娘はそんなに勉強が出来ないんですか?

レス53
(トピ主4
お気に入り182

妊娠・出産・育児

パン好き

私30代で男の子小学2年生、女の子小学1年生の母親です。

小学校1年生の女の子の事で相談です。
娘は赤ちゃんの頃から穏やかな性格で、少し人見知りや恥ずかしがり屋な所もありますが歌やダンスが好きな元気な女の子です。

いざ小学校に入学して、足し算等を習いだすと指を使ってやったりしていました。

毎回算数の授業で、最初に足し算の小テストを時間を計って10問するのですが、娘は時間がかかると面談で先生に言われてから、足し算を指で数えながらするのもあるし、娘には繰り返しも必要かなと思い公文に通わせ始めました。(嫌がらず楽しく行っています。)

そして算数の授業は進み、文章問題、引き算等をやって行くうちに「分からない」と言うようになったので、とりあえず私と一緒に今日習ったのを毎日復習していったのですが、2回目の面談で少し理解できていない所が多いと先生に言われました。国語も同じ感じと・・・

成績表は「できる」「もうすこし」のどちらかに○を付けられているのですが、それは全部「できる」にはなっていたので、少し悩んではいたのですがそのまま過ごしていました。
ある日ママ友が「1年生で『もうすこし』のはいないよね。みんな『できる』の○されてるよね」と聞いてから、鵜呑みしたらダメかも・・と感じ始めました。

確かに娘は理解できていない事が多いし、一ヶ月に一度、必ずクラスで席替えをするのですが、毎回一番前なんです。
それは多分、授業についていけない娘に対して先生がそうしてるのではないかと思います。

またこの前は、雨が降ってきたので学校に傘を届けに行くと先生が「算数のテストをして帰らせてもいいでしょうか?」と言われました。
もちろん承諾をして家に帰り娘を待っていると20分ほど遅れて帰ってきました。

続きます

ユーザーID:4798714995

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数53

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • トピ主です

    娘が帰ってきて、○○(娘の名前)だけだったの?と聞くと「ううん、4人いた」と言いました。
    正直ショックでした。クラスで4人に入るくらい出来ないのかと・・・

    一年生位だったら私も教えられると思い、復習など一緒にやってきましたが、先生が理解がたりないと言われた事、実際に教えるのが難しいと思いしり、これはプロに頼んだ方がいいのかなと思い始めました。

    ある本を読むと男の子と女の子の脳は違っていて男の子は小さい頃勉強が出来なくても、頑張れば中学位からでも勉強が出来るようになるが、女の子脳はそういう風に出来ていないと書いてありました。

    娘にはどういう勉強方法がいいのでしょうか?個人的に教えて貰える所がいいのでしょうか?

    こういう勉強方法で理解するようになった等、色々教えて下さい。

    分かりにくい点もあったと思いますがよろしくお願い致します。

    ユーザーID:4798714995

  • 個々で違うと思いますが

    特に、算数はつまづいて欲しくないと親なら誰でも思うところだと思います。
    どんどん難しくなっていきますからね。

    まず、娘さんが算数を嫌いになっていないようなのは救いだと思います。
    決して、嫌いにならないよう気をつけてあげて下さい。
    公文にも楽しく通っているようですが、計算問題は繰り返すしかないように思います。
    あと、我が家では、普段の生活、会話の中で算数問題を問いかけたりしています。
    文章問題は、想像できるかどうかだと思うので。
    おやつの時間、ビスケット2枚ずつ、お兄ちゃんと二人、合わせて何枚?
    食事の時間でも、おかずや、お皿などの数で簡単にできると思います。

    男の子と女の子の脳の違いは、私も二人育てていて実感します。
    女の子はコツコツ型、男の子はラストスポート集中型と聞いたことがあります。

    焦らず、娘さんの背中をおしてあげて下さい。

    ユーザーID:5100742728

  • 知的障害と言われたわけじゃないですよね?

