キャリア・職場

遊びにも全力投球って悪い事ですか?

レス104
お気に入り50

あらいぐま

働く

こんにちは。
タイトルどおり、遊びにも全力投球って悪いことですか?

遊びの種類は特に問いませんが、極めるつもりで全力でやらない人は、
仕事も何もかも中途半端しかできないんじゃないかと僕は思っています。

少なくとも僕はそう思っているんですが、
就職の面接などで自信いっぱいに、僕は遊びを頑張ってきました!!とか言うと、
なんだか冷ややかな目で見られているような・・・・
最近だんだん自分の持論に自信がなくなってきています。

小町には経験豊富な先輩方がいっぱいいると思っています。
ぜひご意見を聞かせて下さい。よろしくお願いします。

ユーザーID:1791770058

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数104

投稿する
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 実績によりますね。

    勉強はダメダメでもプロからスカウト来ちゃうほどサッカーがうまい、とか。だったらサッカー選手になれよって話ですね。
    勉強はダメダメでもバスケのキャプテンでチームを○○大会の優勝に導いた、とか。そこでこうやってチームを強くしたんだよ〜的な、貴方にしかできないノウハウがあれば、仕事にも期待が持てるかも。
    でも、貴方が言う通り本当にプロ並みに遊びを極めている人は、勉強もそこそこ以上にできていると思いますけどね。実際、貴方も「遊び『も』」と言うからには、勉強も全力投球ですよね?当然、人並み以上の成績、出てますよね?でないと、説得力ゼロですよ。
    面接官が「?」な目をしたのも、貴方が遊びしか頑張っていないように見えてしまったからだと思います。

    一度自分の実績を振り返ってみてはどうです?遊びも勉強も、どれほどの結果を貴方は残せていますか?

    ユーザーID:0891614948

  • 具体性がないからかも

    仕事も遊びも一生懸命って言うのは悪い事ではないんですが、

    >就職の面接などで自信いっぱいに、僕は遊びを頑張ってきました!!とかいうと

    これだけしか言わなかったら、「はぁ、そうですか」としか言いようがないと思います。

    遊びって具体的にどんなことなのか、どんなところで一生懸命やったのか、それによってどんな効果があったのか等、プラスになるような事をプレゼンしたなら、職種によっては面接官も興味を持ってくれたかもしれませんね。

    ユーザーID:9946357825

  • おもしろい

    >遊びにも全力投球って悪いことですか?
    いいえ、全然悪くないです。

    >僕は遊びを頑張ってきました!!とか言うと、
    遊び「も」頑張った。と、遊び「を」頑張った。と言うのでは天と地の開きがあります。遊び「を」頑張った。だと、遊び以外の事は頑張ってないように聞こえます。

    >遊びの種類は特に問いませんが、極めるつもりで全力でやらない人は、
    >仕事も何もかも中途半端しかできないんじゃないかと僕は思っています。

    遊びを極めようとしている人は、仕事もできる人が多いです。でも、遊びを全力でやらないからといって、仕事も中途半端だと決めつけはできません。

    「楽しいだけの遊び」にいくら打ち込んでも、仕事に聞かせるとは思いません。真に全力投球すると、遊びにも壁が立ちはだかります。その壁を乗り越えてこそ、「遊びの達人」になり、仕事にもその経験が生かせるのです。

    あなたは、全力投球で遊びをして、どんな壁にぶつかり、それをどのように乗り越えて、新たな楽しみの境地に入りましたか?。

    それをきちんと説明しないと単に「遊び呆けた人」と思われるだけです。

    ユーザーID:8352398009

  • 私が遊びに全力投球した例

    連投失礼。
    私は趣味でサイクリングを始めました。体力がないので、レースには参加せず、一人で景色の良い観光地や寺社などを好きなように走るのが趣味です。

    自宅から走りに行くだけでは物足らなくなって、自転車をJRや飛行機に乗せて、遠くで走れるようになりました。これで私は一つ壁を越えました。沖縄や北海道も愛車で走りました。

