お風呂上りはベッドへ直行

レス13
(トピ主6
お気に入り22

生活・身近な話題

lino

ちょい潔癖です。でもズボラです。

ベッドの中に外からのヨゴレを持ち込みたくないので、タイトル通りお風呂上りはベッドへ直行、ソファに座ったり雑誌読んだりできません。

なのでお風呂上りやベッドの中で使う物(タオル・下着・パジャマ・シーツなど)は、洗濯したらきれいに洗ったばかりの手で干したりたたんだりしないと気がすまないのですが、面倒だな〜とも思います。
その手を拭くタオルももちろんきれいな手で干してたたんでしまっておかなくてはいけないので。

同じように「お風呂上りはベッドへ直行」派の方、ベッドの中にヨゴレを持ち込まないために、洗濯や掃除など、どんな風にされていますか??

ユーザーID:7823826345

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数13

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ベットで使うものに限らず・・

    洗濯物はきれいな手で干すし、たたみますよ。

    ベッドで使うもの以外もキレイにしておけば面倒でもないのでは!?

    それとも、キレイのレベルが違うのかな?

    ユーザーID:5484890008

  • mariさんのおっしゃるとおり

    キレイのレベルが違うのかも知れません。

    毎日1回、掃除機かフロアワイパー+コロコロでの掃除はしていて普通レベルではキレイかもしれませんが、全部お風呂上り同様、洗ったり掃除したりした後、洗ってないものと接触していない状態に保てない限り、満足はできないですね…

    例えば外から帰ってきて、私は玄関で靴下を脱ぎ、手を洗ったら体はどこにも触らないように部屋に行って着替えますが、夫は着替えてくれません。子供もたまに児童館で遊ばせますが、帰宅して着替えさせるまでにいろんなところに触るし、転がるし…

    外で買ってきた食べ物のパッケージや雑誌などいちいち消毒しませんが、買う前に床に置かれたり汚い手の人が触ったかも考えてしまうと、それらを置いたところはもう汚いって思ってしまいます。

    なのでお風呂上りにソファに座ったりしようものなら、洗いたてのパジャマが外の床レベルに格下げになった気がしてくつろげません。

    実際、ばい菌とかって1回触ったくらいではたいして付かないものなんでしょうかね?
    3秒ルールとかもどうなんでしょう??
    ばい菌に詳しい方がいたら教えて欲しいです。

    ユーザーID:7823826345

  • トピ主のコメント(6件)全て見る
  • 詳しくはないですが

    ばい菌について聞かれていたので・・・
    最近花粉症患者が増えている原因の一つに
    世の中が「抗菌対応」になってきているためだとTVで観ました
    抵抗力がなくなってきているんですって
    多少の「菌」は人間が生きていくためには必要なのだそうです
    もちろん命取りになる「菌」は別ですよ
    だからあまり綺麗にするのも考え物かもしれません
    私も一度でも袖を通した衣類は洗濯機に放り込まないと気がすまないのですが
    主人からは「神経質すぎる!」と叱られます

    ユーザーID:2621134945

  • 菌恐怖症ですね

    洗剤メーカーの研究所におりました。
    仕事柄、菌とは仲良しでした(笑)

    細心の注意をされているようですが、取り越し苦労ですね。
    バイ菌を自分で想像し、ルールを守っていれば、想像上のバイ菌が付かないと思っているようです。
    潔癖というか、神経症は大丈夫ですか?
    マイルールを押しつけても、旦那様は理解できないでしょう。

    直接触れればもちろん菌はつきますが、空気中にもたくさんの菌がいます。私たちの体にも…
    無くすことはできませんし、一般の家庭で、空気中の滅菌も不可能です。
    お風呂は湿度が高いので、実は菌が多いです。

    寝具で言えば、例えば、あなたが寝ている時、睡眠中におならをしたとしたら(失礼!)、寝具の中には大腸菌が放出されます。
    腸にはたくさんの大腸菌がいますよね。
    でも、気付かないあなたはベッドはキレイだと思って、ルールを実践し続ける。意味がありますか?

