変わった親のしつけ、教育方針 でも間違ってなかった。

レス19
お気に入り47

SHIHO

ひと

 始めまして。トピを開いてくださり、ありがとうございます。

今ちょうど30歳なのですが、今になって、子供の頃の親のしつけ、教育
方針てすごいなぁ〜って思うことあるんです。

 皆様の中でも、そういう体験談あれば教えてください。


私は、本当に変わっている親だなぁと子供の頃思っていました。

  他のご家庭では必ずしも正しいか、合うのか分からないのですが、
ただ、この歳になって振り返ると、親の言っていた事が納得できたり、
すごいなぁ、と最近思えてきます。
 
 子供の頃は、なんかムカつく!意味わからん!と思って反抗ばかり
していましたが。

 ちなみに、中学生の時、

「クラスで塾や家庭教師、公文に行っていないの私ぐらいだから
塾に行かせて欲しい!!!」

と頼んだら、父親から

「そんなの、時間と金の無駄」
と言われ却下・・・


めちゃめちゃ腹が立ったのですが、なんせ不安だったので
寡黙に家で独学に励みました。

おかげで、それなりの高校、それなりの国立大学に入れました。


今になって考えると、
私の性格だと、塾に行っても遊んでるだけで、やった気になって
安心しきってたと思います。

まっ、実際家にお金も無かったんですが(笑)

当時、この話を友達に色々としたんですが、皆
変わった親だねぇ、と言っていました。

ですが、今は両親尊敬していますし、大好きです!


皆様のお話も聞かせてください!

ユーザーID:4939989259

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数19

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 「お父さん(お母さん)に聞きなさい」

    なにかおねだり(物だったり場所だったり)があって
    しかし保護者的に「それってどうなの?」という場合
    母に言えば「お父さんに聞きなさい」
    父に言えば「お母さんに聞きなさい」
    何度聞いても無限ループ状態なので諦めざるを得ませんでした(笑)

    現在は、示し合わせたわけではないのですが
    子どもに対して夫とも同じ状況を作り出せるので
    ちょっと笑えます。
    しかし、そこに同居祖父母(義両親)が絡むと
    途端におかしな方向へ…。

    「ダメなものはダメ」って大切ですね、ほんと。

    ユーザーID:3494702289

  • 独身の方ですか?

    結婚されてお子さんはおられるのでしょうか?
    といいますのはトピ主さんの言っておられる事はごもっともですが、子供視線なんですよね。子供ができれば視覚が180度変わって親視線になりますよ。
    そしてまた違った角度から親、あなた自身を見据えられる事と思います。

    ユーザーID:4403857169

  • おとしだま

    時間と金の無駄…私の父の口癖と同じで、もしかしたら似てるかもしれません。
    我が家では、こどもがいただいたお年玉の半分を父に返納するしきたりでした。

    父いわく。
    こどもだからというだけでお年玉がもらえたわけではないこと。
    両親の親戚つながり、友人つながりでいただいたお年玉であって、日常的にそれなりのお付き合いをしているからこそいただけたもの。
    相手方のおうちの子どもたちにも、お年玉をあげるし、子どもがいないおうちにもそれなりのお返しをしなければならないこと。
    しかし、こどもがいるからこそいただいたお年玉であること。
    これらを勘案して、いただいたお年玉の半分だけを子どもの分とする。

    今思うと、実に合理的でした。
    ちなみに塾には通わせてくれましたが、
    合格するために十分な点数を取るために通うんだろう。
    ということで、いわゆる「すべりどめ」受験はさせないと宣言されました。
    合格発表の日の夜、
    「合格祝い兼すべりどめにかかるお金を倹約したごほうび」といって焼肉を食べに連れて行ってくれました。
    …へんなの。

