助けてください!二週間後に英語の会議

レス31
(トピ主2
お気に入り66

キャリア・職場

上がり症

こんにちは。
30歳、女性会社員です。
タイトルの通りの相談なのですが、急に英語の会議に出席しなければならなくなりました。
英語がネイティブレベルの人の代理出席です。
発言する機会は挨拶程度だとおもいますが、
話している内容の記録を取らなくてはなりません。

私の英語力は、英検2級、TOEIC750点程度です。
そのスコアだけを見て代理出席に指名されたようなのですが、
正直受験英語ですし、会話は日常会話もギリギリできるかどうか‥というレベルです。
英語の勉強は学生以来まったくしていませんし、不安でたまりません。
また、ビジネス的な言い回しや専門用語の聞き取りも、初めての経験で自信がありません。
(議題については勉強して行くつもりですが)

小町にはお仕事で英語を使われている方も多いようなのでぜひ教えていただきたいのですが、
あと二週間で出来る対策として、どんな取り組みをしたら良いでしょうか?
こういう外国語を使う会議に出る時の心構えや、
記録を取る時の裏技的なものもありましたらぜひ教えてください。

プレッシャーに押しつぶされそうです。
よろしくお願いいたします。

ユーザーID:7639420086

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数31

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 上司と相談してください

    TOEIC750で国際会議は無謀と言うか、ほとんど理解できないと言うことになるのではないでしょうか?

    ただ、トピ主の会社と、その会議への出席意義について触れられていないのでなんとも言えませんが、単に顔つなぎのために出席する程度ならば、問題がないのかもしれませんね。
    その場合はICレコーダーを購入して記録をとる程度でよいのではないでしょうか?

    いずれにしても、小町じゃなくて上司に判断を仰ぐべき事柄だと思いますよ。
    「英語の会議なんて無理ですけど良いんですか?」
    「トンチンカンな受け答えをして会社の評判を落すかもしれませんよ」
    と素直に確認しておくべきです。

    ユーザーID:8402948102

  • 録音

    早い目に会場に行って ICレコーダー3台位設置し、全内容を『録音』です。

    録音を持ち帰り、自分で訳するなり、誰かに聞いてもらえば良いのでは?

    デジタルカメラとかビデオも持って行って使えたなら、更に情報多いので、後でまとめやすいかと思います。

    挨拶の練習と、NHKのビジネス英語とかの聞き取り練習を繰り返しやっておいたらどうかなと思います。

    ユーザーID:5437285421

  • 無理なら断る

    私なら、そのような指名があっても断りますね。
    英検2級、toeic750じゃ、会議の内容を聞き取って記録をとるなんて無理ですよー。
    試しに英語のドラマや映画の会話を聞き取ってノートに書いてみては?
    それができなければ、まず会議の記録をとるのは無理です。
    それに自信もないのに引き受けるのは無責任です。
    英会話は実際に話して身につけるものです。
    2週間ではどうにもなりません。

    ユーザーID:6611174728

  • 短期集中コース

    ビジネス英語 集中で検索して
    場所と時間の都合の良いところを選んで行きましょう。
    学校によってはネット授業をやってるところもあります。
    休みの日に全日レッスンを何度か受ければある程度自信がつくでしょう。
    費用は会社にかけあえば出して貰えませんか?

    会話の記録を取るということであれば、レコーダーなり
    ビデオカメラなりで録音、録画しておくという手もありますよね。

    ユーザーID:8482806853

  • 議題の理解が最優先 1

    トピ主さん、大丈夫ですよ!落ち着いて。受験英語だろうとなんだろうと取り合えず、そのスコアがあれば大丈夫ですから、英語は取り合えず横に置いておきましょう。どのみちあと2週間では英語が飛躍的にうまくなるということはありませんから、腹をくくって下さい。最悪分からなくても死なないし、クビにもならないし、せいぜい恥をかくくらいですから大丈夫!

    あと2週間ですから、議題をとにかく理解できるようにしておいてください。理解というのは、まず内容理解がひとつ。これは他人に説明できるくらいにしておいてください。日本語でOKです。次にこの会議の目的は何か、ここで何が話される予定なのか、分かる人に聞いてください。会議というのは、あらかじめ筋書きというものがあるのです。そして筋書きを知っている人が必ずいます。いろんな意見が出て、ディスカッションになるのでしょうが、必ず落ち着き所というのを見極めている人がいるはずです。その人を探して、事前にリサーチするのです。

    要は「言葉が分かる人」から「話が分かる人」になってしまえばいいのです。英語なんてできなくたって。そして会議には必ず小型録音機持参です!

