初めての給料、どう使いましたか?

レス48
(トピ主1
お気に入り38

編集部からのトピ

大手小町編集部


 もうすぐ春。春は新しい生活を始める季節ですね。新社会人になる皆さんは、その日を前にドキドキの日々を送っているのではないでしょうか。

 あー、あのころに戻れれば…。などと考えている方もいらっしゃるかもしれませんね。

 そしてドキドキといえば、初めてもらうお給料! そこで、過去に新社会人を経験した方々に、初めてのお給料をどう使ったかお尋ねしたいと思います。

 ご両親にプレゼント、学生時代の借金を返済、スーツや靴など必要なものを購入……などなど、いろいろな使い道が思い浮かびます。そういえば、自分も両親につまらないもの贈ったなぁ(遠い目)。

 こんなことに使って失敗だった、ああすればよかった、といったことでも結構ですので、どしどしご投稿ください。お待ちしています。

 いただいたご意見は、読売新聞紙面やヨミウリオンラインでご紹介させていただく場合がありますのでご了承ください。

ユーザーID:3070923035

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数48

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 仕事を辞めて20年になりますが・・・

    アラフィフティー主婦です。
    サラリーマンの家庭で育ちました。
    高校卒業後関西で一人暮らしをしながら二年間専門学校へ。
    その後も一人暮らしのまま医療関係の仕事をしていました。
    10年間勤めましたが、退職の4年程前に結婚もしました。
    初めてのお給料と最期のお給料は両親に袋も開けずそのまま渡しました。
    初めてのお給料の額は10万円を少し切るぐらい。
    最期のお給料は20万円を少し上回るぐらいでした。

    ユーザーID:3558798134

  • 私の場合は家族のために使われた


    私が社会人になり、初めてお給料を貰ったときは、銀行振込みでした。
    それを、母が管理すると言い出しました。
    半月は大喧嘩しました。
    で、結局、丸め込まれ、私は仕方なく母に全額渡し、そのなかから八千円をもらうことになりました。
    八千円でも多いと叱られたこともありましたよ。
    私は、母は家計費に使い込むと分かっていたから、嫌でした。
    三万ぐらい渡すつもりでした。
    だけど、私を育ててくれたから妥協し、私は、母に管理明細をつけるよう厳重に言いました。
    が、実際は、そんなのはなく、使い込まれました。
    腹が立ちましたよ。
    私の父は、無職で、ネグレクトした人なのに、一円すらも私にお金を出したことないのに、私が養っている。
    事実を知ったときは、、、、。
    親戚のおばさんは、私に可愛そうな子と言いました。
    私の場合、家賃や水道光熱費や父の小遣いやに化けました。
    働いていない父の小遣いが私より多かったです。

    ユーザーID:8893902660

  • 初給料

    一人暮らしだったので
    家賃と食費となんだかんだで、結構使い切ったような・・・。

    遠い記憶過ぎて明確に思い出せない!

    残ったお金で、両親に「初給料だからこれで何か食べて」と
    お金を送った記憶になっているが
    本当だったかな・・? 妄想?

    ユーザーID:0198566359

  • プレゼント

    就職直後は全寮制の研修所に入り、半月は外出禁止でした。初任給をもらい、初めての外泊日は実家に帰る前に映画見て、ラーメン食べて、自由を楽しみながら親父と姉(母は既に他界してます)にプレゼントを買って帰りました。約20年前、当時はまだ給料袋に現金支給で、懐に給料袋入れている自分がやけに誇らしく感じました。

    ユーザーID:9867610839

  • 両親に

    初めていただいたお給料は嬉しいですよね。

    私の場合 今までお世話になった両親に
    何かがしたくて ちょっと普段ではいけないようなお店に
    連れて行って御馳走しました。

    ユーザーID:3395976809

  • 忘れもしない…

    かれこれ20年前…時代はバブル真っ只中。

    高卒で働き初めて、初めてのお給料。
    結構いい金額のお給料でした。
    寮に入ってましたし、
    実家も遠方。親に仕送りすれば喜ばれたのかもしれませんが、
    何か記念になる物を買おうと、最寄りのデパートに行き、
    誕生石のルビーが付いた(見えないくらい小さな小さな石…)18金の指輪を買いました。

