現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

独身時代の貯金で車を買いたい!

エリーゼ
2011年2月24日 17:14

表題の通りです.

田舎住まいで車通勤をしていたのですが、大学時代から整備しつつ乗ってきた車が遂にお亡くなりになりました。
今はレンタカーを使って通勤していますが、いつまでも乗り続けるわけにもいかないので、中古車屋に寄ったところ、あるスポーツカーが目に留まりました。

大学時代からあこがれ続けた、とあるスポーツカーです。
価格などは、中古車とはいえ600万円くらいするようで、とりあえず仮押さえしてもらいました。

その話を妻にしたら、急に不機嫌になり、その場はスポーツカーの話は棚上げして予算の話をすることに。
彼女が言うには、「走ればいいんだから、100万円で十分」だそうです。

いろいろと話し合い、200万円くらいまでと同意を得たので、残りの400万を私の独身時代の貯金から出して、件のスポーツカーを買うといったら大激怒してしまいました。
曰く、「そのお金をマイホームの頭金にして欲しい。」だの「生活費にするべきだ。」だの。

独身時代の貯金は私の資産なのだから、どう処分しようが私の勝手のはずです。
ましてや、妻が独身時代の貯金を家計に計上しているなら、妻の言い分も妥当ですが、私は妻の独身時代の貯金など見たこともありません。
妻の独身時代から察するに、おそらくほとんど無いのでしょう。

その点を指摘したのですが、「結婚してるんだから、家計に協力すべきだ。」と言い、交渉になりません。
何で私『だけ』が『協力』しなきゃならんのやら・・・

ちなみにその家計ですが、毎月15万円づつお互いに出し合い、家計と共同貯金としており、お互い平等に協力していると考えています。
福利厚生の一環で我が社は借り上げ社宅制を取っているため、今の住まいの家賃は私の給料から天引きされており、その点を鑑みると、妻以上に家計に協力していると思います。

どうやったら、こんな妻の考えを改めされられるでしょうか?

ユーザーID:4079406229  


お気に入り登録数:380
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピ主のレスのみ
レス数:31本
最初へ 前へ 1 2 次へ 最後へ すべて トピ主のみ(31)ほかのレスも表示

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
本文追記
エリーゼ(トピ主)
2011年2月24日 20:18

本文に書き忘れたので、一応念のために書いておこうと思います。

おそらく、一介のサラリーマンが600万円もするスポーツカーを・・・、というような書き込みがあるかと思いますが、車は私の通勤手段であると同時に趣味です。趣味についてとやかく言われるのはトピズレですので、お控えください。すべての趣味は自己満足で、金銭的な問題をクリアできるなら、他人がとやかく言うものではないと考えています。

それ以前に、うちの会社の駐車場を見回すと、ベンツ,BMW,レクサスetcが停まっています。私の給料から考えて、今回のスポーツカーは決して高過ぎるとは思いません。
妻が独身時代に注ぎ込んだ、海外旅行、服、バッグの方がよほど分不相応だったのではないかと思います。まともに貯金できてなかったんですから。

重要なことは、「独身時代の財産を家計に入れていない妻が、私の独身時代の財産についてとやかく言う権利があるのか?(ないと確信しています。)」ということと、「相手の独身時代の財産を共有化できると勘違いしている妻をどう改めさせるか?」ということです。

皆さんはどう思いますか?

ユーザーID:4079406229
レスに感謝します1(維持費等について)
エリーゼ(トピ主)
2011年2月24日 21:44

いろいろとお話ししなければ、分かりにくいですね。我が家の車事情についてご説明します。
それから、私の狙っている車はロータス社製ではありません。エリーゼはあのフォルムが好きなので、ハンドルネームにしました。紛らわしくて申し訳ないです・・・

1家計拠出額200万円について
これは、2年前に買った、今妻が乗っている車と同じ値段だからです。
私は「俺には俺の車があるし、新車には君しか乗らないんだから、君の貯金から出しなよ。俺もそうするから。」と言ったのですが、何故か強硬に反対され、しぶしぶ共有貯金から出しました。

2維持費について
車検、税金、ガソリンなど、それぞれの車の維持費は、基本的にそれぞれの小遣い(それぞれの給料‐家計拠出額15万)から出しています。
ここでも、妻は何故か家計から出そうとしていましたが、私の車の維持費がずっと小遣いから出されていたこともあり、最終的にそういうことになりました。
維持費を家計から捻出するとなると、私の車の維持費は妻の車の倍近かったこともあり、私の車を使うことのない妻にとっても不公平だと考えたからです。