    ユーザーID:7288979637

  • キャリア・職場ランキング

    一覧
  • 一番良いのは、正直に無理だと告白することですが、、

    もう何を言ってもその状況は避けられないようでしたら、何でもいいからやるしかないですよね。


    1.何より、本来出るハズだった人から、どんな形式で進める会なのか、自分は発言する必要はあるのか、絶対聞き漏らしてはいけないポイントは何なのか、確認できるだけ、なるべく多く確認しておく。
    2.もし何か発言する必要があるようなら、その文章を作って発音練習しておく。
    もしも、まったく英語で会話した経験がないなら、準備もなしにその場で会話を聞きながら英作文するのは恐らく無理です。
    3.会議で必ずでてくると予想される単語については、事前に調べておく。
    これは同時通訳などでも事前に準備していることです。

    また、裏技としては、駄目元で、同じ会議に出る日本人が、他部署でも他の会社でもいいからいないものか、確認する。
    いるようなら、後から不明だった部分を確認させてもらえないか、事前に頼み込んでおく。

    2週間ならせいぜいこの程度ですかね。
    何より、あなたにその仕事を振ってきた人の、あなたに対する期待値を事前に下げておくことが重要だと思いますよ。
    がんばってください。

    ユーザーID:0512626227

  • 議題の理解が最優先 2 心構え

    心構えですが、会議場には早めに行って、席を取ったら、周りの人とニコニコ(重要)ご挨拶して、歓談しててください。「素敵なネクタイですね〜」とか「今日は寒いですね〜」とか何でもいいです。ドキドキするのは分かりますが、あえてヘラヘラしててください。

    そして会議が始まったら頭のスイッチをパチンと入れるのです。そして「話が分かる人」になるのです。なりきる力が全てです。抽象的な話で分かりにくいですが、とにかくスイッチの入った状態になるのです。

    ビジネス的な言い回しの勉強なんて、この会議が終わってからやりましょう。専門用語は分からないと話にならないので調べておいてください。議事録は録音したのを聞いて後でゆっくりやればOKです。

    私は今でこそフリーの通訳ですが、企業で仕事をしていた最初の頃はそれはヒドイ恥をたくさんかいてここまで来ましたよ。ブレイクスルーは、全然語学なんてできないのに、会議に悠々と参加して、積極的に発言して(変な英語で)、皆を感動させるような「話の分かる」ボスと仕事をしたことと、スイッチの入れ方をマスターしたことです。素晴らしいチャンスに感謝して頑張ってください!

    ユーザーID:7288979637

  • 本当に分からなかったら

    長くなってすみません。

    会議に出ても本当に何も分からなかった場合は次のようにしてください。しつこいですが録音は忘れずに。

    終わったら即効でパワーポイントを操作していた人のところに駆け寄って、「素晴らしい内容でした。私は代理できたので、報告しないといけないのでパワーポイントをコピーさせていただけますか」と名刺とUSBメモリを差し出しながら言ってください。片付ける前にです。私は今までなぜか断られたことがありませんが、もしダメと言われたら「そうですか〜、ではちょっとボスに聞いてみていただけます?後で万一いいよってことになったら、こちらのメールにご連絡くださると本当に感謝いたしますわ」とか言って名刺を渡す。

    さらに名刺を持って、発表者のところへ行って「今日は○○の代理できた△△です。素晴らしい発表でした。今後ともよろしくお願いします」と挨拶して、無理やり雑談か質問でもニコニコしてきてください。会議で分からなかったところの確認も。「今日の一番の重要なポイントは何なのでしょう?」とか。アホかいなと思われます?でも、これで報告書はバッチリですよ。

    ユーザーID:7288979637

  • 開き直る

    私も、不足した英語力で、重要な会議に出ることが多かったし、今も多いです。
    TOEIC750だと、おっしゃるような英語力だろうと思い、正直、不十分ですが、突如の会社の指名なので、指名した側にも責任があります。
    開き直り、かつ、最善をつくしましょう。

    ・会議の目的、主さんの会社からの提案内容や望ましい結論、絶対に避けなければいけないこと、を英語で、頭に入れていく。
    ・会議の背景となるドキュメントやこれまでの経緯、資料などを入手して目を通しておく。
    ・質問されたとき、どのようにこたえるか、声を出して練習しておく。
    ・できれば、議事メモを要求し、落ち着いてよく読んで、疑問があればサインしない。
    ・会議にブレイクを要求し、ブレイクの時間に仲間と対応を相談する。
    (まさか、全権委任されて一人で出るんじゃないですよね?)

