独りぼっちになりました

レス33
(トピ主6
お気に入り56

生活・身近な話題

tt

一度に両親を亡くしました。
広い家に私ひとりでいると静けさに飲み込まれてしまいそうです。
何をするでもなく、家の中をおろおろ歩き、たまらず涙がこぼれます。

昔からお祭りの後の静けさが苦手でしたが、
告別式が終わり、親戚が帰り、ひとりになった。
ひとりということの意味を知りました。
昨夜は母のベッドで眠りました。
いつも寝つきが悪いのに、珍しくすぐに眠ることができました。

今日で休暇が終わり、明日から仕事に復帰します。
仕事があることが救いです。
何かをしていないと壊れてしまいそうです。

取りとめのないことを書きました。
読んでくださってありがとうございます。
同じような経験をされた方、
どうやって乗り越えていったのかアドバイスをいただけると
幸いです。

ユーザーID:0539494613

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数33

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 犬嫌いでないのなら・・・

    私も、広い家に一人で住んでいます。愛犬がいるので耐えられます。愛犬無しでは生きていけない。保健所で処分直前のワンコの中には、排泄等の躾が身についている子もいます。

    保護団体より相性の良いワンコを引き取り飼っては如何ですか?ワンコの命は助かりttさんの『心はワンコに救われます』絶対です。夜は『ワンコを抱きワンコの温かなぬくもり』と共に深い眠りについています。至福の時です。我が家のワンコは家の中では排泄しません。☆読売HPで某ピアニストが『自分で肉を焼き(ステーキ)手作りの特性ダレを掛けて食べると力が湧く』との意見を真似ました。

    私の特性ダレ(スリ胡麻・ニンニクと生姜のスリおろし・醤油・日本酒・砂糖を好みで混ぜた物)☆好きな果物を食べてから、換気扇の前で焼きたての肉(牛スライス)を食べながら、好きな音楽をかけ、好きなワインを飲む時間も至福の時になりました。一人なので立ち食いという、ちょっぴりお行儀の悪い形式もスルーです。

    ☆『犬と歩く』と神経が和らぎます。☆早く元気になるといいですね!

    ユーザーID:4543143589

  • 同じような経験はないのですが・・・

    トピを読んでレスせずにはいられませんでした。

    なのでtt様のお気持ちは
    察することしか出来ません。
    なんと言葉をかけたら良いのかも
    分かりません。ごめんなさい。


    今は仕事に没頭するのが良いのではないでしょうか。
    時間が経てば
    少し気持ちに余裕が出て
    他にも気持ちを向けれるようになるかもしれません。
    それまで仕事に没頭する。

    しばらくはあまり考える時間を作らないように
    いろいろと予定を入れて
    忙しく過ごすと良いと思います。
    私は人生で辛いときいつもそうしていました。
    常に走っていたら何も考えなくて済むので・・・。
    そうしてもう大丈夫だと自信がついたら思い切り泣く。

    それから今の状況を聞いて考えるに
    いつもお家の電気(どこか一つ)をつけて
    ボーリュームを下げて
    テレビまたは音楽を流しておくというのはどうでしょう?
    経済的ではありませんが・・・
    少しは気休めになるかも。

    一時でも早く
    そして少しでもトピ主様の心が晴れますように。

    ユーザーID:6856637657

  • すみません、同じような経験はしていませんが

    自分の両親が亡くなった時のことを考えると、恐ろしくなります。
    主人の両親は、もうあの世にいってしまいました。
    できることを、と思い、毎日写真の前に、水とごはんとお茶をあげています。
    あの世で、苦しいことがないように‥‥と。
    主人もだんだん穏やかになってきました。
    悲しみの嵐は、毎日を生きていくしかないようです。
    大変と思いますが、毎日毎日を大事に生きていって下さい。

    ユーザーID:5282292335

  • 今すぐそっちに行ってあげたい

    お気持ちお察しいたします。私はまだ両親ともに健在ですが、それでも、身近な人を亡くした時の辛さ、心に大きな穴が開いたような気持ち、わかります。ましてやご両親をいっぺんに亡くされたのですたら、さぞかしお辛いことと思います。

