• ホーム
  • 子供
  • 中堅大学の系列私立中学になぜ行くのか?

中堅大学の系列私立中学になぜ行くのか?

レス67
(トピ主11
お気に入り126

妊娠・出産・育児

いなこ

地方出身、アラフォーのいなこです。夫、小1、保育園児の4人家族、23区在住です。

東京に住んで随分たつものの、公立王国の地方都市出身であり、東京の中学受験事情がよくわかりません。
上の子の将来を考えるにつけ、いろいろな受験本、サイトなどから、少しずつ情報を得ていますが、一番ピンと来ないのが、大学進学を見据えた場合に、いわゆる中堅の系列大学への進学がほぼ決まってしまうような附属中高に入れる意義は何か?ということです。

小学6年生では将来つきたい仕事なんてはっきりしてない場合が多いし、その子の可能性も未知数でしょう。なのにそんなに早く決めていいの?と思うのです。
いろいろな考え方を知りたいです。
よろしくお願いします。

ユーザーID:7114849427

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数67

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 公立中に行かせたくないのでは?

    付属中高だからといって、必ずしもそのまま系列大学に進学するわけではありませんよね。あわよくば外部受験してもっと上の大学に行ってくれれば…と思っているのではないでしょうか。
    一部の超難関中学に入るのはどんなにがんばっても無理、それでも公立中に行くよりはマシ、そう思っているのかもしれない。
    それだけ公立中不信が根強いんですよ。中堅大学系列校でも、それなりに学費もかかり、受験して入る学校なので一定以上の収入のある家庭の子が集まっているわけです。
    公立中だといろんな家庭の子がいます。授業の成り立たないような荒れた中学のウワサなどを見聞きすると、たとえトップ校でなくても、一定以上の階層出身の子ばかりが集まっていて、管理の行き届いた私立中高が魅力的に思うのではないですか。

    ユーザーID:1823316434

  • 高校受験がないのは大きい

    小学校から一貫教育で高校まで行って、その後外部受験で系列以外の大学へ進学しました。
    付属の一番のメリットは、表題にもしましたが、高校受験がないため子供への教育が三年区切りではなく
    六年という長さの中でカリキュラムを組んで独自色の強いことが出来るところですかね。
    (超進学校だと、高校二年生で三年生までに習うべき内容を全て終わらせて、後の一年は丸ごと受験勉強に充てたりします。)
    で、そこそこ出来のいい子が揃うので、その中でもできる子は系列大学よりも上の学校を受験することもあります。
    また、中学卒業の段階で「将来つきたい職業」を見据える必要がない(高校受験があると、そこらへんは
    考える必要がありますよね?)ので、比較的のんびりと自分の適性を見つめる時間がもてるようにも思います。

    デメリットは、六年間一貫でリセットがありませんから、
    中学時代に人間関係でつまずくと、結構しんどい思いをすることになるかも。
    あと、「内部進学できるから」と油断して勉強しなくなり、内部進学すら怪しくなる子が一定数出がちであることですね。
    これは、家庭でしっかり締めればなんとかなるかな?

    ユーザーID:6326131725

  • 避難理由はいろいろ

     都内ではないけど、こちら(周辺部)ではこういう事情で行っている方が多いようです。
     1地元の公立中が良くなくて、自分自身で相当努力しないとまともな高校に行けない。高校に行っても、また大学受験の準備に追われる。そんなに受験に追われ通しなら、私立で余裕のある生活を送ってもらいたい。通学可能な公立高に行っても、自分で必死にやらなければ大した大学には行けそうもない程レベルが低い。
     2地元の中学へ行けば、続いていじめられる可能性がある。そこそこ努力すれば、それなりに良い環境の私立に行ける。(意外に多い)
     3あまりに非常識な保護者にあきれたので、同じ学校関係から解放されたい。

    ユーザーID:7831300321

  • 受験回数を減らす

    我が家の場合には娘達が対象になります。
    家族の出身校が主な志望校ですが、文化祭などの学校行事を見学させてもらって、本人の意思を確認した上で受験することになってます。理由の一つがレスのタイトルに挙げたものです。

