• ホーム
  • 話題
  • 男性は「妻」という言葉より「嫁」という言葉が好き?

男性は「妻」という言葉より「嫁」という言葉が好き?

レス121
(トピ主0
お気に入り67

生活・身近な話題

tonko

この小町でも、他のトピでも 男性が自分の配偶者を言うとき「妻」ってより「嫁」って言葉を使う方が多いと思いますか?

それとも男性もやはり「妻」って言葉を使う方が多いでしょうか?

私の考えは男性は 妻より嫁の言葉を好む方が多いと思います。

アニメのキャラでも ○○は俺の嫁とか言ったりしてます。

やはり妻だと 夫婦平等って感じなのに対し、 嫁だと 昔の○○家の嫁って感じになり、男のものに女がなるって感じがするので、自分が優位に立った気分で嫁と言う言葉を使うのでしょうか?

逆に女性から見れば 嫁といわれるより、妻と夫から言われた方がうれしいし、女性は配偶者に「婿」とは言わないですよね。

やはり女性は 夫婦平等の地位を(同質とは違います) 男性は 男の家に女が入るを好むから、 男は自分の配偶者を嫁といい 女は嫁と言われるよりは妻と言われたいって思うのでしょうか?

質問ですが、男性には 何故自分の配偶者を妻といわずに嫁というのですか?
女性には 妻と呼ばれる方がやはり嫁と呼ばれるより うれしくないですか?
どうなんでしょ!

ユーザーID:8843163569

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数121

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ラブラブ関係

    嫁という言葉に上下関係のイメージはないですね。

    妻というのは、年齢を経て夫婦関係がなくなった場合にも使いますが、嫁という言葉には新婚のラブラブなイメージがありますので、好まれるのだと思っています。

    ユーザーID:7917154206

  • トピ主さんって、東京のかた?

    「どうなんでしょ!」
    と「!」までつけてたずねるようなことですかね・・?
    と思いました。

    たとえば関西のほう・・でしょうか、
    (私自身は関西に住む者ではありません)
    「ウチのヨメサン」って、
    芸人のかたはたいてい仰っていますが、
    地方色もあるのでは・・と思い、
    私は心地よく聞いていますが、
    それもダメ?

    または、
    「しょうらいはおよめさんになりたいの」
    という幼い少女の、
    可愛らしい夢の名残もあるのでは?
    「しょうらいはけっこんして、つまになりたい」
    というとちょっとヒキますよね(苦笑)。

    ユーザーID:4548057595

  • 女性は気にしすぎ!

    男性は意味を余り気にしてないです!って言うか同じ意味だと思ってる!

    ユーザーID:8154436346

  • 私はどっちでも良いです

    TPOで使い分けが出来るかどうかは気になります。それが出来ているなら私はどう呼ばれていても気になりません。

    主人は「嫁」に萌えは無いようです。

    若い方を中心に嫁っていう言葉が流行っていますが、聞いている印象としては上下関係よりも、照れ隠しや親しみに聞こえます。

    ユーザーID:4638001857

  • 芸能人や芸人が「ヨメ」と連呼するから?

    最近の芸人がよく「うちのヨメが~」と連呼しています。
    それを見た一般人も真似して「うちのヨメが~」と
    言っているのではないでしょうか。

    「ヨメ」なんて、親しいモノ同士でしか使えないですよね。
    上司に対して「ヨメが急病なので休みます」とか
    「ダンナが」とは言いませんよね。「妻が」「夫(主人)が」
    が最も中立的、一般的な呼称だと思います。

    親しいモノ同士の会話ならヨメより「奥さんが」「カミさんが」
    のほうがまだ、落ち着きがいいと思います。

    ユーザーID:6894660381

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 簡単です。

    男性です。

    個人的には,書き物(友達同士のくだけたメールを除く)は「妻」,会社などフォーマルな場でも「妻」。それ以外は「ウチのは…」「ウチの家内は…」「ウチのかみさんは…」など,会話の相手によって使い分けています。

    周囲で「嫁」と使っているのであれば「嫁」,「かみさんと呼んでいるなら「かみさん」。それだけの話で,自分が優位に立ったとかそういう難しいことは考えていません(笑)。女性も,友達同士の会話では,「夫」といわず,「旦那」「亭主」とか,くだけた言い方をしていますよね。それと同じです。

    最近は「嫁」と言う若者が多いですが,あまり気取っていなくて,しかも,「家内」などという言葉と違ってオヤジくさくもないので,使いやすいのかな…

    ただ,強いて言えば,本来「妻」という言葉を使わなければならない場面で「嫁」「奥さん」と言ってしまう点は困り者ですね。自分の妻を「嫁」と呼ぶ人には慣れましたが,「奥さん」と呼ぶ人には,いまだにびっくりします(横ですが…)

    ユーザーID:4959551226

  • 40代後半男性です

    バツイチですが…(苦笑)

    離婚してもう10年になりますが、
    婚姻中は『女房』と言ってました。
    『嫁』は殆ど使ったことがありません。

    『妻』は、かしこまった席などで
    使ってましたね。

    たとえば、職場同僚や友人との会話中は『女房』、
    仕事の取引先の相手との会話では『妻』と。

    たぶん、主さんが考えてるほど『嫁』の使い方を
    男性側としては意識していないと思いますよ。
    逆に愛着を込めて『嫁』と呼んでるような…。

    ユーザーID:4109084024

  • どうかな

    私が思うにですが、親しい間柄にはヨメっていう気がします。
    妻ってそれより改まった言い方かな。
    相応の場所や、年齢では「妻」を使いますよね。
    こういった掲示板ではどちらでもありかも。

    我が家の場合夫は私のことをうちの奥さんと言ってるようです。
    私は掲示板では「夫」と言いますが友達には「ダンナ」と言います。

    ユーザーID:0128405173

  • 同感

    男性の立場から。

    以前何かの本で読んだのですが『嫁』とは、義父母が発する単語だそうです。旦那さんに関しては『妻』が妥当でしょう。
    同じ様なニュアンスとして、旦那さんを『パパ』とか『お父さん』とか。
    自分的には、貴女(妻)のお父さんじゃないよ!
    と、こんな感じですかね。

    ユーザーID:5354428139

  • 過敏さによって違うと思います

    それぞれだと思いますよ。

    とは言え、やはり「家制度」に対する考え方や捉え方に過敏になると、気にしすぎてしまうのかなと思います。

    言葉や文字にしてしまうとのっぺりとした印象でその方の思いから「妻」「嫁」「相方」「家人」「女房」「「奥さん」「パートナー」など使い分けているように思います。

    ただ、そこに口調が加わると同じ「嫁」でも「あっ、尻に引かれてる」とか「家政婦扱い?」とか夫婦の関係が見えてきたりします。

    女性だって配偶者に向かって「旦那」と言う方がよく見受けられますが、正直この言葉だって男性を持ち上げる言葉なので、女性が使うと自分を下に置くことになりますよね。
    でも、その口調は完全に下に落としてることが多いです。

    本来の言葉の意味を考えると「夫・妻」が対等な感じですが、相手を立てたかったり威勢を張ってみたかったりとその時々で使い分けているように思います。

    でも、実際のところは言葉の意味は気にしていなくて、なんとなく言いやすい言葉を使っているだけのように思いますよ。

    ユーザーID:5886793164

  • 深い意味はないです

    妻でも嫁でも家内でもパートナーでも連れ合いでも何でもいいです。
    そこに上から目線も下から目線もありません。
    そこにはケースによる使い分けがあるだけです。

    例えば妻の立場の人でも会社では主人と言いますよね?
    別に旦那さんが上の立場とかそんなの関係なしに主人って言葉を使うと思います。
    逆に飲み会などではうちの旦那って言ったりしますよね

    そんなものだと思います。

    ユーザーID:6436660440

  • 女性ですが

    私は嫁でもいいです。
    というのも私は嫁と言う呼び方に男性の優位性を感じていないので。
    なんとなく言いやすい(発音しやすい)、というようなもっと簡単な理由の様な気がします。
    嫁は口語的、妻はかしこまっている印象、とか。
    ちなみにうちの主人も嫁と言います。

    でも本来嫁と妻では意味が違うので、
    小町のような立場の説明をする必要がある場では、
    妻と書いてもらいたいです。
    途中まで「???」と思いながら読むことになるので。

    ユーザーID:7435656035

  • 嫁から妻へ

    男性です。

    小さな女の子が、将来なりたいものの一つとして「お嫁さん」ということはありますが、「妻」とか「お妻さん」とか言いませんよね。
    「嫁」の方が親しみやすい印象(かわいらしい、若い)、一方で「妻」の方がフォーマル(大人)に感じます。

    それと、「嫁」だと、「嫁ぐ」(とつぐ)と表現するとおり、結婚をする(式を挙げる、籍を入れる)行為と密接な結びつきを感じます。なので、新婚当初は「嫁」という表現がしっくりします。
    その延長線上で、「嫁」の方が新婚気分が続いていてアツアツな感じもします。逆にいつまでも「嫁」だとフワフワ地に足がついてない感じもしますけど。

    なので、新婚当初は「嫁」と言ってましたが、最近は「妻」の表現を使い始めました。ちょっと照れくさいです。

    トピ主さんは、「嫁ぐ」⇒男性の籍に入る⇒男性の支配下におかれる、っていう発想なんですよね?
    言われてみれば、たしかに、そういう感じ方もありますね。

    ユーザーID:9263286429

  • 配偶者・パートナー

    当方男性です。残念ながら未婚ですので「妻」はおりませんが。

    さて、僕の言葉の感覚では「妻」は「刺身のツマ」の音あわせがあり、余りよい印象がありません。

    一方「嫁」については、自分の家(家庭)を任せることの出来る存在としてリスペクトしているという印象があり、「ツマ」よりも「ヨメ」の方が好印象です。

    家に縛り付けられている、家の女、という意味をこめて「嫁」「家内」と称している男性は現代日本では少数派のように感じております。

    ただ、トピ主さんの感覚はよくわかりますので、女性の同席する場所では「奥さん」「妻」「配偶者」「パートナー」と表現するようにしていますが、男(友人)同士の場では「嫁」という言葉を使っています。

    ユーザーID:7682349288

  • 地域性かな?