    ユーザーID:8315562935

  • しつけとか大層なものではないのですが…

    40歳の者です。幼稚園の頃、いろいろ言葉を覚える時期、父親っ子だった私は父にまとわりついて「○○ってなに?」責めにしていました。今でいうイクメンで子煩悩だった父もあまりにもしつこい私に辟易したのか、「これで調べな」と私に一冊の辞書を渡しました(しかも大人用…)。わからない言葉がすべて載ってる!なんて楽しい本なんだ!とそれ以来私は辞書に夢中。ひたすら言葉を調べまくっていました。当然漢字にぶつかるのですが、読み、意味を推察しながらやっていくうちに自然に身についていき、自分でいうのもなんですが小学校に上がってからは音読も漢字書き取りもずば抜けておりました。母は担任の先生に「あれだけの国語力、どうやって学習させたんですか?」と聞かれたそうです。年を経て近年、「子どもに辞書を読ませる」といった教育法が脚光を浴びているそうですが、最先端をいっていたのではないかと思います。

    ユーザーID:2075062702

  • うちも

    うちの父もトピ主さんのお父さんと似ています(笑)
    高校卒業後何となく就職したくなくて短大に行きたいと言ったら、そんな気持ちを見抜かれ行かせてもらえなかったです。
    でも私たち姉妹のために無駄遣いせずコツコツ貯金してくれて、親には頭が上がりません。
    厳しくてすぐ手が出る父も還暦を迎えだいぶ丸くなりました(笑)
    父自身母親と兄を幼いときになくしており、家族というものの大事さを身をもって教えてくれました。
    母と結婚して、自分が一家の大黒柱になり、電気の付いた暖かい家に帰ることがこんなに幸せだなんて思わなくて仕事に行くのも苦じゃなかったと涙ながらにいってました。
    お陰で私も無駄遣いせず、お金には細かいです(笑)

    ユーザーID:7511180984

  • そんなに変わっているとは思いませんが

    そのエピソードだけでは特別変わっているご家庭のようには思いません。

    子供の勉強に関する方針は親自身の経験によるところが大きいので千差万別だと思います。
    我が家も子供の能力や環境を見極めて、必要がなければ塾には行かなくて良いと言うと思いますよ。

    親御さんを尊敬できるのは立派なことです。きっと素敵なご両親なのでしょうね。

    ただ、国立大学卒の30歳の方が書かれる文章にしては少し変わっているという
    印象を受けました。

    ユーザーID:3277794620

  • 何しろ厳しい父親で・・・

    外から帰ると、まず手足顔を洗わない限り、
    家には絶対に入れて貰えなかった。

    学校から帰ると、父親が弁当箱をチェックする。
    蓋にご飯粒の一つでもついていようものなら、もう大変。
    正座させられて、それを食べさせられたし。

    夜は夜でね。
    晩酌をしながら、よく訓戒を垂れた。
    兵隊時代の話も多かったけど。
    良くも悪くも儒教的教えを叩き込まれたなあ。

    ちょっとした小遣いを持って、銀行に連れて行かれ、
    自分名義の預金通帳を作らされた。
    今後は銀行に貯金するように、と。
    でもね。
    今で言えば、子供が10円を銀行に預けに行かされる様なもの。
    恥ずかしくて、逃げたかった。

    子供の頃はそれらの事が嫌で嫌で・・・
    でも反抗は許されなかった。

    それらの厳しすぎる「躾け」はとても嫌だったけれど、
    不思議に父親なりの「筋を通す姿勢と愛情」は肌で感じられた。

    お陰で人間としての真っ当な生き方と精神は身についたような。
    お陰で還暦を超えた今でも、帰宅するとまず手足顔。
    でも、貯蓄の才能は・・残念だわ。

    トピ主さん、父親を思い出させてくれて、有難う。

    ユーザーID:7196369457

  • 自力…

    私の両親は、
    やりたい事は、自力で頑張れ!!でした

    父は…
    私が幼稚園児の頃に、英文タイプを与え文章が打ち込みたい私は、ローマ字表を買って貰い習得しました

    その延長から
    小学生の頃
    まだ珍しいパソコンが家にやって来ました
    パソコンを立ち上げるのにもデータ保存するのにもカセットテープの時代です
    高価なパソコンでしたが
    これからの時代は、必要だからドンドン使いなさいと言われ

