国際結婚と子供の教育について

レス19
お気に入り19

ミスチャイ

子供

現在日本で4歳と2歳を子育てしている外国人のミスチャイです。

最近主人(日本人)と子供の教育の意見の違いで、よく喧嘩します。お互い自分の母国語をしっかり勉強させたいため、彼も私も譲れない部分があります。

主人は日本語をしっかり勉強させて日本人のアイデンティティーを確立させたい。私は現在日本で生活しているので、それは自然と身に付くはず(私は日本語を大学から勉強して今不自由なく使っています)、しかし私の母国語の北京語は発音と漢字も難しく今勉強しないと今後習得するのは難しいのでは?と思います。また、子供は将来どこで生活するかわからないので、いずれインターへ転校させることも視野に入れて考えています。

主人は日本人である土台をしっかり作るためにも、教育はすべて日本で受けさせたいようです。私みたいな転々していく教育方針じゃ子供のアイデンティティーがなくなると主張しています。実際そうでしょうか?私の教育方針では子供は混乱するのでしょうか?

日本の教育環境を含めて、色々ご意見をいただければ助かります。

ユーザーID:6255659039

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数19

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ぜひ北京語も!!

    お子さんの為にもぜひ北京語を教えてあげてください!
    日本にいれば、日本語は嫌でも自然に身に付きます、お主人が心配するまでもなく日本人としてのアイデンティティーも確立するでしょう。
    お母さんが北京語を話せるわけですし、お隣の国、中国の北京語を身につけるのは、勉学、就職、様々な点でお子さんにとって役に立つことですよ。今でも多くの企業は北京語、広東語を話せる人を必要としているし、社員の中国語の教育に熱心な会社もい多いです。ご主人は日本語しか話さない人でしょうか?そういった社会の状況は知らないのでしょうか??
    それにお母さんの母国の言葉です。大きくなったら子供もお母さんの母国語が話せたら良かったなと思いますよ。
    私はカナダで子育てしていますが、子供にはぜひ英語だけでなく日本語も覚えてほしいなと思います。
    この国には様々な人種の人が暮らしていますが、片方の親の母国語を話せない人はみんな、話せれば良かった、もっと勉強すれば良かったと言っていますよ。
    子供の頭はスポンジです、大人が思う以上に柔軟で優れているんです。2カ国語を吸収するのはむずかしくないです。大人になってから学ぶ方が大変です。

    ユーザーID:8151999014

  • 奥様が中国人、旦那様が日本人

    友人のところもそうです。
    お子さんが4歳の時に中国へ来ました。
    今は小4、でも語文の成績は今だに悪いです。実は数学も英語も悪いですけど。
    夏休みと冬休みの合計3か月は日本へ帰国しているからかもしれません。
    でも日本語も下手です。

    うちの子は日本人同士の子ですが同じく4歳の時に中国へ来て、今小4、ずっと中国の現地校です。
    家でもほとんど中国語で話しています。成績は抜群にいいです。
    帰国は1年に1週間程度。
    日本語は会話、読みはOK,書くのは少し難しいみたいです。

    両親中国人で日本で育ってきた友人の子は今中2、成績はずば抜けていい、でも中国語は聞いて分かる程度、読み書きはダメ。

    うちの子も最後に上げた友人の例も、1つの場所でまずその国の言葉を徹底させました。
    今の子の勉強内容は過酷です。あれもこれも、なんてかわいそうなことはやめてあげてください。結局身につきません。
    私はご主人の意見の賛成です。

    ユーザーID:5218021888

  • 双方の意見にに理があると思います

    妻は、ヨーロッパ(EU)人で、成人した子供がいます。妻は、自国語を教える意思がなかったので、子供の母国語は日本語のみです。容姿は、西洋的な雰囲気がありますが、アイデンティティーでは、完全に日本人です。アイデンティティーの危機などとは無縁で、精神的に安定しています。自分は何者であるかはっきりしていると言うことは、とても大切なことだと思います。
    しかしその一方で、外国語に堪能であるということは、特に今のように不景気な時代では、就職のための強力な武器になります。日本人としてのアイデンティティーを持ちながら尚且つ中国語にも堪能であるということは素晴らしいことだと思います。ご家庭では中国語で話しかけ、読み書きを教えれば、将来本格的に中国語を学ぶ時の強固な基礎となるでしょう。

    ユーザーID:4469818094

  • もったいない!