    自転車持参でハワイへも行きました。ホノルルから日帰りでマウイ島へ飛んで、ハレアカラという標高3000mの山へタクシーで登り、自転車で山道を下ることを計画しました。

    この計画では、飛行機に載せた自転車が壊れて乗れなくなる心配もあり、英語もろくにできない私が一人でタクシーに乗って山の上まで行き、下りてくることができるのか。帰りも途中からタクシーを拾って空港まで戻れるのか。等、楽しい遊びの計画を立てているはずが苦しくなり、計画を放棄しようかと思ったほどでした。

    結果オーライで、素晴らしいサイクリングになりました。この経験で私のレベルは上がりました。「遊びを極めるつもりで全力投球」したと、このような例を挙げれば冷やかな目では見られないと思います。

    ユーザーID:8352398009

  • ポイントがズレてる

    まずは、就活の面接で伝えるのが良いかどうか、
    伝える価値があるならどう伝えるかというのが、
    トピ主様が注目すべきポイントです。

    トピ主様は今売り込まないといけないんですよ。
    遊びでも充実している従業員が作った商品ですと言われて、
    プラス評価になるのは一部の消費者だけではないでしょう?
    単に持論を展開して、人に受け入れられるのを待つなんて、
    仲間内の議論や遊びでやることであって、ビジネスでやることじゃありません。

    まず、「遊んだ」という発言は、注目を引くのにむしろ良いのかもしれません。
    次は、そこから就職先に何をもたらすことができるのかが求められます。
    遊びによって得た有益なものは何ですか?それをうまくまとめましょう。

    ユーザーID:6066290026

  • 遊びを?

    人それぞれの考えなので、別に間違えじゃないと思いますよ。
    ただし、世の中には「遊びだけ全力投球」「遊びに全力投球した結果、力尽きた」人が多いので、単に「遊びを頑張ってきた」と言われても論外ですね。

    「仕事に影響がない程度に、ほどほどに遊ぶ」のが当たり前なので、
    「どんな立派な学業での結果を残しており、それは遊びを頑張ったこととどのような関係があるのか」を納得させなければ、単なる「遊びほうけているのを自慢している痛い奴」と見なされてしまいますね。

    一度、学校の就職課とかに相談されてはいかがですか?

    ユーザーID:8697224363

  • そうなんですか?

    遊びに全力投球=仕事にも全力投球、ではありませんからね。
    まして遊びにかまけて仕事や家事育児を放棄する人はいくらでも居ますから
    トピ主さんの主張では冷ややかに見られても当たり前です。

    ユーザーID:6561265637

  • 全力投球で遊ぶのが悪いとは思いませんが

    面接でわざわざ主張する事ではないでしょう。

    >「僕は遊びを頑張ってきました!!」
    ましてや、この言い方では遊びだけ一生懸命やってきて、他の事はやってない或いは手を抜いて来たと取られても仕方がないと思います。
    「遊びも勉強も全力投球」と言うのと随分イメージが違うと思いますよ。

    遊びも仕事や勉強などと同じように全力投球でやる、これは悪い事だとは思いません。
    ただ、この持論は就職の面接で展開するのに向いていないと思います。

    ちなみに面接の時も一人称「僕」ですか?
    「私」と言った方が無難だと思います。
    面接で「僕は遊びを一生懸命やって来ました!」なんて言われたら、「はぁ?」とか「ダメだコイツ」って大抵の面接官は思うんじゃないでしょうか?

