• ホーム
  • ひと
  • 父に「介護はしない」と言ったら泣かれました。

父に「介護はしない」と言ったら泣かれました。

レス124
(トピ主5
お気に入り255

家族・友人・人間関係

ちび子

はじめまして、既婚子持ち26歳のちび子といいます。

先日、別居の父と会う機会があり、話の流れで父に「老後はちび子が面倒看てくれるんだよな」と言われました。私は「私は新しく家族を持ったんだよ。今の生活で手一杯だよ。あてにしないで少しでも貯金しておいたほうがいいよ!」と返しました。
前から思っていたことなので、ここぞとばかりにぶつけてしまいました。何年か前にも(私が結婚する前)に言われたことがあります。その時から変なプレッシャーみたいな気持ちでとても苦しかったんです。。看る気がないのに調子のいいことを言いたくありませんでしたし。
そのあと、父は無言で自室に入り、泣いていたようです。
(父は少し涙もろいのですが…)

父は65歳で退職したばかり。健康そのものですが、8年前妻に先立たれ、寂しく不安もあったんだと思います。しかし、昔から私は父に対して育ててくれた感謝の気持ちは多少あるものの、生前の母に対する言動などから嫌悪感を抱いており、できることなら看たくありません。

日々悶々としてしまいます。
「老後は心配するな」といって欲しかったんです。実際はどうなるかわかりませんが。
独身の姉がいますが、姉にもいずれ家族ができるでしょうから姉を頼れとも思いません。
私は親不孝者ですよね。
私は父になんと言ったらよいのでしょう。一応、フォローはするつもりです。

ユーザーID:1956962270

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数124

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 人生何があるかはわからないよ

    だったら、例えば子どもを可愛がってくれないとか、
    お年玉をくれないと言ったことがあっても、諦めましょう。

    話の流れがトピ文の通りならば、トピ主さんは子どもと父親を
    天秤にかけて、子供を取ったというように読めますので。


    後、ものの言い方次第なところもありますよ。

    介護と言ったって、すぐというわけじゃない。
    子どもが成人した後という場合だってあるわけです。

    また、どんなに避けようとしても、例えば亡くなった後の始末など
    どうしても身内がやらざるを得ないことはあるわけで。

    それに、万一旦那さんが早世してしまった場合、
    子どもを抱えたトピ主さんが、お父さん以外に頼れるところはありますか?
    (一時的にせよ住むところだけでも提供してもらえると非常に助かる)

    はっきり「介護しない宣言」をしてしまうと、トピ主さんが窮状に陥っても
    「お前なんか娘とも思わない」と言われてしまう可能性大です。

    もっとも、お父さんにお世話になるくらいなら、義理実家にお世話になる方がまし、
    というなら、この件に関して言うことはないですけど。

    ユーザーID:7765253955

  • 大人になって

    あなたは、子育てで手一杯でまだ父親の介護のことなんて考えられないんでしょうね。
    分かります。私も子どもが小さいころはそうでしたから。
    ただ、はっきりとそれを言ってしまうと、お父さんが少し可愛そうに思いました。
    老後の介護が出来ないなら、普段の生活で今より、少しだけ、お父さんのことを気にかけてあげて下さい。

    ユーザーID:8509598719

  • お父様は安心したいのです。

    看る気がないのに調子のいいことを言いたくなかったからと言って、いくらなんでも本音をぶつけすぎでしょう。
    お父様は寂しいのですよ、不安なのです。

    今はまだお若いからわからないかもしれないけれど、人間誰でも歳をとるのです。若い時に強気だった人もだんだんと弱くなっていくのです。
    ちび子さんも、お父様の歳になればお父様の気持ちが痛いほどわかります。そして、「なんで父にあんなこと言ってしまったのかな」と後悔されるかもしれません。