ユーザーID:4079406229
レスに感謝します2
エリーゼ(トピ主)
2011年2月24日 22:00

いろいろとレスを頂きありがとうございます。

nyaさん
>もしそんな主張したら、転勤などで社宅を出た途端、全額自己負担になりますよ?
これはどういうことでしょうか?転勤などで今の住居を出たとしても、転勤先のマンションを借り上げ社宅とすれば良いだけの話だと思うのですが。
あと、我が社の福利厚生は基本的に私個人のものだと考えています。妻の勤め先の福利厚生の恩恵を、基本的に私は得ることができないわけですから。当たり前の話ですよね?
例えば、妻の会社の契約する保養所に以前に行きましたが、私はあくまで「お情け」で保養所を使わせてもらうという立場でしょう。

当然さん
ジャイアニズム極まれり、といったところですね。そういう話をTVでたまに拝見しますが、吐き気がします。
私の妻はそうでないと思いますが・・・

momoeさん
>楽しそうに働く夫を見たいから、私なら賛成しますよ!
momoeさんのご主人が羨ましいです。

にゃんたまさん
>頑張って奥さんを説得したら?
とても聞く耳を持たないので、話になりません。
もっとも、法の原理原則から言えば、説得する義務はないはずですが。

ユーザーID:4079406229
レスに感謝します3
エリーゼ(トピ主)
2011年2月24日 22:24

ウランさん
>ちょっと寄った中古車屋に乗らされて決めちゃうって、安易過ぎない?
この意見については、私の説明が悪いため、誤解されているようで、申し訳ありません。
古い車に乗っていたこともあり、次の車の計画は前から密かに立てていたのです。
とはいえ、このタイミングで『彼女』が現れたのは、奇跡としか言いようがありません。

同じく車好きさん
>結婚するにあっては、クルマ選びだけは口出ししないでくれと約束しました。
車好きさんは働いて、十分に生活費を入れて、義務らしい義務はすべて果たしているんですよね?
なのに、「車選びだけは」などと、何故そこまで譲歩したのですか?
とはいえ、スポーツカーに堂々と乗れるのは羨ましいです。

ダンナさん
>嫁選び失敗したな。
確かに・・・。でも、良いところもたくさんある妻です。
二輪もお持ちなのは羨ましいです。もう何年も乗っていません・・・

スマシガオさん
>このテの車は、一般の国産車に比べ、下取り値が買った時の値段からさほど下がりません。
確かに、その論法は妙案ですね。下取りとの差は恐らく200万円以上になると思いますが、その論法を使ってみます。

ユーザーID:4079406229
レスに感謝します4
エリーゼ(トピ主)
2011年2月24日 23:11

ST205さん
>家族の事なんて、微塵も考えていないでしょう?
筋の通らない要求を飲むことが「家族の事を考える」ことなのですか?
にしても、セリカは良いですね。特にターボ+4WDが素晴らしい。
今はああいう車も少なくなりましたね。哀しい限りです。

摩頂放踵さん
>ただ今後も共に生活していくことを考えると、あまり無理に我意を押し通すことも考え物です。
仰る通り、これこそが、今回一番面倒なところなんです。
ただ、私が独身時代の貯金を出さないことがマイホームを持てない原因と言うなら、独身時代に金を貯めていなかった妻の責任もあると思います。
どう思われますか?

さらんらっぷさん
>GT-Rかポルシェというところでしょうか。
残念ながら、GT−Rでも911でもありません。とはいえ、系統としてはそういう系統です。

ユーザーID:4079406229
レスに感謝します5 minoめいさん
エリーゼ(トピ主)
2011年2月25日 0:20

>男性のほうが社会的に優位だから年収が多くて当然です。
性差を言い訳にしない方がよろしいかと。給料差は能力差です。
また、社会的に女性が優遇されているところも多分にあるでしょう?
国立女子大、アファーマティブアクション、寡婦年金、遺族年金など。

>沢山給料貰ってるなら、自分のお金から出すべきです。
お金を出すときは、給料の多寡ではなく、誰が使っているか、ということに重点を置くべきかと。
妻の服やバッグ代を家計から出すのが通らないように、私の車の維持費を家計から出すのもまた通りません。