    もう十五年ほど前のインターネット創生期、事故で家族をいっぺんに亡くした友人が、パソコン通信にハマりました。当時は常時接続など無く、莫大な接続料金をかけていましたが、チャットやフォーラム(死語ですね)で友達を作り、ネットに接続すればいつでもだれかしら友人がそこにいるという感覚が心強かったようです。彼女は一年ほどで見違えるほど強くなり、IT関係の仕事に就いて、ネット仲間と結婚しました。

    ネットは悪用する人もいますが、出入りする場所をちゃんと選べば、純粋な趣味の仲間や、地域や世代の離れた友人も見つかります。家族を亡くした方々のサポートグループもあるでしょう。

    ユーザーID:6898733640

  • 泣けるだけ泣いて

    日中は仕事で気がまぎれるということでなによりです。
    寂しいな、悲しいな、泣きたいなと思ったときは我慢せずに思い切り泣いて、泣いてください。日々の過ぎていく時間と、ttさんが流した涙で、今の感情が穏やかに経過していくように思っています。

    ユーザーID:6891014491

  • がんばりましょう

     私も両親が続けて亡くなり、一人になりました。
    小さい頃から何十年も住んでいる家に一人になりました。結婚もせず、独身のままなので、今でも「娘」という立場のままで、どうしてよいか解らずにいます。

     もう一年経つのにまだ全然慣れません。
    職場では明るく笑い、友人とも時々遊びますが、服飾品などにまったく興味を無くし、あまりよくない精神状態です。

     私は集合住宅なので犬も飼えません。でも想い出多いこの家を出ることもできません。日々、ただただ淡々と過ごしています。

     アドバイスでなくて申し訳ありません。でも私もがんばります。
    がんばって生きて、残りの日々を楽しい人生にしようと思っています。

     一緒にがんばりましょう。

    ユーザーID:5405564046

  • トピ主です。

    ステラさん
    レスありがとうございます。
    ワンコとの生活、うらやましいです。
    私も以前は飼っていました。
    今のマンションはペット禁止なのです・・・
    でも、ご馳走を食べて自分の好きな音楽とお酒を
    楽しむことができれば気持も軽くなりそうですね。
    私は花の種を撒いて成長を楽しみにしています。

    ミコさん
    レスありがとうございます。
    仕事や趣味に没頭して日々を過ごす、
    辛いことを忘れるにはそれが一番かも知れませんね。
    仕事があって本当に良かったと思います。
    静か過ぎると余計な事を考えてしまうから
    テレビや音楽はいいアイディアですね。

    小雪大雪さん
    レスありがとうございます。
    私も両親が亡くなるなんて考えたくありませんでした。
    けれど、その時は突然やってきてしまいました。
    私も両親が好きだった珈琲とお花を供えています。
    今日一日を生きる、その繰り返しですね。
    ご両親に親孝行してあげてください。
    私はあまりできなかったから。

    ユーザーID:0539494613

  • 時々ここで皆さんと話しましょう。

    お辛い事でしたね・・・。

    私はパートナーを亡くしました。

    今も「ただいま」と帰ってきて「おかえり」と言ってもらえない事が悲しい。かといって割り切って黙って帰ってくることも出来ない。
    夫没後1年以上経つのにまだこんな感じです。
    仕事をしているのが救いですが、運転中はどうしても泣けてしまいます。

    「独り」とは永遠に底なしの「独り」、世界中にたった独りぼっちなのだと思い知りました。

    本当にttさんのおっしゃる通り、葬儀のあと、初盆のあと、一周忌のあと、皆さんが帰られたあとのがらんとした寂しさは、言葉になりませんね。

    夫は、私に犬を残してくれました。
    彼の替わりに、毎日散歩に行かなくてはなりません。

    お陰で、かろうじて引きこもりにならずにいます。

    ユーザーID:1524181829

  • 私も一人ぼっちです

     私は夫と姑を ほとんど同時に亡くし ぽつんと一人になりました
    海外旅行をしたり 趣味に打ち込んだりしましたが いまだに産毛の逆立つようなさみしさを 感じます 死にたいとは思いませんが このような喪失感を味わった人間が 再び穏やかな幸せを感じることができるのかどうか
    わかりません でも なんとか生きて 誰かの役に立って もう一度ああ
    幸せだと 感じたいと思って生きるしかありません