    定期的にシーツ類を洗い、気になるなら、寝るときはパジャマに着替えて、布団に入る。
    これで充分です。

    知らないことで、余計に恐れてしまうのもわかりますが…根拠のない努力はムダですし、度を過ぎれば家族は負担です。

    お気をつけ下さい。

    ユーザーID:0436038675

  • 菌が見えたらいいんですけど

    いよかんさんのおっしゃるように多少の菌と共存する必要性はわかってはいるのですが、外へ行くと「命取りになる菌がどこにあるかわからない」から、神経質になってしまいます。

    例えば、命取りにならないまでも、大浴場の足ふきマットを使いたくないとか、図書館で借りた本に(本屋の本も一緒ですけど、触った人の多さ的に)病気の人の唾液が飛んでたら…とか。

    「あ!○○菌がいるからこれは消毒しなくちゃ」
    「△△菌か、まだこの数なら大丈夫」って菌が見えたらいいのに…
    それなら必要最低限の清潔を保てばいいですもんね。

    特に今、子供が何でも舐めるので清潔にしなきゃいけないけど、抵抗力がなくなっても困るので、どこをどう気をつけていいのかいちいち悩みます。

    でも、何でも舐めてしまっている子供のほうが、私よりすでに抵抗力があるかもしれませんね…

    ユーザーID:7823826345

  • トピ主のコメント(6件)全て見る
  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 意味がない

    シーツを洗ったら外で干してるんですよね?
    だったら、その時に汚れや菌が付着しますけど?

    今この瞬間、あなたが吸ってるその空気にも、ホコリや汚れ、菌が
    うようよいることでしょうね。

    あと、シーツやカバーを洗っても、布団やマットレス、枕は
    どんな頻度で洗ってるんですか?
    もしかしたら、菌どころかダニの巣窟になってますよ。

    そして、最近アトピーの子が増えているのは、親が除菌滅菌と
    やりすぎて、菌に対する耐性が少なくなっているからだ、とする
    説もあるようですよ。

    度がすぎて精神がおかしくなる前に、極端な潔癖症の考え方はやめといたほうがいいと
    私は思いますが。

    ユーザーID:4089561661

  • 根本的に

    考えがまちがっているんですかね…

    空気中にも菌がいるのはじゅうじゅう承知です。
    でも触れると触れないとでは菌のつき方がかなり違うのではないかと思い込んでいますが、実際はたいして変わらないのでしょうか?

    幼稚園や小学生でよくいじめられっこや嫌いな先生を菌に見立ててナントカ菌!とかバ〜リア!って追いかけっこしてますよね。
    小さい頃そういうのをやっててなにか刷り込まれてしまったんでしょうか。
    いじめられていたわけではないですが、足が遅かったから、きっとよくナントカ菌をなすりつけられて嫌な思いをしてたのかも。

    これは洗ったからキレイ、こっちは外で使ってまだ洗ってないから汚いと決めて、キレイなものが汚いものに触れたら、その時点で同じ汚さになってしまうように感じるのはそのせいでしょうか?

    ものごごろついた頃からずっとこんな感覚で過ごしてきましたが、病院へ行ったら治るものなのでしょうか。
    「普通」の感覚が想像つきません。
    ほどほどに清潔というのも私には難しくて、徹底的に除菌したいけど時間的・経済的などの理由で中途半端になっているのが現状です。

    ユーザーID:7823826345

  • トピ主のコメント(6件)全て見る
  • とてもズレるかも知れません

    子供がいて不可能かもしれませんが、1日だけ、、

    いまちょうど粉じんにあえいでいる都市へ、ボランティアで行きませんか
    あなたは生きているようで、生きていない?から、生き生きとしてる強いバイキンくん達が怖いんだとおもいます

    新潟地震で被災した実家へ、やっとの思い出到着し、、たかと思ったかすぐ清掃など手伝いして、炊き出しして、物資運んで、、
    わたしに同行してくれた、(家事手伝いの青年)くんと4泊しました
    青年くんはあなたのように潔癖でしたが、決してすべて清潔といえない場所、着替えができないなど経験し、やっと生きてると感じ、これまでの感覚は消えたそうです
    帰宅後、家事手伝い、をやめて出来る仕事からはじめました(わたしは彼の住む家の大家です)

    汚いとこでボランティアしてみたらどうでしょう。一皮むけるってやつです

    ユーザーID:2651158554

  • 常在菌

    2度目です。
    トピ主さんが言う菌って、一体何ですか?

    もともと私達の体のあらゆる部分や皮膚には、おびただしい数の菌が住んでいます。
    常在菌というやつです。

    これは自然界に普通に居る菌です。
    私達の体においては、良い菌が繁殖しバリアーの働きをして、他の悪い菌が繁殖するのを防いでいます。
    良い菌の中には、体調により悪さをするものもありますが、普通は上手くバランスが保たれており、人は健康でいられるのです。

    神経質になって洗えば、皮膚の常在菌は流れます。
    でも、そうやって菌のバランスが乱れると、今度は悪い菌が繁殖、様々なトラブルに見舞われるようになります。
    人間と菌は切っても切れない関係で、菌がなければ人間は生きていくことができません。