    友人に奥さんが中国人、ご主人がデンマーク人のご夫婦、子どもさんはトピさんと同じ4歳と2歳(の男の子)。

    子供さんたちは全く中国語が話せず、今年の夏、北京に里帰りするそうですが、すべての会話がママの通訳が必要ということです。

    私からすると、どうしてーーっつ?!もったいなぁーい!!の一言に尽きます。ママが母国語で話せばいいだけのことなのに・・・・。

    日本は英語だけでも習得するのに発音が日本語英語になってしまい、日本人は人前で英語を話すことを好みません。でも、トピさんのような環境にあるのに2か国語教育をしないなんてもったいないと思います。わざわざ英語を話せるようにするために高いお金を出してインターナショナルスクールに入れる家がどれほど多いことか・・・。

    ぜひぜひ中国語を子どもさんに教えてあげてください。子供さんにも将来中国語と日本語を話せるということで、可能性も広がることと思います。

    ユーザーID:2465705727

  • 北京語を是非とも教えてあげてください。

    ご主人の「まずは日本語を〜」というのは、日本人に一般的な考え方です。一般的日本人は、日本で生まれ育ち、他国で暮らしたこともないでしょうから、その考え方も無理はないかなと思います。

    私は在米日本人ですので、移民に囲まれて生活しています。私の周りでは、親の言語が英語以外の場合、学齢期前は親の言語を主に教えるご家庭のほうが多いです。
    例えば中国人家庭の場合、(祖父母ー>子:北京語、母ー>子:台湾語、シッターー>子:広東語)なんて知り合いもいます。ただ、多言語を操れるようになるかは、その子の生来の言語能力によるように思います。アイデンティティー・クライシスですが、アジア人はアジア人で固まって住む傾向にあり、周りも皆そのような家庭なので、問題にならないです。
    成績ですが、アジア人家庭は一般的に勉強熱心な家庭が多いので、アジア人コミュニティーのある地域の高校は一般的にとても成績がよく、全米成績ランキングでも上位に入っています。

    中国は、既に世界第二の経済大国です。小さい頃にしか「発音・聞き取り」は学べないと専門家から聞きました。是非、お子様に中国語を教えてあげてください。

    ユーザーID:1044538989

  • どちらかというと、旦那さんの意見に賛成

    私も国際結婚をして、バイリンガル教育についてはいろいろ知識を拾ってきましたが、きちんとしたバイリンガルになるかどうかはその子の資質によることころが多いみたいですね。

    >私は現在日本で生活しているので、それは自然と身に付くはず
    読み書きは自然には身に付きませんよ。

    >日本語を大学から勉強して今不自由なく使っています
    これは、トピ主さんが一言語でしっかりと育ってきたからできたことでしょう。中国人のとって日本語は学びやすいでしょうが、それだけではないはずです。

    ご主人はトピ主さんがお子さんに北京語を話すことも禁止しているのですか?日本式で一貫した教育をするのはいいと思いますが、お母さんの言葉はきちんと教育すべきだと思います。

    あと、日本の教育はそんなに悪くないですよ。公立小学校は、日本全国どこも極端に善し悪しがないですし。大学受験も他のアジアの国に比べたら、それほど激しい受験戦争ではないので、ある意味「おいしい」かもしれません。

    ユーザーID:2910729192

  • お子さんを国際人に

    他の方も言っているように日本にいれば日本語は勝手に身につくので北京語教えてあげて下さい!