     私は嫁と言われたいのですが、関西弁圏だからでしょうか?
     逆に妻という言葉がなんとなく好きになれません。ムズカシイことはわかりませんが、英語の和訳みたいに堅苦しく感じてしまうのです。嫁以外では・・・女房がいいです。やわらかい感じがするので。
     夫のことは、フォーマルな場では主人、ふだんはダンナと言っています。
     男の人が会社でヨメハンが、とかウチの(ヤツ)が、と言っているのも可愛くて好きです。妻がって言われると「気取るんじゃねー!」と思ってゾワゾワします。特に、会話全体が関西弁なのに妻って言うと、すごくヘンです。標準語とかなら、別に違和感ないです。

    ユーザーID:9489696823

  • はい!

    35歳、主婦です。

    主人(36歳)は、私を「嫁」と言いますが、

    私が自分から言うときは「妻」と言います。

    単に好みの問題だと思うんですが・・・

    「嫁」と言われると、「俺の」というより「婚家の(ものになった)嫁」

    と言われているようで、敏感に反応してしまうんだと思います。

    私は「夫の妻」になったのであって、

    「夫の家のモノ」になったわけじゃない、と、

    自分なりに抵抗しているのかもしれない、と思ってます。

    ユーザーID:1263671798

  • どっちでもいいといえばどっちでも

    言葉の意味から言えば、嫁や家内、奥さんは、「家」を連想させ、現在では差別だ、と言われるかもしれませんね。
    でも、そういう意味の言葉として出来ているのですから、私はどっちでもいいのかな、と思っています。
    語源がそうだったというだけで。
    ただ、自分はどうでもいいけど、トピヌシさんのように気にするかたもいらっしゃるかもしれませんので、
    他人に言う時は気にはしています。けど、他人の場合は、「奥さん」になってしまうんですよね。
    気にしないほうがいいですよ。

    ユーザーID:0295938568

  • 嫁という字は、家の女と書きます。

    従って、自分の実家側に属している女、○○家に来た女と言う意味です。

    レスを見る限り、男性は女性に対して、自分のパートナーとしてよりも、家の女としての生き方をして欲しいのが本音です。

    だから、『うちの嫁』と言う言い方をします。

    『私の妻』ではなくて。

    家の女として親と同居、家計を維持していくために共働き、家を維持していくために出産・子育て‥‥。

    はじめのうちは共同でやる仕事も、いつの間にか、全部家の女に回ってきます。

    家の女だから、パートナーではないから浮気の一つ二つしても、夫婦仲は壊れない、そんな所ではないでしょうか?

    男性の皆さん、本音を言いましょうよ。

    ふだん何気なく使う言葉に、本音が出ると思います。

    ユーザーID:5214320478

  • どーでもいいかも・・・・

    妻って改まった所ではいいますが、日常会話で「妻は」とは言いませんね。
    例えば名前で「まりこさん」を「まりちゃん」と言う感じで、
    「妻」を「嫁さん」と言うくらい、どーでもいい感じです(笑)。

    だって、男性ってそんな事考えてないと思うけど?
    うちの夫も友達に私の事を「嫁さんです」って紹介します。
    でも改まった所では「妻」ですね。

    日常で私の事は名前で呼ぶから、オイ、チョット、ママ、等と言わないし。

    他人に対してや他人がどう呼ぶかよりも、
    自分のパートナーが自分をどう呼び、どう考えているかが重要です。

    小町でもオバサンと呼ぶなとか議論がありますね。
    相手を嫌な気持ちにさせない事は重要だと感じますが、
    でも他人の気持ちや言動を変えるのは難しいですよ。
    他人がオバサンと呼ぼうが奥さんと呼ぼうが、正直勝手です。
    だからこそ、パートナーとの関係次第です。

    ユーザーID:4911769896

  • どうかな。

    京都生まれ京都在住の兼業主婦です。
    結婚当初に夫から夫の知り合いに紹介される時に『嫁の○○です』と言われ何故だか嫌悪感をいだきました。
    理由はわかりません。今でも何故こんなに嫌なのかはっきりしません。
    夫から言われた時『貴方が紹介されるとき 婿の○○です。 と言われたらどう思う?』と言ったら『そうかぁ』と考えそれ以来『妻の』となりました。
    周囲の知り合いも嫁と呼ばれることを嫌っている人間がほとんどです。(みな京都生まれです)

    ユーザーID:4973111938

  • TPO

    本当に日本語は難しいですね。自分の妻のことを「妻・嫁・かみさん・女房・ツレ・家内・配偶者・山の神・うちの奴・アレ」などと表現します。

    「妻」は一番堅いですね。自分のことを「わたくしは」と言う感じです。

    妻側がよく使う「主人は」の反対語?は何でしょう?「妻は」ですか?「妻は」の反対は「夫は」のはずです。ですから「家内」でしょうか。「嫁」の反対は「旦那」のような気がします。

    舅・姑が使う「嫁」とは違って、夫が使う「嫁」はナンカ親しみを感じますね。「うちの嫁さん」なんていいじゃないですか。それとも「私の妻は」と言って欲しいのでしょうか。堅い場所では当然そういう表現になりますが。

    ユーザーID:6944936716

  • 芸人さんが嫁というよね

    妻の立場です。

    我が家は関東ということもあり「嫁」とは呼ばれたくないです。
    夫にもそう伝えているし、伝える前から「妻」、
    親しい人には「うちの奥さん」と言ってるようです。

    「嫁」はよく芸人さんが使ってますよね。
    関西弁の人が使ってるときは方言と認識しているので
    違和感を感じませんが、そうじゃない人が使ってると
    ちょっと気になります。

    「女房」という若い芸人さんがいますが
    聞いているこっちが気恥ずかしくなります。
    白髪が似合う年ごろの男性が言うと違和感がないのに。

    どれも私の個人的な感想です。すみません。

    ユーザーID:9974027130

  • TPOで使い分け

    まず初めに、「嫁」呼称を義理親が使ったなら、激しく!激しく!激しく!イヤです!!!

    でも夫が仲間内での会話で使う「嫁」には、義理親が言う時の従属的な意味合いは薄く、
    むしろ「うちのかみさんが」的なざっくばらんさ、
    周りの友人に対して照れ隠しで軽く卑下してみせてるような感じを持っています。
    私自身も独身時代からの女友達に対して「夫が」とは言いにくくて、ニックネームで言ってみたり
    「うちの旦さん」と言ってみたりしますが、それと同じことかな。

    昔なつかしの日本人のように「プライベートのことをのろけない」を美徳とするか
    欧米人のように「公的な場でも堂々と妻をほめる」をヨシとするかで
    感じ方も違うのかもしれません。
    夫に対して後者であって欲しいなーと思っている女性は
    「なんで卑下されなきゃいけないんだ」と寂しくなりそうですもんね。

    ま、きっと世の殿方は「嫁」の本来の意味とか
    深く考えて発言なんぞしちゃいないです。
    数多くある三人称の一つだとおおらかに受け止めといて、
    義理家に言われた時だけ反発しましょう(笑)。

    ユーザーID:5617924041

  • TPO

    フォーマルな場や目上の人間に対しては「妻」「家内」

    友人や同僚に対しては「嫁」です。

    友人や同僚、後輩に話す時に「妻」は無いですね、場違いです。
    ただその時に別に使う言葉が「嫁」しか見当たらないんですよ。
    だから使ってるだけ。家制度がどうとかは全く関係ありません。

    ユーザーID:0766212600

  • どちらでも

    妻だろうが嫁だろうがどちらでも好きなように呼んでください
    それで上下とか思いません

    イメージ的には妻はフォーマルな場での呼び方
    親しい仲間内に話す時は嫁さんですね

    普段家庭内で上下を感じてる人の方が呼び方にこだわるのではと思ってます。

    ユーザーID:1963194739

  • 私はそう思わないけど、地域差があるのかもね。

    >逆に女性から見れば 嫁といわれるより、妻と夫から言われた方がうれしいし、女性は配偶者に「婿」とは言わないですよね。

    私は妻と呼ばれようが、嫁と呼ばれようが、どちらでも良いです。
    女性はみんな妻と呼ばれた方が嬉しいと思っているのは、一部の方だけではないでしょうか。
    夫は、妻と嫁を使い分けているようです。
    誰か目上の人に私を紹介する時は、「妻です。」
    友達とか仲間などカジュアルな場では「嫁さん。」
    何かで読んだ事がありますが、妻よりも嫁の方が、自分から見てより親近感があるそうです。
    今は、女性の立場や地位を低くしてやろうと意識して言っているのではないと思います。
    むしろ、場のフォーマル度によって使い分けている傾向があるのではないかと、周囲の既婚男性を見てもそう思います。
    少なくとも、友達レベルで「俺の妻が…」とは聞いた事ないです。
    たいがい「うちの嫁さんが」「(相手が面識があるなら)○○が」「うちの奥さんは」と呼んでますよね。
    地方など、家長意識が根強く残っている所では、今でも「嫁」と言う言葉に特別な意味付けをして、女性の地位を低く考えているのでしょうか?