    あとは、開き直って、当たって砕けましょう。
    よい経験となることと思います。

    ユーザーID:3379802351

  • 想像力を働かせて

    今までの会議の記録はありませんか。
    他には自社製品を説明するパンフレット。
    何についての会議なのか、事前に教えてもらいましょう。
    例えば、子会社の統合・廃止ならそれに関する用語。
    新規にベトナムに子会社を作るならそれに関する用語。
    そのように、予想される用語を徹底的に探ります。

    さらに、敬称と英語タイトル。
    誰がmanegerで、誰がchiefであるとか、部署の英語名も洗います。
    本部、支店、営業部、庶務、部長、子会社・・・そういう単語を洗います。


    兎に角、予想される単語の日英を徹底的に調べます。
    また、電子辞書も用意しておきます。
    記録しなくてはいけないなら、ボイスメモも準備します。

    頑張りましょう。

    ユーザーID:5366921242

  • 全部録音しましょう!!

    こういう時には、見えを張っていてもしょうがないですよ。

    挨拶だけでいいなら、常套文句だけ発言しておけばいいです。

    ユーザーID:2330887093

  • 業務には精通していますか?

    語学と言う面で言えば、2週間で準備できることなんてほとんどありません。
    あるとすれば、会議で話し合われるであろう内容を詳しく調べておくくらいでしょうか。

    会議の内容にあたる業務に精通しているなら、そのまま出席したらよいと思いますが、精通していないなら辞退するのがいいと思います。
    辞退する場合には、業務に精通している人が代わりに出席するように手配されるのが良いと思います。
    というのも、ある程度語学が出来ても業務内容を知らなければ話している内容がわかりませんが、語学があまりできなくても業務を知っていれば内容はなんとなくわかるものです。

    しかし・・・TOEICで750って、ビジネスレベルでは使えるものだと思っていましたが、日常会話程度のものなのですか?

    ユーザーID:2817205352

  • がんばって

    かっちりした会議ではありませんが私も毎週英語の会議で難儀しています。毎回会議後メモを展開すると上司から「こんなこといっとらんやないか!」と怒られます(脅かすつもりはありませんが)。
    そこで気づきましたが、メモはそのまま英語もしくはカタカナで書き取る、事前に何を話すかを根回ししていろんな人に聞いておく、ってのはいいと思いました。またメモを英文にして相手にも送信し、間違ってたら修正して送ってくださいとかもいいんじゃないでしょうか。それに外国人の方は理解してもらえることが大事で、日本人のようにそこでわからなくて後で調べるってのは比較的好まれないかもしれません。わからなかったらその場で聞けるのであれば聞いたほうがいいかもしれませんよ。
    がんばってください!

    ユーザーID:4631606400

  • 無理なものは無理と言う

    記録をとる仕事として会議に必要なら、
    書かれている通り、自信のないこと、実力では無理なことを正直に上司に言うしかないです。2週間では無理です。
    私が上司なら、記録の取れない人が出席しても仕方ないので、別の人を探しますし、言ってくれて良かったと思います。

    大丈夫だと思ってたら、ぜんぜんだめだったって後から分かったら、仕事に支障がでるだけですから。未然にそれを防ぐ必要があります。

    トピ主さんが駄目だといってるのではないです。ビジネス英語が分からない、専門用語もわからない、議題についても勉強しなければわからない、の状況なら、誰だって無理だと思います。

    もし、これから2週間毎日、大学の講義に参加するように、同じ議題のネイティブの会議に朝から晩まで座って、トレーニングできるなら、可能性はあるかもしれませんが、働いているなら、それも無理でしょうし。

    別の人が出るにしても、状況が許せば、いい勉強の機会のなので、参加させてもらっては?そういう前向きな姿勢を示すのもいいと思います。

    ユーザーID:3401816489

  • 大した成果は無いかもしれませんが・・・

    とにかく英語を聞く。

    2週間では大きな違いは無いかもしれませんが、出来るだけ耳を英語に慣らすことが大切です。YouTubeなどで会議の内容に近い講演会等を検索して、何度も何度も聞いてみてください。

    慣れない言語での会議、不安ですよね。
    頑張って!!