    普通に勉強出来ない子ですよね?
    興味がないものは吸収遅いもんです、仕方ないと思います。

    今まで通り、一緒に復習していれば良いと思います。
    嫌がらずにやっているんですよね?
    その復習の習慣が続けば、高学年で成績伸びますよ!

    それに穏やかで優しい女の子に育てば、算数の出来なくても愛されます。

    ユーザーID:2249274177

  • もう少し親子で頑張る選択は??

    一年生ですよね,出来れば授業の内容は100%理解して欲しい所です。
    娘さんは何が「理解できない」のですか?
    それを一つ一つ解決していくことが大切だと思います。
    個人的に公文や塾などの繰り返しは根本的な理解があって初めて成り立つものだと思っています。
    反復や繰り返しで身につく物はスピードであって,理解ではありません。

    一年生ですからまずは親子で頑張ってみては?
    親の貴方が難しいのならプロも同じですよ。
    ちなみに私は日常生活の中で計算や考える機会を意識して作っています。
    手を使う計算は幼稚園でも禁止です,頭で考えまさせます。
    「分からない」をそのままにしないこと,これだけで違いますよ。

    ちなみに「子供にわかるように教える」というのは本当に難しいです。
    そこで親が諦めないことは大事だと思います。
    お金を出せば外注はできますが,それは最後の手段にとっておきましょう。

    ユーザーID:0863728107

  • 音読とかそろばん

    小1の子供がいます。

    算数セットにたしざんとひきざんのカードありますよね?
    それを毎日音読するのはどうですか?
    音読を繰り返して暗記が一番の早道だと思いますよ。
    2年生になったら九九の暗記がしなくちゃいけなくなるし、暗記は音読しないと身につきにくいです。

    でも、二桁とか三桁とか数字の数が増えると暗記だけでは無理なのでお勧めは「そろばん」です。

    ユーザーID:6163556708

  • 大丈夫

    小学校一年生ですよね。公文に行き出した事もあり多分慣れてくると思います。算数に対して苦手意識を作るのはよくありませんが、女の子は理数が苦手な子が多いですよ。

    ダンスや歌が好きとの事、観劇などを観に行ったりして色々な物語りに興味を持たせ、子供自ら読書の習慣を持つように持っていきましょう。なぜなら国語力というのは勉強したからといって必ず身に付くものではなくセンスが大事なのです。一方算数は努力である程度のレベルは身に付くのです。公文で毎日計算していれば計算力はすぐ身に付きますよ。

    国語は読書、算数は繰り返しで力が付いてきます。まだ一年生ですから嫌がらなければ塾でもいいですが、お母さんが教えても全然大丈夫ですよ。

    受験を考えるならば4年生から、遅くとも5年生から大手塾に通うと良いですね。そこで小さい時からの習慣である読書や日々の計算が驚く程役に立つと思います。

    ユーザーID:7068907654

  • 文字の読み書きは?

    出来ないのでは?と思われるのは算数だけですか?

    文字の読み書きが普通であれば、公文でも追いつけそうな気もしますが、、
    まだ数の増減のイメージが付いてないだけかも知れません。
    公文はプリントやるだけで多分計算の仕方を教えてはくれない(と、他の人から聞いた)ので、
    うちは「トレーニングペーパー算数大好き」というのをやらせました。

    計算の仕方を学校の先生からより丁寧に(というか自宅学習なので同じところを何度でも読める)学べます。
    教材は1年分1万円強くらいで、親がひととおりやらせて、まとめ問題をやらせてセンターに送り、
    合格すると級がもらえます。
    1年生の分野で6級で、小6ぼ分野で1級です。公文と同じで自分のペースでできるので、
    どんどん進められます。

    友達は優秀な子で、小3で中3の級をもらっていました(公文も軽くクリアしていた)

    うちの子は6級だけだけどそれで本当に算数大好きになったので、おおもうけな気がしました。
    テキストを読み進むだけで子どもが算数を理解していくので、楽でしたよ。
    それなりの国語力があれば大丈夫と思います。
    ご参考まで。

    ユーザーID:0173191424

  • 生まれ月は?

    2〜3月生まれとかではありませんか?