>お金をいれていないのに車を買うとすれば、200万+維持費の借金を背負って結婚したのと同じです。
その理屈が通るなら、妻が独身時代に貯金できていたはずのお金=妻の借金、となると思うのですが。
なぜなら、妻が独身時代に使ってきたお金は、妻だけのために使われたのですから。違いますか?
独身時の貯金を使うタイミングが違うだけで、同じことだと思います。

ユーザーID:4079406229
マイホーム建造について
エリーゼ(トピ主)
2011年2月25日 1:05

明日は仕事がありますので、きょうはこのレスで最後にします。
下さった他のレスに対しては、土日に必ず誠意をもって返答しますが、思ったより多くのレスを頂いたため、全員に返せるかどうかは保証できません。
役に立つレスをありがとうございます。

さて、マイホームですが、私は全く欲しいとは思いません。
ですが、二人の家となるので、それなりに話し合いはしています。

都会暮らしをしている人には信じられないかもしれませんが、このあたりでは新築一戸建ての住宅が2000万円もあれば、釣りがくる値段で買えます。
頭金として、今まで共有貯金として貯めたお金+お互いの個人貯金から出し合う+私の両親からの援護射撃(承認済み)、でいけば10年以内にローンが返せます。
念のために申し上げますが、うちの両親には同居の意図はありません。

ありていに言えば、件のスポーツカーを買ったとしても、家が買えなくなることはありえないのです。
もちろん、私が拠出を拒んだ額だけ、家のレベルは下がりますが、自分の負担なしに良い物が欲しいというのは、筋が通っていないと思います。
皆さんは、この件に関してはどう思われますか?

ユーザーID:4079406229
レスに感謝します6
エリーゼ(トピ主)
2011年2月26日 1:55

いろいろとレスを頂いていますが、維持費についての指摘が多いようですので、その点についてご説明します。

長年、スポーツカーに乗って、友人にも車道楽が多いと、自分が買おうとしている車にどのくらいの維持費が掛かるかと言うことについては大体想像がつきます。
私が買おうとしている車の維持費は、高く見積もっても妻の車の3倍程度であり、それは私の小遣いから出せることは既に確認済みです。

それから、独身時代の貯金を妻に渡さないのは愛がない、という意見を何件か頂きましたが、それは独身時代に貯金もせずに遊んで、自分の都合で独身時代の財産を家計に居れることのできない妻もまた愛が無いということになるのではないでしょうか?
「自分は使っちゃったから出せないけど、貴方はあるんだから出して当然。」という妻の御都合主義に嫌気が差しています。

思えば、こっちは欲しくもない無駄に高い(定年までの計算で借り上げ社宅制度利用との差額は600万では済まない)マイホーム購入に協力することになっています。
これだって十分に妻の趣味と言えなくもないでしょう。これを根拠に、マイホーム計画を白紙撤回しようかと考えています。

ユーザーID:4079406229
レスありがとうございます7
エリーゼ(トピ主)
2011年2月26日 2:47

minoめいさん


>新卒者の採用で、女性の就職内定率が低いのは、平均賃金が低いのは女性の能力が低いからですか?
全くもって、その通りだと思います。有名大学の男女比を見れば、それが理解できるのではないかと思われます。ちなみに、東大の男女比は8:2です。
男は就職で恵まれており、それを生かして高給を得る。同様に、女が優遇される面を生かして利益を得てください。
どうやるかは、自分で考えてください。方法はあるし、私の目から見れば実践している人もいますね。

>維持費がかかります。
二言目には「維持費」を言っているようですが、維持費の出所は私の小遣いです。私のレスは読んでくださっていますか?

>結婚後、稼いだお金や福利厚生は共有財産です。
取り決めをしている以上、稼いだお金から家計拠出額を除いたものは、妻の給料は妻の物であり、私の給料は私の物です。

>自由にお金は使えないんですよ。
当然、妻の専権事項でもありません。
むしろ、多く稼いでくる側により優先権があると考えて然るべきです。

ユーザーID:4079406229
レスに感謝します7
エリーゼ(トピ主)
2011年2月26日 3:52

押してダメならさんなど、何人かの方が仰るように、下手に出て頼み込むというのも、説得する上で有益だとは思います。実のところ、最初はそうしようと思っていたのですが、よくよく考えれば、下手に出ることが裏目に出やしないかと懸念しているのです。
もちろん、下手に出れば、感情的になっている妻に、「結婚前の資産は個人資産であり、使途は各人の専権事項である」という誰でも分かる理屈を説明する手間は省けます。