    ユーザーID:7513267329

  • 夫は韓国人、私は日本人

    韓国在住の2児の母です。

    この国では多文化家庭の教育として
    「母親は母国語で我が子に接すること」を勧めています。

    日常会話はもちろん、絵本も北京語で読んであげてください。

    だいたい、人口13億の言葉を学ばないなんて、
    本当にもったいない話です。

    ユーザーID:7664284166

  • うちも日中カップルです

    夫が中国人、妻の私が日本人です。息子は0歳で国籍こそ日本ですが、夫婦ともに息子に中国語を教えたいと思っています。中国の祖父母と交流できるようにしてあげたいですし、何よりこれからの時代中国語の需要は高まってくると思います。
    トピ主さんがお考えのように、中国語の発音は難しいで、子どものうちにネイティブの発音を身に付けさせてあげたいと思います。そのためにも、日常的に中国語の環境を作ってあげることが大事だと思います。なので、我が家は家庭内では中国語で話しています。

    ちなみに義兄一家(こちらは夫婦ともに中国人です)も日本で暮らしていますが、彼らも子どもたちのために家庭内では中国語を話し、幼稚園や小学校は普通の公立校に通わせていました。子どもたちは幼児期こそは言葉を覚えるのが他の子より遅かったそうですが、今は二ヶ国語ペラペラです。両国に友達がいて楽しそうにしていますよ。

    ユーザーID:2078049174

  • 耳を作ってあげるつもりでいるといいですよ。

    確かに中国語の発音は小さいうちにしっかり聞き分けられるようになっておかないと身につけるのが大変だと聞きますね。

    我が子も日本で育っていくのは決まっていますが、父親は韓国人。自分の基礎となる言葉は日本語なので、少なくとも義務教育まではしっかり日本語を学習させます。でも将来本人が韓国語を学ぶ意欲を持った時のために、生まれて間もない頃から「聞かせる作業」だけはたくさんしました。読み聞かせ、歌など。
    実際知人の韓国人で、幼い頃から親の仕事柄中国語を聞いて育ったお陰で大人になってものすごいスピードで中国語を身に付けた人がいます。
    耳を作るつもりで読み聞かせなどをするだけで違うと思います。

    どうするにしろ、きちんと夫婦で方針を決めて子供に接しないと、親のケンカの原因だと思ったら言葉の勉強する気なくしちゃいますよ…

    ユーザーID:6764602762

  • トピ主です。

    皆様レスをありがとうございました、参考になります。

    北京語は既に家で話しています。実際、私は北京語の方が話しやすいので、子供との会話は北京語です。4歳の息子は日本語、北京語両方とも話しますが、日本語の幼稚園に通っているので、北京語を話したがりません。2歳の息子はまだそこまで話しませんが、日本語より北京語の方を理解しているようです。

    偏見かも知れませんが、ニュースで見ている限り、日本では「ゆとり教育」の取り組みで勉強の量が少なくなっています。中国語の教育は漢字の習得の量も桁違いだし、キュリキラムももっと厳しいです。将来インターへ転校することも考えると、やっぱり小学校ではできるだけ漢字を勉強してもらいたいような気がします。

    主人は小学校から大学までストレートに進学できる学校で、勉強自体にあまり重点をおいてません。私はイギリス、日本留学を経験し、勉強の重要性を意識してきました。主人はとにかく日本語をしっかり教えたいようです。

    ユーザーID:6255659039

  • 我が家は

    夫が中国人、私が日本人です。私も中国語を話しますが(大学の専攻が中国語)、夫婦の会話はずっと日本語です。たとえ返ってくる言葉が日本語でも子供と二人きりの時は中国語で話しかけてくれるよう夫にお願いし、赤ちゃんの時はそうしてくれていましたが、結局日本語になってしまいました。いくら言ってもだめで、喧嘩になるのであきらめました。夫が一貫して中国語で話しかけていれば、ネイティブな中国語とは違っても、耳で理解し、ある程度は話すことができたと思うのです。