    ユーザーID:7147647490

  • 大丈夫

    私も両親を相次いで亡くしました。一人っ子のため天涯孤独となしました。

    7年前の事です。

    大丈夫ですよ、神様はその人が乗り換えられない試練は与えません。

    これも人生です。あるものに目を向けてください。

    猫のやわらかい毛、まぶしい太陽、友達、午後のお茶、同僚との会食

    すきな服、なつかしいに香りの香水、お気に入りの写真集、上品なパール、

    冬の夜空。。。

    きっと大丈夫ですよ。

    ユーザーID:7275631568

  • 私も同じ経験があります

    主様のように一辺にでは無いですが 相次いで亡くなりました 今から16年も前の話です 親が亡くなるのは、いくつになっても 耐え難く悲しく淋しいです 今でも淋しいし逢えるものなら逢いたい そして親不孝だった私は親孝行したいし謝りたい 書いてて涙が出そうです。けど残された私達は、それでも生きなくてはならないのです 悲しみは忘れる事は出来ませんが けれど時と共に傷は薄らいできます 時間が解決 それしか言えません 日常生活に戻り 仕事をし、ご飯をたべ私って薄情なのかな?って責めた時もありました。だけどある方が、親は立つ木に見ると言う字を書く いつも高いとこで見てて、元気かどうか伺ってる。子からの見返りは何も求めてない と言われて少し気が楽になりました
    主様も早く時と共に傷が薄らいでいきますように

    ユーザーID:4371421353

  • 全く同じ立場でした。

    分かります、そのお気持ち。私は二年前の1月に母を、その二週間後に父を亡くしました。今も、無人になった実家へ行くと泣いています。その実家も今年処分せねばなりません。

    私はある本で乗り越えてきました。医者であったE.キューブラー・ロス先生のいくつかの本です。

    「死は終わりでない。さなぎから蝶が羽化するように魂も、もうひとつの世界に生まれ変わるだけ。いつか亡くなった人と再会できる」というスピリチュアルな内容ですが、著名な精神科医の言葉は支えになりました。

    死別した家族を支える会もあるので、検索してみて下さい。
    悲しいときは思いきり泣きましょう。でも、私は両親がいつも見守っていてくれる気配を感じます。
    トピ主様もお体を大切になさってね。

    ユーザーID:0434935492

  • 時間

     乗り越えるためには時間が必要です。

    「どれくらい?」と問われれば「人それぞれ」でしょう


    あなたの場合は…、ご両親と長い時間を共に過ごされたようですね
    たくさんの思い出を愛情をもらったぶん、失った痛みが大きいのです。

     でも必ず、その辛さはあなたを大きく成長させます
    春を待つ芽のように


    今は私の言葉は理解しがたいと思いますが、これだけは覚えていて
    「お父さんお母さんはあなたの幸せだけを望んでいる」

    春が来るのを待っています。
    どうかご自愛ください 
     

    ユーザーID:3683228636

  • 両親は健在ですが…

    去年主人を自死で失いました。心も体も引き裂かれるようなショックで、未だ全く立ち上がれずにいます。
    亡くなった人が身近な程、悲しみは大きいと思います。主さんと立場は違いますが、その空虚感や、暗闇の中独り立ちすくんでいるかのような恐怖心は、恐らく今私が抱えているものと同じだと思います。
    これは死別を経験した人にしか分からない、得体の知れない感覚でしょう。

    ですが、悲しみを一人で抱えるのは良くありません。信頼出来るお友達や上司の方等に、とにかく今の辛さを聞いてもらって下さい。
    今は自分が一番悲しんでいるんだ、だから思い切り泣いて甘えていいんだと思ってください。

    毎日泣けるだけ泣いて、後は人間の基本的な生きる為の行為、食べたい時は出来るだけ食べ、眠れそうなら眠る…それをひたすら繰り返して…

    何のアドバイスにもならずすみません…でもすぐに立ち直るなんてきっと無理なんです。悲しみにも波がありますし…だから主さんも焦らないで欲しいです。ゆっくりご自分のペースで、気持ちのままに…

    泣く、眠る、話す、これがとても大切な事だと思っています。

    ユーザーID:3395048213

  • ご両親も

    どんなにttさんをひとり残していきたくなかったでしょう…。

    私も突然に母を亡くした時、現実を受け止める事ができなかったです。
    あなたの深い悲しみや孤独は、ほんの少しかもしれませんが
    わかるつもりです。

    それとね、悲しい時や辛い時は
    誰かにすがって泣きついて、迷惑かけてもいいんだよ〜。 
    お友達や恋人や誰でもいいから、「そばにいて欲しい、寂しい」って
    本当の気持ちを吐き出して、助けてもらうの。
    そうしているうちに、少しずつ立ち直っていくと思うよ〜。
    元気になったら、その方たちに恩返しをすればいいんだからね。