    3月生まれと4月生まれでは11ヵ月のハンデがあります。
    6〜7歳の子供にとって、このハンデは非常に大きいのです。
    小学校中学年〜高学年に至るに従って、だんだんこのハンデより遺伝的に持って生まれた能力とか努力の要素が大きくなります。

    もし、そういうことが原因であるならば、しばらく様子を見るくらいでいいのではと思います。

    ユーザーID:0004183486

  • 焦らず目を離さないで

    初めに、ややトピずれですが、女の子でも後から成績が伸びる子はいます。
    私の友人と知人に、中学受験で奮起して無理と言われた進学校に進み
    その後も一流大学に進んだ人達がいます。
    科学的根拠の乏しい偏見に惑わされないで下さい。

    トピ文を読んだ限りではトピ主さんがやや焦り過ぎのように感じました。
    担任の先生は大変細かく目配りをして下さる方の様で
    それが逆にトピ主さんを追い込んでいるように見えます。

    小学1年生と言えばまだ幼児の部分が残っている頃です。
    しかも娘さんは元々おっとりタイプ。
    もう少し長い目で見て上げることも必要ではないでしょうか?

    勿論トピ主さんが今娘さんの勉強に気を配ってあげている事は
    とても良い事だと思います。
    どんなに良い学校・塾に通わせても、小学生、特に低学年のうちは
    親の気配りがあるかどうかが子供の学習には大きく影響しますので。

    ユーザーID:5722336488

  • レスします

    私も小学生のときは勉強できませんでした!

    私の場合、親にほっとかれてたし、授業の際歩き回って聞いていなかったので娘さんとはちょっと違うかもですがー。

    夏休みの宿題しなくてたたされたし、テスト帰ってきてもまるめてぽいってしてたらめっちゃ怒られた(笑
    漢字のテストも20点だったー。

    そんな私ですが中学で勉強に目覚め、やればまぁできるできる。

    みるみる1番になり県内トップの高校へ行き、有名大学までいきました。

    まぁ、私みたいなのは稀で、中学生での快進撃で周りにドン引き&超悔しがられました(母談)

    まぁ、こんな子もいますよっと。

    本人にやる気がない状態(娘さんは、やる気がないわけではないようですが)で無理強いすると、後から大変なことになりますよ。

    子育て、失敗。

    歌とかダンスが好き、というならそちらの才能を伸ばすようなサポートをすれば?

    学歴なんてちょっとあっても社会に出たら通用しません。

    ひとつだけ。

    読書をたくさんさせてあげて下さい。

    ユーザーID:7898701934

  • 机の前から離れる

    一緒に買い物行って、食事作って、洗濯して、掃除する。

    ジャガイモ4個に、ニンジン3個。タマネギを4個入れたら全部で何個でしょう?
    などと、カゴの中に野菜を入れながら話してりゃ良いんじゃないですか?

    料理しながら、「お水400グラム、お砂糖30グラムにお酒20グラム。お醤油8グラムで、お味噌が20グラム。全部で何グラムでしょう?」
    洗濯機に洗濯ものを放り込みながら、「Tシャツが5枚、ブラウスが3枚…。さて、ハンガーは何個必要でしょう?」
    ってやってればいいんです。

    毎日やっていれば出来るようになります。
    ついでに家事も出来るようになります。(笑


    『数の概念』が無いと、机にいくらかじりついたって算数ができるようになどなりませんよ。



    国語は、まず親子の会話。
    次に読み聞かせ。
    そして読書。テレビ。ゲーム。


    「勉強」にこだわっても良いこと無いですよ。
    特に、低学年の国語と算数って、日常生活で使う部分ですからね。
    ドリルなんてやらなくても、そこらじゅうに題材が転がってます。

    ユーザーID:7094554951

  • 教科書を音読する。

    公文に嫌がらずに通ってらっしゃる…とのこと。
    お母様ご自身は、今ぐらいの、スタンスがいいと思います。
    親御さんから「アンタは出来ないんだから。」的な発言があると、子供も自然と刷り込まれていきます。。