    高校と大学の受験が有るなら、その分回数が減りますので負担が軽くなるからです。

    >小学6年生では将来つきたい仕事なんてはっきりしてない場合が多いし、その子の可能性も未知数でしょう。なのにそんなに早く決めていいの?と思うのです。
    →この点は、正直言って、おっしゃるとおり将来の希望職種まで決めて居る訳ではありません。ただ、そう言う意味では、大学受験時にさえ、子供が具体的に何の仕事に就くか決めているとも思えないので、これで良いと思っています。

    我が家では、私達親自体が社会人になってから学校に通ったり、資格取得のための勉強をしたりしていますので、学歴を含めてキャリアは作っていくものだと思っています。

    ユーザーID:9788963395

  • 短絡的すぎでは?

    公立が主流の地域の方ではわからないと思いますが
    附属といっても必ず大学まで上がらねばならない
    ということではありません。
    上にも上がれるし、外にも出られます
    (出にくいということはあるかもしれませんが)。
    最近は外部受験をして、失敗しても
    附属大学に戻れるというところもありますし、
    大抵の大学附属は、私立ですから
    公立よりも設備環境が整っています。
    ですから中高6年間でのびのび且つ
    勉強もきっちりとやらせたいと思う親御さんは
    そういった選択肢を選びます。
    また、子供同士のトラブルなど
    生活面での面倒見も、たぶん公立よりも
    私立の方が手厚いとは思います。

    弟さんが私立の大学附属に行っていらしたという
    公立高校出身の方いわく
    「自分は大学受験については一から自分でやったが
    弟は学校から豊富な情報をもらっていた。
    弟がうらやましかった」といっておられましたよ。
    公立と私立、どちらがいい悪いではありませんが
    そういう考え方もあるということです。

    ユーザーID:8039562363

  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧
  • 理解できないと思います。


    地方出身の公立王国で育った方には、きっとずっと理解できないと思います。

    私は小学校から一貫校で育ちました。お勉強以外で教えて頂くことが沢山ありました。言葉ではうまく説明できませんが、人生学歴が全てだと思っていないのです。育ち、です。
    一流大を卒業しなくても継ぐ家業があったり一流企業へのコネがある人も多く、頑張って東大出てもねぇ…という感覚。
    首都圏は昔から公立の評判は良くなかったですし、選択肢も多く公立しか選択肢がない人とは価値観が違うのです。

    育った環境に何ら違和感を持たず、それがいいと思って生きているのは、あなたも私も同じです。善し悪しではありません、念のため。

    将来は中高時代に考えればいいし、付属でも大学は外部受験可です。でも万が一受験する意欲がなくなる、学力低下ということがあった際の保険と考えているからです。

    うちの子は大学まで付属の私立小に通っています。大学は中堅ですが、そんなにガツガツ勉強させるつもりもなく、本人がなりたい職業や大学が見つかれば努力すればいいし、特にこれといって見つからなければそのまま付属大へ進学すればいいと思っています。

    ユーザーID:4672626014

  • 系列の大学に進むとは

    限りません。
    優秀なら、他大学の医学部でも、医科大学でも、東大へでも、進めます。

    ユーザーID:0921428889

  • 学区とか

    柄の悪い学区の場合お金払ってでも私立に行かせたいのでは?

    また私立の中学校に行かせることのできる保護者はそれなりに経済力があるので、経済的な理由により荒れてしまってるような生徒がいません。私立に行けばとりあえずそういう問題のある生徒と机を並べるリスクはなくなります。私立に通っている生徒が皆問題ない生徒たちかと言えばそうでもないのですが、とりあえずは上記に書いたような生徒との接触はさけられます。

    ユーザーID:8339643156

  • 論より証拠で

    早稲田実業高校:進路状況(平成21年度)
    http://www.wasedajg.ed.jp/introduction/course.html
    →内部進学率99%

