年金について…どう説明したらいいでしょうか

レス5
お気に入り19
トピ主のみ0

くま

話題

私27歳、夫22歳です。
夫の仕事は肉体労働で、会社は社員5人以下ということもあって社会保険には加入しておらず夫は国保と国民年金に加入しています。私は派遣社員で厚生年金です。現在一年前の年金をさかのぼって払っています。私が国民年金だった時の分もあり二人分で一ヶ月分ずつ(月に三万円)払っています。それを早く払ってしまいたいことから私が「今は月三万円払ってるけど6万ずつ払っちゃおうかな」と言ったことから夫に言われました。「前から思ってたけど年金なんて払ってる意味ない。また貰える額が減ったらしいし。その分老後用の口座を作って毎月3万ずつ入れていったほうがいいよ」
前からこの話題は度々出て、喧嘩になり曖昧なまま終わります。
今の年金制度を支えてる、障害年金、遺族年金のことを言っても納得しません。夫の仕事柄生命保険には入っておりそれで十分だと思っているようです。
正直これ以上なんと説得したらいいか分からないので「納得しなくていい。私の給料から払われてると思えばいい。年金貰える歳になったら払ってよかったって思うんじゃない?」と返しました。
どう説明したら分かってもらえるでしょうか?

ユーザーID:0753825497

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数5

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 年金・・・

    滞納すると差し押さえもあるんですよ。
    って聞いたと言ってみたらどうですか?
    夫婦であれば奥様にも支払い義務があると聞きました。

    市役所とかでもらう国民年金のパンフを持ち帰り、説明されてはいかがしょう?

    ほかにも、生命保険で事足りるなら良いのですが、
    突然の事故や病気で障害を持った時、
    働けないけれど入院ではなく、自宅療養しなければならない時でも保障してくれる保険はないと思います。
    そういう意味でも、やっぱり年金は必要ですよね。

    お二人でパンフをよく読み、必要性をわかってもらえたらいいですね。
    ガンバレ!

    ユーザーID:0713918188

  • 年金

    生命保険に入ってる?
    民間の個人年金保険のことでしょうか。

    万が一、その企業が倒産したらどうなるのでしょう。

    それを考えると国の年金のほうがいいと思います。
    余裕があれば両方ですね。

    ユーザーID:6321281438

  • 一番お金がかかるのは・・・

    > 今の年金制度を支えてる、障害年金、遺族年金のことを言っても納得しません。夫の仕事柄生命保険には入っておりそれで十分だと思っているようです。

    生命保険金は、対象者が死亡するか、高度障害になると
    保険金が払われるはずです。

    縁起でもないですが、もし旦那さんが亡くなってしまった場合、
    その後の旦那さん分の生活費は発生しません。
    あとは、トピ主さん自身が食べていけるだけの収入があれば何とかなります。
    (収入がない場合には、遺族年金が非常に重要な意味を持つ)

    しかし、高度障害の場合には、旦那さんは働けない上に
    生活費・医療費はかかるため、いわゆるお荷物状態になってしまいます。
    もしかしたら介護で、トピ主さん自身の仕事もできなくなるかも知れません。

    これが最悪のシナリオです。
    その場合、何千万かの保険金では、ずっと食べていくことはできません。

    だから、障害年金は必要なんですよ。

    ユーザーID:5390744182

  • ご主人が納得するかどうか

    わかりませんが。

    年金保険料を納付していない人の親は年金を受給しないでほしいです。
    未納付者である子どもは100%自分の責任で親を扶養して下さい。

    と思っています。

    ユーザーID:4513311583

  • 国民年金積み立てと税金

    簡単に説明しますと、国民年金の個人の積み立てと国の税金をあわせて年金が支給されることになっています。
    40年支払ったとして個人積み立て総額は約700万円。 65歳からの平均余命まで生きるとすると男子約19年、女子約25年です。 生命保険等に加入したところで、積み立て総額は800万あるかなしかでしょう。
    年間の国民年金額は約80万円ですので、男子で約1440万円、女子で約2000万円の年金を受け取ることになります。

    この差額は国が支払ってくれますので、生命保険等よりずっと割が良いことが分かります。

    長期的に見て、よほどのデフレが起きない限り支給金額が半分になることもなく、年金制度がなくなることも考えられませんので、国民年金に加入されたほうが、良いと思います。

    厚生年金の場合は国の役割を雇用者(会社)が果たしていると考えればいいでしょう。

    ユーザーID:9246560553

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