    個別に教えてくれる塾も良いでしょう。

    それもいいけど。教科書の音読をお勧めします。
    私自身が毎日やってました。母が家事をしている間、兄弟が代わる代わる音読するのです。一日10分〜20分程で、算数以外の、国語理科社会、道徳の副読本など、全てです。

    日曜以外、毎日音読するので、一学期が終わる頃には、
    全ての教科書を三回ほど読んでる感じ。
    教科書の内容を理解が深まりますし、一年間の「勉強の流れ」の見通しが身につきます。


    お金も時間もさほどかからず、親子のコミニケーションも計れて、
    効果的だと思いますよ。

    ユーザーID:0260366485

  • う〜ん・・・

    現在、公文に通っているんですよね?
    公文って個人に合ったプリントをやるという印象なのですが、その進度と結果はどうなのでしょうか?
    私は、公文に通ってる子は「どんどん先取りで勉強している」というイメージです。娘さんはどうなのでしょう?
    先を急ぐあまりに、以前習ったところを忘れてしまうのでしょうか?(それにしても足し算引き算は基本中の基本なので・・・)

    小学1年生のテストって、満点が殆どで「うっかりミス」程度しか間違えないもののように思いますが、息子さんはどうでしたか?
    これ以上苦手になる前に、ご自分で教えるのと並行して、個人指導(家庭教師含め)をお願いした方がいいかと思います。
    通っているのに芳しくない結果では、公文は向いていないのかも・・・

    ユーザーID:5993726154

  • それを見極めるのが「おかあさん」なんじゃ…

    娘さんはどういう理解の過程を踏むのですか?
    丸暗記?それとも自分が納得しないとダメ?
    それともそもそも国語力が足りなくて問題の意味が分からない?

    そういったことが分かれば、自ずと道は開けてくるような気がするのですが…。

    ちなみに私は消極的で人見知りだったため、個人や数人に対して先生一人というスタイルが一番しっくり来る子供でした。
    大人数だと授業を止めて質問したり出来ないし、そうなって躓くと集中力が無くなってしまうという形でした。
    それに「これがこうなるのはなぜ?」と思ってしまい、「そんなの考えなくても100点は取れる!時間かけるな!暗記しろ!」という先生の授業は全くついていけず苦痛でした。
    そういう先生に担当されると分かりやすく成績が下がる子供だったので(言ってみれば流されやすい?影響されやすい?性格です)、親が気づいてくれて色々渡り歩きましたが。

    あと、今はどうか分かりませんが、学校の席順は目の良し悪しと、身長で決まる事が多かったです。あとは問題児。勉強が出来ない子というよりは、クラスの雰囲気を壊す子が多かったです。うるさいとか、乱暴者とか。

    ユーザーID:1311112270

  • 小学1年生

    私が、まさにそんな感じでした。
    入学前、勉強する事は嫌いではありませんでしたし、どちらかというと新しい事をどんどん覚えるのが楽しくて楽しくて仕方なかった。
    30年くらい前なのでは、保育園だと学習の時間って、凄く少なかったんですが、私はその時間が大好きだったんです。
    小学校に上がれば、もっとお勉強できる、色んな事を覚えられる。
    そう期待に胸を膨らませて入学後、一転しました・・・
    小1の時の担任は、保育園卒園児に対する偏見を持った人で、「保育園から来た子は、勉強できない!」と決め付けるタイプの人でした。
    少しでも、皆と違う考え方をすれば、答えが合っていてもダメ・・・
    そうして、少しずつ少しずつ日々の学習にも遅れるようになり、すっかり勉強に自信の持てない子になってしまいました。

    1年生って、長い長い学校生活のスタート時期ですよね。
    その大事な時期に挫けてしまうと、ずっと勉強嫌いな子になってしまいます。
    とりあえず、苦手なものは苦手で徐々に克服するとして、率先すべきは、何か得意な教科で自信をつけさせてあげる事かな?と思います。
    あまり参考にならず、すみません。。