    子供が赤ちゃんの頃は中国に帰省しても問題なかったのですが、言葉を話すようになると、中国の親戚と交流できず「中国語うまくないから、中国に行きたくない」と言うようになりました。それでも中国に対する興味を持たせようと(さりげなくを心掛け)、3歳から週に1回中国語学校に通いましたが、3年経っても数字と簡単なことしか言えません。ただ、中国の絵本やDVDはよく眺めていますし、中国語の学校は楽しんで通っているのでよしとしています。結局、春から中華学校に入学します。ほとんどの子供が日本の大学に進学するので、学校のカリキュラムもそのようになっています。

    ユーザーID:3185506183

  • 2度目のレスです。

    おそらくご主人が「日本人」のアイデンティティーにこだわるのは、お子さんが二人とも男の子だからかな、と察します。

    わが家は夫がフランス人で息子は2歳です。今は夫の国で暮らしています。息子には英語も覚えてもらいたいと思っていますが、わが家の息子への教育方針は、1.フランス語 2.日本語 3.英語です。

    ハーフの子供が経験するというアイデンティティーの問題についてはよく聞く話ですが、実際にはどうなのか私は今でも疑問符だらけです。ただ、それが問題となる時期はだいたい思春期に関わっているらしいので、思春期の複雑な男心の扱いをしてもらうのには父親の存在が不可欠と思い、私はフランス語が優先になることに別に抵抗はありませんでした。(もちろん私も普段は日本語だけで息子に接していますが、学校が始まったらフランス語の勉強もしっかりやらせるつもりです。)

    続きます。

    ユーザーID:2910729192

  • 続きです。

    さて、日本の「ゆとり教育」についてですが、今はかなり影をひそめているようですよ。それでもやっぱり中国などに比べたら勉強量が少ないと思われるのかもしれませんが、それならそれで、その余った時間を北京語の勉強に当てられるから、トピ主さんにとっては一石二鳥ではないでしょうか?あと、勉強量が少ないとは言え、別に日本社会が教育を軽視している訳ではないですよ。

    トピ主さんがインターを考える理由がいまいち分らないのですが、それは英語を覚えてほしいから、国際人になってほしいから、ということですか?それとも将来転勤で英語圏に引っ越す予定があるということですか?ただ単に前者の理由だったら、本当にインターに行く価値があるのかはよく考えてからのほうがいいです。小町にもよくトピが挙っていますので、参考にしてはいかがでしょうか?

    とにかくこれだけは言っておきたいのですが、子供を育てるのに父親のサポートがあったに超したことはないです。両親の教育方針がきちんと足並み揃っていないと、子供はどちらかに振り回されて精神的に不安定になります。よくご主人と話し合ってくださいね。

    ユーザーID:2910729192

  • 国際結婚(フランス、日本)IN FRANCEの場合

    ミスチャイ様、本当に完璧な日本語を使えるのですね!素晴らしい!

    私はフランスに十年以上暮らしていますが、相変わらず怪しいフランス語しか 使えません。

    お子様の教育について。
    我が家はフランスに住んでいて、フランスの学校に行っているので 子供の基本はフランス語での生活です。でも、私は自分のフランス語が下手な事もあり、日本語で 話しかけ続けています。仮に私がフランス語がぺらぺらだたとしても やはり子供には日本語で話すと思います。子供は 文字の勉強は一切していないので字は読めませんが、寝る前に日本語の本を読んだり、日常をすべて日本語で話しかけるので 日本語は理解しています。子供からの返事はフランス語だったりしますが..
    年一回 日本へ連れて行きますが子供はすごいです!頭の中が日本語に切り替わり、すらすら話します。
    しかし、多くの国際結婚して 多言語を話す人たちを身近にみていますが、やはり個人差があります。
    ミスチャイ様も 是非 中国語を話して聞かせ続けてください。でも 夫婦で良く話し合い、子供の力も見て 何か一つに固執せず 軌道修正しながら 進んでいくことをお勧めします。