    私には子どもがいて、親の立場で考えると
    私自身が大病や認知症にでもなって、迷惑や苦労をかけるのがもの凄く嫌なので、
    できれば母の様に極力迷惑をかけず、突然この世を卒業したいと思っています。
    だから、亡くなった母も私と同じ気持ちで、この世を早々と卒業してしまったのだと
    思うようにしています。


    しあわせに しあわせに どうか、しあわせな人生を送ってね。
    子を持つ親として、願わずにはいられません。きっと、ご両親も強く願っておられますよ。

    ユーザーID:5906045444

  • 母をなくした時の気持を思い出しました

    3年前に母を亡くしました。
    火葬場からお骨とともに帰宅したとき、人生で最大の寂しさを痛感しました。

    友達や彼氏がいなくて寂しいとか、
    そんなレベルをはるかに超えた、
    心の一部が死んでしまったんじゃないかと思うくらい寂しかったです。。

    でも・・・、
    もし私が先に死んでいたらこれ以上の寂しさを母に体験させることになる。
    親が子の骨を拾うなんて一番悲しいことですから。
    そんなことにならなくて良かった。
    辛い思いをするのが自分で助かった。

    ・・・そう思って乗り越えました。

    ご両親のご冥福をお祈りいたしております。頑張ってください。

    ユーザーID:7070011982

  • 似た経験があります1

    わたしの場合は祖父が亡くなった時、ひとりぼっちになる意味を知り、壊れそうになりました。祖父は生前とても寡黙で、黙々と仕事をこなす人でしたが、愛情深くことにわたしのことを気にかけてくれている、本当に唯一の心のよりどころだったんです。祖父が火葬された土地の上空を見上げては、あのあたりに煙として居るのかなぁ、いないのかなぁ・・・と押しつぶされそうな心でいました。

    そのときに乗り越えた経験ですが、祖父が亡くなる数ヶ月前から不思議なことがいっぱい起こっていたんです。祖父は亡くなる一年ほどまえからずっと病院にいて、親戚についての情報などは一切祖父の耳に入っていないのに、
    ある親戚の方がなくなった当日の朝祖父が起きてすぐにポロポロと涙をこぼし、「○○が死んだ。(祖父)さん、先に行っとくわ。」と祖父に話しかけて旅立ったと話しました。事実その日にその親戚の方は亡くなっていました。

    ユーザーID:1185465448

  • 似た境遇です

    時の優しさに助けられて立ち直るしか道はないと経験上、感じます。
    私の場合、両親同時ではありませんが、母に続き父、兄弟姉妹を亡くしました。家族の生きている間は病院と職場の往復でした。
    他界後の処理を会社勤務を続けながらたった一人で行ったこと、辛かったです。
    両親健在時には気付かなかったことがたくさんありました。利用する時は勢いよく近付いてきて、大変な時には知らんぷり、これが世の中だとわかりました。
    今日か明日かというような容態の時に当時の親友から「息抜きに付合ってアゲル」と言われました。悪気があってのことではないとしても無神経で気が変になりました。
    その後没交渉でしたが、数十年経ってから自分の親御様の訃報時に近日会いたい旨の連絡が来てビックリしました。
    この期に及んで何の用なのか?20代で親無になった私の気持ちを無視した対応にガッカリしました。
    「家族が支えです」と子供二人の写真入りの連絡で、天涯孤独の私に何の用で接近してくるのか、未だに一方的に年賀状も届き、不気味です。

    不快な人間関係ならば、必要ありませんよ。
    早くお元気になられますように祈ります。

    ユーザーID:7212011684

  • 月並みですが、時間が癒してくれますよ。

    私は両親ではなく、10年ほど前に婚約者を交通事故で亡くしました。
    喪失感絶望感虚無感…今思い出そうとしてもその頃のどうやって暮らしていたかの詳細な記憶がほとんどありません。文字通りスッポリと空白の期間が存在しているかのような状態です。