    お父様も本気で自分の面倒を全て押し付けようとは思っていないと思いますよ。でも、子どもから「できることは一生懸命するよ!まかせといて。安心してね。」という言葉がただ欲しいだけなのだと思います。
    お父様も安心したいのだと思います。

    「この前はゴメンね。大事なお父さんだからできる限り頑張るよ。安心してね、いつまでも元気でいてね。お父さんがいてくれるだけで私の力になるよ。」と言ってあげてほしいです。
    お父さんのためではありません。これはあなた自身のためです。

    ユーザーID:6157061320

  • それはちょっとひどい

    トピ主さんの気持ちはわかりますが(私も父には複雑な気持ちがあります)、お父様の年齢で、配偶者を亡くされて、やはり心細いと思いますよ。

    「この前はごめんね。もちろん出来ることはしたいけど、どうしても子供を育て上げることが優先になっちゃうから…こんな時代だし不景気だし今後どうなるか…。不甲斐なくてごめんね。」とでも仰られたらどうでしょうか?

    今の時代は一部の人を除いて子供を育て上げるので精一杯、今後景気も雇用もどうなるかわかりませんし、お父様もわかってくれると思いますよ。
    というか、わかってはいるけども優しい言葉を聞きたかったんじゃないかな。

    ユーザーID:9814023408

  • フォローのしようがないやね

    あなたが「老後の心配はするな」と言って欲しかったように
    お父さんも「できるだけのことはするから」と言って欲しかったんじゃないですかね?

    別世帯になること=姥捨てオッケーってことですか?
    この手のトピを見るたびそこんとこどう考えてんだろうと思います

    僕は親が少しでも心豊かな老後を暮らせるよう尽力することは、子としての義務ですらあると考えています。
    故に自分の親にも嫁の親にもできるだけのことをするのが所帯を持った者の義務と考えています

    勿論幸せの形には人それぞれあるし、できることできないことはあります。
    親によっては役目を果たして夫婦、あるいは1人でのんびりしたいという人もいるでしょう。
    しかしそれに関わらず、子としてできることをする用意、心積もりだけはしておくべきです

    65歳。心も身体もどんどん弱り、人生も終わりに近づいていくこと自覚する時期です
    昔の親の姿ではなくなる部分が多々出てきます

    私の両親も昔は「あんたらの世話にはならん」とよく言ってました。
    でも最近は全く言わなくなりました

    もう一度お父さんの背中をよーく見つめてみて下さい

    ユーザーID:9339380829

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • かわいそう

    もう少し言い方もあったのにと思います。
    あまり冷たくすると、女の人を作ってそちらに行っちゃうよ。

    自分も70代の父がおり、年とともに我侭になっているのですが親孝行と思ってなるべく優しく接するようにしています。
    私はその手の話をふられると逆に嬉しいのですが、だって「老後はお前の世話にならん」「他の人に看てもらう」とか言われた方がショックじゃないですか。

    ユーザーID:6126323465

  • 思いやりかな・・

    トピ主さんは正直で良いと思います。
    実際出来ないのならば、はっきり言った方が
    良いのかな・・でも
    それは、ちと何か切ないですね。
    思いやりとは、雲みたいですが
    それが必要な時もあります。

    お姉さんに頼れない事情もあるのでしょう。
    色々お話を聞いてあげて
    お父さんを安心させてあげるのと共に
    お父さんにまだまだこれからでしょうと
    ポジティブにで、方向は如何でしょう。

    まだ65歳ですものね。
    介護の心配より、退職して、これから
    シャキーン(カメカメのCMごとき)して
    毎日楽しいこと考えて欲しいと
    頑張って下さいねー。

    ユーザーID:6282592704

  • ウチも似てます。

    父は「お前たちに老後の心配はかけない」と言ってますが、
    母は自分一人になったら、わたしと一緒に暮らしたいと言います。
    悪い人ではないんだけど干渉が異常に激しいので、疲れるんですよ。
    でも、「絶対無理だから施設に入ってね」と答えてます。