    ユーザーID:6589553634

  • 嫁という言葉がそんなに嫌いなら

    花嫁という言葉も差別用語ですね。結婚式は花嫁のもの!と言って無茶な要求はやめてくださいね。
    花嫁衣装も差別用語ですから、それ自体なくしてしまった方がいいですね。

    個人的には、妻と言うのは気取った感じがするんで、砕けていうときは嫁になります。真面目というか、なよっとした感じも少しあるんで。

    ユーザーID:0058423070

  • 自分の従属物なイメージがありますから。

    力がない男性に限って、こういう言い方を好みます。
    学がないステージの男性もそうですね。

    人格に相応しい言葉遣いというものがありますから、主さんが不快ならそういうステージの人達とは距離を置く事です。

    ユーザーID:3781428294

  • 使い分けします

    男です。

    話すときの状況や相手によって使い分けていますよ。

    妻のほうが公式というか、固い印象ですよね。
    ですから勤務先で上司との会話の中で使うような時は「妻」です。

    反面、嫁は少し砕けた印象なので、友人同士なのでは「ウチの嫁が・・・」なんて使いがちです。

    あと、使い方正しくないのは承知ですが「ウチの奥さんが・・・」というのも気心知れた相手との会話では使いますね。

    ユーザーID:6533458456

  • 特に気にしない。

    気にならないのは生まれも育ちも関西圏だからでしょうか?
    特に気にはなりません。

    だって。私(妻)がいるところでわざわざ「嫁」とはあまり言わないからかも。
    たまに電話でしゃべってるのを聞きます。「嫁があかんって言うてるわ」とかね。
    でも、夫の友人の奥さんにも「嫁」って言ってますが、これまた本人の前で「嫁」発言はいたしません。

    私との会話で○○(夫友人名)の嫁ってさぁ〜。とか、電話で「お前んとこの嫁さんは?」とかですが。

    でも、こういうところでの相談などで嫁がどうたらこうたらでって書いてる夫を見ると「妻」だろ?!とは思います。

    要は、所かまわず「嫁」って言うな。ってだけですね。

    ユーザーID:9676033429

  • わたしは

    嫁、と呼ばれたくありません。
    言葉の由来より、現在のイメージの問題で、です。
    嫁、と呼ばれたら、かわいくないのは承知で、結婚はしたけど嫁いだ覚えはない、と反発しちゃいそうです。

    夫はわたしを妻と呼びます。
    奥さん、というのも抵抗があるみたいです。
    私も、主人や旦那と呼ぶのに抵抗があるので、夫と呼んでいます。

    結局は、夫婦二人が納得していれば、どんな呼び名でもいいんじゃないかな?と思います。
    わたしたちは特に結婚前に確認したわけではないけど、お互い意識が近くてよかったな、と思っています。

    ユーザーID:1315432757

  • べつにどれでも・・・

    私は「嫁」発言、まったくイヤではないです。「奥さん」でも「妻」でも、どれでも気になりませんけど。
    本当に、まったく、その差異について深く考えたことがありません。


    「俺の嫁」でも「ボクの奥さん」でも「ウチの妻」でも、その語尾にハートマークがついてる感じだったら、なんでもよくないですか?

    ユーザーID:5907336596

  • 良いトピです

    どう言うかどうでもいいと思ってました。

    言う相手や、その場の雰囲気(Atmosphere)で使い分けて来てます。
    正式にフォーマルな場では、妻とか家内と言う。
    くだけた場では嫁さんとか、うちのやつ、うちのが、かみさん、嬶(かかあ、女に鼻)。
    結局嫁さんとよく言ってるかもしれません。
    呑んでいる時は、山の神とも言います。

    昭和10年代後期に生まれた、会社の大先輩は英語でワイフとおっしゃってました。
    ハイカラさんって感じがしてましたが、自分は絶対に言いません。

    わたしは東京下町に生まれ、ずっと住んでいます。
    住んでいらっしゃる地域でも、奥さまの呼称は違うように考えます。

    ユーザーID:4470047820

  • 文化?

    テレビで見る印象としては関西は「うちのヨメサン」、関東は「うちのカミサン」て言ってるような。

    嫁は姑・舅でも使える言葉だから嫌な気がするのでしょうか。
    トピ主さんはカミサンと呼ばれるのはどうですか?やっぱりNGですか?

    私は「ヨメサン」や「○○の嫁」って照れ隠しが入っているようで微笑ましい感じがするのですが。
    もちろん公式の場では妻と言ってほしいけど仲間内での会話ならOKです。

    ユーザーID:6684909583

  • 嫁ではなく妻

    千葉県生まれ東京在住、40歳代女性。
    嫁という呼ばれ方は嫌ですね。理由は昭和さんと同じです。○○家に来た女のイメージが強いです。
    新婚の男性が「嫁をもらった」と言うのはまだ許せますが、結婚後2年以上経過しているような男性が「嫁」と言うと、まだお嫁さん気分なのかと正直あきれます。
    新潟県生まれの夫(50歳代)は、私を「妻」と呼びます。
    ちなみに、東京生まれ千葉県在住の父(80歳代)は、母を「家内」と言っています。

    ユーザーID:1562141213

  • うーん

    仕事柄 いろいろな既婚男性にお会いすることがあるのですが私のお会いした方の中では 浮気経験者 浮気してる方「嫁」 とても円満なご夫婦 「奥さん」または お名前で呼ばれる方が 多いです

    なので私は結婚したら 奥さんと呼ばれたいです

    ユーザーID:1114816934

  • アメリカの人権運動の歴史を思い出しました

    アメリカ在住長い女性です。皆さんの書き込みを読んでアメリカの人権運動の歴史を思い出しました。社会情勢が変わるとそれまで当然のように使われて居た言葉を、そぐわないと感じる人達が出て来ます。これは、その言葉の持つ元来の意味では被害者になる人達が、ことさら強く感じるのが常のようです。そう感じる人達が周りの人達にその事を話し、無数の話し合いの結果、だんだん言葉の使われ方が変わって来たと思います。例えば、黒人種は、1960年代にはカラード(有色人種)、1970年代にブラック、そして近年はアフリカ系アメリカ人に落ち着いたようです。女性の呼び方も、ミスとミセスという婚姻によって区分けする呼び方だったのが、ビジネスではどちらの場合にも通じるミズという呼び名が使われるようになって久しいです。

    社会が変わる時には、いろいろな考え方の人が同じ家族内でさえ居るのが普通です。ラジカルにデモったり、けんか腰に主張する人達もいるかと思いますが、穏便な社会の変化は、何千何万の普通の人達が、ここのレスにあるように話し合うことで、移り変わってゆくのでは無いかと思います。御主人に、気持ちをお話なさってはいかがですか。

    ユーザーID:1008323246

  • 夫は私を「相方」と言います

    結婚当初、目上の知人に紹介する時は「妻」でしたが
    現在、勤務先の同僚には「相方」と言ってるみたいですね

    「今日、飲みに行かない?」
    「ごめ〜ん、相方と待ち合わせしてるんだ」
    てな感じですね。

    ちなみに、勤務先以外の友人には、名前で紹介されてました
    「嫁の○○」とか「妻の○○」でなく、「○○です」と。

    ユーザーID:6168582933

  • 細かく思ったことない

    親しい友人の間では、うちの嫁ハン又は嫁さんと呼び
    フォーマルな所、特に目上の人に話す時は、妻
    砕けた上司だと、嫁さんでしょうかね。
    私の場合、深くは考えてませんね。
    皆こう昔から呼ぶし、そんなもんかな?ってぐらいです。

    両親、親戚、友人、友人両親、皆こんな感じです。
    たとえば、友人両親に紹介すると、友人父は、この子が嫁さんかと言い、
    友人母は、この子があんたの奥さんか、と言いますね。

    私は関西圏、妻は関東圏なので、付き合った当初は私の口調が強いとよく言われました。
    本人はそんなつもりはないですけど、しかしそう感じると。
    泣いて、怖いんだよ!と言われ、知らんがな?!と言い合ったのが懐かしい(笑
    今は何を言っても感じないみたいで、こんなもんだって思ってるのかな?
    しかし、思えばよく結婚まで至ったなと思います。

    ちなみに、初対面の方には『お宅の奥さん又は旦那さんどちらに?』と話かけたりしますが

    そういう時は、どう呼ばれれば良いですか?

    ユーザーID:9577117192

  • 関西弁

    関西出身の我が夫も、カジュアルな場では私を「嫁」と呼んでます。

    彼の友人達も皆そうですね。

    ただ、フォーマルな場や目上の人の前では「妻」や「家内」と呼んでいますけど。

    関西の人にとっては特に意味があるわけでなく、当たり前みたいです「嫁」。

    テレビで関西の芸人さん達が「嫁」と言うので、お笑い好きな関東の方もなんとなく使ってしまう方が増えたのかな?

    ユーザーID:4012857370

  • 方言、もしくは地域的な慣習として。

    40代既婚男です。

    私の経験からすると、「うちの嫁」は、一般的には関西方面の方言ですね。
    方言と言うよりは慣習的な呼び方といえるでしょうか。

    「上方の芸能人、取分けお笑い系の方がよく使う」と言う指摘がありますが、
    タレントでなくても関西、特に大阪の人は「嫁」という言い方をよくします。

    大阪含め関西は、日本のかなりの人口を占めますから、ネット上や
    TV,マスコミで「嫁」「うちの嫁」という言葉を耳にする機会は多いはずです。

    この場合、夫婦平等とか、家に入るとかという「地位」の問題以前に、
    単なる地域的な慣習と言う理由がほとんどです。

    こうした見方もあると言うことで、ご参考まで・・・。

    ユーザーID:2723520942

  • 言いにくい

    妻って言いにくいです。「うちの妻です」っていうより「うちの嫁です」の方が言いやすくないですか?
    私は妻の立場ですけど、自分で「嫁」って言います。
    妻は言いにくいですよ。言葉が詰まる。(シャレではなく)
    ちなみに私は夫のことを「うちの夫」「うちの旦那」と言ってます。

    嫁は家に嫁いで〜とかそんな事考えて発言してる人マレですよ。
    そんな事考えて発言してません。

    もう言い慣れてるし言われ慣れてるので、妻といわれるより嫁って言われる方がしっくりくるし嬉しいです。
    大好きな夫へ嫁いだって事なので、言葉の意味で使われても全然おっけー。
    それに結局公の場では「家内」って言うので、妻っていう言い方は使わないですね。(夫の場合は「主人」と使い分けてます)

    そんな言葉尻であーだこーだ言ってると、めんどくさい人だなーって思われちゃいますよ。

    ユーザーID:4606952531

  • 気恥ずかしいのも

    「妻」って言うと少し気恥ずかしい気がします。親しい友人には「うちの嫁ハンが…」という方が気が楽です(関西圏です)。
    ただ「嫁」は「息子の妻」が正しい意味という認識なので、こういった掲示板やかしこまったところでは「妻」というようにしています。

    話はズレて、妻が自分を外で呼ぶときに「旦那」と呼ぶことがあるのですが、これも「店の主人」というのが本筋のようで、その女性側にあたるのが「女将」だそうで。
    「旦那」と呼ばれることに違和感は無くても、「女将(さん)」と呼ぶ・呼ばれるのは違和感あるよね、と先日話しをしていたところです。

    本来の使用方法とは異なりますが、意味を把握して状況に使い分ける分には問題ないのではないかと思っています。

    ユーザーID:0171411634

  • 地域性じゃない?