    ユーザーID:3665137355

  • あなたがフラフラしている

    私は長年公文の教室で助手をしてきました。
    公文のプリント進み方は、なだらかな階段のようになっています。
    2年3年やっていると、もうこんな所まで来たのかと驚きます。
    ところがせっかちなお母さんは、短期間に「公文じゃダメみたいだからよその塾に入れてみよう」とか「家庭教師を付けてみよう」と言って辞めさせます。
    で、1年後公文に戻ってくる子どももいますが、高学年になると「やはり塾に変わらせます」と言って辞めさせます。

    トピを読んでそのようなお母さんを思い出しました。
    考え方に芯がないのです。
    ものの見方や考え方がフラフラしています。
    目先のことにとらわれないで、もっと長い目で考えてください。

    それから公文のプリントがわからないからと自宅でお母さんが付いて復習している事を、教室の先生は知っていますか?
    プリントのできばえを見て進めているのですから、わかっていないのに進められて困るのはお子さんですよ。

    ユーザーID:0106850910

  • 次女がそうでした

    三姉妹の母やってます。

    次女が現在、小学3年ですが1年生の頃はそんな感じでした。

    性格が穏やかで誰にでも優しい癒し系のタイプ。
    いろんな事をするスピードがおっとりしすぎで
    授業中もポーっとしてる時もあったようです。

    計算も指でやってましたね。

    宿題が「よくわからない」と言って持ってくることも多く
    様子を見ると、頭が悪いのではなく、時間がかかる。
    感性が豊かだと問題に対していろんな想像が膨らみすぎて
    何が答えがわからなくなる。そんな感じでした。

    確かに「あーこんな書き方したらまぎらわしいわ」って問題もありますよ。

    次女は3年生ぐらいから宿題がわからないと言うことはめったになくなりました。

    テストも「一問だけ間違えちゃった、悔しい。」とか言うぐらいになってます。

    1年生の頃は、学校という環境に慣れるのに精一杯な子もいるようです。
    担任の先生との相性もあるかもですが、なにより楽しく学校に行ける事のほうが1年生の頃は大切なんじゃないでしょうか?

    ユーザーID:4101758134

  • 女の子は、先行・逃げ切り

    勉強は、丁寧に読み込む力と集中力……それから、十歳前なら、具体物を見せながらやらないと、特に女の子は難しいでしょう。


    足し算・引き算なら、実際におはじきを目の前で百ぐらいは足したりひいたりして、“量”を見える形にするんです。


    文章題は、一文読むごとに、図にしてしまう。



    数字を追いかけているのではなく、数字が表す“量”が問われていることを、図にして理解させる。


    国語にしろ何にしろ、音読で、つっかえたり間違えずに全部読めますか?
    意外に子どもは、ちゃんと読んでいないんです……。

    そばで、問題を音読させましょう。

    ユーザーID:5527864365

  • 文面からすると、だいぶ遅れている感じです

    >成績表は「できる」「もうすこし」のどちらかに○を付けられているのですが、それは全部「できる」にはなっていたので、少し悩んではいたのですがそのまま過ごしていました。

    学校で貰う通知表。
    以前(20年ほど前)は、かなりはっきりと子供の実態を知らせてくれました。
    でも、子供の心を傷つけてはいけない・児童のやる気を削ぐ・・・・・などの理由で、相対評価から絶対評価になり、しかも極端にできない場合だけ「もうすこし」に○(×や△ではなく!)が付くようになりました。もちろん、所見でも児童の悪い事は書かない。
    おかげで小学校では、我が子が勉強ができるのか・できないのか(できない程度)が、かなり分かりにくくなりました。
    そして中学校に進むと、はっきりと実力を知り、親はショックを受ける。

