楽しかったし、幸せだったし、大変なこともあったけれど特にひどい思いをしたわけでもないので、結婚という意味では特に違いがないと思います。
    意志の疎通に関しては、同じ日本語で話しているのによく分かり合えないほうが私にとっては脅威ですね・・・

    ユーザーID:4718549506

  • しなくて良い苦労が沢山ある

    自分が平和なところにいると、他人の苦労はわからないと思います。

    皆さん書いているように、結婚の手続きの膨大な書類、ビザ毎年更新、色々な書類。日々の手続きが大変です。そして手続きのための法律が良くわからない。

    今は主人の母国で暮らしてますが、私は現地語が初級レベルなので(駐在で他国にずっといた)自分で何一つできません。この国の方は上流社会の人でないと英語しゃべりません。銀行行くのも義理の家族の手伝いが必要。何かの手続きには、絶対誰か同伴者が必要です。治安が悪いので、どこかに出かけるにも細心の注意。この国では私は子どもレベルなんです。

    自分でしたいことが思ったようにできない、できても何一つ思ったように進まない(日本のように効率的な国は少ない)、この感覚わからないでしょうね。

    家族に恵まれているので幸せですが、たまにこの国での自分の将来が見えませんし、主人の母国ながらこの国の発展が見えません。主人が万が一先立ったとき、私はどうすればよいか。子供達を抱えてどうすべきか。ここで死ぬのか。

    こんなこと考えなくて良いトピ主さんは幸せですよ。

    ユーザーID:7980010302

  • 特に大変ではありません

    非英語圏の小さな国(一応EU)に住んでいます。

    大変かと聞かれたら、答えはNOですね。

    私の場合。

    言葉の問題=海外に住んでる以上避けられないけど、国際結婚ならではの問題とは思いません。配偶者が現地人なので全くの移民よりは有利な部分も多いです。

    仕事探し=これだけは大変でした。でも「働いて当然」の国でも求人の少なさや言葉の壁を理由に専業主婦を押しとおす人もいますよね。仕事したい人には相当なプレッシャーですが、主婦でいたい人には全然問題ないのでは。

    文化の違い=私の場合は違う文化圏出身というので楽してます。
    意見や方針の違いがあっても相手をジャッジしないで済むし。

    経済的負担=帰省費用は結構な額ですが、それほど帰りたいと思わないので問題ないです。

    周りが外国語=電車やバスの中の煩い会話を聞かないで済む点では便利です。文字情報もしかり。日本語や英語だと嫌でも聞こえる・読めるのでストレスになりそう。

    親戚付き合い=つたない現地語の私ですが、孤立して寂しく思ったことはないです。

    月並みですが、気の持ちようの部分もあるのかなあと思います。

    ユーザーID:1146615591

  • 書類関係

    ◆日本に里帰りする際に高額なチケット代と時間がかかる。
    ◆異なる文化や外国語の中で生活しなければならない苦労
    ◆人種差別を受けることがある

    ・・・これらは相手の国に住む場合のカップルに限られるし、国際結婚ではなく海外在住の日本人同士のカップルにも当てはまることですよね。

    私が大変だと思ったのはやはり書類上の手続き(婚姻届)です。

    日本で婚姻し、アメリカ−日本で遠距離結婚しながらビザの申請を行いました。グリーンカードが取れるまではかなりの時間とお金を費やしました。

    私達は子供がいないのですが、もし子供がいて離婚することになった場合は、それは大変です。弁護士無しではうまくまとまらないんじゃないかな。
    アメリカの弁護士費用、とても高いですし。
    あ、別に私は離婚の予定は今のところないですが・・・(汗)

    どちらの国に住むとしても、もう一方の里帰り費用が高いですね。
    今も里帰り検討中ですが、格安航空券の値段を知り、落ち込んでいます。

    ユーザーID:6643042654

  • お墓の問題?

    国際結婚していつの間にか、北米在住24年になってしまいました。
    言葉の違い、文化の違いで色々、苦労もありましたが、皆さんがレスしていらっしゃるので、その話には触れませんね。
    時々、これから将来どうなるのかな?と考えます。
    夫が先に亡くなったら、私どうしようか?
    いまさら日本に帰っても、住む所もないし...
    私が、死んだらお墓はどうなるンだろうか?
    今まで、引越しばかりの人生で骨を埋める土地も特に無いし...

    日本に住んで、日本人と結婚していたら、こんな心配は無かったかと思います。

    ユーザーID:3294217371

  • 外国に住むということ

    国際結婚の場合、どちらかもしくは夫婦両方が自国以外の国に住むということになりますよね。

    そのこと自体が大変でしょう。日本国内でも文化風習の多少違う地域に嫁いだり、実家から遠いなどありますが、最低限言葉は同じです。
    でも他国に住めば自分はアウトサイダーです。言葉が完璧になってさえも、よそ者感覚はなかなか消えません。
    さらに自分のパートナーが「外国に住む」という経験が無かった場合、そんな孤独な相手を気遣うことができないことが多いでしょう。

    「同じ日本人同士なのに」理解しがたい行動をされるよりは、最初から違うものとして接している外国人のほうが許せることも多いとも思います。
    家同士の問題も初めから文化が違うとお互い割り切っていれば日本人同士よりトラブルが少ないかも。

    私自身は日本人とは結婚したことがないので、自分の苦労は国際結婚ならでは、というよりやはり個人の問題として捉えています。

    ユーザーID:7980295951

  • 想像力があれば推測可能だと思いますが・・。

    そして主さんに特に関係がないのに国際結婚についての大変さを知ってそれが何の役に立つのか謎ですが・・。

    早い話、日本で死ねないかもしれない!に行き着くかもしれません。しかしそれは同時に他の国で合法的に住める権利を有しているという事も言えます。

    一番誤解が多いと思うのはハーフの子供が勝手にバイリンガルやトリリンガルになると思われる事でしょうか。どこの国に住んでいるかにもよりますし、夫婦間の会話言語にもよりますし・・、日本語と外国語を同じレベルで習得出来るのは稀です。先ず基本となる言語があり、第二言語、第三言語・・となりますから、日本と海外を数年単位で行ったり来たりすると上手く言語を確立出来ずどれも中途半端というリスクも生まれます。また子供はネイティヴですから私たち日本人の発音を当然あっさり超えます。思春期になるとそれを恥ずかしいと思う子供も出て来るようです。語彙は増えても中々発音がネイティヴ並みにはならないので。

    ・・そんな感じでしょうか。

    ユーザーID:4354066077

  • いくつがありますが、、、

    国際結婚30年です。

    結婚当初を振り返ってみました。

    1)文化風習環境等全てにおいての違いのスケールが、日本人同士の結婚と違うと思います。それから派生する問題への対処の仕方のスケールもまた違います。

    2)どちらか(または両方)が海外に移住する事から来る、家族をも巻込む生活環境の変化に対応しなければならない事。どうしようもない事ですが。

    3)子供達を育てる上での、言語文化の問題。夫婦で同じ考えで子育てが出来る事は本当に幸せな事です。子供達は多言語多文化の中に生まれる事を選んだ訳では有りませんから。

    こんな所が一番大きい所でしょうかね。
    ある意味で日本人同士の結婚より、より多くの強調性を求められると思います。妥協だけではちょっと無理だと感じます。
    言葉に関しては問題外だと思います。未だに、共通の言葉を話さずに結婚生活をしようと言うのが、私個人としては、理解できませんから。