    そうは言っても、その時になったら見捨てられないですよ。
    同居は、わたしだけの判断では難しいけど、
    近くには住んであげたいなぁとは思ってます。
    今は元気だから心配ないけど、体が思うように動かなくなったら、
    やっぱりすごく不安だろうとは思うから。

    でもそんなこと言うと、すぐ調子に乗るので、
    当分は「絶対無理」と言い続けるつもりです。

    ユーザーID:0019473703

  • そのときにならないとわからない

    トピ主さんまだ若いですから、介護なんて言われても実感もなければ、嫌な思いしかしないでしょうね。
    実の親でも、心が通い合ってるわけでもないですしね。

    でも、本当に介護が必要になる頃にはトピ主さんの心も変っているかもしれません。

    そんな人でも自分の父親だと。

    だから、そのときになってみないとわからないよ。くらいで濁しておいたほうがいいです。

    親って生きているときは鬱陶しい存在でも、いざいなくなってみると寂しいものですよ。

    ユーザーID:4962718562

  • 笑顔で

    「いつまでも病気しないで元気でいてよー」って、笑顔で言ってあげればいいんじゃないかな。先の事はどうなるか分からないですよね。私にも病気の年老いた両親がいて、その日その日が精一杯ですが、「元気出してよ〜」って笑顔が接するようにしています。

    ユーザーID:8193870422

  • 介護が必要になるほど長生きするとは限らない

    なんでみんな普通に長生き出来ると思っているのかなって不思議です。
    どんなことでいつ命が無くなるかなんてわからないのに。

    「先のことは分からないから、その時々で父、姉、私(トピ主さん)の3人で相談していこう」って言えばいいんじゃないかな。
    拒否はしていないが約束もしていない感じ。心は拒否でもね。

    私にも姉がいて、私も姉も両親の介護をする気がありません。
    DV、モラハラ、金銭問題がありすぎました。
    でも両親が介護が必要になるまで長生きするかどうかなんて分かりません。
    その時、何が必要か、何が出来るか、考えればいいんじゃないかな。

    しかし独身の姉がいるなら「老後は姉に看てもらう」って言いそうですけどね。
    お姉さんに嫌われてるのか、お姉さんよりトピ主さんの方を気に行っているのかな。

    ユーザーID:1237309447

  • 私も同じ事を言ったかも。

    私もトピ主さんと同じ歳だったら 同じように答えてたかも知れません。

    厳格な父親でしたので、思いやりの無さや母に対しての横暴な態度も残念な父親です。 母親は熟年離婚を選びました。

    父親から直接『老後は看てくれ』と言われたら『恩着せがましい』と思ってしまうでしょうが、ニュースで孤独死や身より無し老人を可哀想と思い、老人火事死亡 とか 『ヤバい!自分の親はそんな死に方させたくない』
    と徐々に思い始めた30代です。

    まだまだ介護や老後の話しは先でしょうから『まだまだ先の話でしょ』と流しときませんか?

    結婚して別世帯とは言え、いざという時は家族が頼りと思いますよ。

    ユーザーID:8134134390

  • 70代女性ですが,賛成です

    トピ主さんも,前からの不満が有って,感情的な言い方になってしまったかも知れませんから,そのことはお父様に謝っても良いと思いますが,おっしゃる趣旨は,お父様より年長の私でも賛成します。

    誰でも年を取る前に、老後の為の生活設計をしっかりしておくべきです。これは、お金の準備,家族や友人との人間関係を大切にして、依存せずに適度に距離を保った暖かい関係を作っておく,積極的に地域社会との関わりを維持するなど,盛り沢山な課題だと思います。勿論,そうした上で健康を損なう事態になったら,ヘルパーさんを頼むなり,有料老人ホームのお世話になるなどしても,最低限度の世話(緊急の連絡先,認知症になった場合の預金通帳の管理など)は,子供にお願いするしかないですが,良い関係を保っていれば、そこまで拒否される可能性は低いと思います。