    明治大学付属中野高校(2010年)
    http://www.meinaka.jp/school/shinro/index.html
    →内部進学率74%、国立早慶合格者17名

    大妻中学高等学校(大妻女子大学系列校、2010年)
    http://www.otsuma.ed.jp/course/index.shtml
    →内部進学率27%、国立早慶合格者107名

    上記見てもらえばある程度理由がわかるかと。

    ちなみにうちも中堅大系列校の中高一貫校志望ですが、理由は
    ・子供の性格に合っている
    ・系列大学入学の100%枠がある
    ・別大学志望の場合でも優先枠を残したまま他大学を受験できる
    ・学校推薦の枠で、常時早慶レベルの枠がある
    ・子供の希望するクラブ活動がある
    ・(系列大学での)就職の面倒見がいい

    等々で決めて、目下来年桜を乱舞させるために頑張ってます。

    ユーザーID:0934244007

  • 同じく疑問ではあるけど

    多分、その親御さんは、その子がまともに受験してもその大学には入れないと踏んでいるのでは?
    あるいは、一流大学に行く必要性を感じていないとか。

    最終的にいわゆる三流大学に進むことになるくらいなら、先の楽しみはないにしても今のうちに中堅大学への進学を確かなものにしておきたい、とか…。

    私自身は都心の生まれ育ちで公立王国というのはよくわかりませんが、それでも中堅大学付属の学校に子供を入れようとは全く思いません。
    我が家の学歴レベルからいうと(嫌味ではありませんよ)、正直、一流大学と世間では言われている、幼稚舎からある某大学の付属校ですら入れたくありません。
    それはやはり、進学するのなら東京で一番難しい国立大学に進学してほしいと思うからです。
    どうしても入れなくて、最終的に私立大学に行くのならあきらめもつきますが、最初からレースに不参加というのは、悔しすぎます。

    ユーザーID:1252023333

  • 中堅ってどのあたり?

    あなたの考える中堅ってどのあたりでしょうか?
    東京の公立高校の進学先を調べて
    その中堅大学へどれくらいの割合で進んでいるのか調べましたか?
    例えば、その中堅高校の偏差値
    (私立中学の偏差値はいわゆる受験組みといわれるレベルの高い子供達だけの偏差値なので低めにでますので除外します)
    と公立高校で同率の偏差値を比べて見てください

    可能なら学部別で比べてみてください

    ユーザーID:9891727841

  • 進学に力を入れる付属校もありますよ

    最近の中堅大学の付属高校では、国公立など上位校への進学実績をあげるためにかなり勉強に力を入れている所が多いです。

    付属校なのになんでそうなっているかというと、「付属である」というだけでは生徒が集まらなくなっているからです。もちろん系列大学への推薦入学も可能ですが、それは一種の「保険」みたいなものになっています。

    なので、トピ主さんの疑問は、必ずしも当てはまらなくなっていると思います。

    ユーザーID:2540683953

  • トピ主さんのおっしゃること、理解できます

    現在大学2年生の我が家の息子は、中学から私学へ進みました。
    進学塾で息子と同じクラスのA君とは、成績がだいたい同じくらいでした(A君のほうがやや上)。
    A君は、MARCHの大学附属中学へ進み、息子は、同レベルの偏差値の中高一貫校へ進学。6年後、A君はそのまま附属の大学へ。息子は、都内の国立大学に進みました。
    高校2年あたりから、息子は大学を目指して勉強に本腰を入れなければならず(部活との両立が本当にたいへんでした)、のんびり過ごすA君を羨ましがることもありましたが、今振り返ると、息子の中学の選びは間違っていなかったと確信できます。
    将来の就職を考えると、やはりMARCHの大学よりも都内国立大学のほうが有利なので。
    女の子はともかく、男の子は、中学から中堅の大学附属に入れるのはあまりよい選択ではないように私は思います。