    小3の私は、父からマニュアルや雑誌を借りて
    自作でプログラムデータを入力しゲームを作りました

    そして母は…
    食べてみたい物は、自分で作ってみなさいって人です

    むやみやたらに人に頼らない
    って事から

    お陰様で家事・家電やパソコンは、勿論…虫なと怖がる事もなく
    1人でも生きて行けそうな女性に成長しました
    そんな私ってお一人様のようですが虫や家電が苦手な主人が居ます(笑)

    こんな私で無かったら
    主人と結婚する事も無かったと思うので…
    両親に感謝です

    ユーザーID:7487982854

  • 1 トピ主です。

    トピ主です。皆様、短い間に心温まる回答ありがとうございます。

    独身です。今は塾講師をしています。


     びっくりすることが多い毎日で、

    「親のしつけ、教育方針ってなんだろうなぁ・・・」と思い
    トピを立ち上げました。

     何が正解で、間違っているのか、その家庭、その子供によっては
    違うと思うので一概には言えないとは思うんですが、
    なんというか、最近色々危機感を覚えます。

     よく保護者から
    「うちの子、全然勉強も宿題もしないんです!なんとかしてください」
    「どうしたら良いのでしょうか?」
    (たまに、丁寧に字を書かせてくださいとか・・・)

    と質問が来ます。(他にも具体的なカウンセラーみたいな相談とかも)

    塾の方針上、あまりスパルタ的ではないため、
    あまり強く生徒に言えないんですが、色々親のしつけの問題のような
    気が多々します。

     本当に、なんというか、お金の無駄的な生徒も多く悲しいです。
    私は行きたくても行けなかったのに、なんでだろう・・と?

     

    ユーザーID:4939989259

  • 2 トピ主です。

     なんというか、生徒のモラルも崩壊していて、どうしたもんかなぁ、
    と日々、教員の友達と話をしています。

     本等に、嘘をつく、仮病、遅刻、授業の終わり間際に来て出席扱い、
    夏季・冬季講習分の親から渡された授業料を盗る、塾にきてすぐ爆睡、
    雑談しかしない生徒、等々。

     ある程度怒りますが、そこまで強く怒れない為大変です。

     
     我が家の教育方針は正しかったのかな?と思えるようになったのは
    最近です。

     子供の頃から、勉強しろ!宿題しろ!と言われた事も
    ありませんでした。

     毎月のお小遣い制ではなかったんですが、家の経済状況を既に
    小学生の頃に説明されていて、何ヶ月分かまとまったお金と
    クレジットカードを渡されていて、自分で考えて使うように
    言われていました。(自分で使用するものほとんど)

     子供ながら、今で言う家計簿?みないな、先々使うお金の予算みたいなの
    計算して使っていました。

    で、残った分を貯金して、それで欲しいおもちゃは買う、でした。

    おかげで、借金する、ローンを組む、という事が無く
    助かっています。

    ユーザーID:4939989259

  • 主人の母ですが

    子供は8時に寝るを見事実践していました。小学校では8時。中学で9時。高校では3年生だけ受験なので10時。
    主人は深夜ラジオ一つ聞けずだったそうです。全部電気を消され起きてないかチェックされていたとか。
    おかげで背は父親が170cm母親が155cmなのに180cmまで伸びたそうです。大学は旧帝大の国立理系現役です。ともかく集中して勉強しないと容赦なく寝かせられるのでやらざるえなかったと言っています。
    他の2人の兄弟もいずれも同じ大学に現役で進んでいます。
    塾は行ってません。分からない事は学校で聞く。受験問題に関してもともかく先生をつかまえて聞いて来いという姿勢だったそうです。父親が病弱で塾や浪人の余裕は無くそうやって叱咤激励したもの凄い女性です。現在は同居している弟の孫を叱咤激励しています。