    関東では妻、または奥さん。

    関西では嫁、または嫁はん。

    スティーブンス家ではワイフ。もしくはハニーです。

    ユーザーID:7227308183

  • 言葉狩り反対!

    発言小町を知るまで「嫁」という呼称を嫌う女性が少なからずいるとは知りませんでした。男性発のトピなどで、話の流れとは無関係に「嫁」という言葉に噛み付く人がいてなんでそんなつまらんことにこだわるのだろうと思っていました。
    トピ主さんや言葉の成り立ちまで示して罪悪感を煽ろうとする昭和さんなど、実社会ではなるべく近づきたくない方です。

    ところで、私は東京生まれ東京育ちのため、「嫁」という表現は使ってません。
    友人など親しい間の会話では「ウチのカミさん」、かしこまって言う時は「私の妻」と使い分けています。
    関西の芸人さんなどがよく使う「ウチの嫁」と私の「うちのカミさん」は多分同じニュアンスなんだと思うんですが、これも平等ではない、のでしょうか?
    私自身は平等な言葉と思うのですが。また「妻」よりも「カミさん」を好むということもなく、状況で使い分けています。友人相手に「ウチの妻が〜」などと話すのは小っ恥ずかしくて嫌です。

    なお、「家」意識はありません。私の家族は妻(この場合見ず知らずの人に広く読んでもらう状況なので「妻」を使います)のみで、双方の両親兄弟姉妹は最も身近な親類という考えです。

    ユーザーID:6743957799

  • 関西では

    関西出身の主人が、義祖父に「ぼくのヨメさんになる人!」とわたしを紹介した時
    関東育ちのわたしには違和感ありました。
    調べたわけではありませんが、関西では「うちのヨメ」という言い方をよく耳にします。
    愛情がこめられているのではないですか?ちなみに「アホやなぁ」というのも愛情があるらしいです(?)

    主人はその後、いろいろな呼び方を試して(笑)正式な相手には「家内」で落ち着いたようです。
    相手によっては名前にしたり使い分けているようです。

    ユーザーID:0049580637

  • 主人ってのも嫌ですね

    我が家は40代夫婦ですが『妻』と『夫』です。
    友人宅は『相方』と言ったり、関西出身の人は『ヨメ』と言ったりしていますね。
    それぞれが納得していれば、良いのではと思ってます。

    『ワイフ』とか『ダーリン』とかは、ちょっと嫌かな(笑)

    そして、妻側が『うちの主人が〜』と言うのは、とっても違和感あります。
    まだ『うちの旦那が〜』の方が良いです。
    これは地域性と言うより年代によるものですかね?

    ユーザーID:2319761756

  • 関西でも一般的ではない

    関西で生まれ育ったアラフィフ主婦ですが、かつて私のまわりで自分の妻を「嫁」と呼ぶ人はいませんでした。
    「嫁」はやはり婚家の両親を含む「家」や「大きな家族関係」を前提とした呼び名で、核家族にはそぐわないものです。
    「うちの嫁」と言えば舅姑から見た「息子の妻」のこと。
    「○○さんちのお嫁さん」と言えば、たいがい舅姑がいる場合が多いです。
    若い人が「嫁」を連発するのは、関西の地域性や慣習を踏襲しているわけではなく、単にお笑い芸人を真似ているだけでしょう。
    他人に向かってお笑い芸人の真似では、軽佻浮薄な印象を拭えず、関西ならばどこでも通用することじゃありません。
    ご両親でさえ、妻を嫁とは呼んでいないのではないですか。

    ユーザーID:0969599947

  • 方言という自覚があるならいいんですよ

    夫が妻を呼ぶときに「ヨメ」というのは違和感があります。
    不快感もあります。
    ただそれが関西圏の方言なら別にいいのではないかと思います。

    けれど最近は小町のトピックスやテレビなどでも、方言という自覚ないままに「よめ」が女性配偶者の一般呼称として扱われていたりします。
    「嫁が生意気」というので姑が書いているのかと思えば、夫だったり小姑だったりというのは、「ヨメ」が一般的な使い方ではないということをわきまえていないからでしょう。

    ユーザーID:3853255948

  • カミサン

    結婚前、関西出身の夫の同郷の友人達と会った時、皆さんが自分の奥さんを「ウチの嫁」と呼んでいるのを聞いて、結婚したら私もそう呼ばれるの?と、一瞬とまどいました。

    実際に呼ばれてます。

    でも、夫の言い方にも愛情を感じるし、「僕のお嫁さん」って意味なんだろうなぁ、と今は嬉しくさえあります。

    確かに、40代既婚者さんのレスにあるように、40歳代以降の会社の上司達は飲み会等で「うちのカミサンが」とか話してますものね。

    芸能人でも、石原軍団の人達や中尾あきら?さん、奥田栄二さんや高地のぼるさん等が、「うちのカミサン」と呼ぶのは定番ですし。九州出身のタモリさんなんかも「うちのカミサン」ですよね。

    フォーマルな場やキチンとしたビジネスの場で、「妻」「家内」と呼べるのであれば、カジュアルな場では特に下品とは感じませんよね、「嫁」も「カミサン」も。

    職場に奥さんのことを「うちのヤツが」と言う同僚がいて、「ヤツ」はどうなんだろう?と思うけど。

    ユーザーID:4012857370

  • やはり地域性だと思います

    私の周囲に夫を含め「嫁」を使う男性はいません。
    「家内」「うちのやつ」という方が多いですね。
    「やつ」という言葉がお嫌いな方もいらっしゃると思いますが、テレなのであろうと思って気にはしていません。
    夫は「家内」を使用しています。

    ユーザーID:6434042130

  • 誤用なので知性がないと思ってます

    嫁って親が息子の妻を指す言葉のはずなので、夫が妻を「嫁」というのは間違いと思っています。小町でも「嫁が〜」というタイトルのものをあけるとたまに夫からのトピがあり、それだけでこいつダメだと思ってしまいます。

    私の周囲ですと、人柄を問わず、配偶者を「嫁」という人には知性は感じられません。関西の知り合いは少ないです。

    好き嫌いというよりは利口とバカを判断する一基準にしております

    ユーザーID:2847436235

  • 嫁さんの方が好き

    主観ですが、旦那が友人に話す時
    「嫁さんが」と呼んでいる方が、仲いい、近しい感じがしてイイ。
    「妻が」だとあらたまり過ぎている、距離をおいた関係、
    という印象で好きではないですね。
    嫁と言っているからといって支配下にある訳ではないし、
    むしろ自分の方が力関係は上(稼いでるしなぁ)。
    あらたまった場で言うなら「妻」が妥当ですが。

    肝心なのは呼び方ではない、中身だと言いたいですね。

    ユーザーID:7060168402

  • おもろいな!

    30代男。

    過敏に反応スル人、オモロイですね。家の女と書いて嫁ですか?そうですね、その通りです。

    私の家族(私・妻・子)の中の女ですから、嫁。おかしいですかね?ちなみに「家」が私の実家を含めた夫側の一族、などと考えたことはありません。当たり前でしょう?

    私も嫁さんと言いますが、改まった場では妻ですね。

    ちなみに妻(文章だと妻になりますね)は私の事を旦那と言う事もあるみたいですが、当然の事ながら、妻が私に使えているなどと思ったこともありません。立場はフィフティ・フィフティです。

    ユーザーID:3799960740

  • 女性だって「主人」と「旦那」使い分ける、それと同じ。

    既婚女性です。

    方言や地域性はあるかもしれないけど、夫婦平等の地位とか、そんな難しいこと
    イチイチ日常会話で考えてないでしょう。。。女性だって、主人と旦那、シーンによって
    使い分けるでしょ??それと同じではないかな?

    「妻・主人」…わりとオフィシャルなシーン向け。目上の人・友人以外の人と話すとき。
    「嫁・旦那」…普段会話向け。くだけた感じで話す時。

    その違いだけなんじゃないでしょうか? 

    未だに「うちの愚妻が…」とかみんなの前で言われちゃうと、それこそ夫婦平等に反すると
    私はカッチーンと来ますが。(言われた事もないけど…)団塊ジュニア世代の私には、この発言の
    裏腹は分かっててもスーッと喉元を通ってくれない、気味悪さはあるので。。。


     

    ユーザーID:1545680305

  • 「嫁」は差別用語。

    「家内」も「奥さん」も「かみさん」も元をたどると差別用語。
    大学でジェンダーの授業していた教授は徹底していました。
    配偶者のことを呼ぶときは「僕の妻さん」と呼ぶそうです。
    理屈はわかるけど、なんか違和感感じます…
    (教授に言わせると「違和感感じる」時点で既に差別に
    疑問を覚えない状態にされている」んだそうですが)
    「僕の妻さんがね」って言うコロンボは嫌だなあ…

    私は「主人」「旦那さん」という言い方のほうが嫌ですねえ。
    勧誘電話で「ご主人様いらっしゃいますか?」と言われると
    「ご主人様は奥様とお出かけでございます」って言っちゃいますね。
    旦那さん、旦那さんと言われると落語によくいる丁稚奉公の「定吉」を
    どーしても思い出します…

    ユーザーID:1755346070

  • ヨコですが2回目

    他の方のレスを読んで「ダンナ」に対して「カミさん」なんですね。
    「旦那(ダンナ)」で「女将(オカミ)」と。なるほど。

    フォーマルな場で誤用しているのはどうかと思いますが、カジュアルな席での発言において知性まで判断されていては堅苦しくて仕方ないですね。

    そんな人は是非「畏み畏み申し上げ奉る」とか使って下さいね、とか思ってしまいます。

    ユーザーID:0171411634

  • 家内も差別用語?

    嫁が「家の女」なら家内は「家のうち(なか)」。
    外に出て働いていても?
    カミさんは、雷(カミナリ)落とすから?それとも、お上(かみ)からくるカミさん?
    うちのやつは、奴(ヤツ)?奴(やっこ)さん?