    ユーザーID:3827893447

  • まあ、そうなるでしょうね

    「僕は遊びを頑張ってきました!!」で終わったら、「就職してからも、有給休暇ばっかりとって遊びに行きそう」と思われてもしょうがないですよ。
    その引いた雰囲気を利用して、「極めるつもりで全力でやらない人は、仕事も何もかも中途半端しかできないんじゃないかと僕は思っています」というのを強く、強〜くアピールすれば、印象に残らないこともないと思いますけど。
    あまり遊びの内容を語っても「自分語りお疲れ様」という感じではねられると思うので、あまり具体的な遊びの話ばっかりしないほうが良いと思います。
    相手も深くあなたを知らないのだから、遊びばっかり印象に残って、結局は遊び人という印象しか残らなくなってしまいます。

    遊びというのは面接官の注意をひきつけるピンポイントのキーワードに使用するにとどめ、集中力とか体力という会社にとってポジティブな言葉に関連付けて多用し、そこから就職先のこれこれこういう業務の売上をガンガン上げたいです!という関連付けに全力を注いだほうが良いと思いますよ。
    どう注意をひきつけるか、それこそ全力で極めるつもりで考えれば、かなり他の人と差がつくと思いますよ。

    ユーザーID:8066980895

  • 大事なことは

    単に「一生懸命」なんて、評価されませんよ。

    「何をして、何を結果として出したのか」

    が大事。就職ならなおさら。


    遊びって「単なる遊び」なら全力でやったと言っても、それは大抵全力じゃありませんよ。
    だって楽しいことしかしていないんですから。

    物事を本気でやると、たとえ世界で一番好きなことですら
    「こんなことやりたくない」
    って思うときが必ずあって、そこを乗り越えるか否かが大きな境目になることが多々あります。

    逆に言えば、そこまで行って、それを乗り越えて更に次の壁に向かって挑戦する「一生懸命」がありましたか?

    >遊びの種類は特に問いませんが、極めるつもりで全力でやらない人は、
    >仕事も何もかも中途半端しかできないんじゃないかと僕は思っています。

    でも、トピ主さんの論理なら、遊びを一生懸命だったあなたは、当然学業成績も素晴らしいんですよね?
    逆に、学業成績がそこそこだったら、それは自ら「自分は一生懸命やらない人間です」って証明しちゃったことですよね。

    トピ主さんが、誰が見ても学業優秀だったら、始めて通用する論理ですね。

    ユーザーID:4028671219

  • 遊びの成果を出せばよい

    tomasaさんに同意ですね。

    トピ主さんの理論なら、
    遊びを全力でする社会人  = すばらしい仕事をする社会人
    遊びを全力でする学生   = すばらしい成績・卒論の学生
    遊びを全力でする就活学生 = すばらしい面接・自己アピールの就活学生
    ってことで、遊びに言及する必要性がありませんね。

    「遊び」は、「とんかつ定食の沢庵」くらいのもんで、
    アピールしても、「そんなもんよりトンカツのアピールしろよ」って思われるんじゃないですかね?

    ユーザーID:0174136375

  • 遊びといってもいろいろ

    ありますからねぇ。

    街で女の子をナンパするのも、夏はサーフィン冬はスノボと遠征するのも。朝から晩までパチンコするのも、連日友達と飲み歩くのも遊びです。

    遊びを極めて結果を出す人もいますよね。
    わたしの友人には、趣味が高じてTV局が取材に来る人や、造形作家になった人もいます。

    私自身、趣味の延長で自営業をやっています。
    面接で「遊びをがんばりました!」といわれても、「で?」と思うだけですね。「サークル活動を頑張りました」も同じ。

    トピ主さんは、何の遊びをガンバったんですか? その結果、どんな経験をして、何を得ましたか?
    アピールするのは、その部分です。具体的に伝えましょう。

    ユーザーID:8485295602

  • はいダメです!

    所詮遊びは遊びです!