    勿論悲しみが完全に癒えている訳ではありません。
    それでも、時間がたつと、あの頃のような空っぽの状態ではなく、日々の細々としたことに喜んだり笑ったりできるようになってくるものです…辛かった頃の記憶はおぼろげでモノクロになっています。

    私は個人的に思っているのは、乗り越えていく方法とは「とりあえず生きること」です。

    あの頃の私は、何もやる気が起きなくても悲しくて駄目な自分の状態であっても「とりあえず」で保留にしてました。時間の流れに身を任せるというか。
    かえって悲しみを乗り越えなきゃとかそういう前向きなことをしようとすると、余計に辛かったです。励まそうとしてくれる家族や友人達の存在ですら、申し訳ないけれど苦痛でしたから。

    ネットの顔の見えないお付き合いはいいかもしれません。
    それと、私の恩人は猫です。保護した猫にとても支えられました。
    また、来ます。

    ユーザーID:7179100954

  • 再びレスします。

    トピ主様
    お返事ありがとうございます。

    昔何かで読んだのですが、
    人は三歳までに
    一生分の親孝行をしているのだそうです。
    トピ主さまは充分に親孝行をしているのですよ。
    と言っても
    あれもしたかった
    これもしたかった
    と思いは尽きないですよね・・・。

    トピ主さまの思いを受け止めて
    両親が生きていることに感謝しながら
    出来るだけ親孝行をしたいと思います。
    大切なことを教えてくださった
    トピ主様に感謝です。

    お花を育てているという事
    とても素晴しい趣味だと思います。
    花を愛でる気持ち
    とてもステキだと思います。

    ちなみに私の好きな花は
    「オオイヌノフグリ」です。
    わざわざ育てるような花ではありません。
    春になると
    道端や野原に生えている
    小さな水色の花です。
    どこにでも生えていますので
    もう少し暖かくなったら
    よければ探してみてください。

    トピ主さまにも早く春がきますように。

    ユーザーID:6856637657

  • 2回目です。マンション、小鳥もダメですか?

    「何をするでもなく、家の中をおろおろ歩き、たまらず涙がこぼれます。」の部分、よく分かります。先ずは、広い家をttさんに残してくれた両親に感謝して、鳥でも何でもいいから、『命あるモノ』を、家の中に招いた方がいい。セキセイインコの雄は話します。オカメインコは長寿で穏やかな性格です。私の場合、愛するヒトを失った喪失感は一生続くと思います。でも、家の中の、『命あるモノ・ぬくもりの存在:ワンコ』が、私の命と心を大きく助けてくれています。これからの季節、小鳥のベイビーが多く生まれる季節です。私は、文鳥の赤ちゃん持参で出勤したことがあります。小鳥の場合、空腹が死を招くので、帰宅まで餌が間に合わないからです。餌をあげる時など、周囲は理解してくれ、珍しそうにのぞき込んだりしていました。それが無理ならば、小鳥ちゃんが一人で餌が食べられるようになるまで、ペットショップで世話をしてもらい、そうなるまで仕事が休みの時に、小鳥ちゃんに会いに行く方法もあります。ペットの○ジマで、購入者が平日仕事で餌をあげられないとかで、そういう小鳥ちゃん、いましたよ。生きた鳥の羽は、やわらかで温かい。撫ぜていると心も和らぎます。

    ユーザーID:4543143589

  • 同じような経験がある方からのみのレスにしませんか?

    題名の通りです。近しい人 愛する方々が亡くなってしまった方だけのレスにして頂けないでしょうか? 誰かが亡くなって無いとレスしてはいけないの?トピ主様を心配しては いけないの?と思われるでしょうが そうでないと優しさで余計傷つく事もあるのです。例えば私も両親を亡くした時 親孝行あまり出来なかった事をしんみり友人に話すと友人が 私も全然出来てないよ?と言いました 友人的には慰めのつもりなんでしょうが、心の中では、でも貴方の親は健在じゃない?何度でも親孝行する機会あるじゃない?と叫びそうになりました。勿論 友人が悪いのでは無いのです 分かってるんですが、これが同じ経験がある方なら 同じ言葉でも重みが違うの分かって頂けますか? 近しい人が亡くなれた方は心がとても傷ついてます。やはり同じような経験がある方で無いと本当の痛みが分からないし、逆に変に慰めて貰ったら気を遣います 私だけかも知れませんが…