    ユーザーID:0296117344

  • 中国人のお母さんが困っていました。

    日本在住で両親共に中国人の、生粋の中国人?の(ハーフじゃない)子が、我が子の友人です。
    その子は四歳の頃来日し、幼児期も学童期も、一般的な公立の園と学校で教育を受けています。
    幼児の頃は日本語があまり分からず(両親が中国人で中国育ちなので当然のことですが)、
    日本語に馴染むまでは少々苦労していたようでした。

    今はお子さんは日本語ペラペラで「本当に中国人?」と思われるくらい、日本になじみ青春を謳歌しています。
    そこまではとても良い話なのですが、タイトルの通りお母さんから「本当に困った・・」と相談されました。
    日本と日本語に慣れさせようと、教育も家庭での会話も日本語にしていたら、いつの間にかお子さんは
    中国語を話せなくなってきたそうです。
    慌てて10歳頃から家庭の会話は中国語にしたけれど、我が子の思考は日本語で行われており、返答も日本語
    で返してくる(つまり母国語の会話を聞き取れるが、本人は日本語が使い易く日本語で考えている)という話でした。
    中国語で話しなさい!と言うと「面倒臭いし、日本語で話すほうが違和感がない」と返されショックを受けていました。
    ご参考まで。

    ユーザーID:6425070029

  • 北京語も教えましょう

    個人差はあるようですが、バイリンガル教育でよく聞くのは、母国語が一つしっかり固まってないと、言語能力が中途半端になってしまうということです。
    日本人として育てるのがご主人の方針であるなら、まず日本語をしっかりと。
    その一方で、北京語でコミュニケーションをとれるよう家庭でも教えてあげましょう。
    4歳と2歳なら、簡単に順応できるでしょう。

    漢字などの知識面は、本人の努力で将来的にカバーできますから。

    ユーザーID:0958511130

  • 是非北京語も、そして出来れば英語も

    初めまして。
    25歳大学院生、元々は日本で育ち、10代の頃からアメリカで生活しております。
    アイデンティティー問題で悩んだ事は無いですし、言語は沢山出来る方が実際に有利です。

    ご主人はずっと”日本育ち”の日本人でしょうか?
    と言いますのも、国籍問わずあまり外に出た事の無い人ほど、“〜人として”といった発言をする様に思えます。

    実際アイデンティティーとは育った国、言語云々よりも、最終的にはしっかりした家庭環境があることが何よりも大切だと思います。

    実際アメリカに住んでいて、見た目、話す言語、育った環境、はたや親と子の肌の色が違う人なんて沢山居ます。
    因みに私の親友はヨーロッパで育った日本人で5カ国語を自由に操り、彼氏もまた移民などを経て3カ国に住み、現在アメリカで落ち着いていますが、2人ともidentity crisisになんかなっていません。

    どこの国に住み、何の言語を話そうとも、土台となる精神的なよりどころ(つまり家族ですね)があれば何の問題もありません。

    ユーザーID:5966646181

  • 夫中国人、私日本人です

    我が家の長男はこの4月から日本で中華学校に進学します。家ではまったくの日本語オンリーですごしてきました。夫は北京語広東語英語が話せますが、息子と同じで小学校入学まではまったく日本語オンリーで育ったとのことです。夫の母親が中華学校で昔教師をしており、その時の経験で、入学前に2カ国語で育てられた子と中国語、あるいは日本語のみどちらか一つの言語で育ってきた子とでは国語力として後者の方が結果的に上だと感じていたそうです。

    7歳からまっさらな状態で学びだしても4年生には日常会話には困らない語学力はついていたようです。中華学校に比べると日本の公立の学校教育はかなりゆとりだと思います。中学卒業時点で公立と同等か少し上の学力がありプラス中国語もマスターできています。幼いころに難しい中国語の発音を身につけなければ将来困るということは夫を見る限りないです。発音の部分だけで言うと小学校からで充分です。中国に行った時に、現地の人に訛がなくアナウンサーのような本当に綺麗な発音だと言われてました。

    ユーザーID:6727911459

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