    ユーザーID:1901009009

  • トピ主さんの全力レス、待ってます♪

    「極めるつもりで全力でやらない人は、仕事も何もかも中途半端しかできないんじゃないか」というトピ主さん。
    自論通りならば、あなたは、遊びも勉強も仕事も何もかも(このトピを含む)中途半端にしない人ですよね。
    このまま放置、なんてありえませんよね。

    どんな全力レス(松岡修造さんバリ?)がつくのかしら、と楽しみに待ってますよ♪

    ユーザーID:2880609280

  • 2つほど

    ひとつめ
    「全力で遊んでました」で終わったら相手だって困るでしょう
    どうしてもその線で押したいならば、
    1、全力で遊んだ結果について話す(何をどのように極めたか)
    2、その結果として得たもの、学んだことを話す

    ここまで話してアピールしなければ意味ないですよ
    逆に言えば、学業だろうがボランティアだろうが「全力で頑張りました」だけでは何の評価もされませんよ


    ふたつめ
    「全力で遊べる人間」というのは多くの企業に対してアピールになっていません

    (勘違いの例を女性で出します、気を悪くする方がいたら申し訳ありません)
    例えば、こんなことを言う女性がいたらどう思いますか?
    「多くの男性と付き合い、全力で恋愛を楽しみ女を磨いてきた私、魅力的でしょう?」

    男性経験が多いのも、全力で恋愛を楽しんできたのも自由だけど、それは男へのアピールにはならないよ、と思いませんか?

    トピ主さんがやっていることはこういうことです
    相手の評価に繋がらないことを話し、当然評価をされない
    問題点は価値観がずれてしまっていること、そしてそれを自覚出来ていないこと
    できれは直した方がいいですよ

    ユーザーID:1765426859

  • 趣味じゃないの?

    遊びは遊びで、趣味色の濃い件についてではないですか?


    本気の浮気はだめですか?と似たような感じに思えますが…

    つまり、言葉の使い方に矛盾をかんじますが…

    ユーザーID:9637297999

  • 全力投球するのはいい

    仕事にも遊びに全力投球するのは構わないですよ。
    でも就職の面接で力説されても面接官が困るでしょう(汗)
    学生なら勉学、社会人なら仕事に全力投球して、余暇で趣味に没頭するメリハリついた生活ならいいです。
    趣味に全力投球してます!と面接で宣言されたら、仕事を真面目にやる気あるんかいな?と疑問を感じます。

    ユーザーID:0291088823

  • トピ主です。にゃんにゃかさんへ。

    レス第一号ありがとうございます。

    >実際、貴方も「遊び『も』」と言うからには、勉強も全力投球ですよね?
    >当然、人並み以上の成績、出てますよね?でないと、説得力ゼロですよ。

    当然です。遊びも勉強(または仕事、家事、育児)も全力投球の意味です。

    >一度自分の実績を振り返ってみてはどうです?遊びも勉強も、
    >どれほどの結果を貴方は残せていますか?

    遊びで結果ですか・・・
    プロプレーヤーになれば、それで十分な結果でしょうけど、
    その場合、仕事=遊びになってしまうので、一つやることが減っていますよね?
    そうではなくて、結果はともかく真剣に遊んでいるかが重要だと言いたかったです。

    気が向いたら、またレス下さい。ありがとうございました。

    ユーザーID:1791770058

  • 自己アピール大切です

    遊びに全力投球でもいいと思います。
    面接向けだと、遊ぶという表現でなく別の具体的な話をされた方がいいと思います。
    遊ぶ内容とは何ですか?
    それによって得られた事。粘り強い性格だとか、公私を分けられ頭を切り替えられる性格等々…。

    社会人になり、私が悩んだのが公私が分けられず、いつも仕事の事ばかり考えていましたから…。

    面接向けの自己アピールの本もあります。そういった物も取り入れ、上手い自己アピールを考えてみて下さい。

    ユーザーID:6020070912

  • トピ主です。ガーベラさんへ。

    レスありがとうございます。

    >>就職の面接などで自信いっぱいに、僕は遊びを頑張ってきました!!とかいうと
    >これだけしか言わなかったら、「はぁ、そうですか」としか言いようがないと思います。