    ユーザーID:4371421353

  • 似た経験があります2

    なぜか連続投稿した「似た経験があります2」が表示されていないので、もう一度書いてみます。すごく時間差ですみません。

    ほかにも、ある日急に悲しくて寂しくて壊れそうになったときがあったのですが(道を歩いているときでしたが涙が溢れて歩けなくなりました)その時刻に祖父が一時危篤になっていました。時間が決まっていた予定の帰り道でのことだったので、時間がはっきり同時刻と分かりました。ある朝、毎日悲しくて苦しくて押しつぶされそうだった心が、不思議とふっと軽くなって、祖父の死を受け入れられる程度には安定したその日に、祖父が亡くなりました。
    祖父が生前にいっぱい不思議を残してくれたので、魂ってやっぱりどこにも居ないのかな、と思うたびに、やっぱりどこかに居るんだ、と希望が持てたのが大きかったと思います。わたしが壊れそうになることを見越して残してくれたのかなって思ったんです。だからトピ主さんのご両親もいまきっと必死でトピ主さんをまもってくれいるんじゃないかなと思います。ご両親と一緒に少しずつ元気になっていってください

    ユーザーID:1185465448

  • 私はこんな風に過ごしました。


    2009年の夏、突然母を亡くしました。
    父は42年前にすでに他界しており、兄・姉は結婚して別に生活をしておりましたので、私はその時から実家に一人となりました。

    私は、突然にこの世を去った母の為に母の”いつもの物”をお供えしたり、お料理したりしてました。
    母が、毎朝家の前のお豆腐屋さんで購入してた豆乳、いつも母が行ってたお魚屋さん、八百屋さん。母の使っていたメーカーの味噌・醤油・調味料、いつも作ってくれていた料理。

    いつも、泣きながらそうしてました。でも母の味が再現されたりするとそれだけで”お母さん、ありがとう”って思えて、自分自身の体もそうやって作ってくれた母の料理のおかげで健康に存在してるんだ、な。って思えたり。

    それと、祖母の命日や父の月命日など母が欠かさずしていた事も、”代わりに”という思いで続けています。


    続きます

    ユーザーID:7168875070

  • 私はこんな風に過ごしました2

    続きです。

    そうして、昨年末、結婚した為、家を出ました。新しい生活の場にはお位牌も持ってきてます。(彼の家はキリスト教なので問題ないのです)
    実は母が亡くなった頃にはすでにその予定でしたが、私が一周忌が終わるまでは今までの家で供養したいと言って一緒に生活していませんでした。

    母の居なくなった家で1年半ほど過ごしました。良く、”思い出の有る家”とおっしゃる方がいらっしゃいますが、私の場合母が居なくなってしまった家での生活は悲しみを増す以外の何物でもありませんでした。毎朝母が見送ってくれた窓を見上げたり、いつもの様に家に帰っても”お帰り”と言ってくれる母はもう居ません。解っているのに”もしかしたら今までの出来事は悪い夢で、家のドアを空けたら”お帰り”って言ってくれるかもと何度も思いました。辛かったです。

    主人の存在がとても支えになってたのは大きく、昨年12月家を出ました。まったく違う環境に生活するようになって大分気持ちも変わりました。

    長文すみません、まだ続きます。

    ユーザーID:7168875070

  • 私はこんな風に過ごしました3

    ”元気出して、あなたの幸せを考えなさい”って言われるよりも”良いのよ、お母さんの為に沢山悲しんであげなさい”って言ってくださる方の言葉のほうが私には救いでした。

    ”父母の住んでいた家に一人住み続ける”って辛いですよね。もし、資金に余裕があり、状況が許すなら家具付き小さいワンルームなど、しばらく違うライフスタイルなどを送って見るのも良いのではないかと思います。

    自分の事ばかり書きましたが、具体的に”私はこうした”とお伝えしたいとの意です。読んでくださった方、ご理解くだされば幸いです。

    そして、だらだらと、思いつくままのような纏まりのない文章で本当に申し訳ないですが、きれいな構成をなどと心掛けると多分投稿せずに終わってしまいますので

    最後になりますが、お父様・お母様のご冥福とトピ主さんのご健康を心よりお祈り申し上げます。

    ユーザーID:7168875070

  • 時間が必要でした

    31歳女性です。
    23歳のとき突然母が倒れ、そのまま亡くなりました。
    葬儀や法事が終わり家に誰もいなくなったときの
    孤独、不安、寂しさ、わかります。