    ユーザーID:9741507371

  • 附属にもいろいろありまして

    私もわが子の受験まで知らなかったことなのですが、一口に「○○大学附属中高」と言ってもほとんどがその○○大学に進む学校と、ほとんどが進まない学校とその中間とがあるのです。
    ほとんどが進む学校の筆頭は慶應でしょうか。
    一例を挙げると日大系は中間です。
    学校名は伏せますが、うちのこの学校はほとんどが進まない学校です。
    その大学の学生ですら附属の中高があることを知らなかったりするくらいです。

    なぜ中学受験をしたのか、その学校が気に入ってかつ高校からは入れない学校だったから、というしかありません。中高の6年間をあの環境で過ごすことができて、とても良い選択だったと思っています。
    大学は附属の大学には希望の学科がないので他を受けます。

    ユーザーID:2064162004

  • 中堅というと

    地方から東京の私大の中堅と考えるとMARCHクラスですね。
    厳しい中学受験を勝ち抜いて?そのクラスでは物足りなくないのかと
    私も疑問に思います。

    ユーザーID:5058271130

  • 系列以外の大学の推薦が多い

    こんにちは。
    まず、地元の公立が荒れている、高校受験がない、大学が系列以外の推薦枠が多い、が、主な理由ではないでしょうか?

    例えば、中堅大学付属○○中学から高校に行くとして、それが、ミッション系、プロテスタント系、だと同じ系列の有名私立大への推薦枠が公立にくらべると多いです。

    それ目当てじゃないかしら?

    ユーザーID:1399179371

  • 私の母校

    都内の公立中です。
    生徒が授業中に奇声をあげました。
    立ち歩いたり何故か途中で逃げ出して、すると教師は追いかけます。
    授業は中断です。
    初めから来なければ良いのに。

    そんな環境なので3年になると勉強は塾でやるからと授業中は勝手に自習をする生徒もいました。
    決して特別荒れた中学でもなければ治安の悪い地域でもありませんでした。

    正直な所私は子供をあんな学校には入れたくありません。
    まだ幼児ですが小学校で特別優秀でなくても私立を視野に入れておきたいです。
    例えあんなレベルの私立に行ってどうするのかと言われるような所しかいけなくてもです。

    ユーザーID:7668545927

  • 簡単な例を

    フェ○スは女子大としては中堅ですが、下の学校はそれこそ東大に行くお嬢さんも多い女子の名門進学校です。
    また駒○東邦は男子校で東大に数多く進学する昔からの名門付属ですが、大学は内部進学は医学部に進む子もまれです。

    私の友人のお子さんは専○大付属でしたが早い時期に慶応に推薦枠で入学が決定していました。

    調べてみてください。

    ユーザーID:7214196492

  • みんな天才と言う訳じゃないし

    大学受験しなくて良いのでスポーツに打ち込めたり青春を謳歌できると言うのが利点では?うちの息子は進学校に通っていますがボロクソ勉強させられるので部活と勉強でクタクタです。中堅ですと早慶、国公立難関は3分の1位、あとはGMARCH以下で日東駒専もけっこういます。東北や中部あたりの県立トップと並ぶかそれ以上の実績ですが地方県立トップからも明治レベルに行く生徒は事実多いですよね。ならば首都圏で有れば早いことろ明治に決めちゃうという親子がいるのもわかります。また学校に寄りますがGMARCH付属は学校により系列大学に進む子の割合が違います。学習院などは東大も出していますし。3分の1以上は外に出ると聞きました。そういう学校はどちらにも転べるので美味しいかなと思います。確かに医師になりたいと言う場合、上へ行く割合9割の学校では難しいですからね。でもそれ言ったら慶應でも難しいですよ。医学部進学派は少数です。要はそこまであなたの子供は優秀なんですか?と言う話になるんですね。
    都立からにしても私立進学校からにしても大学受験はGMARCHレベルでも平凡な能力であれば勉強しないと入れないですしね。