    ユーザーID:3925077700

  • 珍しくないし、たまたま子に合っていただけ。

    冷めたレスで申し訳ありませんが、
    トピ主さんのような教育・躾を受けた家は少なくないと思いますよ。
    かく言う私もまさに同じです。

    そしてその方針がたまたまその子に合っていただけなんだと思います。
    塾講師をしている30歳の人が、その方針が万人に通用するかのように書かれていることに驚きを隠せません
    ちなみに当方も講師ですが、子どもがいるからそう思うのかもしれません。

    塾が合う子・家庭教師が合う子・通信教育が合う子、放任が合う子…色々います。

    このトピは単なる自慢のようにしか受け取れないのですが…
    追加レスを読むと更にそれが深まりました。

    再度言います。
    その教育方針が絶対の善ではありません。
    たまたまトピ主さんとウマが合っていただけです。

    ユーザーID:8867287905

  • ありがたや〜

    貴重なお知恵を拝借できる、楽しいトピになると良いですね。

    私は祖母に、きちんとした(祖母が良しとする)歩き方を身につけるまで、家の中でスリッパ禁止、学校同様室内履き着用でした。泳ぐ時以外ビーチサンダルは×、突っかけサンダルとんでもない!和服で外出する予定があればまず草履や下駄のリハーサル。

    お陰で歩き方には自信があります。歩行「だけ」ならモデル学校に即合格できるかも?
    洋楽には女性の脚そのものより歩く姿を称える歌詞が結構多いのですが、外国人には後姿から惚れられる事が実に多かった(笑)。振り向いたらガッカリ、だったかは???です(笑)。
    現在の彼氏も、わざわざ三歩下がって(笑)私の歩きを見てくれたりしますよ。
    以前デューク更家さんのウォーキングが流行しましたが、本の内容がエクササイズ要素以外は祖母とほぼ同内容なのに驚くと同時に、改めて感謝しました。そう言えば、おなかのたるみに悩んだ覚えが無いし...

    最近、スタイルが素晴らしくてお洒落なのに、姿勢や歩き方が残念過ぎる(特に夏のサンダルやミュール、浴衣姿など)若い女性ばかりでちょっと淋しいですね。

    ユーザーID:5715800849

  • LED様

     トピ主です。

    誤解があったようですので、補足致します。

    トピに書いたとおり、各家庭教育方針が様々有り、それは子供の数ほど
    多様であると思います。

     必ずしも私の親の躾体験が、
    他の家庭でも正しいか、合うか、私は分かりません。

    私の話は一例です。私の親の教育方針が万人に通用するとは
    思っていないです。

    同じ教育方針でも良い方向に行く子供、悪い方向に行く子供、
    相性や親との関係様々かと思います。

     他の方々のレスも、書かれた方の自慢と感じられるのでしょうか?
    だとしたら、悲しいですね。

    何が正しくて何が間違っているとゆうのは、自分ではなかなか判断
    できないものですが、少なくとも大人になり道理に反していなく、
    親に感謝できるような話であれば、それはそれで良い話、一例として
    受け止めたら良いのではないかな?と思います。

     周囲に色々な知人がおり、どういうふうな育ち、家庭環境だったか、
    雑談的に話をする事がありますが、私には変わってるなぁ、けどなるほど、
    すごいな、と素直に思うことがしばしばあります。

    ユーザーID:4939989259

  • 心温まるトピですね

     心温まるトピですね。トピ主様ありがとうございます。

    私は今大学生ですが、小学校から大学に入るまでずっと塾に通って
    いました。特別行きたいとかではなく、学校に通っているのと
    同じ感覚で塾に行っていました。
    今考えると、塾に通っていたときは、嫌々だったけど、親には
    金銭的負担や送り迎え、お弁当と色々していたんだな、感謝しないと
    このトピをみて思いました。トピ主様ありがとうございました。
    他のレスで塾に行かないのは珍しくないと書いてあったので、逆にびっくりしました。
    私の友達はは皆塾や家庭教師に行っていて、それは当たり前だと思っていました。