    ごめんなさい。その件なんですが、
    投稿時に話を手短にするために、そういう表現をしてしまいましたが、
    実際には、もうちょっと細かな説明をしました。
    その上で、結構ビジネスに役立つスキルもありますよと補足しても、
    不思議なことに、大半の方には納得してもらえないらしいと分かりました。

    またレスもらえるとうれしいです。ありがとうございました。

    ユーザーID:1791770058

  • トピ主です。チュン夫さんへ。

    レスありがとうございます。

    おそらくチュン夫さんと僕の思っている『遊び』へのスタンスはかなり近いです。
    当然、第一優先で勉強やら仕事やら家事やらがある上に『遊び』。しかも全力投球。

    このあと、レスに一回は出てくると思いますが、
    たとえばチュン夫さんだったら、サイクリングを全力でやるのなら、レースへ!!とか、
    結果を求めてこそ!みたいな話になりがちですが、
    そこは、やっぱり『遊び』ですから、そうじゃないと思います。

    ちなみにチュン夫さんの『遊び』へのスタンスだと、
    時間が圧倒的に足りなくなって、
    自然と他の人より全ての事を効率的にやろうとしませんか?
    それだけでも十分に得るものはあると思うんですが・・・・
    なかなか大半の方には理解してもらえません。

    またレス下さい。よろしくお願いします。

    ユーザーID:1791770058

  • 就職の面接でそれは…

    それが自論であっても面接で「遊びを頑張ってきました!」で終了なら
    大概の企業なら即落ち確定でしょう。
    全力投球した結果プロとかならお見事!ですけど。

    頑張った結果極めた、その結果どうなった、と説明できないレベルなら言わない方がマシな主張でしょう。
    たとえばルービックキューブに全力投球しました!といったら「はぁ?」で終わるけど、「世界(もしくは日本)選手権で優勝しました」とかなら話のとっかかりとして「ほう、それで?」と興味を持ってもらえるし、(あくまで簡潔に)どう攻略研究したか、その結果として瞬間的な判断力が培われてたとえば勉強のこういう判断は人より早いとかそういうアピールができます。
    あと素朴なところでは勉強・バイト・遊びをすべてきちんと両立させてバランスよくやってきたとか。

    面接で「遊び」のところを強調しすぎると「遊びにも」のところが「遊びだけ」ととられかねないのに、相手を納得させる話術も展開できないのにそんな危険な冒険はしない方が良い気がします。

    ユーザーID:9287150690

  • トピ主です。水平線さんへ。

    レスありがとうございます。

    >遊びでも充実している従業員が作った商品ですと言われて、
    >プラス評価になるのは一部の消費者だけではないでしょう?

    そうなんですよね。
    消費者から見て、その会社が商品、サービスを提供するにあたって、
    従業員には奴隷のような働きを期待しているんですよね。分かります。
    でも、実際には、それでは日本国内で日本人が従業員の会社は成り立たないんじゃないですか?
    今の日本を悪くしているのは、水平線さんの、そのイメージだと思います。

    何か言い足りないことがあればレス下さい。よろしくお願いします。

    ユーザーID:1791770058

  • トピ主です。うしさんへ。

    レスありがとうございます。

    >「仕事に影響がない程度に、ほどほどに遊ぶ」のが当たり前なので、
    この「ほどほどに」が「全力で」になった感じを想像して下さい。

    レスを見る限り、僕と同じようなスタンスの方は珍しいみたいですね。
    ちょっとさみしいです。

    よろしければまたレスください。ありがとうございました。

    ユーザーID:1791770058

  • トピ主です。すももさんへ。

    レスありがとうございます。

    >遊びに全力投球=仕事にも全力投球、ではありませんからね。
    >まして遊びにかまけて仕事や家事育児を放棄する人はいくらでも居ますから
    >トピ主さんの主張では冷ややかに見られても当たり前です。

    当然です。遊びは第一優先ではありません。
    それでもまだ冷ややかに見られてしまうんです。
    大半の方は、遊び=いけないことというイメージが強いんでしょうか・・・・