    ユーザーID:1272295217

  • 理由はいろいろ

    うちは中堅大学附属中高一貫校目指してます。
    理由はたくさんあるんですが、以下の通り。

    1:兄弟に障害児がおり、地元の中学進学=兄弟と同じ学校になり、いじめの対象になりかねない。また中学で合流する別小学校では障害児学級がなく、小学6年間の障害理解指導に大変不安がある
    2:目標校は比較的裕福な家庭が多くいわゆる問題児が少ない、また生活指導もきちんとしている
    4:子供の希望するクラブ活動がある
    →本格的にやりたいわけではなく、趣味程度の活動内容である
    5:上位大学への学校推薦枠がある
    →本人の希望・努力次第である
    6:子供自身の性格に合っている
    →一番ではなくて、10番目くらいがちょうどいいという性格…

    私は親が「公立学校万歳!」という思考回路の持ち主だった(早慶もNG)ため、塾にも行けず、気が付いたら三流私大が精一杯。いくら勉強しても自分で教科書だけで勉強するから、わからない!…という学生時代を送りました。

    子供にはそういう、受験のための6年間を送らせたくなかったんで。
    …合格できるといいなぁ。

    >今回は匿名さん、お子さんの性格も重要ですよ〜。

    ユーザーID:0934244007

  • 私の考え方

    私は、都内出身の現在地方都市に住んでいます。
    上が小6ですが、近くの公立中学に進学予定ですが。
    高校では、中堅大学の付属高校を視野に考えています。
    本当は、6大学の付属高校に入れたいけど、偏差値的に無理・・・
    中堅大学ならば、がんばれば入れるし。
    一応、そこでがんばっているなら大学進学は確保できますよね。
    なぜなら、中学に入学したとたん高校受験のための塾。高校入学したとたん大学受験のための塾と6年間勉強しっぱなしよりも。
    少しは、楽させてあげたいと思っているからです。

    ユーザーID:6835143645

  • 中堅大学附属出身です

    私の場合は、高校からでしたが。
    当時通っていた印象としては、親御さんの愛校心がかなり影響していたように思います。
    中学からの内進者で、ご両親が(あるいはどちらかが)その中高、あるいは大学の卒業生というお宅は実際に多かったですよ。
    小学校や幼稚園になると、もっと(おそらく9割方)だと思います。
    ご自分が過ごしたすばらしい環境をお子さんにも、という事だと思います。
    たとえ一流ではなくても、いずれ進学するであろう大学を良いと思えなければ附属校は選ばないでしょうし、選ぶからには良いと思うような要素(親が卒業生など)があるのですよ。
    結果、何だかんだと言っても卒業後には系列大学に進学する生徒が一番多いですから。

    今の附属校は外部受験に協力的・・と言っても、学校側の本音は系列大学に進学して欲しいもの。
    少子化ですからね。大学側だって必死です。
    中堅附属校が中高一貫にして優秀な生徒を集めている背景にはそんな事情もあります。

    ユーザーID:8783421329

  • 公立

    地方の公立王国出身の人には分からないと思います。
    都内の公立、荒れてますよ。いろんな生活レベルの子供が集まるのが原因でしょうね。
    例え中堅の付属、私立でも低所得の方は入れませんしある程度しっかりした収入、地位のあるお子さんばかりなので荒れたりする事がないのでうちは小学校受験して大学までエスカレ-タ-式です。
    今のまま付属で大学にも行けるし、もっと学力があったりやりたい事があれば大学は受験したらいいし。中学、高校受験がないししっかりした家庭のお子さん、親御さんばかりなので安心です。

    わざわざ公立を選んで行かせたい親って都内にいるかしら?