    小学校低学年では、日頃よほど宿題や練習プリント・テスト等を気を付けて見ていないと、親としては子供の実力が分かりません。

    担任の先生としては、クラス内でもかなり手間を掛けて面倒を看てくれるようです。塾に丸投げせず、家でも練習問題をこなす等、学習をした方が良いと思います。

    ユーザーID:5331196789

  • 一番困っているのは娘さん

    かなり、辛口です。

    1年生の通信簿に「できる」以外が付いているのはかなり危機感を持たなければなりません。

    1年生の国語と算数につまずいていると言うことは、
    所謂学習障害(LD)か発達障害の可能性があることを踏まえてトピ主が指導していくべきだと思います。

    指を使う計算はいけません。だって10までしかできないでしょ?
    普通はおはじきなんだけど、この際お子さんの好きな飴とかチョコを沢山用意して、数の概念を教えましょう。

    1年生の算数は国語力です。何を聞いているのかが解らなければ、足すのか引くのか解りません。

    娘さんの場合、公文は良くない気がします。
    学校の授業についていけてないのですから、
    幼児用のドリルを買って解るまでお母さんが付き合ってください。
    やっているうちに、どう教えたら理解できるのかが判ると思います。
    他人任せにしている場合では無いですよ!!今、頑張ってあげないと!

    良い担任の先生に当たりましたね!!
    よく子供たちを観察・指導できる素晴らしい先生だと思います。
    理解の遅い子が、一番前の席で目をかけて頂けるなんてはラッキーです。

    ユーザーID:1124938902

  • 視力は?

    娘さんの視力はどれくらいですか?

    学生の頃の友人は視力が悪い事をずっと気がつかなくて、
    メガネをかけたとたん、成績あがりましたよ。
     
    ダンスや運動が好きな子だったのですが、
    体を動かしているときは問題ないので
    気がつかなかったそうです。
    (運動神経や感覚でカバー?)

    紙の文字をじっと見るのがつらくて
    数字などが頭に入りにくかったそうです。

    不安になるような事を書いてしまっていたら申し訳ありません。
    ご参考までに・・・

    ユーザーID:7847346233

  • 毎日少しずつ

    基本,私はぐうたらな母親です。
    そして、あきらめも早いです。
    さらに「努力で補えることもあるけれど、大抵のことは遺伝で決まっている」
    と、勝手に決めつけています。

    そんな私だったら
    「毎日少しずつ継続してやらせます」
    私なら、かの有名な某教材と、学校で使用している計算カードを使用します。
    勉強の目安は、一日15分位から。
    長くても、30分はやらせません。
    それだけの努力を継続しもできないことについては、
    「結果はあきらめるが努力だけ続ける」という腹づもりで行きます。

    ウチの一年生の子供も、先日「おのこり勉強」になりました。
    おのこりは4人だったそうで、トピ主さんと同じですね。
    子供には「おのこりですか、それはそれは。よくがんばって来ましたねえ。
    ところで、おのこりして教えてもらったことは、できるようになりました?」と
    聞き「できるようになった」という返事でしたので、できるか確認し、
    本当にできるようになっていたので「そりゃあよかった」と言っておきました。

    特別勉強ができるようにならなくてもいいと考える母親だと、こんなもんです。

    ユーザーID:2304178838

  • 我が家の娘みたい

    現在小6で4月から中学生になります。
    この娘が小学校1-2年の時とまったく同じ
    ような状態ですね。主さんのお嬢さん・・・。

    頭を抱えました世本当に。
    だって殆どが△で◎や○があるのは
    なんと音楽ぐらいしかなくて・・・。
    青ざめたのなんのって、これが二年間
    続きました。

    結局は担任との相性が良くなかった。
    悪い先生ではありませんでしたが
    低学年向けの先生ではなかったんです。
    足し算や引き算ずっと指でやってました

    ところが学年が上がり担任が変わったら
    できるようになってきて△から○へ
    ○から◎へとだんだん通知表も上がってきました。
    因みに今まで公文や学研はやっておりません。

    ところで早生まれだと勉強に差がつく
    なんてこと書かれている方がいますが、
    早生まれだから勉強ができななんてことは無いです。
    なぜならわが子で実証済みだから。

    勉強のことは担任との相性が悪い場合もある
    ということで。
    自宅でじっくり取り組んだらいいですよ。
    おはじきや卵パックなどを使って。
    後は音読毎日5分でも音読すると違いますよ。
    頑張ってください。