    またレス下さい。ありがとうございました。

    ユーザーID:1791770058

  • トピ主です。バカレンさんへ。

    レスありがとうございます。

    >面接でわざわざ主張する事ではないでしょう。
    確かに正攻法ではありませんね。ごもっともです。

    僕の気持ちとしては、
    「ビジネスパートナーには価値観を共有できる方を!!」と思っています。
    なので、ついつい主張してしまいます。
    まあ、ちょっと高望みかもしれませんが・・・・

    またレスもらえるとうれしいです。ありがとうございました。

    ユーザーID:1791770058

  • トピ主です。明日ぺさんへ。

    レスありがとうございます。

    >あまり遊びの内容を語っても「自分語りお疲れ様」という感じではねられると思うので、
    >あまり具体的な遊びの話ばっかりしないほうが良いと思います。
    そのとおりですね。気をつけます。

    >集中力とか体力という会社にとってポジティブな言葉に
    本当は価値観とかスタンス的なもので共感してくれるといいんですけどね。

    とても丁寧なご意見ありがとうございました。
    よろしければ、またレス下さい。よろしくお願いします。

    ユーザーID:1791770058

  • トピ主です。tomasaさんへ。

    レスありがとうございます。

    >単に「一生懸命」なんて、評価されませんよ。
    おめでとうございます。想定していた愚レス第一号です。
    なぜ遊びを評価しようとするんですか?それ自体に意味がありますか?
    むしろ、仕事(または勉強)と遊びを両立させるところが評価対象です。
    意味わかりませんか?

    >でも、トピ主さんの論理なら、遊びを一生懸命だったあなたは、当然学業成績も素晴らしいんですよね?
    >逆に、学業成績がそこそこだったら、それは自ら「自分は一生懸命やらない人間です」って証明しちゃったことですよね。
    >トピ主さんが、誰が見ても学業優秀だったら、始めて通用する論理ですね。
    こればっかりは信用してください。遊びは第二優先なので。

    疑いと愚レスのダブルパンチは痛かったです。
    あまりがっかりさせないで下さい。
    まだ言いたいことがあればレスどうぞ。ありがとうございました。

    ユーザーID:1791770058

  • トピ主です。えへへさんへ。

    レスありがとうございます。

    >遊びを全力でする社会人  = すばらしい仕事をする社会人
    >遊びを全力でする学生   = すばらしい成績・卒論の学生
    >遊びを全力でする就活学生 = すばらしい面接・自己アピールの就活学生
    >ってことで、遊びに言及する必要性がありませんね。

    遊びだけ全力じゃ駄目ですよ。あくまでも遊びは第二優先という仮定でお願いします。

    >「遊び」は、「とんかつ定食の沢庵」くらいのもんで、
    >アピールしても、「そんなもんよりトンカツのアピールしろよ」って思われるんじゃないですかね?

    そのとおりですね。トンカツで差がなければ沢庵勝負になるかもしれません。
    当然、とりあえずトンカツで勝負するべきです。
    付加価値として、「うちは沢庵にもこだわってます」的なイメージでどうでしょう?
    トンカツの旨さは信用してもらうとして、意外とありだと思いませんか?

    大変ユニークな例え話ありがとうございました。
    またのレスをお待ちしています。

    ユーザーID:1791770058

  • トピ主です。ららったーさんへ。

    レスありがとうございます。

    >トピ主さんは、何の遊びをガンバったんですか? 

    僕の場合はゲームです。
    特にパソコンから遊ぶインターネット経由のゲームがメインです。
    いわゆる「ネトゲ」とか「MMO」とか呼ばれる部類で、
    多人数のプレーヤーが一緒に遊べるのが醍醐味です。
    当然プレーヤー同士で協力したり、競合したりするわけですが、
    そういう場で、そこそこ以上の活躍をしている自信はあります。
    プロ転向の勧誘も何度かありましたので、
    一応、プロ級なんじゃないかと思っています。

    ユーザーID:1791770058

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