    20年経った現在も、
    捨てるに捨てれず…いまだに持っています。

    きっと一生捨てれないだろうから、
    息子にお願いして、
    骨坪にでも入れてもらおうかと思います…。

    ユーザーID:7609133304

  • 広辞苑

     40代男性です。
    私は初任給で『広辞苑』を買いました。

    『広辞苑』を買った理由は、私の母も初任給で『広辞苑』を買ったと聞いていたからです。
    その『広辞苑』は現在も私の書斎の本棚にあります。

    現在はインターネットが普及し、『広辞苑』を引く事も少なくなりましたが、
    今でも私の宝物です。

    ユーザーID:2224446095

  • え〜と

    結構昔のことなのでうろ覚えですが・・・

    給料が振り込みだったので半額の10万円をATMから引き出し、財布にいれ両親に見せました(笑)当時、1000円札以外を財布に入れたことがなかったので自己満足してニヤニヤしました。
    しかし、それ以降私の財布に福沢さんが団体でいらっしゃることはありません。

    家族へのプレゼント等も買いましたが、一番印象に残っているのが
    喪服です。身長も高く体格も立派な私は<緊急の時に間に合わない。大人の礼儀としてそろえておくべき>との言葉で、当時はやりの服がほしかったのにと思いながら買いそろえました。

    ユーザーID:6831414969

  • 両親、祖父母、おじおば…すべての親戚に

    今までのお礼を兼ねて、プレゼント♪

    初給料が出たら、七五三や成人式みたいに、各親戚に立派に社会人になれましたと報告する。
    もしかしたら、就職祝いのお礼(内祝い?)を兼ねていたのかも。

    ちなみに、こんな手厚く振る舞ったのは、母方の本家を継ぐ従姉妹だけでしたが。

    ユーザーID:1735348361

  • 足りない!

    初のお給料は、勤務日数が約15日分しかなかったので、生活費で消えました。
    それどころか、その後に控えたGWでの帰省などにお金が足りず、
    親に初任給額以上のお金を借りました(口座振込で)。

    ユーザーID:4890510895

  • 内祝い

    親・親戚・その他から大学卒業時にお祝いをいただいたので
    初任給で内祝いを買って送りました。

    その時、何がいいか分からなかったので
    デパートの人に相談したところ、
    「芽が出る、育つという意味でお茶が縁起が良くていいんですよ」と
    アドバイスされ、新茶にしました。
    今でも新茶の季節になるとこのことを思い出します。

    あと、熨斗をつけてもらいましたが、
    そこに自分の名前が入ることが初めてだったので
    それも社会人らしくなったなーと思った出来事でした。
    仕事って、自分の名前が看板になるということですよね。
    名刺を内祝いに挟んでもらいましたが、
    社会人として看板あげたんですよ〜狼煙をあげました〜とも思いました。

    ユーザーID:1311200535

  • 交通費やら昼食代やら

    初めての給料が出るまでの1ヶ月間は交通費も自腹(?)なので
    5月に貰った4月分のお給料は
    4月分の交通費、昼食代と5月分の交通費、昼食代に消えました…

    「初任給でプレゼント」は無理なので
    父には6月の父の日に、母には7月の誕生日にプレゼントしました。

    ユーザーID:3011162942

  • 家族にプレゼントしましたよ

    今まで育んでくれた家族のために、一人暮らしの生活費を差し引いた金額で家族に贈り物をしたのを思い出しました。
    父にはライターを、母にはスカーフを、弟にはTシャツを週末にデパートまで買いに行き、実家に送りました。
    そんなに高いものは買えませんでしたけど、とても喜んでくれたので嬉しく、そして大人になったなと実感しました。
    もう20年近く前のことになりますが、父は今でも当時のライターを大切に使ってくれるのでその当時のことがリアルに思い出せます。
    自分の物はなにも買えませんでしたが、記憶に残る思い出のひとつです。