    この大切な老後設計の宿題を自分でせずに,子供に”面倒を見てもらう”と言う口実で,生活の責任を丸投げする事は,卑怯だし,怠慢そのものだと思います。お父様はまだ65歳で健康だそうですから,これから準備できる事が沢山有ると思います。今度落ち着いた状態で,しっかり話し合われたらいかがですか。

    ユーザーID:7619316593

  • 現実を見詰めながら、一緒に考える

    自分の生活と、親の老後、どこのうちでも難しいものです。
    でも今の老人たちはほとんど人が年金を受け取っているので、経済的には自立できる場合が多いと思います。問題となるのは、ひとりになった淋しさや、病気などのときの不安です。

    若い家族と言うのも、小さな子供を抱えていたり、時間的にも余裕がなく、「老後の面倒は任せて」とは言えないこともありますよね。

    その現実的なことを見据えた上で、一緒に考えていくと言うことで、お父さんにフォローしたらいかがでしょうか。あっさり「面倒は見ないよ」と言う言葉の強さが、お父さんにはショックだったのでしょう。
    「大丈夫、何かあれば飛んでくるよ。でも、出きる限り自立していられるように、健康には注意してね」ぐらいの言葉なら、受け入れやすいと思います。

    それにしても、65歳はまだまだ若いですよ。
    私は今年62になりますが、老後などと言う言葉は、まだふさわしくない気がしています。
    お父さんにも、何か趣味を持ったり、友達と付き合ったりすることを勧めてあげてください。

    ユーザーID:8885123132

  • 出来る範囲ではやるつもり、とでも…

    ちび子さんの決意表明なのでしょうが
    もう少し言い様があるのでは?(笑)
    ちょっとお父様がかわいそう。

    出来る範囲ってのがミソです。
    だってちび子さんがどういう状況の時に
    介護が必要になるかは分らないですしね。

    具体的に言うとすれば
    「介護保険を利用して、不自由なく暮せるように
    手続きとかはちゃんとやるから安心してね。」かな?

    お父様は身体介護を娘にやってもらうつもりですか?
    身体介護以外の諸々のことを介護と言っているのでは?
    その辺はシッカリ確かめた方がいいですよ。

    ユーザーID:0951796279

  • その場限りのフォローの言葉はなんの解決にもならない

    お父様のお母様に対する言動云々は単に言い訳で、結局は老後の面倒は全く見るつもりは無いということでしょう?

    一度はお父様の身になって考えたことがありますか?退職されて時間がぽっかり空いてしまった分、老い、死を含めた今後のことを考えてしまう時間が増えたのでしょう。お父様だって別に本気でトピ主さんにおんぶに抱っこで世話をしてもらおうと思ってそう言ったんじゃないと思いますよ。ただ漠然と不安になってあなたの考えを聞いてみたくなったんじゃないですか?
    実子が親の老後の面倒をみるのは義務ではないし、自分の家庭もあることですからお父様ばかりにかかりっきりになることはできませんが、お母様だってもういらっしゃらないのに少しもお世話をしてあげるおつもりもないのかしら。
    あなたの今の幸せな人生があるのは決してあなた自身だけのお陰ではありません。お父様とは色々あったのかもしれませんが、今まで育ててもらったことにもう少し感謝して、安らかな老後を過ごさせてあげるために、出来る範囲で手助けをしてあげてもバチはあたらないと思いますが。
    気持ちが入っていなければ、その場限りのフォローの言葉は何の効き目もありません。

    ユーザーID:2655771122

  • できるだけのことはするけど、と言っては?