    どれも差別用語ととれば取れなくもない。

    ユーザーID:4012857370

  • 金田一春彦によると…

    対語として

    夫⇔妻

    がありますが、じゃ嫁に対する言葉はというと婿ではなく姑なのだそうです。婿に対する言葉は舅。
    だから、自分の配偶者を嫁とか婿とか言うのは誤用なので奇妙に感じますね。

    しかし、方言ならいたし方ないとも思います。
    方言というのは地域方言以外にも階級方言というものもあります。上方の芸人さんの間での方言に男性が配偶者をさして嫁という言葉があるのでしょうが、あくまで方言なんでしょう。
    日本語はその人の言葉によって、発した人の年齢性別出身地階級等がわかると言います。
    ですから配偶者をさす言葉としての嫁を聞くと「上方芸人」をイメージします。

    私の出身の関東では広い階級範囲でカミサンが使われますが、いまは夫をさして宿六というのは使われなくなったもようです。

    ユーザーID:0509939115

  • かみさん=山の神 では?

    かみさんの語源は「山の神」からきているのでは?

    女将もおかみさんと呼びますが、
    妻を「かみさん」と呼ぶのは、
    たしか「山の神」からきているので別物だった記憶が。

    なので、かみさんは差別というよりむしろ
    恐れているかんじ?というか上に置いた(でもそれを
    ちょっと茶化してるような?)ニュアンスじゃないでしょうか?

    嫁は完全に差別用語というか、見下した言い方だと
    思いますねえ。

    ユーザーID:8996538931

  • 関東圏で

    一定以上の男性が、ご自分の奥さんを『嫁(さん)』としか呼べないようだと、
    ちょっと賢くなさそうに見えてしまいます。

    いずれ、『嫁(さん)』といえば、
    『あれ、結婚した息子さんいた?』と取られるのが自然な年齢になっていくので、
    妻、うちの、カミサン等に、徐々にシフトが望ましいかな。

    ユーザーID:6987284269

  • レスします

    なんというか余裕ないですね
    そこまで男性の言うことにいちいちケチつけたいですか?

    ユーザーID:8184283602

  • 九州だからな〜

    「うちの嫁」はもとより、第三者の奥さんのことも「○○の嫁」もっと縮めて「○○嫁」とか、普通に言っていますね。
    九州に来たばかりのときはビックリしましたが、今は慣れました。

    ユーザーID:4045653621

  • 妻ってなんかね〜

    なんか他人行儀っぽいかな。
    オフィシャルな場面なら妻かもしれないけど、
    日頃から妻って言う人は、お互いの立場にこだわる人って感じがしますね。

    女性でも、妻って呼ばれたい人は、夫婦間でドライな関係が好きな人じゃないかな。

    僕は、嫁っていう言い方が好きですね。
    嫁のほうがなんか柔らかくて可愛らしく感じるんですよ。

    だって、加山雄三さんの歌だって、
    「僕の妻になって〜」じゃ締まらないでしょ。
    やっぱり、「僕のお嫁においで〜」じゃないとね。(笑)

    ユーザーID:8169052279

  • 別に気になりません

    >女性には 妻と呼ばれる方がやはり嫁と呼ばれるより うれしくないですか?

    いいえ、全然気になりません。
    どっちでもいいですけど、どっちも使ってくれません。
    うちは他人に私のことをいうときは「女房」ですから。
    嫁と言われるくらいどってことないじゃないですか。
    特に○○家の嫁とも思わないし、思われても構いません。
    逆に「嫁」と言う言葉に過剰反応するのは神経質だと思います。

    うちの主人は(主人と呼ぶことも気になりません)私が家に入ることを好んでもいないですし、働ければ働いてくれって感じです。

    ユーザーID:1453332872

  • 私も「嫁」はイヤ

    だけど若い人たちが、「嫁」というより「ヨメ」な感じで使っているのを聞くことは別に気になりませんね。

    我が家は「夫」「妻」で定着していますが、少しカジュアルな場ではお互いに名前で言うことが多いです。周りにもそういう友人カップルが多い気がします。

    ちなみに都内在住で夫は三男。本人の意識がまずありますが、加えて生活環境や「イエ」を感じにくい立場であることも関係しているのかもしれないですね。

    ユーザーID:2156685918

  • 私は…

    嫁っていう言葉があまり好きでないので、主人には妻と言わせています。

    ユーザーID:3838801727

  • 嫁という言葉が無くなっても

    嫁という言葉が無くなっても
    代わりの言葉が今の「嫁」と同じ意味合いになるだけですよ。

    嫁という言葉が嫌いな人は「家に来た女」として扱われるのが嫌なんですよね?
    でも代わりの言葉が同じ意味で使われるんですよ。
    まずは言葉狩りをするのではなく
    そのような意味を無くさないと何にも解決しません。

    ユーザーID:8935194989

  • 謙譲の気持ち

    「嫁」は一種の謙譲語でしょう。

    自分の奥さんは「嫁」と謙って読んでいるに過ぎません。
    本当に自分の子どもを豚みたいと思っているわけではありませんし。
    自分の奥さんが本当に一段低いと思っているわけでもありません。

    ユーザーID:3413532656

  • 男が配偶者を呼ぶ言葉はほとんど女は家庭

    嫁・・女は家
    家内・・女は内
    女房・・女は台所
    妻・・刺身のつま、女は下支え
    奥さん・・家の奥にいる女
    ○○ちゃんちのママ・・番外として付属扱い

    こう考えると、カミさんか配偶者がいいかも。

    ユーザーID:7877075121

  • 約六千万分の一

    日本人の男性は六千万人以上いますので、そのうちの一人としてお答えいたします。

    私は「妻」を使っています。

    ユーザーID:3838619066

  • 身近に嫁姑問題でもあったんですか?

    将来の夢は? およめさ〜ん♪
    なんて子供の会話よくある(笑

    ○○君のお嫁さんになる〜♪はカワイイけど
    ○○君の妻になりたい。はマセガキな気がする(笑

    妻がナンチャラって演歌に多くて
    お嫁系は、若い人の歌に多いよ?特に女性の。

    男性が、妻ではなく嫁と言うのは、慣習か照れかどっちかで
    あまり深く考えてないでしょ。

    女性でも少ないんじゃないの?
    日常的に、配偶者を「夫」と呼ぶ人。
    ウチの主人が…、ダンナがさ〜
    と口にする人の方が多いよ?

    夫に対しての妻
    ダンナや主人に対しての嫁
    それだけじゃないですか?
    正しいかどうかは別として
    旦那や主人に対しての妻はないでしょ。

    ほかにありがちなのは
    家内とかカミさんとか、女房とか、カーチャンとかおっかぁとか(笑
    男性が呼ぶ場合の呼び方の方が
    ふだん聞く呼称としてはバリエーションが多い気もします。

    バランスから行くと
    自分を妻と呼ばせて
    自分は夫や旦那と呼ぶのはおかしいなぁ。

    婿さんって呼ばないのは、実態としての婿が少ないだけだし。
    主水さんは、婿殿って呼ばれてましたね(笑

    ユーザーID:9935617466

  • 広辞苑で

    広辞苑で調べればわかりますが、
    嫁という言葉の意味には息子の嫁とか、何々家に嫁ぐとかの他に、
    新妻や単に妻という意味もあります。
    言葉に関しては関西の方がより古くからのこなれた言い回しが多く、
    それらはとても表現が豊かであり、対人での配慮も行き届いたものが多いとも感じるのです。
    むしろ後づけの共通語の方が画一性を目指したぶん、表現力には劣ると。
    ツマ(妻)という言葉の語源には刺身のツマからもわかるように、
    オマケ的な添え物の意味もあり、むしろ妻という言葉に蔑視する意味合いが何かと感じられ、自分の伴侶をたてる、気を遣うという意味でも嫁(新妻・ボクの嫁)という言葉が好まれ長らくつかわれていると。
    ちなみにヨメの語源には吉女などいくつか吉兆の縁起をかつぐ漢字が充てられたところからも悪い意味での言葉ではないと。
    私はそう考えてきました。ちなみに私は大阪です。

    ユーザーID:5326962190

  • 嫁の対語は、姑じゃないですよ

    あくまで語源の1つとして、そういう説もあるというだけで
    むしろ、嫁の対語は婿とするのが一般的です。
    現代の用法としては
    「息子の妻や新婚の女性、配偶者の女性を指す語」
    語源としては
    ・息子の妻として迎える「呼女」(よびめ)
    ・姑より立場が弱い女の「弱女」(よわめ)
    ・いい女として「良女」(よきめ)
    ・夜伽相手をする「夜女」(よめ)

    婿の方が語源にバリエーションは少ない。
    ・娘の夫として迎える「迎子」(むかふこ)
    ・息子の親から見て、他家に向かう子「向子」(むかこ、むかふこ)
    って、所帯を持つというのに
    子供扱いですか…。
    男性の「婿」という呼称の方が、気の毒な気がしてきたぞ?

    とりあえず、女性が「嫁」と言われることに不快感をあらわにするなら
    自分は「夫」以外の呼び方をしないことが条件ですね。
    夫とは呼ばずに、ダンナだの主人だの呼んでおきながら
    妻と呼べとはナニサマですか?
    (オクサマですというダジャレは無しでよろしく)

    ユーザーID:4379531683

  • 妻が一般的かな

    目上の人と話すときは、妻ですと紹介します。

    逆に妻は、ウチのパパがとか使う時があります。

    悔しいので家では、母ちゃんと妻を呼んでいます。

    ユーザーID:1388805594

  • 何が一般的かはおいておきまして…

    「こ」と「め」はそれこそ対語なので、婿のほうが気の毒ということはありませんよ。
    「め」に対して「こ」です。
      ひめ・ひこ=日女・日子→姫・彦
      むすめ・むすこ=息女・息子
    コは男、メは女を指しただけです。

    ちなみに「ツマ」というのはもともと夫をも含む配偶者を指す言葉でけっして添え物ではありません。
    イナヅマは稲を育てるもの、刺身のツマは刺身を腐らせないためにあるもので、まさしく配偶者的な意味です。

    かといってツマのほうがヨメより上と言っているわけではありませんが。
    どちらも関係性を表しているに過ぎないものですね。

    それから、女や女性配偶者をあらわす言葉に家と密接な関係があるからといって蔑称とも限りません。
    古代においては母系で継がれたから女と家が密接な漢字が多いのだという説もあるくらいです。
    現代の常識を文字が成立した時代に当てはめることは難しいです。


    なんにせよ、英語のMrs.やHerと違い、基本的に日本語に蔑称はないと思いますが。
    ただ方言はその人の出身が一目瞭然なので大事にするといいですね。

    ユーザーID:0509939115

  • うちの嫁さん

    ・・・と主人は言います。
    「妻です」と紹介されるより「嫁さん」と言われる方が好きです。

    私の親は主人のことを「娘の婿さん」と言います。
    もちろん「婿」ではありません。

    でもそれを気にしたことはないです。

    ユーザーID:6199966500

  • 嫁はイヤです!