    ユーザーID:9883748649

  • 中堅大学

    >地方から東京の私大の中堅と考えるとMARCHクラスですね。

    受験業界では,一般的に日東駒専クラスを中堅大学としています。

    ユーザーID:9078933730

  • 他の方も書いているとおり

    中堅大学の附属中学から、その大学に進学するとは限りません。
    それこそ、色々です。

    トピ主さんの質問を逆から見ると
    「筑波大学附属駒場中学校に入学した子は、なぜ、筑波大学ではなく東京大学に入学する子が多いのか?」
    というトピックが成り立ちそうですね。

    ユーザーID:1675945721

  • 私もわからない

    たとえば、明大付属あたりの中学に合格できる子供って、普通に勉強していけば、大学受験で明大程度には余裕で入れるポテンシャルを持っていると思うのですよね。

    だから行かせる理由としては、親が安心したいというのが大きいんじゃないかな。
    あとは、自分の受験時代の思い出があまり良くないから子供にはさせたくない、とか。

    ユーザーID:9908290458

  • いいんですよ

    トピ主さんがお子さんを公立中に進ませたいなら、それはそれでいいと思います。

    公立中はいろいろな家庭のお子さんがいて、手っ取り早く社会勉強もできます。
    私立を選ぶ子は私立が合っているということなんです。

    うちも付属中です。公立でもいいかと思いながら、やはり思春期に内申に振り回されてしまうのが、
    不憫になってしまい、いろいろ中学受験について勉強しました。

    うちは皆様が評するところの中堅付属中で、半分付属大学へ、半分は外部へと流れるような学校らしいです。
    環境・設備は大学並みで、中高一貫のカリキュラム、高校受験のために塾に行かせなくてもいい、などという
    メリットをお金で買った(勿論子どもの学力も必要)わけです。
    公立を選んでも塾へ行かせるお金は私立中学の学費位は平気でかかります。
    ならば学校でちゃんと勉強してもらいたいと思ったわけです。

    地方では公立でもちゃんと学校で勉強してるってのにねえ。嘆かわしい。

    勿論公立中にも内申をしっかりと固めて確実にトップ校にいけるお子さんもいます。
    そういうお子さんに育てればぜんぜん問題ないと思いますよ。

    ユーザーID:2089545222

  • それはね

    中学受験には英語という教科がないぶん楽だからですよ
    また外部の大学に行くなら中学受験に合格すれば6年間かけて大学入試を考えればいいけど
    公立ならそうはいかないでしょ
    今息子は小学校1年ですが 既に2年生の算数を勉強してます。6年生には受験勉強させる計画でいます
    私立中学も同じ 6年間でカリキュラムを考えていますよ

    ユーザーID:0909568413

  • いろんな理由があるので

    明治の話が出ていましたがいくつかある付属の中で、トップの学校が一番内部進学率が高く、好きな学部へ行きやすいという利点があるようです。奇麗な学校で周りの住環境も良いのでどうしても早慶とでもいうのでもなければ必死に公立で内申取って都立のトップもしくは2番手に入るという受験三昧の日々を送らずとも明治に入れるというのは魅力があると思います。
    同じくらいの進学校と比べると確かに早慶に100人以上、東大20人前後と言った感じですので、上を目指す人には向かないのかもしれませんが、同時にこのレベルの学校でも明治に落ちるようなのも沢山いるのは事実です。家系的にどうなのかな?と考えたとき、必死に勉強してやっと中堅大学、が多いなら早いところ付属に入れておいて安心というのもあるでしょう。
    ちなみに地方に住んでいたことがありますが、荒れ様は首都圏と変わりません。ただ私立がないのでそこへ行くしかないのです。そこで揉まれて真に頭の良い子は難関に行きますが、首都圏だと選択肢が多いので普通の子が頑張って私立なりに行き大学へ進むと言う構図も多いのです。それと国立の付属は大学とつながっていないので筑駒の話は?です。

    ユーザーID:1272295217

  • トピ主です

    皆さんありがとうございます。全てのレスを読み返しつつ、いろいろ考えています。

    まず私の中での中堅大学とは、いわゆるMARCHでした。適切ではなかったかもしれません。
    また、系列大学への進学率は、その学校により様々であることも承知しています。
    具体的には、明治法政立教には、8〜9割の生徒がそのまま大学まで進むという附属中高が多いようなので、そのようなケースを意図したトピでした。言葉たらずでした。

    携帯からレスしています。
    細切れになりますが続きます。
    お付き合い下さい。

    ユーザーID:7114849427

  • トピ主のコメント(11件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