    ユーザーID:0942475264

  • ライブチケット代+グッズ代(笑)

    私は一人暮らしだったので、家賃や定期代など生活費が主立った……はずだったのですが、就職した1ヶ月後に、大好きなバンドが解散!
    東京ドーム2日分のチケット、記念グッズ、交通費でほとんど消えた気がします。
    10年好きだったので、後悔はしていません。が、時々「青かったなあ」と苦笑してしまいます。

    次の月から母の日、父の日にプレゼント。
    積立貯金に、自分で自分に就職祝いのピアス(10回ローン)と
    なんとか軌道にのせたと思います。
    皮肉にも貯金は、転職時の引っ越し代に消え、ピアスは弟の婚約祝いにつぶして、指輪にしてもらいました。

    最初はライブもピアスも「一生の思い出にしよう」と思ったんですけど、省みると思い出は、買った物、あげた物よりも、あの時せいいっぱい頑張ってた自分の記憶。

    一生ものと張り切らなくても、値段の張った物でなくても、なんでもいいと思います。
    充実した時間のために使って欲しいですね。

    ユーザーID:4143261236

  • とりあえず

    真っ先に生活費を渡しました。
    あと、家族全員分のお寿司を出前してもらいました。ちょっと高いお店のものを。

    今は亡き祖母が一番喜んでくれました。
    思えば数少ない孝行だったかもしれません。

    ユーザーID:1105163655

  • ありきたりですが

    今となっては懐かしい思い出ですが、高校生の頃下宿していたお宅へ茶器をプレゼントしましたね、

    中学校を卒業して次の日からいきなり下宿生活の始まりでした。
    生意気なガキ相手に大家さんは良く付き合いしてくれたと今でも感謝し、時々遊びに行っていますがその度に私が初任給で買った茶器でお茶を入れてくれます。

    ユーザーID:2630635905

  • 初めての給料、どう使いましたか?

    我が家では初めてのお給料で家族全員をすし屋に連れて行くということになっていました。たぶん父親が食べたかったからだと思います。姉と二人姉妹なのですが、姉が働き出すと同時に我が家では初めてのお給料ではおすし屋さんにいくのよねー、という母の一言でそれがいつのまにか、我が家の恒例となりました。もちろん私もごちそうしましたが、みんな遠慮なく頼むので、少ないお給料はすぐになくなってしまいました。
    レジでお金を払うときに父が初めてのおごりだね、というのを聞いてちょっと誇らしかったのを覚えています。

    ユーザーID:2063465526

  • ボテトサラダ

    かなり昔ですが、当時大好物でも貧乏の私には比較的高価なマークス・アンド・スペンサーのポテトサラダを三人分買って、一気に一人で食べました。他にも友達と飲みにいったりしたと思いますが、食い意地が張ってるせいか、それだけはっきりと覚えています。

    書いていて、お腹が空いてきました。

    ユーザーID:9689468165

  • 引っ越し代

    本当は両親と祖父母にプレゼントしようと思っていたのですが。。
    就職先がそれまで住んでいたところからかなり遠かったので、最初の給料を使って引っ越しました。
    給料だけでは足りずに貯金も使うくらいだったので何も残らず、プレゼントは出来ませんでした。
    その後も家賃や生活費だけでかつかつの生活だったので、ボーナスでやっと両親と祖父母にプレゼントを買うことが出来ました。
    あのときは本当に嬉しかったです。

    ユーザーID:3851448868

  • 昭和60年4月25日

    今年で44歳になります。

    商業科の高校をでて地元の会社に就職しました。
    初めての給料日は今でも覚えています

    その年の高卒女子(男女の差が有るのが当たり前でした)の
    平均的な基本給が\98,000とニュースでやっていて、
    とりあえず平均だったなと思いました。