また、本当に手っ取り早いのは、明日にでも中古屋に行って本契約を結んでくることでしょう。

しかし、それでは意味がないと思うのです。
今回の件から考えても、マイホームを買う時に、「あの時、車を・・・」という話は必ず浮上するでしょう。
そうならないためにも、私の正当性を妻に十分に認識してもらう必要があります。

何でこんな簡単な話が妻には理解できないのでしょうか?
心情はどうあれ、筋が通っていれば納得するのが大人ではないでしょうか?

>ももさん
自宅購入おめでとうございます!

>tomasaさん
ずいぶんご都合主義な人が多いですね。文字に直すと、より強力です。
妻はそこまで酷くないと信じたいです。

ユーザーID:4079406229
レスに感謝します8
エリーゼ(トピ主)
2011年2月26日 4:13

車は好きだけど奥様側さん
>進め方が下手。
ごもっともです。嫌味の一つくらいは覚悟していましたが、正論に対して、こうも強硬に反対するのは想定外でした。

トチローさん
>逆に妻が200万の指輪が欲しいんだけどなら男はそんな石ころに〜ってのが本音でしょ?
その通りですが、自分の金で買う分には文句をつける筋合いはないと思っていますし、そう行動しています。


ももちさん
>収入に対して、今のトピ主様のお小遣いは多すぎませんか?
収入差に応じて、小遣いの差が出るのは至極当然のことです。少なくとも、我が家の家計においてはそうなっております。
妻の給料が増えたとして、妻に小遣いをせびるなどということはあってはなりません。

摩頂放踵さん
>その後どんな感じですか
またレスを頂きありがとうございます。
交渉はとりあえずペンディングしています。

アプサラスさん
HNの機体に乗りたいです。

たれ造さん
>愛はないと感じます。
その理屈だと、独身時代に遊んでいて、貯金がほとんどない妻の行為も愛がないことになりそうですね。

ユーザーID:4079406229
レスに感謝します9
エリーゼ(トピ主)
2011年2月26日 4:37

ハッピーエンドさん
お互いに一緒に居たいと思ったから結婚したのです。貴女のHNのような結末を望んでいるのです。
私は妻に贅沢をさせるために結婚したわけではありません。

旅行に行きたいなら、自分の給料で行けばいい。
外食がしたいなら、自分の給料でやればいい。(私も出しますが)
欲しい物があるなら、自分の給料で買えばいい。

ケガや病気でもない普通の時には、当然の話であり、不安に思ったりすることはないかと思われます。


えりさん
妊娠出産中にまで、家計に15万拠出してくれ、とはさすがに言いませんよ。

育児については、いろいろと考えることがありますが、保育所などを最大限活用していくしかありませんね。
その結果として、同額の拠出が不可能になるなら、その時はバランスがとれる金額にすればよろしい。

家事負担については、お互い忙しくズボラなところもあり、お互いにほとんどやっていないというのが現状で、悪い意味で平等になっています。
もし、家事を全般的に引き受けるというなら、その分の拠出増は当然のことでしょう。逆も然りです。

ユーザーID:4079406229
レスに感謝します10 minoめいさん
エリーゼ(トピ主)
2011年2月27日 19:30

少し長くなります。

>一般企業でも、妊娠や結婚で働けなくなるリスクが高い女性に仕事を任せられないと考える人もいるでしょう。
いるでしょうが、その結果として「男性ほど有益な仕事ができない」という事実に変わりはありません。その結果は当然、給料に反映されますし、それは当然のことです。

確かに、「女子は大学に行かなくていい」という時代があったことを私は存じています。しかし、「有名大学の学位を持っていない」という事実に変わりはありません。
別の側面から見れば、男性は「男なんだから大学には死んでも行け!」という厳しさがあった半面、女性は甘やかされていたとも言えるでしょう。

企業の総合職と一般職の差にしても、確かに採用されにくいのかもしれませんが(私はここには有名大学の男女比が関係していると思っている)、「多くの女性が一般職として働く」という事実に変わりはありません。

