• ホーム
  • ひと
  • トラウマを引きずる精神が幼い私に一言お願いします。

トラウマを引きずる精神が幼い私に一言お願いします。

レス8
(トピ主2
お気に入り2

家族・友人・人間関係

白雪

私30歳 女。 叔母(父の兄嫁)についてです。近所に住んでいます。
私が高校生の時、祖父が亡くなった当日と翌日に無理矢理学校へ行かせられました。私は悲しくで結局早退しました。でもその叔母の実父が亡くなった時は自分の子供を一週間以上休ませました。(子供は私のひとつ年上です)もし私が叔母の家でご飯を食べた場合私の親に食事代を請求してお金を取っていました。でも自分の職場の後輩(男)を毎晩家に呼んでお酒や晩御飯をご馳走したりします。ビールもその人のために箱買いしています。私は成人して距離をとっていましたが、偶然道で会ったときに何故か「家族旅行に行くからあなたも行きましょう、詳しくは後で連絡する」と言い結局私抜きで普通に行ったと後から知りました。以前私に突然切れだして叔母の子供が私に対する態度を注意してくれましたが、私は悔しくてたまりません。物心ついたときから18歳までの嫌がらせがトラウマです。親戚から食事代を取り、他人を毎晩もてなすというのが親戚付き合いの一般的なスタイルなのでしょうか?そして今までの私の悔しさをどう処理すれば良いでしょうか?忘れることが、許すことができません。皆様、教えてください。国語力が無く文章が下手ですみません。

ユーザーID:6989484307

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数8

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 親に守っててもらったっけな・・・

    30歳まで誰にも言わなかったんですか?変な出来事ばかりですね。許さなくていいじゃないですか。
    親御さんが聞いたら、ちゃぶ台ひっくり返して怒り狂う出来事ではないでしょうか?
    いえ、父がそうでしたので。
    変なおば、いました。姑にいびられ、夫に浮気され、冷たくて、潔癖性で、ヒステリックでした。してやられたことはいっぱいあります。
    あるとき、大変な濡れ衣をきせられました。家族に話して、やんやと盛り上がって、あんなヤツなんかもう知らない!ということになりました。
    すっかり忘れていましたが、今回トピを拝見して、思い出して、怒りが沸き返りました。

    おばは、子どもにべったりしていますが、息子には見放されています。娘はそんな母親がかわいそうで一緒にいますが、周りはすべて敵!みたいな変な性格になりました。そんな一家を、周囲は奇異の目で見ています。うちは絶縁しました。

    親御さんに話してみられてください。何かわかるかもしれません。

    ユーザーID:9545538138

  • 失礼ながら

    貴女のご両親は何をしていたのです?おじい様の葬儀云々とか食事をどうのこうのとか、たかが兄嫁なのにそこまで義理の弟の家庭を蹂躙できていることが不思議です。親御さんは貴女を叔母に丸投げしていたのですか?その叔母(またはその配偶者である父親の実兄)にどうしても頭が上がらない、何か深い事情があるのですか?そう考えないとあり得ないことだらけです。

    貴女が叔母を憎む気持ちは当然です。
    でももし自分の精神を幼いと思うなら、なぜ叔母がそういう行動に至ったか、原因を調べてみるべきです。貴女の親との関係はもちろん、事によっては祖父母との関係まで。客観的な事実を知れば、叔母の行動の真意が掴めるかも知れません。そうすれば、貴女もただ憎むだけでなく、大人としてどう振舞うべきか対処法が見えてくると思います。
    まずは叔母の子ども、貴女のいとこさんと話ができませんか?

    ユーザーID:4894086260

  • 私の家庭環境

    レスありがとうございます。
    説明不足ですみませんでした。

    私が生まれてすぐに両親が離婚しました。大きな原因は父が毎晩麻雀に行っていたからだそうです。それにもかかわらず、つい5年前まで父の雀荘通いは続きました。夕方まで仕事、そのあと麻雀へ行き毎晩午前3時頃帰宅、寝に帰るだけなので、私は小学校を卒業するまで祖父母と生活していました。父は父親という自覚がなく育児全てを祖父母に任せ、年末年始の休日も自分の友人と海外旅行などへ行って遊んでいました。叔母は私が祖父母と住む気に入らなかったんだと思います。何度か叔母が祖父にその事を注意していました。叔母が私にいつも言う口癖は「お前は他人」です。 続きます。