    ユーザーID:3961257410

  • 専門用語

    専門用語だけは英語でよくよく調べておいて、
    会議で出てきたらすぐrecognizeできるようにしておきましょう。
    それだけでも、相当違うと思います。
    それらの省略表記も決めておくといいと思います。

    一般的な聞き取りのほうは、ラジオやテレビの上級英会話教室番組などを見て
    慣れ度をあげるしかありません。

    頑張ってくださいね。

    ユーザーID:8113184159

  • 録音しては

    私は英語は全くできないので 心構えや裏技はわかりませんが、
    2週間でどうにかできるとは思えません。

    会議の内容を録音しておけば、安心感から 案外聞き取れるかも。

    ユーザーID:4231762354

  • レコーダーを用意

    不安なお気持ちよくわかります。
    私もTOEFL、TOEICの点数高いからと、会議や通訳にかり出されるのですが、実は聞き取りがとても苦手です。だいたいビジネスや会議の英語とTOEICの英語にはものすごく隔たりがあります。地方により訛ってる英語や母国語のアクセントがきつい英語、昔の言い回しから最近流行の言い方、専門用語、省略語...聞きにくいことだらけです。

    今から二週間ではあまりたいしたことはできませんが、英語のビジネスニュースを聞くのは良いと思います。細かい点はいいですので、「是か非か」といった大きな点を理解するようにすると良いと思います。

    当日はICレコーダーをぜひお持ちください。先に会議のまとめ役の方に記録を取ったら消すと言う条件で許可を得ておき、あとで何度も繰り返して聞きます。

    会議中は、議題や資料があるでしょうから何について話しているのかはわかりますので、一字一句を逃すまいとするのではなく、ニュースで練習したように、全体の流れから「是か非か」を掴みます。誰の発言かだけはレコーダーに残りませんので、それは記録するようにします。

    参考になると良いのですが。

    ユーザーID:1608902483

  • がんばってください

    当方、日本語・英語ネイティブで、アメリカ企業に10年以上勤務しています。

    二週間でできる対策・・・というのは限られていると思いますが、最低でも業界用語、業界特有の専門用語があればその英語訳は知っておいたほうが良いでしょうね。あと簡単な自己紹介がスムーズにできるようにしておくと良いかと。ビジネス的な言い回しなどは、特に気にする必要ないと思います。

    仕事上、私も日・英語の会議によく出席するのですが、基本的に「会議に参加する(発言や意見交換含む)」ことと「議事録作成、会議の記録をとる」ことは別作業です。私の知人でプロの通訳をしている人でも「通訳すること」と「(会議終了後に)議事録を作成すること」は別といいます。ですから、会議に入る時に、

    (1)ICレコーダーを持参すること 
    そして
    (2)会話の中のキーワードを“英語”で書き取っていく
     
    → キーワードが分からなかったら、とりあえず、聞き取れた単語だけでも構いません。この時、必ず英語で書き取ること。いちいち日本語に直していると、時間がかかりすぎて、次の話題に乗り遅れる可能性があります。(続きます)

    ユーザーID:2581552903

  • がんばってください(続)

    (続きです)

    会議に参加する方の国籍が分かりませんが、例えばアメリカ人ビジネスマンだったら、言いたい事、伝えたい事を「筋道立てて、相手に分かりやすく、かつなお強調する」という会話の訓練を大学で学んでいますから、できるだけ重要キーワードを書き取り、あとは会議が終わってからICレコーダーで聞き逃した部分、文脈や相手の意図、ニュアンスなどを聞いて書き出していけば、記録書が作成しやすくなると思います。(どうしても分からない部分は、英語の出来る人に聞きましょう)。

    私の経験からですが、仕事で外国人(ここでは英語圏外の人)と英語で話す時、電話での会話は「何言っているのかさっぱり?」でも、後で直接顔をあわせて話すと意外と理解できるものです。

    今色々とご心配されていると思いますが、実際に会議に入れば、意外と大丈夫だと思いますよ。何事も経験。失敗してもそれも経験。そう思って、あと会議では笑顔で堂々とふるまうこと、かな。

    がんばってください!応援しています。

    ユーザーID:7156220621

  • 無理

    2週間ではどうにもなりません。そのレベルなら聞き取ることもできないと思いますよ。会議を全部録音するくらいしかできないでしょうね。

    ユーザーID:3102917479

  • ICレコーダーの用意

    2週間でリスニングがどうにかなるのなら、誰も苦労しないと思いますよ。

    上司に相談して、それでも会議に出席する必要性があるのならICレコーダーで録音して下さい。

    日常会話とビジネス英語は次元が違います。使われる単語も全く違いますので記録を取るなんてかなり難しいですよ。

    日常会話もままならない人がビジネスの会議に出るなんて無謀もいいとこですので、その点を上司の方と相談して下さい。

    Good Luck!