    ユーザーID:8349131628

  • レスします

    上手くいっている国際結婚の方々は、きっとさほど問題はないとおっしゃるでしょうね。
    確かに、個人個人でも違うことです。結局は相性ってこともあるから。
    でも、本当に問題が多い国際結婚の場合、やはり国際結婚ならではの部分も大きくなってしまいます。
    うちは妹が海外の方と結婚して、大変に苦労していますので、それがわかります。

    相性が悪くなるキッカケになるであろう価値観の違い。
    この価値観は生まれ育った環境で作られるものなので、それが国ごとに違う文化や宗教、風土に影響されていることが多々あります。
    ここが日本人同士と大きく違います。日本と差が少ない国もあれば、大きな国もあるでしょう。
    私は前の投稿で具体的に書いたんですが、そのせいで載らなかったのかもしれない。
    触れてはいけない文化や宗教の問題ってあるでしょう。
    あれが大きく影響する場合も、国際結婚の場合はあります。

    ユーザーID:9875566948

  • 食生活、言葉

    基本幸せなんですが、やっぱり食生活の違いは大きいですね。所謂コンフォートフードが全然違います。日本人ならご飯、みそ汁、漬け物があるとホッとしますよね。それがドイツ人の主人はライ麦パンとハム、チーズがホッとする食べ物らしいです。他にも食のバラエティが少なくて、ひじきとかちりめんじゃことかは受け付けません。ですから旅行から帰って来て疲れた体に「まずはご飯とお味噌汁!」と思っても彼とはその美味しさを分かち合えません。私も毎日ライ麦パンとハムじゃ嫌です。

    他にも義理の家族と一緒の時はドイツ語なので、初めは本当に辛かったです。話の内容がわかるようになっても、ちょっと気を抜くとわからなくなるし、2時間くらいが集中力の限度ですね。
    向こう側がこちら(アメリカ)に遊びに来た時がこちらが向こうに行くときよりきついです。と言うのもこちらでは朝から晩まで家の中がドイツ語化して、夕飯後は延々と宴会が続きます。それが3週間続くと私もいい加減にして〜!状態になります。これが日本語なら私も参加して楽しく飲めると思うのですが。。。

    ユーザーID:7693526256

  • カリフォルニアンさんへ

    私も食事作りが苦痛です!!

    あ、私は国際結婚8年目。

    思い出すのは食事のケンカ、多いです。

    こうしている今も今夜の食事作りが苦痛です。
    夫はC国人でもかなりこだわりがある人だから何でも食べる、っていう
    C国人夫を持つ方が羨ましい!

    料理に手をつけられなくてボイコットしてやろうと思うことあるけどこれまでやってきたんだから明日も大丈夫、って思って日々作ってますよ・・・。

    日本人でも好き嫌いが激しい人だと辛そうです。
    でもでも根本的なところでは分かり合えそうな気がする(笑)
    どうなんでしょう〜?

    ユーザーID:1005483273

  • どっちもそれなりに大変

    国際結婚の一番の問題は言葉でしょうね。
    微妙なニュアンスが伝わらないことがよくあります。

    書類上の手続きが面倒ということはは最初からわかっているのだから仕方がありません。

    最初の結婚相手が日本人だったので比べると全然違いますね。
    日本人同士の結婚は個人というより家と結婚する感じ
    相手の両親との付き合いが面倒くさいです。(嫁いびりには参りました)

    夫に関していえば感情を表に出さないので何を考えているのかさっぱりわからない。
    けんかになると必ず黙り込んでします。

    それに比べ欧米人(特に英語圏の人)ははっきり物を言うのですっきりします。ただアメリカ人、カナダ人、イギリス人、オーストラリア人は自分の考えを押し付ける傾向があるのでイラっとします。
    相手の国の文化や考え方を理解しようとしません。
    うまくいっている方はご主人が理解ある方なんでしょうね。

    最初の結婚で失敗してから書類上の結婚にこだわるのはやめました。
    なので日本でいう内縁関係でした。

    ユーザーID:4449710325

  • 正式な結婚してませんが。。

    手続きが面倒なので正式な結婚はしてません。
    これを親に理解してもらうことは難しいでしょう。
    ただ、私の両親は「結婚はまだか?」と聞いてくるようなタイプではないので助かっています。
    きっと心の中では思っているでしょうし、ちょっと申し訳ない気もします。
    が、彼は結婚しなくても幸せならいいだろう的な考えを持っているのと、私も結婚に対してそこまで魅力を感じないのも問題ですね。

    あとは会話は問題なくできてもネイティブではないので、その点では大変なのかもしれません。

    円高大変です。
    帰国時の費用が高いです。。。
    そろそろ円安になってくれないといろいろなものが高くて困ります(笑)

    私達は出身国ではない国に住んでいるので、帰省代が半端ないのと、時間が足りないです。
    2週間ずつ帰省した際、忙しすぎてあまりホリデーを感じられなかったです。

    ユーザーID:1183536948

  • 大変な人、大変でない人

    こんにちは。大変だ〜という方は性格上何とかしよう!と常に考えているから大変なんだと思います。トピ主さんのように英語はさほと得意ではないと割り切れたらいいですが、中にはそれを何とかしないといけない!とものすごくがんばる人がいます。里帰りも2〜3年に1回をそれではいけないから最低1年には1回にしないと!とか、義母とのコミュニケーションもうまくいかないから少しでも義母と話す事ができるように夫の言葉も少しは習ってみよう!とか。

    トピ主さんのように、軽く流せる人はいいのですが流せない人もたくさんいます。トピ主さん以上に前向きな人達もたくさんいらっしゃいます。そういう人達にとっては恐らく大変だと感じるのだと思いますよ。だからといってトピ主さんが否定されているという事ではなくって、性格の問題だと思います。

    私自身はやっぱり言葉かな。公務員なのですが、仕事で相手の言っている事が分からない事がたくさんあるしその分からなかった事を雑談として夫に話すのもまた一苦労です。それでなんだか話がややこしくなって自己嫌悪。話さなきゃ良かった・・・と後で後悔。これの繰り返しです。(笑)

    ユーザーID:5737894436

  • 土葬は嫌だな

    国際結婚で夫の国で生活しています。
    国の法律では土葬禁止ですが、夫の田舎では今だに土葬、多分私も。
    しかも、土が小高く盛られているだけ、私もいつかそこに入るんだ…

    異常なまでに親孝行を強制されるし、でも夫の実家はお風呂もトイレもなし、帰省中はお風呂我慢、トイレは畑で。そこは寒い地方で雪が毎年降り、マイナス15度位、でも家にはなぜか扉がなく24時間外状態、暖房器具も一切なし、買ってあげても使うの禁止です(電気供給不足のため)。
    最低でも1週間に一度は電話で近況報告、家族や親戚が2,3か月〜半年位滞在することもしばしば。

    親戚一同地方の言葉(方言レベルではなく、もはや他言語)を話すので、私は流暢にこの国の言葉を話せますが無意味。

    時々暴動がおこり、外国人は外出を規制されます。

    国際結婚もいろいろだけど、私のような状況で日本人同士の結婚とさほど変わりありませんって…言えませんよね。

    ユーザーID:1826455681

  • 国によるんじゃない?