    >女性には妻と呼ばれる方がやはり嫁と呼ばれるよりうれしくないですか?

    そうですね嬉しいとまでは思わないけど、でも「嫁」は嫌です。「ヨメ」だなんていつの時代なんだろうって思います(もちろん、夫婦間の呼称は夫婦の問題なので、よそのお宅の呼称については何とも思いません)。

    私の夫でいえば、私を自分より、あるいは自分の実家よりも格下に思っている意識の自覚はないはずです。でも無意識なところではそう感じていると私は思っています。なんでも夫実家優先だし、その他もろもろでそう思います。そういう無意識なレベルでの認識がすごく嫌です。

    ユーザーID:1997938126

  • かみさん


    正式な場所、妻、友達など堅苦しくない間 かみさん


    正式な場所、夫 友達など、うちのパパ

    と呼んでいます

    ユーザーID:7168299179

  • 私は、妻〜

    意外な時に、意外なところで、
    「こいつは、俺の妻だ」と言われ、
    キャー、嬉しい〜!と一人舞い上がり。

    因みに主人は三男坊。
    「嫁」を使うのは、長男が多いかな?と
    自分では思いました。

    余計なことですが、夫婦間では名前で言いあってます。
    子供の前では、お父さん、お母さん。
    猫の前では、お父にゃん、お母にゃん。

    ユーザーID:5335350447

  • 地域性もありますね

    我が家はフォーマルな場では主人、妻、フランクな場では奥さん、旦那さんと呼んでいます

    自分の妻を男性が「嫁」と呼ぶことが増えたのは、ここ10年位のように感じます
    お笑いブームで関西の芸人の方をテレビで見る機会が増え、彼らが「うちの嫁が〜」等と言っている影響なのかな?と思っていますが、どうでしょう

    都内在住ですが、フランクな場で「嫁」という方は、地方出身の方が多い気がします
    中でも九州と関西は「嫁」率が高いような・・・

    「嫁」という言葉は、本来義理の両親が使う言葉のせいか、やはり上下関係(「嫁」と言う側が上)のニュアンスはありますね
    その証拠に、女性が上の立場というか「高嶺の花」的な夫婦の場合、男性が「嫁」と口にするは見たことがありません

    私はトピ主さんの二択なら、断然「嫁」より「妻」がいいですね

    ユーザーID:8792633500

  • 私の周り、とっても多いです

    会社の男性陣の約8割は自分の妻のことを「嫁」って言いますね。

    私は、聞いててなんだか気持ち悪いです。
    もちろん、会社の上司・先輩・同僚なのでそんなことはおくびにも出しませんけど。

    話の内容を聞いてる限り、どの家庭もカカア殿下で(笑)男性陣が尻に引かれているようなので、優位に立つとか、そういう形で使っている感じはしません。

    でもなんか気持ち悪いんですよね。。。
    まぁ、言葉の意味的にも「嫁」は息子の配偶者ですからね。
    言葉の使い方が間違ってる・・・という意味で、気持ち悪いのかもしれません。

    ちなみに、ウチの夫は「妻」「家内」「カミさん」と言いますね。

    ユーザーID:2982052672

  • 仲間内ならどうでもいい

    仲間内なら、嫁でも妻でもハニーでもおっ母でもなんでもいいんじゃないですか?
    公の場で「嫁」って言うのは違和感を感じます。両親のことを公の場では父・母と呼び、お父さん・お母さんやパパ・ママとは言わないのと同じ感じですね。小町などの掲示板は公の場だと思うので男性が自分の妻のことを「嫁」と書いてあるのは私の中ではNGです。
    我が家では公の場では夫・妻を使い、友達とのおしゃべりなどでは、だんな(平仮名のイメージです)と嫁さんを使います。

    ユーザーID:3185057592

  • いや、本当に個人的には

    嫁さんは、大抵の場合で可愛い響き。テレのある俗語に聞こえます。
    その女性のいる家庭に安心感を持っているので使っているという印象すら。

    でも嫁だけですと微妙です。上記同様の肯定的な感じを受ける事も
    少なからずありますが、物凄く感じが悪いなと思う事も残念ながらあります。

    しかし、このトピを読んでいて、コロンボさんの「うちのカミさんがね」を
    「うちの嫁がね」に頭で変換してみたら、とてつもなく魅力がダウンしました。
    女性に対してどうこうという面倒な話以前に、単純に彼自身の皮肉な笑顔や
    ヨレヨレ感、動作のせわしなさなどが、ただ普通に感じ悪くなってしまい
    チャーミングな捻りが褪せてしまうような…。

    なるほど。配偶者の呼び方は、当人のキャラクターの印象まで
    左右してしまうのですね。恐ろしい。

    ちなみに夫は「主人」を嫌がります。外でご主人は…と
    言われるのは耐えても、私に言われるのは絶対に嫌。
    しかも義母が義父を呼ぶのすら嫌がるのです。(家族仲は良いです。
    男性版も聞いてみたいですね。

    ユーザーID:0333379451

  • 嫁はイヤです

    嫁というのは他人の女という意味があるのでイヤですね。
    結婚当初夫は私のことをヒトに話す時嫁と言っていたので
    言葉の意味を話して細君、家内、奥さん、妻など
    嫁以外の呼び方にするようお願いしました。
    なかなか治らなかったので夫のことを婿と言ったら
    イヤだったようで最初は口癖でつい嫁と言っていましたが、
    半年もしないうちに自然と妻と言うようになりました。
    ちなみに私は夫のことをヒトに話す時、旦那、主人とは言わず夫と言います。

    ユーザーID:6387955327

  • 周囲の影響

    関西に長く住んでいたからか、周囲では友人同士は嫁が一般的でした。公の場では妻ですね。
    ほとんどは嫁という言葉に「家にはいる」という意味とは無関係に使っていたと思います。テレビの芸人さんがよく使う影響ですかね。もちろん妻が嫌がっていないことが前提ですが。
    「嫁」だから、浮気しても許される、家事、育児を押し付けても許されると思っている、との極端な意見もありますが、たしかにそういう意識をもって嫁という男性もいるかもしれないけど、その男性に妻とよばせるようにしても意識は変わらないと思います。
    嫁を改め妻と呼ばせたら「夫が浮気をやめた」「家事、育児に協力的になった」という事例があるのだろうか。

    ユーザーID:7511867008

  • どっちでもいい

    別にどっちでもいいです。

    うちは夫婦とも関東出身なので
    あまり「嫁」と言う言い方をしませんが
    関西の方は「嫁」と言うという印象です。
    関東の「奥さん」=「嫁」なのかなぁと思っていました。

    「妻」はかしこまった時に使う言葉かなぁと思っています。
    自分の配偶者が、私のことを上司に話すときに
    「うちの奥さん(関西人なら嫁)が○○といっておりました」
    と言ったら、ハリセンで後ろからつっこみたいですが
    仲間内でなら私は「妻」といわれるより「奥さん」の方が
    いいかなぁ。


    こう言うのって慣れだから・・・

    ちょっとズレますが、母親として自己紹介をするときに
    「A子の母です」という人と「A子の母親です」と言うのと
    違うようなものじゃないですかねぇ。
    どっちが良いかは、本当に人それぞれの今までの
    経験によって変わると思います。

    そんなことイチイチ気にしてたら疲れちゃうわ。

    ユーザーID:0233791250

  • 「嫁さん」が嬉しい、「妻」は冷たい感じ

    夫婦ともに大阪出身で、夫は私を紹介する時「うちの嫁さんです」と言ってます。
    「嫁さん」の方が大切にされている感じで好きですね。「妻」は聞き慣れないせいか他人行儀な感じがします(フォーマルな場では別ですが)。
    一つ気になったのですが、関西は「嫁」ではなく「嫁さん」じゃないですか?「嫁」は、ちょっとぞんざいな感じがしますね。少なくとも周囲の男性に「嫁」と言う人はいませんでした。みんな「嫁さん」と呼んでました。同じ関西の中にも地域差があるんでしょうか。
    単なる言葉の習慣の問題なのに、関東の一部の人の拒否反応に驚きです。自分が個人的に嫌と言うだけならまだ分かるんですが。きっと私の周辺だけで一部の人なんでしょうが、関東の人は上下関係にすごく拘る印象があります。東京に勤めてますが、やたら「どっちの立場が上」と拘ってる人に遭遇します。「嫁」が差別用語だというのなら「妻」だって差別用語ですよ。明らかな差別なら無くすべきですが、言葉というものは昔からあるので、男性優位のなごりはある程度仕方のないことじゃないでしょうか。

    ユーザーID:3337902252

  • 姑の

    お姑さんからの トピだと思って読んでいくうち 
    あれ?意味が違うと思ったら ご主人だった!って
    思うことがありました。

    私は 妻とか 家内とか いうのが 正しい使い方だと思います。

    ユーザーID:2537181851

  • 「嫁」が好きなわけじゃないと思う

    私は妻のことを人に言うとき「妻」「奥さん」と言います。本人に対しても「妻」ということも(笑) たいていは「ちゃん」づけの名前ですが。何かとんでもない妻の失敗を見つけた時「つま〜!」と言ったりします。
    気心知れた人に言うときは「奥さん」。親しくない相手だと「妻」ですね。
    嫁とは言ったことがないです。3つ使い分ける必要はないので。

    友人を振り返ってみますと(私に奥さんのことを言うとき)
    嫁:2人(うち一人の奥さんはとてもきつい性格で、友人はあまり家に帰りたくないらしい)
    奥さん:1人
    嫁と呼ぶ人の方が多いですが、そのうち一人は明らかに奥さん優位ですので、自分の優位性を示すために嫁と言っているわけではないと思います。

    ちなみに、私の妻は
    私に問いかける時は「くん」づけの名前で、他人に私のことを言うときは「主人」です。
    この場合トピ主さんの論理では「私の妻は自分を私よりも下だと思っている」ということになるのでしょうか。
    ちなみに私は、夫でも主人でもなんでも呼びたいように呼んでくれと思います。変な言葉じゃなければ。

    ユーザーID:2923023383

  • 気にしすぎ

    何故女性はすぐに力関係だとか平等だとかの話にするのか?