    ユーザーID:9029842708

  • アジェンダ・資料・発言者の表情

    今回、ネイティブレベルの人の代理出席とのことですが、議事録をとらなければならないのでしょうか?
    それとも、上司向けに簡単なレポートを作るだけですか?

    もし後者であれば、アジェンダと当日配布される資料を元に簡単なメモはとれませんか?
    出席者の表情や身振り手振りで等で提案が合意されたかどうか等、ある程度予測できます。
    そして、発言者・・・特に英語のネイティブスピーカーは一番言いたい事(結論)を強調して言います。その強調している単語(フレーズ)を逃さない事。
    また、他の方も仰ってますが録音するという手もあります。

    英語の会議と言う事だけで、どのような業界の会議なのかがわかりませんが、専門性が強い会議であればあるほど使われる単語は決まってきます。
    私は以前外資系製薬会社に勤めていました。当時TOEIC750点でしたが英語の会議は頻繁に出席していましたよ。専門性が強いので出てくる単語は本当に決まりきっていました。

    もし議事録レベルの記録を取らなければならないのであれば、それは厳しいと思うので上司に相談してできないと正直に言えば良いと思います。

    ユーザーID:6607712290

  • 無理だと思う

    代理出席を依頼された時にどういう返事をしたのですか?
    普段英語を使っていないのに無理だと言わなかったのでしょうか。
    日本語だって会議の議事録を取るのって大変ですよね。
    私も英語が未熟だったころ(それでも今のトピ主さん以上のレベルはありましたけど)
    会議に出て2,3人いっぺんに話されて議論になった時は一瞬で会話について行けなくなりました。
    会議はトピ主さんのレベルには合わせてくれません。

    私なら断ります。
    録音をしたとしても、テープ起こしの様な作業は必要にならないでしょうか。
    その作業も簡単ではありませんよ。

    安請け合いをして取り返しのつかないことになるよりも、
    無理だと断る事の方が貴方の為でもあるし会社の為でもあります。

    ユーザーID:4944136543

  • ありがとうございます、トピ主です

    すみれさんまで拝読しました。
    皆さん親切なご回答をありがとうございます。

    いただいたご意見をもとに、次のようにプランを考えました。

    1.上司、主催者に相談する。
    ⇒正直に自分の実力のほどを申告し、判断を仰ぎます。
    無責任にはなりたくありませんが、業務に支障がなければ出席させて欲しいとも伝えます。

    2.ボイスレコーダーで録音する。メモは訳さずに取る。
    ⇒自社主催の会議なので、事前に主催者に事情を話して許可をとります。

    3.知識をつける。
    ⇒会議のテーマは通常の私の業務には関わらないものなので、
    当日までにその内容、挨拶、関連用語、一般的なビジネス用語(参加者の肩書等も含め)をしっかり確認し、
    念のためにメモも持参します。

    4.出来るだけ英語を聴いて耳を慣らす。
    ⇒ドラマや映画は字幕なしでも理解出来たような気になってしまうので、
    ニュースやビジネス英語教材を当たってみます。

    皆さんのご意見を伺って、少し落ち着いてきました。
    足りない点など、引き続きご指摘頂ければありがたいです。

    ユーザーID:7639420086

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • その英語力で英語会議は無謀では?