    韓国は大変だと思う。韓国も過渡期なので個人や家によるけど。
    まず、日本より嫁姑の関係と熾烈だし、自分は基本的人権を持っている、と思わないで
    結婚するほうがいいというか、それぐらいの覚悟が必要。
    どなたたかが、国際結婚の大変さは「韓国などの近距離を抜いて航空費」といっていたけど、
    航空費より、お土産代がもっと出るのが韓国なのよ!といいたい。
    嫁が日本に里帰りして、なんのおみやげもないっていうのはありえないでしょ?
    で、これが夫の実家によってはある程度値のはるものじゃないと満足しない方々もいるわけ。
    韓国は儒教の国ですから親を大事にするけど、親を大事にする=それ相応お金が必要という現実があります。
    特に日本人はお金があると思われてるからいい方悪いけど、期待される、たかられる、普通だと思って
    結婚したほうが心が楽です。韓国は近距離だから航空費がかからないというのは違うんじゃないかと
    個人的には思ってます。

    ユーザーID:7486214188

  • 感じ悪い。

    みんな真剣に答えているレスばかりなのに、「実は私も国際結婚」「私には大変さがわからない」と、後だしというよりも、だまし討ちみたい。なぜ最初から「私も国際結婚していますが、どんな点が大変ですか」と聞かなかったのですか。しかも、みなさん色々な大変な理由を書いているのに「大変なのは離婚」と決めつける。
    それくらい人の気持ちに鈍い人のほうが国際結婚は(最初は)うまくいくかもしれないですが、結婚生活は一生ですから。実は言葉の問題が一番大きいと私は思ってますが、トピ主さんは言葉もできないようですし、その鈍感力のせいで将来離婚につながらないようにがんばってください。

    ユーザーID:9748453412

  • トピ主さんの疑問が理解できる

    国際結婚し、相手の国に住んでいる者ですが「国際結婚だから」大変という言い方に疑問を感じます。何か困ったことがあるの「国際結婚だから」で片付けてしまうことに違和感があるのです。

    レスを全部は読んでいませんが、
    −言葉の問題→「○語ができないから」または「相手が日本語ができないから」とするのが正確。「国際結婚だから」ではない。
    −在住国の法律やシステム→日本人と結婚してその国に住んでも同じことなので、「国際結婚だから」ではない。
    −里帰りの費用→国内の結婚でもありうる話だし、日本人と結婚して外国に住んでいても同じなので、「国際結婚だから」ではない。
    −結婚相手の育った文化が自分の文化と違う→小町を見ると、日本人同士でも相容れない部分があるケースがあるので、「国際結婚だから」ではない。

    夫婦の本質的な問題を「国際結婚だから」で片付けているから、問題解決できない方がいるのではないかと思います。「国際結婚だから」悩んでいる風のトピがあっても、中身を読むと原因は「国際結婚だから」以外の部分にあるように思うものが多いのです。国際結婚を特別なものではないとおっしゃる方に共感します。

    ユーザーID:9794725996

  • 少しの想像力

    以前、「国際結婚でクリスマスの親戚づきあいが大変」と話していたら、うまくいっている別の人が「私は全然苦労してませんし皆さんの努力不足では」的な反対トピックを立てていましたよね。

    トピ主さん主観で、現在大変じゃないのなら結構なことだと思います。
    でも、配偶者の国の言葉が出来ず家庭内は英語、その英語も得意とは言えない(謙遜だとは思いますが)という場合、多くの人は焦って勉強するんですよ。
    私だったら、そんな状態では開き直れません。
    言葉のせいで仕事が見つからなかったり、差別されたり。
    それはお子さんにも及ぶ可能性だってありますから。

    夫家族と話せなくても平気な人もいますが、普通は歩み寄りたい、話せるようになりたいと思いませんかね。向上したい気持ちがある人ほど問題に直面するし、苦労も多くなるってのも想像つきませんか?

    トピ主さんの場合、英語圏にお住まいで理解ある配偶者に恵まれたというのが幸運なんだと思いますよ。でも、それって努力じゃなく運ですよね。

    ユーザーID:1146615591

  • あぁ、なるほどね

    人の苦労話を訊きだして自分の幸せの確認ですか…。かんじわるいですね。笑

    ほんと、みかんさんが書いているけど「だまし討ち」されたみたいで気分悪いです。
    夫の国の言葉がわからない。英語も堪能ではない。
    失礼だけど、大変なことあっても(言われても)わかってないだけなのかもしれませんね。

    …それはそれで幸せかもしれません。
    ご主人から離婚を切り出されないように恵まれた環境に感謝しつつ幸せにお暮らしくださいな。

    ユーザーID:8516639497

  • 夫(外国人)の収入

    夫(外国人)は、特技で自営。
    奥さんが親戚です。

    自営は、収入が生活費にもならないらしく
    テレビで紹介してもらった時のみ、良かったそうです。

    奥さんは、免許ありのフルタイム就職で
    奥さんが、働かなければ 生活できないです。

    主食も違い、夫が家事に協力的・愛情 で
    仲はいいです。

    が、10年以上日本に居るのに、母国語で
    奥さんがそれに合わせて、対話。

    奥さんの家族などには、通訳します。

    ユーザーID:8418608345

  • レスします

    北欧パンさんのレスでもやもやがすっきりしました。

    そう。向上心があるから出来ない自分に苦しむんです。
    私も日本語のできる夫と結婚してますが、自分の夫国語の会話力は伸び悩んでいて、義母とコミュニケーションを取れないのが悩み。
    子育てが落ち着いたら留学でもしたいです。子供にも日本にいる環境で夫国語をある程度は教えなければいけないし。
    それとは別に、入管は本当に大変ですしね。

    国際結婚だから特別に大変なことなどない、という方もいるでしょう。

    ユーザーID:5758348275

  • 今現在よりも将来、大変かもしれません

    国際結婚をして欧米に住んでます。
    トピ主様のような日本人の方達をここで知ってますが(旦那様との会話は英語、しかし本人は英語が堪能ではない上に学ぶ努力をしていない)
    旦那様から一方的に離婚を言い渡された時と旦那様が先に亡くなられた時に大変苦労されてました。日本人同士の結婚では想像できない大変さですよ。

    人種差別されても特に何も感じない/気づかない、他人の痛み/大変さを理解できない鈍感な人の方が国際結婚に向いているかもしれませんが、幸せな結婚生活を継続できるかは疑問ですね。

    楽しい毎日が永遠に続くといいですね。後々、努力しなかったツケが回ってこないといいのですが・・・・

    ユーザーID:6430273794

  • ラクなことのほうがはるかに多いです

    個人的には、日本人男性との結婚よりはずっとラクだと思います。

    言葉ですが、日本人同士でも意思疎通ができていない人たちはいくらでもいます。わが家の場合は言葉のハンディキャップを埋めるための努力が必要なので、その分コミュニケーション取るスキルも身に付けながら、愛情と友情を構築する機会を与えてもらっている感じです。私も太平洋を越えての長距離帰省をしますが、その頻度は少なくても(12ヶ月〜18ヶ月おき)、実家に滞在できる日数は多いです。最低でも一ヶ月。日本だったら盆正月で数日ずつとか...、その程度かもしれませんよね。そんな状況よりははるかに恵まれています。夫の実家はすでにないので、義理関係のわずらわしさはゼロです。また、私は日本人との付き合いもほとんどないため、夫の友人たちを自分の友人にしています。言葉の壁は、おしゃべり大好きな夫がいつもフォローしてくれてますよ。

    食事は、日本食が恋しくなったら自分のみの分を作り、二人で一緒の時には夫に合わせます。それで何の問題もなし。あと、私が住む国は日本のような煩わしさもストレスもなく、気候も素晴らしく、私にとってはまさに理想の場所です。