    あなたが気にしている菌の中に、例え悪い菌がいても、私達にはバリアーがあるので、全く問題にならないわけです。
    ソファーに座れないなど、全くナンセンスですよ。

    納得して頂けたらいいですが。

    ユーザーID:0436038675

  • 大変遅くなりましたが

    いってらっしゃいさんのように一日だけ、とか短期間なら全く平気です。
    もっとも、被災地などへは行ったことがないので比較してはいけませんが、旅行に行ったときは割り切って眠れます。
    布団の上で旅行カバンを広げたりもするし、いちいち手を洗わなくていいから正直楽です。
    でも帰宅するとやっぱり自分のベッドにそのまま入ることはできないし、旅行カバンの中身も全部拭き掃除してしまいます。

    考えすぎさんのレスも拝見しました。
    菌にお詳しいようなので、いろいろお聞きしたいのですが…

    人がお風呂に入るのは、「汗や皮脂を落とす」ためであって「いろいろな菌を落とす」ためではないということでしょうか。
    私はむしろ逆の感覚でいました。
    得体の知れない菌が付いているかもしれないから外から帰ったらしっかり洗うけど、自分の汗や皮脂に対してはそこまで神経質に考えません。
    (もちろん、出掛けていないからといって入浴しなかったり、自分の汗は平気だからといって何週間も布団を干さなかったりはしないです。念のため)


    (続きます)

    ユーザーID:7823826345

  • トピ主のコメント(6件)全て見る
  • 続きです

    帰宅後や料理・食事の前に手を洗うことは専門科も勧めていますが、ここでも疑問が。

    夫はもともと帰宅後必ず手を洗う人ですが、一旦寝室で着替えるので手を洗う前にドアノブや電気のスイッチを触ります。もし病気の菌が手についていたらノブやスイッチにもつきますよね?コートやカバンにもついているかも知れないのになぜ消毒しなくていいんでしょう。(私もしてませんが)

    口に菌が入らなければいいんでしょうが、料理中に食品の外袋(お店で誰かが床に落としたかも…)を開けてそのまま料理を続けたり、夫が携帯(洗えるものではないし、外で使って汚いかも…)をいじった手で開けた冷蔵庫の扉を触ったりしたら病気の菌が料理に入るのでは?と思ってしまいます。

    食品の袋を拭いてからしまったり、冷蔵庫の扉を触るたびに消毒なんてしていませんが、病気にならないのは、帰宅後の手よりも、「汚いかもしれない」袋や冷蔵庫をちょっとさわった手のほうが菌は少なくて、良い菌により守られているから大丈夫というわけでしょうか。

    病気になるというより、自分的につじつまが合わないことがイヤで考え込んでしまっているんですよね…

    ユーザーID:7823826345

  • トピ主のコメント(6件)全て見る
  • 私にとってほどほどの清潔の概念

    他人に不快さを与える過度の潔癖、心身の健康に支障の出る潔癖、生活に支障の出る潔癖は行きすぎだと思います。

    >病気になるというより、自分的につじつまが合わないことがイヤで考え込んでしまっているんですよね…
    ⇒シロかクロの世界じゃないですもの。菌や汚れに接触してもそれが絶対にくっつく訳じゃないし、それがたちの悪い物であるかどうかや、菌の生存に適した環境か、菌が体内に入っても排出されたり白血球などに排除されたりする訳で。専門家が推奨する手洗いや調理器具の滅菌などはそれが現実的に継続可能でリスクと効果のバランスが取れているからではないでしょうか。

    トピ主さんが不潔で私にはできないわ、と思う生活をする人間が周囲には多いことと思いますが、そういう人たちがそれが原因で食中毒や感染症に悩まされてますか?周辺に結核などリスクの高い感染情報がありますか?風邪程度の菌を防ぐのに毎日毎日頭を悩ませているのが馬鹿馬鹿しくなりませんか?私はそんなに悩んで免疫力低下させるストレスをかけるより、食生活と運動とリラックスする時間、手洗いうがい程度で十分健康に過ごせています。

    ユーザーID:1097142014

  • なるほど

    meiさんのお話、すごくわかりやすかったです。

    「現実的に継続可能でリスクと効果のバランスが取れている」
    手洗いうがいに限らず、掃除・洗濯・布団干しなどのやり方や頻度もそうなんですよね。

    そしてバランスがちょうど50/50ではなく多少ずれていても問題はないけれど、極端になってくると病気になったり、負担が増えたりという問題が起こってくるからほどほどに、ということなんですね。

    また私は、清潔に関することに限らず、何でも決めたとおりにやらないと気が済まない性格なので、もっとおおらかな気持ちを心がけて過ごそうと思います。

    ユーザーID:7823826345

  • トピ主のコメント(6件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