    高校卒業時点で英検準1級、TOEIC860点でした。
    当時留学経験もなく、完全に受験勉強だけだったので、大学の英語ディスカッションですら、帰国子女らに混ざってかなりの苦戦をしいられました。
    1年間みっちり特訓してようやくネイティブの話について行ける程度でした。

    はっきり言って、そのレベルでビジネスの場に参加するのは危険だと思います。
    英語が得意でない人は、TOEICが800点程度あれば仕事で使えると勘違いしてしまうきらいがありますが、試験勉強と実践は全然違いますし、申し訳ないですが英検2級程度は英語が得意などとは決していえないレベルなので、一刻も早くギブアップしたほうが、後々の会社の、そして自分の信頼を失う危険を防ぐもっとも良い方法だと強く思います。

    ユーザーID:0512626227

  • まさに私と同レベル

     私も同レベルです。
     最初は英語での会議と聞くとびびってましたが、最近は慣れました。

     問題は英語以外の部分にあります。
     私はいまだに英語の聞き取りは不十分ですが、会議の終わりに議事のトピックを取り上げ、不足や誤解がないか確認します。

     どうしても駄目だったら、きちんと英語ができている参加者に議事録を作ってもらえるようにお願いしましょう。

     外国人は日本人は英語が苦手なのを知っています。助けてくれるはずです。外国人が頑張って日本語でプレゼンしたり会議参加したら助けてあげてくなるでしょ?それと同じ。

     英語ができなくても、言わなければならない事、確認しなければならない事をきちんと確認できれば仕事は果たした事になります。言葉だけの問題なら時給計算の、言葉だけできる派遣の通訳さんにでも来てもらえばいいんですよ。トピ主には言葉以外のミッションがあるはずです。

    ユーザーID:9513178972

  • 努力につきます

    誰でも最初の国際会議は馴れていないので難しいものです。
    ネイティブの代理だとしても上司はちゃんとその点を理解しているはず。
    そうでなくて重要な会議をあなたに任せたとしたらそれは上司の責任です。

    短期間で上達を求めるのであれば、リスニングの上達が一番だと思います。
    インターネットで日常会話の収録してまとめたサイトがあるので、パソコンや携帯プレーヤー(再生速度を調整できればベター)で2週間英語漬けにすれば少しは安心できると思います。私は海外出張の際に耳慣らしに飛行機の中で聞いています。
    初めての会議であれば自己紹介程度で積極的な発言を求められることはないでしょうから、自己紹介に使えるフレーズがさっと出てくるように準備しておくこともひとつの手です。
    これを機会に英語の学習に力が入るといいですね!

    ユーザーID:5774707426

  • トピ主です。関係者に相談しました。

    皆様、引き続きありがたいコメントをありがとうございます。

    実は、今回の打診は私の不在時にメールで来ていたもので、関係者に会うのは今日が初めてでした。
    上司も含めての打合せがあったので、正直に、英語力に不安があり、迷惑をかける可能性が高いと相談しました。
    すると、次のように言われました。

    ◆トピ主の今回の出席意義は、国際会議に慣れることと、本プロジェクトに関わる人に挨拶をする事。
    ◆正式な議事録は別の参加者が取る。トピ主を代打に指名した社員に会議の要点が伝えられる程度のメモを取れば良い。
    ◆トピ主も今後は本プロジェクトに参加するように。

    どうやら今回の件は、私の早とちりが大きかったようです。
    お騒がせして申し訳ありませんでした。

    反省点は色々ありますが、今回相談させて頂いたことで、皆様が大変努力されていることを痛感しました。
    私もこれをきっかけに、真剣に英語を勉強することを決めました。
    その前に、頂いたアドバイスを活かして、目の前の会議への参加を有意義なものにしたいと思います。

    温かいコメントも、厳しいコメントも、どちらも大変身に染みました。
    本当にありがとうございました。

    ユーザーID:7639420086

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • 小さなノートパソコン、またはポメラ

    こんにちは。

    もう一カ月前近くのトピックですが、今後また国際会議に参加される機会があることと思いますし、投稿させてください。

    私は現在イギリスで学部留学(英米文)をしています。4年目ですが講義中はノートを取るのに必死ですが、最近は録音したファイルがある場合はなるべくノートパソコン(ワード文章)でメモを取っています。

    断然早いです。また、ボタンひとつで日本語、英語と切り替え可能ですし、スペルを間違えても、自動でスペルチェックが働きます。3,4万円程度で手に入ると思いますのでぜひ試されてはいかがでしょうか。(1年目からそうしなかったのか、悔やまれます)

    お恥ずかしい話ですが私は社会経験が殆どない27歳です。将来的にトピ主様のような状況に置かれれば、語学を最大限に伸ばす、活かす工夫が今後を決めると、色んな道具を駆使しますよ!

    文学部に在籍していますが英語力は未だに自信を持てません、語学を習得するのはとても難しいです。英語に限らず色んな分野にアンテナを張り巡らすのが大事ですよね。国際会議、頑張ってくださいね。

    ユーザーID:8408657662

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