    ユーザーID:2354220370

  • 大変というか残念

    私もアメリカ人と15年結婚してますが、アメリカに住んでいた頃は国際結婚だから大変ということはあまり感じたことはありませんでした。(確かに国際離婚は大変そうですが、経験がないので語れません。)

    でも日本に住むようになって夫が日本語を話せないことが残念に感じることが増えました。日本の面白い小説、映画、TV、漫画、そういったもの全て彼にはわからないのが残念です。日本人同士の夫婦ならTV見て何気ない会話とかできるのに…って。もちろん外国人でも日本語ペラペラならそういうことにはならないでしょうし、アメリカに住んでいた頃は英語のTVを見ながら普通に会話してたわけなのですが、日本に住むようになったらそういう些細なことが「日本人同士なら楽しめるだろうに…」という気持ちにつながってしまいます。といってもそれが「大変」かというとそういうわけではないのですが…。(本当に大変な思いをされている方からすれば「それくらい」ってレベルでしょうね。)

    あとは子供のバイリンガル教育ですね。私の子供は語学が苦手なのですが、双方の祖父母と話をするには二カ国語を覚える必要があるので子供にとっては大変だろうなと思います。

    ユーザーID:0411624967

  • トピ主です

    私が国際結婚である事を最初に書かなかった事で批判のレスがありますが、トピを立てた時点でそれがそんなに大事な事だとは思いませんでした。
    私が国際結婚であろうと、なかろうと皆様の意見、考えに差異が出るとは思わなかったからです。
    ですが「国際結婚をしていないトピ主には関係ない」などのレスを読み、悪意があって皆様の考えを伺ったわけではなかったので前回のレスでその旨を書いたまでです。
    しかしながら、私の対応に不快な思いをされた方々がいらっしゃいますので、その事についてはお詫びしたいと思います。
    申し訳ございませんでした。

    私が国際結婚の大変さを考えた時に仕事の関係や留学で海外に住んでる方々の事も一緒に比較しました。
    言葉、宗教、習慣、その他もろもろ大変だと思える事は海外で生活されている方々に共通する事があり「国際結婚特有の苦労」が余計にわからなくなってました。
    なので皆様のレスは興味深く読ませていただきました。
    なかには共感できる事(していただいた事)もありましたが、やはり「それは国際結婚の苦労なのかな?」と正直感じる事もありました。
    続きます。

    ユーザーID:3065436160

  • 国際結婚の大変さは

    言葉は子供が外国で産まれて大きくなるにつれ話さなければならなくなり、緩和され、食事も適応しますが、何といっても大変なのは夫が白人のため人種差別が理解出来ないこと。これは説明しても無理なのです。幸い子供が理解してくれてますが。。。

    ユーザーID:1731041129

  • 続きです

    ですが、私の考えと他の方の考え、また受け取り方はそれぞれですので異議を唱えるつもりはありません。

    あと、私が英語が得意ではないと書いた事で、私は英語が出来ない、人種差別されてもきづかないなどの発言がありましたが、得意ではないだけで話せます。
    (誰かに文法の間違いを指摘できるような知識もないし、時々読む新聞も意味が全部解るわけではないので得意ではないと書きました。)
    出産前はフルタイムで働いており現地の方に指示を出す立場でしたし、今もパートタイムで仕事とボランティアもしております。
    私は英語が理解できなかった、が理由で仕事やボランティアにミスを起こさないように努めています。
    これは私達、夫婦生活にも共通しておりまして、もし離婚の理由が言葉ぼ壁であったならお互いの甘え、または単なる言い訳に過ぎません。
    私は言葉が完璧でない分、他の事でフォローをしているつもりです。

    トピの趣旨から離れた内容になってしまいました。
    ごめんなさい。
    あと「みかん」さんが指摘されてましたが私のレスが離婚だけが大変、と思わせる書き方だった事もお詫びいたします。
    皆様、ありがとう。

    ユーザーID:3065436160

  • ちょっと待って

    飴女さん、大丈夫ですか?と思うくらい、ネガティブな思考ですね。

    『人種差別されても特に何も感じない/気づかない』のではなくて、『差別を感じても受け流せる大らかさ』と考えることはできないのですか? 日本では差別がないと、夢のようなことを思っておられるとか?

    >>楽しい毎日が永遠に続くといいですね。後々、努力しなかったツケが回ってこないといいのですが・・・・

    楽しい毎日を続けていくには、『Positive way of thinking!!!』がいかに大切でしょう。これは国際結婚どころか、生活のあらゆるところにおいて大きな助けになります。『他人の痛み/大変さを理解できない鈍感な人の方が国際結婚に向いているかもしれません』、などとトゲのある言い方をやめて、『神経質な人は国際結婚に向かないかも』くらいの言い方にしたほうが、心安らかな生活になると思いますよ。

    ユーザーID:9358137743

  • 飴女さんに一票の者です。

    私はWWさんのおっしゃってる、『Positive way of thinking!!!』は勿論大切だとは思いますが、"Too Positie thinking" もどうかなぁ〜って思います。

    実際飴女さん同様, 私も正直を言えば後だしされたトピ主さんに対して”嫌な気分”がしました。。。
    何か人の不幸話を散々聞きだした後で私も実は国際結婚ですが。。。って言われても私的には何故最初に言わなかったのか疑問です。

    トピ主さんは>私が国際結婚であろうと、なかろうと皆様の意見、考えに差異が出でるとは思わなかったからです。
    って言われますが、この考え方自体が想像力がないと思います。

    この意味解りますか?

    ユーザーID:7985301433

  • 「言わなくても分かるはず」は乱暴だと思う

    二回目のレス。私のレスは、このトピックでは少数派のようなんですが、「後出し」に腹を立てる人に驚きました。

    >私が国際結婚であろうと、なかろうと皆様の意見、考えに差異が出るとは思わなかった

    私もそう思います。それから、トピ主さんを想像力が足りないと責めるレスが多いのにも驚きました。お互い国際結婚だったら言わなくても分かるはず、というタイプのコミュニケーションが私は苦手です。当地で日本人の方にもお会いしますが、「言わなくても〜」のような言い方をする人には「言わなくては伝わらない」または「言っても伝わらない」ことが多いような気がします。相手の思い込みから外れる意見を言うと、想像力のおかげで「ああ、○○なのよね」と的外れなまとめ方をされます。

    国際結婚で困っている人や国際恋愛中の人(こんな「括り」も不思議)のトピックには「言わなきゃ分からない」「黙っていては誤解される」といった方向のレスが付きます。それなのに、同じ立場(国際結婚・カップル)になった途端、「言わなくても理解しろ」に変わってしまうのですね。「同じ立場」の日本人同士でも言わなきゃ分からないし、伝わらないと思います。

    ユーザーID:9794725996

  • このトピを立てた目的は何でしょうか?

    将来起きるかも知れないトラブルに備えるためでしょうか?