    卑しい話になりますが兄弟が多かった為に
    色々な物を1人で独占して食べたことが無く・・・
    私の望みは"ホールケーキを切らずに食べる"でした。

    会社の帰りに銀行に寄りお金を降ろして
    ケーキ屋さんに行って家族用にカットケーキを沢山買い
    私用にチーズケーキをホールで買って帰りました。
    家で丸いままフォークで食べました。

    全部は無理でした・・・
    分けて食べた方が美味しいと言う事を確認しました。
    両親は他界してこの世にいないので
    たまに思い出して子ども達に話します。

    いまでもあの時の家族の笑顔を覚えています。
    初任給はいい思い出と共にあります。

    ユーザーID:6122618689

  • 17年前の話ですが

    新卒で入った会社の初任給は半月分ほどで、10万円は越えておりませんでした。(次月からは1か月分となったので越えましたが)

    当時彼氏だった夫にブレスレットを買い(それまでは私のブレスレットを手にはめていたので、ちゃんとしたのをあげたかった)、家族にはケーキを買って帰った記憶が・・・(家族の記憶に関しては曖昧だったりします)

    ですが帰宅後、父が私の給料を管理すると言い出して大喧嘩に。
    二十歳過ぎた娘の給料を管理してどうする!!って切れましたが、以降給料の半分、親に渡し、そいつは保険と車のローンと家賃とか言う名目で搾取されました。でも親は家賃というのは私の通帳に貯金をしてくれていましたが、悪気はないにしても、上から目線の言われ方にカチーンときた私の嫁入りが早くなったのは言うまでもありません。

    やりすぎたら良くありません。良くも悪くも給料の管理なんて親がしたらいけませんよ。

    ユーザーID:8115886703

  • ありきたりですが

    5月のGWに郷里に帰省し両親と兄妹たちに高級レストランのフルコースをご馳走しました。

    ユーザーID:0975570899

  • 全寮制で使う時間がない

    全寮制で、朝6時から晩10時頃まで仕事に明け暮れていました。おまけに3日に1回くらいの割で当直。(労働基準法どこ吹く風〜)
    朝、昼食は、職場の食堂(300円)で、夜は適当に買い食いしていたかな。家に帰る暇も使う暇もなかったな〜、なので、たぶん通帳の残高が増えていただけでは、と。9ヶ月過ぎた頃に2週間のバケーションがあったので、そこで親と旅行に使ったと思います。
    事実だけ書くと大変そうですが(実際大変でしたが)、体育会系部活のノリで、楽しくもありましたよ。

    ユーザーID:6156817378

  • 記憶にうすいのですが,医師免許といっしょに・・・

    10年以上前のことです.
    その年に合格して取得した医師免許といっしょに両親に渡したように記憶しています.
    うちの両親は医師ではなく,かなり苦労して自分を医学部に入れてくれました.
    いろいろな意味で,初任給の額面だけは忘れません・・・5万円を上回る程度でした.
    時給にして100円ちょっと・・・医師になってもしばらくは両親の仕送りを頼らざる得ませんでした.
    働きだしてから一人暮らしを始めたのですが,殆ど実家に帰れず,
    初めて帰れた時に,医師免許と初任給を実家に持って帰りました.
    実家の神棚には,すでに医師免許の額縁が用意してあって,初任給をいっしょに奉っていました.
    その時,神棚に向かってお辞儀していた父の背中が今でも忘れられません.母は横でほほえんでいました.
    初任給の額面も,あのころの忙しさも,今ではすごく良い思い出となって自分の医療技術の糧となっています.