しかし、給料と言うものは結果に対して払われます。「女性だから、学位がとりにくくて、総合職になりにくいから、一般職の私に高給を出してくれ」は通りません。

ユーザーID:4079406229
レスに感謝します11 minoめいさん
エリーゼ(トピ主)
2011年2月27日 20:29

>奥様のお金に頼らず、子どもが大学を卒業するまでの学費と夫婦の老後の生活費を考え・・・
私が妻のお金に頼っている(?)というなら、それは当然妻にも言えることであり、「私だけが」大黒柱になる理由が理解できません。
また、家計はいきなり行き詰まるものではありません。共同で貯めている貯金もあれば、保険もあります。家を買っていれば(買わされていれば)、家も資産となるでしょう。
あと、うちの会社の駐車場の話はしましたと思いますが、先輩方も同様の車を買い、維持しているようであり、我が家のみが家計的に凹むと考える方が無理があるんじゃないですか?

>夫婦で取り決めをしていて、15万円すつ平等に生活費をいれているはずなのに、稼ぎが多いほうが夫婦のお金を支配できるんですか?
大切な前提を忘れていました。失礼。稼ぎに応じて、家計に拠出する場合で、拠出額が多い方に当然優先権があるものと考えられます。

ユーザーID:4079406229
レスに感謝します12 車の200万円について
エリーゼ(トピ主)
2011年2月27日 20:57

今読み返してみましたが、妻が200万円の車に乗っているのに、彼女が「車なんて100万くらいで十分だ!」と言っていると書くと、本当に彼女が強欲妻のように見えますね。
これについて説明します。おそらく、皆さんに誤解を与えていると思います。申し訳ありません。

いきさつとしては、妻が「車が欲しい」と言ったので、二人でディーラーに行き、いろいろある車の中で妻はトヨタWISHを買いました。
ただ、これの維持費が自分持ちだということになり、維持費負担が思ったより高くつくことに気付いたようです(軽自動車よりは高いという程度の高さですが)。
それが、妻が「車なんて〜」ということを言うようになったいきさつです。

なので、次に車を買う時には、軽自動車にするものと考えられます。
ですので、妻は何も、「自分だけいい車に乗って、夫はボロ車に乗せておけばいい。」と思っている鬼のような妻ではありません。

まぁ、そうはいっても、妻の車に200万円拠出したのは事実ですから、今回私の車にも出してもらおうとは思っています。

ユーザーID:4079406229
レスに感謝します13
エリーゼ(トピ主)
2011年2月27日 21:30

斎藤二人さん
恐らく、ポルシェの事を言おうとしているのだと思いますが、ポルシェにはボクスター、ケイマン、911などがあり、当然維持費も車種・年式により違うことは知っていますね。
言いたいことは山のようにありますが、上にあげた車種で、年間200万円の整備代がコンスタントにかかるというなら、その話は正直信用に値しません。
本当に掛かったのなら、余程運がなかったんですね。

>外車は3年までその後はぼろぼろ、しかも修理代が高く、なんと売る時も二束三文なのだ。
外車についての一般論を真に受けたような物言いですが、ポルシェの新車保証の期間は元オーナーなら当然ご存知ですよね?
御存じとは思いますが、有償での延長保証も入れれば、9年間ほどの保障があります。メーカーというのは普通自分が大損を被るような保証を提供したりはしませんよ。
整備費が多少高いことは確かですが、売るときも国産よりは高いです。

>そもそも都内に住む金持ちは自動車なんかにこだわりはないのだ。
車に興味のない金持ちはこだわらないでしょうね。
それから、私は田舎のサラリーマンです。地価の馬鹿高い都内と比較するのもどうかと。

ユーザーID:4079406229
レスに感謝します14
エリーゼ(トピ主)
2011年2月27日 22:04

>奥様が買った車は家電と同じ生活の道具、トピ主のは単なる玩具。
本文に書いてあるように、「通勤と趣味」です。通勤は生活の道具です。
最低限を上回る価格を指摘しているなら、無駄に高いマイホームは玩具のおうちといったところですか・・・

>奥様が買った車は買い出しにも行けるし・・・
スーパーの駐車場でクーペを見たことがないのかな?
前のスポーツカーで買い出しにも行っていましたし、旅行にも行きました。
別に特別なことではありません。スポーツカーといえど、トランクもあれば助手席もあります。

何度も言うように、子供が出来れば、妻の車を家族用にすればいいんです。それで、維持費を家計負担にすれば問題なし。

>奥様が使うからって洗濯機や掃除機を奥様1人に買わせるのはおかしいでしょう。
レスを読んで頂いていないようですが、家事は二人での分担(悪い意味で)になっています。
そうでなくても、ほとんどの家具・家電は二人で使うものなんですから、家計から出すと想像できませんか?