    私は国際結婚で夫の国(先進国、非英語圏)に住んでいますが、
    私自身はどちらかと言うと、日本よりこの国に住んでいて良かったと思うことの方が多いです。
    家が広いこと、そして子持ちでも共働きをしやすい環境が日本よりはるかに整っているからです。
    私は現地語は流暢ではありませんが、手に職がありますので、現地会社で好きな分野の仕事に就いています。

    国際結婚の場合、何かあった時に一挙に夫婦関係が悪化することは考えられます。
    経済的な問題、配偶者の失業や転職による外国への引越し、
    それに伴う日本人妻の引きこもり、子供の教育への考え方の相異など。

    非英語圏の場合、夫婦間で英語を使っているカップルはリスクが高いです。
    別にトピ主さんを脅かしたいわけではありませんが、
    他国で暮らしている間は良かったけど、旦那さんの失業や心変わりで旦那さんの祖国に引っ越したが、現地語での生活に耐えられないと言うケース結構多いです。

    将来のトラブルに備えたいなら、
    旦那さまの祖国語の勉強を今から始めましょう。

    ユーザーID:1101196026

  • 国内外交と国内外交は違うと思う・・・

    日本人同士でも文化習慣は違う場合もありますが、国際結婚の場合とはやはりちょっと違うと思えます。
    上手くいってる時は流せる違いが、上手くいかなくなると加速度的に不味くなる要因になるのがこれじゃないかな。
    日本人同士で文化宗教の違いがある結婚でも、日本人の大多数の考えに所属していれば味方はすぐに見つけられる。
    ところが、相手の国に行くと、日本では見つかった味方がいなくなる。大多数だった自分の価値観が少数となり、周囲(親族や夫本人)に責められる場合が出てくる。
    具体的に言えば、日本では男性優位と感じられる事が、相手の国では女性を大切にする事だと思われている。だから意見の相違を大多数に責められ(同じ女性にも)、時には罵倒もされる。
    国際結婚は欧米の人とだけじゃないです。
    国内外交と国際外交、どちらがより大変かと思えば・・・やはり国際外交じゃないですか?
    根っこが違うというのは、波乱を秘めている場合が多く、その扉がどこで開くかわからない。
    開いてしまったら、互いの違いが全て引っ張り出されて収拾が付かなくなる。
    正しい・正しくないの境界線なんか、文化によって違う所が多々ありますからね。

    ユーザーID:9875566948

  • 何というか・・・

    仕事の関係や留学で海外で生活している人たちと、結婚相手の国がそこだから、という理由で祖国を離れ暮らしている人たちの問題を、同じ土俵で考えようという発想が驚きです。

    国際結婚していない人が「よくわからないので何が違うのか教えて」というのと、実際に国際結婚している人が「みんな大変大変というけど何が大変なのかちっともわかりません」というのでは、受け取る人の印象が全く違うことの意味がわからないというのは、やはり想像力の違いを感じます。

    国際結婚の大変さって、日本人同士の結婚生活の大変さや、スキルを持っての一時的海外滞在中の大変さとは、質やスケールが違うと思うのです。結婚生活での苦労を単語にすれば共通、仕事や留学で外国に滞在している人とも海外生活の苦労を単語にすれば共通。でもだから大差ないとは思いません。これも想像力の違いなのでしょうか。

    わたしは日本人と日本での結婚経験もありますが、やはり大差はあると思いますよ。それを苦労だと思うかどうかは別として。

    ユーザーID:2880232878

  • 前後の比較の問題

    結婚前の生活に満足して幸福だった人ほど、別の家庭を作る理由がないのだと思います。逆に日本で不満が多くあった人は新しい家庭が開放なのかもしれない。でもこれは、どんな結婚でも同じかでしょう。

    一つ国際結婚に固有だと思うのは、国際関係がそのまま家庭内に投影される場合がある事です。

    例えば戦後の焼け野が原からアメリカに渡った人達は、無条件で日本より豊かで質のいい生活が手に入りました。そしてこの世代の日本人で子供に日本語を話しかけた人は(英語がしゃべれなかったり日本人母子家庭の場合を除いて)ほとんどいませんでした。教える価値のない言葉だったからです。

    現在、同じ気持を持つ人は昔よりはるかに少ないと思います。これは結婚に国際関係の波が影響している一例で、苦労と感じるかどうかも微妙に社会の流れの中なのかもしれません。

    トピ主様の場合は、お互いに自分の母国ではない第三国でお互いの母国語ではない第三国語で会話をしていらっしゃるため、片方に一方的にかかるストレスがなくうまくバランスがとれているのかもしれません。僭越ですが、お子様がティーンになる前に腰をいれて子供と会話できる言葉が必要だと思います。

    ユーザーID:0023739779

  • 単純に大変でしょう〜

    私もトピ主さんの想像力に??です。留学や仕事関係の人達は区切りのある海外生活だと思います。永住の人達と同じように考える発想に私も驚いています。日本人カップルだと家では日本語だと思うので四六時中ず〜っと外国語を話しているのとは違うと思います。それってやっぱり国際結婚だから発生する事だと思うのですが。

    住んでいた国が違えば、根本からの考え方がかなり違うと思いませんか?っていうか、そういうのに気がつきませんか?(もしそうでなかったら不思議です。)同じ日本文化で育った人達って、個性は違えども同じ歴史教育を受けて、同じように義務教育を受けているから根本の日本人としての考え方って同じだと思います。

    もしそういうのをお気づきでないなら、危険だと。あまり込み入ったお話をされていないのかなって思います。そういうカップルをたくさん知っていますが、(込み入った話を避けるカップルです)色々突っ込んだお話をご主人とされた方がいいかもです。

    言葉で離婚と言うよりは、考え方の違いで離婚の方が私は多いと思います。突っ込んだ話をたくさんしていないから後々離婚に至る場合もあるようです。

    ユーザーID:3600400841

  • ズバリ、宗教ですね


    シンガポールの彼氏がいました。
    カナダで知り合って、半年間の短い間でしたが、幸せでいっぱいでした。
    最後の分かれた理由は、ズバリ、宗教違いですね!
    彼の全家族がキリスト教で、私の家族は無宗教で。。。
    悲しかったけれど、受け止めるしかないです。
    それ以外に、文化の違い、言葉の表現、食べ物の好み、家族の交流、将来、などといっぱい問題が出てくると思われます。

    なによりも、お互いの信頼の強さが一番大切だと思います。

    ユーザーID:7889798202

  • どこに住んでいるかにもよるかと。。。

    相手の国なのか、日本なのか、もしくは途上国なのか。。。
    また、その国が宗教色の強い国、差別のある国、反日の国、兵役のある国であるとか。。。
    また、閉鎖的なとんでもない田舎に住んでいるとか。

    ユーザーID:0493179601

  • すみません、意味が違うと思います。

    横ですがじらんさん、トピ主さんへの批判レスは<言わなくても解るだろう>って意味とは全く違うと思います。逆にトピ主が最初に一番大切な事を言わなかった事に対して私も含めて不快感を感じている事が理解出来ませんか?

    どなたかのレスにもある様に、国際結婚を経験していない人と実際に国際結婚をしている人が同じ質問<何が大変なの?>をしてでも、受け取る印象も全く違いますし答え方も勿論違ってくると思います。

    >同じ立場(国際結婚・カップル)になった途端、「言わなくても理解しろ」に変わってしまうのですね。「同じ立場」の日本人同士でも言わなきゃ分からないし、伝わらないと思います。

    あなたが言うこの意味が全く理解出来ませんが、あなたならトピ主と価値観が合いそうですね。

    ユーザーID:7985301433

  • なんのexcuseにもなってないよ!

    『言葉、宗教、習慣、その他もろもろ大変だと思える事は海外で生活されている方々に共通する事があり「国際結婚特有の苦労」が余計にわからなくなってました。』

    配偶者の家族との問題、本当の意味での海外での生活で起こる問題は 駐在や留学する方々とは本質がちがうのではないでしょうか?
    海外でも嫁姑問題はあるし、”お客様”できている駐在や留学生とはレベルを超えた差別にもあうこともありますよね?