    私個人としてはぶっちゃけ細かい意味なんて考えてません。
    言葉は意味が通じる事が一番大事でしょうから、妻でも
    嫁でも相手に意味が通じればあとはTPO考えてと言う感じ。
    「嫁」「嫁さん」は普通の会話やブログのような投稿ネタで
    使うケースが多く、「妻」はフォーマル扱いですかね。

    「○○家の嫁」に対し、家と結婚したわけじゃないとの
    意見もあるようですが、結婚して苗字が○○になるなら
    新しい世帯も「○○家」ですよね。親の世帯に入る訳では
    無く、新しい世帯なんですからねぇ。なんか変なところで
    気にしすぎというか、個人主義の弊害を感じます。

    それよりも回答見てて不思議だったのは義理親に
    「嫁」と言われるのが気に食わないとか許せない
    と言う回答。それ、おかしいでしょ!一番正しい
    「嫁」の使い方なんですけどね。

    「嫁」
    息子と結婚した女性を親の側から言う語。息子の妻。

    ユーザーID:1888929813

  • 大丈夫?

    >男性は男の家に女が入るを好むから、男は自分の配偶者を嫁といい・・・

    辞書片手にガチガチに意味を意識して使っている男性は見たこと無いですね(笑

    何と言うか・・・第二の名前のような感覚で使っている人がほとんどなのでは?
    語感的な印象で選択している方々が多いと思いますよ。

    トピ主さんは人の名前を呼ぶ時に、その名前の意味を考えて呼んでいますか?
    命名の意味より自分の感性を優先して、○○ちゃん、とか言いませんか?

    しかし、一部の方々のレス↓には「そこまで言うか!?」と笑ってしまいます。

    >家の女だから、パートナーではないから浮気の一つ二つしても・・・
    >男性の皆さん、本音を言いましょうよ。
    >ふだん何気なく使う言葉に、本音が・・・


    >「ヨメ」だなんていつの時代・・・


    >力がない男性に限って・・・
    >学がないステージの男性・・・


    >好き嫌いというよりは利口とバカを判断する一基準・・・


    まあ、個人の表現の自由ですけれど・・・失礼とは思いますが、現実社会でこんな事言う人に会ったら近寄らないようにしますね(笑

    ユーザーID:9903312375

  • 面白いトピですね。

    こちら大阪の、若い男性ばっかりの会社です。
    恐妻家も愛妻家もみんな「ヨメ」と言ってます。
    上司に対しても「ヨメ」です。
    人のことも「○○のヨメさん」と言ってます。

    新婚くんは「うちの奥さん」と「うちのヨメ」が混じっていて
    非常に可愛いです。

    こちらでは「ヨメ」は単に「配偶者」の別の呼び方であって、
    結婚生活の成熟度によって呼び方が変わる感じです。

    新婚=「奥さん」=初々しい
    結婚して長い=「ヨメ」=安定感

    「うちのヨメが」と聞くと、家庭生活がちゃんとできてる感じがします。
    離婚問題を抱えてる男だと、「ヨメ」とは言わない感じ。
    夫婦関係がしっかりしてるからこそ、ぞんざいな言い方ができるというか。
    謙譲というより、「僕には素敵な配偶者がいるんだぞ!」と誇りたいけど照れてる感じが、若い男性の「ヨメ」にはあるように思います。
    (深読みしすぎ?)

    しかし、なぜか年配男性が「ヨメ」というと、
    急に従属的に聞こえるから不思議です。
    年配の方が「奥さん」「ワイフ」「うちの」と言うと、仲良さそうな気がします。

    ユーザーID:0597716427

  • 各家庭で話し合いを

    うちは
    「あんたの嫁じゃないから嫁は禁止」
    「あたしは奥にひっこんでないから奥さん禁止」
    って言ったら、

    「相方」

    って言うようになりました。
    …漫才師か!(笑)

    「妻」は照れちゃって言えない、とのこと。


    ちなみに私は「夫」とよんでます。
    本人にも「おっとちゃん」とよびます。
    お腹に赤ちゃんできてからは、赤ちゃんのかわりに「パパちゃん」とよぶことも。

    ユーザーID:9681452581

  • ニュートラルがいいので

    「妻」ですね。

    でも別に男女平等だからではありません。「嫁」だと関西弁みたいだし、何か新婚でもないのに妙に仲がよさそうで気持ち悪いからです。

    個人の感覚ですので、「嫁」派の人は怒らないでください。

    「家内」「女房」「うちの」も何か「色」がついているので使う気になりません。「奥さん」はまちがいだし。

    「配偶者」と言うほど変人でもないので。

    ユーザーID:2041744929

  • 単なる流行語みたいなもの

    周りの「嫁」と言っている男性を見る限りでは、男性が女性より優位に立ちたくて使っているというよりは、カジュアルで今時の風潮に乗っている自分に見せたくて「ヨメ(嫁)」と言っている感じ。夫婦関係も対等みたいだし。「妻」と言うのは少し改まった感じで照れくさいのもありそう。
    なので「嫁」はただの流行りの言い方で、深い意味はないと思っています。

    まあ、言葉の本来の意味を無視して使うのはどうか?という議論や問題に発展しそうな気がしなくもないですが・・・。

    ユーザーID:4347261813

  • 嫁に来ないか〜

    関東人既婚三十代女ですが、妻より嫁がいいです。「嫁さんが〜」って話している人のほうが「妻が〜」って話す人より夫婦仲がいいように聞こえるから、自分もそう呼んでほしいです。
    相方でもいいですが、ちょっと漫才ぽい。
    結婚するとき、自分も「嫁にいく」って言ったし、花嫁、お嫁さんっていいますよね。
    嫁ってそんなに悪い意味ばかりじゃなくてつかってます。
    残念ながらダンナが外国人なので呼ばれたことはないんですが・・・

    ユーザーID:8416971753

  • 妻、あるいは「にょうぼ」

    私の周囲は「嫁」派多いですね。7-8割はそうなのかな。
    でも私にはどうしても違和感があるんです。
    だって「嫁」っていうのは息子の配偶者のことではないですか。
    で、フォーマルは「妻」カジュアルは「にょうぼ」です。
    「女房」派は絶滅危惧種ですが、「あいぼう」と語感が似ていて
    私は好きです。妻もいやではないみたいなので、
    これに落ち着きました。

    ユーザーID:5294953924

  • よびかた

    妻って響きがなまなましいからやだ、ということを聞いたことあります。
    うちの旦那は嫁とか嫁さんとか奥さんとかの方が発音しやすいようです。

    たまに「ワイフ」とかいう熟年の方がいますが・・・個人的にはこっちのほうがやだな。

    ユーザーID:1476385890

  • おもしろいトピ見つけた

    ヨメ! ツマ!

    私は関西に住む 嫁ですが もっと他にも言い方ありますよぉ

    古女房を指す場合は 大概「おばはん」です。
    「妻」なんて こっぱずかしくてとても言えないみたいですよ  なので「おばはん」とは 言わない人が「うちの嫁が・・」って感じで使います。  それ以外では「うちのやつ」とか「うちのが・・」とかあと可愛いく「おかあちゃん」と言う人も居ます。

    どの呼び方も愛情あふれていて ちょっとテレながら「ヨメ」の事を話します

    そしてご友人の奥様のことは「あんたとこのお母ちゃん 元気か?」とか言いますね お母ちゃんって決してお母上の事ではなくて奥様を指すのですけど


    関西圏以外の方が想像されてるような意味合いは無く 暖かいやさしさがあり 奥様の話をするほうもされるほうも 恥ずかしがりで テレやなもんだから そう言う言い方しか出来ないんだと思います

    そんな言い方はおかしい とか言われても きっと誰も直さないでしょうね

    ユーザーID:1414278160

  • 慣用的表現だからかな

    「うちのヨメさん」とはいうけど「うちのツマさん」とはいわない。
    慣用的表現だから、じゃないでしょうか。
    そのくらいに軽く考えた方がいいですよ。
    バラは何と呼ばれようがバラ、ですから。

    ユーザーID:0469426940

  • 「妻」の方がいいですー

    夫は外で「嫁」と言っているそうですが。
    別に家と結婚したわけじゃなし、家業やお墓や財産を継ぐわけでもないのに(夫は「親が死んだら相続放棄する」と言っています)何だかなーと思います。
    ま、今でも「妻は夫の家に入れてもらった存在」という考え方をする方が多いようなので(男性はもちろん、女性もある程度の年齢の方はそうですよね)私の感覚は異端かもしれませんね。

    ユーザーID:7870583578

  • 日本語の良さ

    表現の自由ですよね。

    いやなら夫に言って改善してもらえばいいだけで、
    周囲に倫理観や価値観を押し付けるのは良く無いと思います。

    こういう場所でネガティブキャンペーンをする必要は有りません。
    差別だなんだと使えなくなった言葉が多くて、残念に思います。

    日本語は素晴らしいものですよ。

    ユーザーID:8911078190

  • ちがうちがう!

    トピ主さん!方言と共通語を混同していますよ。


    「嫁」は関西圏の方言なんです。
    関西のある地域ではたとえば相手の事を言う時に、
    「ジブン」「ワレ」って言うじゃないですか
    「ジブン(ワレ)何言うてるかわかっとんのか?」(←たぶん正しくないでしょうけど)とか。

    「自分」「我」が、一人称でなく二人称として、
    逆の意味に用いられていますよね。

    関東と関西では言葉そのものの概念がまったく違うことが少なくないんですよ。
    「ヨメ」もそのひとつです。
    関東の「嫁」と関西の「ヨメ」では全く違う意味の言葉なんです。
    皆さんのレスもそのことを指摘してくれているのですよ。

    優位とか地位とか、ま〜ったく関係ありません。

    ユーザーID:0173353992

  • どちらでもいいけど

    他人が使っている分にはどちらでもいいです。

    私は「ヨメ」と呼ばれたくありません。(私には響きがカタカナなんです。)
    夫は「妻」を使っています。
    私も「夫」を使っています。相手によっては「主人」「苗字」も使います。

    23区に在住ですが、周りに「ヨメ」「ダンナ」を使っている人はほとんどいません。地域性かもしれませんね。あるいはコミュニティーか。

    私の周りでは「ヨメ」の使用率はすごく低いです。

    ユーザーID:3527576710

  • 「妻」を使う人のほうが上品です

    東海地方で宿泊業を営んでおります。ご自分の配偶者を「妻」と仰るお客様の方が、何に付け上品と言うか普通です。

    ユーザーID:6740894822

  • 「嫁」は流行語

    姑が言う「嫁」と夫が言う「嫁」はニュアンスが全く違います。
    「妻」というと気取った感じがする、という人が
    「嫁」という言い方をします。
    現代的で砕けた感じですね。
    おそらく、自分や妻の両親には使わないと思います。

    先日、「家内」という人がいて昭和の雰囲気だなと思いました。

    「うちの奴」なんで言われるよりもいいと思いませんか?