    ユーザーID:3113185731

  • ピンクのブラウスに母の涙

    今から25年前の4月末。実家を初めて離れ、慣れない東京での寮生活を1ヶ月過ごし、GWに初任給を手に東京駅のデパートで父にネクタイ、母にピンクのブラウスを買って新幹線に乗り込んで1ヶ月ぶりに両親に再会し、「ただいま」の一言とともに、プレゼントを渡しました。父は笑顔で「ありがとう」と言ってくれましたが、母は箱を開けるなり言葉を詰まらせ涙。買ったばかりのピンクのブラウスの上に、母の涙の雫が零れ落ちた光景が今でも瞼に焼き付いてます。そんな小生も娘が今年成人式を向かえ、あと2年もすれば就職予定。もし娘が初任給でプレゼントをくれたら、母と同じように涙してしまうかな。

    ユーザーID:7253759157

  • 自動車学校の教習代

    学生時代に、両親からお金を出してもらってオートマ限定で自動車免許は取っていたのですが、

    就職した会社でマニュアルの免許が必要になったので、初任給は全て自動車学校への支払いで消えました。

    実家暮らしだったのですが、親に生活費を渡すことも、何かプレゼントを買う事も出来ず。

    初任給ってもっとキラキラしていると思っていたんですけどね。

    ユーザーID:4125858001

  • まだ昭和の時代でした。

    40代、考えるとアラフィフに入っています。もう20年以上も昔の話ですが、当時短大卒で入社した、俗に超一流と言われた某企業。手取りは9万円台だったと思います。それで、両親と隣のおばさんの家に駅前の菓子売り場で買ったお饅頭を1箱ずつ。後で聞いた話では、そのおばさんは甘いものがあまり得意ではなかったので、「○○ちゃんが、初給料で買ってくれたんだ」と説明して、実弟夫婦にあげたとか。。あとは、家に3万円いれて、貯金だったかな。

    そしてそのお給料をもらった時、隣の席にいた上司から「たくさんもらった?」と聞かれ、給料袋に一万円札が9枚も入ったものを一度にもらったので、しっかりと「はい!」と答えたぐらいでした。いまじゃ、考えられないような待遇ですが、その時はそれで感激だったんですね。

    ユーザーID:1989549472

  • 十数年前とその後の感動

    社会人になって十数年経ちました。

    初任給の手取りは多分14万円位だったと思います。
    それを尊敬し、可愛がってくれた祖父母に5万円を
    渡し、両親と親戚のおばさんにそれぞれ2万円ずつ
    学生だった従姉妹に1万円を渡したら、ほとんど残
    りませんでした。

    でも入社直前までバイトしていたので、自分のお金
    には困りませんでした。

    それから、十年以上経ち、祖母が亡くなり、遺品整
    理を手伝っていた時、祖母が大事な物を入れていた
    引き出しから、初任給を渡した袋が大切に保管され
    ていたのを見つけて、思わず泣いてしまいました。
    同じところに社会人になってから毎年渡していたお
    年玉も一緒に保管されていました。

    ユーザーID:7423074842

  • 母が喜んでくれた

    その頃は、初めてのお給料日に、ケーキを家族に買って帰るのが定番でした。

    私が13歳の時に父が亡くなり、3人の子供を抱えて踏ん張っていた母。

    一番上の姉が公務員に合格し、上の兄は中学を卒業し大手企業に就職、
    末っ子の私も高校を卒業して、やっと貧乏のどん底から抜け出して
    希望の光が見えた、あの頃、母もほっとしたのではないかと思います。

    ユーザーID:9635893257

  • 本代

    大学からそのまま1人暮らしだったので、家族に何か振舞うとか考えたこともありませんでした。

    とにかく、研修で自分のアホさに頭を打たれたような気分になり、本代だけはケチるなという父の言葉が思い出され、専門書を7万円分大人買い?してしまいました。
    無駄な買い物でなかったと20年経った今でも思います。
    良書は時を経ても全然古くない、今読んでもすばらしいと思います。
    この前、古本屋で購入時より高い値段がついているのを発見しました。
    結婚して、お互い本だけは捨てられなくマンションの一室が夫婦の書庫になっています。

    ユーザーID:0797704973

レス求!トピ一覧