    日中はなんとか仕事で気が紛れていましたが
    仕事が終わり、独りになると涙があふれて止まりませんでした。
    母を思い出すのが嫌で家に帰りたくありませんでした。
    どうしようもなく悲しいときは車で泣き叫んだりしていました。


    3回忌が終わったころやっと遺品の整理をはじめました。
    少し思い出と向き合えるようになったのです。

    7回忌が終わった今はやっと母のことを他人に話せるようになりました。
    広い家に一人でいても大丈夫です。

    私は母の死を受け入れるのに7年という時間が必要だったんです。

    うまく言えないのですが
    きっとご両親は見守ってくださっていると思います。
    どうかお体を大切になさってください。
    悲しいときは泣いて叫んだっていいんです。

    ユーザーID:9152733064

  • トピ主です。

    たくさんの励ましありがとうございます。

    ロザムンデさん
    私もこのトピでみな様からの励ましで救われています。
    会社は仕事をしに行く所なので、メソメソできませんし。
    ネットも使いようですね。アドバイスありがとうございます。

    pontaさん
    泣きたい時は気が済むまで泣く。
    時が流れて、悲しみだけではなく、思い出や希望に変わっていくのですね。
    少し、気が楽になりました。ありがとうございます。

    私も一人になりましたさん
    境遇が似ていますね。
    私も結婚もせずひとり、いつまでひとりなんだろうなんて考えては落ち込みます。
    自分を着飾ることには興味が湧きませんね。
    メイクも会社に行くのに差し支えない程度に眉を書くのが精一杯です。
    私もがんばって生き、少しでも楽しいことを見つけていきたいです。
    ありがとうございます。

    からすさん
    ご主人を亡くされたのですね。
    いつかは別れのときが来ると分かっていても、辛いですね。
    私も、両親が「ただいま」って帰ってくるような気がします。
    ワンコとお散歩羨ましいです。
    レス、ありがとうございます。

    ユーザーID:0539494613

  • トピ主です。

    リョウコさん
    家族を亡くし、一人残された辛さからいつか立ち直ることができるのでしょうか。
    誰かの役に立つ、そうですね、必要とされる人間になりたいです。
    頼るだけではなく、誰かに必要とされたい。
    大事な事を教えてくださり、ありがとうございます。

    ねこさん
    哀しくて涙が止まらなくても、お腹が空くんですよね。
    さすがに料理を作る気分ではなくて、サンドイッチとかで済ませてしまいます。
    週末はお天気が悪くて、親戚が泊まったときのお布団を干すことができなくて、部屋が片付かないなぁ。なんて、日常のことを考えていると気が紛れます。
    こんなことを繰り返していたら、きっと大丈夫。そんな日が来るような気がします。ありがとうございます。

    ななしさん
    いいお話ですね。
    いろいろな事があったけど、両親はどんな思いで私を見ているのか?
    私は親孝行できなかったことを、毎日お線香をあげながら詫びています。
    何でもっと優しくできなかったんだろう。
    そんな私でも、両親は見ていてくれるでしょうか。
    レスありがとうございます。

    ユーザーID:0539494613

  • トピ主です。

    garnetさん
    続けてご両親を亡くされたのですね。
    無くなった人と再会できる、もしもそんな日が来たら素敵ですね。
    私もその本を読んでみたくなりました。
    哀しんでばかりいてはいけませんね。
    自分で探さなくちゃ。
    レスありがとうございます。

    りささん
    アドバイスありがとうございます。
    いつか、時間が過ぎるように、悲しみが薄らいで
    自分の人生を歩いていけるようにがんばります。

    さびしんぼうさん
    ご主人を亡くされたのですね。
    経験からくるアドバイスありがとうございます。
    泣く、眠る、話す、大切な事を焦らずに繰り返しながら生活していきます。

    ママコさん
    優しいアドバイスありがとうございます。
    母も、私の手を煩わせることなく呆気なく逝ってしまいました。
    少しは世話をさせて欲しかったと、話す時間が欲しかったと思ってしまいます。でも、本人は満足しているのかもしれません。本人の希望通りだったから。
    私も、しあわせを探します。

    ユーザーID:0539494613

レス求!トピ一覧