>家族の生活の道具にする家電同様の実利優先の車を買ったんだから
日常生活用途なら、今までもこなしていたし、こなせるでしょう。

ユーザーID:4079406229
レスに感謝します15 minoめいさん
エリーゼ(トピ主)
2011年3月1日 0:11

今日も少し長くなります。

>「稼ぎが多いほうに従う」という考えは、色んな価値観があるんだと驚きました。
話し合いが最初ですが、最終的には金を多く出す方に優先権があるのは当然だと思います。
一体何を根拠に「妻が金は出さないが口を出すのは当然」と思われているのでしょうか?

>病弱な子どもが生まれた場合、働けなくなる可能性があり
流石にそうなれば、車は捨てざるを得ないでしょう。そうなる可能性よりは、ならない可能性より低そうですがね。
ところで、貴女は最悪の状況を想定するのがお好きなようですが、貴女の理屈で言えば、妻の独身時代の散財はとんでもない悪行、となるのでしょうか?

>奥様にも同額のお小遣いをあげて下さいね。
意味不明です。私の給料が妻より高いのは、私のこれまでの努力の結果であり、それが小遣いの差として現れるのは当然のことです。
女(妻)というだけで、努力抜きで何かを得られるとでも?
世の中には、妻に小遣いをあげる男性もいるでしょうが、それは本質的には「お情けや施し」であり、それを当然の物と勘違いするのは可笑しいかと。

ユーザーID:4079406229
レスに感謝します16 minoめいさん、じゃがばたさん
エリーゼ(トピ主)
2011年3月1日 0:34

minoめいさん
>妻は家計から200万円の車を買ったんだから、趣味も兼ねた主さんの車も200万払って当然というのは
生活の手段であっても趣味の要素を含むのだから自分で負担しろ、という理屈ですか。

では、妻の趣味が料理で、普通の値段より高い調理器具が欲しいと言い出したという状況を考えてみましょう。
そこで、「料理はお前の趣味なんだから、全部お前の金で買えよ。」という理屈は通るでしょうか?
そういう場合は、普通の調理器具を買うのに掛かるくらいのお金は家計から出すのが筋だと思いますが、貴女は違うようですね。

じゃがばたさん
>収入が違うのに、奥さんもあなたも15万ずつじゃ、不公平では?
収入には、それまでの努力、やっている仕事とそれに伴う責任、という要素が含まれます。
にもかかわらず、私が多く出すべきというのは、不公平ではありませんか?
仕事により、収入差ができるのは当然だし、そうでないと逆に不平等です。

あと、うちのマンションの家賃は私の給料と我が社の福利厚生費により賄われています。
そういう意味では、私の方が多く家計に拠出しています。

ユーザーID:4079406229
レスに感謝します17
エリーゼ(トピ主)
2011年3月1日 1:22

さかさん
>なぜ奥さんの収入をあてにした生活をおくってらっしゃるのか?
共同生活をしているのだから、妻が生活費を負担するのは当然かと思いますが。
おおざっぱに言えば、自分の食い扶持は自分で稼ぐ、というのが当たり前だと思うのですが、違いますか?
違うと本気でお考えなら、小学校の社会の教科書を開いて、憲法に定められた国民の義務が何であったかを思い出してください。

あかしさん
>独身時代の貯金からなら、反対する理由どころか、反対する権利すらないでしょう。
その通りですし、ついでに言うなら嫌味を言う権利ですらないと思いますね。良く考えれば、馬鹿正直に話す義務もなかったので、その点については私が馬鹿でしたね。

スカイツリーおやじさん
>女性はあるラインを越えると理屈はとうりません。
他の人のアドバイスを見ても、そうみたいですね。「無理が通れば、道理が引っ込む」「勝てば官軍」という言葉が浮かびます。
現実的な路線は、強行して開き直るか、下手に出てお願いするか。おかしな話だと思いますが、おやじさんはご自身の中でどうやって納得されていますか?
人生の先輩として、教えて頂けると嬉しいです。

ユーザーID:4079406229
 
最初へ 前へ 1 2 次へ 最後へ すべて トピ主のみ(31)ほかのレスも表示

現在位置は
です