    ユーザーID:6989484307

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • 続きです

    祖父が亡くなった瞬間から一族を牛耳っているのは何故か叔母です。でも誰も何も言えません。全員で胡麻をすります。叔母の実子でさえ気をつかい顔色を伺いながら話します。腫れ物を触るように。
    叔母が自分の機嫌で私に当たり散らし叔母が悪いとわかっていても、叔母の夫も子供も助けてくれるどころか「とにかく早く謝れ」と私に言い機嫌を直そうとします。黒いカラスも叔母が白いと言えば白いんです。

    父は私に無関心で叔母の事を話しても相手にされませんでした。
    父もいとこも祖母も誰も叔母には何も意見する事はできません。
    でも他人の前でいい人ぶる叔母は許せません。

    ユーザーID:6989484307

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • もう大人ですからあなたはあなたで

    2回目です。
    事情を知って、気の毒に思います。

    おばさんの仕打ちは、あなたの周りのおとなのせいなんですね。
    他人にごちそうするのは、くだらない親戚にただメシ食わせるより価値があるからでしょう。本当はこういう人たちと過ごしたい!!という願望が人当たりをよくしたりするのでは?うちの変なおばは、そういうところがありましたよ。でも、周りは遠巻きにつきあってるのです。おばさんは心が狭いのに頑張って一族を守っているつもりなんでしょう。

    で、シワヨセはあなたに。
    おばさんのうっぷんばらしの一つとして、人身御供になってるんですね。
    ばかばかしくないですか?

    今回までの悔しさは、幸せになるためのお薬と思って、周囲の大人のようにはならないよう、自分の人生を考えてください。

    ユーザーID:9545538138

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • 叔母には叔母なりの理由があったということですね。

    将来的に一族の財産(と呼べるようなものが残っていればですが)を手に入れたいから、とも考えられますね。で、叔母が正論をふりかざすからなのか何なのか分かりませんが、皆叔母が怖い、と。

    いい人ぶっているんじゃなくて、「自分が一番正しい!自分がこいつら(家族とか同僚とか)を守ってやっているのだ」と、彼女は本気で思い込んでいるんですよ。だから、常に正しくない者=敵が必要になる。叔母から見たら、貴女は「厄介な義弟が作った厄介な子」でしかないから、父子セットで敵と見なされ、「罰を与えて矯正しなければならない存在」と定義されているのでしょう。

    「介護しない代わりに、相続の一切を放棄します」とでも一筆書いておいて(実際に貴女に相続権が発生したら、家裁でちゃんと手続きして下さい)、縁切りしましょう。二度と彼らの顔を見ずに済む場所に引っ越して。
    過去の被害は、残念ながらもう消せません。ですが、現在と未来の被害を防ぐことは可能です。

    それともう一つ、憎しみについてです。

    ユーザーID:4894086260

  • 憎しみを手放すこと。

    は、難しいです。残ります。
    でも、私は気付いたことがあります。
    誰かを憎むのはエネルギーが要ることで、実は快感を伴うことだと。
    叔母への怒り、憎しみを表現する時、自分の中から凄いエネルギーが湧いてきて驚いたことはありませんか?自分でも知らなかった自分の感情の強さに、酔いそうになったことはありませんか?

    あと、誰かを憎んでいる間、その誰かに、自分は支配されているということ。
    叔母を憎んでいる間、貴女の心は叔母でいっぱいになっているでしょう?
    それって、貴女の心が叔母に支配されているということ。誰かに恋をして、相手のことを四六時中想っていることと、実は全く同じことなのです。
    気持ち悪いでしょ?

    だから、たとえ距離をおいても、憎む気持ちを手放せない限り、貴女は叔母に支配され、蹂躙されるままなのです。

    すみません、長くなりそうなので続けます。

    ユーザーID:4894086260

  • 憎しみを手放すこと 続き


    今すぐとは、言いませんし言えません。私も完全に手放せているわけではないので。
    でも、距離を置いて眺めてみることで、「こういう生き方しかできない人々だったんだな」といくらか客観視もできてきたので、強烈な憎しみは確かに薄らいでいます。
    貴女も、それなりに事情を把握しているなら、今度は全くの他人ごととして自分と彼女たちを眺めて見て下さい。
    湧きあがる怒りと憎しみは、叔母が貴女にさせていることです。貴女にそんなことをさせる叔母を、突き放して眺めて下さい。
    紙に書いてもいいし、「こんなことされたくなかった!」と一人部屋で叫んでみてもいい。手段はいろいろあります。
    貴女の心に根付く憎しみを、貴女の心に巣食って貴女を支配する叔母の幻影を、手なずけて下さい。
    「あんな程度の人間に、自分は悩んでいたのか」と、自分の不甲斐なさ、器のちっぽけさに気付いたらもうけものです。
    諦めなければ、きっとできます。

    お互い、がんばりましょ。

    ユーザーID:4894086260

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