    できないよー、と言われたら、お父様は
    やはりつらいだろうと思います。
    私もできるだけのことはするけれど、自分の家族で
    手一杯だから、いざとなったらいろんな方法を
    考えようね、というような言い方をしておいた
    ほうがいいのでは。
    ご主人のご両親の介護の必要も出てくるかもしれないのでしょうか。
    そんなことも言及してみたり。

    ユーザーID:9650329485

  • わたしも同じ事を言ってしまいました。

    私とは立場が違うと思いますが、同様の台詞を言ってしまいました。
    離婚しやっと正社員で働いてます。それも遠距離を電車で通勤してます。毎日朝5時には起きて支度して家を出て、帰りは8時9時です。両親を面倒みたい気持ちもありますが、ワーキングプアですから辞めたら生活出来ません。
    息子は仕事を辞めて介護をしろとは要求されませんが、娘は要求されてしまうのでしょうか?
    1人で生きていく以上は 男性と同様に仕事していかなくてはならないのです。その時がきたらまた悩むと思います。が、自分で介護をするのは無理だと思います。施設のお世話になるでしょう。私ももう容易く転職出来るような年齢ではありません。その時になれば、何か良い策を神が授けてくれるのではと思いますが、行政に相談するのも恥ずかしいとは思いません。一人では抱えきれないですからね。何も出来ないから親不孝だと思って欲しくありませんが、頼る兄妹もなく私1人で抱えるには荷が重いと。
    堂々巡りの末に 私には出来ない発言が出たのです。気が強い親ですから、怒っていると思います。娘は必ず介護をしなくてはならないのでしょうか?仕事を離れてまでも。

    ユーザーID:8405839733

  • 一人この世に産み落とされて、死んで行くのも一人じゃないか

    私はあなたのお父上よりも少し年下です。
    同世代ですね。
    私は若いときから、自分の子供に老後の面倒だけはかけまいと思いまして、今では家事一切を一通りできるようになりました。
    老後資金は、生活費はもちろんですが、コツコツと終末期のガン治療(延命ではない)に必要な資金も蓄えました。
    ガンは長患いせずに死ねるという意味で幸せな最後ですが、動けないほかは健康に寝たきりというのが最悪ですね。
    あと、認知症。
    こういう状態になりそうだったら迷わず自死します。
    子供達はもう立派に自活しています。
    さあドンとこい、老後、という感じです。

    あなたのお父上は、覚悟が足らない。
    冷たく突き放すのも一つのあり方ではないですか。
    フォローはいりません。もしかしたら、孤立無援の状態から覚醒するかも知れない。

    ユーザーID:8617694073

  • 見放さない

    先日祖父が亡くなりました。

    3ヶ月前に入籍の報告に行ったら自宅におらず、探しまわって入院していたことが分かりました。
    その時点で祖父は入院1ヶ月目。
    子供は5人いますが私の母(祖父の長女)は早くに亡くなっていますので、存命中の子供は4人です。
    同じ病院に完全に認知症になった祖母もいました。
    祖母はその時点で入院半年目でした。

    祖母が入院してから1度も子供は見舞いに来ておらず 祖父が倒れて運ばれ、師長さんが近場にすむ子供に連絡をとっても「行かない」「財産もらう人(長男)にまかせてる」と言われたそうです。

    きれいごとだと思われそうですが
    私は「資金の援助は出来ないんですが私にできることはします」と申し出、お見舞いやお使いをさせてもらいました。
    祖父が危篤になった日も師長さんから連絡があり、夜中にかけつけました。
    後悔したくなかったのです。
    とにかく、この状況を知ってて見放して、亡くなってから後悔するふりをしたくありませんでした。
    今は祖母のお見舞いに行ってます。


    お父様を施設に入れても放置しない、会いに行く
    と言ってさしあければ
    それだけでも喜ばれるんではないですか?