    言葉の問題をクリアしても、本質的で表には出さない根本的な問題だってあります。

    『義母に外国人ということでみくだされているのを感じますが(義母との共通語がないので適当にスルー出来て丁度いい。)大変とまでは、感じません。』
    との発言は、”トピ主さんは、国際結婚において相手の文化・風習を軽くみる方なんだな”と感じました。

    『私の結婚は家族(両親、兄弟、親戚)の理解、支えに下で成り立ってる部分もあるなと感じております。』
    これこそ、国際結婚は関係ありません。国内でも同じように配慮がありますから。

    とにかく、国際結婚していることを隠して隣の家庭の問題を垣間見ようとしたことのexcuseにはなってませんよ。

    ユーザーID:0477615605

  • ちょっと違う視点から

    レスを全部読んでいないので、内容がどなたかと被っていたらごめんなさい。

    「国際結婚が大変」とよく聞くのは、トピ主さんの周り(トピ主さんと同じ立場の日本人)の方からでしょうか?
    それとも、世論ですか?

    『国際結婚』という言葉を思い浮かべるとき、なぜか日本人の女性と欧米の男性との結婚を思い浮かべる事が多いです。
    が、実は圧倒的に日本人男性と中国などアジアの国の女性との結婚が多いんです。

    国際結婚する日本人男性の数は、日本人女性の約3倍です。
    http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/1190.html

    検索してみてください。
    「これでは最初からうまくいかないのでは…?」としか思えない、事例があふれています。

    例)農村に、農作業や介護といった労働力、そして後継者を生ませるため、日本語すらわからない中国人の女性が嫁ぐ、等

    国際離婚率をあげてるのは、こういったケースが多いと思います。
    『国際結婚は大変』という世論が生まれるのも、こういった背景があるからではないかと思いますよ。

    ユーザーID:9211368026

  • 「想像力」と呼び直した偏見・先入観では?

    トピ主さんを差し置いて何度もすみません。

    若草物語さんは
    >トピ主が最初に一番大切な事を言わなかった
    とおっしゃるけれど、トピ主さんは、その情報の有無でレス内容が変わるとは考えていなかったとレスしましたよ? それでもなお
    >答え方も勿論違ってくる
    とおっしゃるのですね。私を国際結婚していない者だと思って、どうして「勿論」「違ってくる」のかを説明してくれる人はいないでしょうか。

    断っておきますが、私も当地で知り合う国際結婚している方々と会って話す時には、適当に話を合わせています。でも、以前のレスに書いたように、思い込み(ここで皆さんが「想像力」と書いているのと同じものだと思っています)のせいで、話を正しく理解してくれない人がいます(少なくありません)。そのせいで、レスタイトルに書いたようなことをよく感じるのです。

    トピ主さんの最初の質問の仕方は少し拙かったかもしれません。トピ主さんの言いたかったことと読者の受け取った内容にズレがあるという意味で拙かった。でも、こんなに多くの人が批判的にレスするほどのことなのかとも思います。

    字数が足りないので続きます。

    ユーザーID:9794725996

  • 私は国際結婚をしていて「○○だから」大変、なら理解できる

    続きです

    「大変だから」という理由で離婚する人はいないでしょうが、離婚の理由が「国際結婚だから」という人もいません。離婚に至るケースでは「十分にコミュニケーションできない」「浮気」「相手の金銭感覚についていけない」など、具体的な「困っていること」が出てきます。国際結婚の多くは言語の異なる相手との結婚なので、たしかに「自分は国際結婚をしている」という情報は、たとえば「コミュニケーションが難しい」ことの補足説明になります。でも、国際結婚夫婦の多くは、言語で苦労はしていないのでしょう? それとも、私が思っている以上に言葉で苦労する夫婦が多いのでしょうか。国際結婚夫婦に困ることがあるとすれば、国籍の異なる相手と結婚したこと、ではなく、そういった個々の事情によるものだと思っていたのですが、違うのでしょうか。

    トピ主さんが最初に
    >日本人夫婦も、それぞれ考え方、育った環境、価値観、色んな事が違いますよね?
    と書いたのは、そういうことだと思いました。

    ユーザーID:9794725996

  • 「国際結婚だから」で片付けたくない

    長くなってすみません。

    無意識のうちに「<国際結婚だから>で説明した気になってはいけない」と常々思っているのかもしれません。このトピックの流れを見た時に感じた「なんだか嫌な気持ち」に似たものを他でも感じることがある、どういう場面だったかと考えていて、同じ町で出会う国際結婚している日本人の(の一部)と話す時の違和感と似ているのだと気付きました。

    たとえば「姑が<入院したので>大変だ」と話した時に、「国際結婚していたらそうなるわね」と言われたらどう思いますか? 夫が浮気性だという愚痴に対して「国際結婚だから仕方がない」とあきらめる人をどう思いますか? 嘘のように思われるかもしれませんが、そういう人が本当にいるんです。その人たちが「国際結婚だから」と言うたびに「そうじゃない」と言いたくなります。以前は言っていました。最近は、言っても通じないので言うのをやめました。たまたま「そういう人がいる」だけであり、「国際結婚している日本人は」と一般化するつもりもありません。

    でも心の中ではこう思っています。「国際結婚だから」と考えている間は問題解決できない。問題の本質に気付いてほしい。

    ユーザーID:9794725996

  • 国際結婚の大変さ

    皆さんのご意見、(特に国際結婚していらっしゃる方)読んでいてとってもうれしくなってしまいました。私はアメリカ人と結婚して離婚して今は白人の彼氏と15年付き合っています。結婚していたときに娘が出来て今はもうすぐ18です。国際結婚は宗教の違いや言葉がわかってもやはり習慣の違いは大きいと思います。私もアメリカ生活23年ですが今でもたまに何でこんな風に物事をするのかなぁ・・なんて思うこともありますし、特に宗教の壁は破れません。私の彼はCatholic。だから毎週水曜と日曜日は教会に3時間くらい行ってます。私は行きませんが最初のころはどうして行かないんだ?とかなり質問され彼の妹までにCatholicになれとしつこく言われた事があります。今はもうあきらめた様ですが・・。その他にも金銭感覚の違いとか人種差別の問題とか書き出したら結構出てきます。でも習慣が違うから楽な点もたくさんあると思います。それから学生や海外勤務で限られた期間だけ居るのと国際結婚をしてその国に住んでいるのとは全く違うと思います。 

    ユーザーID:6583392050

  • じらんさんのご意見

    に全く同感です。

    言わなきゃ分からないという事がよく『外国人』の欠点とされている事が多いと思うのですが
    言わなきゃ分からなくて当たり前というか、言わないで分かっていると思い込んでいるほうが
    多い様な気がしますね。

    そういう点を克服するチャンスが生まれる率が高いという意味では
    国際結婚は良いものかも知れません。

    ユーザーID:0860902501

  • 強いていえば金がかかります

    あんまりありません。アメリカ人と結婚しアメリカで生活していますが、特に・・・なんでも食べるし、言葉はそこそこ通じているし、私は仕事や学校などで日常が充実しているので、あまり気にならないのかもしれません。
    配偶者の性格、自分の性格、相性、適用力、受け入れ度にもよると思いますが
    強いて言うならお金はかかります。相手国への飛行機代・滞在費がいちいちかかるし、書類系もかかります。
    日本人同士でもそうですが・・・国際結婚はお金がないとより大変、になりうるかもです