    ユーザーID:7217326418

  • うちは「かみさん」です

    うちは「かみさん」です。

    私は、夫と呼びます。旦那や主人はちょっと違う気がするので。

    ユーザーID:2565501301

  • 独身ですが

     関東です。
     「ヨメ」って響きは嫌いではありません。
     同僚に同期と結婚した人(30後半)は「ヨメが、」って言います。
     他では「カミさん」が多いです。カミさんって、時間を経た音がします。(主観です)
     こちらは「奥さん・・」って言いますけど。

     30前半の後輩男性が、「ニョウボウが・・」って奥さん話をしていて、
    3年くらいたった時ある飲み会で「女房って?!あまり聞かないよね、、年配ならともかく」ってみんなで言ったんです。そしたら、「カミさんが」って言うようになりました。

     私見ですが夫を呼ぶ言葉で響き的に「旦那」ってあまり好きではありません。でも周りの女性は「うちの旦那」って言う方が多いので「旦那さんは・・」と言いますが、将来結婚したら「夫」を使おうと思ってます。

    ユーザーID:4287821819

  • 「嫁」と「嫁さん」は別! それと、関西と一括りにするな!

    神戸出身、関東在住です。「嫁」「嫁さん」「お嫁さん」は全て意味が違います!さらに大阪と神戸では言葉遣いが違うのかもしれません。

    私にとって「嫁」というのは親の世代が息子の配偶者に使う呼び名。夫が妻を呼ぶときには決して使いませんでした。そのかわり「嫁さん」や「嫁はん」はよくありますし、配偶者に対する慈しみや尊敬を感じるので、とてもしっくりきます。「嫁」と「嫁さん」は敬称の有る無しで印象が全然違います。「嫁さん」は配偶者を大切にしている感じがします。男性が自分の配偶者を「嫁」と呼び捨てにするのは、あまり身の回りで聞いたことがなかったので、初めて聞いた時はなんと女性蔑視の呼び方かと唖然としました。てっきり地方の言い回しだと思っていたので、関西の呼び方と聞き二度びっくり。

    親の世代が息子の配偶者を呼ぶ場合、「嫁」か「お嫁さん」だと思いますが、当然「お嫁さん」の方が愛が感じられますよね。封建社会ではないのですから、他家から息子のために「とついで」(というより「結婚して」)くれた女性に対し、「嫁」というのはあまりにひどい感じがしました。

    ユーザーID:6068567685

  • 一体…何がなんだか分からない…

    これは断言できますけど「よめ」だろうが「つま」だろうが深い意味があって当人(男)は呼んでいないです。そもそもどちらも配偶者を指す言葉で語源や成り立ちから言っても大差ない。差をつけるのはそれを気にする人たち、つまり個人の主観の問題ですね。

    見解の相違という奴なのであなたが理屈は正直どうでもいいですが不快だと思うなら止めて貰えばいいだけの話ではないですか?

    一体、何が問題なのか、何を問題とされたいのか、訳が分かりません。

    ユーザーID:9044928820

  • >嫁さんバンザイ

    おそらく他の方も自分の配偶者を示す言葉として「嫁」を使うと主張されてるのではないでしょうか。実際に「お」や「さん」をつけるのはまた別問題では?
    トピ主は「嫁」という言葉そのものに嫌悪感を持っているようですよ。

    女性蔑視の言葉という主張ですが、実際に差別的な考えに基づいて「嫁」を使っている人ってどれだけいるんでしょうか?また「嫁」という言葉が無くなれば男女差別もなくなるんでしょうか?嫁、主人などなど、既にもとの意味と切り離され、単に配偶者をさす言葉(音)になってるように思うのですが、それは世代の違いですかね。

    ユーザーID:7511867008

  • うちはカミさんです

    私は妻と呼ばれたいですが、旦那はカミさんと呼びます。

    その理由は、カミさん→神(かみ)さんで頭が上がらない存在だからだそうです…
    なんかうまく言いくるめられてる気がしますが、まぁ良いとします。

    さて、芸人さんはほとんどの場合自分の奥さんを嫁さんと呼びますよね。

    嫁さんと呼ぶのは照れ隠しでもある気がします。

    ちなみに私の父が母のことを友人だったか仕事関係の人に「うちのワイフです」と紹介していましたが、なんだか気持ち悪かったです。

    ユーザーID:4367527824

  • 日本人は人を直接指すことを嫌うことが原因です

    悪文研究者として、夫が妻を指す言葉の特徴を挙げてみます。
    妻は法律用語「配偶者」の臭いがするのでよそよそしくて使いたくないのであると考える。
    嫁は伝統的な言葉なので抵抗感が無い。
    パートナーが最近現れてきた。
    「うちのカミさん」は友人間と職場の関係で使う人がたまに。
    ニョウボ(長音にせぬのが味噌)は妻が使うダンナの対語なのでやわらかく言う効果が出る。
    「うちの奥さん/奥方」は冗談めかして言うとき。

     まとめて、日本人は人を直接指すことを嫌うので人称代名詞が無くなってしまっておるほどです。これの言い換えの積み重ねが日本での歴史です。その延長上にこの論題もあります。永遠に確定はさせられぬ民族性なので気にせぬように。

    ユーザーID:1406307273

  • 地域性?

    関西人です
    わたしは旦那といい
    旦那は嫁と言います

    普通です

    逆に妻とか言われる方がきもちわるいです
    夫とか主人も周りで言う人はいませんが
    年配の方なら使うかも

    地域性の問題もありますよね

    ユーザーID:0906233804

  • 考えたこと無かった

    うちの主人は、妻としか言いません。
    だって婿だから。
    嫁って言われたら、嫁じゃないと突っ込むと思う。

    確かに亭主関白のところは、嫁というかも。

    ユーザーID:8583699468

  • 考えすぎでは?

    赤の他人に対しては「私の妻は・・・」
    仲の良い人には「嫁は・・・」
    と言います。

    正直、「嫁」は親しみを含んだ言い方だと思ってます。
    逆に「妻」は自分の配偶者なのに余所余所しい言い方かなと。

    まあ、人それぞれですけど、あなたが思うほど、男性は言い方にこだわっていないですよ。だから、「嫁」が蔑視の様な言われ方をされると心外です。

    ユーザーID:6972148400

  • 少数派ですが

    人に言う時は「うちのヤツ」だったようです。
    過去形ですが(笑)

    私も外では「うちのヒト」と呼んでました。
    もし再婚したら、やっぱり「うちのヒト(ハートマーク)が・・・」と、ちょっとおのろけ含みで言ってみたいですね。

    うちのヒト=私の男、みたいで甘いでしょ?

    ユーザーID:0988617456

  • 田舎では

    セールスマンの四十代男性が
    「ウチの嫁は…」と言ったら私の母が「あら、まだお若いのにもうお嫁さんいるの?」
    ど真顔で言いました
    その男性も自分の奥さんのことと言い直し「よく間違われるんです」と苦笑していました
    田舎では嫁といえばその家のお嫁さん=息子の妻を指しますから

    ユーザーID:8062040606

  • 面白いですね

    私の印象です。

    【夫が妻を呼ぶ場合】
    「妻」:公式名称という感じ。固苦しい印象。
    「嫁」:関西人、あるいは関西かぶれの人が使う。愛妻家の印象。
    「家内」:中年以上が使う。少しかしこまった感じ。
    「家人」:文筆家が使う。妻なのか内縁関係なのかわからない。
    「ママ」:子持ち同士で使う時限定? 少し幼稚な印象。
    「うちの」:中年以上が使う。亭主関白なイメージ。
    「ワイフ」:中年以上が使う。時代を感じさせる。
    「奥さん」:ややくだけた印象。恐妻家の印象。
    「カミサン」:中年以上が使う。古女房のイメージ。
    「呼び捨て」:ごく親しい間柄で使う。

    【妻が夫を呼ぶ場合】
    「夫」:若い人が使う公式名称。堅苦しい感じ。
    「主人」:中年以上、専業主婦が使う。古風なイメージ。
    「旦那」:ハスッパな印象。主人よりは軽いイメージ。
    「パパ」:相手構わず使う人がいるが、幼稚な印象。
    「うちの人」:奥ゆかしいが、どこか色っぽい感じ。
    「呼び捨て」:親しい間柄以外だと、ちょっと暴走族っぽい。

    【両者共通】
    「相方」:照れ隠しなのだろうが、逆に照れくさい表現。
    「ツレ」:夫婦関係にこだわりがあるのかなという印象。

    ユーザーID:1868359272

  • 照れを超越してほしい

    30代女性・未婚です。
    もし呼ばれるならば「妻」がいいです。
    親しい友人同士の集まりでもそう呼ばれたら惚れなおすかも。
    妄想ですが。

    昔は特に気にならなかったのですが、ここ数年
    何気なしに見ているテレビで大人の男性が
    「ヨメ」「奥さん」と言っているのを立て続けに見たせいで
    違和感が芽生えてしまいました。

    そう発言している人は30歳を過ぎても中身が少年のような感じ。


    気をつけて見ていると世間一般に常識人と認識されている面々は
    「妻」と呼んでいることが多い。
    それに気づいてからは、「あえて『妻』と言うのを避ける男性」が
    子供っぽく思えて仕方なくなりました。

    異世代コミュニケーションができている人は言葉の使い分けがうまいような。

    絶対に「妻」を使って欲しいとは思いません。
    でも「妻」と使うべき場ではキリッと使ってもらいたいというのが本音です。

    ユーザーID:8624594101

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