    ユーザーID:6947209887

  • 40年後に

    娘さんに同じこと言われるから気にしない。

    因果応報って言葉もありますからね。
    そのときになってわかるでしょう。

    ユーザーID:7510165796

  • 曖昧にしておけばいいのに

    あなたはまだ若くて家庭を持ったばかりなのでわからないでしょうが、
    年をとって連れ合いを亡くしてひとりになった喪失感や侘しさ、
    とくに男性の場合は相当だと思いますよ。

    実の娘に突き放された絶望感、察してあげてください。
    子どもには親を看る義務がありますからね。

    はじめから当てにする親もいけませんが、
    心のよりどころがほしかったのではないですか。
    「まだ、自分の家庭で精一杯だけど、できることはするよ」
    くらいは言ってもいいでしょう。
    夫婦の問題は子どもには理解できない領域もありますよ。
     

    ユーザーID:0857484614

  • そりゃ親不孝者だよね

    自分でわかってるんから、いいんじゃないかな。

    それでも飽き足らず、「あなたは正しい」と
    言ってほしいんですか?

    ユーザーID:3747891273

  • 虐待を受けてたならともかく

    本当に全くみる気ないんですか?だとしたらフォローしても意味ないでしょう。

    ユーザーID:5873956208

  • 私は母にいわれました

    はじめまして。
    私は主さんの気持ち、わかります。
    うちの両親は健在ですが、独身の妹と暮らしています。
    わたしは未成年の子どもが三人いますが、すでに夫に先立たれています。
    両親は、全く貯蓄をしていなく、金銭面でいろんな援助をしてきました。
    私の夫が亡くなり、生命保険等々もらってから、遠慮もなく言ってくるようになりました。
    挙げ句、『将来あんたに面倒を見てもらう』『長女なんだから』と言われ、何か腑に落ちないものを感じています。
    自分の親だからある程度面倒を見るのは当然ですが、教育費もバカにならないし、親も自覚を持って貯蓄などしていてもらいたいですよね?
    でも、『面倒を見ない』と、断言するのではなく、お父様の年齢を考えてお姉さんと一度話すといいと思います。
    金銭面ではどうしてもという時にはいくらずつぐらい出す、家事など手伝いに行くときは何曜日なら誰々がいく、など負担にならない程度にです。
    私たち姉妹も時々そう話しています。でも、全てにおいてではなく、ある程度は自分の力でやってほしい旨、親には話しておくのです。

    ユーザーID:3616164248

  • 傷付く言葉でしょうね。

    >昔から私は父に対して育ててくれた感謝の気持ちは多少あるものの、生前の母に対する言動などから嫌悪感を抱いており、できることなら看たくありません

    感謝の気持ちは多少〜〜〜なのですか?
    自分でも子供はいるのですよね。
    一人前に育てるには大変ですよ。
    親の大変さは現実まだお分かりでは無いでしょう。

    その言葉は直球過ぎて、お父さんには辛い言葉でしたね。
    言うべき時期でもなかったし、言うべきでもなかった様な気がします。

    例えばの話ですが、お父さんが再婚して介護を貴女がしなければ良いのでしょうか。
    そうすればお父さんが将来亡くなった時は、再婚相手に半分は遺産は持っていかれますよ。

    それも駄目ですか?

    どちらを取るかでしょうね。
    自分の親は大切にしましょうよ。

    母親世代でした。

    ユーザーID:7084851011

  • 気持ちはわかります

    気持ちはわかります。
    私も不安ですから。
    私の両親は子供に迷惑かけないようにと話しているみたいですが
    義両親は私たちをあてにしていて家を買った時に姑が「あなたたちにくっついてっちゃおうかと思ってたのに!」と言いました。
    私たちが自分たちの面倒をみてくれると勝手に決めていたということです。
    なので私は義両親特に姑に対しては「看てあげたい」とは到底思えません。

    ですがそれでもやっぱり義両親に対して「自分たちのことは自分で何とかしてもらわないと私たちは知らない」とはなかなか言えませんねぇ。
    そりゃぁね、お金持ちではありませんからお金の面で頼られたら「無理です」と言うしかありません。
    生活していかなくちゃいけませんし、息子の将来にかかるお金もあります。
    義両親のせいで息子の将来変える気持ちなんてこれっぽっちもありませんから。