    後、一部の批判レス、寂しいですね。親への感謝の気持ち、をトピ主様
    は伝えたいんだと思います。
    珍しくか珍しくないか、万人に通用するかしないか、というのは
    少し違う気がします。

    ユーザーID:1958705129

  • 母がピアノ講師でした

     素敵なトピですね。

    私の母は元ピアニスト、今はピアノ講師で、私は幼稚園の頃から
    音大付属の幼稚舎に通ってピアノを習っていました。

    小学校も音大付属で音楽づけの毎日で、家に帰ってからも
    母が時間を見てはレッスンをしてくれていました。

    母がジャズピアニストだったおかげかもしれませんが、子供の
    頃からジャズに慣れ親しんでいたおかげで、やや日本人に難しい
    といわれているリズム感に関しては評価をいただけて、今では
    色々な方のサポート、ライブなどで演奏しています。

    子供の頃は、周りはクラシック系ばかりだったので、ジャズの演奏
    をすると周りからあまりよく言われないことも多かったのですが、
    今の仕事に就けているのは母のおかげ(もちろん、学費等々他の面
    では父にもお世話になっていますが)だと思います。

    久しぶりに両親の事を思い出しました。

    トピ主さん、ありがとうございました。

    ユーザーID:8054546119

  • 一部の方々へ

     今ピアノ関係でレスしたものです。

    色々他の方々のエピソード素敵ですし、温かいお話ですね。
    楽しく読ませていただきました。

    地域によるのかもしれませんが、
    私の住んでいる都内では親が無理やり子供に塾に
    通わせているケースが多いのかと思います。
    ピアノレッスンでも、生徒がピアノレッスンはいいけど
    塾には行きたくない、といっているのを聞いたことがあります。
    なので、トピ主さんのような話が珍しいか珍しくないかという
    と、私は珍しいと感じました。なんとなくですが、一部の方々
    ですが、私も寂しいレスをされているなと感じました。

    こういうお話を、自慢話と受け取ったり、良い話と受け取ったり、
    受け取られる方の環境で様々ですね。

    ユーザーID:4026681871

  • 節約のためですが

    父はとても倹約家でした。買わずに済むなら子供の教材でも出来るだけ買わない人。それで不自由もありましたが、良かったのかもと思うこともありました。
    小学生の時、習字セットはクラスのみんなが市販もしくは市販でも兄弟のお下がりで揃えていました。私は習字を習っていないし習字セットは持っていなかったので買ってもらえるかと思ったら、家にあった父の墨、筆、硯を貰い、バッグは親戚のお下がりの画材道具入れを使うことに。家庭科の裁縫箱も元々持っていたキャラクターつきの裁縫箱を利用しました。
    周りの子達に珍しがられて「見せて見せて〜」と言われはしたものの、一人だけ違うからといっていじめに遭わなかったのは幸いでした。
    わざと奇をてらって目立つことをしたり我儘勝手を通すことはよしとしない父ですが、間違ったことでなければ周りがどう言おうと何も気にすることはない、と教わったと思います。

    ユーザーID:0511841447

  • うちの親は結果オーライ?

    しつけとしては、

    小さいときから一人で地方のサマーキャンプや飛行機で長野に登山や東京などに行かされた。
    これは後々、知らない人々や県外や海外に対する違和感をなくしたと思います。

    しつけじゃなくてでは、
    父がものすごい怒鳴る。これは後々スポーツや海外でヒステリックにに怒鳴られてても普通に怖くなく、平常心でいられるようになった。

    家がすさまじく汚かった(私は普通だったが、友人によく生活できるねと言われて気づいた)。母が掃除が苦手で私以外の人は掃除しません(今でも)。子供の頃から汚いところを率先してきれいにできるようになりました。

    親が服などを買ってくれなかった。おかげでおしゃれなどに20過ぎまで興味がなく、異性関係もまじめな地味な方しか出会わなかった。

    今は海外で生活しています。一人でどこででも生きていけるようにたくましく育ててくれた親に、微妙に運命を感じます。

    ユーザーID:1852740163

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