    ユーザーID:1586759783

  • 国際結婚をしている私の場合ですが

    何が大変かを聞かれた時に、国際結婚をしたことのない人には、言葉、食べ物の好み、宗教、考え方、マナーも含めて基本的なモラルのあり方の違い等、私が驚いたり、いくらなんでもそりゃナイだろー、と日本人同士の結婚ではあまり経験しないであろうことを話します。

    国際結婚経験者の人にはもっと掘り下げて話します。ですから話す内容が多少変わります。国際結婚をされたことのない人に経験者に話す内容と同じことを話してもピンとこないでしょうから。

    正直、国際結婚の大変さがわからないらしいトピ主さんが羨ましいです。それからどなたかが、Positive way of thinkingについて書かれてましたが、それだけではどうにもならない時が多々あるのが国際結婚の大変さではないでしょうか。

    ここ数年私と夫が揉めに揉めているのは、リタイア後はどちらの国に永住するかです。幸いにもわりかし良い収入の仕事をお互い持っており早めにリタイヤ予定です。が、自分の国にいればしないでいい苦労や我慢を片方がすることになりそうですから非常に難しいです。

    ユーザーID:4379502403

  • 若草物語さんに1票

    横ですが、若草物語さんと100%同意見です。

    それからじらんさん
    第二ヶ国語、第三ヶ国語を使っている人達が
    母国語同様に自分の言いたいことを
    相手に伝えられているとお思いですか?母国語同様に理解できているとお思いですか?
    必死に勉強しても
    ネイティブ並みになるまで一体何年かかるでしょう。
    言語に苦労している国際結婚夫婦の人達を何組も私は知ってます。

    それに加え、考え方、育った環境、価値観があまりにも違ったらどうなるでしょう。
    簡単な例えとして
    結婚した相手が浮気に関して寛容な国、環境で育っていたとしたら。
    舅、姑の意見が絶対な国で育っていたとしたら。
    結婚相手は同じ宗教なのが普通のこと、もしくは改宗も当然と考える環境で育っていたとしたら。

    世界は広いです。
    国際結婚をされてる人なら
    国際結婚の大変さの想像は容易にできると思うのは私だけでしょうか。

    最後に
    トピ主さんは純粋に想像力が欠けていらっしゃるのか
    他のカップルの問題を知って自分の幸せを感じたかったのか
    トピとレスの理解に苦しみます。

    ユーザーID:6600022278

  • 言語の苦労の大小は一生もの

    私の場合ですが。
    何十年と住んでいて、どこへ行っても、テレビを見ても
    不自由は感じなくなりましたが、毎日のように
    ネイティヴなんて程遠いわーと思っていますよ。
    多言語の上達度には頭打ちがあると思います。
    私にはこれ以上は無理ですわ。

    そういう時は、細胞をフル活動させて
    お互いの理解に徹底的に努めた話し合いで、穴を埋めていくのです。

    ユーザーID:1882492575

  • 国際離婚の増加。

    じらんさん、最近の世界情勢、または日本のNHKニュース等をご存知ですか?
    近年日本もグローバル化が進んで国際結婚が増えた分国際離婚も大幅に増加しています。その中の大きな原因が言葉によるコミニュケーション不足から離婚になるケースも多々あります。
    恋愛期間は良いけれども、いざ結婚となり相手国で生活を始めた時に言語が上手く話せない為に現地人の友達も出来ずにホームシックや鬱病になったり、パートナーとさえも深い会話が出来ない事からさまざまな問題が起こってきます。

    >でも、国際結婚夫婦の多くは、言語で苦労はしていないのでしょう? それとも、私が思っている以上に言葉で苦労する夫婦が多いのでしょうか。こんな風に思えるじらんさんは余程ネイティブ並に外国語が話せて今まで全く言語問題が無かった人なのでしょうね。
    それとも自分の物差しの範囲でしか物事を考える事が出来ない方なのかと思います。

    それから、姑が入院したって言った時に国際結婚していたらそうなるわって言われた意味が説明不足なのでよく理解出来ませんが、それは国際結婚でも国内結婚でも状況によって違うのではないのでしょうか?

    ユーザーID:9360666949

  • 私はじらんさんに同意

    言葉が100%でない、文化が違うというのは結婚する前から分かることじゃないでしょうか。
    背景の違いを確認せず「好き好き大好き」だけでの結婚もいいですよ。
    それで皆が幸せならむしろいいことです。
    でも、結婚した後に、認識のズレや言語のハンディを二人で修復したり歩み寄ったりするのは、別に国際結婚だけの作業じゃないと思います。
    この作業ができないのは、国際結婚が理由でなく、ただ単にパートナーとの相性とか価値観の違いとかが原因だったりしませんか?
    濃い方言は日本人同士でもわからないじゃないですか。
    妻または夫の通訳がないと、義理の両親と会話できないって言う人もいます。
    特殊な食材を食卓に出さないでくれと嘆く人もいます。
    地域特有の決まり事についていけないって場合もあるでしょう。
    別に国際結婚が特別って事もないと思うんですけどね。

    ユーザーID:1233393366

  • Elizabethさんと同じ意見です。

    >国際結婚経験者の人にはもっと掘り下げて話します。ですから話す内容が多少変わります。国際結婚をされたことのない人に経験者に話す内容と同じことを話してもピンとこないでしょうから。

    私も全くそのとおりだと思います。

    >ここ数年私と夫が揉めに揉めているのは、リタイア後はどちらの国に永住するかです。幸いにもわりかし良い収入の仕事をお互い持っており早めにリタイヤ予定です。

    こちらも我が家と一緒です。
    私自身は老後日本で暮らしたいのですが、経済的にちょっときびしいかなという感じです。
    一人息子が成人したときどちらかの国籍を1つ選択することになりますが、おそらく日本国籍を捨てることになると思うので、今現在住んでいる国に生活拠点をおいた方がいいのかなと思ったりもしています。


    >自分の国にいればしないでいい苦労や我慢を片方がすることになりそうですから非常に難しいです。

    そのとおりだと思います。
    他国に住まない限り、どちらか片方が多少なりとも負担や苦労することになりますよね。

    ユーザーID:0493179601

  • きっと。。。。

    じらんさんの今までのレスを読みましたが、きっと国際結婚でものすごく辛い経験をなさっているのだと思います。

    多分、姑さんとかご主人の浮気とか。。。。
    だって、あなたのレスを読んでいてものすごくせっぱ詰まったものを感じるんだもの。。。

    ユーザーID:9360666949

  • 国際結婚だからではなく。。。

    じらんさん、かなり問題を履き違えておいでですね。

    トピック主さんがたずねる国際結婚の大変さは<姑>とか<浮気>ではないと思います。
    もし、あなたが国際結婚をしていてその問題を抱えていた時に周りの人達が<国際結婚だから>で片付けたとしたら、その周りの人達が変ですしそれに気が付かないあなたにも多少の問題はあると思います。

    浮気や姑問題は国際結婚うんぬんではないですし、確かに個人の問題です。

    ユーザーID:7559167889

  • 私は言葉だよね〜

    言葉で苦労されていないと言う人達が私は不思議です。毎日外国語で生活ってやっぱりしんどいと思うのは私だけでしょうか?夫と外国語で会話、仕事も外国語・・・あ〜母国語だともっときちんと言えたのに〜とか説明できたのに〜って場面がないって事なんですよね?私は毎日のようにあります。