    私なら義両親に「私たちにも生活がありますからお金の面ではいっぱいいっぱいです。だけどお母さんたちにはできる範囲内で精いっぱいのお世話をさせていただきます。
    だからお母さんたちも倹約して生活するなど、できる限りの努力はしてください」と言います。

    ユーザーID:8713599188

  • 「介護」と「家族」の棲み分け その1

    面倒をみるというのは、非常に難しい問題です。
    多分お父様の世代だと、どれが介護でどれが家族かが混在しています。

    介護=介護保険や一部介護保険外を含め、ケアマネがコーディネートできること
    家族=介護保険がきかないこと、ケアマネとの契約・調整、精神的支援
    おおまかにはこうなります。

    例えば、脳梗塞で運動機能が回復しきっていないため、買物もお風呂もできない、食事が作れないとしましょう。
    1 運動機能の回復にデイケアに週2回通い、そこで入浴と昼食・おやつを食べる。
    2 日用品の買い物と部屋の掃除、洗濯に週2回ヘルパーに来て貰う
    3 デイケアに行かない日は、自治体の高齢者自立支援サービスで昼食を400円で運んでもらう
    4 庭の選定と大掃除はできないため、ケアマネにシルバー人材紹介してもらい、有料でやってもらう
    これは介護です。

    ユーザーID:6810837102

  • 現実を言うことが正しいことではない

    別所帯を持ったから介護ができない・・・

    トピ主さんにとっては明らかな事実、現実を話したのかと思いますが、
    私からみれば、それは長年のお父様に対する、恨み辛みを「介護はしない」という言葉で果たしちゃったのだろうなぁ・・と感じました。

    確かに、結婚したら自分の家族が優先になり現実問題として介護はできないでしょう。ですが、それは介護が必要になったときに考えるべきで、不謹慎な話かもしれませんが、ご病気でなくなられるケースだってあるのです。

    見られないから見られない・・ではなく、そんな先の事なんて心配しなさんな。と断定しなければ良かったですね。

    トピ主さんはお若いので仕方がないかなぁと思いますが、お母さんになられたのですからもうちょっと親の気持ちを察してあげてもいいかなぁと思いました。

    でもフォローはするつもであるとのこと、やさしい気持ちを持ってらっしゃる方と安心しました。

    親子なんです。孫と一緒にご飯でも食べに連れて行ってあげてください。
    それで気持ちは十分通じると思いますよ。

    ユーザーID:4069747065

  • 「介護」と「家族」の棲み分け その2

    1 デイケアの運動機能の保持と気分転換を兼ねて、近所のコンビニに主様のつきそいでお父様が雑誌やおまんじゅうを買う。
    2 誕生日にちらしずしやケーキの用意を主様が買ってきて、お父様に作ってごちそうする。
    3 ご主人の車で主様家族とショッピングモールに行き、外食や洋服、CDを買う。そこで疲れない程度に短時間歩いたり、車いすを押して移動。
    これは家族です。

    介護は日常生活のできない部分をプロが手助け、
    家族は生活の一環を精神的にサポート
    というのが上記の例です。

    人間は人の力を借りて初めて生活できるのです。
    お父様には地域のコミュニティの中で生きていかなくてはいけません。
    「介護保険は使う」ということは明確化しておかないと流されますよ。

    なお、家族が同居していたら、家事援助(買い物・料理・掃除)のヘルパーは契約できません。
    施設も入所定員の倍以上の待ち、孫が不登校やいじめっ子になったぐらいじゃケアマネは動きません。
    明らかに同居の孫に身体的虐待や、女児の孫に性的虐待でもしないと施設にはすぐには入れないというのが現実ということは念頭に置いてください。

    ユーザーID:6810837102

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