    ユーザーID:7026581216

  • 続き

    賛否があるとは思いますが、私は指を使うのも、最初は悪くないと思いますよ〜。
    そもそも十進位取り記数法は、指の数から来ているものという説もあるわけで。
    水道方式のタイルも、5が大切な基本になっているみたいですし。
    大切な5の塊と10の塊が意識できるのは指ですから、便利ですよね。

    ただし、足し算にしろ引き算にしろ、数え足しはあまりお勧めしないなあ。
    理由は、この先出てくるであろう「35-27」のような問題を計算するときに、
    大変だから(爆笑)。数えるの?そいつは、えらいこっちゃ〜。
    従って、指を使用するときには、数の塊を意識させたいと私は思います。
    指だとどうしても数え足しになってしまうのであれば、
    おはじき等の具体物の方がいいかなあとも思います。

    足し算のポイントは、5の塊をどうやって作るかなのかな、と個人的には思います。
    が、しかし、「一桁の足し算?んなもん、暗記でやっているのよ」という人(優秀)も
    いるので、一概に私の考えがいいとは言えません。

    お嬢さんは、足し算の繰り上がり辺りで躓いている、と勝手に推測して書きましたので、
    ポイントがずれていたらごめんなさい。

    ユーザーID:2304178838

  • 長期のお休み期間


    春休み・夏休み・冬休み、どの様に過ごしてきましたか?
    トピ主さんの年代が解らないのでなんとも言い難いトコはあるのですが、「昔と同じ様に過ごしていたら落ちこぼれる」のが今の現状だと思います。
    昔…というのは「学校からだされた宿題だけ、後はのびのび遊ぶ」です。

    授業中だけで理解出来る子と出来ない子、どちらかに偏り進める事は出来ないから中間で教えるでしょう先生は。出来ない子ばかりに合わせていたら進まない、出来る子に合わせたらついていけない。
    ですので長期の休み期間は挽回するチャンスでもあるし、理解を固める為にも必要なんです。これやりましたか?
    数の概念は頭に物の数の想像が出来るかです。幼児にはリンゴが〜と実物並べて教えますよね。お子さん手を使うのはそこまで到達していないからだと思います。もう一度1年1学期から復習しましょうよ。どこがつまずいているのか解らなければ、手助けしてといた公文も意味が有りませんよ。ここで出来ないと掛け算割り算出来ません。お母さんがお手上げなら個人指導の補習塾で新学期迄集中して頑張る事です。
    良い担任さんにあたりましたね。

    ユーザーID:5550459209

  • 算数について

    小学生2児の母です。下の子は3年生です。
    お嬢さんの勉強のこと、ご心配でしょう。でも、まだまだ間に合うと思います。毎日一緒にがんばっておられるのですから大丈夫ですよ。
    算数ですが、1年生の段階で大事なことは「数の構成」を頭に入れることです。5は1と4、2と3、5と0。10は1と9、2と8、3と7など、このように5と10を構成する数の組み合わせはすらすらと言えていますか?
    簡単なことのようですが、繰り上がり・繰り下がりの計算の基礎ですので、遊び感覚で繰り返し練習するといいと思います。
    文章題の「あわせていくつ」、「ちがいはいくつ」で、案外、ここでつまづくお子さんもいます。おはじきなど具体的なものを使ったり、図を描いたりして理解を助けてあげるといいかもしれません。

    ユーザーID:4719187444

  • 視力かも

    私もかずのこさんと同じく視力は大丈夫かな、と思いました。うちの長男は視力は良いのですが4年生になって初めて「斜視では?」という注意が出ました。現在アメリカに住んでいるのですが、眼科に行ったとき「単語のスペルには問題がないですか?」と聞かれて、思い当たる節はありました。文字が逆に見えてしまうこともあるみたいです。低学年の頃は文章題も苦手でしたね。