    後は、日本に帰った時に、通訳するのにどっと疲れます。時事問題とか、政経の話になると私の脳みそは非常に疲れて、大変・・・と思います。

    私が知っている人達で、うちは夫婦間の言葉は大丈夫よっていうカップルは大抵、外国人配偶者がかなり分かりやすい言い方で話をされている場合がとても多いように思います。ネイティブ同士だと絶対にそういう話し方ではないよねっていう言い方です。だから皆さん、配偶者の友達が来て、配偶者と話をし始めると分からないとおっしゃっています。

    言葉の問題ってやっぱり国際結婚だから起こる事だと私は感じています。特に喧嘩した時は、私はやっぱりすごくしんどく感じます。日本語だったらどんなに楽だろう〜って何度も思いました。国際結婚と言葉が関係ないと仰る方は、私のような経験がないという事なんでしょうが。

    ユーザーID:9186978090

  • 大変なことってさ

    ここで国際結婚の大変なことをレスした人ってさ(私も含めてだけど)…

    大変だ!と思った。大したことではないけど自分にとってはキツかった。違和感感じたetc…
    これって『嫌な感情』じゃない?
    のど元過ぎたから笑い話にできることだけど
    でも思い出すと心がチクッと痛かったりするものじゃない?
    それをレスしたわけですよ。
    トピを読む限り国際結婚ではない方なのかな?と思って…。

    で、主レスが「私も国際結婚をしているけど、何が大変なのかわからない」…。
    正直、自分でも残酷だと思うけど

    『あんたも国際結婚なら、いつか同じようにツラい立場になっちまえ』

    って思った。妬みだよね。自分でもちっちぇーなと思うよ。

    たしかにトピに自分も国際結婚してるって書いても書かなくても
    レスにものすごい変化はなかったかもしれない。
    だけど、レスを書く人にとっては大違いだと思うよ。その一言があるかないかで。
    容易に想像出来ると思うんだけどな。

    …そう言う意味で主には想像力がないな。って思った。

    でも。もういいんじゃない?
    自分の訊きたいこと聞き出したからトピ主も
    このトピなんかもうみてないでしょ。

    ユーザーID:8516639497

  • 食べ物に一票

    価値観のちょっとした違いとか挙げだしたらキリがないけど、私にとって最大の問題は食事かな。毎日和食食べたいと言ったところで周りには理解されるハズもなく、カロリー「だけ」タップリの食べ物のオンパレード。アメリカで日本食と言ったら、スシ、テンプラ(本来の内容からかけ離れてるからあえてカタカナで)、鉄板焼き。「スシではなく寿司が食べたいです」、と言ったところで通じる相手は限られているのがツライかな。青魚やカニの刺身なんていくら出しても食べられないから…。

    アメリカ暮らしで食事がイヤになってきたところに、病院食で心がポッキリ折れたところ。こちらでは朝昼晩にオヤツ2回の1日5食が良いとされているけど、食事くらい自分の好きなものを好きなときに食べたい。

    ユーザーID:3946147921

  • 大変というより悲しい・・・・。

    50代半ば、国際結婚でヨーロッパに暮らして30年近く過ぎました。
    トピ主さんのように前向きで夢中で子育てやここでの生活になじむのに燃えていた時代を経て、現在は子供も育ち夫婦2人の生活に戻りました。
    基本的に国際結婚にしても日本人同士にしても大変な事は大変、夫婦、子供、義理の両親の問題、根本は一緒です。

    私が最近思うことは、ここにまさに骨を埋める事への悲しみです。
    両親は既に亡くだんだん日本に戻る機会も減りました。姉はいますし仲はうまくいっていますが現在は長男夫婦と二世帯で暮らしていますし、気楽に行き来はできません。将来の事を考えると贅沢もできず数年に1回里帰りしてホテルに泊まるのがせいぜいです。旅行などの楽しみの費用をすべて日本行きに使えはしませんから・・・。

    もっと年をとればだんだん里帰りもままならなくなり結局はここで老後を迎え死んでいくことになります。若い頃は何も考えなかったけれども、もしぼけて現地語がわからなくなったら子供に迷惑がかかるし、主人に先立たれたらなどと色々考えます。しょせん母国ではないのですから。
    若い時はともかく老後が一番問題ではないでしょうか?

    ユーザーID:2339003709

  • じらんさんに100%同意

    私のレスを見た客観的な意見ですが、
    小町にレスするような方(国際結婚をされた方で)は、じらんさんが苦手とされる「言わなくても分かるでしょ」グループの日本人の典型的な例だと思いました。
    じらんさんのご意見、理解できてないと思います。

    「たとえば」の話を、まるでじらんさんご自身の話のように早合点して、辛い経験をしたとか決めつけるオリビアさんこそ、私も苦手だな、と思いました。決めつける人って、周りに与えている影響が見えない人が多いと思います。

    それとトピの立て方で、トピ主を批判している方、キツいと思います。

    レスすれば良いだけで、批判の必要は無いです。

    私の場合、国際結婚の苦労は、言葉と文化理解です。でも、お互いの思いやりで解決できることが多いです。何年住んでも、ネイティブと同じ土俵には立てませんが、この国には幸い外国人労働者が多く、4カ国,5カ国語を操る人も珍しくありません。ですので、皆、決して全ての言語がネイティブレベルということもありません。

    計算や設計が主軸なので、言葉での苦労が少ない仕事でラッキーだったと思います。

    ユーザーID:3922847983

  • トピ主です

    すみません、ご無沙汰してました。
    体調不良、子供の学校関係、仕事、色んなことが重なり、パソコンから遠ざかっていました。
    ごめんなさい、そしてその間にもレスをいただき、感謝しております。
    ですが、私への批判レスはいいのですが私の意見考えに対して同意して下さった方々にまで批判レスがでる様になったので、これで私のトピは締め切らせていただきます。
    今までありがとうございました。

    私は確かに幸せですが他人の不幸話を聞き出して、楽しむ趣味はございませんし、私の不幸を望む方が多いのにもびっくりします。
    心が疲れた方が多いようですね。

    私の結婚生活がおかしくなった場合、私は決して主人が外国人だからとか国際結婚だから、ではないと自信があります。
    生活していると色んな事にギャップが生じます。
    私達はお互いが納得出来る所まで歩み寄りしますし、その努力をします。
    私にはその努力、苦労=国際結婚ではないので、トピを立て聞いてみたかったのです。

    共感出来るレスも沢山ありましたし、「なるほど」と思えるレスもありましたのでトピを立てて良かったと思っています。
    ありがとうございました

    ユーザーID:3065436160

  • Old Lady さんと同じく。。。

    欧州人と国際結婚して欧州在住25年です。
    私もOld Lady さんと同じく自分の老後が心配です。

    私の知り合いでやはり国際結婚でこちらに住んでいる方ですが<かなり年欧で上です>ご主人が亡くなった後、身よりも無く<お子さんはおいでませんでした>ご主人を亡くしたショックと孤独感で65歳で認知症になってしまいました。
    現在はグループホームで生活していらっしゃいますが、現地語を殆ど話せなくなってしまい、日本語でしか会話が出来ない為に職員さん達は本当に苦労をしていらっしゃるとの事です。

    何だかその話を聞いて、ますます日本で骨をうずめたいと考える様になる今日この頃です。

    ユーザーID:7985301433

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