    斜視事態はものすごく軽いものでめがねも必要はありませんが、肩が凝ったり頭痛がしたりと体にも影響ありますし、成績に響くこともありえますね。

    なので視力を今一度チェックしてもらってはいかがでしょうか。

    まぁ文章題というのは比較的苦手な子も多いですしまだまだ小1であれば挽回はできると思います。親子で本を読む機会を作って物語の展開を予想してみたり、会話をしてみたり、文章を理解することを頑張れば大丈夫だと思いますよ。文章題の理解は本が好きだけではカバーできないのでお母さんが頑張らないと。

    うちの子もスペリングは苦手ですが、反復練習で覚えてますし文章題も今では普通に解いてます。

    頑張ってください。

    ユーザーID:5431817692

  • ほかのお子さんもみる

    タイトルだけみると、主様は、「これくらいなら1年生として普通じゃないの?勉強ができない4人にいれられるほどじゃないんじゃないの?」と感じておられるのかなあと思いました。

    比較しろといってるわけではないですが、参観などにいくと教室に子供たちの作品(観察日記や絵)が貼ってありますよね。お子さんのだけでなく、ほかの子の作品もよーく見て下さい。字の書き方、てにをはの使い方、内容の豊かさ。そのうえで、この辺りが自分の子には弱そうだ、と思うところを集中してみてあげて下さい。

    普段の会話の内容なども大事です。1年生の女の子だったら、2年生のお兄ちゃんには口ではたいていの子は負けないでしょう。勉強なども下の子は上の子とはりあうので平均以上に進んでいたりします。

    お母さんの細やかな観察力、子供の把握能力にかなうものはないはずですよ。
    低学年でやる基礎はとても大切だと思います。1年生の最初のころの段階からもう一度復習をお勧めします。

    ユーザーID:1468513760

  • 先生と話してみる

    先生にお時間をいただいて、もう少し相談してみては。
    何故、遅れが出ているのか。
    これという理由は思いつかない、練習量をもっと増やして、と言われるかもしれませんし…歌やダンスの好きなお子さんだから、表現系のことには興味があるけど、机に座ってひたすら作業(学習)をすることが、まだピンときていないのかもしれない。
    とにかく、日頃の様子をうかがうことで、何が問題か、ヒントがあるかもしれません。
    公文は、とても効果がある場合と、そうではない場合もあるので、判断が難しいですね。おっとりしていて作業のスピードが遅いことが問題のお子さんには、効きますよね。一方、基本の計算のやり方も学校とは少々取り組みが違いますから「何でこういうことするのかなぁ」「学校と違うなぁ、何で」と引っかかりやすいお子さんには、どうか。今楽しんで通っているなら、もう少し通わせておいても、と思いますが。
    お子さんと一緒に本屋に行って、幼児向けでもいいですから、ビジュアルのキレイな計算本を探してみるのも手です。ただのドリルって無味乾燥でしょう?表現系が好きなお子さんには、わ、可愛い!と興味を引き付けることも必要では。

    ユーザーID:9333986859

  • トピ主です。

    たくさんのレスありがとうございます。

    どのレスもありがたく読ませて頂きとても参考になりました。

    娘は2月生まれです。

    年子の息子も2月生まれなのですが、息子が2年生になったすぐの頃、自ら塾に行きたいと言われました。息子に合いそうな塾を調べて入学試験を受けに行きました。

    娘も一緒に連れて行ったのですが、塾の先生が
    「娘さんも一年生ならば試験を受けてみられてはいかがですか?」といわれました。(娘は塾に入れるつもりはありませんでした)

    その試験はパソコンでするパズルや文字を組み合わせる、数字を覚えて順番通りに入力するような感じだった為、娘は楽しそうに見えたのでしょう、
    「やりたい!」と言ったので、受ける事になりました。

    もちろん算数や国語のような試験もあったのですが、まだ1年生になったばかりだった為、息子だけが受けました。

    後日、塾から連絡があり、息子さんはお預かり出来ますが、娘さんはまず計算などの練習をして、2年生位でもう一度挑戦して下さい。と断られました

    続きます。

    ユーザーID:4798714995

レス求!トピ一覧